《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/北海岸・金山老街:楊記土雞莊

訪問:2016/7/1 14:20
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
2日目のテーマは、台北の北にある陽明山を経由して、前回大混雑でくじけてしまった金山老街と、その先の獅頭山公園(☞ 北海岸および観音山国家風景区 獅頭山公園)歩き。
1時間に1本しか出ていない台北から陽明山経由のバスに乗って、山の中腹を経由して金山の街に降りるルートだが、予想外に山の景色を楽しめなかった。途中下車してハイキングルートを歩かないと景色はダメみたい。

金山に到着して老街に向かったが、混雑していないだけで食を楽しむには魅力無しだった。
中央にある鴨肉店だけが大混雑していたが、メニューを見てもおひとり様向けのものが存在せず。さすがに全部大皿料理とあれば、食べてみようという気にもならず。かといって、他におひとり様向けの店がほとんど無いのだから、まったくの想定外だった。

外観店内

結局暑さに参って、冷房完備のこの店にした。
客は2組だけでまったく流行っている感じはしなかったが、店がキレイというのも選択のポイント

メニューを見ると、かなり良いお値段でビックリ。
有名観光地なのか分からないが、周りの店も結構なお値段だったので、観光地価格なんだと思う。
バス通りに出てしまえば、台湾らしい安い食堂があるんだけど・・(☞ 豐味香特色小吃

麻油鮮蚵麺線
麻油鮮蚵麺線(NT$100≒330円)

普通の麺線が65元もするのには驚いたが、ここは当然牡蠣入りを注文。
麻油とあるだけに供された時の胡麻の香りが強烈だったが、それ以上にスープに浮かんでいる油が目についてしまった。

麺は日本の素麺という感じで、いつもの蚵仔麺線らしくないし、牡蠣もわずかで観光地らしいと思っていたら・・

麻油鮮蚵麺線の牡蠣

中に大粒の牡蠣がいっぱい隠れているではないか。
その数10粒、過去最高額の麺線ということや、蚵仔ではなく鮮蚵という表示もあって、味のある牡蠣だ。
しかし、いつもながら台湾では日本と違って具材を表に全部出さない点で、不思議に思ってしまう。

油ぎっとりのスープだが、麺線お決まりの鰹出汁は控えめで、とんこつベースだった。
豚骨ラーメン好きとあって、これは美味しくいただけてしまった。

※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:楊記土雞莊
電話:02-2498-2428
住所:新北市金山區金包里街51號
GPS:25.221356, 121.638990 (☞ Bing Map


台湾のレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/平溪線・十分駅:溜哥燒烤雞翅包飯

訪問:2016/1/24 14:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスN/A雰囲気N/ACP★★★☆☆
2軒連続で★1つの店に当たってしまったので、お次は十分駅を降りたときに大行列が出来ていたのを目撃していたこの店。

雞翅包飯

前にどこかの夜市で食べたことがある、骨付き鶏モモ肉の足先側の部分を切り離して、堅い骨を抜き取った後にご飯を詰めて照り焼き風に焼いた料理だ。
それほど感動は無かったということを覚えていたので、そのままスルーしていた。

駅舎と行列屋台正面

十分駅前の公衆トイレ脇という、あまりよろしくないポジションにある屋台だが、短くなっていたものの行列は健在だったので、並ぶことにした。シンガポールと違って、台湾の行列店で大外れを掴んだことがないので、最低でも普通にいただけるだろうと。

日本語メニュー

屋台の上には、日本語でのメニュー表記もあってびっくり。いくら天燈が有名とはいえ、それほどメジャーとは思えない土地なのに、日本人がたくさん来ている証拠だ。
この立地だと、ツアーバスで来た場合は目にしないはずなので、平溪線で来る方が多いということだろう。

ハム玉子チャーハンは食べた記憶があるので、臭豆腐をゲット。
しかしシュウドウフだと思っていたらチョウドウフって読むのね。どうりでシュウドウフって発音したら通じなかったわけだ。

雞翅包飯 泡菜臭豆腐口味
雞翅包飯 泡菜臭豆腐口味(NT$60≒220円)
キムチチョウドウフ風味


ゴマは余計だが、良い感じで焦げ目も付いていて美味しそう。

雞翅包飯の中身

中身はというと、臭豆腐がメインではなくキムチがメインだったのが残念。
それも安物キムチで、ちっとも美味しくない。恐らく店主はキムチに対する拘りが無いのだろう。

雞翅包飯の中身②

好みの問題もあるとは思うが、台湾でキムチを食べても仕方ないなぁという感想。
鶏肉は美味しいので、ここは無難に炒飯詰めのものを選べば良かった。

【店舗詳細情報】
店名:溜哥燒烤雞翅包飯
電話:02-2495-8200
営業:10:00~18:00
住所:新北市平溪區十分街52號
GPS:25.04867, 121.78674 (☞ Bing Map


台湾のレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/平溪線・十分駅:十分烤Bar

訪問:2016/1/24 13:20
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
平溪駅から列車に乗って、十分駅へ移動。
ここは、線路から願い事を書いた紙製熱気球(天燈)を飛ばすことが出来るアトラクションが有名なところだ。日曜日とあって大賑わいで、日本人グループの姿も何組か見ることが出来た。

一人旅の私には無関係で、駅から15分ほど歩いたところにある十分瀑布が目的地。
こちらは、マイカーで訪れている方が多く、駅からの道を歩く方はごく少数。(まだ少し雨が降っていたからかもしれないけど・・)

十分烤Bar遊歩道沿いにある

十分瀑布を見てから、インフォメーションの裏手にある觀瀑吊橋に向かう遊歩道を歩いていると、規模の大きな屋台村のようなスペースがあった。
村ではなく1軒だけの営業のようだが、炭火焼きに魅力を感じてしまい、ここで食べていくことにした。注文は伝票形式なので楽ちんだ。(☞ 注文伝票

牡蠣の炭火焼き焼く前の玉米筍

牡蠣は当然頼むとして、玉米筍がヤングコーンだと知らない状態で頼んだら、これだった。
失敗したなぁ・・

原味生蠔
原味生蠔(NT$120≒440円)

注文伝票だけ見ていたら生牡蠣が出てくると思ってしまいそうだが、焼き場を見てから注文したので間違いない。
観光地価格を予想していたら、小さいながらも予想より多くて嬉しい皿が出てきた。

原味生蠔の中身

やや半生的な感じだったが、殻をこじ開けた写真がこちら。
やっぱり北の海で育った牡蠣と違って、美味しそうには見えないなぁ・・
実際牡蠣の味が薄く(牡蠣の品種に依存するはず)、レモンの方が勝ってしまった。

過去日本以外のアジアで生牡蠣をいただいたことは無いが、今後も日本以外のアジア圏で生牡蠣を食べることはないだろう。加熱した牡蠣であっても、韓国産(冷凍品を購入してパスタにして食べると味が濃いので結構旨い)までが許容範囲かな。

玉米筍玉米筍の中身
玉米筍(NT$60≒220円)

ヤングコーンは、皮が付いたまま焼くようだ。
でも、蒸し焼き状態になってしまい、これまた美味しくない。というか不味い部類。
たぶん鮮度が著しく落ちたもので、甘さが抜けてしまったのだろう。

川沿いテラス席テラス席

天気が良ければ、川沿いにあるテラス席に陣取りたいところだったが、時々ポツポツ降ってくるような天気だったので、開放されていなかった。そのせいか、客は数名だけと閑散としていたが、立地は良いので味の問題ではないだろう。
テラス席に座っていれば、雰囲気点は★4つになる。(総合点は★2つ)

【店舗詳細情報】
店名:十分烤Bar
場所:觀瀑吊橋~十分瀑布展望台の遊歩道沿い
GPS:25.04867, 121.78674 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ブルガリア/ソフィア [Sofia]: Hadjidraganov's Cellars [Хаджидрагановите изби] 2017/05/27
ドイツ/フランクフルト [Frankfurt am Main]:アフリカクイーン [Africa Queen Restaurant] 2017/05/26
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>