《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/基隆(Keelung):天一香@基隆廟口夜市(No.31)

訪問:[2012/11/23 17:50]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
正面から見て右横裏手にあった(27-1)羊妹妹で、激マズ+ぼったくりの羊肉版魯肉飯を食べた後だったので、どうしても口直ししたかった。

外観 メニュー

こちらの店は、屋台のほかに奥の建物の中にも席を用意しているような店。しかも、ほぼ満席という盛況ぶりだ。
ちょうど正面のカウンター席が空いたので、そこに陣取って油豆腐を除く全部をお願いしてしまった。ストレス溜まっていたんだろうなぁ・・

魯肉飯
魯肉飯(NT$20≒60円)

過去1・2番を争う美味しさ。しかもわずか60円!
台北で安い魯肉飯を食べると、魯肉の量が少なくてご飯の白が目立つものだが、こちらはご飯をおおかた隠すほどたっぷり盛られている。
赤身肉と脂身の比率も半々程度とほどよく、何よりも赤身肉が半端なく長時間煮込んだほぐれ方。脂身の脂肪の量も多からず少なからず。刻んだ筍も良い食感を生み出している。

ベースの味は、さすが老舗という完成領域。この出来が普通の店の魯肉飯とは違う年季の入った味なのだ。
よく焼き鳥屋で、タレは何十年も継ぎ足しながら使っているという店があるが、それと同じような歴史を感じさせるような味わいだ。(単なる主観だけど・・)

肉焿順
肉焿順(NT$40≒120円)

この「肉焿」という文字、現地ブロガーは「肉羹」という文字で見ることが多いが、中国語の方言なのだろうか・・?  高家魷魚肉焿の記事を書くのに調べた時も、現地メニューで「滷蛋」となっていたので、IMEパッドで「滷」の文字を取り出したのだが「魯蛋」と書いてあることが多いし、好物の「魯肉飯」も「滷肉飯」と表記されていたりで、分からん!

台北の地下鉄(MRT)に乗っていると、中国語3種類と英語の4通りで案内放送されるが、恐らく台湾では3種類の中国語が使われていて、そのどれを使うかによって漢字表記も違ってくるのだと思う。(発音も違うハズ)
料理名を記載する際には、出来るだけ現地で表示されていた漢字を使うようにしているが、そうすると日本の漢字と違ってしまうケースも多く、悩ましい問題なのだ。

肉焿順の中身

で、「肉焿順」でググると、この店しかヒットしない。通常は「肉焿」あるいは「肉羹」と表記されるものだと思うが、見ての通り肉団子入りのスープだ。店頭の日本語表記では「肉みぞれ」入りのスープ。
となれば、昼食にいただいた高家魷魚肉焿と比較できるが、具材の量も味も負けだと思う。
特段美味しいという感動は無いし、何だか雑な作りに感じてしまったのだ。

高麗菜
高麗菜(NT$15≒45円)

高麗菜って何だろうと頼んだら、甘みの強いキャベツ。それを塩と出汁で茹でただけのシンプルな料理。
日本のキャベツでも甘い品種のものを3%の塩水で茹でていただくと美味しいのだが、塩水に恐らく豚の茹で汁ベースの出汁を加えたもので茹でただけ。高麗菜自体が美味しいので、普通に美味しいとは思う。

筍絲
筍絲(NT$15≒45円)

おなじみの筍(シナチクの類)も頼んでみたが、こちらも高麗菜と同様に出汁で茹でただけ。豆板醤ベースのタレがかかっているが、旨味無しで不味い部類に入ると思う。

ということで、この店では看板の魯肉飯だけで良いかと思う。
魯肉飯に関しては、最初に書いた通り過去トップ2に入る美味しさだ。


【店舗詳細情報】
店名:天一香
電話;02-2428-3027
住所:基隆市仁愛區仁三路31號

大きな地図で見る

台湾レストランレビュー&ランキング一覧

※参考サイト
貓大爺無責任美食評鑑(中国語)
好吃懶做.叫(中国語)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/基隆(Keelung):羊妹妹(羊肉焿・羊肉魯飯)@基隆廟口夜市(No.27-1)

訪問:[2012/11/23 17:10]
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス☆☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
残念なことに、台湾で初めてぼったくり行為に合ってしまった。
それも有名な基隆夜市の登録店舗でだ。

店頭 席はカウンターのみ

たまたま英語が通じる若い客が助けてくれたので事なきを得たが、NT$25の羊肉魯飯を受け取って引き換えにぴったり渡したら、NT$50のコインを見せながら違うと言い出したのだ。相手は中年オバサン。

他に客は1人だけ。混雑していて混乱するような状況ではないし、羊肉魯飯と引き換えに渡したので間違う余地は全くない。よもや、夜市登録店舗(No.27-1)でこんな目に合うとは、日本人に優しい台湾という印象を大きく傷つける行為である。

羊肉魯飯
羊肉魯飯(小/NT$25≒75円)

そういった行為の後で食べたので、味の採点にも多少マイナスバイアスがかかっていると思うが、客が入らないことが味を証明しているだろう。すぐ裏手の魯肉飯店(No.31天一香)の大混雑とは雲泥の差だ。

単に羊肉の魯肉飯という珍しさで売っているだけの店というお味で、まったく未完成。
肉の旨味を生かすこともなく、具材を変えただけだ。それも、味をまとめる技量も見えず、単なる家庭料理といった低レベルの料理だ。
正直、好物の羊肉を食べたという気になれなかった。

メニュー

これ以上コメントしようがないのだが、基隆夜市で食べる場合は気を付けよう。
特に周辺の公認店でない(番号が付いていない)店の中には、高価な海鮮料理を扱う店も多くある。おそらく、その中にもぼったくり店が存在する可能性があるという事を見せてくれたと理解した。

しかし、中国や韓国ならともかく、台湾で日本人に対してぼったくりを働く店が存在するとは、本当に残念だ。だからといって、この程度の些細なことで台湾が嫌いになることは決して無い。
世の中、悪者がゼロということは考えられないわけで、台湾人の優しさには何度も助けられていることから、他のどこの国の人たちよりも(少なくとも日本人には)親身に接してくれていると思う。

レストランカード【店舗詳細情報】
店名:羊妹妹
電話;02-2424-6781
住所:基隆市仁三廟口廟埕27-1號攤位

大きな地図で見る

台湾レストランレビュー&ランキング一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/基隆(Keelung):高家魷魚肉焿(肉羹)

訪問:[2012/11/23 13:30]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
朝から雨、それも時々強く降るような天候では街歩きは厳しい。
羅東は台北からバスで1時間強(NT$120≒360円)と近いことから、また来るであろうと後にして、台鐵の各駅停車で基隆に向かった。八堵駅での乗換待ち時間を含めて2時間強、運賃はNT$122だ。

3週間前の台北では久しぶりにドミトリーに泊まるという貧乏旅行をしたので、今回は奮発して基隆で1番のエバーグリーンホテルを確保した。それでも朝食付ハーバービューで8500円で済んでしまうから安い。2人で泊まれば1人あたり4250円。日本語も通じるし、部屋にも日本語表記があるので楽チンだ。ネットも無料。

店頭 店内

昼過ぎにチェックイン出来たので、ひと休みしてから近場を物色して見つけたのがこの店。
魷魚肉羹専門店だが、大好物の魯肉飯NT$15(≒45円)という表示に目が行ってしまったのが実態だ。

壁メニュー 調理は店外の屋台形式キッチンで
▲左:壁メニュー 右:調理は店外の屋台形式キッチンで行う(店内から撮影)

台湾に初めて来た方は、せっかく整備されている歩道がバイクの駐車場と化しているのに驚くだろうが、この店はキッチンが建物内に無い。なんと、歩道に屋台形式のキッチンを置いてあるのだ。(注:都市部に多く見られる建物1階部分を削って歩道が作られているケースでは、このような店を時々見かけることがある)

魷魚肉焿
魷魚肉焿(NT$35≒100円)

100円のスープにしては、メインの肉や魚の団子がたくさん入っていた。
出てきた段階で見えるのは魚の団子だけだが、中には肉の団子が隠れていて、数えていないがそれぞれ5個ずつ入っていた気がする。

肉&魚の団子をアップ

早速いただいてみたが、微かな酸味に程よい魚肉の出汁で薄味仕立て。これは美味しい。
スープ類は塩分が多いので注文することは滅多に無いが、こんなに美味しいスープは初めてかも。(サンプル数が少ないので、もっと美味しい店はいくらでもあると思うが・・)

金針花入り 肉&魚の団子

黄色い花みたいなものが気になって調べてみると、金針花というスープによく入っている食用花らしい。
ほかにも、シイタケ、タコ、冬瓜と具沢山。メインとなる団子の方が多い点が、日本とは違う。

魯肉飯
魯肉飯(小/NT$15≒45円)

台北平均の半値となる50円もしないのに、十分に具が乗っている。
見た目は脂身が目立つが、脂身だらけの魯肉飯だった台北の満庭香魯肉飯とは違って、脂分はしっかり落としてある。見た目に反してさっぱり系、薄味仕立てというのも意外でなかなかの美味しさだ。

滷蛋
滷蛋(NT$10≒30円)

煮卵は切って出すか、そのまま出すかを聞いてくれた。
もちろん言葉は通じないので身振りでの会話になるが、こんなに安い店なのに丁寧だ。

以上3品で175円、大満足の昼食と相成った。
エバーグリーンホテルに泊まる台湾初心者で、台湾らしい味を楽しみたい向きには特にお勧めしたい。
ホテルから徒歩2分、出て左側の道を山側に向かって真っすぐ進み、突き当たる手前50m程の右手にある。


※メニュー:テーブルに置いてある注文票

【店舗詳細情報】
店名:高家魷魚肉焿
住所:基隆市信五路接近義二路口

大きな地図で見る

台湾レストランレビュー&ランキング一覧

※参考サイト
享樂隨手拍(中国語)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>