FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ダナン: La Rive Gauche@Grand Mercure Danang

訪問: 2020/2/21 12:00
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★☆☆☆☆
今日は、ハノイへ15:00のベトナム航空便での移動日。(全込3430円)
朝昼抜きでハノイに向かうのは厳しそうだったので(せっかく昨年秋に東欧で減量したのに、今回帰国したら大台直前まで戻ってしまった。やはりアジア圏は、安くて美味しいので食べすぎてしまう・・)、1時間ほどレイトチェックアウトをお願いして、ホテル1階にある別のレストランで食べることにした。



ここでも、2階のThe Golden Dragonと同様に、タブレット表示形式のメニュー。1画面に2つしか表示されないので、使いにくいったらありゃしない。



念のため、感動ものだったNovotel Danang Premier Han RiverのGourmet Barと同様にビジネスランチがあるかを聞いてみたが、無いとのこと。先客ゼロだったので、当然か。



Mi Quang(184800đ≒880円)
Traditional Da Nang sytle noodle soup woth pork & prawn


注文は、最安値のミークアン1品だけを注文。
それでも、ノボテルのランチとほぼ同価格になってしまうが、仕方ないか。

例によってドリンクを注文しなかったら、ちゃんと無料の水を出してくれた。
同じ5つ星ホテルのレストランでも、ハノイのインタコとは大違いだな。(☞ 3 Spoons Restaurant




街の食堂の4倍価格とあって、具材は多め。
ただ、小エビを殻つきのまま乗せてくる点では、Novotelの勝ちだな。ホント、平日限定のビジネスランチとはいえ、地元客をターゲットにしているだけに安くて優秀だった。




とりあえず、全体をよく混ぜてみた。
麺は普通の平打ち麺(乾麺だと思う)、底に沈んでいるタレは、他店と同様にカレー味。
さすがに少しは高級感があるような気もしないでもないが、大差ないなぁ。カレー味に鈍感だからだろうか?




別皿で盛られてきた野菜を投入して、かき混ぜるとこんな感じ。
ベトナム麺は、野菜との相性が抜群によいというよりは、野菜が癖が無くて美味しすぎるのだ。
日本では考えられないが、カレー麺にも問題なく合ってしまう。




食べた後は、チェックアウトして3Km離れたダナン空港まで歩いて向かった。
空港が徒歩圏にあるダナンは、本当に便利な街だ。


【店舗詳細情報】
店名:ラ・リヴ・ゴーシュ [La Rive Gauche]
電話:0236-379-7777
営業:11:30~14:00、17:30~21:30
定休:月曜日
住所:Grand Mercure Danang 1F, Lot A1 Zone of the Villas of Green Island, Da Nang
GPS:16.048189, 108.226997



ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ダナン: Son Tra Night Market [Chợ Đêm Sơn Trà]

訪問: 2020/2/20 19:10
評価: 総合★★★★☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★★
Google Mapを漁っていたら、2日目に泊ったホテルの川向いに夜市会場があることを発見。
その中の口コミで、ロブスターが1尾千円ほどで食べられるとあったので、行ってみた。



実際の位置は違っていたけど、橋を渡り切った横に「Chợ Đêm Sơn Trà|Son Tra Night Market」と書かれた電飾ゲートがお出迎え。中に入って、右側が飲食店屋台街、正面と左側が物品販売屋台が並んでいた。




飲食屋台側は半分が海鮮料理系。どこの店もロブスターをずらりと正面に並べていた。




店によって、それ以外の品ぞろえが異なるが、貝類を専門に扱う屋台もあった。
お値段は、年越時に滞在したハロン湾のNhà Hàng A151B等よりも安い。




いっしょに肉類を売る店もあったが、基本どの店も大きな炭火焼スペースを持っているので、BBQで出してくるようだ。(一部例外的に、炒め物を出す店もあった)

小さいながらも蛙を売っている屋台も数軒。




一番割安感を感じたのは、セット販売の内容だ。
店によって相当差があったものの、一番良さそうに思えた飲食店街の中央付近にあった店では、ロブスターにイカと手長海老にホタテで50万ドン(≒2400円)、巨大なロブスターと2枚貝のセットが70万ドン(≒3350円)というお値段。
どの店のロブスターも生きていないものだったので、鮮度面では微妙ながらも安いのは確かだ。




ということで、蛙肉を売っていた屋台で、220000đ(≒1050円)のロブスターと、1匹50000đ(≒240円)の蛙肉、それに量り売りのシャコ40000đ(≒190円)/100gを200g注文。




別の店に大好物のマテ貝が300gで8万ドン(≒380円)と安く出ていたが、ハロン湾だけでなく帰宅後の日本でもたくさん食べたので、今回は見送ることにした。




注文を終えると、後払いではなく、その場で精算。
支払いを済ませると、焼き場の後ろ側に広がるベトナム特有の小さなテーブル席を色で指定された。勝手にどこでも座って良いというわけではないようだ。先払いなので、勝手に座られると誰が注文したのか分からなくなるからだと思う。




なかなか来ないので忘れられたかと不安になったが、20分後になってようやくロブスターの到着。
指定したロブスターと違うものを出されたという口コミがあったが、どうも店頭に飾ってある固定価格制のロブスターやセットはサンプルのようだ。

完全量り売りの店もあったので、大きいものを頼む場合は量り売りの店の方が良いかもしれない。ただし、それなりに高い可能性はある。




続いてシャコが到着したが、ピリ辛ソースで炒めたものが出てきた。




ロブスターは、3日前にNovotel Danang Premier Han RiverのThe SQUAREで食べたロブスターセットと比べて可食部倍以上。まあ、当然だろう。

シャコに関しては、ハロン湾で食べたものと比べたら全然小さくて、日本の寿司ネタサイズ。ハサミを使わずに手で殻を剥くことになるが、そこそこきれいに殻を剥がせたのは写真の1尾だけで、あとは身が崩れてしまいほじって食べることになってしまった。この夜市会場では、シャコを頼んではいけないという事だ。




最後にカエルのBBQが出てきたが、原型のまま出してくれた方がうれしいのに、カットされて出てきた。まあ、当然かな?

さすがに、5日前にMì Quảng Gia Truyền Thiで食べたミークアンの具材として入っていた蛙肉とは違ってそこそこの可食部はあったものの、ダラットのKhói BBQで食べた蛙肉には遠く及ばないサイズ。蛙肉は相当大きなものでないと、食べた気になれないということが分かった。ここの屋台街で売っている蛙は、台湾屋台で売っているサイズと同じぐらいなので、台湾で試す必要はなくなったな。




他の肉も食べたいと思って、別にマークしておいたBBQ屋台に移動した。ここには、ちゃんとメニューがあったので(☞ こちら)それを見て注文。この長い串焼きが魅力的に映ったのだ。

注文後に、単に普通サイズの同じ串を2つ並べて焼いていただけであることが判明してガッカリ。



Xieu bog size(Ga/heo)(40000đ≒190円)
Grilled Meats Big Size


出来上がりは、こんな感じ。
タレは激辛で私には使えず、何も付けずに食べたが、普通に美味しくいただけた。


今までダナンは、隣接するホイアンやフエと比べて魅力が無いと思ってほとんど無視していたが、こんな海鮮料理を堪能できる夜市もあるし、観光客向けの店でなければハノイよりも全然安くて魅力的な店も多いことが判明したことから、次のウインターシーズンは、ダナンで1週間以上滞在しようと思うきっかけとなった夜市会場訪問となった。
2年後にもう一度ハロン湾に行くつもりだったが、そちらはやめることにした。


【会場詳細情報】
名称:Son Tra Night Market [Chợ Đêm Sơn Trà]
営業:18:00~23:00
定休:無休
場所:以下の地図参照(Google Mapのカナ表記位置はデタラメ)
入口GPS: 16.061603, 108.231983


飲食店舗出店範囲: 16.061856, 108.23206616.061946, 108.232616

ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ダナン: Mama Seafood (Ẩm thực Xèo)

訪問: 2020/2/20 13:00
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
冬場に毎年のようにベトナムに来るのは、避寒が最大の目的なので、海を目的にすることは無いのだが、1度ぐらいはビーチを拝んでおこうと、4Km離れたミーケビーチの中心部まで徒歩で往復。


▲2つの店が合体して営業しているので、角と横の店名表記が違う

案の定、海は波が高くて景色的にもイマイチだったが、もうひとつの目的は、安くて旨い海鮮料理屋を探すことだ。
ビーチ沿いに並ぶ店は当然ながら論外だったものの、海から少し離れた付近で事前にマークした数軒の中で一番繁盛していた店が、店頭に価格付のメニューを置いてあったことから、内容と価格を確認して入ることにした。

しかし、冬場のビーチは客が少ないのか、どの店も閑古鳥状態で、店頭の水槽の中も寂しい限りだった。



席に着くと、なぜか店名の違う2種類のメニューが渡された。
1つは目的の Mama Seafood のものだが、こちらは日本語併記メニュー。
もう一方は Ẩm thực Xèo のもので、帰りに確認したところ、交差点角の派手な看板は Mama Seafood だったものの、ビーチにつながる大通り側の看板は Ẩm thực Xèo となっていた。
でも、広い店内のスペースに境界は無かった。




ダイエットコークが無かったので7upにしたが、ドリンクと一緒に濡れナプキンを持ってきた。
メニューにナプキン代の記載はなかったが、使用しなかったので当然請求は無し。(濡れナプキンは、いつも持参しているので不要なのだ)



Gỏi cung đình(49000đ≒230円)
Royal salad with shrimp and pork


まずは、ベトナム料理店である Ẩm thực Xèo 側から、ロイヤルサラダと称するもの。Best Sellerと記されていたので、選んでみた。
何を根拠にロイヤルなのか不明だが、少なくとも網目状に上げた麺(?)は、他のサラダにも付いていたので違うだろう。

小さな海老が3尾にゆで豚が少々、他は根菜系を中心にした馴染みのあるベトナム野菜。
別皿ドレッシングの表面に見える粒粒は唐辛子の種だと思うが、それほど辛いドレッシングでないので大丈夫だった。お味の方は、単なる普通のサラダ。



Bún thịt nướng(49000đ≒230円)
Charcoal grilled pork on skewers rice vermicelli


メインは、麺料理を頼んだのだが、見た目はサラダだ。
違いは、タレが2種類付いてきた点と、串焼きが3本乗っている点だろうか。




麺料理なので、中央部分の下に麺が隠れていた。
2種類のタレのうち1種類は激辛だったので、グレービーソースみたいなのを掛けてみたが、このタレが魚の風味のある優れもの。(ちょっと大げさだけど)



豚肉の串が付いていると書かれていたが、2種類のうちつくね風の挽肉ベースの串。
しかし、魚肉も入っていそうな感じで変わったお味。先ほどのタレをたっぷり付けていただいた。



もう一方の串は、豚スライス肉を折りたたんで串刺しにしたものだった。
炭火焼との表示だったが、それほど炭火焼らしい風味はない点が残念かな。



Sò Lông Nướng Mỡ Hành(89000đ≒420円)
Grilled Mussels with Buttered Green Onions|玉ねぎと油脂焼き赤貝


Mama Seafood 側から選んだのは、Must Tryに載っていた赤貝の油脂焼き。
翻訳ミスだと思うが、油脂焼きって何だろう?

メニュー写真では11個だったが、出てきたのは小さいながらも倍近い個数の赤貝。




焼いて口が開いた貝を1つずつこんな感じで加工するという手間の掛け方。
人件費の安いベトナムでなければ出来ないよなぁ。




トッピングを除けた写真も撮ってみたが、専用の緑色のタレに付けいただく。
なんとなくハーブベースのメキシコサルサみたいなお味で、赤貝の独特な味わいも加わって面白い味になる。



赤貝そのものは、日本の海岸で見かける太ったタイプと異なり、アサリと同じような薄めの貝殻。
でも、身はしっかり赤色をしているし、味も赤貝と同じ感じなので、この料理は確かにお勧めだ。

ちなみに、油脂焼きの油脂は、英語表記ではバターとなっていたが、貝の身の下に焦がしバターソースみたいなオイルが流れずに残っているものも半分ぐらいは存在した。残りの半分は、傾けた時に流れ出てしまったのだろう。




お会計は、Mama Seafood側は伝票だったが、Ẩm thực Xèo側がスマホ表示。
両方の総額が出ないので、頭で計算して支払うことになるが、間違えられそうな気もするので、しっかり確認しよう。

店の規模から税サ別かと思っていたが、メニュー表記の価格通りの請求だった点で好印象。
ベトナム料理店側の料理は特段優れているわけではないので、ここは海鮮料理目当てで使うことをお勧めしたい。


※メニュー(Mama Seafood):前菜①②・Must Try①海老蟹①②・麺飯鍋・海鮮①③・ドリンク
※メニュー(Ẩm thực Xèo):ベトナム料理①デザート・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Mama Seafood (Ẩm thực Xèo)
電話:078-200-0019
営業:6:30~22:00
定休:無休
住所:Lô A19, Võ Văn Kiệt, Sơn Trà, Đà Nẵng
GPS:16.063221, 108.241934


ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
6月:マレーシア⑰・台湾
7月:イタリア⑲:南チロル
9月:ポーランド⑤・トルコ
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Tun Razak Exchange駅: Al-Andalus Restaurant 2020/04/07
マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: Stuff'd Pavilion KL店 2020/04/05
マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: The Fish Bowl Pavilion KL店 2020/04/03
マレーシア/KL・Tun Razak Exchange駅: Hadramawt Palace 2020/04/01
マレーシア/KL・アロー通り: 無名Satay[沙嘇]@3.144858,101.707752 2020/03/30
マレーシア/KL・パビリオンKL: 迎客樓 [Ying Ker Lou] 2020/03/28
マレーシア/KL・パビリオンKL: 郷村燒鴨 [Village Roast Duck] ③ 2020/03/26
マレーシア/KL・Pudu駅: 老二潮州 [Restoran Teochew Lao Er] ② 2020/03/24
ビジネスクラス機内食/マリンドエア: ハノイ(HAN)⇒クアラルンプール(KUL) 2020/03/22
マレーシア・武漢肺炎:予約済ホテルを政府のお達しで一方的にキャンセルされた 2020/03/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>