《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie

訪問:2017/11/6 13:00 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
サン・マロ[Saint-Malo]を後にして、ディナン[Dinan]トレスソン城[Château Trécesson]を見てから、フランスの最も美しい村々[Les plus beaux villages de France]に指定されているロシュフォール・アンテール[Rochefort-en-Terre]に到着。



シーズンオフとあって、観光客は村全体で10組程度と閑散としているし、お目当てのミシュラン推奨のホテルレストランは、ホテルごと休業していた。
仕方ないので、もう1軒の掲載店に向かったわけだが、見事に貸切だ。


▲左:ビストロ側  右:レストラン側(ビストロ側から拝める)

店に入るとビストロかガストロ(レストラン)かと聞かれ、顔に?マークを出していたら、メニューによって区別していると。
実際雰囲気もまったく違っていて、レストラン側は明るくキレイにしてあった。
ミシュランのお勧めは、レストラン側だった可能性大だが、客がまったく入っていないことから警戒してビストロ側を選ぶことにした。


割安なランチコースと通常コースの差額が小さいだけでなく、選択肢も多くなることから、Menu Formules(€25.00/前菜+メイン+デザート)を注文。



注文を終えると、水だけでなくおつまみも出てきたが、おつまみは早々に引っ込められてしまった。
間違えて出したのかも?



代わりにパンが出てきたが、なぜか2人で3切れ。



Poêlée de champignons aux herbes

前菜からは、二人ともキノコ料理をチョイス。
ちょっと季節的には遅いかもしれないが、一昨年の秋にキノコ料理をお目当てにフランスを回った際には、まったくと言ってよいほど巡り合えなかったので、フランスのキノコに飢えていたのだ。



御覧の通り、種類豊富で全部キノコっていう炒め物が出てきた。
これで味が良ければ最高なんだが、振りかけられているのは市販の乾燥ハーブミックス。
もう少し手を加えればよいのに・・



Filet de sandre, crème à l'orange
riz et piperade


家内のメインは、魚料理。でも、フランスで魚料理なんか頼むものではないと後悔していたようだ。
ソースは良かったものの、魚がパサパサ。



おまけにライスは、タイ米みたいで食べれないと全部私に回してきた。
タイカレーなら嬉しいものの、なんとパプリカのソテー(バスク料理のピペラードと書かれていた)を乗せて、ピペラードライス? ごはんには合わないよなぁ・・



Désossé de cailles, jus à l'estragon
frites et piperade


私は鶉肉をえらんでみたが、骨を抜いた手羽元が5個並んで出てきた。



良い感じに焼きあがっていたものの、あまりジューシーな感じのしない食感。
まさか、フランスでも(なおかつミシュランお墨付きの店でも)業務用の冷凍加工肉を使っている?

シーズンオフで客が入ってこない状態となると、食材が回転することもないのであり得る話だろう。



別添えのソースだが、安直にバルサミコかビネガー系のソースだと思っていたら、しっかり肉を焼いた後のフライパンに付いた旨味をベースにしたもの。
この焦げ目を含んだソースをたっぷり付けていただくと、塩が足りない気もしたが美味しくなった、



メニュー上では、家内が頼んだ魚料理と共通のピペラードだが、私の方はラタトゥーユ仕立て。
ここにも例の乾燥ハーブミックスが使われていたが、大量の大好物野菜の煮込みがたっぷりで嬉しい付け合わせ。



さらには、ちょっと変わったカットの仕方だったフリットも別皿で出てきた。
なかなかフランスで美味しいフレンチフライには出会えないが、ブルターニュで出てくるものはたいてい美味しい気がする。ジャガイモの品種の違いだと思う。



Mille-feuilles aux mûres

家内のデザートは、お勧めを聞いてスペシャリテだという事から選んだミルフィーユ。
ところが、出てきたのはスペシャリテどころか超手抜きのミルフィーユもどき。

スプレーホイップを山のように盛って、上にパイもどきのパンの皮みたいなのを乗せてある。
これ、ブラッセリーのデザートではよく見るパターンだが、ちょっと無いだろう。



Assiette de trois fromages

私は、フランスチーズをチョイス。
サービス担当(?)のおじさん、英語堪能で山羊のチーズは大丈夫かと聞いてくるのだが、もちろんと答えると、このシェーブルが当地のご自慢のチーズだと言って盛ってきてくれた。(左上のもの)

3種盛りとあったのに、4種類盛られていると思ったら、右下は無塩バター。
チーズといっしょではなく、最初のパンと一緒に出してほしかったなぁ。
でも、チーズ盛り合わせにナッツを付けてくれるのは(フランスでは)珍しい。パンは、最初のと同じ食事用のものが出てきたけど・・



さて、そのご自慢のシェーブルだが、今まで食べたシェーブルとはまったく違う美味しさ。
シェーブルの味ってこんなものだという固定観念があったのに、全然違う。これだからフランスチーズはやめられない。

見た目での一番の違いは、周りを包んでいる黒カビの部分。
なんとか分かるように写真を撮ったのだが、その部分が粘トロ状態になっているのだ。
この部分が美味しいわけではないが、これが今まで食べてきたシェーブルと大きく違うところ。

前に、パリのフロマジュリー・ヒサダのオーナーが、シェーブルは全然違うんだと言われていた通りのことを体験できたわけだが、さあ、これからどうしようか。銘柄とかブランドとか分かっていれば頼みやすいが、あまりにも産地と種類が多すぎて皆目見当が付かない。




以上でお会計だが、ドリンクは水道水だけなので額面通り2人で50ユーロ也。
1人3000円強のランチと考えると、微妙に高い気がしないでもないし、味覚的にも決して満足できる水準ではないのだが、観光客目当ての土地と考えれば悪い選択ではない気がする。
でも、ビストロではなくガストロレストラン側をチョイスするには、ちょっとリスクが高そうだ。


※メニュー:店頭掲示ランチメニュービストロとガストロの違いビストロ側アラカルトドリンク

【店舗詳細情報】
店名:L'Ancolie
電話:02 97 43 33 09
営業:12:00~13:45、19:00~21:30
定休:水曜日
住所:12 Rue Saint-Michel, 56220 Rochefort-en-Terre
GPS:47.699123, -2.335181 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したフランスのレストラン
 

【ディナン [Dinan] の風景】


▲ディナン城 [Château de Dinan](☞ GPS: 48.450315, -2.044460




▲ディナンのクイニーアマンも、サンマロと同じタイプ(☞ Kouign Amann de Saint-Malo
 

【トレスソン城 [Château Trécesson] の風景】
☞ GPS: 47.975243, -2.273127(非公開城のため、撮影ポイントです。駐車スペースは橋の両脇にあります)

▲快晴かつ無風という最高のコンディションで撮影できた。




 

【ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre] の風景】
地図掲示







▲Château de Rochefort-en-Terre(☞ 案内掲示

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles

訪問:2017/11/5 19:00 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
一度ホテルに戻って休んでから、ディナーを食べに再びサン・マロ[Saint-Malo]の城壁内に戻ってきた。昼間と違って、夜はさらに路駐スペースが空いていて楽々駐車可能。



狙いは、ミシュランサイトに予約推奨と書かれていた店。昼間のうちに店頭メニューをチェックしておき、ホテルで予約をお願いしておいた。
開店時間だったので1番乗りだったが、オフシーズンだからか結局客は4組だけで拍子抜けしたけど。

メニューはプリフィックスのLe menu à la carteのみ。
最安値はメイン+デザートで25.80ユーロ、最高値の3皿コースにチーズを付けたものが36.50ユーロとリーズナブルだが、チーズはカマンベールだというので2人とも3皿コース(€31.50)でお願いすることにした。




アミューズは、またまた塩クリーム。
海辺の街だからか中に刻んだ貝が入っていたが、あまり芸のあるアミューズとは言えないなぁ。



Foie gras de canard au Muscat, chutney d'oignons au cassis(+€4.00)

家内は、追加料金のかかるフォアグラをチョイス。
出てきた皿を見て、追加料金を取るのに量が少ないとご不満。



確かに、この量なら追加料金は要らないだろうサイズだが、お味は無難に美味しい。
2人でシェアできる量ではないので、ほんの一口以外は家内が全部食べることになった。



そうそう、布巾にくるまれたパンも出てきていたが、バスケットのパンをスライスしただけだと、ここでも不満タラタラ。



Soupe de moules de Bouchot à l'estragon

私は、モンサンミッシェルに近いことから、やはりムール貝だろうと。
本来なら茹でたムール貝をいただきたいところだが(☞ Restaurant Le Pré Salé)、スープしかないので仕方なく選んだ。ムール貝の貝殻付きのものが入っているかと予想したら、普通のクリームスープみたいなのが出てきたので、さらにがっかり。

しかも、一口飲んだ印象は、それほどムール貝の出汁を感じず、塩気の強いスープという感じ。



ところが、底の方にたっぷりムール貝の身が入っていたのだ。
ムール貝が見えるまでスープだけ飲み進めて撮った写真がこちら。

スープの塩気とミルクの風味が強すぎて、ムール貝そのものの味がぼけてしまっているのは残念だったが、個数ベースでは相当な量のムール貝だ。でも、やはり余計なことはせず、貝殻から取って食べたかったなぁ・・
もう1軒の候補だった大衆食堂的な店には、当地定番のバケツ皿入りムール貝の写真が出ていたんだけど。



Magret de canard, jus acidulé aux oignons rouges

メインからの家内のチョイス、マグレ鴨。
私がよくやるフォアグラ+鴨のダブル鴨料理をチョイスしていた。



魚料理ではないのにリゾットが付くと、連荘でリゾットばかり付いてきたので、ここでも不満を述べていたが、リゾットは私が引き受けることにした。
もちろん鴨本体も味見しているが、イマイチな感じ。デミグラ風のソースが単純すぎた。



Filet de Barbue simplement poêlé, coulis de crustacés(+€5.00)

私は、5ユーロも追加料金を取るのだからと期待して魚料理。
先ほどの4ユーロ追加のフォアグラと同様に、え? という皿がでてきた。
どうしてこれが5ユーロ追加なんだろう?



魚の方は、大型のヒラメ系だと思うが、気持ち火を通し過ぎで少しパサパサ。
魚体の質の問題かもしれないが、それよりも気になったのが、肉料理と付け合わせが同じなのだ。すごい手抜きだ。

ソース自体は、貝の出汁の効いた良い塩梅だったものの、やはり5ユーロ加算には納得できない内容だ。



La gourmandise du moment

家内のデザートは、冒険すると言って選んだおまかせデザート。
出てきたのは、キャラメル味のクリームブリュレだった。
まあ、普通に美味しい。



Croustillant d'amandes et de pommes au caramel de cidre

私は、リンゴの文字に惹かれてこちら。
半分に切った茹でリンゴを皿にして、キャラメルアイスを乗せたものだったが、周りにたっぷりかけてあるキャラメルソースは市販品かな?

酒飲み系の店に比べたら良いものの、差額計算で5ユーロとなるデザートとしては力不足かなぁ。
フランスでは、星付きクラスのレストランでないとデザートには期待しない方が良いのは確かだけど。




家内だけ珈琲を頼んだら、小菓子も出てきたけど、こちらは超手抜きっぽい味で論外。
水代を加えて 79ユーロのお会計だったが、観光地のど真ん中にある店では、どんなに評価が高くても期待しすぎないことが肝要のようだ。


※メニュー:コース・前菜メイン・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Restaurant Gilles
電話:02 99 40 97 25
営業:12:00~13:45、19:00~21:30
定休:水曜日
住所:2 Rue de la Pie Qui Boit, 35400 Saint-Malo
GPS:48.647826, -2.026673 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したフランスのレストラン

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo

訪問:2017/11/5 14:45
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★☆☆☆
3年前の夏、カンカル[Cancale]で生ガキ(☞ こちら)を食べる前に寄るつもりだったサン・マロ[Saint-Malo]だが、大渋滞と駐車場が満杯で断念したものの、あの巨大な城壁に囲まれた街には未練があったあったことから、今回の旅に無理やり組み込んだ。

日曜日とあって、それなりに混むかと予想していたら、城壁内の無料路駐スペース(フランスでは、たいてい週末の路駐は無料になる)もあっさり見つかり、難なく城壁歩きと干潮時に渡れる島(Petit-Bé)の城に行くことができた。



ディナー時にも城壁内に来る予定だったが、朝昼抜きだったので軽く食べたいと中心部を歩いていると、大好物のクイニーアマン専門店を発見。



日本で食べているクイニーアマンとは、見た目がかなり違うものの、その場で焼き上げていたので食べるしかないだろう。
ブルターニュが本場であるとは知っていたが、サンマロからは200Kmも離れた半島の西端近くにあるドゥアルヌネ[Douarnenez]が発祥の地らしい。



それにしても、形状が違うだけでなく5人前サイズだとか10人前サイズなんかもある。さらには、味も4種類ほどあったが、本家とは違うサンマロ流のクイニーアマンということかな?

このサイズ違いは、この店だけでしか見なかったが、味違いのクイニーアマンは、ブルターニュの他の地域のパン屋でも見かけている。(今回の旅では、ホテルで朝食をとる代わりに近くのパン屋で買って食べるケースも多いが、パン屋の紹介はキリがないので省略)



Kouign Amann de Saint-Malo Le Traditionnel(€2.00)
beurre et sucre


4種類の味の中から選んだのは、日本でも食べることができるバター&砂糖のトラディッショナルタイプ。
チョコとか変な味のものよりの、クイニーアマンは断然シンプルな方が美味しいはずだ。



見ての通り、パイ生地のような渦巻き状に焼き上げてある。
薄くスライスしたら「源氏パイ」みたいだが、もちろんパイのようなサクサク感はまったくない。

上の2枚の写真は表と裏を撮っているが、日本では底の部分がバター入りシロップが固まってカリカリになっているのに、こちらは両面ともほぼ同じ感じ。硬さがまったくない。



薄巻き部分を少し平らげた断面写真がこちら。
バターたっぷりのしっとり感はあるものの、カリカリ感がまったくないことが分かるだろう。

これがサンマロ風なのか、本家ドゥアルヌネのものは日本で食べるものと同じなのかは不明だが(半島南側のゲランドのパン屋で売っていたものも含めて、ほぼ全部がサンマロと同じ源氏パイ型だった)、個人的には日本の方が美味しいと思っている。
ただし、店を選ぶ必要があり、大手系チェーンベーカリーのは完全に偽物だ。フォションのものが一番美味しいと思っていたが、半年ぐらい前に久しぶりに買ったら味が安っぽく変わってしまっていた。


▲壁メニュー

まあ、決して不味いものではないし、出来立てを食べられるという点でも十分お勧めできるとは思う。
日本と重量比で同じような値段で観光地価格だなぁと思ったものの、ほかの地域でも概ね同じような価格設定だったので、ことクイニーアマンに関しては、クロワッサンやパイ類のようなお得感は無いみたいだ。


【店舗詳細情報】
店名:Kouign Amann de Saint-Malo
電話:02 90 10 28 08
営業:10:00~19:00
定休:無休
住所:6 Rue Porcon de la Barbinais, 35400 Saint-Malo
GPS:48.649295, -2.025161 (☞ Bing Map


訪問したフランスのレストラン
 

【サン・マロ [Saint-Malo] の風景】

▲南側から旧市街全景。3年前に、この光景に魅せられて再訪する気になった。


▲干潮時に干潟を渡って行けるGrand-Béの城塞跡からみた旧市街全景


▲干潮時はこんな感じで前方の島(左:Petit-Bé、右:Grand-Bé)に歩いて渡れる


▲左:Grand-Béから見たPetit-Béの城  右:こんな道を歩いて向かう(☞ 両島に渡る際の注意掲示


▲Petit-Béの城(夏のシーズンは、右写真の岩場にあるロープで登って内に入ることができるらしい)



▲得意の城壁歩き。一部狭い場所もあるが、おおむね広くて快適(つまらない?)


▲左:北東端にある城が町役場って、凄い町だ。


▲左:メインゲート前広場(町役場の城の横)  右:メインゲート(Porte Saint-Vincent)


▲サン・マロ駅(駅舎正面の裏側はそのまま屋根なしホームになっているので寒い!)



▲ブルターニュのter(普通列車)がカッコイイ!(乗りに来ようかしら・・)


▲Tour Solidor

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>