《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/カンソン (Quinson):Relais Notre Dame

訪問:[2013/5/4 19:15]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
今日のルート by 旅レコ
▲今日のルート by 旅レコ(GPSLOG) (地図をクリックすれば、大きな地図が開きます)

この日は、モンテリマール(Montélimar)から南下し、オランジュ(Orange)、ヴェゾン・ラ・ロメーヌ(Vaison-la-Romaine)、ル・バルー(Le Barroux)、ヴナスク(Venasque)、リュベロン(Luberon)地方のゴルド(Gordes)、アプト(Apt)、セニョン(Saignon)を経て、宿泊する古城ホテル「Chateau d'Esparron」のある人口300人ほどのエスパラン・ド・ヴェルドン(Esparron-de-Verdon)という村に向かうというハードスケジュール。

宿泊する古城を優先したかったので、リュベロン地方自然公園にある街のほとんど車窓からの眺めだけになってしまったし、昼食をレストランで取る時間が無いのでランチは出発前に仕込んだパンだけ。

外観 店内

古城ホテル(正確にはB&B、つまり民宿)の紹介は次の記事に回すとして、レストランが無いため 10Kmほど離れた人口500人ほどのカンソン(Quinson)にある、お勧めというレストランに向かった。
このレストラン、古城ホテルを予約した時点ではグリーンガイド掲載店だったが、2013年版では外れてしまったようだ。確かに2012年版のシールが店頭に貼られていたが、落とされたなりの理由はあるのだろう。

3皿コースは€20.30、€24.50、€28.50。メニューはフランス語版と英語版が綴じられているうえに、私が重視する地元の料理や食材(Local Spétialities)も英仏併記形式で1枚にまとめられていた。

じっくり吟味した結果、最高値の €28.50コースでお願いすることにしたのは、最も選択肢が多く、そのなかに地元の食材を使った料理がたくさん並んでいたからだ。

Escalope de Foie gras poêlée
Escalope de Foie gras poêlée, salade verte, compotée d'oignons (suppl.2€)
Soutee a Slieces of foir gras, green salad, onion jam
(追加料金:€2.00)

前菜から家内が選んだものは、またまたフォアグラ。といっても、今回は初めて見たソテーしたものということで頼んだみたい。
出てきたものは、ソテーというよりはカリッと揚げた感じ。

フォアグラをアップ

それほど脂分が抜けてしまったようには見えないが、フォアグラにしては脂分の少ないもの。
かといって、日本でよく見かけるようなパサパサしたどうしようもないものとも違うが、フォアグラらしい味わいが少ないという点では同じかも。

酸味のあるリンゴジャムと、オニオングラタンスープが作れそうなほどにしっかり炒めた玉葱は美味しい。

12 Escargots des Alpes
12 Escargots des Alpes, façon Bourgogne
- élevés au GAEC Escargots de la Robine, 04 La Robine sur Galabre
Snails from the Alps, Burgundy style


私は、60Kmほど離れた La Robine sur Galabre という山間の集落が産地というエスカルゴ。
日本と違ってたっぷり12個入りだが、出てきた時はタコ焼きプレートに見えてしまった。(笑)

お味の方は、ニンニク控えめで物足りない印象だったし、エスカルゴの大きさもかなりの個体差がある。
そこは、価格が安いので仕方ないだろうと割り切ることにしたが、グリーンガイドから落とされた理由は、この辺の姿勢かな? 食材のばらつきは、どう考えても評価できるものでは無いと思う。

Magret de Canard
Magret de Canard, au Miel des Alpes de Haute Provence
- Miel récolté sur la plateau de Valensole par Marc Jourdan, apiculteur a Quinson
Duck breast with honey


家内のメインは、村内の養蜂家が生産している蜂蜜を使った郷土料理。マグレ鴨は胸肉丸ごと1本分が出てきた。
質的にも悪くは無いが、メニューに記されているとはいえソースが強烈な蜂蜜味で美味しくない。
飼育期間が長いフォアグラを抜いた鴨ゆえにボリュームたっぷりで、半分近く私が引き受けることになってしまった。

Pied et Paguets à la Marseillaise Pied et Paguets
Pied et Paguets à la Marseillaise
- Agneau français, vin blanc de la cave coopérative de Quinson, coteau de Pierrevert
Tripe, Marseille style


私は、地元の白ワインを使っているというトリッパの煮込み。
イタリアンではよく頼む料理だが、マルセイユ風だとどう変わるのだろうと興味があった。

トリッパを皿に盛ってみた

イタリアンでおなじみのトリッパの煮込みとはまったく違って、大きな皮(というか胃の壁?)でミンチ肉を巻いて紐で縛り、その状態でソースで煮込んであった。

高級店らしいお上品な味わい(つまり内臓肉の癖がない)というわけではなく、内臓肉らしいしっかりとした主張があったものの、香草使いが下手なのかソースがイマイチおいしくない。
トマトの味がほとんどなく、フォンドヴォー、それも市販品的なものがベースになったような陳腐な味付けだった。

そうそう、牛肉では無くて羊肉の胃というのだから、羊肉がダメな方が知らずに頼むと悲惨な思いをするかもしれない。マルセイユ風が羊肉を使うのかは知らないが、フランス語表記で「Pieds et paquets」とあれば、ラムの足や胃を意味するらしい。(こういった時は、英語メニューだけで判断すると危ないのだ)

Fromage
Fromage
Cheese


最後はチーズかデザートの2者択一。となれば、ここまでで味を占めたチーズを選ばない手はないだろう。
で、出てきたのが予想外に多品種のチーズワゴンならぬチーズバスケット。
人口500人にも満たない集落で、レストランは2軒だけ。そんな僻地のレストランで、この品ぞろえには驚いた。

選んだチーズ

今回の選択は5種類。だんだん大胆になってきた。
お味の方も、予想外に良くて満足。やっぱりフランスのチーズは美味しい!

Pâtisserie Maison
Pâtisserie Maison
home-made patisserie


家内は自家製デザートをチョイス。
こちらも、店の格から考えればまずまずの出来だったそうだ。

お会計 羊の子供
▲左:お会計  右:道中みかけたかわいい羊の親子(これがマルセイユ風トリッパの材料?)

※メニュー:郷土料理Menu 24.50€Menu 28.50€(英語版)Menu 41€ベジタリアン用ランチ・お子様用

【詳細情報】
店名:Relais Notre Dame
電話:04 92 74 40 01
住所:Route de Montmeyan, 04500 Quinson

大きな地図で見る
 

【オランジュ(Orange)の風景】 (☞ 公式サイトWiki



 

【ヴェゾン・ラ・ロメーヌ(Vaison-la-Romaine)の風景】 (☞ 公式サイトGoogle Map



▲壁画があまり修復されていない教会って、フランスではあまり見なかった気がする
 

【バルー城(Le Château du Barroux)の風景】 (☞ 公式サイトGoogle Map




☞ 参考:南仏プロヴァンスの大自然の魅力
 

【ヴナスク(Venasque)の風景】 (☞ 公式サイトGoogle Map




☞ 参考:BonVoyage!ボン・ヴォヤージュ
 

【ゴルド(Gordes)の風景】 (☞ 公式サイトWiki



テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/モンテリマール (Montélimar):ラ・プチフランス(La Petite France)

訪問:[2013/5/3 19:00] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
今日のルート(クレルモン・フェラン~ル・ピュイ・アン・ヴレイ~モンテリマール) by 旅レコ← 今日のルート by 旅レコ(GPSLOG) 
← 地図をクリック=大きな地図が開きます

前夜はミシュラン1つ星店で当ブログ7軒目の星5つを進呈したが、またまた連続して5つ星進呈店に巡り合えた。

こちらの店は、観光資源のない(原発はある!)普通の田舎町のレストラン。
ホームページすら存在しない。

なぜこの街を選んだかというと、次の目的地の中間点であり、街の中心でありながら駐車場が無料でホテル代が安かったというだけで、特別な意味は無い。

ちなみに宿は、同じローヌ=アルプ地域圏にあるリヨン(Lyon)で3連泊した Kyriad というフランスのビジホチェーン。

当地のグリーンガイド掲載レストランは2軒。
もう一方の店は広場に面した一等地にあったが、こちらは行き止まりの路地の一番奥にポツンとある最悪の立地。どちらが良いかといえば、競争原理が働くこちらの店だろうということで決めた。

外観 店内

開店と同時に入ったので席を確保できたが、そのあとから来た客はお断りするほどの盛況ぶり。行き止まりとなる路地の奥地にあるので知らない客は来れないという立地なのに、後から後から客がやってきては断られていた。(全部で9組も!)
人気店か否かは行ってみないと分からないが、とにかく狙いを定めたら開店時間に行くに限る。(もちろん予約するという手もあるが、言葉の問題があるとなかなか難しい・・)

開店前に店頭メニューで吟味していたので、注文は予定通り Menu à 33€
コースの価格が安いので(といっても、これが最高峰だが・・)、水道水と言わずに水も頼むことにした。ヴィッテル(Vittel)、バドワ(Badoit)、ヴァルス(Vals)と3種類の選択肢があるというのも珍しいが、馴染みのあるヴィッテルで。

アミューズ

まずは、タプナードがトーストされたパンと共に出てきた。

タプナード

この最初の1皿の印象で、この後の料理に対する期待になったり落胆になったりするわけだが、そこらのタプナードとは全然違う美味しさ。広いホールを笑顔を振りまきながらひとりでカバーしていた奥様のファンも多そうだが、料理の方も期待できそうだ。

バゲット
▲大きな木製の小物入れみたいな皿でバゲットが供された

La Mise en Bouche
La Mise en Bouche

バゲットと共に出てきたのは、恐らくメニューに記されているアミューズに該当する料理だろうか。
30Kmほど南下すればプロバンスという土地柄なのか(当地は「プロヴァンスの入口」と呼ばれているそうだ)、最初の2皿はプロバンス料理が出てきた。

蟹のほぐし身にグレープフルーツをほぐしたもの、それにトマトとアボカド等を加えてビネガーで合えてセルクルでまとめてある。皿の見栄えは悪いが、フルーツと蟹肉の甘さが調和して美味しい仕上がりだ。
レストランカード(最後の写真参照)に載せてある料理だから、たぶん店のスペシャリテだと思う。

ここまでの2皿で腕があることを確認できたので、期待が膨らんできた。

Le Foie Gras de Canard aux Epices
Le Foie Gras de Canard aux Epices et son Chutney Pomme-Ananas au Gingembre

2択の前菜から家内が選んだのは、相変わらずフォアグラ。

フォアグラをアップで

フォアグラ自体はオーソドックスなお味だが、ソースがビネガーベースのフルーツというのは珍しい。
味見ベースだが、これはこれで合うものだ。

Les Filets de Rouget Poêlés
Les Filets de Rouget Poêlés, Caviar d'Aubergines, Huile au Basilic et Petite Verdure

私は、産地でもない事からフォアグラはパスして、魚のソテーをチョイス。
魚の種類名の説明もしてくれたが、分からないので後で調べた結果「ヒメジ」。
フランスの魚料理では代表的な食材らしい。

ヒメジ(Rouget)と茄子のキャビア

前菜のはずなのに、メインの魚料理のような皿で出てきたが、添えられている Caviar d'Aubergine は、茄子のキャビアというプロヴァンス料理。(☞ マダムTOMATOのグルメガーデン

フレンチの中でもプロヴァンス料理は好みから外れるものが多いのだが、この茄子のキャビアと、少しカイエンヌペッパーを振った甘みのある魚体を合わせると意外に良く合う。

Le Magret de Canard Rôti
Le Magret de Canard Rôti, Echalotes Confites au Miel et Vin Rouge

メインも2択。
家内がダブル鴨を嫌ったので、私がマグレ鴨を引き受けたのだが、これが大当たり。
今回の旅行は、フォアグラの産地の周辺を回っていたことから鴨と言えばマグレ鴨ばかりだったが、ここまで肉の美味しいマグレ鴨は初めて。

マグレ鴨をアップ

フォアグラを抜いた後の鴨なので肉質が硬いのはどうしようもないが、ジビエのような濃い味にも負けない甘いソースがベストマッチ。相変わらず見栄えは悪いのだが、見栄えで決めつけられない皿だった。

Le Filet de Dorade Royale
Le Filet de Dorade Royale a l'Huile d'Olive et Beurre de Corail d'Oursin

家内は魚のソテー。
調べてみると、フランスの魚屋で普通に売っている日本のヘダイに近いものらしい。(☞ パリで買える魚の図鑑

Google翻訳によると訳の分からない結果になるが、サンゴとウニという文字が気になる。
もっとも味見していないので、雲丹が入っていたのかどうか分からないが、家内は普通に美味しいとのこと。
それにしても、魚の倍以上の野菜で、埼玉フレンチみたいだ。

Le Plateau des Fromages

わずか33ユーロのコースなのに、チーズがオプションでなく標準で付いてくる。
これも2択なのだが、ワゴンチーズ(Le Plateau des Fromages)か1品チーズ(Le Fromage Blanc à la Créme)の選択って、ちょっと差がありすぎる。

チーズから4種

日本ではワゴンデザートが出てくると全種盛りをお願いするのだが、まだフランスでチーズの全種盛りをお願いする勇気が無い(というか、多分食べきれないので無理)、ということでおとなしく4種類だけ選択。
もっと要らないの? って言われたけど、残すのは失礼なので無難な線で。

さすがに星付店のものよりは落ちるが、それでも十分においしいチーズだ。
こんな安い店でも10種類以上も揃えているのだから、フランス人のチーズ消費量は相当なものだ。

デザートメニュー

チーズの後は、デザート(Les Desserts de "La Petite France")。もちろんコースに含まれている。

デザート専用のメニューは高級レストラン仕様で、日本でも馴染みのあるものが多く並んでいる。
街の食堂というつもりで入ったが、デザートの充実度を見ても高級レストランに負けないものだ。

L'Assortiment des Desserts
L'Assortiment des Desserts(+€2.00)

家内はもちろん盛り合わせ。
2ユーロ加算だが、今回の旅で知った「カフェ・グルマン」とは比べ物にならないボリュームで出てきた。

Le Nougat Glace
Le Nougat Glace

私は、大好物のヌガーグラッセ
埼玉では滅多にお目にかかれないデザートなので、見つけると必ず頼んでしまうが、期待以上の美味しさ。
後で調べたら、当地はヌガーの産地として有名らしく、夏には「ヌガーフェスティバル」なるものも開催されているそうだ。流石っていう感じ。

家内が頼んだ盛り合わせも味見しているが、フランスの食堂や格下レストランではデザートが美味しくないのが当たり前なのに、この店のデザート水準の高さには驚かされた。フランスでも探せばあるんだな。

珈琲 小菓子と砂糖

大満足だったので、食後の珈琲(€2.10)もお願いした。
砂糖(3種類!)といっしょに盛られた小菓子は、トリュフチョコ。これも日本だったら1粒150円クラスの出来だ。

レシートレストランカード(表)レストランカード(裏)

ということで、埼玉フレンチのように奥様とご主人で営んでいる店のようだが、当地の方たちはよくご存じのようで大繁盛している理由がよくわかった。

規模と価格設定や料理の構成は異なるが、奥様の笑顔とホスピタリティの素晴らしさは、年に5~6回ほど出かけている北上尾の Maison d'H にそっくりな店ということで、当ブログ8軒目の★5つを進呈することにしたい。
観光資源がほとんど無いモンテリマールに出かける方などいないとは思うが、もし近くに出かける用があれば、ぜひとも予約して訪問してほしい。

※メニュー:食前酒・郷土料理コースMenu à 22.90€Menu à 33€アラカルトドリンク類

【詳細情報】
店名:La Petite France
営業:12:00~13:15(LO)、19:00~21:00(LO)
定休:月曜日、日曜の夜
電話:04 75 46 07 94
住所:34 impasse Raymond Daujat, 26200 Montélimar

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/ル・ピュイ・アン・ヴレイ (Le Puy-en-Velay):Le Poivrier

訪問:[2013/5/3 12:40] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
中断していたGWフランス旅行の続きを始めたい。
クレルモン・フェラン(Clermont-Ferrand)のミシュラン1つ星レストラン、フルール・ド・セル [Fleur de Sel] のディナー紹介までだったので、翌日のランチから。

ル・ピュイ・アン・ヴレイ(道路標識の多くは Le Puy と省略)という一風変わった街にやってきた。
街の中心3か所にそびえたつ岩山の上には、何かしらの像や建物が構えている。丘のてっぺんに1か所というなら珍しくないが(大抵は城跡だと思う)、狭い区域、しかも人口密度の高い街に3か所もあると異様な感じがしないでもない。最後の風景写真集で紹介しているが、5キロほど離れたポリニャック(Polignac)の街の方が、まだ普通に見えてしまう。

外観 店内

一通り街歩きを終えて向かった先は、ちょっと現代風のレストラン。でも先客は老人6人組で、後からも客は来ない。値段が高いわけでもないのに、ここまで客の入りが悪いのは何故だろう?

ランチは2皿€15.003皿€18.00とリーズナブル。でも選択肢に魅力を感じず、1ランク上の Menu €22.00 をお願いした。1ランク上と言ってもわずか4ユーロの差。埼玉のように5割増になったりしないのがフランスでは当たり前のようだ。

ちなみに、フランスでのコース表記では日本のように名前が付いているケースは稀で、通常は「Menu 22€」といった金額表記が名称になっている。日本語にすれば「22ユーロのコース」という表記だ。

パン

まずは、パン。フレンチというよりはイタリアンのパンだ。
溶岩プレートで出てきた時は、高くて不味かったアングレーム(Angoulême)の La Ruelle を思い出してしまったが、こちらの店は安いので、外してもダメージは少なそう。

Terrine de foies de volaille
Terrine de foies de volaille, chutney de fruits rouges, pain grillé

前菜から家内は定番のテリーヌを選んだ。相変わらず冒険心が無い。



味見ベースだが、ちょっと塩分強すぎという印象だけども普通のパテ・ド・カンパーニュ。

œuf bio cuit à 65℃, crémeux d'asperges et mouillette croustillante
œuf bio cuit à 65℃, crémeux d'asperges et mouillette croustillante

私は「œuf bio cuit à 65℃」って何だろうと気になって注文してみた。
英語は通じたがメニュー説明をしてくれた訳ではないので、アスパラならいいやという博打だったのだが、外した。

要は温泉卵だったみたいだ。アスパラもホワイトアスパラに期待したものの、普通のグリーンアスパラ。
ホワイトアスパラの季節であり、マルシェにもたくさん見かけるのに、レストランで出てくるアスパラはグリーンばかり。何でだろう?

Pavé de veau aux pleurotes
Pavé de veau aux pleurotes, lentilles vertes du Puy

家内が選んだメインは仔牛のステーキ。
メニューに記されているわけだから、豆は付け合せという位置づけでは無く肉ど同格のメイン扱いなんだろう。
皿に直接盛りつけるのではなく、小鍋に入れて皿に乗せてきた。

Supréme de volaille de la maison Vey
Supréme de volaille de la maison Vey, réduction de vinaigre de banuyls, échalotes confites

私は分からないながらも違う方を選んでみたが、鶏胸肉を無理やりセルクルに押し込んで蒸し焼きにしたみたいな料理が出てきた。

肉の断面

この部分以降の味のメモが残っていないのでどんな味だったか思い出せないのだが、味の採点(必ず当日のホテルでメモと共に仮の点数を付けている)を見る限りは美味しくなかったのは確かだ。
見栄え的には興味深いんだけどなぁ。

Tarte citron du Poivrier revisitée
Tarte citron du Poivrier revisitée

Créme brulée Ardéchoise
Créme brulée Ardéchoise, glace châtaigne

デザートは別々に上の2品。見栄え的には十分良いと思う。

レシート レストランカード

メイン以降の味のメモが書きかけのままで放置されていたので、たぶん時間切れでディナーに出かけたんだと思う。そのディナーが素晴らしかったことから、こちらのメモが書きかけだったことを忘れてしまったみたいだ。

いま、写真を見返していると、見た目は全体的に良い感じだったものの、味の方が伴わなかったのだと思う。
それでも、価格設定がこの手のモダンタイプの店にしては非常に安いので、総合では★4つに値するという判断になった。

※メニュー:ランチ(Menu du Marché)Menu 22€

【詳細情報】
店名:Le Poivrier
電話:04 71 02 41 30
住所:69, Rue Pannessac, 43000 Le Puy-en-Velay

大きな地図で見る
 

【ル・ピュイアンヴレイ(Le Puy-en-Velay)の風景】 (☞ 公式サイトWiki


▲街中の小さな岩山にある建造物


▲教会の装飾が凄く緻密


▲壁面画も見応えがあったが、その下に置いてあった物置にもきれいに描かれている。


 

【ポリニャック(Polignac)の風景】 (☞ 公式サイト

▲国道から見えたこの景観に魅せられて寄ってみた


▲村の中心の教会から城を見上げる


▲右上:城の入口まで登ったが、閉鎖されていて入れず  右下:この教会の裏側に駐車場がある


大きな地図で見る
▲ポリニャック(Polignac)は、ル・ピュイアンヴレイ(Le Puy-en-Velay)の北北西5Kmにある。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>