《 訪問国別レストラン一覧 》   

ポルトガル/エストレモス:Rainha Santa Isabel (Pousada de Estremoz)

訪問:[2009/2/9~10]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
ポザーダ(Pousada)」という宿泊施設をご存知だろうか?
城とか修道院といった歴史的建造物を開放したポルトガル国営の宿泊施設の総称で、ガイドブックで人気があると記されていたエストレモス(Estremoz)にある「Pousada da Rainha Santa Isabel」に最終日に泊まってみた。というのも公式サイトで割引レートが提示されていたことから、思わず予約してしまったのだ。

Pousada da Rainha Santa Isabel 外観 Pousada da Rainha Santa Isabel 入口

街中にあると記載されていたので予想出来なかったが、遠くからでも目に付く小高い丘の上にある城の宿で、部屋から街を見下ろすことが出来る。(たまたま日本人の1人旅の女性がいたので話を聞いたが、安い部屋は城の内側になるので眺望は無いとのこと)

こういった丘の上にある城はポルトガル国内いたるところにあり、実際数箇所を回ってきたが泊まることが出来るとは凄い。
国営宿泊施設だから日本では国民宿舎に該当するのだろうが、歴史的建造物を利用するという点で比較にならないし、宿泊料金も格安。今回は1ランク上の部屋を予約したが、城の角の円形塔になっている部分が別室になっているミニスイートルームで税サ朝食込 €108.00

国営宿のレストランだから、夕食はポルトガル料理しか置いていない。部屋に英語表記のメニューがあったので、スープ、魚料理、肉料理、デザートを事前に選んでイザ食堂へ。超豪華な歴史的装飾で飾られた部屋がレストランになっている。宿の紋章が刻まれている皿で、その格式が伝わるだろうか?

宿唯一のレストランであるためか特にドレスコードは無かったが、わりと上品な服装で来ている客が多かった。もちろん宿泊者以外も利用できるので、雰囲気を楽しむ食事にはお勧めだと思う。ただし、後述の通り味の期待はしない方が良いかと思う。
恐らく、建物の歴史に合わせて調理も歴史的な手法で出しているように感じたが、それだけ現代人の口には合いにくいものという気がしたからだ。

レストランの雰囲気 レストランの雰囲気
テーブルセッティング さらには宿の名前と紋章が刻まれている

あらかじめ決めておいた料理を頼むと、量が多いので肉と魚の両方は無理だと断られてしまった。そこで、魚料理を断念し肉料理にかけてみたが、確かに半端な量ではなく、それすら少し残してしまったほどだ。

まずは、ポルトガルでお決まりの有無を言わさず出てくる皿の数々。
この店ではパン・バター・オリーブ・オイルのセットで Couvert(€4.90)としてチャージされる。
オリーブは枝付、パン用にオリーブオイルとバターの両方が出てきた。

Couvert(€4.90)

チーズはパスして、生ハム系の皿とこんがり焼かれたソーセージの皿(これが今回の旅行で一番旨かった!)を取っているのに、計算上 €2.60 しかチャージされず。一昨日利用したスペインのバルでもそうだったが、課金の仕組みがよく分からない。

生ハム類の小皿(価格不明)
こんがり焼かれたソーセージ(価格不明) チーズ(価格不明)

前菜の皿は朝食で出てくるようなものばかりで魅力が無かったので、当地「アレンテージョ(Alentejo)」地方の定番スープである Acorda de coentros e seu ovo escalfado(€7.00)を選択。
英語表記から和訳するとコリアンダーのスープ、ポーチドエッグ入り

Acorda de coentros e seu ovo escalfado(€7.00)

生のコリアンダーをたっぷり使ってニンニクで風味付したものに角切パンをたくさん放り込んだもの。
日本では味わえないものだが、日本人の口に合うかは別。パンを油で揚げているのか、酸化臭が気になった。

メインは Borrego das nossas planicies(€19.90)
英語表記では仔羊のローストだったが、大型の鳥肉(七面鳥?)と合わせていた感じだった。

Borrego das nossas planicies(€19.90)

かなりじっくりと焼かれたもので、特に鳥肉部分の周囲は水分が完全に蒸発していて歯が折れそうに硬い。
スライスオニオンと葉もののサラダが別添で付いてきた。

肉料理別添えのサラダ Pudim de Agua(€5.50)

最後にデザートとして Pudim de Agua(€5.50)という、牛乳を使わずに甘い水で作ったプリンというのがあったのでお願いしたが、澱粉質を糖化させた甘さの強いプリン風の独特なものだった。

結論として、おひとり様での利用は無難なハーフコース(€30.00)にした方が正解だった気がする。

~~~~~~~~~~~

宿代に含まれている朝食も同じレストランでいただく。
ディナーの前菜や最初に出てくる小鉢群、デザート類がかなり重複して出ているのは、ちょっとがっかり。

朝食会場 朝食はバイキング形式なので自由に取れる

この会場で、前述の若い女性を発見し、この旅の最終日で初めて遭遇した日本人ということもあり思わず声を掛けてしまったわけだ。(左側の写真に小さく写っているが、なかなかカワイイ子だった)

ポルトガルに限らず欧州のホテルの朝食と言えば、生ハムとチーズは欠かせない。
スペイン国境に近い土地柄か、イベリコ豚の表記があったので思わず取ってしまったが、本場スペインで食べたイベリコよりもポルトガルの方が(他の店も含めて)美味しいと思ったのはなぜだろう?

チーズとイベリコ豚の生ハム

もう1枚の写真は、充実していたケーキ・お菓子類から。
写真下のバナナやフルーツの入ったケーキが定番で種類が多く、焼菓子系では卵(特に卵黄)を使ったものが多く見られた。この手のケーキ類なら誰でも問題無くいただけそうだが、独特で厳しい味のものも多いのがポルトガルのお菓子の特徴だと思う。

ポルトガルのお菓子とケーキ

最後に、当ポザーダの詳細を記した日本語サイトを見つけたので参考まで。 ☞ ポルトガルの建築と街

※当記事は、食べログの日記に掲載したものを2010年8月に再編集して登録したものです。


【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Santa Isabel
電話:268 332 075
住所:Pousada da Rainha Santa Isabel, Largo de D. Diniz 7100-509 Estremoz

大きな地図で見る

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

ポルトガル/オビドス(Óbidos):Bar/Restaurante Porta da Vila

訪問:[2009/2/8 11:20]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
この日はナザレ(Nazaré) からポルトガル南部のファロ(Faro) 近くまで大移動。ナザレの南40Kmにある小さな町 オビドス(Óbidos) に寄ってから向かうことにした。
インフォメーションの横だけでなく、裏手に巨大な駐車場があるような有名観光地だからか、真冬(といっても南欧と同緯度なので暖かい)のオフシーズンでも、それなりの人出でにぎわっていた。(写真では閑散としているが、昼過ぎにはそれなりの人出になっている)

城壁内の街全体の眺め 城壁内の街並

欧州には城壁に囲まれた小さな町があちこちにあるが、いつものように城壁の上を一周してから目星を付けた所を歩いてみた。(というか、小さいのでほとんどすべての通りを歩いた気がする)
ポルトガルの街は、どこでも歩道がタイル張りのようになっているうえ、タイルに描かれた絵や模様(「アズレージョ」と言うらしい)があちこちの壁にあるので目の保養になる。

ここの城は、ポルトガルの国民宿舎であるポザーダ「Pousada do Castelo」(☞ 公式サイトポルトガルの建築と街)になっているので、宿泊可能。
この旅の最終日に予約してあるポザーダも城を使ったものだったので(☞ こちら)、かなり期待が膨らんだ。

城の正面横を城壁の上から撮影 城は、ポルトガルの国民宿舎と言えるポザーダとして使われている


城壁内の入り口 Porta da Vila のすぐ近くにあったカフェで一休み。
残っていたレシート写真を元に、2010年8月にこの記事を書いているが、店の名前がずばり Porta da Vila っていうのは、ちょっと紛らわしい。でも、HPに掲載されている店内写真が同じなので間違いではないようだ。

美味しそうなケーキ2つとカフェラテを頼んでお会計はわずか €3.10。観光地なのに観光地価格になっていない。

ケーキ2種とカフェラテ

個別のお味は1年半前の話なので記憶が怪しいので割愛するが、ポルトガルのお菓子は他の国と比べて独特なものが多く、それゆえに口に合わないものも多かったが、ここのは見た目も含めて無難な印象。ただ、QUEQUES の断面を見ると分かるように、価格の割には凝った作りになっていたのは印象に残っている。

QUEQUES(カップケーキ/€0.90)
QUEQUESの断面
QUEQUES(€0.90)

TIGELADAS(ボウル/€1.30)
TIGELADASの断面
TIGELADAS(€1.30)

店のHPを見ると、カフェでは無くバー&レストランの表記。
あまりレストランという雰囲気ではなかったが、価格設定が非常に良心的だったことから掲載することにした。



【店舗詳細情報】
店名:Bar/Restaurante Porta da Vila
電話:262 959 872
住所:Rua D.João de Ornelas Óbidos

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポルトガル/ナザレ(Nazaré):マールブラヴォ(Mar Bravo)

訪問:[2009/2/7 19:20]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ポルトガルの首都リスボンから北に約120Km離れたビーチリゾートでもあるナザレ。さすがに冬場は閑散としていて、夜になっても中心部の広場の人はまばらな状態だ。
泊まった宿の紹介で利用したのがこのレストラン。ガイドブックでは「街で一番」と書いてあったがかなり怪しい。規模が一番なのか、目立ち度が一番なのか、売上が一番なのか・・
でも、悪い店ではないということは、採点で星4つを付けていることから分かるだろう。

外観 店内の雰囲気

ビーチと広場に面した一等地にあるが、観光客がほとんどいないこともあって、客は一人もいなかったが、日本人と見てかフレンドリーに接してくれた。日本との歴史的つながりが長いことも理由だと思うが、ポルトガルのレストランや宿では、どこでも親切に接してくれ、非常に好感度の高い国である。
一部ガイドブックやブログ等に大げさに書かれているようだが、治安の問題もまったく無いに等しいという印象。

世の中、たかがスリにあったり浮浪者の溜り場を見た程度で治安が悪いと大げさにはやし立てる人がいるが、人が集まる都市部での比較なら歌舞伎町や山谷のドヤ街と比較していただきたいものだ。自分の住んでいる田舎町と外国の都会を比較するのは不公平である。
もちろん旅慣れていない方は、日本でない以上気を付けた方が良いのは言うまでもないが、不必要に不安をあおる行為は平和に暮らしている当該国民に対して失礼だろう。ましてや、ほんの一部地域を見ただけで、国全体に対して治安が悪いなどと情報発信するのはもってのほかである。日本でもスリはもちろん通り魔だっていくらでもいるのは承知の通り。

閑話休題。

注文を終えて、まず出てくるのがパンと小鉢群

最初に出てくるパンと小鉢群は、手を付けた皿だけ課金される

これ、ポルトガルの流儀らしいが、手を付けた皿の分だけ課金される仕組みだ、
この店の場合、メニューにも「COUVERT」として金額明記されていたのは良心的。
個別に大きな写真で紹介すると、

Bread, butter and olives(€1.50)
Bread, butter and olives(€1.50)のオリーブとバターは、上の写真のメイントレイに乗っている

Appetizer of the day(€2.50)
Appetizer of the day(€2.50)は、ムール貝。

Plate of cured cheeses(€4.00)
Plate of cured cheeses(€4.00)は、見た目ふつうのチーズと微妙に違う加工品らしいもの

という具合で、それほど高いわけではない。
ただ、知らずに少しだけ食べてしまっても課金されるので、意識しておいた方が良いだろう。

前菜は Fish Soup(€2.00)をお願いした。

Fish Soup(€2.00)

価格が安いのでカップスープのようなものだろうという予想に反して、しっかりしたスープが出てきたのには驚いた。
お味の方は、好みの問題になると思うが、異国らしい独特なもの。手作り感たっぷりだった。

魚料理からは、いつものパターンで選択。
Our local fish stew 'Caldeirada'(€12.50)と記されていた、地元料理をいただくことにした。

ワゴンで運ばれた鍋から皿に盛り付け 残った鍋も置いて行ってくれる
Our local fish stew 'Caldeirada'(€12.50)

鍋に入った料理がワゴンで登場するなんて、高級フレンチみたいだ。
スタッフが皿に盛って、その皿だけをだすのが高級フレンチだが、残りの入っている鍋もテーブルに置いてくれる。
一皿のボリュームだけでも相当なものなのに、もう一皿盛れるような量が残っていたので、食べるのが大変だ。

魚の方は、巨大なカレイと銀ダラ系かな?
どちらも脂が乗っていて美味しいが、煮込みの味付けに魅力を感じない。トマトベースにハーブが少しといたってシンプル。出汁も入れてある魚のみという感じで、深みが無い。後に肉料理が続くので、少し残してしまった。
他の店でも同様で、ポルトガルの一皿の量は半端でないので、注文は慎重に。

肉料理は Ibérico Pork fillet with clams(€10.00)

Ibérico Pork fillet with clams(€10.00)

なんといっても、お隣はスペインでイベリコ豚の大産地。ポルトガルでも生産されている事を後から知った。
この旅では何度もイベリコ豚を食べる機会があったが、日本では高級豚肉として知られるイベリコ豚と当地のものは、かなり味わいが違う。日本のは、どこがイベリコなのか特徴が分からないような味わいだが、当地のは味の主張の強いものが主流。日本のイベリコ豚に慣れていると、癖が強すぎて厳しいかもしれない。特に羊肉の匂いがダメという方は、こちらのイベリコ豚もダメだと思うぐらいだ。

このレビューは2010年8月に食べログの日記から移植するために書いているが、その後日本でも安いイベリコ豚(俗に言う質の悪いイベリコ豚)を出す店が出てきているので、日本でもこの手のイベリコ豚にお目にかかれるようになってきた気がする。
「質が悪い」というのは主観の問題で、私は元々癖のあるジビエ料理が好きなことから、問題なくいただけた。


ナザレは漁師街でもあり、店の前に水槽を置いている店も多い。もちろん、この店にも店内に設置されていた。
しかし、肉や普通の料理はかなり安いと思うが、量り売りの魚介類はなかなかのお値段。
ロブスターは €65~85/Kg と高額だが、蟹は安く €17.50/Kg、他は概ね €35/Kg といった感じだ。
この店のメニューに価格が明記されていたので、他のメニューと合わせて掲載しておくので参考にしてほしい。

量り売りの魚介類料理のメニュー 通常料理のメニュー
▲クリックで大きな画面が開きます


【店舗詳細情報】
店名:Mar Bravo
電話:262 569 160
住所:Praça Sousa Oliveira, 71, Nazaré

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:台北・高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
6月:クロアチア②、スロベニア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・西門駅: Ice Galaxy 金庫 2017/08/24
台湾/台北・大直駅: 好奇營養豆花 2017/08/23
台湾/台北・松山駅: 七丸魯肉飯 2017/08/23
台湾/台北・松山駅: 大方氷品 [大方冰品] 永吉店 2017/08/22
台湾/台北・中山駅: 21街氷桟 [21街冰棧] 2017/08/22
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>