《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/全日空(ANA):パリ(CDG)⇒成田(NRT)

搭乗:[2011/5/29 NH206便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆
リヨンからTGVでパリへ。パリでの5時間の滞在中に、まだ出かけたことの無いブローニュの森を散策。
南端から湖沿いを北上し、森の中央部(公園があった)を徘徊してから凱旋門を潜ってシャンゼリゼ通りへ約11Km。車道があちこちに走っていて、あまり森という感じはしなかったので、それほど楽しいウォーキングにはならなかったのがちょっと残念。

ブローニュの森からシャンゼリゼ通りまで歩いたルート
▲アイ・オー・データ機器の「旅レコ」(GPSLOG 約7千円)で記録した散策ルート

多少時間が余ったので、久しぶりのシテ島に渡ってから、RER B線で直接空港へ。
震災自粛モードによる搭乗率低下でビジネスクラスは無理と予想していたら、なぜかエコノミー満席でアップグレードされていた。ANAの営業、頑張っているな。

CDG2スタアラ共同ラウンジ食 CDG2スタアラ共同ラウンジ食

空港ラウンジ食は、ANAの成田よりはマシという程度。それでも、昼食を食べるタイミングを逃してしまい(狙ったフレンチが営業していなかった)、過去何度も搭乗しているANAビジネスクラスの食事に大きな期待を持てないことは分かっていることから、昼食分をしっかり食べてしまった。

さて、例によって離陸前のウエルカムドリンクは無く(離陸後の最初のドリンクをウエルカムドリンクと称しているが、用法が違うだろう? エコノミーだってウエルカムドリンクが有ることになってしまう)、食前酒(私はダイエットコーク)とアミューズが出る。

アミューズ 玉子焼きの中身

これが、なんとも芸の無い皿。左はオムレツの玉子焼き風(中にハムを刻んだものが入っている)に、安っぽい小さなボイル海老が2尾とバジルソースを付けたモッツアレラチーズ。もう少し手の込んだものを出せないのだろうか?

前菜はトレーで出してくる

食事の方は、いつもの通り洋食セットで。
パン・バター・塩胡椒・オリーブオイルと共に前菜がトレーに乗って出てきた。

優秀な航空会社だと、前菜はワゴンサービスで後から別に持ってくる訳だが、そもそもワゴンサービスなど一切ないので期待しても無駄か。やはりファーストクラスとの差別化のためだとは思うが、それならビジネスクラスが最上級となるファーストクラスの無い航空会社を選べばよいわけだ。(あくまで食事期待の場合)

イズニーバター・オリーブオイル・膨大な量の塩胡椒

いつもにも増して大量の塩胡椒が皿に盛られているが、何でこんな大量に出してくるんだろう? 昔はフルールドセルだったが、現在はたぶん普通の塩。荒引き胡椒はもったいなくて持ち帰りたくなるほどだ。
イズニーバターは、昔の半分になってしまった。塩胡椒など奮発しなくてよいから、バターをケチるような真似はしてほしくないな。高価なバターであることは承知しているが。(でも同じ価格帯ならエシレの方が嬉しい)

パン

そういえば、パンが巨大化していた。フランスのパンらしく、良い香り。(胡麻の丸パンではなく、細長い方の話)

シーフードテリーヌ ルイユソース

で、前菜はシーフードテリーヌ ルイユソース
 南仏の郷土料理・ブイヤベースの味わいをテリーヌにとじこめました。
 辛味のあるマヨネーズ風ルイユソースで味わうのが現地流です。

とのあおり文句。

これ、テリーヌの周りに巻いてあるスモークサーモンの塩分が強すぎて、優しい味わいのソースが無意味と化していた。フランス発の便なのに、なんでこんなに相性を考えていない料理を出してくるんだろうか? ブイヤベースの味わいなんて、きつい塩味のスモークサーモンで味わいようが無い。

付け合せはエコノミークラスのような手抜き料理。こういったレシピを作っている業者のレベルが非常に低いことが分かる。(それをチェックするスタッフもグルメに縁の無い一般職員?)

鱸のソテー ガーリック風味の温野菜 サフラン風味のクラムソース

メインは魚料理を選択。
鱸のソテー ガーリック風味の温野菜 サフラン風味のクラムソース
 サフラン風味のソースに、あさりと、はまぐりの旨みがキュッと濃縮。
 ハーブで香りづけした鱸のソテーに春らしい彩を添えています。

とのこと。

スズキというよりはフッコサイズだが、見るからにオイリーなソースが食欲を減衰させてしまう。
ソースの出来はというと、手抜きベースに少しばかりのサフランとアサリを加えただけというもので、やはり低水準。日本発の便では望まないが、パリ発なら全うなフランス料理を出してほしいものだ。
こちらも付け合せの野菜は、エコノミークラスレベルで論外。

スペシャリティパフェ スペシャリティパフェの向きを変えて
デザートは相変わらず不味いANAご自慢の自己満足スペシャリティ パフェ

何でもグラスに放り込むという姿勢もまったく理解できないが、今回はフィナンシェまで放り込まれていた。
分かる方ならHP掲載の写真だけで水準の低さを判断できるが、これを自慢する程度の食事しか出ないということを宣伝しているようなものだということに、ANAの機内食企画担当者は気づいていないのだろうか?
実態は知らないが、適材適所を心がけずローテーション人事で回している古い企業体質が出ている局面だと思う。

おすすめチーズ盛り合わせ

ということで、2食目以降のお食事メニューからおすすめチーズ盛り合わせ(シャウルスとフルムダンベール)を注文。ANAのチーズにしては、珍しく美味しい。
右奥に見えるのは、初登場(?)のデザートワインならぬデザート日本酒的な「勝山 元」(☞ こちら)という日本酒。量は飲めないけど、デザートワインや貴腐ワインは好きなので、試しにお願いしてみた。
ちなみに ANA SKY SHOPでの価格は720mlで10500円と、安めのデザートワインクラスのお値段。ビジネスクラスでこの価格帯の酒を出すとは、ANAも少しはレベルアップしているのかな?

フレッシュサラダ

中間食は軽めに、初登場のフレッシュサラダを選んでみたが、葉っぱばかりでがっかりな内容。

栗原はるみプレートの説明

到着前の食事として、今までは和食か洋食の2択だったが、新たに ANAセレクト(栗原はるみプレート)と題した和洋折衷的なものが仲間に加わっていた。
この「ANAセレクト」、1食目にも別の構成の料理が選択肢に加わっていたので、今まで2択だったコースが3択に増えた訳だ。これは、ANAビジネスクラスの機内食としては大幅なグレードアップだ。

ANAセレクト(栗原はるみプレート)

ただ、メニュー上の表記は、
 クリームシチューと銀鱈の香り煮、ブロッコリーの胡麻和え、味噌汁、香の物
と極めて素っ気無いもので、あえて注目を浴びないような配置になっている。
1食目がそうだったのでパスしたわけだが、1食目も選べば良かったかなと後悔するほど優れもの。

まず味噌汁。前に和食を頼んだときに飲んだものとは雲泥の差。茎つきのわかめとなめこが具材だが、味噌にもこだわりを感じるものだ。香の物の野沢菜は普通だったが、沢庵は普通でない。

胡麻和えもなかなかの味わいだったが、なんと言ってもメインプレート。
洋食のクリームシチューをライス(本当に炊きたて御飯だ!)の上にかけてあるわけだが、トッピングも含めて具材の種類の多さは感動もの。唐辛子を振りかけた銀ダラも、ありきたりの和食プレートとは一線を画すアプローチで非常に楽しめた。

クリームシチューと銀鱈の香り煮

欧州発の場合、大抵は現地の味を楽しめることから洋食に走っていたが(ウソ。日本発でも欧州路線では洋食しか選ばないのが普通)、今回の1食目の洋食の出来が極めて悪かったことから、今度はANAセレクトに走ってみようと思う。次回は、9月にパリ線に搭乗するので、ビジネスクラスにアップグレードされることを期待している。

往路はプレミアムエコノミーだったが、機内食(普通のエコノミーと同じもの)の水準が上がっていた。CAさんに伺ったところ、この数年間実施していた経費削減をやめたとか。ハーゲンダッツのアイスクリームも復活していた。
その見直し策でビジネスクラスの食事水準も上がったものと思われるが、たった数年の経費削減で生じた負の遺産は大きい。本当に馬鹿なことをしたもんだと、ANA応援団(ちっとも応援していない?)としては悔やまれる。

既にANAの機内食はダメだという噂は世界中に広まっている訳で、戻すだけでなく他社を凌駕する姿勢を見せなければ負の遺産を払拭するのは難しいだろう。欧州路線ならオーストリア航空(☞ こちら)やトルコ航空(☞ こちら)レベルに上げなければ。機内食で勝負しないなら、ロンドンやフランクフルト線だけに導入されているシートを全路線に導入しなければ勝ち目はない。何でも米国に習えなどと言う誤った経営方針を掲げるから、こんなことになるのだ。
個人的には、まずデザート部分の改善を強く望みたい。この部分は経費削減で出来た負の遺産部分だ。

昔から論外という噂が広まっているJALの機内食よりは写真で比べる限りはマシだと思うが、あちらは成田のラウンジ食で圧倒的に強さを見せているので、成田ラウンジ食も元に戻す以上の改善を望みたい。
いいかげん子供だましのうどん・そばコーナーなど撤収して(現在の日本はラーメンの時代だ!)、前菜・サラダ・メインと羽田ラウンジの夕食対応レベルに合わせていただきたい。

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

フランス/リヨン(Lyon): Ponts et Passerelles

訪問:[2011/5/28 20:20]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
リヨン最後の店は、今まで良い思いをしたミシュラン・グリーンガイド(グルメガイドではなく旅行ガイドの方)に掲載されていたレストランから選んだ店だ。店頭には、しっかり今年のミシュランのシールが貼られていたが、これ以外の推奨シールが無いというのも面白い。

実は、出発前にチェックしていたら、HPに「日本語わかります」なんて書いてあったものだから、探りに行ってみようという気になった店。Web上で調べても日本語サイトやブログでの記事を発見できなかったが、ガイドブックに掲載されていなっかたので大外れは無いだろうと判断したわけだ。

外観 グリーンミシュラン掲載店の証

店に入るとバーコーナー。豪華なわけではなく広さもあるのでウエイティングバー専用というわけでは無さそうだが、リヨン名物のブッションとは違って、レストランという感じのある店だ。

出迎えてくれたのは小柄な日本人女性。いきなり「こんばんは」と来たので、この方が日本語担当かと思いきや、オーナーシェフもカタコトながらも日本語を話すではないか。なんでも東京で1年半ほど暮らしたことがあるという、日本びいきの方だそうだ。
ちなみに、彼女はオーナーシェフの奥様みたいなものと言われていた。恋人以上夫婦未満という意味か?

店の前の小広場にある像を拝む 反対側の橋の先には大学校舎が見える。トラムT1線の駅は、その先200mだ
▲左:店の前の小広場にある像を拝む
 右:反対側の橋の先には大学校舎が見える。トラムT1線の駅は、その先200mだ。

店内だと写真撮影が厳しくなるので、まだ明るいテラス席でいただくことにした。
HPは日本語表記があるのに、メニューは日本語なし。でも、彼女がメニューを一つ一つ丁寧に説明してくれるので安心だ。

すべてを食べている訳では無いそうで、メニューの和訳ベースになってしまう点は心もとないが、そこは日本の店ではないので贅沢を言ってはいけない。何しろ、英語すら通じない店がほとんどのフランスのレストランだ。カタコトではなくネイティブの日本語でやりとり出来るだけでも貴重な存在だ。ましてや旅行ガイド側とはいえ、信頼できるミシュランのお墨付き。歩きながらチェックした範囲ではこのシールのある店を1軒しか見なかったので、日本人観光客にとってリヨンでは本当に貴重な存在。(でも、個人旅行客での来店は珍しく、日本人客の場合はリヨン在住者がほとんどだそうだ)

コースメニューは、€19(ランチのみ)、€26、€33と、ブッションよりは少し高い程度でお手ごろ価格。
アラカルトだと、前菜 €10前後、メイン €18前後、デザート €6前後というラインナップ。
せっかく詳細な日本語の説明があるので、アラカルトでお願いすることにした。

無料アミューズの人参スープ スティッククッキーを出して上から撮影

まずは、アミューズとしてジャムのビンに入った人参スープが出てきた。これは無料サービス。
スープの中に立て入れてあるクッキーは、ややエスニック調のスパイスを効かせてある独特な感じだが、肝心のスープは人参の味が薄く残念なお味。アミューズなら、もう少しハッキリした味でも良い気がするのだが。

パン

パンに続いて、前菜の到着。


Gateau de foies de volaille, veloute glace de courgette au cumin(€8.00)

クミンを使ったカレー風味のスープに、内臓肉を使ったムース仕上げのパテ。
トッピングは日本でもすっかりおなじみになった野生の細いアスパラガス(アスペルジュ・ソバージュ)。何でも、車で10分ほどの山でいくらでも採れるそうだ。それなら、もっと乗せてほしい!

断面

スープはさすがにカレー味ではなく、パセリの苦味をアクセントにしたフランス料理店らしい味わい。
ただ、リヨンらしく内臓たっぷりのムースに、クリーム系のスープというのは、チト合わない気も。


Désossé de caille farcie aux morilles, cuisse confite, palet de polenta(€20.00)

メインは、この店で最も高い皿。運ばれてきたときに、実に美味しそうな匂いが漂ってきた。
見た目も今までのブッションの皿と違って、いかにもフランス料理という感じ。

横から撮影

メニュー名を Google翻訳に掛けると、骨詰めウズラ、イヌホオズキ、脚のコンフィ、パックのポレンタ となった。彼女の説明では、鶉の内臓や正肉をミンチ状にしたものを鶉の一枚肉で巻いてローストした料理で、食べたことは無いけど、いつも美味しそうに見えていたのでお勧めとのことでお願いしてみた。

断面

鶉肉の下にはイタリア料理のポレンタ。でも、イタリア料理店の素っ気ない味わいのものと違って、フレンチらしくクリームを加えたりしているようで美味しい。

鶉をカットした断面写真を見ての通り、中身もなかなか肉肉しい。余計な混ぜ物は極力控えて、徹底的に鶉を楽しめるようにしてある。これは、冷めてしまうと不味くなるので速攻で食べなければ。

付け合せの鳥の手羽先

残念だったのは、付け合せの鳥手羽。
肉料理に肉をつけ合わせるという感覚は理解できないし、スープを取った後の出がらしみたいな味で、一口食べただけで拒否反応。こういった脂っぽいものには、歳のせいかめっきり弱くなってしまった。

そうは言っても、今回リヨンで食べ歩いた5軒の皿の中で、最も美味しく満足できた皿だった。
GW旅行の最後は外れ連続2軒だったが、旅行の最後ぐらいは美味しい店で食べたいものだ。

 横にして撮影
Cerises au vin rouge, genoise, chantilly fluer d'oranger(€6.00)

デザートは軽めということでお願いしたが、ブッションレベルでがっかり。彼女も大したものは作れないと言われていたので、そのアドバイスを無視して冒険をした私が悪いのだ。

フランスでは、高級レストラン以外でデザートを頼むとほとんど外れてしまうので、ケーキ屋で買ってホテルで食べることをお勧めしたい。(といっても、冷蔵庫のあるホテルというものがほとんど無いので、カフェを併設しているような店で食べよう!)

いずれにしても、この日の昼は変な日本びいきのおじさんの店に遭遇し、夜は日本語を話すフランス人オーナーと、その奥様未満の日本人の店。楽しい一日になった。

さすがミシュラン推奨店。当地で一番であると同時に、グリーンガイド掲載店では3連勝となったわけだが、リヨンに旅行で出かけられるフランス語が出来ない方には、時間が許せばぜひ試してほしい店という事で推奨したい。(フランス語が出来る方であれば、もっと良い店を探し出せるはずだし、店のスタッフとフランス語でやりとりできるわけだから、あえて推奨はしない)

Lyon Part-Dieu駅からトラム1号線 Montrochet行に乗って Rue de l'Université駅下車。
その道をまっすぐ進み(Lyon Perrache駅側から乗車した場合は戻る方向)、新市街側への橋を渡って正面に見える像のある小さな広場の左手に店がある。地下鉄A線 Ampère Victor Hugo駅から向かう場合は、東側の川にぶつかるまで歩いて、近くの橋を目指せばたどり着けるだろう。


※参考: Diet Coke(Coca Cola Zero) €3.00
メニューセット・コースアラカルト

【店舗詳細情報】
店名:Ponts et Passerelles ←画面右上の日本国旗マークのあるワイングラスをクリック
電話:04 78 38 70 70
住所:5, Place Gailleton 69002 Lyon

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/リヨン(Lyon): Le Musee

訪問:[2011/5/28 12:00]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
リヨンでの食べ歩き、残り2軒。今度は、TripAdvisor でのリヨンレストラン881軒中1位にランクされていた店を選んでみた。レビュー数が20件あるので、食べログでお馴染みのサクラレビューという訳ではないだろう。(日本語レビューは無かった)

外観  各種アワードの証

11:30に店に着いたら、12:00オープンとのことで出直し。案内してくれたのは厨房から出てきた若い男性だったが、さすがに旅行者が利用する口コミサイトの第1位だ。英語が通じる。(全員が通じるわけではない)

12:00ジャストに入ると、いきなりオーナー風の男性がTOKIO?なんて聞いて握手を求めてきた。
英語で東京の近くの街から来たと答えたけど、英語はダメみたい。だが、谷崎やら川端などと日本の作家の名前を羅列してくるおじさん。変な店がリヨンのレストラン第1位とは・・

席に着くと、今度は日本語メニューを持ってきて私の前の席に座るではないか。英語メニューすら置いていない店がほとんどなのに、こんなところで日本語メニューを拝めるとは、本当に何なの? って。後から来た客(午後1時前には満席!)にも、空いている席に座ってメニューの説明をしながら注文を取っていた。面白いおじさんだ。

店内の雰囲気 テーブルセッティング

メニューは前菜・メイン・チーズかデザートの3点セットが €21(夜は€25)、チーズとデザートの4点セットにすると €25€28/夜)。大抵の店はランチだけの最安値セットを用意しているが、この店は昼と夜の価格を変えるアプローチ。日本と違って昼と夜の差が少ない。
(埼玉フレンチだと微妙に内容を変えて誤魔化してはいるものの、同じ水準に換算した平均で3割増、中には倍近い店もある)

テーブル常設だった揚げ物 パン

で、日本語メニューはあるものの、日本語も英語も通じないので、とりあえず指差し注文。
左の皿は、最初からテーブルに置かれていたおつまみみたいなもので、豚の皮付き脂肉部分を揚げたものらしい。それほどオイリーな感じがしなかったので、かなり食べてしまった。

パンは日本風に1つだけ! これも珍しいが、器が当地仕様のサイズだったので、日本人とみて日本仕様にしたのかもしれない。(他のテーブルでは、別の大きなパンが出てきたりしていたので実態が分からない)

Patè de tète persillè
前菜(10択):Patè de tète persillè(頭部のパテ パセリ風味)

前菜からは日本語メニューの説明から選んだ、リヨンらしい(?)料理。
頭部とは、たぶん顔肉の事だろうと予想していたが、皮だけでなく頭の肉らしきものも入っていた。

パテを接写

お味は、地中海料理風のパセリとレモンの酸味を効かせたサッパリ系。
でも見た目通りの食堂らしく野暮ったい味で、洗練されたものにはほど遠い感じ。

Quenelle de brochet, veloutè de homard
メイン(5択):Quenelle de brochet, veloutè de homard(ロブスタースープ)

リヨン名物のクネルは、ロブスターのスープと記されている説明に反して、ビネガーの強いマヨネーズ&トマトソースという、ロブスターの赤ではなくトマトで色づけたような似非アメリケーヌソースの味わいだ。

別皿の付け合せ

この料理、到着日の夜に食べた Le Nord ではライスが付け合せだったが、こちらでは焼野菜とポテトというオーソドックスなものが別皿で出てきた。こちらは普通に美味しい。

クネル本体は抜群に旨い!

ソースはがっかりだったものの、クネル本体は Le Nord のものよりも美味しかった。
食感の滑らかさと適度な弾力感、札幌フレンチ(☞ こちら)でも食べたことがあるが、これが本当のクネルなんだと思えるような美味しさだ。不味いソースをほとんど付けずにいただいてしまった。

Cremè caramel
デザート(5択):Cremè caramel

デザートの選択肢は多いものの、前日食べたリヨン名物のプラリネタルト以外に変わったものが無かったことから、プリンをいただくことにした。

やはり、食堂クラスのデザートはこんなものだろうというお味。不味い訳では無いが、サイズばかり大きくて濃厚さが足りない。同じ材料でサイズを小さく作れば美味しそうな感じだったが、個人の好みの範疇だろう。

リヨンで食べた5軒の中では最下位となってしまったが、やはりリヨンでの口コミ高評価点。光るものがある。
ついでに、面白いおじさんも魅力的だったが、フランス語が話せないと付加価値ゼロというところが悲しい。
フランス語堪能の方は、ぜひ食べに行って、このおじさんの真相を明かしていただきたいと思う。


メニュー2011/5/28のメニュー日本語メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Le Musee
電話:04 78 37 71 54
住所:2 rue des Forces 69002 Lyon

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>