《 訪問国別レストラン一覧 》   

マカオ.Taipa:アントニオ(EST. DE COMIDAS ANTÓNIO)

訪問:[2010/4/10 12:20]
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
ガイドブックだけでなくマカオ観光局のサイトにもオーナーの顔写真付きで掲載されているこの店を外しては、マカオ料理の水準を計ることは出来ないだろうと思い出かけてみた。

店の外観

この店はミシュラン香港・マカオ版で2つ星を得ているようで、店頭だけでなく店内の壁やメニューにまで自慢げにその証であるプレートやロゴが貼られていた。



どのガイドブックも要予約なんて書いてあったけど、土曜日の昼でも飛び込みで問題なし。最終的に4組9名しか来なかった。その理由は、店に入った段階で半分納得、注文から会計までの間で大いに納得した。
客層は中国人に見えたが、みなさん英語でやりとりしていたので地元客ではなさそうだ。ゆえに、完全に観光客向けの店であろう。

店内の雰囲気

値段の高さは覚悟していたが、ここまでサービススタッフの水準が低いとは予想していなかった。無口・粗雑な皿の出し方だけでなく、すべきサービスがまったく出来ていない。それでサービス料まで取るのだから呆れた。(実は、マカオでは食堂レベルの店でもマカオ料理を頼むとサービス料を取るようだ。完全に観光客をカモにしている証拠だ!)
もちろん、オーナーのアントニオ氏が出てくることは無く、現地人スタッフの対応だ。2名のうち1名は私の英語力よりも劣っている感じ。

ビックマックのセットが25MOP(≒310円)という物価の国で、コーラの価格が33MOPというこの店。コーラを置いてあることはともかくとして、ミシュラン星付店だから価格も超一流。だが、店は狭くてテーブルも小さめ。雰囲気は悪くないが、正統派ポルトガル料理店を名乗るにしては、ポルトガルで供された料理のボリュームにはまったく及ばないし、作法も違う。ポルトガルで食べた経験(☞ こちら)から2品でも多いかと思ったが、もう1皿行っても問題ない量だった。

まずは、パンとオリーブが出てきた。ポルトガル流なら、ここで酒のつまみになるような小鉢やチーズも出てきて、食べたものだけ課金するというアプローチになるのだが、何もなし。しかも、バターナイフがあるのにバターも付いていない。(1皿目の料理が終わった後に出てきたが、サービスの水準の低さが分かる良い事例)

パンとオリーブ


あさりの白ワイン煮(110MOP≒1350円)
大粒のアサリで揃えられている点は高級店らしいが、加熱後の処理が不完全。ほとんどがキレイに口が開いている状態だったが、事後処理を途中で投げ出したのか、完全に口が開いていない生の貝まで混じっていた。全体的に生の状態なので、私には加熱不足と感じた。


▲ポルトガル流に小さな鍋で出てきたが、量はポルトガルと違ってかなり少なめ

ソースは白ワインの酸味にレモンも加わっているようで、ポルトガルらしくコリアンダーの香りが強い。味のまとまりとしてイマイチに感じたのは、加熱不足でアサリのだしが表面に回っていないからだろうか。
相変わらずサービスは劣悪で、貝殻入れが出てこないだけでなく、スープが残っているのに皿を下げようとするではないか。あわてて制止してしまった。もちろんフィンガーボウルなどという発想は根本的に無い店だろう。

制止して飲むことが出来たスープは、出汁不足で旨くはなかった。こういった料理は、先日ブリュッセルで食べたムール貝の白ワイン蒸し(☞ ベルギー.Bruxelles:Chez Leon)のようにスープも楽しめるはずなのだが、どうもスープに拘りは無いようだ。ホントに星付レストラン??


▲写真撮影用に全体の半量程度を盛ってみた


鴨ライス(187MOP≒2300円)
この店の名物料理とガイドブックに載っていたので頼んでみた。価格はガイドブック記載よりも随分と高い。
日本的に見れば1.5人前の大盛りという量。鴨のほぐし身が中にたっぷり隠れている。


▲ガイドブック掲載写真と随分と違うなぁ・・

鴨飯といえば中華でお馴染みだが、味付けが醤油味でないところがポルトガルを原点とするマカオ料理か。
ただ、トッピングのソーセージは中華味、ベーコンが乗っているのも理解に苦しむ。鴨飯なら鴨を乗せてほしいものだ。
味覚的には極めて無難で美味しいが、やや脂が多めで胃にもたれる。日本でもせいぜい1680円、当地なら半額の90MOPで十分といった皿だ。この辺りは、日本人と香港人の味覚の違いなのかもしれない。


▲皿に盛ってくれるわけでもなく、私が盛ったのでこんな感じ


安くて旨い料理を好む私には、料理やデザートを追加する気も起きず、店を後にしたが、料理2品と水(有料)だけで約4千円強。期待が大きかっただけに、残念なランチになってしまった。
都内のミシュラン星付店を回っているような金持ちの方々のみにお勧めし、庶民旅行者はガイドブック掲載のマカオ料理店などで散財せず、安くて旨い(ハズの)飲茶など中華料理店で楽しむことをお勧めしたい。

なお、ホームページのメニューには価格表記が無いので、現地で撮影してきた価格表記のあるメニューの一部を載せておく。ガイドブックに書かれている料金との違いも分かるだろう。
メニューにもミシュランのロゴ! メイン料理(海鮮)のメニュー
▲クリックで大きな画像を見ることが出来ます


【店舗詳細情報】
店名:EST. DE COMIDAS ANTÓNIO
TEL:(853) 2899 9998
住所:Rua dos Negociantes No.3 Taipa

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マカオ:Hac Sa Park Restaurant(黒沙公園餐廊)

訪問:[2010/4/11 12:00]
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
コロアン島方面行きのバスの終点が「Hac Sa(黒沙)」。ビーチ沿いに走る道の行き止まり部分でバスはUターンする。
そこにはガイドブック掲載の「フェルナンド」というマカオ料理店もあるが、客が一人もいなかったうえに店頭に価格表記が無かったことから、ガイドブックを無視して価格表記のあった黒沙公園内にあるこちらの店で懲りずにマカオ料理を試してみたが、まったく料理になっていないような皿で最悪だった。

黒沙公園餐廊の店頭 店内左側の部屋(右側にもある)

価格が安ければ内容もさらに悪く、あるいはガイドブックに載らないような店は危険ということか。実は、店を出た後「フェルナンド」が満席状態になっていた。こちらは私だけ。食べることが目的の旅行ではないので、ちょっと早すぎたことが運命を左右してしまったようだが、ピーク時に人が入っているか否かで判断するのが間違いないだろう。

「SPECIAL SUGGESTION」から選んだ2品は以下の通り。

PRAWN SAUTED PORTUGUESE STYLE(77MOP≒940円)
PRAWN SAUTED PORTUGUESE STYLE

何をもってポルトガル風と言いたいのか分からない皿だった。味付けはずばり甜麺醤。中華としてみても単調ストレートな味で、まったく腕を感じることが出来ない。トマトを綺麗に並べれば良いとでも思っているのだろうか?


FRIED CABBAGE w/CODFISH(55MOP≒670円)
FRIED CABBAGE w/CODFISH

ポルトガル料理といえばタラを外せない。他の店でもこのキャベツ炒めを目にしていたので頼んでみたが、キャベツばかりでタラは少しだけ。量が多ければ良いと言うものでは無いと思うが・・
一般的な塩味ベースの中華料理だが、干しタラの塩分を活用しようとしたにしても不味いし、中華として見ても外れている。屋台料理以下の素人料理だった。


最後に支払いをすると、サービス料10%が足りないと!
こんな公営公園の中にあるようなレベルの店でもサービス料を取るのだ!! 商魂たくましいマカオが大嫌いになった。
実際のところ、マカオ料理はどんな店で食べてもサービス料を取られる観光客向けメニューだと思った方が良さそうだ。決してマカオの人達が日常食べている伝統的な郷土料理ではなく、作られた似非郷土料理と判断した。
日本でのB級グルメブームに便乗した商売ベース作られた郷土料理と同じだろう。グルメ天国なんて煽っているガイドブックがあるが、決してそんな水準ではないと思う。グルメなら香港、いや台北、いや東京だろう。当たり前か。



【店舗詳細情報】
店名:Hac Sa Park Restaurant(黒沙公園餐廊)
TEL:(853)2888-2297
住所:澳門路環沙馬路

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マカオ:Macau Restaurant(澳門茶餐廳)

訪問:[2010/4/9 19:45]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
9年ぶりのマカオ初日は夕方到着だったので、おとなしくほぼすべてのガイドブックに載っている「エスカーダ」に向かった。店頭に日本語メニューが置かれていたので吟味してから入ってみたものの、客は1組だけと閑散としているうえに、従業員のやる気が無いのかチラッとこちらを見ても無視。
当然、こんな態度の店に入る気になれず、仕方なくウロウロして見つけた「佛笑樓」の近くにある別の店に向かったが、こちらはみごと満席で入れず。店頭には中国語の雑誌切り抜きみたいなものがたくさん貼ってある店だが、地元民でいっぱいだった。

これらのレストランよりも安かったルームサービスで食べようかと思いホテルに戻る途中、グランドリスボアの道向かいに「マカオレストラン」とそのものズバリの店名の店を発見。店頭メニューを見ると、30MOP(≒360円)以下の麺類から 400MOP(≒4900円)以上もする鮑料理まで色々。客の入りもそこそこだが、見るからにファミレス風の店だ。
ただ、英語表記もあるうえに、マカオ料理にマークが付いているので、郷土料理を楽しみたいお一人様でも使いやすそうで、ルームサービスよりは楽しめるかと思いこの店で食べることにした。

マカオレストラン店内は広く2階もある
マカオ料理のメニュー

日本のマカオ料理店で事前に950円で食べた「蟹のカレー炒め」は、ガイドブックによるとほとんどが時価表示で概ね300MOP(≒3650円)以上と4倍もする。ファミレス風のこの店の価格でも239.8MOP(≒2950円)と約3倍。美味しいか不味いか分からない料理にこの価格では、とても頼む気になれないし、恐らくタイ料理のプーパッポンカリーと同じようなものだろう。それなら地元大宮のタイ料理店で1300円でいただける。
そんなわけで、マカオ料理定番の2品と、マカオ料理マークのあったジュースを注文。


アフリカンチキン(88MOP≒1070円)
ローストチキンが半羽との表示だったが、かなり小さめなので楽勝。可食部で250g程だと思う。
ソースはココナツミルクが大量に入っているマイルドなインドカレーという感じで、ニンニク・玉ねぎ・豆類のみじん切りがたっぷり。日本で食べたものは780円だったが、量味共にこちらに軍配が上がった。
アフリカンチキン
アフリカンチキンをアップ


小鳩のロースト(Roasted Baby Pegeon:36MOP≒440円)
最初に薄いビニール手袋が出てきたので何かと聞くと、これをはめていただくそうだ。脂まみれになると、この後の写真を撮るのも厳しくなるが、なかなか合理的。次回からアジア旅行には携帯しようかと思った。
思ったよりも小さなサイズだったが、ちゃんと頭も付いている。肉を食べるというよりは、周りのこんがりローストされた皮を食べる料理という感じ。頭を割って脳みそもいただいたが、白くてフワッとした白子みたい。身は引き締まった筋肉のように歯ごたえのあるものだ。
小鳩のロースト


■ジュース:Tangerine Lemon with Honey(16MOP≒200円)
これもマカオのスペシャリティマークが付いていたので頼んでみたが、とにかくたっぷりの蜂蜜が底に沈んでいて甘い。
蜂蜜入ドリンクなど、最近飲んだことも店にあることを見た記憶も無いので、こちらでは蜂蜜の甘さが受けているのだろうか?
Tangerine Lemon with Honey


このレストラン、帰国後に調べたら、香港に何軒かあるチェーン店のようだ。マカオ企業ではなく香港企業らしい。
レストラン名でググってみると、香港ではそれなりに有名なようだ。


【店舗詳細情報】
店名:Macau Restaurant(澳門茶餐廳)
TEL:(853)2871-5728
住所:澳門南灣殷皇子大馬路25-31號 華榕大廈地下B座(←地下とあるが、地上1階の広場に面した場所にある)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>