FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎

訪問:2019/1/4 16:50
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★★


2018年の年越し旅行最後の晩餐(?)には早い時間だが、東港漁港(☞ 東港漁港へ60元で行く方法)で締める最後の店は、もう1軒気になっていた蚵仔煎専門店。(☞ 1軒目は旺來蚵仔煎(A26)



市場内の港に面した端に立地しているので、市場の外の通路に店専用のテーブルが置かれていた。
小琉球方面へのフェリー発着港を拝みながら、お目当ての蚵仔煎をいただくことにした。



蚵仔煎(NT$50≒190円)

時間帯が悪いので客がいなかったわけだが、ちゃんと1人前だけを焼いてくれた皿。
分解するまでも無く半端ない牡蠣の量だ。



少し分解。台北で食べる蚵仔煎に入っているような極小サイズは皆無で、全部小から中粒サイズ。
通常は白菜やキャベツといった安い葉物野菜を使うのに、それよりは高価な緑野菜を使っている点でも良い。
それに加えて、赤味の強いタレもかなり美味しい。文句なく過去最高!



少し牡蠣を食べてしまった後だが、最後に牡蠣だけを残して食べた結果。
台北で見る超小粒の牡蠣も含まれていたが、少し食べた後でもこの量は凄い。
これが、わずか50元(≒190円)なのだ。

夏に行けるか微妙だが、リピート確定!
この旅最後の晩餐(!?)を良い店で〆ることが出来た。


※メニュー:注文伝票(マークは別の人が付けたものの残骸)

【店舗詳細情報】
店名:(家)蚵仔煎
住所:屏東縣東港鎮朝隆路 華僑市場A26
GPS:22.468296, 120.444013 (☞ Bing Map


東港漁港へ60元で行く方法
台湾の訪問レストラン地域別ランキング

この後は、翌朝朝7時発のエバー航空で帰国して2018-19年年越台湾旅行の終了。
高雄は快適なホテルでも4000円程度で泊まることができるし(2人で泊まれば1人2000円!)、食費や交通費も安いので、2泊分は無料特典宿泊だったものの9泊10日総額で84000円で済んでしまった。

■今回の旅の費用
往復航空券: 36420円 成田<>高雄 by エバー航空
現地宿泊費: 26730円(23477円+NT$869/9泊;うち朝食付2泊,特典2泊)
現地交通費: 3556円(NT$950)iPassチャージ・早朝空港タクシー
飲食雑費等: 14709円(NT$3929)飲食・10日間用SIM(NT$500/中華電信)
国内交通費: 2826円
旅費合計:  84241円(復路分のみ745マイル獲得/ANA)

個人的メモになるが、高雄の夢時代で開催されていた年越イベント中継テレビをホテルのロビーカフェで見ていた時、「カオション」(高雄の現地読み)と聞こえる曲が気に入ってしまい表示されていた曲名で探した結果、蔡佩軒(Ariel Tsai)という歌手がピアノ弾き語りで歌っているのをYouTubeで発見した。(☞ 漂向北方
実際は「高雄[Gāoxióng]」ではなく「漂向[Piào xiàng]」だったのだが、その時からアリエルの曲で気に入った曲をまとめて聞きまくっている。

この後は、楽しみにしていたベトナム旅行を現地からお届けしたい。
今回は昨年出かけたハロン湾のお隣のハイフォンと、2度目のホイアンがメインとなる。
先月アンコールワットのお膝元であるシェムリアップ[Siem Reap]でダラダラ過ごしたのと同様に、ホイアンでも1週間のんびり過ごす計画だ。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/屏東・東港漁港(華僑市場220,221): 曾鮮生魚片

訪問:2019/1/4 16:10
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆


同じ店で2度寿司を食べてしまったが、少しは別の店も試してみようと物色した結果、2つのスペースに展開していたこの店で食べることにした。




呼び込み担当の店主(?)が日本語を少し話すのだが、やたらと東港漁港名物らしいマグロを勧めてくる。マグロは日本で食べた方が美味しいから要らないと断ったのだが、いろいろとしつこい。(嫌なしつこさではないところが、台湾らしい)



総合盛り合わせmix七貫炙焼(NT$200≒750円)

お願いしたのは、最安値の炙り握りずし盛り合わせ。
なぜかメニューに日本語表記があったものだ。



左側4貫は、マグロ・カツオ・カジキかな?
これは炙りではなく、生の方が良かったかも。



右側3貫は、イクラ乗せのサーモンと飛びっこ乗せの白身魚。
サーモンは日本でも炙りを好んで食べているが、炙りが足りない印象。
1貫当たり100円と考えると日本の100均寿司と比較したくなるが、同レベルという印象だ。
やはり、寿司は日本で食べるものだと確信した。


食べている最中に、大テーブルの反対側で食べていた地元のカップルが注文していた寿司の写真を撮らせてもらった。



店主が勧めていたマグロの炙り。(大トロ6貫NT$300)



これも店主が勧めていた「あまいえび」(NT$200)



車蝦(NT$200)のはず



と、他の客が頼んだものの写真を撮っていたからか、店主がブロガーだろうと悟ったのだろう。
お会計をお願いしたら、ちょっと待てと言って店主お勧めのトロをサービスしてくれた。

申し訳ないけど、マグロは高いけど日本で食べるべきだ。
見た目で判断できると思う。(サービス品は評価対象外)


※メニュー:丼飯・にぎり①②・うに黒鮪魚日本酒

【店舗詳細情報】
店名:曾鮮生魚片
電話:0911-887121
営業:10:00~20:00
定休:無休
住所:屏東縣東港鎮朝隆路113號華僑市場220,221號
GPS:22.468114, 120.443637 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片②

訪問:2019/1/4 16:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
実質最終日なので、前回家内が気に入ってくれた木侖花生糖の杏仁糖等を購入したり、食材を購入したりしてからホテルに戻り、改めて昨年末出かけた東港漁港へ。今回の旅の〆は華僑市場でいただくことにした。

次回の高雄訪問は夏のマンゴーかき氷食べ歩きになることから、夏場の寿司や刺身は食べる気にならないので、1軒目は台湾で初めて寿司を食べた店のリピート。鰻(調理現場を見て穴子と判明)が滅茶苦茶美味しかったので、それだけで構成されたどんぶりがあるのをメニューから見つけていたのだ。




東港漁港はマグロがメインのようだが、何故か水揚げの無いはずのサーモンも大量に売っている。
たぶん世界どこでも見ることが出来るノルウェー産のサーモン。日本でも簡単に手に入るので、なにも台湾でサーモンを食べる必要性は無いだろう。(何か国かで食べているが、どこで食べても日本の流通品と同等だった)



お目当ての星鰻丼をお願いすると、さっそく炙り。
鉄板の上に穴子を置いて炙り、丼に盛った後にも炙っていた。



漁郎味噌湯(NT$50/単品≒180円)

どんぶりものにも味噌汁がデフォルトで付いてしまう。
つまり、余計に50元払うことになるわけだが、渡り蟹が丸ごと1匹入っているとはいえ、味噌汁側に魚や蟹の出汁がほとんど出ていないので、要らないレベル。



漁郎星鰻丼(NT$280≒1050円)

待望のウナギ丼ならぬアナゴ丼の到着。
前回は、製造工程を見ていなかったので日本では味わえない鰻だと思っていたわけだが、今回は製造工程を見てしまったので鰻ではなく穴子であることが判明したしだい。確かに星鰻で翻訳しても穴子と出てきたので間違いないが、ウナギに釣られて再訪したのは確かだけど、旨ければ何でも良い。



邪魔な葱を除けて穴子を拡大。(ゴマも邪魔だけど・・)
日本の穴子1本付けで使われるタイプのものが3本。透き通った感じの色合いが日本のものと全然違うのは、加工方法が違うだからだと思うが、それゆえに日本の穴子とは違ったお味になる。

前回の感動ほどではないが、やっぱり美味しくいただけたものの、3度目は無いな。1050円なら日本で食べる価格と同等なので、台湾らしい安さに対する感動がない。


※メニュー:刺身寿司海鮮丼・セット味噌汁・小菜
※前回の訪問: 2018/12/28 13:10

【店舗詳細情報】
店名:漁郎生魚片
電話:0976-310032
営業:11:30~18:00(休日~19:00)
定休:火曜日
住所:屏東縣東港鎮朝隆路 華僑市場331號(325,326,329,330,333,356と大きく展開)
GPS:22.468272, 120.443441 (☞ Bing Map


東港漁港へ60元で行く方法
台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 樂克戴門(Like Diamond) 2019/07/18
台湾/台南: 孔子廟石獅下鮮果冰城 2019/07/18
台湾/台南・新營: 富源冰果部 2019/07/17
台湾/台南・新營: 美美冰果部 2019/07/17
台湾/台南: 一品塘 ② 2019/07/16
台湾/台南・小北観光夜市(小北商場): 阿松養生果汁.冰品 2019/07/16
台湾/台南: 過客亭葷素蛋包飯專賣店 2019/07/15
台湾/台南: 裕成水果店 ⑥ 2019/07/15
台湾/台南: 奇異果子 ⑤ 2019/07/14
台湾/台南: 陽光迴廊 2019/07/14
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>