《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

韓国/済州島/西帰浦(Seogwipo):サムボ食堂(삼보식당)

訪問:[2009/6/7 19:00] (※こちらに掲載していたものを再編集)
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
宿のある中文地区から15Km離れた「西帰浦(Seogwipo/ソギポ)」にバスで向かった。
ここには大きな港があり、港の周囲にはたくさんの海鮮料理店が並んでいた。でも店頭に日本語表記のある店が無いし、客も見かけない。(もちろん英語表記も無い)

実は、翌年の済州島再訪問で知ったのだが、店頭に日本語や英語表記が無くても、店内メニューに英語どころか日本語表記がある店が多いのだ。(かと言って、日本語や英語が通じることはまず無い)
この時は仕方なく、ガイドブック推奨の「サムボ食堂」という店に向かうことにした。

外観 店内

ちょっと驚いたのは、今までのガイドブック掲載店と違って客は韓国人ばかり。場所柄日本人観光客が滞在するようなところでは無いのも理由だと思うが、周辺の食堂にはほとんど人が入っていないのに、そこそこ繁盛していた。しかも、日本語メニューだけでなく日本語そのものがよく通じる。日本の食堂と同様に袋に入れられたおしぼりも出てくる。(このサービス、日本から韓国に渡ったのか、韓国から日本に渡ったのか?)

無料のおかず群

注文を終えると、例によって小鉢がたくさん出てくる。日本のほとんどの韓国料理店と違って、韓国では内容はともかくフードコートで食べても必ず3~4品は付いてくるが(日本の一般的な店で出たとしても、韓国の貧弱なフードコート水準の小鉢が普通)、この店は上の写真にある6品。
これでも一般食堂では標準的な内容で、日本の(似非)韓国料理店が故意に真似をしていないレベルが出てくる。(だから日本の韓国料理店は、高くて内容がないので嫌いなんだ)

烏賊キムチ
▲烏賊キムチ

胡瓜ワカメ烏賊の酢の物
▲日本の酢の物と同じ感じ

白菜キムチ カクテキ
長葱の上部 ご飯は銀食器や銀のボールで出てくるのが韓国流

頼んだのは あわび土鍋(特)(W16000≒1300円)
Abalon hot pot in broth(Special)

通常のものよりも価格が6割高い理由を尋ねると、あわびが多くなるだけでなく雲丹も入ると。中文地区のビーチでは海女さんがさかんに観光客を自分のビーチパラソルに呼び寄せて、海から取ってきたばかりの雲丹を食べさせていた。手持ちの現金が少なかったため、英語と日本語で問いかけてみたものの通じずに断念したが、雲丹も食べてみたい。

あわび土鍋(特)

出てきた海鮮小鍋(ヘムル・トゥッペギ)には雲丹がたっぷりトッピング。
ただ、このままグツグツ煮込んでしまうので、最終的には崩壊して上の写真のようないでたちに。やはり見栄えが悪いなぁ、と中から具を表に出して見栄え良くして撮ったのが次の写真。

あわび土鍋(特)を見栄え良く

あわびが2個しか見えていないが、実は中にもあって合計6個。これなら済州島名物の鮑をたくさん食べた気になる。
見ての通り鮑は大粒アサリの倍程度の大きさだから、日本ではまずお目にかかれない小ささである。乱獲なのか養殖ものを大きく育てずに出荷してしまうのかは知らない。ガイドブックではたくさんの鮑を焼いた料理の写真が掲載されているが、このサイズなら安くて当然だろう。

ちょっと不思議だったのは、同じ鍋でもトコブシの方が高かったこと。
鮑とトコブシの違いを調べて見るも、それほど差が無い感じ。味はトコブシの方が上なのかな?


メニュー土鍋・スープ刺身・定食類


【店舗詳細情報】
店名:サムボ食堂(삼보식당)
電話:064-762-3620
住所:Seogwi-dong 319-8, Seogwipo-si, Jeju-do(제주특별자치도 서귀포시 서귀동 319-8번지)

大きな地図で見る

※参考:http://place.daum.net/place/InfoView.do?confirmid=11486940

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

韓国/釜山:クンジプ(Keunjip/큰집)

訪問:[2009/6/5 20:00] (※こちらに掲載していたものを再編集)
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
アジア諸国を旅行する場合、たいていは屋台中心に食べていた。もちろん安くて旨い店に当たる確立が高いからだ。
ところが、韓国の場合はこれが当てはまらないことを過去2回の訪問で経験した。フードコートを含む屋台系の店とレストランの値段差がほとんど無いうえに、レストランの方が料理の質が高いだけでなく圧倒的に皿数が多いのだ。つまり屋台系の方が事実上高いということになる。

今回もその経験則に則って、釜山の南浦洞周辺を徘徊して該当しそうな店を探してみた。もちろんガイドブックなどは役に立たないので勘が頼りになるが、韓国語が話せないという制約があるため日本語表記(あるいは英語表記・・ただし、日本語表記より探すのが難しい)があることが必須となる。

外観 店内の雰囲気

さて、見つけた店は店頭に韓国語と日本語のメニュー紹介看板があった広々とした店。日本的に言えば、安いレストランではないものの、企業経営である程度しっかりしたレストランという分類。価格も家族経営の食堂(屋台と同じ価格帯)よりやや高めだ。
とりあえず入口で日本語メニューがあるかを確認して中に入った。日本語も英語も通じなかったが、韓国語に併記する形のメニューではなく、完全日本語版のメニューが用意されていたのには驚かされた。

9種類のおかず達

定食系は W10000~W18000(約800~1440円)、そのすべてにメイン料理が出てくる前に並べられる小鉢が付くという点は韓国標準。これが9種類もあるだけでなく、日本の韓国料理店のようなちょっとしたキムチ類とは違う。
チヂミ、チャプチェといった日本では1品料理として代金請求されるようなものまで付くのだ。

チャプチェ
白菜キムチ

白菜キムチですら、日本の韓国料理店のものとは水準が違う高級品に分類されるようなもの。
韓国では、フードコートより食堂、食堂よりレストランの方がコスパが良いということを裏付けられる内容だ。

韓国海苔 チヂミ




これらの小鉢とはいえない大量の小鉢類、残飯を減らすために量を少なめにして提供しているので、無くなったら無料で追加できると記載されていた。最近日本のニュースでも報じられていたが、昔は他の客に提供したこれらの小鉢を再利用していたらしい。
私のソウルでの経験から見ると量が少なめだったのは、この報道のせいで韓国のある程度の水準のレストランでは再利用しなくなったのだろう。こんな面でも、家族経営や屋台レベルのレストランの利用は韓国に関してはお勧め出来ない。

最高値の定食でお願いしたメインは、一般的に高価なゲジャン(大川花蟹醤)。
W2000(≒160円)加算の石鍋ご飯を付けて W18000(≒1440円)という安さだ。(ゲジャンを大きいサイズにすると W4000≒320円加算)

大川花蟹醤

酒と甘い醤油系のタレに漬け込んだ渡り蟹風の蟹を生でいただく。
味は台湾での好物であるシジミ醤油に似ていた。

石鍋御飯
石鍋御飯をアップ

定食に付く石鍋御飯は、五穀米のようなもち米ベースで茸や栗が入ったもので、石鍋にこびりついたおこげはお湯を注ぎ込んで生卵と薬味を加えて出汁醤油を加えていただく。

味噌汁

小鉢もすべて平らげて満腹満腹。ディナータイムでこれ全部で1500円以下というのだから、日本の韓国料理店がいかにぼったくっているか分かるだろう。韓国の食材価格はウオン安の影響で日本の3分の2程度になっているが、タクシー代などの交通費ほど日本との差は無いので、日本の韓国料理店を牛耳っている在日韓国人達の姿勢の問題という気がする。

最近埼玉でも勢力を大きく伸ばしているインド料理系の店は、安くて質も高いことから、いずれ日本における外国料理プレミアムなど無くなっていくものと思っている。そうなるまでは、日本で積極的に韓国料理を食べる気にはならないだろう。


メニュー定食①炒め・蒸し物おかずの小鉢はお代わり自由と明記


【店舗詳細情報】
店名:クンジプ(Keunjip/큰집)
電話:051-245-3320
住所:21-8 Sinchangdong 2(i)-ga, Jung-gu, Busan(부산 중구 신창동2가 21-8)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

韓国/釜山:海東ヘムルタン(海東海鮮鍋/해동해물탕)

訪問:[2009/6/6 12:30] (※こちらに掲載していたものを再編集)
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
韓国の大部分の店は、英語も日本語も通じないハングルだけの世界。下手をすると数字までハングル表記だから完全にお手上げ。それでも釜山は日本との船便が毎日出入りしているだけあって店頭に怪しげな日本語表記のある店は多い気がするものの、このままでは食べたいものが食べられないということで、おとなしくガイドブックにしたがって釜山名物の海鮮鍋を食べてきた。

店の外観 店内の壁メニューには日本語表記がある

色々なガイドブックに載っているから現地人にも評価されているのかと思ったら、日曜日の昼時だというのに客は日本人ばかり。日本語で注文できるし、簡単な質問なら答えられるぐらいだから、確かに日本人には使いやすい。ちなみに、すぐ近くの店で現地人の行列店を見かけたので、時間帯がずれているわけではないだろう。

頼んだのは 海鮮鍋は2人前で W25000(約2000円)
注文すると多すぎるからと他のものを勧められたが、これを食べに来たのだから大丈夫と押し通した。実際は、個人店らしく小鉢の内容も貧弱だったし、具材も可食部ベースではたいした量ではないので楽勝。

無料の小鉢は7種類
白菜キムチ ニラのおひたし
小女子の甘煮
刻み韓国海苔 甘酢大根

続いて、お目当ての海鮮鍋だが、自分のテーブルで繰り広げられる半調理状態からの製造工程を写真で追ってみたい。(ちなみに、調理は全部店のスタッフが行うので、手出しは出来ない)

半煮え状態の海鮮鍋

まずは、席に持ってきた段階での海鮮鍋の中身。
具材を入れて沸騰直前の状態で運ばれてきたので、軽く火が通った程度の状態。
これに蓋をしてグツグツと煮込むこと3分程度。

ふたをして煮込む 煮込み完了
ハサミで切る 貝までもハサミで切る

蓋を開けてカルビ焼きでお馴染みのはさみの登場。
蟹やタコをジョキジョキやるのは想定どおりだが、貝をこじ開けてジョキジョキ。ついでに長い豆もやしも少し切っていた。肉だけでなく魚介までもはさみで切るとは知らなかった。

海鮮鍋の出来上がり

ジョキジョキと切り終わった段階が完成品。見栄えが悪すぎて美味しそうに見えない。
韓国人は見栄えを考えないのだろうか?
はさみを置いといて勝手にやらせてもらったほうが嬉しい気がした。

器に盛った海鮮鍋

器に一通り(見栄えを意識して)盛ってみた。
たいした素材は無いが、種類の多さがこの店のウリらしい。
ガイドブックには約20種類と書かれていたが、どうみても10種類強だった。
正直、広告料をいくら払うと載せてもらえるのかなぁ? と思ってしまった。

実際のところ、味も単に魚介を放り込んだだけで美味しさには程遠い内容だった。ややピリ辛の薄味味噌汁風で、材料さえそろえれば家庭で作れるような単純な味だ。出汁は魚介から出てくるものだけのようで、ちょっと足りない。これでは後で御飯を加えても美味しくはないだろう。

まぁ、ガイドブック掲載店などはこんなものだろうが、それ以上に良い店を探すなどは韓国版食べログがあったとしてもハングルが読めなければ無理な話。

私としては韓国ではこんな個人店に行くよりも、しっかりしたレストランで食べたほうが良いと思っている。ただし、日本のガイドブック非掲載店に限る。価格差は日本の食堂とレストランの差ほどは無いので、割安感を感じることが出来るはずだ。日本のガイドブックや現地の日本語マップ等に載っている店は、こんな個人店でもかなり高い気がする。


【店舗詳細情報】
店名:海東海鮮鍋 (해동해물탕)
電話:051-805-6923
住所:Bujeon 2(i)-dong 512-25, Busanjin-gu, Busan(부산시 부산진구 부전2동 512-25)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>