FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/リヴィーニョ [Livigno]: Hotel St. Michael

訪問:2018/7/12 19:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
2018年の夏旅行第一弾は、4年連続で南チロル&ドロミーティ周辺旅行。
今回は、到着日と帰国日前日の空港近くのホテルを確保してあるだけで、現地に着いてから天気予報や衛星写真を見て目的地を決めようと企んでいる。

ただし、ドロミーティの宿だけは決めてある。
昨年大感動のイベント(☞ Pic-Nic)に参加させていただいた Hotel Gran Ancëi で4連泊する方針で、さっそくメールで今年のスケジュールを聞いて予約を入れてもらった。本来はデポジットを銀行振り込みしなければならない宿だが、昨年確認したら免除してくれるという話だったので、メールのやりとりだけで予約完了。(ちゃんと当方の事を覚えてくれていた)


▲空港からホテルまでの前夜と今日のルート実績ログ

初日は、週末までの天気が良さそうだったのでスイス方面に向かうことにしたのだが、天気予報が外れて朝から雨模様。スイスまで行ってもダメかと思って手前のリヴィーニョ[Livigno]の宿を当日の朝予約してしまった。
その結果、まだ通ったことの無いガヴィア峠 [Passo Gavia]を経由することにしたのだが、峠を境に天気がガラリと変わってしまった。ミラノ側は雲で覆われて狭い山岳道路も霧の中を走る感じだったのに、峠の先は雲は多めながらも青空。

今日の目的地のリヴィーニョ[Livigno]だが、前回は街の南側の宿だったので、今回は北側の4つ星ホテルを朝食付129ユーロで確保。夕食は1人20ユーロ加算でOKとのことだったので、宿で食べることにした。




通りに面しているホテルは、たいてい外部客も受け入れるものだが、このホテルのレストランは宿泊客専用。
フロントのあるロビーバーのみ、外部客を受け入れているようだ。


Dal Buffet
Verdure alla griglia e insalate
Frutta di stagione
Formaggi


まずは、部屋の中央にあるビュッフェ台から焼き野菜・サラダ・チーズを取ってくる。
この形式は、少なくとも1泊2食付が標準である北イタリアや南チロル周辺の山岳地域では標準的なアプローチだが、都市圏でも同じなのかは、2食付で泊ったことが無いので不明。

この中で特筆すべきものは、焼きパプリカとズッキーニ。
何のことはないのだが、日本のイタリアンで出てくる焼き野菜とは野菜の旨味がまったく違うのだ。

チーズは5種類中4種類取ってきたが、大きくカットしたウオッシュタイプのものやクリーミーなものが好み。




メニューには載っていないが、アミューズも出てきた。
ビュッフェを漁りに行く前に食べるものだったのかも?

自家製グリッシーニの下は、ハーブクリーム。
サラミは普通だったなぁ。美味しいサラミになかなか出会ないものだ。



Fusilli Giganti al Gorgonzola e Noci

ゴルゴンゾーラと胡桃ソースの大きなフジッリは絶品だった。
このフジッリ、自家製だそうで食感は乾麺とは違う手打ちパスタ的な柔らかさ。
ソースも生クリームで伸ばすのではなくクリームチーズで伸ばしている感じで、激ウマすぎた。



単にゴルゴンゾーラだからと家内が選んだのだが、普段はパスタを避けるくせに私が頼んだんだと7割以上取られてしまった・・(フジッリが美味しいからではなく、ソースが美味しいからだと)



Risotto ai Funghi Porcini

パスタを取られてしまったので、仕方なく私が選んだのがポルチーニのリゾット。
ポルチーニの風味よりも、チーズの香りの強いものが出てきた。



運ばれてきたときは見えなかったが、ポルチーニは生のものを使っていた。
リゾットの米は美味しかったが、チーズ(たぶんパルミジャーノ)が強すぎて、ただでさえ香らない生ポルチーニは食感だけっていう感じでちょっと残念な出来だった。



Carbonata Manzo alla Fiamminga (cipolle, pomodoro, sfumato alla birra)

家内が選んだメイン料理は、ベルギー風牛肉。
ビール煮のようだが、牛肉が柔らかくて美味しいと。(一口味見したが、確かに柔らか)



Lombatina di Suino alla Griglia

私は、豚肉のグリルをチョイス。



柔らかな牛肉と違って、こちらは滅茶苦茶硬かった・・
やっぱりイタリア料理のメインは期待できない。

どちらの皿にも、クリームたっぷりのマッシュポテト[Pure di Patate]付き。


Pomodori Gratinati alla Provenzale

それから、トマトを横半分に切って大量のハーブパン粉を乗せて焼いたものも両方の皿に乗っていた。
これ、上から油をかけてあるのか、オイリーでイマイチ。



Tiramisù al Caffè

3択のデザートから、家内は無難にティラミス。
マスカルポーネをちゃんと使っているのか確認したかったそうだが、そうでもなさそうという話。



Budino al Cioccolato

私はチョコプリンを選んだのだが、これは失敗。
たぶんココアパウダーベースのインスタントだろう。少し残してしまった。


トータルとしては、20ユーロの夕飯と考えると上等だろう。
免税地域であるリヴィーニョは観光客も桁違いに多いことから単独レストランも数多くあるが、パスタでも10ユーロ強、メインは15ユーロ程度みなければならないので、やはり2食付で食べるのが一番という気がする。


※宿泊者専用メニュー:イタリア語版英語版ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Hotel St. Michael
電話:0342-996392
営業:19:00~21:00(一般営業はバーラウンジのみ)
住所:Via Dala Gesa 678, 23030 Livigno SO
GPS:46.547233, 10.140214 (☞ Bing Map


イタリアの訪問レストラン一覧&地域別ランキング
 

【ガヴィア峠 [Passo Gavia] の風景】
GPS: 46.343515, 10.487379(☞ Google Map

▲左:峠の標識  右:峠からボルミオ側のビアンコ湖[Lago Bianco]を拝む


▲左:峠の丘の上にあった宗教施設  右:そこからビアンコ湖側


▲左:ビアンコ湖の反対側にも何かの碑があった  右:そこから見える氷河(?)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando]

訪問:2017/7/10~11(Room Type: Superior Double€149.00/朝食付)
評価:総合★★★☆☆、味★★☆☆☆、サービス★★☆☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★★☆
宿泊:総合5.0、予約個室4.5、建物全体5.0、サービス4.5、CP5.0
HPCastel Brando Hotel a Cison di Valmarino
Castel Brando

2017年南チロル周辺旅行のイタリアを抜ける前に、後回しにしていた4日目に泊まった古城ホテルの紹介をしたい。現地で翌日の山の天気が悪くなるという予報が出ていた際に、家内が検索していて偶然見つけ、急遽前日予約した古城ホテルだ。

Castel BrandoCastel Brando

宿のHPにあるべき古城としての歴史記載がまったく無かったし、麓から専用ケーブルカーで上るような記述だったので、似非古城ホテルかもしれないと疑心暗鬼で行ったのだが、文句なく立派な古城だった。(☞ 城の歴史
しかも、GWに出かけたドイツ古城巡りの旅で泊まった古城ホテル(☞ こちら)なんかよりも感動ものだったし、宿代が非常に安い点でも特筆ものだ。

注意したいのは、麓にある別館の部屋もあること。古城ホテルで、予約サイトから予約して行ってみたら別館の部屋だったというのは良くある話なので、予約の際には本館城内であることを慎重に確認したい。このホテルの場合、公式サイトでも曖昧な部分があるので、注意が必要だ。


【インデックス】
城内レストラン(La Fucina)のディナー
メインダイニング(Sansovino)でいただく朝食の紹介
泊まった部屋の写真
宿泊客しか入れない城内の写真
ブランド城 [Castel Brando] の風景
  

楽しみにしていた城内レストランでのディナー。
城内探索時に、本館にあるメインダイニング「Ristorante Sansovino」(☞ 店頭メニュー)は、19:30から営業と張り紙があったので楽しみにして向かったら、日曜夜から火曜までお休みだそうだ。

代わりに、城内にはあるものの、基本は外から来る一般客をターゲットにしている「Ristorante Pizzeria La Fucina」で夕食を取ることになってしまった。外から来る場合は、駐車場からのケーブルカーで上がった3階(Levello 3)で、別のエレベーターに乗り換えた6階(Levello 6)にある。

ちなみに、ケーブルカーは往復1ユーロの有料だが、宿泊者はインターホン越しに申し出れば無料でゲートを通してくれる。
車の場合は、ホテル入口まで荷物を運んだあと、すぐにホテル駐車場(€5.00)か地上の無料駐車場に車を移動しなければならない。ひとり旅なら、最初から地上駐車場に車を置いた方が楽だろう。


Ristorante Pizzeria La FucinaRistorante Pizzeria La Fucina

店内は、城内の雰囲気とはかけ離れた派手な内装。サービスもそれなり。
特に、他の空間が空いているのに、客を同じ空間に詰め込んで案内する点では、ダメな店の典型っていう感じ。


Ristorante Pizzeria La Fucina
Coperto(€2.00/人)
Service charge and tax per person


まずは、コペルトで出てくるハズのパン。
ハズと書いたのは、英語表記でサービス料と税金と書かれていたからだが、税金はウソだ。


Ristorante Pizzeria La Fucina
Carpaccio di manzo con spinacino fresco, acciughe e salsa carpaccio(€9.00)
Beef carpaccio with fresh spinach, anchovies, and carpaccio sauce


前菜からは、私の定番である牛肉のカルパッチョ。
これが、イタリアでは見たことのない(日本ではある)冷凍牛肉のまま超薄切りにスライスして皿に盛ったタイプのもの。
イタリアでもこんなカルパッチョを出して来る店があるとは、ちょっと驚きだ。

こんなレベルだから、カルパッチョソースと記載のある実質マヨネーズにも拘りが無いし、中央にトッピングされているほぐしたアンチョビは、安物缶詰の味がした。
最悪!


Ristorante Pizzeria La Fucina
Gamberoni al curry su riso venere(€10.00)
Prawns with curry and black rice


家内は、黒米とカレーと海老という興味のあるものばかりの料理。
カレーライス的なものを予想していたら、海老にココナッツカレーをあえて、黒米ごはんの上にトッピングしたものだった。

ちょっと味見したけど、まあ普通に美味しく食べれるといったレベルかな。
イタリア料理とは言えないので、私にとってはつまらない料理だ。


Casunziei all Ampezzana
Casunziei all'Ampezzana(€9.00)
con rape rosse, burro fuso e semi di papavero e ricotta fume

Ravioli with beetroot, butter and smoked cheese


パスタからは、当然のごとく知らない名前のものをチョイス。
英語版でラビオリと書かれていたので、ドロミティ周辺で定番の独特なラビオリが出て来ることを期待したわけだ。

これ、カソンツィエール・アッランペッツォというコルティナ [Cortina d'ampezzo] で有名なパスタらしい。(☞ パドヴァのとっておき。

ビーツとジャガイモのつぶしたものを合わせて半円形にしたラビオリで、セージバターソースでいただくそうだが、この店のは単なるバターソースだった。

Casunziei all Ampezzanaの断面

実は、この2日後にご当地コルティナのRistorante Baita Son dei Pradeでいただくことになるのだが、その時もセージバターではなく、普通のバターソースだった。

まあ、具材がビーツというだけで、ラビオリ自体に特徴があるわけでもなく、変わったものに期待していただけに期待外れだったのは確か。


Ristorante Pizzeria La Fucina
Pizza Formaggi(€8.50)
Pom, mozz., Asiago stravecchio dop e Morlacco di malga, Gorgonzola

Tomato sauce, mozzarella, selection cheese


クワトロフォルマッジが大好きな家内は、パスタの代わりにピザをチョイス。
もちろん、メインとして二人でシェアしていただくわけだが、生地は美味しいものの、チーズがゴルゴンゾーラだらけでしょっぱく、残念なお味だった。


お会計炭酸水

以上でお会計だが、カラフェで出てきた炭酸水が1ユーロと安いのには驚いた。


※メニュー:前菜・パスタメイン・サラダ・サイドピザ①ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Pizzeria La Fucina
電話:0438-976658
営業:11:00~14:30、19:00~22:30
定休:無休
住所:Castel Brando Levello 6, Brandolini Brando 29, 31030 Cison di Valmarino
GPS:45.968936, 12.136201


城内地図(リーフレットより)
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル一覧
  

朝食は、定休日で試せなかったメインダイニング「Ristorante Sansovino」が会場。





こういった城のレストランは、豪華な雰囲気だけでも楽しめるので、嬉しい配慮だ。




四つ星ホテルの平均的なラインナップだったが、イタリアらしく朝のケーキ類が豊富だった。



お味の方は、ケーキ屋で買うような洗練されたものでは無いものの、朝からヘビーにいただいてしまった。
 

【泊まった部屋(No.705)の写真】





▲バスルームは、ベッドの後方の部屋の中に小屋のような構造物を置いた中にあった
 元々水回りの設備が無い部屋を改造しているからだろうが、ちょっと微妙な感じ。


▲部屋の窓からの風景
 

【宿泊客しか入れない城内の写真】
城内は、宿泊者だけしか入れないエリアが多いので、結構見応えがあった。
最安値は麓の別館になるので、必ず本館の部屋を予約しよう!(☞ 本館7階配置図















▲チャペルのある中庭も宿泊者しか出入りできない


▲フロント横からの階段を上下から(階段途中の扉から先は宿泊客のみ)


▲左:階段途中にあるメインダイニングの扉  右:階段最上部の扉(鍵がかかっていた)


▲フロントの奥の部屋にあるミニ博物館(宿泊客は無料)


 

【ブランド城 [Castel Brando] の風景】
一般の方が出入り自由なエリアと、城外風景


▲地上駐車場側ケーブルカー乗り場(☞ 案内掲示


▲左:車道からの入口ゲート  右:フロントから車道入口ゲート側


▲3階にあるフロントホール








テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店

訪問:2017/7/8 10:30
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気n/aCP★★☆☆☆
2日目の朝は、昨晩回りきれなかったヴェローナ [Verona]の中心街を散策。

Venchi Cioccolato-GelatoVenchi Cioccolato-Gelato

朝飯代わりに選んだのは、昨晩マークしていたジュリエットの家[Casa di Giulietta]の数軒隣にあるジェラート屋。

チェーン店風のきれいな店だったので調べてみたら、北イタリアを中心に数十軒の店舗を構えていた。ジェラート屋というよりは、チョコレート屋というのが正しいようだ。

Venchi Cioccolato-Gelato
Venchi Cioccolato-Gelato

さすが、他国のジェラート屋にあるような派手な色を使って目立たせている下品なジェラートは無いが、全部で20種類ほどと、専門店にしては少な目のラインナップ。
昨晩もそうだったが、他の店と比べて客の入りが非常に悪い点が気になるところだ。


Venchi Cioccolato-Gelato
Coppa Grande(€4.50)

全部で4種類選べるというグランデのカップで、ナッツ系2種類に店の名前の入っていたものとフルーツ系をチョイス。カップに山のように盛り付けると思っていたら、ずいぶんとおとなしい盛り付けで、この段階でちょっと残念。

お味の方はというと無難なアイスクリームという感じで、この金額の価値を感じることはできなかった。
ピスタチオは茶色っぽいし、味もほとんどしない。ヘーゼルナッツも頼んであるが、色こそ違うもののピスタチオとの味の差をほとんど感じないというのは、いかがなものだろう。(ピスタチオが酷いという意味だけど)
店の名前の入ったものは、単なるチョコ入りバニラアイス(チョコレートが本来の専門とは思えないお味)、フルーツ系のジェラートもさっぱり感の無いもので、家内と私の期待には応えてくれなかった。


昨晩は夜でも32度もあったが、朝9時台はそこそこ涼しい感じだったものの、11時には昨晩と同じような暑さになっていた。
この暑さには耐えられないので、この日泊まる予定だったパドヴァ[Padova]のクラウンプラザをキャンセルして、まだ踏み入れたことのない「南ドロミティ」に早々に移動することにした。

【店舗詳細情報】
店名:VENCHI CIOCCOLATO - GELATO Verona, Via Cappello - Casa di Giulietta
電話:340 262 4676
営業:10:00~20:00(金土日は~24:30)
定休:無休
住所:Via Cappello 13, 37121 Verona
GPS:45.442084, 10.998142


訪問したイタリアのレストランと各州の風景
 

【ヴェローナ [Verona] の風景】(☞ 街の地図

▲街の中心にある円形劇場[Arena]。周辺に舞台装置を色々置いてあった(☞ 説明掲示




▲Piazza delle Erbe(エルベ広場)








▲Castel Vecchio(ヴェッキオ城)(☞ 説明掲示


▲Ponte di Castelvecchio(カステロヴェッキオ橋)




▲ジュリエットの家[Casa di Giulietta]

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>