《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/ワーキントン(Workington).西湖水地方:Hunday Manor

訪問:[2012/7/14 20:00]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
今日は朝から大移動。チェスター(Chester)近郊から、家内のお気に入りの城があるウエールズコンウィ(Conwy)まで出かけ、Uターンして今度は湖水地方(Lake District)へ。(☞ 旅レコで記録したルート
私はどちらも20年前に来ているが、後で連れて行くという約束をやっと果せたわけだ。

当地ワーキントン(Workington)は、正式な湖水地方から西に少し外れるが、道路上の標識では西湖水地方(Western Lake District)と表示されていた。なにしろ週末の湖水地方の宿は、どこも2泊からしか受け付けず、価格も高めだったので同じ予算以下で1泊でも泊まれる宿を探した結果、湖水地方の中心ウインダミア(Windermere)から70Kmほど離れた当地の宿となった訳だ。

外観 ロビー

宿に着いて、オーナーに紹介してもらったのがこちらのレストラン。
英国に多いマナーハウスのホテル&レストランだが、宿泊客以外の利用も多いようで、隣の部屋では結婚式の二次会で大いに盛り上がっていた。(雰囲気に反するロックバンドのような騒音を聞かされてしまったのは、運が悪いということで雰囲気点には反映させていない)

店内 テーブルセッティング

宿で紹介してもらった後に部屋からネットで調査したところ、価格が高い分だけの価値を感じない料理という口コミをいくつか見ていたので覚悟はしていたが、十分に価格の価値を感じることができた。
当地の宿代や食事代は、湖水地方の中心地と比べるとかなり安く感じる。

パン バター

注文を終えると、パンとバターが出てくる。バターの形状が独特。温められたパンも美味しい。
家内がワインは要らないというので水を注文したら、日本と同じ様に無料の水も出してくれた。

Chicken liver pate
Chicken liver pate, cumberland sauce, damson chutney, granary toast(£6.95≒870円)

家内が選んだ前菜は、チキンレバーパテ。
見た目でもそんな感じがしたが、パテは単独で食べると缶詰品のような味わい(苦笑)

ところが、ソースとチャツネを合わせてパンに乗せて食べるとまったく違った印象になるのだから驚きだ。
当地の名称を被せたカンバーランドソース(☞ Cumberland Sauce by 英語版wiki)の程よい甘さと醤油っぽい旨味に加え、強い甘さと酸味で主張していたダムソンチャツネ(Damson Chutney)は、ドライトマトの酸味を効かしたような味わい。
Granary toastも美味しく、メイン料理であるはずのパテの不出来をサブ料理側で十分にカバーして余りあるという面白い構成の皿だった。

Chicken liver pate damson chutney

このあと英国では何度もお目にかかったチャツネだが、今回のメニューに記されていた「ダムソンチャツネ」というものを調べてみると、英国ではポピュラーなものらしくレシピもたくさん出てきた。
ダムソン(Damson)は西洋すももの一種(☞ 英語版wiki)で、日本では手に入らないかもしれない。日本で売っているチャツネよりも強い酸味と主張の強い味を持っている。

ちなみに、カンバーランドソースは、ダムソンチャツネよりも広く普及しているものらしく、一度に二つの日本には無い英国郷土料理を楽しめたことになる。(カンバーランドは、湖水地方を含む現カンブリア地域を構成する合併前の地域=カウンティの1つ)
宿のオーナーに郷土料理を食べさせてくれる店が良いとお願いしたのだが、良い店を紹介してくれたものだと感謝したい。

Cider Poached Pear
Cider Poached Pear, walnuts, feta, red onion, pink peppercom marinade, watercress salad(£5.95≒740円)

私が頼んだ前菜は、材料名だけを羅列したサラダ。チーズとナッツの組み合わせに魅力を感じて頼んだわけだが、素材がうまく噛み合っていないという印象だ。

タスマニアで苦い思い出のある Cider(☞ こちら)で茹でた梨というのも興味があったが、普通以上に細長い洋梨を丸ごと乗せてあるという点では面白いものの、単にそれだけ。チーズもナッツも単独で主張してしまうのは、ソースが無いことが原因だろう。

Marinated lamb rump
Marinated lamb rump(£16.50≒2100円)
Boulangere potatoes, ratatouille of mediterranean vegetables, rosemary red wine jus


メインから、英国を走っているとどこでも見れる羊をチョイス。といっても、地元の羊肉なのかは確認していないが。
事前に焼き加減を聞いてくれるのでミディアムでお願いしたが、十分ウエルダンだった。日本と違って、海外ではいつもこうなる。

ラムの肉汁がたっぷり溶け込んだローズマリー風味のワインソースが非常に良かった。
ラム肉自体も癖がなく、何も言われずに肉だけ食べたらラムとは気づかないかもしれないような肉質。でも、ラム肉拒否の家内はほんの1グラムほどの小さな肉片で羊だとわかるって。前にアイルランドで生後28日の乳飲仔牛を食べたが(☞ こちら)、乳飲仔羊というのだろうか?

ブーランジェリーポテトは直訳するとフランスパン屋のポテトになるが、フランス料理の付け合せでおなじみのポテトグラタンからスライスポテトだけをわざと取り出したような感じ。もちろん味わいはフレンチそのもので美味しい。
もう一方の付け合せのラタトゥーユは、トマトの主張が強すぎるうえに煮込み不足で食感も悪く残念なものだった。

Duck Breast
Duck Breast(£16.90≒2100円)
Braised red cabbage, fondant potato, citrus marmalade, orange coriander reduction


家内は、フレンチ定番の鴨肉を選んだ。もちろんフランスではないので、英国流の鴨肉料理になる。

鴨の断面

焼き加減はピンク(レア)でお願いしたのに、ミディアムウエルダンといった焼き加減。味見ベースだが、炭火で焼いた焼き鳥のような味わいだ。ソースをたっぷり付けて、ようやく洋食的な味になった。

赤キャベツの酢漬けが、メカブのような食感で結構おいしかった。
この付け合せも英国では定番のようで、あちこちでお目にかかれた。

Beer-battered Onion Rings
Beer-battered Onion Rings(£2.50≒310円)

サイドメニューを見ると、アメリカではよく食べるオニオンリングがあったのでお願いしてみた。
出てきたのは、ボリュームこそアメリカ並みだが、衣が分厚くパン生地のような粘着性のある食感で、美味しくなかった。油切れも悪く、2個でギブアップ。

紅茶のセッティング

デザートを注文すると、変わったものを頼んだからか20分かかると。
ということで、英国ご自慢の紅茶(£2.50/1人)を先に出してもらうことにした。
小菓子はブランデー入りのチョコ。出す順番が逆になっても、さすがに小菓子を省略することは無い。

Hot chocolate fondant
Hot chocolate fondant(£5.50≒690円)
Pistachio ice cream


家内が選んだフォンダンショコラ、チョコの粘度が強いという特徴があるものの、お味は普通とのこと。
アイスはピスタチオと書かれていたが、ラムレーズンの味の方が強いと。

Cinnamon meringue
Cinnamon meringue(£5.50≒690円)
Toffee apple & raisin compote, calvados Chantilly


私は珍しいメレンゲを選んでみたが、かなり巨大サイズで、メレンゲの激甘イメージから最初は引いてしまった。

メレンゲの断面

しかし、甘さは控えめで無糖のクリームと合わせると、意外にハマる味わいだった。
酸味のきいたリンゴとレーズンのペーストも結構好み。

全部でお会計は£64.80(≒8100円)
今回の英国旅行で一番のレストランに最初から当たってしまった。

英国のガイドブックには未だにチップ必要という記述がみられたが、今回の旅で観察していた限りではチップ不要。ユーロ導入と共に廃れて行ったお隣フランスでのチップの慣習が、英国にも浸透してきているようだ。

日本人が海外で狙われる理由の一つに、ガイドブックが現地業者や関係者と結託して必要以上にチップが必要だと書くことにある。それもつり銭を残す程度で良いのに、10%といった相場以上のレートを書くからだ。
米国ではチップ必須だが、欧州では先方から要求されない限りチップを払う必要が無いと覚えておこう。基本的に日本のレストランと同じ感覚で構わない。

※先方からの要求の具体例
・請求書にサービス料は含まれていないといった表記がある場合
・口頭で請求された場合
・カード払い伝票にチップ記入欄があり、請求書にサービス料が含まれていない場合
 (観光客相手の店では必要も無くチップ記入欄を表示しているケースがあり、その場合は不要)


※メニュー:前菜・魚料理・ベジタリアン肉料理・サイドデザート

【店舗詳細情報】
店名:Hunday Manor
電話:(01900)61798
住所:Hunday, Workington, Cumbria CA14 4JF

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

トルコ/イスタンブール(Istanbul):ホテル サファイア (Hotel Sapphire/Safir)

訪問:[2012/7/14 8:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CPN/A
昨年もトランジットでイスタンブールにて1泊しているが、充実した機内食(☞ こちら)のおかげでお腹いっぱいになり、街のレストランで食べることができなかった。
今回も同じことになってしまい(☞ こちら)、イスタンブールでの食事の紹介ができないのも悔しいので、トルコ色の強く出ていた泊まったローカルホテルの朝食を紹介することにしたい。

ホテル入口 ロクム
▲左:ホテル入口 右:ロクム(部屋まで持ってきてくれたウエルカムドリンクに付いていたもの)

ちなみに宿代は1泊朝食付で €69.00/2人分。予約は最近愛用している Booking.com だ。
ユーロ建で予約したが、カードでも現金でもユーロ建だったので、カード払い時に不利な換算レートを使って現地通貨で払わされるようなこともなかったのは嬉しい。

ウエルカムドリンクにロクムが付いていただけでなく、チェックアウト時にお土産(350g入りのロクムとグラス付の粉末アップルティー:グラスは邪魔なので途中で廃棄、残りはイギリスで消費した)まで付いていた。
当ブログの評価は食事だけが対象だが、ホテルとしての評価はもっと上になる。

メゼ類
▲メゼを好みのものだけ盛ったもの

朝食は、一見すると一流ホテルのように種類が多く豪華なラインナップだったが、お味の方が伴っていない印象。
サラダはパスしてメゼを一通り盛ってみたが、見た目はまあまあなのに、酸味が強すぎて味が決まっていないのだ。
でも、この味はカッパドキアのレストランで食べたメゼの盛り合わせ(☞ こちら とか こちら)と同じ感じだったことから考えると、新宿のボスボラス・ハサンとか、トルコ航空のラウンジ(☞ こちら)の味付けは、外国人向けにアレンジしたものなのかもしれない。

卵とハム料理、フルーツ
▲手前がトルコの朝食らしいソーセージハム入りスクランブルエッグ、ハムと野菜の炒めもの

スクランブルエッグは、デフォルトで当地風の角切りソーセージが入っていた。
濃い色合いの通り味が強いが、卵に味が無いのでちょうど良いか。
スイカの味の無さは、日本の安物スイカ並み。海外でこれだけ甘くないスイカは珍しい。
チェリーは見るからに古そうで干からびているし、トマトも味が無い。
種類を多くするよりも、質を上げるという発想が無いのかしら?


▲チーズ、ハム類を一通り(中央のダイス状のチーズには黒胡麻がふりかけてあった)

チーズはやたらとしょっぱい。白っぽいもはみんな塩辛いので、たったこれだけの量でも完食に苦労した。
カッパドキアで食べた時も、メゼを含めて全体的に塩辛い印象があったので、本来のトルコ料理は塩を必要以上に効かせた料理なのかもしれない。

そういえば、日本で食べるケバブも塩辛いことがあるので、そちらの方が本場の味なのかも?


【店舗詳細情報】
店名:Sapphire Hotel
電話:+90(212)520 5686
住所:İbni-Kemal Caddesi No:14-16 Sirkeci, Istanbul

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/オーストリア航空:ウィーン(VIE)⇒成田(NRT)

搭乗:[2012/7/22 OS051便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
既に往路のトルコ航空を利用した段階で、長年マイベストだったオーストリア航空の機内食は2位に転落していたが、昨年少し挽回したと思えたのに一昨年よりも劣るレベルまで落ちてしまったというのが、今回搭乗の結果だ。

特に、オーストリア航空だけのサービスだった選べる朝食が、他社と同じ形式に変わってしまった点が致命的だ。しかも、メニューに書いてある「スムーシー」が、今日は搭載されていませんとか、皿の盛り方といったサービス面での姿勢などから、人材教育面が疎かになっているのではないかと思わされる局面を何度も見ることが出来た。
やはり、機内食は論外レベルのルフトハンザ(☞ こちら)が買収してからは、下降トレンドに乗ってしまったようだ。

ウィーン空港セネターラウンジ ウィーン空港ラウンジ
▲ウィーン空港のラウンジが変わっていた

ソースばかりのサラダにパスタとチョコムース
▲料理はこれとスープで全種類。右のサラダは出たばかりなのでモッツアレラとチーズをたくさん取れたが・・

ただし、ラウンジの食事がしょぼいのは相変わらずだが古臭かったウィーン空港の設備は一新され、雰囲気だけは抜群に良くなった。
もっとも、機材は相変わらずの旧式で、ビジネスクラスでも映画は垂れ流し形式。見たい映画があっても途中から見るしかないし、家内が言うには日本語対応が皆無に等しく、トルコ航空との差は歴然とのこと。私は映画を見ない事が多いので、気にならなかった指摘だ。

ウエルカムドリンクのカクテル アミューズ
▲左:離陸前のウエルカムドリンクのカクテル  右:離陸後のアミューズとクラッハー

離陸前のウエルカムドリンクは4択。一般的なシャンパン・ジュース・水の他に、カクテルが存在する。

離陸後の最初のアミューズは、前回以下。
海老が一段と小さく質の悪いものになり、その代わりに茹ですぎアスパラが付いていた。
グラスの中は、冷たくないマンゴーシェイクといった感じのもので、美味しくない。

パンの選択はバスケットから

パンはもちろん世界標準のバスケットから選ぶ方式。
オーストリアはドイツ語圏とあって、普段見慣れないドイツ系のパンが多いのが特徴。

ワゴンサービスの前菜

前菜はワゴンサービスに変わっていた。
やはり見て選べる楽しさと、予想と違うものが出てしまうリスクを避けるためには良いサービスだ。

手前側に和食前菜(蕎麦とサーモン巻き)、奥に洋食系が並べられていて、客毎に和食か洋食かを聞いていた。
もちろん洋食系の全部盛りをお願いした。

洋前菜盛り合わせ

実際盛られてみると、優秀な空港ラウンジの前菜類を並べただけという感じで、ちょっと魅力に欠ける印象。
メニューから転記すると、以下のような構成になる。
 ビーツ:中央下 欧州定番の甘酸っぱい煮込み
 シェーブルチーズ:中央 これも欧州定番の山羊の塩の強いチーズ
 イチジク入りマスタード:存在確認できず 上のアーティチョークに変更なら残念だ
 チキンティッカ(タンドリーチキンのスライス):左下 インド料理好きから見れば激マズ
 きゅうりのクリーミーサラダ:チキンティッカの右横 ヨーグルト風味のある東欧風の味付け
 地中海風シーフードサラダ:右下 シーフードは海老だけで、その質も悪い
 野菜のグリル - ズッキーニ/フェンネル/赤パプリカ/茄子:中央上 この手の野菜料理は欧州ならではで旨い

パンとバターに塩胡椒 鱒の燻製のクリームスープ
▲左:選んだパンとバター、塩胡椒  右:鱒の燻製のクリームスープ ライ麦パンのクルトン

お楽しみのスープは、スモークサーモンをスープにしてしまったような濃厚な味で、初めて経験した。
スモーク味のスープというのもあるんだと、一種の感動があったが、もう少し美味しくまとめられないのかなと思ったのも事実。家内には不評だった。

ウィーン風仔牛のカツレツ
ウィーン風仔牛のカツレツ "ウィンナーシュニッツェル"
 ポテトのパセリ和え/きゅうりのクリーミーサラダ


2択のメインからは、オーストリア料理の定番である「ウィンナーシュニッツェル」をチョイス。
この料理の実態を知っているだけあって本当は選びたくなかったのだが、もう一方がパスタ(パスタをメインに並べる感覚が理解できない!)だったので、やむなく選択。

予想通り、単なるスライス肉のカツレツだ。
極端に大きなレモンを乗せてある点や、下味を強くつけてある点が特徴かもしれないが、表面積の大きさはウィーンの有名レストランや他国の食堂で食べたものの方がはるかに大きい。
機内食という限られたスペースの問題だろうから仕方ないにせよ、料理としての質が落ちたことは明らかだ。
5年前には原価ベースだけでも千円以上するドーバーソールなんかが出てきたのだから。

シュニッツェルを横から きゅうりのクリーミーサラダは前菜にも有ったもの
▲左:シュニッツェルを横から  右:きゅうりのクリーミーサラダ

もっとも、地元を代表する郷土料理であるので、食べた事の無い者には新鮮かもしれないが、日本には同類のカツがあるので日本人には受けない気がするし、周辺国の安食堂にもたいていは置いてあるような料理を、何の手も掛けずに出してくるという点でも如何なものかと思う。それも、タルタルソース代わりに前菜でも出てきている胡瓜のサラダを付けてくる姿勢は、明らかな手抜きだ。

選ばなかったパスタだが、隣の方が選んでいたので盗み見したところ、往路のトルコ航空の2食目のメインで出てきたものと同じ感じ。(☞ 写真はこちら

同じDO&CO社社が手掛けるだけあって、全体を通してみても似ている料理があるが、他社で朝食代わりの2食目に出してきた料理を1食目のメインに持ってくるとは呆れてしまう。
これもルフトハンザ主導のコスト削減の影響だろう。こうやって同じ時期で比較されて公開されてしまうリスクを考えていないのだろうか?

ワゴンチーズ
ワゴンデザート
チーズやエキゾチックなフルーツのワゴンサービス
 パラチンケン(クレープ)/洋梨のコンポート ホットチョコレートソース
 フレッシュチーズのデザート アプリコットのピューレ/フレッシュミント
 クレムフレイシェのアイスクリーム


お待ちかねのデザートだが、チーズの品ぞろえは変わらないものの、ケーキが無くなってしまった。
5年前のデザートから比べると数段落ちているわけで、この部分でもトルコ航空に大差を付けられてしまった印象だ。
トルコ航空側には存在したチーズの説明も無いし、他社研究などしていない模様。コストのかからないサービス面だけでも改善しようという姿勢が見えない典型的な事例だろう。
聞くところによると、労組が強くて人件費削減が出来ないらしいが、働く側が自ら考えて良くしようという姿勢を見せなければ、そのしわ寄せは今回のように客側に来てしまうのだ。まるで日本の役所仕事みたいだ。

デザート全部盛り

頼んだ意図が通じなかったのか、デザート全部盛りをお願いしたらフルーツを盛ってくれなかった。それで、こんな寂しい皿になってしまった。クレープは不味いし、良いところ無しだ。

チーズを1つ指定したら・・ パラチンケンの断面

それに、チーズ1品を頼んだら、左側の写真のように出してきた。考えられない!!
何を血迷ったか、チーズも全部盛りで頼まなかったのも失敗だが、出された段階で追加をお願いすれば良かったと後悔してしまった。

全員に配った後のワゴンが戻ってきた時、案の定フルーツもチーズも大量に残っていた。
後で、乗務員達がメイン料理も含めて余りものを食べていたのを確認できたので、そのために盛り付けを意図的に少なくしていると受け止められても仕方ないだろう。

Kaffee Beileys Wiener Eiskaffee
▲左:Kaffee Beileys  右:Wiener Eiskaffee

食後の珈琲は、珈琲専用メニューに記載された10種類から選べる。
この部分もオーストリア航空ご自慢のサービスだが、さすがに削られていなかった。でも、来年以降は怪しいかも?

それに、食後酒のワゴンサービスでは、定番のクラッハーはもちろん、グラッパとか5種類ぐらいあったと思う。
酒を飲まないので気づいていないだけかもしれないが、高価な食後酒をこれだけ揃えている航空会社は記憶にない。

中間食のタルト

さて、帰国後は即仕事が有るので食後は熟睡モードに入っていたが、映画を見ていた家内に中間食が配られたとのことで、写真を撮るかと起こされた。
この時、普通なら目が覚めた客ということで、案内があっても良いのに無視。やはり、サービスとは何かという基本を叩きこまれていない乗務員が増えた表れだろう。仕方ないので、家内と半分ずつに分けていただいた。

小型のキッシュに似たタルトだが、中身はかな~り重い挽肉と酸っぱくないマヨネーズのような油脂分の多いグラタン状のもの。美味しいんだけど、これを食べたら消化が悪すぎて睡眠モードに入りにくい。
結局そのまま起きてしまったが、1個食べれなかった食い物の恨みは大きいぞ!

朝食

3時間後には、朝食(Second Service)が配られた。
最初に書いた通り、今までは朝食メニューに記された単品を自由に選択してオーダー出来たのに、他社と同じ様に固定メニューになってしまった。微妙に選択肢がある分だけは救いだが、今までと比べたら大幅なレベルダウンだ。
しかも、前回3杯も飲んでしまって楽しみにしていたフルーツ・スムージーは搭載していませんと。

プレーンヨーグルトと自家製ミューズリー フレッシュ・フルーツ 各種ハムとチーズ
▲左:プレーンヨーグルトと自家製ミューズリー  右:フレッシュ・フルーツ 各種ハムとチーズ

フレッシュチーズのパンケーキ

2択のメインからは、フレッシュチーズのパンケーキ ミックスベリーのコンポートを選択。
この「フレッシュチーズのパンケーキ」だが、第一パンのチーズ蒸しケーキ風という予想に反して、焼き立てチーズケーキ屋で売っているスフレタイプのチーズケーキ。それも1ホール580円の安物では無く、高級タイプの方に近い重量感のあるもの。

そのまま食べても美味しいので、添えられていたミックスベリーのコンポートは、プレーンヨーグルトに入れていただいた。

以上で、今回の機内食はおしまい。
最初に書いた通り、他社に比べれば十分な内容だが、比較できる12社の中で第1位のトルコ航空の次に位置するものの、大差が付いてしまった。これで、わざわざ指定してまでのリピートは無くなった。

最後に、今年のビジネスクラス機内食のランキングが発表されたが(☞ こちら)、過去ランクインしたことが無かったはずのスイス航空(正式にはスイスインターナショナルエアラインズ)がいきなり1位になっていた。
同じルフトハンザ傘下の航空会社でありながらいきなり1位というのは、ちょっと胡散臭い。というのも、その変化を裏付ける機内食レビューを見かけないからだ。

どうもSKYTRAX社のレーティング自体の信憑性が落ちてきた気がする。というのも、昨年分を含めたANAの受賞や今回のスイス航空の受賞の不自然さは、エアライン別の詳細ページに記されている個別項目のレーティングで裏付けが取れるからだ。
モンドセレクションの銀賞やグッドデザイン賞のような、お金でロゴを買い取るようなインチキ賞とも言える類と同じで、裏金で賞を得ているのではないかと疑われても仕方ないだろう。
結局は企業ベースのランキングサイトであれば、注目を浴びるごとに事業利益優先の方向に向かってしまうようだ。食べログみたいに。

※メニュー:アラカルト料理(独・英語版)朝食珈琲①バーメニュー

1年前(2011.5)の機内食
2年前(2010.7)の機内食
5年前(2007.7)の機内食
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>