《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

オーストリア/リエンツ (Lienz):Hotel Haidenhof

訪問:[2013/7/14 19:30]
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CPN/A
リエンツは、ドロミテの東端側にあるオーストリアの東チロルに属する街だ。

イタリア国境からは20Kmほど、街はドロミテ観光で売っているようで、あちこちでドロミティの文字が見られるのだが、見どころがまったくない普通の小都市で、郊外にある城だけしか見れるものが無かった。イタリア側と比べたら景色も食べ物も街の雰囲気も勝てるものでは無いのだ。
事前調査である程度は読めていたのだが、実態はそれ以上の大差だった。もちろん、自称ではないかと言いたくなるような4つ星のこのホテルだけで判断している訳ではない。

外観 テラス席

オーストリアとイタリアにまたがるチロルは、イタリア側の南チロルとオーストリア側の北チロル・東チロルに分けることができるが、まだ未訪問の東チロルは絶対押さえておきたいと思い、事前に予約しておいたのがこの宿。
街の北側の高台に位置していることから眺めが良いだろうという読みだ。(実際、部屋のバルコニーからの眺めは良いのだが、普通の山が正面に見えるだけで景観的にはイマイチ)

テーブルセッティング テラス席からの眺め

普通の小都市で日曜日泊となることから、安全策を取って2食付(€89/人)でお願いしておいたので、宿泊者用ディナーメニュー(Abendmenü)の紹介となるが、地ビールを製造しているのでレストランとしても営業していた。2食付にするんじゃなかった。

Salat vom Buffet パン
Bitte holen Sie ihren Salat vom Buffet oder bestellen Sie ihn bei der Servicemitarbeiterin

まずはお決まりのサラダバー。頼めば持ってきてくれるようだが、自分で取りに行ったものの、種類少なすぎ!
パンはひまわりの種を底にたくさん貼り付けてあったものを取ってきた。

Vitello Tonnato
Vitello Tonnato

前菜は固定で、なぜかこれだけイタリア語表記だった仔牛肉のツナソース。
昨晩の宿(Hotel Antines)とは、盛り付け方法が違うものの、同じ料理だ。(昨晩は英語メニューだけの提示だったので、名称での照合は出来ず)

見栄え的にはこちらの方が美しいが、お味は文句なくイタリア側の勝ち。
ツナが弱くてタルタルソースみたいな味だった。

Französische Zwiebelsuppe
Französische Zwiebelsuppe mit Käsecroutons

「フレンチの(Französische)」と記されているが、フランス料理のオニオンスープとは似ても似つかない、日本のレストラン的に言えば洋食屋のオニオンスープ。平たく言えば、玉葱を十分に炒めて色付けしたものでは無く、インスタント品のスープにスライスオニオンを入れただけのものだ。
せっかくコースにスープを組み込んでいるのに、これでは自らの店の水準を低く見られるだけだ。(実際低いけど・・)

Im Sesammantel gebratenes Zanderfilet
Im Sesammantel gebratenes Zanderfilet auf warmen Apfel-Mangold Salat mit Safranschaum und Salzkartoffeln

メインは2択。といっても、肉か魚ではなくて、パスタか魚。これ、東チロルでは当たり前なのかなぁ?
ということで、郷土料理優先の私はパスタをチョイスし、家内は魚料理を選んだわけだが、なんとも凄い胡麻だらけの魚が出てきた。
ソースがかけられているわけではなく、小さなカップに入れられて出てくるというのも不思議な感じ。

サフランソースだけ味見をしたが、まったくサフランは香らず旨味もなく(酸味があったりして)ソースになっていない。もちろんフレンチ的に考えてしまうからそう思うわけだが、やはりドイツ語圏の料理に期待してはいけないということだ。
それに、海から離れた山奥の街でメイン料理に肉が無いというのもおかしい。魚なんて、見るからに冷凍品なので、恐らくこの店だけの事だと思いたい。

Bärlauch Schlipfkrapfen
Bärlauchschlipfkrapfen mit brauner Butter und glasierten Tomaten

私は郷土料理の「Schlipfkrapfen」。調べてみると、東チロル、それもリエンツ周辺のラビオリらしい。
日本語サイトでは発見できなかったのでカタカナ表記は独断で「シュリカフェン」と記しておくが(一応、発音ガイド Forvo で確認はしているが、カナ表記しづらい発音だ)、画像ではたくさんヒットする。

Schlipfkrapfenの断面

出てきた時は、里芋の煮っ転がしに見えてしまったのだが、断面写真の通り確かにラビオリだ。それも具材たっぷりで太っている。(イタリアではパスタ料理なので、具材ちょっとで生地を食べさせるというスタンスが普通)

で、その中身がじゃがいも。さすがドイツ語圏。ボリュームだけは確かにある。
ごく普通の焦がしバターのソースでは、イタリアの郷土料理のような主張も感じられないが、決して不味いというわけではない。けど、イタリア側から来てしまうと感動がないなぁ・・

ちなみに、Barlauch(ラムソン)という葉っぱは、Wikiによるとドイツ料理の重要な食材なんだそうだ。芋の中に少しだけ入っている葉っぱがそうかな? 味の主張があったのかは、忘れてしまったけど。

Geeistes Tiramisu
Geeistes Tiramisu

デザートは固定で、アイスティラミス。ティラミスという味はせず、単なるクリームアイス。(アイスクリームでは無い)

ということで、テラス席から山を拝みながらの食事は楽しいが、満足度の低い食事となってしまった。

なお、次のレストランがドイツになってしまうので、ドイツに向かう際に利用した貨車に車を積んでトンネルで山を越える「カートレイン」の写真と記事を少しばかり書いておく。(☞ Autoschleuse Tauernbahn
大昔にスイスでも利用したことがあるが、日本では体験できないことを旅に盛り込むのも楽しいものだ。

※メニュー:宿泊者用ディナー

【詳細情報】
店名:Hotel Haidenhof
電話:5583-24440
住所:Grafendorfer Straße 12, Lienz 9900

大きな地図で見る
 

【リエンツ ブルック城(Schloss Bruck)の風景】 (☞ 公式サイト(博物館)Wiki

▲入口道路側から城を見上げる


▲城公園の地図(城の内部は博物館として有料公開)


▲左:城の正面入口  右:少し坂を下りて横から撮った城の外観
 

【Autoschleuse Tauernbahn(Mallnitz - Böckstein間)の風景】
(☞ 公式サイト英語版案内書①Google Map

▲左:この行列に加わる(ゲートで料金を支払うのだが、列車到着まで料金所も閉まったまま)
 右:山の麓の駅は、意外に立派。リエンツ側のこの駅(Mallnitz)は、長距離旅客列車も発着している。


▲反対側ホームの向こうにある待避線には、車輛運搬用の貨車が停まっていた。見ての通り、車輪が極小。


▲列車がやってきた。この駅で折り返し運転する。


▲乗車券(運搬券?)は乗用車で €17.00。(往復運賃もある)
 旅客は1人毎の運賃だが、車輛運搬を伴う場合は乗車人数に関係なく一律料金。


▲左:細長い貨車の中を自分で運転して前の車の後ろに停め、先頭に連結されている客車に移動。
   15年前のスイスと違って、人は車に残ってはいけないみたい。それが楽しみだったので、ちょっと残念。
 右:トンネルをくぐって到着。こちらは小さな駅だ。客車から車に戻って、ここから公道に出る。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/ドロミテ (Dolomiti):Hotel Monte Cherz

訪問:[2013/7/14 12:20]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
今日のルート by 旅レコ
▲今日のルート by 旅レコ(GPSLOG)  (地図をクリックすれば、大きな地図が開きます)

8日目は、ドロミティ最終日。
残りの2つの峠、ヴァルパローラ峠(Passo Valparola/2168m)とカンポロンゴ峠(Passo Campolongo/1875m)をぐるりと回って、出発地のラ・ヴィラに戻ってから北上するというルート。(各峠の位置は、ドロミテ街道と南チロル(峠と湖の地図)参照)

ヴァルパローラ峠周辺のトレイルを散策した後、最後のカンポロンゴ峠に着くと、ちょうどお昼時。
Rifugio Passo Staulanza のような峠の1軒宿ではなかったが、何軒かあった峠のホテルの中で、気になっていた「ポレンタ有ります」といった看板の出ていたこのホテルレストランでランチをいただくことにした。
そう、愛用している地元埼玉の純イタリアン3軒でもよく出てくる料理だが、ポレンタは当地の代表的な郷土料理なのだ。

外観 テーブルセッティング

メニューを開くと、ドイツ語ベース。その横にイタリア語と英語が併記されている。でも、ここはイタリア語圏のヴェネト州で、ドイツ語圏の南チロルではないはず。なんだか不思議だ。

家内は定番のシュトゥルーデルだけで良いというので、それとポレンタをお願いすることにした。

STRUDEL
STRUDEL(€3.50) ...会計伝票の表記ベース

最初にシュトゥルーデルの到着。
値段が安いだけに松の実は入っていなかったが、見た目なかなか美味しそうだ。
包んである皮の部分が薄いというのがポイント。ここが分厚くてカステラみたいなのは、概して美味しくない。

かなり待って、待望のポレンタの到着。

Polenta con funghi misti e salsiccia
Polenta con funghi misti e salsiccia(€13.00)
Polenta(corn meal) with sauteed mushrooms and sausage


一応 Secondi piatti にある料理で、ポレンタがメインに記載されているのだが、どう考えても付け合せ。
メニュー構成を見ても、ポレンタがベースで、そこに何を付けるかで値段が決まっている。
伝票でも「POL.+SALS.+FUNGHI」とあるので、確かにポレンタが筆頭になっているのだが・・

Polenta

アップにしたポレンタの写真を見ても分かる通り、フレンチの付け合せ定番であるマッシュポテトと大差が無い。
じゃがいもでなく、とうもろこしが原料というだけの違いにしか見えないのだ。
これが、あちこちの店で「ポレンタ有ります」と書かれているほどの料理なんだから、イタリア料理は奥が深い。

といっても、ポレンタが何かは知っているので驚きはしなかったのだが、埼玉でこのタイプのポレンタが出てきたのは、今のところ北与野の fino だけ。大抵は、セルクル等で固めたものをカリッと焼いてあるのだ。
たぶん、単なる付け合せレベルのポレンタでは無く、凝ったポレンタを出す店もあるのだと思う。これは、次回以降のイタリア旅行の宿題としたい。(年末年始は南イタリアなので、ポレンタは無いと思う)

サルシッチャの断面

本来なら、こちらがメインになるべきサルシッチャの断面。英語版ではソーセージと訳されているが、腸詰でもないし皮が付いているわけでもない。

現地で食べている時点では知らなかったのだが、帰国後に食べに行った浦和のアランチャ・デル・ソーレで食べた具材としてのサルシッチャ。シェフから、製法の名前であって腸詰でなくても皮が無くてもサルシッチャだとの話を聞いていたので、納得。ビニール袋に入れて平たく延ばしてから湯で加熱し、取り出して切ったものを焼いた感じだから、確かにハンバーグとはまったく異なる製法だ。

funghi misti

こちらのキノコ炒めが入ると2ユーロ加算になっていた。
日本と違って、こういった脇役的な料理もたっぷり盛ってくれるのは嬉しいな。

お会計以上に、水代を加えてお会計は €18.30

なぜか、コペルトが加算されなかったが、そういえばメニュー上にもコペルトの表記が無かった気がする。
カフェやピッツェリアではないのに、コペルトを徴収しない店があるとは驚きだが、家内がデザートだけ頼んでいるので、課金を免れた可能性もある。というのも、課金していればパンが出てくるはずだが、出てこなかったからだ。

この後は、今日の出発地を通過してそのまま北上し、迂回路のフルチア峠 (Passo Furcia | Furkel/1759m)を越えて東進。国境を越えて、東チロルのリエンツ(Lienz)入りだ。

※メニュー:パスタ(独)(伊・英)メイン(独)(伊・英)冷菜・サイド(独)

【詳細情報】
店名:Hotel Monte Cherz
電話:0436-79133
住所:Passo Campolongo 17, Arabba Livinallongo (BL)

大きな地図で見る
 

【カンポロンゴ峠 (Passo Campolongo) の風景】

 

【ヴァルパローラ峠 (Passo Valparola) の風景】

▲峠の道路のすぐ下に、小さなヴァルパローラ湖が見える


▲左:戦争博物館(軍服を着たおじさんが専用駐車場の不正利用に睨みを効かせていた)
 右:峠の山小屋(この裏手から湖畔周辺へのトレイルが延びている)


▲左:トレイル開始地点からの湖の眺め  右:湖畔周辺は湿地帯で色々な花が咲き乱れていた


▲左:この先に行くと麓に下りる  右:左手に見える戦争博物館を目指して戻ろう
 

【フルチア峠 (Passo Furcia|Furkel) の風景】

▲左:標識は1789mだが、公式は1759mでGPSでも同じだった。 右:すぐ脇は貯水池

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/ラ・ヴィラ (La Villa|Stern):Hotel Antines

訪問:[2013/7/13 19:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CPN/A
今日のルート by 旅レコ
▲今日のルート by 旅レコ(GPSLOG)  (地図をクリックすれば、大きな地図が開きます)

7日目は、この旅行で一番短い移動距離だ。
時間的余裕があったので、3日目に行ったシウジ(Siusi|Seis)まで往復してから、ガルデーナ峠(Passo Gardena|Grödner Joch/2121m)を経由して、宿を予約してあるラ・ヴィラ(La Villa|Stern)という小さな街に向かった。

外観 入口には毎年のグリーンガイドのシール
▲左:外観  右:ミシュラングリーンガイドの推奨シールが7年分貼ってある入口

この日は、充実した朝食をたっぷりいただけたのと、グリーンガイドに載っていた4つ星ホテルをハーフボードで予約していたので、昼食は抜き。このホテルも、街道に面していないことからか、宿泊者専用レストランだった。

テーブルセッティング チーズバフェ
Choice of fresh salad and tasting of cheese from Dolomites mountains

まずはお決まりのサラダバー。
ドロミテのチーズと記されているチーズの選択肢は非常に豊富だが、2種類を除いて保存の効くハードタイプばかり。

前菜バフェ

サラダバーに目を向けると、優秀といえるレベルでは無いが、まずまずの品揃え。
客が少なかったせいもあるだろうが、大きなプレートに複数種類を盛って並べられていた。

サラダ&チーズバーから

毎度変わり映えの無い皿だが(それだけ、パプリカ好き!)、こんな感じで取ってきた。
お味の方も普通だが、それほど差の出る料理ではないから仕方ないか。

Slice of veal in tuna fish sauce
Slice of veal in tuna fish sauce with patatoes pie

前菜の選択肢は無いが、仔牛のツナソースというお題。
全面ソースといった感じの得体の知れないものが出てきた。

隠れている仔牛肉

隠れている仔牛肉は、こんな塩梅で入っている。ソースに漬け込んであるのではなく、皿に肉を重ねて盛って、その上にタップリすぎるツナソースをかけてあったのだ。

このツナソース、少量なら日本でも食べたことがあるが、ソースを食べるというスタンスの味付けだからか意外とおいしい。ただ、仔牛肉と合わせて美味しいかというと、かなり微妙な雰囲気。ツナの味が強いソースだけに、肉の方も癖の強いものでないと、肉を食べているというよりツナを食べている気にしかなれないのだ。

Schupfnudeln
Potatoes "Schupfnudeln" with radicchio from Treviso and gorgonzola cheese

プリモのパスタは3択。家内も私も同じものを選んだ。
「Schupfnudeln(シュプフヌーデルン)」は、ドイツ料理の名称らしい。

じゃがいものニョッキを細長く伸ばした感じのものだが、フルーティーなソースが独特。
3日前にフリウリ料理の名物チャルソンス(Cjarsons)を食べに行ったが、その事前調査情報として甘いソースの話題があったので、そのタイプかな?

Baked mackerel fish
Baked mackerel fish, stuffed zucchini and natural potatoes

メインも3択。
魚を選んだ家内の料理は、想定外のサバを丸ごと1匹蒸し焼きにしたものが出てきた。
でも、山で海の魚を食べさせるという神経は理解できない。
私は青魚アレルギーなので(鰯・鯖・秋刀魚は、酢漬けでなければ一発アウト)、味見は一切できずコメント無し。

Milky veal tagliata
Milky veal tagliata, potatoes "Bridge" and mashed cauliflower

私は前菜と被る(ことに気付いていなかった)仔牛のタリアータ。
今度はソースがないので、もともと味の主張に乏しい仔牛肉を食べても美味しく感じない。

皿に見立てたマッシュポテト側にソースが乗っていたので合わせていただいてみたものの、やはり美味しいものではない。
ソースの味は悪くなかったので、素直に肉とソースでいただきたかったな。

1皿目のデザート
Cream of natural jogurt, fruit ragout, homemade savoiardi biscuits

最初のデザートは2種盛りだが、水準低め。「jogurt」はドイツ語でのヨーグルト。南チロルだなぁ。
ついでに、「savoiardi biscuits」は、和訳でフィンガービスケット。

足りなければデザートバフェもあるとの説明があったが、やはりメニューには載っている。
フランスでも何軒かあったし、当地でも3回目だが、なぜコースに含まれているのにオプションみたいな言い方をするんだろう?
コースに記されている(=料金に含まれている)なら、例え満腹で食べられなくても、こちらから要らないと言わない限り出すのが当然と考えるのは、日本人的発想なのだろうか・・

Dessert buffetから
Dessert buffet から私のチョイス

もちろん足りないので取りに行ったが、一番食べたかったジェラートやアイスクリーム類が無かった。
おなじみのアップル・シュトゥルーデルに、松の実がたっぷり入っていた点は、さすが4つ星ホテル!?

Dessert buffetから
Dessert buffet から家内のチョイス

家内が取ってきた巨大ティラミスも味見したが、オーソドックスながらもまずまず。

朝食は規模が小さいうえに客も少なかったせいか意外に貧弱だったので、写真掲載は見送ることにしたい。
悪いという意味では無いが、フレッシュチーズが無いに等しかった点が不満だ。

※メニュー:夕食メニュー

【詳細情報】
店名:Hotel Antines
電話:0471-844-234
住所:Str. Picenin 18, 39030 La Villa (BZ) | Alta Badia - Dolomites

大きな地図で見る
 

【ガルデーナ峠 (Passo Gardena|Grödner Joch) の風景】




▲峠からの360度

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>