《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/エクサンプロヴァンス(Aix-en-Provence):La Mèdicis

訪問:[2013/4/26 19:20] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ガイドブック非掲載のグリモー(Grimaud)を後にしてやってきたのは、日本人ツアー御用達のエクサンプロヴァンス(Aix-en-Provence、歩き方表記はエクス・アン・プロヴァンス)。
中心部を2時間ほど歩き回ったが、意外にもつまらない街だった。

外観 フロントにて

ここで夕食を食べてから宿に向かうつもりでグリーンガイドで4軒ほどマークしておいたのだが、街の雰囲気が好みではなかったので、郊外立地のシャトーホテル「CHÂTEAU DE LA PIOLINE」のレストランに向かうことにした。なにしろ、家内も私もこういった建物が大好きなので、出来るだけこの手の店も候補に入れてあるのだ。

レストランの雰囲気 窓からの眺め

予想よりは質素な雰囲気だったが、空間は広々。後から中国人ツアー客が泊まりにやってきたので、雰囲気ぶち壊しだなぁと思っていたら、大テーブルにもかかわらず静かに食事をしていたのには驚きだ。全員が若いカップルだったので、どうも新婚旅行ツアーのようだ。フランスを新婚旅行先に選べるような(金持ち世帯の)若者であれば、中国人であってもマナー面で問題ないということだろう。

お願いしたのは、Menu Dégustation(€48.00)
先方はメイン1品の「Menu Gourmet(€35.00)」を勧めてきたが、デギュスタシオンコースであれば当然ボリュームは控えめとの認識でいたし、英語表記でも「Tasting menu/Served as degustation portion」とあったので問題ないだろうと思っていた。
また、コース(ムニュ Menu)は、すべてアラカルトメニューから自由に選べるのも魅力だ。

アミューズ1皿目
Amuse-bouche retour du marché(その1)

まずはアミューズ。サーモンムースをパイ生地で巻いて焼き上げたものとミニチーズタルト。
マルセイユのお隣の街ということもあってか凝った魚料理を出してきたが、お味の方は平凡。

アミューズ2皿目
Amuse-bouche retour du marché(その2)

続いて前菜かと思いきや、2皿目のアミューズが出てきた。
さすがデギュスタシオンコースと、この段階では順調な滑り出しという印象だった。

野菜の出汁をゼラチンで固めたものの上に、その野菜出汁で煮たと思われる海老を盛ってある。
これも、凝った料理という印象を受けたものの、食べてみれば決まっていないなぁという感じ。

パン パン

パンはこの後、前菜の前に出てきた。
バスケットの中の3種類からの選択ということで、私と家内で違うものをチョイス。
あまりフランスパンらしい味わいでなかったものの、まあ許容範囲。

Velouté de Châtaignes
Velouté de Châtaignes, chantilly coppa et son foie gras juste poêlé(単品:€20.00)
Cream of Chestnuts, whipped coppa and Fried Duck Lever


スープ フォアグラのソテー

家内が選んだ前菜は、栗のスープとフォアグラのソテー。
フォアグラはイマイチだけど、スープが美味しいとの評。でも、栗ではなく豆の類ではないかとの話だった。

Terrine de Foie Gras de Canard
Terrine de Foie Gras de Canard au muscat de Beaumes-de-Venise, marmelade chocolat noir et piment d’espelette(単品:€19.00)
Duck Lever Terrine with Beaumes de Venise Wine, chocolate marmalade and Espelette Pepper


私の前菜はフォアグラのテリーヌ。産地から少し離れているせいか、品質面で納得できず。
しかし、スープにしてもフォアグラにしても、かなり量が多めで最後まで行けるか不安になってきた。

Brandade de Raie en duo de Pommes de terre
Brandade de Raie en duo de Pommes de terre, sauce noix de coco et piment oiseau(単品:€23.00)
Ray Fish “Brandade”, coconut sauce and “bird” pepper


家内が選んだ魚料理は、エイの類。出てきた皿のボリュームは、まるでポルトガルのポザーダPalácio do Freixoで食べたバカリャウ料理みたいだ。
実際、そのバカリャウとポテトを混ぜた料理と瓜ふたつだそうだ。エイと干しダラの差がほとんど無いということか。

Filet de Bar grillé
Filet de Bar grillé et son beurre Marseillais, tian de légumes(単品:€23.00)
Grilled Bass filet with “marseillais” butter, Vegetable Tian


私はスズキを選択。
それにしても、実に存在感の乏しい盛り付けだ。

スズキ

スズキ(というよりはセイゴ)は塩もほとんど振らずに焼いただけと極めてシンプルな調理で、レンゲに乗せられているマルセイユバターを魚の上で溶かしていただくことになる。でも、やっぱり味気ない。

tian de légumes

メインであるはずの魚よりも皿の上でアピールしていたのが、小さな土鍋に入った焼き野菜風のもの。
底には、十分に炒めて甘味を出してあるスライス玉ねぎがぎっしり敷かれていて、その上に写真のようにトマトとズッキーニをきれいに並べてオーブンで加熱した料理。
上層部のトマトとズッキーニは良かったが、玉ねぎ炒めは油っぽさがきつかった。

と、ここまでの量で充分という感じだったが、続いて肉料理の登場。
これが、どこがデギュスタシオンコースなのかというほどのボリュームで、家内も私もほとんど手を付けられなかった。(食べたくないほど不味かったというのが正しいのだが・・)

Tajine de Poulet « Label Rouge »
Tajine de Poulet « Label Rouge » aux épices et citrons, semoule légère aux raisins secs(単品:€22.00)
Chicken tagine “Red Label” with lemons and spices, semolina served with raisins


家内が頼んだのは、鶏肉のタジン鍋。肉は堅いし、ソースはカレー味で美味しくないと。

semoule légère aux raisins secs

付け合せというよりは、主食のご飯ならぬクスクスの量もものすごい。
ご飯に例えれば、大盛カレーライスに匹敵する量だ。もちろん、まったく手を付けずに下げてもらった。

Carré d’Agneau rôti
Carré d’Agneau rôti au « Pèbre d’Ai l », écrasée de Vitelottes aux noisettes et son jus(単品:€20.00)
Roasted rack of Lamb “Pèbre d’Ail”, Vitelottes potatoes served with its juice


私は好物のラム肉をお願いしたのだが、骨付き肉が4本も乗ってきた。どこが「Served as degustation portion」なんだろうか?
これまた、肉に塩胡椒もほとんど振らずに、別添えのソースを自分でかけていただくスタイルだったが、これほど不味いラム肉を食べたのは初めてだ。マトンの癖とは違て、一口食べて拒否反応を起こしてしまった。いったい、どんな肉質だったんだろう?

ラムの付け合せは見た目おはぎだ!

付け合せは、パッと見「おはぎ」のような芋だか小麦粉だかよくわからないものが3盛り。同じものを大量に食べさせるという姿勢に、質より量を追及する店だったのかとガッカリしたものだ。なんで、ミシュラングリーンガイドに掲載されているのだろうか? (たぶん、味以外の部分が優秀だからと思いたい)

で、二人とも肉料理はほとんど手を付けずに、デザートにかけることにした。

Macaron chocolat orange
Macaron chocolat orange et réduction de curaçao bleu(単品:€12.00)
Chocolate macaroon and orange curaçao blue reduction


家内が選んだのはマカロン。
写真では分かりづらいが、まるでハンバーガーのようなサイズなのだ。

Tarte citron revisitée
Tarte citron revisitée et son coulis d’Agrumes(単品:€10.00)
Lemon tart revisited, Citrus Coulis


私はレモンタルトのつもりだったが、ちょっと変わった形状で出てきた。

レモンタルトの断面 マカロンの断面

中身は、オーソドックスなレモンクリームで残さずいただいたが、家内の巨大マカロンは、マカロンの生地も中身も不味くて半分しか食べることができず。

いや、ランチの店では価格の割にはポーション少な目だったのに、ディナーではアラカルトのポーションのまま格安のコースで出てきてしまい、こうも極端に差があるとは勉強になった。(つまり、フルコースを最初から頼むのは無謀で、3皿コースをベースに考えればよいということ)


▲伝票とレストランカード

ちなみに、瓶入りエビアンが9ユーロの請求だった。コース価格は安いのに、水代は過去最高値を更新。
なんだかわからないホテルレストランだ。

そんなわけで、雰囲気、サービス、価格に関しては標準以上だと思うものの、味に関しては標準未満ということで、総合点では中立とさせていただいた。でも、グリーンガイド掲載基準を満たしているとは思えないというのが結論だ。

※メニュー:Menu GourmetMenu Dégustation前菜・魚料理・肉料理チーズ・デザートランチ用

【詳細情報】
店名:La Mèdicis
電話:04 42 52 27 27
住所:CHÂTEAU DE LA PIOLINE - 260 rue Guillaume du Vair 13546 Aix en Provence

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/グリモー(Grimaud): La Bretonnière

訪問:[2013/4/26 11:55] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
昨晩泊まったエズ(Èze)で夕食を食べ損ねたし、フランスの宿は朝食が別料金であることが普通なので朝食もパス。おなかペコペコの状態で向かった先は、サントロぺ(Saint-Tropez)に近い、地球の歩き方には載っていないグリモー(Grimaud)という小さな街だ。
ミシュランの道路地図に示されている★マークで、グリーンガイド側に掲載されている情報をチェックし、さらには Google Map の衛星写真等で雰囲気を確認して訪問を決めた。ちなみに、海沿いにある地域は「Port Grimaud」と言うようで、道路標識上では区別されている。(公式サイトで確認したところ、行政区画では同じ地域になるようだ)

もちろん食べる店は、グリーンガイドで決めてある。
今まで外れの店が無かったことから信頼しきっているわけだが、信頼しすぎた感も無きにしも非ずという結果になってしまった。

外観 店内

この店、CPが優れたことを示すビブグルマンマークが付いていたので選択したわけだが、特にランチコースという設定は無く、最低の3皿セットでも €31.00 もする。それを頼むつもりで入ったのだが、今日のお勧めだと黒板メニューを勧められ、2皿構成であるという話を誤解して頼んでしまったのが結果的に失敗だったのかもしれない。
後で店頭に掲げられていた黒板の表記を確認して納得したが、フランス語表記のものをその場で瞬時に判断することができなかったのだ。

アミューズブーシュ

最初にアミューズブーシュだと言われて出てきた皿がこちら。
日本的にアミューズは皿数に数えないと誤解したのが、後で印象を悪くしたことになってしまったわけだ。

料理の方は、プロヴァンスらしいトマトの一口スープに、野菜ベースのペーストを乗せたカナッペ風のもの。
普通のトマトスープと違って、生クリームをたっぷり使った濃厚さがあるのだが、このトマトの味の出し方が独特。未完熟のトマトをアクセントにしているような微かな青臭さと、完熟トマトの甘味が融合しているような美味しいスープだ。
野菜ペーストは、いかにもプロヴァンス料理といったお味。これも日本では食べたことがない。

Risotto aux moules, jeunes pousses d'épinard et parmesan
Risotto aux moules, jeunes pousses d'épinard et parmesan(€17.00)

メインはムール貝のリゾット。
写真では見えないが、米の中に小さいムール貝の身がたくさん入っている。しかも、日本で食べるもののような独特な癖もなく、プリッとした食感と優しい味わいが実に美味しいのだ。

リゾットの中に隠れていたムール貝 バゲット

この皿、量の少なさから前菜の皿と誤解していたわけだが、実はこれがメインプレートだったのだ。
そう、メニュー表記にかかれていた後半部分を勝手にメインかデザートの皿だと解釈したことが判断ミスの原因となったわけだが、やっぱりフランス語が分からないというのはフランス旅行では大きなネックになる。

このあと、メニューを持ってきてデザートは何にするかと言われたと解釈したのも間違いで、実際はデザートは要るかと言われたのだと思うが、有無を言わさずメニューを渡されたのも誤解の元になったと思う。
前菜とデザートの2皿構成と誤解してメニューからデザートを選んだものの、請求段階でしっかり課金されていたので愕然。言葉が分からないこちらに非があるのは間違いないのだが、€17.00 のつもりだった料理が €26.00 だったわけだから、印象が大きく落ちてしまったのは言うまでもない。

Mousse ≪tout choco≫ Classique Dame Blanche
左:Mousse ≪tout choco≫ zestes confits, créme au thé(€9.00)
Quenelle of chocolate and cream ganache recipe English tea

右:Classique Dame Blanche, chocolat a L'Ancienne(€9.00)
Classic ≪white lady≫ in the old chocolate


そのデザートだが、フランスの食堂でデザートを頼んではいけないという水準。
これが1皿9ユーロもするって、日本の感覚では付いていけないと思う。



▲伝票とレストランカード

※メニュー:定食今日のスペシャルデザート

【詳細情報】
店名:La Bretonnière
電話:04 94 43 25 26
住所:pl. des Pénitents F - 83310 Grimaud

大きな地図で見る
 

【グリモー(Grimaud)の風景】 (☞ 公式サイト









テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/ヴァンテミリア(Ventimiglia):Ristorante La Giara

訪問:[2013/4/25 14:40]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今年のGWはフランス南部の8地域圏をレンタカーで回ることにしたが、モナコとイタリアのリグーリア州も車で走ったことがないので、初日はそこを潰しにかかった。
モナコの衛兵交代式に間に合うはずだったのに、大渋滞に巻き込まれてしまい間に合わず、モナコからイタリアに向かう途中もひどい渋滞。夏でもない平日なのにこんなに混むのかと思っていたら、イタリアの祝日(解放記念日)だったのだ。フランスの祝日は調べてあったのだが、イタリアの祝日までは未調査だったのは失敗した。

目的地は、前回鉄道でモナコからジェノバに向かう際に途中下車したヴァンテミリア(Ventimiglia)
フランスとイタリアの国境乗換駅だ。ここの市場で食材を買おうと思っていたのに、お休みだったことから祝日だろうと気づいたわけだ。

外観 歩道上のテラス席

市場で食べるのはあきらめ、海岸通りに出てすぐのこの店で、ピザをいただくことにした。客の入りが周辺店よりも良かったことと、英語が通じたことが判断基準。
曇天で海の景色はイマイチだが、歩道上のテラス席を確保した。

テーブルセッティング 席からの海の眺め

一応リストランテ表記の店だからか、テーブルにはパック入りのグリッシーニが置かれていた。
コペルトは €1.50/人

パン パン断面

注文を終えると、パンが運ばれてきた。ピッツェリアだとコペルトは取られないと思うが、リストランテ表記の店だとコペルトを取る代わりにパンも付くようだ。
このパン、フランス国境の町ということもあってかフランスパンに近い感じだったが、おそらく市販品。

カプチーノ CocaCola lightの缶

続いてドリンク。家内はカプチーノで私は Diet Coke。(€2.00€3.00で個々の価格は不明)
イタリアのダイエットコーク(CocaCola light)缶のデザインはカワイイ。

Margherita
Margherita(€7.00)
Pomodoro, Mozzarella, Basilico
(Tmate, Mozzarella, Basilic)


私は定番のマルゲリータを注文。
あれ、バジルが乗っていない。メニューにもバジリコとしっかり書かれているのにだ。
それをおかしいと思わないで出してきたのだから、この店のマルゲリータはソース側に多少加えているのだろうと理解したいが、ソース側にも固形物では見当たらなかった。

お味の方だが、ソースはたっぷりであるものの缶詰トマトそのものっていう味。生地は、前回駅構内のバールで食べたものと同様に硬い焼きあがり。少し厚めのパンという感じだった。
イタリアでは日本のように厳格にリストランテ表記をしていないようなので、格を示す「リストランテ」という認識で店を選んではいけないということだろう。

Quattro Formaggi
Quattro Formaggi(€10.00)
Gorgonzola, Brie, Grana, Mozzarella
(Gorgonzola, Brie, Parmesan, Mozzarella)


家内の選択は、クワトロフォルマッジ。
こちらは、昨年のGWにフィレンツェの Francesco Vini で食べたものと違ってゴルゴンゾーラが入っているのか分からないほどだったことから、食べやすいとの評。

いずれにしても、イタリアのピザは日本の宅配ピザのLサイズと同じサイズなので、完食は不可能。
夜のことも考えて半分残したものの、フランクフルトの充実したラウンジ食を食べすぎたことや、午後3時近くに食べたせいでもあって、ディナーを食べに行くのは断念してしまった。
ピザなど食べずに、ジェラートを食べればよかったかなぁ・・

この後、駅前通りの食材店で乾燥ポルチーニの高級タイプを 100g(€20.00)ほど購入。日本で普通に売られているタイプのものは €11.00 だったので、かなり良いお値段だ。
プラハのカンパ・パーク(Kampa Park)で食べたパスタに入っていたものと同じ大きなものだったことから惹かれたわけだが、帰国してからポルチーニのパスタを作るのが楽しみだ。
生ではないのでカンパパークと同じ香りが再現できるか分からないものの、日本で買う乾燥ポルチーニで作ってもそれなりに香ることから、期待している。食感までは再現できないだろうけど。

※メニュー:ピザその他

【詳細情報】
店名:Ristorante La Giara
電話:0184 357540
住所:1 Passaggio Oberdan, Ventimiglia

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>