FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

キャセイパシフィック航空の「運賃保留」制度に注意しよう!

予約日:2019/9/30  発券操作日:2019/10/1

10月から燃油サーチャージが下がることから、その前日にキャセイパシフィック航空の公式サイトから来年7月のイタリア旅行の予約を入れ、先ほど支払いを済ませて発券しようとした。
ところが、表示された支払額の燃油サーチャージ額はそのまま。


▲お支払額内訳のサーチャージは2人で52000円(↑クリックで大きな画像が開きます)

昔から他の航空会社でも使っていたテクニックだが、念のためカスタマーサービスに電話で確認したところ、運賃ではなく支払額の保留だという。


航空会社により扱いが異なる可能性もあると思い、予約前にキャセイパシフィック航空の「運賃の保留」の説明に

https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/manage-booking/travel-extras/hold-your-fare.html

▲(↑クリックで大きな画像が開きます)

「運賃」を72時間保留すると書いてあることだけでなく、下段にある「運賃の保留-ご利用条件」にも

https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/manage-booking/travel-extras/hold-your-fare/terms-and-conditions.html

▲(↑クリックで大きな画像が開きます)

「運賃の保留」を選択した場合、保留期間中の運賃額は固定されますが、諸税、諸費用、航空会社が定めるサーチャージは変動するとしっかり書かれていることを確認していた。

サーチャージだけでなく、空港税等(例えば今年1月7日から適用開始となった日本の国際観光旅客税や、現地空港税の改定など)の変更も発券日ベースで徴収するのは国際共通ルールだ。


念のため燃油サーチャージが発券日ベースであることも、「燃油サーチャージについてのご案内」を見て確認している。

https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/travel-preparation/travel-advisories/fuel-surcharge-updates.html

(↑クリックで大きな画像が開きます)

9月30日発券分までのサーチャージは2人分で52000円、


(↑クリックで大きな画像が開きます)

10月1日発券分からのサーチャージは2人分で37200円((2000+7300)x2x2)であると明記されているので、目論んでいた支払額は
194940-52000+37200=180140円差額:14800円)になると考えていたわけだ。(現地空港税の為替変動分の微差は発生する可能性がある)

仮に、キャセイパシフィック航空側の言い分を認めるなら、過去の燃油サーチャージが上がるタイミングでの扱いも、発券日でなく予約日ベースでの燃油サーチャージが適用されていたはずだ。でも、たぶん違うだろう。(該当者は相当数いるはずなので、誰かいればこの記事にリンクを張って声を上げてほしい!)

今回のケースでは、カスタマーサービス側が1500円の保留料を無料にするので、もう一度予約しなおしてほしいとのことだったが、支払い前に確認した際には総支払額が予定していた金額よりも高かったことから、かなり怒りまくってしまった。
ところが、勢いで速攻で書いたこの原稿をアップする準備ができたところで、念のため同じ便を検索すると、当初想定していた金額で出てきたのだ。為替変動分と思われる140円ほど高くなってしまったものの、キャンセル処理した2人分の安い運賃枠が復活したのだろう。


ということで、やや不便ながらも2500円安いうえに、キャンセルチャージがキャセイパシフィック航空の6掛けと安いキャセイと同じ5つ星航空会社であるエバー航空便で確保することにしたという文言や、キャセイパシフィック航空と同程度に安い5つ星航空会社であるカタール航空云々という文言を削除し(実質削除していないけど・・笑)、今後は気を付けてキャセイパシフィック航空の予約を入れたいと思う。
みなさんも、燃油サーチャージや空港税等が変更される直前に予約して、変更後に発券する場合は気を付けていただきたい。

なお、カスタマーサービスに連絡を入れてキャンセル処理してもらって再予約した場合、私のように同じ運賃額で予約できるとは限らないので、そこは一種の博打になる。キャセイパシフィック航空側がANAやJALと同じように本則通り支払い時に再計算するようにシステムを変更するのが筋だと思うが、その際、ANAやJALのように予約保留期間を考慮して1週間前ぐらいから運賃部分だけを値上げをする真似は、勘弁していただきたいものだ。


最後におまけだが、キャセイパシフィック航空の72時間の「運賃の保留」制度は1500円。
ANAの72時間予約保留制度「Keep My Fare」の料金1000円と違ってデポジット扱いで、支払いを済ませると実質相殺される。(事務処理的には、最初に支払った1500円はクレジットカード会社の決済保留枠扱いで、その分がキャンセル処理されるそうだ)
また、ANAは1人当たり1000円徴収されるが、キャセイパシフィック航空の場合は1予約毎の料金だったことに、良心的だなぁと思った次第。

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

スラバヤ空港から市内への移動方法(バス・タクシー)と両替・鉄道予約情報等

現地調査日: 2019/8/22~24
ほとんど情報の無いインドネシアのスラバヤ空港から市内のホテルまでのアクセス情報、両替情報や市内で気づいたことをメモにて。

スラバヤ空港のゲートに飛行機が到着してからイミグレーションで入国審査を受け、12分後には制限エリアを出ることが出来た。
制限エリアのドアの正面には、両替所が数軒。2軒しか営業していなかったが、片方はレート表示なし。念のためレートを聞いたが、レート表示できない理由はレートが悪いからだった。タクシー代を確保するため、スイス旅行で余っていた20フランを両替。両替手数料(コミッション)は無料だ。(☞ 空港内両替所のレート表示




先に進むと、クーポンタクシーのカウンター。いきなり注目を浴びて一斉に声がかかる。
預け荷物無しなので1番先に出ることが出来たのと、この場所までは準制限区域で到着客以外は入れないことから、上のような写真が撮れた。


▲プラバヤバスターミナルまでの路線バスカウンター

SEO対策で検索上位に出てくるアフィリエイト目的のサイトは、半分ぐらいが「タクシー一択」などと書いてあったが、大嘘だ。(たぶん同一人物か、同じグループが運営しているのだろう。書いている内容がほぼ同じなのだ)
空港建物出口手前に、プラバヤバスターミナル[Terminal Bus Purabaya]まで行く国営路線バス(DAMRI社)のカウンターがある。料金Rp.25000(≒190円)とのことで結構高めな印象だが、私のような身軽な個人旅行者や、スラバヤ以外の街に向かう場合は、このDAMRI社のバス利用「一択」だろう。(笑)

もちろん市内に向かう場合でも使えるが、今回は夜到着ということもあるので、素直にクーポンタクシーを使うことにした。



▲左:選んだ会社のカウンター  右:奥がATMセンターで、手前右側にタクシー会社別乗り場がある

選んだのは「KOKA」という髪の毛をヒジャブで隠していない若いお姉さんがいたカウンター。ヒジャブ着用女性の印象が悪いので(インドネシアでは、彼女たちに両替金や釣銭を誤魔化された経験が3度もある)、宗教絡みの人はやめた方が良いと判断している。現代の無宗教(?)の若者の方が、良識があるというものだ。

ホテルの名前(Holiday Inn Express)を告げると、Rp.150000(≒1150円)と、地球の歩き方掲載の金額とほぼ同額の提示だったのでOK。クーポンを受け取り、カウンターの裏手にある(ATM Centerの方だと案内された)クーポンタクシー乗り場に掲示されている会社名から、自分が購入したクーポンの会社名を探し出そう。



係員にクーポンのコピーを見せれば、乗るべき車輌に案内してくれる。
クーポンコピーは運転手へ、原本はレシートを兼ねるので自分で保管しよう。
高速道路は使わず、一般道を通って約20Km、40分でホテルに到着。(☞ ルート実績



上のログ詳細は、飛行機がゲートに到着する直前から記録し始めたものだが、飛行機を降りてからわずか55分でホテルに到着することが出来た。預け荷物無し、入国もスムース、渋滞も無いという好条件が重なった結果だ。


さて、空港で両替するのは一般的にレートが悪いので(往復7%だったので、そう悪くないと思う)、街の両替屋で両替することにした。こういう時は、多少レートが悪くても安全な大型モール内にある両替商を利用することにしている。


▲左:階段を下りて左端側を奥に進む  右:立派な両替商だ

ホテルから駅に向かう途中にあった「Tunjungan Plaza 1」という立派な大型モール。モール入口(GPS:-7.263516, 112.740806)から入って半地下になっているフロアに降り、左前方に進むと2軒の両替商があるのを発見。
一方の小さな店はレート表示が無かったので無視して、大きく立派な「Dua Sisi」という両替商で1万円を両替。(☞ Google Map)この店は、往復3%だったので、やはり空港よりはレートが良かった。(☞ 両替レート掲示
ただ、当地の物価が安すぎて、1週間滞在して飲食費と入場料は全部現金払いにしたのに、使いきれなかったのが誤算。まあ、インドネシアは別の地域にも行きたいので、その時に使えばいいか。

*****

スラバヤからソロまでの列車を前日に駅まで出向いて予約した。
記入欄の多い申込書を窓口に出して購入するわけだが、非常に面倒で待ち時間も多い。

現地の方はアプリ(KAI Access)で予約するのが割引もあって主流みたいだが、ウェブサイト(PT Kereta Api Indonesia)も含めてインドネシア語だけなので敷居が高すぎるし、噂ではインドネシアで発行されたカードしか決済できないらしい。
ただし、ウェブサイトで駅名と日付を入力すれば、時刻表と予約状況を確認できる。


▲前日に予約したチケットではなく、予約票兼領収書

わざわざ前日に駅に出向いて予約したのは、インドネシアの鉄道の切符は乗車直前の入手が難しいらしいからだ。
事実、翌日のソロに行ける列車は朝と夕方の便は満席で、この便も一番高い1等車(Eksekutif)しか空いていなかったし、ソロからジョグジャカルタのローカル列車は直前2便は売り切れ(これが不思議な制度で、座席指定のない鈍行列車で売り切れだという)で、2時間半後の切符しか売ってくれなかった。
このローカル鈍行、運賃は激安だが切符は列車指定で出発の3時間前しか発売しないそうだ。




翌日駅に着いたら、Check-in Counterにあるパソコンで、予約票のQRコードを使ってわざわざ乗車券を発券しなければならない。飛行機に乗る手順と同じわけだ。



発券された乗車券ではなく搭乗券「Boarding Pass」には、氏名がしっかり記載されている。



乗る列車の案内表示が「ID CHECK」となれば、パスポートを示して改札を通れることになる。
何番線から発車するかは直前にならないと表示されないみたいだが、駅の案内放送もあるようなので、人の動きを注意して観察しておこう。私の場合は、改札を通る段階で5番線から発車すると教えてくれた。


駅まではタクシーを利用してしまったが、かの東南アジアで安全安心で有名なブルーバード[Blue Bird]タクシーに乗ったのに、ぼってきたのには驚きだ。ベトナムとインドネシアで何度も乗っていたので、こんな運転手もいるのかと。

Surabaya Gubeng駅は、立派な表口(東側)と裏口(西側)があり、前日予約した際には裏口を利用したが、このタクシー運転手、裏口の前を通っていながら、わざわざ表口まで遠回りして向かったのだ。

さらには、駅構内に入るための駐車票を見せて、Rp.10000ふっかけてきたのでひと悶着。現場にいた他のタクシー運転手に駐車料金はいくらかと聞くとRp.6000だというので(それも怪しい気がする)その金額を払ったが、駐車料金を上乗せするためにわざわざ遠回りしたのだ。



いつも、何かあった時のために運転者表示と車のナンバーを撮っておくのだが、証拠写真として載せてしまおう。安心なブルーバードタクシーのイメージ悪化を防ぐためにも、こういう悪質運転手は淘汰されることを願う。


最後に、地球の歩き方のスラバヤの交通案内で「市バスが発達している」と記載されていたことについて。
モールやホテル、駅周辺を20Kmほど歩き回ったが、バスどころかバス停もほぼ無い。1度だけ新型の路線バスが走っているのを見ているが、特定の路線だけしか運転していないはずなので「発達している」なんて書けるわけがない。路線バスは使えると思わない方が良いだろう。
絶対に書いた奴は現地取材していないはずだ。現地にちらっと行っただけでは、有償ガイドブック用の「取材」とは言えない。

Google Mapに記されているバス停など、無いに等しい。こんな状況でスリなんかいるわけないだろう。日本のバスでもスリはいるので、日本基準で書くならスリの話題に触れること自体がおかしいというか、インドネシア人に対して失礼だ。まあ、ガイドブックの定型文なわけだけど(ついでに一部のお役所大使館情報でも定型文になっている)、本当に呆れるというか馬鹿じゃないか?

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スイストラベルパスはスイス到着時に空港駅で買おう!

購入日時: 2019/7/24 7:25
購入場所: チューリッヒ空港駅のスイス国鉄(SBB)窓口(Railway Travel Center)
公式サイト(Swiss Travel Pass – the All-in-one-Ticket for Switzerland | SBB)

家内と共にスイスにやってきた。
いつもはレンタカーで周辺国から入っているが、今回は鉄道旅をチョイス。
スイスの交通費は日本の概ね2倍という水準であることから、山岳鉄道を除いてスイス国内のほぼ全部をカバーしているスイストラベルパスを使い倒そうという旅程で約3週間滞在することにしている。


▲2019年用スイストラベルパス適用区間地図(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)
※公式サイトの Downloads-Map of varidity からPDFで取得可能
※適用区間は毎年見直しが入るので、必ず最新情報を公式ページで確認すること
※緑の蛍光ペンマークしてある地名は、今回の旅での訪問候補(実際に行くかは現地で判断)

ガイドブックを含む巷の情報のほとんどは、事前に日本からスイストラベルパスを調達するように煽っているが、そんなことをしたら、都合で行けなくなったり航空機が欠航となり振替できなかった場合など、キャンセルや変更手続きが面倒なだけでなく、余計な手数料を払わされることにもなるのは明らかだ。まったく、金を取っているガイドブックのくせに、旅行者に不利となる広告主に誘導する記載ばかりで腹が立って仕方ない。(今回は家内といっしょなので、各種ガイドブックの最新版を図書館で借りて参照した)


▲チューリッヒ空港地下にあるスイス国鉄窓口(正面中央)は、大きな旅行センター仕様

スイストラベルパス[Swiss Travel Pass]や半額カード[Swiss Half Fare Card]等の外国人旅行者専用パスは、すべて現地の駅の窓口(日本の駅にある「緑の窓口」や「旅行センター」に該当する主要駅にある窓口)でパスポートを提示することで購入することが出来る。

もちろん、定価販売で余計な手数料は不要だが、スイスでVISAカードを使うとほとんどのケースで3%程度割高になる円決済を選ぶかどうかの画面が表示されるので、間違っても日本円を選ばないようにしよう。通常はデフォルトが日本円[JPY]になっているので、スイスフラン[CHF]を選択するのを忘れないように。もちろん欧州ではICチップ付きカードとpin(暗証番号)が必須となる。(米国しか行ったことの無い方は要注意)

料金は年ごとに変更されるので公式ページで最新情報を確認していただきたいが、2019年の2等車用[2nd class]は以下の通り。1等車用[1st class]は概ね6割増しになるので、通常なら2等車用で十分だろう。
ちなみに、ICやIRなどの特急・急行列車だと席の仕様が大きく違うので1等車の価値はあるが、船は2階席か1階席の差、普通列車では区画が分かれているだけで差が無いに等しい。

3日用: 232フラン/連続、267フラン/Flex
4日用: 281フラン/連続、323フラン/Flex
8日用: 418フラン/連続、467フラン/Flex
15日用: 513フラン/連続、563フラン/Flex
※Flex(正式名称:Swiss Travel Pass Flex)は、有効期間1か月の中から任意の日を選べるが、都度手続きが必要であるほか(日付記入忘れは不正乗車扱いになるので注意!)、博物館入場や半額カード特典などを利用する場合でも日数を消費することになるので、通常の旅程であれば現実的ではないと思う。

スイストラベルパス適用外となる山岳地帯の訪問が多い場合は、スイストラベルパスではなく半額カードを購入した方が良いだろう。もちろん、単純に目的地に向かうだけであれば普通に切符を買うという選択肢もある。半額パスで元を取るには240フラン以上乗らなければならないので、素直に都度切符を買うというアプローチも有効だ。



▲専用パスケースの写真が、スイストラベルパス適用外のティトリスとは・・(苦笑)

駅の窓口で購入すると、事前にWebサイトから入手しておいた地図と共に専用ケースに入れてくれた。ただ、スイスミュージアムパス(☞ SCHWEIZER MUSEUMSPASS)を兼ねているのに、その適用リストはリクエストしないと貰えないようだ。(A4判の両面に改行無しで印刷したものをくれた)

地図は半額カードの適用区間表示と共通で、詳しい見方は地図の両端上部に英語で書かれている。
ごく一部のグレー表記区間は適用対象外、実線表記区間は電車・登山鉄道・ケーブルカー・ロープウェイ・船・バスのすべて無料。二重丸になっている都市は、トラム等の都市交通も無料。スイス国鉄の鉄道路線で長い破線部分は長大トンネル区間。もちろん無料区間だ。
点線区間は、基本的に5割引(半額カードと同じ扱い)になるが、グリンデルワルドの山岳鉄道等丸数字のある路線は25%になる。(グリンデルワルド地域は、半額カードは50%引適用なので、半額カードの方がお得)
備考欄に記載の通り、スイストラベルパス・スイス半額パス共に一部観光列車は別途サーチャージが必要。金額については、(多少古い情報だと思うが)ガイドブックに記載されているので、そちらを参考にすればよいだろう。
なお、日本で言うロープウェイやゴンドラリフトは、西欧ではケーブルカーと言うので注意。



▲スイストラベルパスには、氏名と国籍、パスポート番号が印字される

券面には、氏名と国籍・パスポート番号が記載されるので、他人が使えないようになっている。
スイスに到着してから6日経過した現時点では、改札や検札時にパスポート提示を求められたことはないが、国籍表示から日本人だろうと判断しているのかもしれない。
また、周辺国のチケットと違ってバーコードが無いので、検札や改札時に目視チェックされるだけだったのは意外。

車内放送や駅の表示はほぼ全部ドイツ語だけ。ICやIRの主要駅のみ英語放送もあったが、英語と類似点の少ない言語なので厄介だ。しかも駅名は到着直前に1度だけしか発音しないので、不親切。
車内WiFiや駅のWiFiも少なく、あってもSMS認証が必要などと、最近鉄道旅行をしたフランス・スペインなどの西欧諸国どころか、東欧のポーランドやラトビアなんかよりも旅行者フレンドリーでないことに気づいた。
つまり、スイスは旅行者にとっては予想外に後進国で、べらぼうな金だけむさぼり取っているという印象になってしまった。(IT面でも遅れていると思う)



▲駅の発車案内掲示

各駅には、主に駅入口付近やホーム連絡地下道等に全方面行きの発車案内掲示がある。
日本と違って発車時刻順に並んで表示されているので、列車種別番号(上の例ではEC,ICE,IC8,IR15,S5,RE等)と行き先を確認して、表示されているホームに向かおう。



▲駅のホームでの案内掲示例

駅のホームに設置されている発車案内掲示は、列車種別(優等列車は路線番号を含む)を表す記号(上の例では[IR13])と行先、次の停車駅や主な停車駅が表示されている。
また、車輌の停車位置をABCDで車輌種別と共に表示してあるので、2等車用の切符であれば[2]の表示のある区域で列車が来るのを待とう。



ホームには、数字の番線番号とアルファベットの位置文字を合わせて A3,B3 または 3A,3B という具合に位置掲示がある。

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>