FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/バルセロナ: La Paradeta Paral-lei店

訪問: 2019/4/16 20:00
評価総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
20日間のフランス2地域圏+バルセロナ旅行の最後の晩餐は、トリップアドバイザーから選んだ。
海鮮料理部門上位を各支店網で埋めていた店だ。



サグラダファミリアのすぐ近くや、観光客が行く中心部にも店舗を構えていることから日本人の口コミもたくさんあったが、それらの店は大混雑するだろうとホテルから徒歩20分のこちらの店へ。

念のため開店20分前に着いたものの誰一人と並んでいなくて拍子抜け。付近をブラブラして開店時間に戻ってきたら3組ほど並んでいた。さすが観光客はそれほど来ないであろう立地にある店だ。
実際、20:50に店を出る段階でもガラガラで、テーブルの3割も埋まっていない。立地の問題だけでは無さそうだ。






ちょっと変わったこの店の注文方法から紹介しよう。

市場のように氷の上に並べてある魚介類の重さを量って(ものによっては1単位)、その値段で料金が決まるという仕組み。
アジアのように、調理代を別に徴収するのかと思っていたら、徴収無し。しかも、1つ前の記事の最後でちらっと紹介しているが、価格設定が市場価格の5割増し程度と極めて良心的なのだ。
ただし、品質は劣ると見えたので、実質的には市場価格の倍以上だろう。





旅の最後の晩餐なので、豪華にロブスター(25.00€/1尾)と大好物のマテ貝は2人前(4.90€x2)、それにランチでも食べた量り売りのセピア(22.00€/Kg)を選んだ。

その場で計量して注文者単位のザルに入れるわけだが、その時に調理方法の指定ができるものは聞いてくれるので事前に検討しておこう。(アジアのように色々好き勝手に指定できるわけではない)



魚介類を選んだら、伝票番号を教えてくれるので、そのままカウンター沿いに進み、レジ前でドリンクやパン(0.50€)・ソース(0.80€)・サラダ(4.50€)やスープ(5.00€)などを追加して、お会計。




会計が済むと、レシートと共に必要な皿と特殊カトラリーを乗せたトレーを渡されるので(今回はロブスターを頼んでいるので、カニ挟み等が付いてきた)、レジ横にあるお手拭き(ウエットティッシュ)等を確保しておこう。



▲左:Pan(0.50€)  右:Salsa all I Oli(0.80€)

ソースは、マヨネーズ・ガーリックともう1種類は聞き取れなかったので、ガーリックをチョイス。
単なるアイオリソースで、ガーリックの効きが足りない低品質物のだった。
ドリンクは、いつものダイエットコーク(2.50€)。

かなり豪華に構成したが、お会計は全部で43.99ユーロと、フランスの普通のレストランでのディナー価格+α程度で済んだ。
あとは、出来しだいだな。




出来上がったものから番号が呼ばれるので、会計済みのレシートを持って緑のランプの受取口に行こう。
レシートの出来上がった料理名を消し込み、料理と共に戻してくれる。故に、レシートは全部受け取るまで油まみれにならないように大切に保存しておこう。




最初に出てきたのは、マテ貝とコウイカのアラプランチャ。



Navajas(4.90€x2)

マテ貝は2セット分をお願いしたのだが、値段が安いせいか量が少ない。
それに、見るからに調理が雑なのが分かる。これは、支店によって差が出るかも。



1つだけ味見をして、残りを全部貝から外したのがこちら。
加熱しすぎというわけでもないが、貝の味がイマイチ。鮮度の問題かもしれない。



Sepia Plancha(5.39€/245g)

セピアは一口大にカットしてから炒めてあったが、これはまずまず。
炒め物系は、味付けに問題が無ければ大丈夫だろうけど、ランチにサンタカタリーナ市場のBarestaurant L'Universで食べたものと全然食感が違った。

安いなりにB級品を仕入れるか鮮度の落ちた売れ残り品を仕入れているような気がしたが、Barestaurant L'Universが良すぎたので比較は不公平かもしれない。
ただでさえ高い海鮮料理をこの値段で食べることが出来ると考えれば、十分満足できる内容だろう。



Bogavante(25.00€)

ロブスターは2尾しか出ていなかったが、活きの良いのを取ってくれたものの赤い殻のものはダメだな。



脱皮直後の身の締まっていないタイプ。
可食部が少なくて、とてもロブスターを食べているとは思えなかった。
決して高価なロブスターを頼んではいけないと書いておこう。金をドブに捨てるようなものだ。


最後は日本のフードコートみたいにトレーごと赤のランプの返却口に片して、店を出るだけ。
あー満足、とはならなかったのが残念だが(ロブスターではなく他の物を頼んでいれば満足していたと思う)、最近の旅の最後の晩餐や最後の午餐は外してばかりだから慣れたものだ。(苦笑)


※メニュー:店頭掲示①店内英語版①デザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:La Paradeta Paral-lei店
電話:936 31 42 78
営業:13:00~16:00、20:00~23:30(金土日~24:00)
定休:月曜日
住所:Av del Paraŀlel 46, 08001 Barcelona
GPS:41.374984, 2.172039 (☞ Bing Map


スペインの訪問レストラン地域別ランキング


翌日~翌々日は、バルセロナ空港から香港経由で成田まで帰国。
フランス5か所16泊、スペインはバルセロナだけ3泊、合計19泊22日の旅程も終了だが、今まではレンタカーで回っていたのであちこち行けたが、公共交通機関だけでの滞在型旅行は初めての経験。
結論を急ぐ必要は無いが、大都市以外は動きが取れないので私には合わないかな、といった印象になっている。

今週末から出かけるポーランド旅行も、鉄道だけの移動で各地2泊ずつしながら回る予定だったが、特に北東部の小さな街では鉄道移動が大変なのと暇を持て余しそうな気がしたことから、急遽方針変更して後半はレンタカーを使うことにした。
公共交通機関だけの旅では、ある程度ホテルのランクを上げないと(そういった街には真っ当なホテルが無いものだが)、滞在自体が苦痛になりそうな気がしたのだ。

■今回の旅の費用
往復航空券: 85480円 成田<>香港>パリ//バルセロナ>香港 by キャセイ航空
現地宿泊費:212480円(€1660.00/19泊;うち朝食付5泊,5つ星2泊)
現地交通費: 25587円(€199.90)都市内フリー切符・鉄道(SNCFの早割5回を含む)
飲食雑費等:120247円(€939.43)
旅費合計: 443794円

■2019年累計(☞ 2017~2018年 海外旅行費用総決算
回数総泊数総経費
2019年6回66泊¥940,803


この後は、今回の旅で利用したフランス公共交通機関関連のミニ情報を登録し、その後にポーランド旅行往路のビジネスクラス機内食、続いてポーランド旅行で食べたものを現地から紹介したいと思う。
往路の5つ星航空会社であるエバー航空の長距離路線は初めてなので、楽しみだ。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/バルセロナ: Barestaurant L'Univers@サンタカタリーナ市場

訪問: 2019/4/16 12:30
評価総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
2日続けて安価なピンチョスバルとクラウンプラザの無料のラウンジ食で済ませてしまったので、実質最終日は豪華に海鮮料理で攻めることにした。




最初に向かったのは、前日見に来ていたサンタカタリーナ市場[Mercat de Santa Caterina]。
ここ、Google Mapでは「ブケリア市場[Mercat Boqueria]」と表示されていたが、市場入口の名称標はMercat de Santa Caterinaだったので、Google Mapが間違えている??

この証拠写真を乗せようと写真編集していたら、標識名の下に小さく「Mercat de Boqueterina」とも記載されていたことを発見。誰かが誤った名称情報を登録して、そのまま日本語登録した可能性がありそうだが、数千件の口コミのある市場でこんなことが起こるとなると、Google Mapだけで名称転記するのは危険だ。店名がデタラメなことが多いのは認識しているので、いつも裏付けを取るのが大変なのだ。(時々裏付けを取らずに、あるいは取れずにそのまま載せてしまうことはあるけど・・)



狙いは、最初からこの店。




昨日、カウンターが全部埋まっていたのでショーケースを覗き込んだ際に、この美味しそうな甲イカが目に入ったのだ。イカ墨を取るのに使う烏賊で、私も大宮市場で時々買ってきてはイカ墨パスタを作っていたのだが、こんな美味しそうに調理されているのを見たのは初めて。




席に着くと、品名と価格だけ載ったメニューの他に、冊子状の写真メニューも渡してくれた。
指差し注文するつもりだったが、指定されていた席から離れていたのでこれを見て注文することにした。

大好物のマテ貝もあったが(14.00€)、ショーケースの生の貝が当市場内で売られていた良さそうなものと比べて小型だったことからパス。



Sepia a la plancha(12.00€)
Grilled Cuttlefish


写真ではサラダとポテトが乗っていたが、どちらか一方かと言うのでサラダをチョイス。
10分強待って出てきたのが、この皿。予想以上にデカい甲イカで嬉しい悲鳴!
このサイズを日本(大宮市場)で買うと、1匹千円程度する。



この後も海鮮料理屋をはしごするつもりだったのでサラダを選んだわけだが、これまた予想外に高クオリティ。
バルサミコドレッシングというよりはソースを回しかけてあったが、これも美味しかったし、何よりオレンジもトマトも質が高い。

右下は、甲イカ用のアイオリソース(ニンニクマヨネーズ)だけど、出番は無かった。




本命のコウイカ、もといセピア[Sepia]。



反対側から。
甲イカ系の足は、長いのが2本と短いのが残りという構成が多いのだが、長いのは切ってしまったのか、この種は元々無いのか不明。



ショーケースに入っている状態のものを見たときは、何か詰め物をしてあって山になっているのかと思ったが、ひっくり返してみたら空っぽだった。
それにしても肉厚だ。日本だと紋甲イカ系になるかな?



縦に半分に切って、肉厚なところをお見せしようと思ったが、この向きだと一番薄い部分。
しかし、加熱状態もばっちり、ア・ラ・プランチャというニンニクオイルの味付けも最高に美味しく、当市場でキロ15ユーロ弱で売られていたことを考えると、価格設定も極めて良心的。

カタルーニャ地方で1番の店になったのは当然だ。

 

ちょっと後悔しているのは、この後はしごするつもりで40分ほど離れた郊外の店まで出向いたのだが、前日から10日間休業するとの貼紙があって、お休みだったこと。
こんなことなら、お隣に座っていた方が頼んでいた、海老のグリルを追加注文すればよかった。滅茶苦茶大きいのが5尾乗っていて、メニュー価格で15ユーロだったのだ。

なお、私は市場の内側から入ったが、外に出る扉もあったので外に出たらテラス席もあるし、外からも直接店に入れるようだ。ただ、ランチ時間帯しか営業していない店なので、正午前には着くように行くことをお勧めする。前日は13:30頃出かけたが、満席だったのだ。


※メニュー:料理ドリンク
※Sepiaの市場価格:A店(13.90€/Kg)B店(14.90€/Kg)C店(12.90€/Kg)

【店舗詳細情報】
店名:Barestaurant L'Univers
電話:932 68 45 87
営業:7:00~16:00
定休:日曜日
住所:Parada 176-177, Mercat Santa Caterina, Barcelona
GPS:41.386548, 2.178283 (☞ Bing Map


スペインの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/バルセロナ: Agusto

訪問: 2019/4/15 20:15
評価総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆


昨日の分も含めてピンチョスバルが密集するブライ通り[Carrer de Blai]5軒目。
今度は、一番規模が大きく立派な店でありながら、ピンチョス全品1ユーロと激安価格をウリにしている店を試してみることにした。



他店でも1ユーロピンチョスはあるが、2ランク制で高いピンチョスも存在することから、この店は2ランク制を隠して宣伝しているのかと思いながら入った訳たが、並んでいるピンチョスは他店では高い方を意味するマーク付きの串ばかり。
当初は、やられたと思ったものの、本当に全部一律1ユーロだった。




しかし、並んでいるピンチョスを吟味して選ぼうと思ったものの、美味しそうなものが無い。
一律1ユーロだと、こうも貧弱になってしまうのか。

他店では、これが1.8ユーロ?なんていうのもあれば、なぜこれが1ユーロ?と思うのもあるので、選び甲斐があるというものだが、本当に困ってカウンター左右を何往復もしてしまった。




結局選んだのはこの3つ。
サイズ的にも近隣他店よりも小さいし、サラダ系や揚げ物系ばかりだ。




ミックスベジばかりのサラダだと思って取ったのだが、色があるのは表面だけで中は全部ポテサラ。
美味しければまだ良いのに、美味しくないというおまけ付きだ。

皿の左側に乗っているパプリカの表面を焼いて酢漬けしたものは、缶詰や瓶詰のものをお土産で(食材として)良く買うが、中身はいわゆる卵サラダだった。芸が無いというか・・




コロッケのつもりで取ったものは、ムール貝の殻を器にしたコロッケっていうのかな?



最初ガブっと行って硬いのに気づいた鈍感ぶりだが、器の中にコロッケの中身を敷いて貝殻部分も含めて全体に衣とパン粉を付けて揚げてあったのだ。
中に小さなムール貝のむき身が入っていたけど、決して全体にムール貝の出汁が聞いているわけではない。単なるカレー味のポテトコロッケ風。




まあ、腹を満たすのが目的なら安くて良いとは思うが、美味しいピンチョスを期待したい向きは避けた方が良いだろう。
だんだん水準が落ちてきてしまったので、あと2軒ほど候補はあったが、明日の実質最終日は違う系列の店に行こうと思う。


【店舗詳細情報】
店名:Agusto Tapas Bar
電話:640 21 21 80
営業:8:00~26:00
定休:無休
住所:Carrer de Blai 12, 08004 Barcelona
GPS:41.373295, 2.165735 (☞ Bing Map


スペインの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>