FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証

事故発生日:2018/10/18@セルビア

海外レンタカー歴25年以上、47ヵ国でレンタカーを乗り回しているが、今回のセルビア旅行で生まれて初めて自損事故を起こしてしまった。
どうも視力低下が原因なのか、車幅感覚にずれが生じるようになったようだ。



欧州圏で愛用している Europcar で借りたのは、まだ3000Kmしか走っていないほぼ新車のフォルクスワーゲン「ゴルフ 1.6TDI 110DSG」。
上の写真は、借りた直後に撮影したものだが、真っ白なピカピカの新車だ。



事故はレンタカーを返す前日に発生した。
セルビアの道路は、お隣ブルガリアと違って概ね良好で、道幅も広く走りやすいのだが、上の写真の踏切右に見える小さな橋の欄干基礎部分のコンクリートブロックに前輪右側をひっかけてしまい、タイヤとホイールを破損してしまった。



奥の方から手前に進行すると、ゆるやかな左カーブの先に橋があり、その部分が少し狭くなっている。
発生時の状況をよく覚えていないのだが、後続車両の運転手が言うには前方から大型トラックが来ていたので、避けすぎたのだろうと。
この道路、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境を流れる川沿いに走る主要国道ということで、かなりの交通量がある。

幸運だったのは、後続のBMWに乗っていた紳士が非常に親切で(親切すぎて感動するほど)、追い越しざまに大丈夫かと声をかけてきたのでダメだといったら、車を安全な場所に退避するために誘導してくれた上に、警察への連絡やレンタカー会社への連絡も全部やってくれたのだ。
おまけに、警察が来てからの説明までしてくれただけでなく、実況見分を終えた後の予備タイヤ交換まで手伝ってくれた(というか、全部彼がやってくれた)。

1時間強も付き合ってもらい、お礼を渡そうとしたら固辞されてしまって申し訳ないやら。
セルビアが親日だと思う局面はセルビア旅行初日から感じていたが、ここまでしてもらったら何かセルビア人に対して恩返ししなければと思っている。




さて、警察の実況見分と書類作成が終わったところで、書類に署名をして控えをくれるのかと思ったら、そのまま引き上げそうになった。
あわてて、書類の写真を撮らせてほしいと申し出て撮ったのが上の写真。
住所・氏名は国際免許証から転記されているが、意外にあっさりした書類だ。

ここで写真を撮っておいたのは正解で、あとでレンタカー会社の手続きで必要となった。
事故を起こした際には、実況写真を撮るだけでなく、書類のコピーとして写真を撮らせてもらうことを忘れないようにしたい。



タイヤ交換は、警察の手続きが済んでから行おう。
現場状況を残しておかなければならないからだ。



後輪は無事だったが、前輪のタイヤには大穴が開き、ホイールも大きく損傷していた。
幸い車体には傷が無かったが、日本も含めてレンタカーで事故を起こしたのは初めてなので、NOC(Non Operation Charge)を含めて10万円位は取られるだろうと覚悟したわけだ。

レンタカー会社と結託したガイドブックが全部入るべきと勧めているオプション保険類には一切入らないのは、通算100回程度は借りているので、入っていたらそれだけで数百万円になってしまうし、過去40年で同じタイプの自損事故1回だけという日本での自分の車での事故率を考ているからだ。(保険の必要性に関しては、最後に検証している)




ベオグラードまで残り150Km地点での事故。
写真の交換したタイヤは、最大速度80Km(50Mile)と大きく表示されていたので、一般道だけを走って翌日ベオグラードのレンタカー会社に返却。

一通り車体検査(目視)を受けてから、いざ損害賠償金の精算として提示されたのが、以下の書類。


▲当初契約レンタル料に損害賠償金を加えた形で提示(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

タイヤ&ホイール代 €314.00 に加えて事故管理費が €12.00、それに税金20%が加算され、トータル €391.20也。
NOC 加算もなく(タイヤとホイールだけだから当然? でも外車で部品があるとは限らないことから、少しは取られてもおかしくない気がする)、至極真っ当な請求しか来なかった。
やはり、大手レンタカー会社は安心だ。


さて、ここでガイドブックの決まり文句である保険は全部入るという行為が、いかに無駄で無意味な記述であるかを検証したいと思う。
ただし、日本でも事故ばかり起こしている人には通用しないので、普段から無事故無違反で運転している方がターゲットだ。(そうでない方は、保険云々の前に海外でレンタカーを借りるのは無謀だと言える)


▲基本レンタル料に加算されるオプション保険料と免責額(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

上の料金表は、今回借りた車の割引無しの税込レートだが、Europcarでは「Basic」という標準の保険が自動的に付加されている。
車両保険(CDW)と盗難保険(TP)だけが付いているわけだが、免責額の89705円(正確には€700)までは自己負担となるものの、その金額を超えても700€の支払いだけで済むという意味だ。

ここに、Mediumという最大自己負担額が25630円(€200)となる保険を加えると、ほぼ基本レンタル料の倍額となってしまうが、今回の事故では€200までの支払いで済むことになる。
保険料の€136.90と€200.00を加えて、総支払額は€336.90となったわけだが、今回の自損事故のケースでは入っても入らなくてもほぼ同じ金額になってしまう。

では、免責額ゼロ、一切自己負担なしとなる Premium に加入するとなると、保険料は €243.60 と基本レンタル料の1.5倍の保険料。
無保険なら2万円で借りることができるのに、5万円も払って借りることになってしまう。これが、ガイドブックの言う全部保険に入るという意味だ。

Europcarに限らず、Hertzでもほぼ同じなので、普通に日本で運転している方なら疑問に思うだろう。
たった9万円の自己負担をゼロにするために、1週間で3万円強も保険料を払うバカがどこにいるだろうか? 月に1回事故を起こしている勘定になる。

ちなみに、海外レンタカーは、日本のレンタカー保険(自動車保険)と同じと考えてはいけない。
基本的に契約違反(不必要な未舗装道路通行等)や交通違反時に起こした事故は免責(全額自己負担)となるので、結構シビアなのだ。
日本で安全運転できていない方は、海外レンタカーをフル保険をかけても借りるべきではないというのは、この規定があるからだ。

また、英語が全く出来ない人も借りない方が良いだろう。
今回のケースでは、運よく地元の親切な方が全面的に助けてくれたが、会話はすべて英語。
セルビア人は、フランスとかイタリアよりもはるかに英語を話せる方が多いことで助かった面もあるが(概ね2人に1人は話せる雰囲気だった)、通常は現地語しか通用しないので、英語をベースにボディーランゲージ等を駆使しなければならない。最低限、レンタカー会社に英語で連絡できなければ無理だろう。

ただし、恐れることは無い。
高卒レベルの英語力があれば、十分だと思う。
20年近く前に試しに受けてみたTOEICの私のスコアは、500点台前半だったからだ。(Listeningが300点を超えていたので、多少会話力は必要かも?)

海外旅行ミニ情報・まとめ情報 インデックス

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう!

現地調査日:2018/9/25
最終更新日:2018/10/3(新規登録)
公式HPCityHopper | Brisbane City Council



今回の訪問はカンタス航空のビジネスクラス機内食を試すことだけだったので、観光に使えたのは到着日の夕方以降と、その翌日だけ。
何しろ物価が高いので(実は東京と同じで、店や手段を選べばそれほど高くは無かった)、安く効率よく街歩きをする手段として選んだのが、無料リバークルーズ船と無料バスだ。ここでは、他の都市なら良いお値段を取られるはずのリバークルーズ船「CityHopper」を使った街歩きを紹介したいと思う。



▲ブリスベン市内のフェリー航路一覧 (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

上の地図はブリスベン市内のフェリー航路図だが、赤線で示されている「CityHopper」だけが無料対象で、それ以外の「CityCat」と「Cross River Ferry」は有料だ。
特に「CityHopper」と「Cross River Ferry」を同じページに記載している公式パンフレットが分かりづらく、「CityHopper」だけが無料であると読み取れない。
さらには、桟橋で見ていると船も同じ大きさの小型船を使っていた。(同じ船を「CityHopper」に転用しているケースも見かけた)

「CityCat」は高速双胴船仕様で乗り場も異なることから間違えることはないが、Eagle Street Pierから対岸に渡りたい場合、間違えて「Cross River Ferry」に乗ってしまうと、対岸に渡るだけでも4.70ドル(約400円)も取られるので注意したい。



上の時刻表は、North Quay発Sydney Street行きのものだが、時刻表の赤表示になっている便が無料クルーズ船「CityHopper」で、Thornton Street~Eagle Street Pier~Holman Streetだけ高頻度で運行している船は有料の「Cross River Ferry」となるので要注意。

また、9月24日(月曜日)から、ダイヤ改正されているので注意してほしい。
おそらく現在市販されているガイドブックには、30分間隔の運行と書かれていると思うが、6:02の始発から23:26の最終まで36分間隔で運行となっている。(インフォメーションでもらった時刻表が旧バージョンだったのだ。あまり使うことは無いが、インフォメーションって結構いい加減!)

何回か乗っただけの印象だが、運行はほぼダイヤ通りで正確だ。
最新の時刻表は、運航会社であるTransLink社のCityHopperで調べることができる。(PDF版の時刻表のダウンロードも可能)


CityHopperの起点は、ブリスベンのメインストリートであるクィーンストリートの西端、ヴィクトリア橋の南側に位置する North Quay(☞ Google Map


▲左:ヴィクトリア橋  右:North Quayを船上から

桟橋の手前に高速道路が通っているので、歩いて向かう際には微妙に分かり辛い桟橋だが、ヴィクトリア橋の直前ポイントから坂を下りる道を通り、高速道路をくぐるかたちで桟橋に向かおう。



この桟橋、CityCatと共有だが、CityCatは写真のような高速双胴船。
色々なペイントの船があったが、すべてこのタイプの船なので間違いようがない。



▲左:カンガルー・ポイント  右:Eagle Street Pier周辺

リバークルーズ船として乗船したので、とりあえず終点のSydney Streetに向かうことにした。

高速道路の橋を渡ると、ちょっとした崖が続くカンガルー・ポイント[Kangaroo Point Cliffs Park]と呼ばれる公園が右手に見えてくる。
その先左手には、川岸に建つ高層ビル街のあるEagle Street Pier周辺。
中央のビルの2階に川を見ながら安く食事を楽しめるフードコートがあるので、後で寄ることにしよう。(☞ R SUSHI


▲左:カスタムハウス[Customs House]  右:リバー・ウオーク[Riverwalk]

高層ビル街のお隣にあるのは、カスタムハウス[Customs House]。
現在はモダンオーストラリア料理店らしいが、何がオーストラリア料理だって?

立派なストーリー橋[Story Bridge]をくぐると、左手に川の中に作られた遊歩道が見えてきた。
この情報は入手していなかったので、船を降りたら歩きに行ってみよう。



ということで、終点のシドニー・ストリート[Sydney Street]桟橋に到着。(☞ Google Map
先に大きなCityCat(上の写真は標準塗装船)が桟橋を占有していたことから、少し川の上で待機することになった。

全行程45分ほどのリバークルーズだが、これが無料で楽しめてしまうわけだ。
途中6カ所の桟橋に寄りながらのクルーズ。乗客の半分は観光客という感じだったが、観光客向けの2階席もあるので、双胴船のCityCatよりもリバークルーズ感がある。




さて、先ほど船上から発見した川の中にある遊歩道を歩きに出かけた。
なぜシドニーストリート桟橋までつなげなかったのか疑問だが、「CIty via Riverwalk 1.5Km」との標識のある場所まで住宅街を5分ほど歩いて(☞ Google Mapの徒歩ルート)到着。
この地点は陸上になっているが、先の方に川に出る部分が見えるので、そこまで進もう。



川の中の遊歩道に入る直前、なぜか信号機が取り付けられていた。赤信号時は進入禁止だと。
後で調べてみたら、川が氾濫することもあるようだ。



絵になるストーリー橋[Story Bridge]や、



乗ってきたCityHopperを見送りながら、のんびり歩いて30分ほどで先ほど紹介した川を見下ろすフードコートに到着。
R SUSHIで調達したサーモン巻寿司と鶏唐揚げカレーをいただいてから、今度はEagle Street Pier(☞ Google Map)から対岸へ渡ろう。



カンガルーポイントを見るために Thornton Street桟橋で降りても良かったのだが、往路船上から見た感じでは行く価値無しと判断してスルーし、South Bank 3桟橋(☞ Google Map)で下船。



ここから川沿い歩いて最初の乗船地に方向に向かったのだが、結構立派な人工ビーチや熱帯森林をイメージするスポットがあったりと面白い。



ということで、アートセンター前のイベント会場を冷やかし、ヴィクトリア橋を渡って、起点のクィーンストリートに戻っておしまい。

見どころ満載とは言わないけど、タダでリバークルーズを楽しみ、安いフードコートで川を見ながらランチをいただき、オモシロスポットを回るルートの一例の紹介でした。

なお、ブリスベン市内の観光ポイントは、Brisbane City Councilの無料WiFi「Brisbane Free Wi-Fi」が飛んでいる。レストランのFree WiFiはお寒い印象を受けたが、公営の無料WiFiがあるので意外と観光客を見ているなぁと思ったしだい。

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法

現地調査日:2018/9/5
最終更新日:2018/9/15(新規登録)
イギリスのぼったくり空港税(エコノミークラスで約2万円、プレエコ以上で約3万円)を避ける手段として、隣国発の航空券で帰国することが最も簡単な方法だ。
4年前はユーロスターでブリュッセルから帰国、昨年は特典航空券ということでダブリン往復チケットの往路で英国に途中降機扱いにして英国を回ってからアイルランドで2泊して帰国したが、今回はキャセイ航空が香港=ダブリン線を就航するとのニュースに飛びついたというわけだ。


↑ クリックで大きな画像が開きます ↑

問題は、イギリス(スコットランド)からアイルランド側に船で渡るルートだったわけだが、思ったよりも簡単なルートが見つかった。
グラスゴー[Glasgow]とベルファスト[Belfast]の間を28ポンド(≒4100円)で結ぶルートがあったのだ。(わずか1ポンド加算でエディンバラからも利用可能)


▲時刻表(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

グラスゴーからスコットランド側の港までのバス(①~②区間)、スコットランドと北アイルランドを結ぶフェリー(②~③区間)、北アイルランドの港からベルファスト市街地までのバス(③~④)の3路線がセットになったチケットが、簡単にネット予約できる。
ベルファストからアイルランド共和国のダブリン空港までは別手配(8ポンド)となるが(これも別記事で紹介予定)、まずはグラスゴーからイギリス国内の北アイルランドへ渡る部分を紹介しよう。もちろん、逆方向(ベルファストからグラスゴーやエディンバラ行き)も同じ手段で手配できる。

① Grasgow Buchanan Bus Station(GPS:55.865326,-4.251732)


② Cairnryan Stena Line Terminal(GPS:54.984868,-5.035945)


③ Belfast Stena Line Terminal(GPS:54.635849,-5.881318)


④ Belfast Europabus Centre(GPS:54.594596, -5.936100)



まずは、スコットランドの大手バス会社である Scottish Citylink のホームページを開こう。


↑ クリックで大きな画像が開きます ↑

[FROM]欄に[GLASGOW]、[TO]欄に[BELFAST]と入力し、[Ticket Type]は[Single]、[Depart Date]に乗車日を指定し、[Time]は実際に出発したい時間よりも早い時刻を指定しよう。
[Standard]欄に乗車人数を指定し、黄色の[Search..]をクリック。




ここから先は逆ルート(ベルファスト⇒グラスゴー)で試した画面になっているが、こんな感じで2日分表示される。
このページを作成するのに約10日先の日付で入れたら full 表示の便があったので、現地到着後のなるべく早いタイミングで予約しておくことをお勧めする。(前日や当日乗車分を予約すると早割対象外となり4ポンド高くなる)

利用したい日時のバスを[SELECT]欄で指定すれば、表の下に運賃タイプの選択肢が現れるので、[Advance]側を選択しよう。(当日分や翌日分を選択すると[Advance]の表示がなくなる)



運賃タイプを選択したら、[CONTINUE]をクリックして次の画面へ。




内容を確認して、[CHECK OUT]。
[Separate Ticket]欄にチェックが入っていると、2人以上のチケットを指定した際に、E-Ticketが別々に送られてくる。
今回私は2人分を手配したが、チケット番号の違うものが2通同じメルアドに送られてきた。(メルアドを複数指定することや、名義を複数入力することはできない)




続いて配送先指定画面が現れるが、旅行者は[ETicket]以外の選択肢はないだろう。
ETicketなら、配送料も不要だ。
[CONTINUE]をクリックして次の支払い画面へ。




緑枠で囲んだ内容を確認したら、クレジットカード種別、カード番号、カード名義、有効期限のほかに、[BILLING ADDRESS](請求先)として
[Title](男性ならMR、女性ならMSで良い)、氏名・住所・メルアドを入力。
その横の[DELIVERY ADDRESS](配送先)欄は、請求先情報を入力してから [COPY]をクリックで転記される。



最後に、赤枠の [I Accept the Terms and Conditions and Privacy Policy] と [I agree to Scottish Citylink Conditions of Carriage] にチェックを入れて、[CONTINUE]をクリック。

この後、利用したカード会社の認証システム(住友VISAなら「Vpass」、Viewカードなら「View's NET」)でカード会社に登録してある認証用パスワードの画面を経て発券となるわけだが、英国現地で操作すると、この認証手続きがはじかれてしまうことがある。(おそらく日本側のゲートウェイであるNTT DATA側のシステムの問題)
各カード会社の安全策でもあるWEBサービスを利用していると、こんなトラブルに巻き込まれてしまうので、海外旅行中に現地でネット発券する場合は、WEBサービスを利用しないカードを1枚用意しておくのも有用だ。(私は与信枠を落としてある年会費無料のMASTER CARDで回避した)




Emailで送られてくるE-Ticketを印刷するか、タブレットで表示して(特に大文字で表記されているBooking Refがハッキリ見えるように)、バス乗車時は運転手に、フェリーに乗り継ぐ際にはチケットカウンターで見せればOK。



特に、フェリーに乗るときは、港のチケットカウンターで上のような乗船券を発行してもらう必要があるので、忘れないように気をつけたい。
乗船開始案内があると、待合室にいた客が一斉に動き出す。この時、ツアー等の団体客は利用するバスがフェリーにバスごと乗り込むのでバスに向かうが、一般客はフェリーに直接乗船することになるので団体客に釣られて外に出ないように注意したい。



▲ルート実績ログ(船内からはGPS取得不可能だった)

おまけだが、北アイルランドはイギリス国内扱いだからかパスポートチェックは無しだった。

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:インドネシア
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Cerveceria Arambarri 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
セルビア/シャバツ [Šabac]: Gradska kafana 2018/10/27
セルビア/チャチャク [Čačak]: Castello Restoran 2018/10/27
セルビア/メジュゴリエ [Međuvršje]: Restoran Santa Maria 2018/10/26
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>