《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア.Milano:The Glass Bar and Restaurant

訪問:[2009/11/22 19:40]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
帰国前日のこの日、ミラノ中心部でスリの被害にあい、手持ちのユーロ現金の7割(約€120.00)を失ってしまったことから、早々に郊外の宿に向かって近くで食べようと企んだ。
ところが、日曜日ということもあってか、最寄駅から宿までの約1Kmの間にあるレストランの類は全部お休み。仕方なく、ホテルの中にあるレストランで食べることにした。

まずは凄い量のパンが出てきた。(コペルト €4.00

パン(コペルト €4.00)
バターと何故か葉っぱ1枚

バター、それも個食包装で出してくるところがホテルレストランらしくない。その皿に1枚だけ葉っぱが乗っているのは、何か意味があるのだろうか?

1皿目は Ravioli stuffed pasta with borage and sea bass flavoured with thyme(€16.00)

Ravioli stuffed pasta with borage and sea bass flavoured with thyme(€16.00)

ラビオリ本体もソースも十分に美味しいが、日本でも食べる事が出来る普通な味わい。
米国系ホテルのレストランだからかもしれないが、日本には無い味を期待しているとがっかりしてしまう。価格も高いし・・

2皿目は Sea bass fillet with black olives and pine nuts(€19.00)

Sea bass fillet with black olives and pine nuts(€19.00)

松の実がおなじみの中国産ではないようだ。形状が違う上に、味もかなり違う。
日本では中国産を煎ったものを使うと思うが、こちらのは茹でたものだった。
かなりオリーブの味を効かせたソースは独特だったが、値段の割には量も少なく不完全燃焼。

デザートはおなじみの Tiramis(€8.00)を頼んでみた。

 Tiramis(€8.00)

サイズだけは大きいものの、日本と比べて高いなぁという印象。
味覚的には、それほど優れている感じはしなかった。本場のティラミスを期待していただけに、日本でも普通に食べれる水準で拍子抜け。


全体的に、ホテル価格であることを割り引いてもフランスよりも高いうえに満足度の低い料理だった。わざわざイタリアで高いお金を出して食べるような料理群ではなかったし、ソースを使った皿の飾りが3皿とも同じといった信じられない出し方をしてきた。
それに加えて、サービスも酷かった。(イタリアなら当たり前?)


【店舗詳細情報】
店名:The Glass Bar and Restaurant
電話:02.92883884
住所:Doubletree by Hilton Via Ludovico di Breme 77 - Milano

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア.Genova:IL BALUARDO

訪問:[2009/11/21 19:40]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆

ジェノヴァの街は、特に観光地という訳でもないからか、レストランがほとんど無いように感じた。
街の中心地の繁華街を歩き回って探したが、週末の夜とあってもの凄い人通りがあるのに、レストランが数軒しか見つからない。あってもピザ屋ばかりで、ジェノヴァ料理を食べようと思っていたのに拍子抜けしてしまった。

そこで、若者が集まるであろう海辺の施設を目指して見つけたのがこの店。
写真だと分かりにくいが、明るく洒落た感じの入りやすそうな店だった。

店の外観

嬉しいことに英語メニューがある上に、Genoese Specialities と題したメニューも用意されていた。

「Genoese Specialities」メニュー


ジェノヴァ料理を楽しみにしていたので、この中から2品ほど選んでみた。
フランスと違って水道水は飲めないとのことで、食前酒の代わりにミネラル水(3.00EUR/410円)も注文。

まずは、たっぷりのパンが到着。右横のかなり粗挽きの粉チーズも一緒に出てきた。

パンは例によってたっぷり出てくる


前菜からは選んだのは Trofie with Pesto sauce(10.00EUR/1370円)
英語メニューを見て注文した訳だが、TrofiePesto もイタリア語綴り。
Pestoは分かるものの、Trofieは分からなかったので帰国後に調べてみたが、この麺も当地の名物だそうだ。

Trofie with Pesto sauce(10.00EUR/1370円)

かなり細いマカロニ風のショートパスタに、普通のジェネベーゼソースよりもオイルを減らした分だけチーズを加えた、濃厚というより強烈なチーズ味のするソースを絡ませた料理。

Trofie のアップ
▲Trofieを接写

注文してから5分も経たずして出てきたが、麺は茹で置きという食感であまり美味しくなかった。
量的には乾麺換算で120g程度は有ったので、かなり腹にたまる。

この料理、良いレシピサイトを見つけたのでご紹介(英語サイトです)
(→ http://www.helenrennie.com/recipes/vegetarian/trofie.html


メインからは、オールドスタイルのジェノヴァ料理という Stuffed Squids Old Genoa(16.00EUR/2200円) を選んだ。

Stuffed Squids Old Genoa(16.00EUR/2200円)

イカの詰め物はイカと鶏肉と玉葱をミンチ状にしたものだろうか。日本でも味付けは違うものの、和食系で割と馴染みのある詰め物だった。
ソースはジェノベーゼとはまったく異なる、素直なトマトベース。乾燥バジルを最後に振りかけてあるだけで、ここからジェノベーゼソースに変化していったとは思えないし、実際のところ違うのだろう。


【店舗詳細情報】

店名:IL BALUARDO RISTORANTE PIZZERIA
電話:010/2466509
営業:19:30~27:00
定休:月曜日
コペルト:2.00ユーロ
住所:Via del Molo, 4 - GENOVA, Italy
(以下のGoogle Mapで表示される住所が上記と異なるが、位置は正しく設定してある)

大きな地図で見る
 

■ジェノヴァ(Genova)の風景■







テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア.Ventimiglia:Ristorante Buffet Stazione

訪問:[2009/11/21 14:10]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
イタリアで食べたピザはここだけなので採点が甘いかもしれないが、たかが田舎駅構内に1軒だけしかないレストラン(バール)で食べたピザにしては、日本では味わえない美味しさに驚いたものだった。メニューに記されていたマークを調べてみると、ちょっとしたチェーン店のようだが、さすがイタリアだなぁと。

Pizza trancio Margherita
Pizza trancio Margherita(€2.80/Banco,€3.50/Tavolo、Bancoは立食料金、Tavoloはテーブル席料金)

見るからに何の変哲もない薄いピザ。チーズも特段多いわけでもない。日本でもどこにでもありそうなピザ。
なのに、一口食べて驚いた。メチャ旨いのだ。

ピザの断面を接写

違いと言えば、生地が薄いことと膨らんだ形跡がほとんどないこと。非常にクリスピーで、持ち上げても折れ曲がらず、素直に食べることが出来る点。ソースとチーズは均一に広げられているといったところか。旨いピザ生地で私のお気に入りのサルヴァトーレ・クオモの柔軟生地を固めた感じだ。

この店、手前がバール形式、奥がテーブル席のカフェ形式となっていて、注文は入口のショーケースの中から指さし注文できる。
ピザは2種類だけだが、パニーニ類はもちろん、さまざまな料理が並んでいて日本のファミレス風の品ぞろえ。ピザ・パン類・カフェ類は立食料金とテーブル席料金に分けて表示されている。

ピザは4分の1カットで1人前 こんな感じの料理がたくさんあった
パニーニも本場らしく品ぞろえ豊富た パン類の品ぞろえ豊富なのはイタリア各地で見られた

ニースやモナコとイタリアを結ぶフランス国鉄とイタリア国鉄の運用上の国境駅であり、両国間を結ぶ国際列車でなければ必ずこの駅で乗り換えとなる。乗り換え時間にゆとりがある場合は、ぜひ食べてみてほしい。


【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Buffet Stazione
電話:+39 0184351236
住所:イタリア国鉄「VENTIMIGLIA」駅構内

大きな地図で見る
 

■ヴェンティミーリア(Ventimiglia)の風景■

▲左:駅から街  右:街から駅


▲左:市場  右:チーズがたくさん!


テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>