《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ヴェネツィア(Venezia):カフェ フローリアン(Caffè Florian)

訪問:[2012/4/27 15:45]
評価点:総合★☆☆☆☆☆☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP☆☆☆☆☆
GWは家内と共にイタリアに行くことにした。
その第一弾が家内の希望でヴェネツィア。貸切ゴンドラに乗ることと、サンマルコ広場の16~17世紀に建てられた新政庁にあるこの店の雰囲気を味わえれば良いとの事で、ケチな私が拒否反応を起こす両方を我慢して付き合うことになった。(いつもの一人旅だったら、半日ほど街歩きするだけでおしまいにするのだが・・)

ベネチアについては、ガイドブックの記述だけでなく多くの方の旅行記の記述を見ても何もかもが高いということで覚悟はしていたが、ゴンドラは規定料金で€80だったし、レストランやカフェの価格も、この店を含めたごく一部の店を除けば、普通の観光都市と同等だ。このあたりの情報は、日本に帰ってからこのページの最後に付け加える予定。

外観 テラス席での演奏
▲左:店の外観、右:テラス席での演奏時間帯は室内席も音楽チャージ要(€6/人)

さて、観光地の一等地にあるというだけでぼったくり価格を提示する店はベネチアだけではないと思うが、この店の価格は情報通りベラボウだった。コペルトは無いが、ミュージックチャージが€6.00/1人。このチャージを逃れる手段は、奥のカウンターバーでの立ち飲みだけとのこと。
それに加えて、ペリエの200mlが€6.00が最低で、エスプレッソが€6.50、カプチーノは€9.00もする。(詳細は最後のメニュー写真参照)

カフェだけでは食べ歩きブログに載せるわけにはいかないので、スモークツナのパニーノ(€12.00(+€6.00))を頼んだのでこれを評価対象にしたい。

外から室内を覗き込む 室内席の雰囲気
室内席の雰囲気 室内席の雰囲気
▲室内席の外観と室内からの写真

さて、最終的に注文したのは以下の3品で総額€38.00
もちろん、2人分の音楽チャージ€12.00が加算されている。

注文品はまとめてトレーで出てきた
右:Caffè Espresso miscela Florian(€6.50)
左;Caffè Filtro(€7.50)
 Old Faschion Coffee served in a cup with a brass filter
前:Carpaccio di tonno affumicato(€12.00)
 Carpaccio of smoked tuna-fish

一番奥の水は無料。といっても、他が高いので当然といいたいが。
その手前の銀の水差しは、Caffè Filtroに使う熱湯が入っている。

Carpaccio di tonno affumicato

で、評価対象のパニーノだが、メニュー写真では生ハム風のものが全体を覆っていたのに、ご覧のようなさびしい内容。
これで美味しければ何も文句は無いのだが、どうやったらこんなに不味く作れるのかと思うほどに酷い出来。脱サラしたド素人がワゴン車でパニーノ屋を開いたケースの方がはるかにマシというものだ。

スモークツナを拡大① スモークツナを拡大②

そのスモークツナを拡大した写真。サーモンのように脂の乗った魚を使えば美味しくいただけるが、パサパサの赤身マグロ、それも安物のカジキを使っているのだろう。どうしようもない。中トロ辺りを使えば、まだ上手くできるのではと思いたいが、多分無理。スモーク技術を持っているとは思えない味わいなのだ。

驚くことに、この店のメニューには1品100ユーロを超える料理まで載っているのだ。ハッキリ言って味覚音痴の成金が頼むもの。高いだけで技術も何もない店であることは、こういった料理を見れば読み取れるので、絶対に珈琲以外を頼んではいけないということだ。

Caffè Filtro Caffè Filtroの容器を上から
▲左:珈琲濾過専用容器をカップの上に置く 右:その容器を上から覗いた写真

ここまでが評価対象で、この後は私が頼んだCaffè Filtroの話。
どんなものか興味があって頼んだわけだが、ベトナム珈琲の容器を素晴らしく立派にしたものというのが正解のようだ。

派手な金色容器に挽いた珈琲豆が入っていて、そこにお湯を注ぎ込んでしばらく待つと、細かな珈琲粉と共に下のカップにコーヒーが落ちるという仕掛け。それ以外に面白いものは何もない。

Caffè Filtro

出来上がりはこんな感じだが、カップだけでなく砂糖袋には店のデザインが施されていた点は、さすが高級店。

エスプレッソカップ  お会計
▲左:エスプレッソカップ 右:お会計


※メニュー:珈琲・朝食ビール・水・スナック①パフェケーキサンドイッチ

【店舗詳細情報】
店名:Caffè Florian(カフェ フローリアン)
場所:PIAZZA SAN MARCO 56 VENEZIA(サンマルコ広場南側中央付近)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

韓国/ソウル:nuri(ヌリ/누리)

訪問:[2012/4/15 13:45]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
2泊3日のソウル旅の最後は、初日に物色した仁寺洞の路地を片っ端から当たってみて決めた。
結果的には、この旅で試したレストランで一番良かった店だ。最後を飾ることが出来たワケ。

外観

店頭メニュー掲示からして明らかに日本人をターゲットにしている店で、欧州だったら絶対に入らないタイプだが、韓国語は分からないし英語も通じない韓国となれば、頼りになるのは日本語表記だけ。
韓定食の類を食べさせてくれる点と、古民家風の雰囲気の良さを買って選択した。
そういえば、台湾の三峡老街でも同じような店があったっけ。(☞ こちら

中庭席① 中庭席②

店に入ると、吹き抜け(というのかな?)になった中庭があり、そこにもテーブルが置かれていた。
外光が直接入るので、写真撮影にはうってつけのポジション。

道路側の席 母屋側の席

その中庭を囲むように建物があり、道路側の席は左側の写真。
右側は、母屋の中にある席で、いずれも古民家らしい雰囲気の良さだ。

にもかかわらず、先客わずか1組だけ。
価格設定も安いし、これだけ雰囲気が良いのに客がいないのは何故だろうとちょっと不安になる。

韓定食は2人からということで、簡略版の御膳をお願いすることにした。
本当は肉と魚が付くという宮廷御膳(₩15,000≒1120円)をお願いしたかったが、2食目ということで断念。(実際は思ったよりも軽量だったので、断念する必要は無かった)

季節の御膳
季節の御膳(seasonal doshirak)(₩10,000≒750円)

客がいないのに、20分近く待たされて配膳されたのがこちら。
英語表記で「ランチ&ディナーボックス」と記されている通り、ワントレーだ。

野菜たっぷりで、味噌汁もワカメがこれでもかと入っている体に優しそうな食事だ。
韓国らしく、すべてエゴマの葉を敷いて料理を乗せてあるというのも印象的。

野菜4種

こういった野菜料理は日本では味付けが濃いものだが、こちらでは薄味でまとめてある。
御飯が進むおかずというわけではないので、野菜そのものを味わうスタンスになるが、それにしてもあまりパッとしない味付けだ。見た目こそ違うが、どれも同じような味わい。

魚卵・山菜類

もうひとつの4種盛りの器は、日本で食べるものと同じ感じのタラコ(付けダレが違っても良さそうな気がするのだが・・)に、キノコと牛蒡類。こちらも、美味しさが無い。

チヂミ キムチ類
洋風サラダ 白菜の塩漬
ごはん ワカメたっぷりの味噌汁

この間、テーブル席側にも入口にも店員がいない状態となっていた。会計時には、厨房まで出向いて店員を呼び出す始末だ。これでは、興味を持って覗き込んだ客を掴めないではないか。

結局、この店に客が入っていない理由は、スタッフの人員配置に難アリということなのだろう。
料理に関しても、見た目は丁寧な盛り付けだが味が伴っていないというのが地元民の評価なんだと思う。

ただし、日本人的(というかワタシ的)味覚で見れば、同じように野菜中心のサンパッをいただいた(☞ ヌルプルンプル)と大差はなく、韓国らしい建物と居心地の良さを加味すれば、圧倒的にこちらの店の方が良いという結論だ。

ドリンク類の価格設定が極端に高いのはカフェを兼ねているからであって、食事処と見れば価格設定もリーズナブル。特に韓定食に関しては、2人からという条件付きではあるものの2万ウオン(≒1500円)から試せるとのことなので、おひとり様以外にも十分お勧めできると思う。


※メニュー:外壁掲示メニュー韓定食①特製御膳韓国伝統茶・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:nuri(ヌリ|누리)
電話:02-736-7848
営業:11:00~23:00
定休:旧正月、秋夕
場所:ソウル市鐘路区寛勳洞84-12
※地図はソウルナビで確認してください(☞ ヌリ


これでソウル食べ歩きはおしまい。
今週末から始まるGWは10日間に渡って北イタリアをレンタカーで回ってくるが、例によって予約済の宿は全体の半分だけで、残りは現地で行き先と宿を決めるいつものパターンになる。
出来れば現地から訪問したレストラン情報をアップしたいと思うが、ネット無料の宿に限定されるので毎日は登録できないと思う。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

韓国/ソウル:Maple Tree House(タンプンナムチッ/단풍나무집)

訪問:[2012/4/15 12:50]
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ソウル最終日はランチのみ2軒はしご。最後に仁寺洞のシンソンソルロンタンで土産用キムチを購入しなければならないので、徒歩圏を物色することにした。

まずは、北村(プッチョン/북촌/Bukchonソウルナビ)を、配布されていた地図に記されていたお勧めのコースを回ってから、三清洞を北上して店探し。

角地に広々とした敷地を持っている高級レストラン風の店だが、店頭メニューの価格がリーズナブルだったこともあって突撃してみた。

外観 店内

店に入ってみると、高級感などまったくなく拍子抜け。価格設定通りの内装だった。(苦笑)

焼き肉系がメインの店のようだが、どれも2人からとの表示で選択肢が限られてしまう。
もっともハシゴするつもりだったので、定番のビビンバを注文。

Bibim-Bap
Bibim-Bap Set(₩9,350≒700円)

出てきたのは、目玉焼きだけが乗った御飯と8種類の具材が乗った皿。こういった出し方もあるんだ。

具材8種

御飯に直接乗せると誤魔化せる具材も、こうやって出すとなると誤魔化しが効かない。ひとつひとつが丁寧に調理されていることが分かる。
別皿のコチュジャンも、まろやかなお味で Good!

目玉焼き御飯 全部混ぜた後

後から味噌汁が出てきた。

味噌汁 味噌汁の中身

例によって、グツグツの状態で小型の釜に入って出てきたのは、豆腐とエノキ入り。
前に韓国に来た時に、渡り蟹のダシダを買って帰ったが、まさにそのものっていう味で、ちょっといただけなかった。品の良いビビンバを出す店に似合わないという印象だ。

小鉢とコチュジャン

期待の小鉢は、定番の白菜キムチの他に2種だけと、ちょっとさびしい。
左下のは、多分エリンギを煮たもの。右下の冷奴のトッピングも含めて品の良さが伝わってくる。
でも、白菜キムチは趣味でなかった。

ちょっと気になるのは、メニューに明記されているとはいえ、外税で価格を提示している点。
税率10%とのことでサービス料を別枠で取られた気分だが、韓国で外税の店に出くわしたことが一度も無いので、安い価格で客を騙す姿勢のある店と考えても良いと思う。
そんなわけでサービス点は★2つにしたが、価格と立地や広い空間を考えれば悪くない。

ソウルナビには完全予約制と記されていたが、日曜日で周辺は行楽客がたくさん歩いているというのに問題なくフリーで入ることが出来た。昔は繁盛していたということなのかもしれない。
実際、常に席は空いていた。

なお、他に2店舗存在するそうだから、チェーン店形態の店である。
チェーン店嫌いの方は、避けた方が良いだろう。


※メニュー:店内ランチメニュー店頭掲示メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Maple Tree House(タンプンナムチッ|단풍나무집)三清店
電話:02-730-7461
営業:11:30~15:00、17:30~22:00
定休:旧正月、秋夕
場所:ソウル市鐘路区三清洞31-1
※地図はソウルナビで確認してください(☞ タンプンナムチッ

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>