《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/コルシカ島.オルムト[Olmeto]:Hôtel Abbartello

訪問:2014/9/21 19:30
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
コルシカ島最後の晩餐は、初日の Tempi Fà で紹介した世界中からBon appétit ! 〜恋するコルシカ島〜の記事の中で、気になったこの店を選んだ。(☞ こちら

テラス席(海正面) テラス席(プロプリアーノの街側)

「こちらのレストランの料理長と支給長は2005年の愛知万博、フランス館の料理長と支給長の再コンビなのです」っていう文言にくぎ付け! 愛知万博のフランス館には、フランス大統領をはじめとするVIP来店もあり、最も予約の取りにくいレストランの一つだったという。
これは行かなくちゃっていうことで、アジャクシオの宿から往路は海岸線の景色を楽しみながら、復路は夜になるので初日に通った道の逆方向で片道約60Kmを往復することにした。

「おネエ系支給長、ピエールさんは日本が大好きで必ず日本人です!!と申告して下さい」とのことで、写真を手掛かりに見回したのだが(といっても1人の私よりはるか年配のおじさんしかいない)、そのおじさんがピエールさんだった。ぜんぜん写真と違うじゃん!
ブログに載っている写真を見せたら、苦笑いしていた。

反面、フランス館の料理長を10年前に務めたというシェフは相当年配だろうと思っていたら、ぜんぜん若くてせいぜい40歳。厨房は2人で回していたので、これまた予想外だった。

最後の晩餐という事で、ピエールさんにシェフのスペシャリテは何かと聞いた結果、パスタだというのでそれをお願いすることにした。
それだけでは悲しいので前菜を追加し、ガス入りの水がコルシカのもの(OREZZA)ということで、大きなボトル(1L)でお願いした。

Soupe de poisson du golfe
Soupe de poisson du golfe(€14.00)

前菜[ENTREES]から選んだのは、またまた魚のスープ。
これでコルシカ島3軒目。完全にハマったみたいだ。
来年のGW、ボルドーからバスク経由でスペインに行く予定なので、その時に本土でも頼んでみる気になっている。

主菜扱いの魚のスープに必ず付くお供の皿

しかし、前菜欄にあったのにメイン並みの量で出てきたのには困った。
価格設定が高いので、もしかしたらと思ったものの、このスープのお供であるカリカリパン(クルトン)、ルイユソース、チーズ、ニンニクと大きなスープ皿が出てきたら、覚悟しなきゃ。

魚のスープに付け合せを投入

味は、コルシカ標準と言うべきか、ここまで3軒ほぼ共通のベース。
プラスアルファ部分で差がでている感じだが、この店のは比較的大きな(といっても2mmX5mm程度)魚肉片が最後に底に沈んで残った点が他の店と微妙に違う。ちゃんと作ってますよ、という主張のようだ。

ルイユソースはニンニクきつめで味をまとめた感じがしない。ニンニク片も付いているのだから、そこまでニンニク入れなくて良いと思うのに。そのニンニク片はカットされている点は良いが、小さいので使いづらい。
サンチュリ[Centuri]の U Marinaru で食べた魚のスープが印象的だったこともあると思うが、それほど良さを感じなかった。

Linguine aux gambas aux saveurs de Thailande
Linguine aux gambas aux saveurs de Thailande(€22.00)

メインは、シェフのスペシャリテという海老のリングイネ。
ボリュームがあるという話だったが、ボリュームだけというのが正解だろう。半分以上残してしまった。

クリームたっぷりに海老のエキスはわずかで、最初にフルーツ(アナナス?)の甘さが来る。タイ料理のアプローチだ。そこに辛さも感じるのだが、おそらくグリーンカレーペーストを隠し味に使っている。だから、わざわざタイ産の海老を使っていると表記してあったのかも?

乾麺パスタは食感が悪いし、海老は解凍方法が悪いのか(タイ産の海老は、もっと美味しいはず!)プリプリ感がまったくなく美味しくない。

Assiette de fromage Corse et confiture de figue
Assiette de fromage Corse et confiture de figue(€8.00)

お腹いっぱいでメインを残したわけではないので、最後のデザートにコルシカチーズをお願いすることにしたのだが、これもダメ。

いくらなんでも、同系3種は無いだろうし、confiture de figue が無花果では無くて市販安物風の固形果肉の無いイチゴジャム。こんなジャム、チーズに合わせて食べるものではない。パンも不味かった。

お会計 OREZZA

結果として、ピエールさんにシェフのスペシャリティを聞いたのが失敗だったようだ。
素直に3皿コース(Menu Corse 27€)を頼んでおけば良かったのは明らかで、ちっとも最後の晩餐にならなかったのだ。
それに期待値が高すぎたのも逆作用を生んでしまったようだ。仕方ない。

※メニュー:前菜・メインロティサリー・デザートコース

【詳細情報】
店名:Restaurant Abbartello
電話:04 95 74 04 73
住所:Lieu dit Abbartello, 20113 Olmeto Plage
GPS:41.697722,8.842546


さて、翌日は朝の便でパリ経由の帰国となるわけだが、15日からエールフランスのパイロットが長期ストライキに入っていたこともあり(日本と違って2週間も!)パリまで行きつけるかと心配していたら、エア・コルシカ[Air Corsica]運航便だったので一安心。
パリと日本を結ぶ路線が欠航していた影響もあって、帰りのANA便が振替客で予想外の満席となり(出発前にチェックした段階ではガラガラだったのだ)、ビジネスクラスにアップグレードされるというおまけも付いた。



ということで、この後に帰国便のビジネスクラス機内食紹介を登録して、2~4日目に出かけたお隣イタリアのサルデーニャ島でのレポートは、コルシカ島とサルデーニャ島を結ぶフェリー情報の後(この記事から数えて3本後)に登録したいと思う。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/コルシカ島.オレーヌ[Aullène|Auddè]:Le Chalet(Auberge Chez Mireille)

訪問:2014/9/21 12:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今日の走行ルート今日の走行実績
(地図をクリックすると大きな画像で見れます)

8日目は、事実上の最終日。
今日も朝から快晴だが、やはり霞はある。

コルシカ鉄道の有名な鉄橋があるヴィヴァリオ[Vivario|Vivariu]から国道を離れ、山道(といっても広さは十分にある県道クラスの舗装道)に入り、標高1300m前後の峠を2つ越えるルートで最終宿泊地であるアジャクシオに向かうことにした。

途中、比較的大きな村に見えたギゾニ[Ghisoni]をぶらぶら歩いて、昼過ぎにオレーヌ[Aullène|Auddè](オルレーヌとも記す)という村に到着。
少し大きいと感じでも人口200人程度で、これ以下の集落が点々とある程度の山道だ。交通量は少ないが、眺めは一気に登るヴィヴァリオ側が良いだけで、あとは林があちこちで遮ってくれるので、それほどよろしくない。

さて、集落を歩いていると、おなじみミシュランシールを貼ってある San Larenzu という民宿を発見。
その道向かいの眺望の良い立地に同名のレストラン風の店があったので入ってみたのだが、どうもレストランではなくバー&喫茶店(食べ物が無いという意味)だったようだ。

外観 店内

で、レストランはこっちだと指示された店がこの店。道路反対側なので、眺望は全くない。
看板は Restaurant Le ChaletChez Mireille の併記、メニューには Auberge Chez Mireille と、本当の店名がよく分からない店だが、確かに民宿側の口コミにこの店のことが書かれていたので、同じ家族経営なんだろう。

バゲットパンは、3切れだけ。
大量生産品のような不味さはないが、美味しいレベルでもなく、日本なら普通という水準。
人口200人で隣町まで10Km単位で離れているような場所で、高望みしても仕方ない。

たぶん美味しそうな料理が並んでいるであろうメニューは手書きで読めないので、活字体のアラカルトメニューから「今日の料理」をお願いしてみた。フランス語で#!※☆でいいか?と聞いてくるのだが、分からないのでウイと。

Plat du jour
Plat du jour(€14.00)

なんと出てきた皿は、昨晩ペンションでいただいた肉の煮込みとほぼ同じもの。
といっても、昨晩と違ってぜんぜん美味しいのだ。

何が違うかと言うと、肉は恐らくコルシカ豚。しっかりした主張がある。
そこに、煮込んだ栗がたくさん入っていた。
後に写真を載せているが、この街にはあちこちに栗の大木があって、いくらでも拾えそうな感じ。

油脂分多めだが、肉の旨味がしっかり溶け込んだシチューというべき部分も旨い。
人参やジャガイモもよく煮込まれている。

しかし、活字体だとフランス語でもなんとかなるものの、筆記体だと完全にお手上げになるなぁ。
日本語でも達筆の方の書く文字は読めないので、フランス語でも達筆なんていう概念があるのかもしれないが(この手書きメニューが該当するのかは不明)、本当に参った。

※メニュー:手書きメニューアラカルト

【詳細情報】
店名:Le Chalet(Auberge Chez Mireille)
電話:04 95 78 63 12
住所:Rue de la Poste, 20116 Aullene
GPS:41.770415,9.080339

 

【ヴィヴァリオ(Vivario|Vivariu)周辺の風景】
(☞ Google Map、GPS:42.172639, 9.170194、wiki(仏語)
Vecchio Pont Eiffel Vecchio Pont Eiffel
ヴェッキオ橋(GPS:42.192911,9.165811)で名が通っているが、ヴェッキオ橋は旧道側の道路橋の名前で、鉄道橋の方は設計者の名を取ったエッフェル橋[Pont Eiffel]が正しいようだ。(☞ Structurae(仏語)
 エッフェル橋という名称は多く存在するので、Vecchio Pont Eiffel という表記の方が確実。


▲左:コルシカ鉄道ヴィヴァリオ[Vivario]駅  右:ヴィヴァリオの街を見下ろす


▲丘の上にコルシカ語表記の「VIVARIU」と掲げた城跡が見えたが、道路が封鎖されていて行けなかった
 

【ギゾニ(Ghisoni)の風景】
(☞ Google Map、GPS:42.103462,9.212920、wiki(仏語)

▲左:街の中心部  右:牛の親子(道路の真ん中で授乳中)





▲左:街の入口にある標識  右:そこにあった街の案内看板
 

【オレーヌ(Aullène|Auddè)の風景】
(☞ Google Map、GPS:41.772118,9.080019、wiki(仏語)

▲左:街の中心(何やら英国からのスポーツカーが集結)  右:中心部のほぼ全景


▲左:手前は巨大な栗の木。街にはこんな栗の木がたくさんある  右:道路脇に寝そべる牛たち

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/コルシカ島.ヴェナコ[Venaco]:La Villa Michel(Chambres & Table d'hôtes)

訪問:2014/9/20 19:45
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
今日の走行ルート←今日の走行実績
(地図をクリックすると大きな画像で見れます)

世界自然遺産指定地区の景観を楽しんだ後は、いよいよ山側に入るルート。
カランケ [Les Calanche]からポルトに戻ってD84号線に入る方が近いのだが、日本人向けコルシカツアーの中にサゴーヌ[Sagone]という地名があったので、そこを経由してD84号線に入ることにした。
でも、何も見どころは無くて失敗。

D84号線の中間点にあるコル・ド・ヴェルジォ[Col de Vergio]という峠が、今回の旅の最高峰(GPSベースで1475m)だった。なにやら変な像があって、観光バスまで止まっていたので有名なのかもと思った訳だが、後で調べたらコルシカ島内の道路の最高地点(1478m)だそうで、納得。
峠らしい眺望も無いので、停まってみるほどのものは何もないけど・・

外観 部屋からの眺め

そのまま北上して、ほとんど干からびていたダム湖の脇を通って、歩き方にも載っているコルス[Corse]の街で宿を探そうとしたのだが、何やら祭りをやっているみたいで中心部は道路規制中。街も汚いので、パスして次の街に向かう途中で見つけたのが、この民宿(Chambres & Table d'hôtes)というか、日本的にはペンションだ。

一般向けのレストラン営業は無いが、B&B(Chambres d'hôtes)と違って夕食も頼めば作ってくれると言うので、地元の家庭料理を食べてみることにした。お値段は3皿コースのみで €22.00。前菜とメインは2択となっている。

ダイニングルーム テーブルセッティング

ダイニングは広々として個人宅らしい調度品。
テーブルセッティングも良い感じだが、蝋燭は飾りで火を灯した形跡がない。
全体的に利益優先主義という感じを受けたのは、宿代の請求がHPでは1人料金が載っているのに2人料金だったことや、頼んでいないワイン代を請求してきたからだ。(夕食を頼んだ客が他にいないので間違える要因は無い)
それに加えて、クレジットカードも使えない。

バゲットパンは、近隣の大型スーパーで調達したような大量生産品だろう。
もちろんバスケットで出て来るが、美味しくない。まあ、家庭料理を標榜しているわけだから当然か。

Soupe Corse
Soupe Corse

前菜はコルシカスープを選択。
魚のスープは2度いただいたので、ボニファシオ[Bonifacio]の Cantina Doria でいただいたコルシカスープも比較したくなったというワケ。

コルシカハムが入っているとはいえ、レストランとはまったく違う感じの皿が出てきた。マカロニがタップリ入っているのは、やはりコルシカにイタリアの食文化が大きく入り込んでいる事を示すものだろう。
お味の方は、当然ながら家庭料理水準。レストランの水準と比較するのは野暮というものだが、まあ普通にいただける。

前菜のスープでも大皿にタップリでてきたので、メイン料理扱いにもなっていた Cantina Doria のスープが大量だったことは理解できる。

メインの豚肉料理

メインは豚肉料理。カネロニと何か分からない単語(英語は簡単な単語しか通じない)の選択だというので渋っていると、ポークがあると言ってきたので、それをお願いした。

で、出てきたのは骨付き肉の煮込み。骨がかなり細いので仔豚だろうか?
よく煮込まれてソース側の味が浸透していたことと、肉自体が割と淡白なことから肉の種類を判別できなかった。豚と言われればそんな気もしないでもないが、割と大き目なウサギではないかと思って食べていた。

肉は普通に美味しいのだが、片側に8枚も乗っていたフライが厳しかった。
何のフライかと解剖してみると、胡瓜! 胡瓜を細長く薄くスライスして、少し甘い衣を付けて揚げてあるのだ。
家庭料理らしく油切れが悪く、残しては申し訳ないと完食したのだが、正直辛いものがあった。

フリットの断面 デザート

コルシカ島では生野菜のサラダが豊富という印象があるのだが、サラダも無いので口直しするには、次のデザートを待つしかなかったのだ。

で、出てきたデザートだが、やっぱりクリーム・ブリュレ風の硬めに固めたクリームプリン。
これ、コルシカではデフォルトなのかなぁ?
栗が入っていない点でも残念だったが、コルシカの民宿というかペンションの雰囲気をお伝えしたということで、おしまい。

部屋は、近隣でもう1軒当たってみたホテルなどよりも広くてきれいではるかに快適だったことを最後に記しておこう。泊まる価値はあるかもしれないが、夕食を食べる価値は無いということだ。

宿のカード 夕食メニュー

【詳細情報】
店名:Chambres & Table d'hôtes La Villa Michel
電話:04 95 48 27 52
住所:lieu dit taola, 20250 Santo Pietro di Venaco
GPS:42.254427,9.16993

 

【コル・ド・ヴェルジォ(Col de Vergio)周辺の風景】
(☞ Google Map、GPS:42.290314,8.878508、wiki(仏語)
この峠は、アジャクシオ[Ajaccio]を県都とする南コルス県[Corse-du-Sud]と、バスティア[Bastia]を県都とするオートコルス県[Haute-Corse](北コルス県とは言わないみたい)の境界線でもあり、南方向には「南コルス県にようこそ」といった境界線を示す看板が建っていた。

また、北コルス側に1Kmほど進むと、場違い的に立派な「Hôtel Le Castel de Vergio」というホテルがあった。
写真を撮っていないのだが、景色も抜群に良く、さぞかし値段が高いだろうと当たってみなかった事を後で非常に悔やんだのだ。お一人様だと、今回泊まったこのペンションとほぼ同額だったのだ。



▲峠の風景


▲主に南側は、こんな感じの風景。路上あちこちに豚が出現したが、これが名産のコルシカ豚?

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
台湾/台南・民族路三段: 鐵路便當 2017/06/12
台湾/台南:裕成水果店⑤ 2017/06/12
台湾/台南: 泰成水果店 2017/06/11
台湾/台南: 清吉水果 2017/06/11
台湾/台南: 奇異果子③ 2017/06/10
台湾/台南: 太陽牌冰品 2017/06/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>