《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ブルネイ(Brunei Darussalam)

東南アジアで英語が通じる国で未訪問だった最後の国だ。人口わずか40万人、愛知県より少し大きいぐらいの小さな国だが、石油や天然ガス等の輸出の3割が日本向けという意外にも日本とつながりの深い国だ。ただ、現地では日本人をほとんど見かけないほど観光には縁のない国のようだ。
正式な和名は「ブルネイ・ダルサラーム国」だが「ブルネイ」または「ブルネイ王国」という呼び方が一般的。
このページでは、レンタカーで回った4つの主な街に分けて、食べたものと街の概要を紹介しようと思う。

今回の旅では、離陸前にコーラン(イスラーム教の聖典)が機内で放送されるというロイヤルブルネイ航空にも乗ってみたかったので、シンガポールまでANAで往復し、シンガポールからブルネイをロイヤルブルネイ航空の英語サイトで手配した。(日本語サイトでの案内は高い!)
そのコーラン、天井からモニターが出てきてモスクの写真と共に流される。画面には小さな文字で英語訳も出ていたので、運行の安全祈願であることが分かったしだい。
離陸直後はイスラム教の聖地メッカの方向と距離を示す映像が、通常のビデオ放送が始まるまで放送される。
  
▲ロイヤルブルネイ航空機、機内食、名物(?)メッカの方向と距離の表示

シンガポールからロイヤルブルネイ航空に乗り換えて、首都のBandar Seri Begawanへ。昼過ぎに到着したが、帰国便が夜なので、すぐにレンタカーを借りてしまうと6時間で1日分取られてしまうことから、ひとまず路線バスで市内へ。
このバスに乗るまでが曲者で1時間以上も空港での滞在を強いられてしまったのだが・・(詳細は別記)

国民のほとんどが車を持っているそうで、完全に車社会。その影響かタクシーの台数が非常に少なく、バスも首都周辺以外ではほとんど使えない。短期間で国内のあちこちを回ろうと思ったら、レンタカーかタクシーをチャーターする以外に手は無いのだ。(国境を跨ぐ場合はツアー利用しか手がないが、観光客が極端に少なく人数が集まりにくいため、現地ツアーはキャンセルリスクが高いそうだ)
また、ブルネイは物価が高いと色々な旅行記に書かれているが、あくまで同じボルネオ島のマレーシア領と比べての話だろう。欧州に比べたら半額以下だし、日本と比べてもかなり安い。確かにタクシー代は極端に高いと思うが、それでも日本の半分程度だ。(十分高いって?)


■バンダル・スリ・ブガワン(Bandar Seri Begawan/首都)

大きな地図で見る

  
▲街の中心部、オールドモスク、王宮

  
▲オールドモスクの横も水上生活街、道路は水の上、市場の風景

写真に写っている程度だが首都らしく高層建物が多い。川の両岸に広がる水の上に建てられている住宅が多いのが特徴で、特に船で渡った対岸には、世界最大人口を誇る水上集落がある。
東南アジア名物の屋台街は、シェラトンの隣にある「Terrace Hotel」の正面公園内の1箇所でしか見ることが出来なかった。
この街よりも、中心部と空港の間にある Gadong という街の方が、商業都市として開けている感じがした。大きなモールの周辺には商店街が開け、周囲には一般住宅が密集し、道路に車が溢れかえっているのだ。駐車場に入るのも一苦労した。
どちらの情報もガイドブックに掲載されているので、これくらいで。

食べた店の情報は、別のページで詳細レポートしてある。
  
Yayasan Complex Food Court
評価点:総合★★★☆N/AサービスN/A雰囲気★★★☆CP★★★☆



■クアラ・ブライト(Kuala Belait)

大きな地図で見る

バンダル・スリ・ブガワンから約100Km離れた海沿いにあるブルネイ第二の都市だ。
川幅200m程の向こうがマレーシアだと思っていたら、Google Mapでは違う位置に国境線が描かれているし、国境の検問所はマレーシア側に入った別の川にかかっている橋にあるようだ。

見所はというと・・無い。海と川に面していて、一部公園化が図られているものの、小さな平凡な田舎の都市という感じ。
都市と書いたのは、それなりにビルがあるし、銀行もいくつかあるからだ。ホテルも海沿いや川沿いに数軒あるので、案外安く泊まれる可能性がある。

  
▲ダウンタウン、川沿いの公園、ビーチ公園


見所ではないが、オイルマネーで儲けたのか、通り沿いに立派な家が何軒もあったので写真を撮ってきた。この道路沿い、東南アジア特有のボロ家は一切無い。人口わずか40万人の資源国における庶民への資産配分は、しっかり行き渡っているなと感じさせられる。

  
▲特に立派な新しい住宅と街のモスク


ブルネイ全体にいえることだが、屋台やレストランの数が非常に少なく、旅行者は食べるところを探すのに苦労してしまう。裕福な国という印象なのに、レストラン格の店は皆無に等しく、小綺麗なカフェが多少ある程度。食べるとなれば、食堂系かカフェの洋食しかないという印象だ。

いくら小綺麗でも東南アジアでパスタやハンバーガーを食べる気にはなれないので、川沿いの公園にあった屋外フードコートという感じの店のなかからインド料理の屋台を選んで「Roti John(B$2.50≒170円)」を注文。




結果的にインド料理ではなかった。ロングパンを開いて表裏共にマーガリンたっぷりのフライパンで軽く焼き、そこに炒めた挽肉と溶き玉子2個を合わせたものをマーガリンたっぷりのフライパンに広げて半熟程度に加熱。開いたパンを上に被せてひっくり返して皿に盛り、少しの千切り生野菜の上にチリソースとマヨネーズをたっぷりかけて出来上がり。超が付くほど脂たっぷりで高カロリーだ。こちらの人達は、こんなものを食べているのか? その割には太りすぎの人はそれほど見かけないから不思議だ。



■セリア(Seria)

大きな地図で見る

ブルネイの西端の Kuala Belait から15Km程のこの町は、油田の町と呼ばれている。
ここにツアーでも連れて行ってくれる「OIL & GAS DISCOVERY CENTRE(OGDC)」という施設があるとのことで寄ってみた。といっても、当時は Google Map がブルネイ対象外に等しい状態だったうえに、現地でも地図を入手出来ず、探し回って行き着いたというのが実態。

  
▲OIL & GAS DISCOVERY CENTRE(OGDC)、OGDC敷地内にある石油採掘機、石油精製所

施設はシェル石油が作っているとは思えないほど貧弱。結論から言えば、子供向けのお遊び展示以外に何も無いようだ。
入場料B$5.00を払うのは馬鹿らしく、中に入らずに出てしまった。立派な名前だったので、日本の原子力発電所の近くにある展示場を思い描いて出かけたわけだが、外観は大きな水力発電所の展示場クラスなのに、展示内容は小さなダムの展示場にも満たないお粗末なものだった。(有料コーナー以外は一切展示物は無い)
お決まりの陸上用石油採掘機も、米国を車で走っている時に何度も見かけた小さなものが外に飾られているだけで、見応えゼロだった。

このOGDC内にある食堂で「Nasi Lemak(B$3.70)」を食べたが、冷房完備だけが取り柄というもので、これまた施設内容と同様に劇不味。採点は1,5点を差し上げたい。




■ジェルドン(Jerudong)

大きな地図で見る

ここで一番有名なのは遊園地。実は高速道路から見える「Jerudong Park」と書かれた丘の斜面を目指して行ったものの、遊園地が見つからず、さして興味も無かったのでそのままにしたら、丘とは反対側にあったみたいだ。ホント、地図無しのドライブで、いつも反対方向を指している交通標識に悩まされたのが、この旅の特徴。1ヶ月遅い出発だったら、Google Map が使える状態になっていたので悔やまれる。
これから出かけてレンタカーを利用する予定の方は、数十枚になると思うがぜひとも目的地周辺の Google Map を印刷して持って行ってほしい

王様が作ったらしいこの遊園地&公園は、ガイドブックに必ず載っているのでそちらを見ていただくとして、Jerudong の港を見てから、そのお隣にある(車では高速道路を迂回する必要がある)「The Empire Hotel」に泊まった。
ここも王様が作ったホテルとゴルフコースがあって、広々とした敷地に豪華な造りだ。ブルネイに観光に行くとしたら、この街の2つの施設だけで事足りる気もした。

この街では、すべてホテル内のレストランで食べたので、別ページで紹介している。
  
The Empire Hotel
評価点:総合★★★☆★★★サービス★★雰囲気★★★☆CP★★★☆



in : 2010/3/18 成田[NRT 17:25→00:05* SIN]シンガポール[10:20*→12:25*BWN]ブルネイ
  by 全日空 W(Y)クラス、ロイヤルブルネイ航空(運賃S$183+燃油S$80+税等S$40=S$303≒19603円)
out: 2010/3/22 ブルネイ[BWN18:55-20:55SIN]シンガポール[23:25→07:25* NRT]成田
  by ロイヤルブルネイ航空, 全日空 W(Y)クラス

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ブルネイ.Jerudong:The Empire Hotel

今回の旅のメインイベントは、世界に2つしか無い7つ星ホテルと言われていたこのホテルに泊まること。もちろん現在では他にも超豪華ホテルがたくさん出来ているが、世界の金持ちランキングに名を連ねるブルネイ国王が建てたホテルだけあって、特に空間の使い方やロビーの装飾は半端でない。

ホテル正面 エントランスは広々 フロントロビーから階下を望むと規模の凄さが分かる
▲ホテル正面、エントランスの一角、フロントロビーからの眺め

下から2番目のカテゴリー「OCEAN(正価:B$495≒32500円)」の部屋に宿泊したが、アジア方面に強いオクトパストラベルで、1泊朝食付18700円で手配出来たので正価の約半額。
高い天井の広い部屋に加え、別室の広々としたバスルームからはお湯に浸かりながら海が見えるというシチュエーション。(実際は浸かりながらは厳しく、中腰でないと見えないと思う)

Ocean 4618号室の部屋 バスルームには洗面台が2つ 部屋の正面はビーチ(ただしゴミの漂着物が多い)
お茶と水だけでなく、冷蔵庫のソフトドリンク5本も無料! アメニティは格の割には貧弱 バスタブ
▲Oceanカテゴリの部屋(4618号室)

と、ハード面では文句ないが、料理の方は7つ星どころか5つ星クラスのホテルの水準にも満たないだろう内容。これが、この国の外食文化を物語っているようだ。飲めない私には関係ないが、アルコール禁止国家だからだろうか?


お昼前にチェックイン出来たので、海の眺望を楽しみながら郷土料理を食べることが出来ると書かれていた「Bunker Bistro」で昼食を食べることにした。

Bunker Bistroのエントランス Bunker Bistro店内 海の眺望なんて全然楽しめないぞ!
▲Bunker Bistro

併設のゴルフコースのクラブハウス(プール以外の各種スポーツ設備もこの棟にある)の中にあるビストロだが、ルームサービスと同じ程度のメニューしかなくがっかり。
仕方なく「Nasi Goreng(B$19.80≒1300円)」を注文。

なぜかパンとバターが出てきたため、間違いではないかと尋ねると、みなさんに無料でお付けしていますと。

ナシゴレンに付く無料のパン
▲ゴルフ場のクラブハウスだけあって、ゴルファー人形がテーブルに置かれていた

でもねぇ、マレー料理のナシゴレンにイタリアン系のパンとバターって、どう考えても合わないと思うけど・・
テーブルセッティングも、ナイフとフォークにスプーン。完全に洋食モード

マレー料理をナイフとフォークでいただくことに・・
▲マレー料理をナイフとフォークでいただくことに・・

これがこの国の食文化と考えると、ディナーにコストを掛けるのはつまらないと悟ってしまった。(といっても、この日は他にイタリアンと中華しか無く、あとは朝食を食べる場所でのバフェのみ、屋外のシーフードレストランは日曜休業、他のレストランも曜日によって休業がある)

出てきたナシゴレン、サテとフライドチキンが乗っていたが、肝心のフライドライスのお味はというと、高級ホテルらしくなく水準が低い。
海老が2尾と烏賊が2切れ入っていたが、高級感を出し損ねたような味だ。フライドチキンは完全に作り置きを揚げなおしたようなもの、サテも再加熱品のような食感で、タレも不味くは無いが旨くも無い。

Nasi Goreng
Nasi Gorengの中身
▲Nasi Goreng(B$19.80≒1300円)


食事を終えて広い敷地を散策。プールもあるが、砂浜のある人口ビーチ的なプール(?)もある。試しに水をなめてみたが、塩分は多少あるものの海水ではなかった。
遊歩道になっている堤防の向こうは正真正銘の海だ。もちろん海の砂浜も何カ所かにあって、お決まりのバナナボートや水上バイクといった遊具も完備。

プール ビーチ風のプール 左側は本物の海
海との境界線は遊歩道になっている 日差しの強いプールでも、これなら安心 ちょっとした人口島も遊歩道で渡って行ける
▲ホテルのプールとビーチ


午後のひとときは、ロビーラウンジでお茶とケーキ。
こちらのケーキ、豪華な建物に恥じないような派手な装飾で面白い。

ロビーラウンジのケーキ

ここでは、アフタヌーンティーも楽しめるようで、4月末までは2人で B$27.50(≒1800円)と、驚きの価格が提示されていた。もちろん、こんなものを食べてしまうと夕食を楽しむことが出来なくなってしまうのでパス。(1人でも同じ価格なのでメリット無しというのもあったが・・)

Afternoon Tea の食べ物(右側にはケーキがたくさん並んでいた)
▲Afternoon Tea の食べ物


夜は屋外のシーフードレストランで食べようと思ったら、日曜の夜はお休み。残る選択肢は、昼の店、中華、イタリアン、バイキングレストラン「Atrium Cafe」の何れかで消去法の結果バイキングを選ばざるを得なかった。B$44.00≒2900円だから、日本の感覚からしたらかなり安い。
酒が無いだけあって、ジュース系(B$7.70≒510円前後)のメニューは充実していた。酒ではないから価格低めなのも嬉しいが、マンゴシェークを頼んだらフレッシュマンゴを使っていない! やはりねぇ・・という感じ。

例によって、可能な限り多くの料理を皿に盛って紹介するが、麺類やパン類は除外、サラダ・デザート・チーズ類は一部だけの紹介となっている。当地のカキ氷製造機もセルフサービスであった。

ローストラムはシェフがその場でカットして提供
▲ローストラムはシェフがその場でカットして提供

ディナーバイキング
ディナーバイキング
ディナーバイキング
▲バイキング料理の数々。寿司もあったが、ベチョ飯が不味!

バイキングテーブル バイキングテーブル バイキングテーブル
バイキングテーブル フルーツの種類が少ないのは何故か? 店内
▲バイキングテーブルと店内。フルーツの種類が極端に少ない。

翌日の朝食も同じレストラン「Atrium Cafe」。選択肢は無い。
予想よりは料理の重複は少なかったが、やはり朝食が付いている場合はディナーでこちらを使うのは厳しいものがある。私の場合は、予定していたレストランが日曜日休業で、残りは昼の店か中華またはイタリアンしか無かったのでやむを得なかったが、それにしても国全体の食文化の低さはこのホテルでも証明された気がした。

朝食はこんな感じ
なぜか朝食の方がフルーツの種類が多い
▲朝食バイキングから


朝食の後は、本館の中を散策。
プール入口側から見上げたもの、エレベーターホールからの海の眺め、図書館(といっても形式だけで蔵書数は数百冊レベル)といった写真を載せておく。

メイン棟の下から見上げた雰囲気 メイン棟両端にある客室棟のエレベーターホール 図書館があると書いてあったので行ってみたが・・


と、中年オヤジひとりで豪華ホテルに泊まったわけだが、下手な東南アジアのリゾートホテルに滞在するツアーよりも、豪華でリーズナブルなこのホテルで連泊するのも良さそうだ。
子連れに優しい充実した施設という点でも小さな子供連れにお勧めしたいし、年代を問わずカップルにも最適だと思う。
興味があれば、ホテル公式サイトを見てほしい。さらに上位の部屋のお得なプロモーションが出ていた。

最短ルートは日本からコタキナバル経由になると思う。私はシンガポール経由で入ったが、日本からのシンガポール往復はかなり安く出ているし、シンガポールから当地の航空会社ロイヤルブルネイ航空での往復も事前購入で往復2万円弱と安い。

空港からはタクシーで片道B$30.00(≒2000円)。私のようにレンタカーを借りるのも手だが、空港売店はもちろん、レンタカー屋(Hertz)にも道路地図は置いていなかったので、方向感覚が無い方にはお勧めできない。

貧乏旅行者には、街の中心から路線バスを使ってわずか1ドルで来ることも出来ると案内版に書かれていた。ただし、ホテルの中に入ってくるバスの本数はかなり少ないようで、私は一度も見かけることはなかった。
帰りの飛行機で見た新聞記事によると、公共交通機関(=バス)の利用促進を図る方向で動き出しているようで、将来的には空港や街から誰でも簡単に路線バスで来ることができるようになるかもしれない。


【店舗詳細情報】
店名:The Empire - Hotel & Country Club

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ブルネイ/バンダルスリブガワン(Bandar Seri Begawan):Yayasan Complex Food Court

訪問:[2010/3/19 19:30]+[2010/3/20 19:30]
評価点:総合★★★★☆N/AサービスN/A雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
東南アジアの食事で便利なのが屋台街とフードコート。前者は屋外立地で汚く衛生面での問題が多いが、値段は安い。後者は例外はあるもののキレイで空調完備。衛生面でも心配はないが、値段がやや高めだ。

ここブルネイでは、屋台街がほとんど無く、食堂も少なめ。洒落たレストランなど皆無に等しいので、少しでもキレイな食事処となると数えるほどしかない上級ホテルかショッピングモールにあるフードコートになってしまうと思う。特に、ここには珍しい生簀料理を食べさせてくれる高級店的な店があったので、ちょっと美味しいものを食べたい方にもお勧めできると思う。もちろん店内は明るくキレイで空調完備。テーブルとサービスこそフードコートだが、ブルネイで下手な食堂レストランに行くよりもマシだろう。

フードコートとは思えない活物の品揃え
▲フードコートとは思えない活物の品揃え

蟹の種類はいくつかあったが、地元産だというこの蟹が一番安くB$1.50/100g。肉厚で旨そうなものを選択して B$6.90≒450円。持ち上げたとたんに元気に動き出した。

地元産の活ガニをここから選ぶ

次は、10種類ほどあったソースや調理方法から選択。選択肢はメニューブックに記されている。
Todays Special」が気になり、辛くないということでを指定したが、マレー系はもちろん、タイ料理やインド料理のソースなどもある。

選んだカニを調理してもらった皿

ソースは香味野菜中心の甘辛タイプで、オイスターソースで風味付けしてある。まったく辛くないわけではなく、程よい辛さがあった。日本でおなじみの赤唐辛子系ではなく、タイ料理系で使われる独特な辛さだ。
この手の渡り蟹系はあまり身が美味しいものではないが、唯一大きなハサミ部分だけはプリッとした食感もあり良かった。地元で採れた元気に動いていた蟹だけある。残念なのは、蟹味噌を全部取ってしまっていたことぐらいか。
蟹よりもソースの方が美味しかったが、これは御飯と一緒にいただいた。

シンガポール並みの物価のブルネイにしては、かなり良心的な価格設定だと思ったが、注意も必要。
何かというと、男性店員が量る際に単価の設定をごまかしているのを見たのだ。明らかに観光客とみての行為。量りに置いたときにはゆっくり確認させてもらうようにしよう。
また、せっかくの蟹味噌を取ってしまうので、調理方法指定の際には味噌は取らないように指定するほうが良いだろう。味噌の無い蟹はつまらない。

Sambal Prawn with Rice

ごはん物からは、「Sambal Prawn with Rice(B$5.00≒330円)
これは旨かった。海老は丁寧に開いてあってプリプリしていたし、サンバルソースがメチャ美味!
フードコートの店というものは、屋台街のものと比べて美味しくないことが多いが、この店は正解だった。屋台では味わえない質の良い魚介類を出しているし、調理の腕は旨い屋台と同格。

普通の海老(B$6.00/100g)や牡蠣(小B$2.50;大B$7.00)もあったが、かなり高額だった。地物の蟹だけが極端に安かった訳だが、わざわざ活物を食べるなら日本に無いものの方が良いと思うし、活物ではなく普通の御飯ものも他店と比べて明らかに高いなりの内容があった。

写真を見ながら選べるのも嬉しい
▲写真を見ながら選べるので、言葉が通じなくても大丈夫


次の日に再訪して、今度は違う店2軒を試してみた。
こちらの価格は、屋台村とほとんど同じで良心的だが、内容は価格相応。

まずは、Malay Food店。色々なおかずが並んでいるが、どれもB$1.00~1.50と安い。
小さな赤貝のような貝は屋台でもたくさん見かけていたので、それを食べることを目的に再訪したわけだ。

こんな感じでおかずを自由に選べる
小さな赤貝を煮た料理は缶詰そのものという味だった

目的の赤貝は、日本で売っている赤貝の甘煮缶詰そのものという味で、期待はずれ。その代わり、主食として頼んだ「Nasi Goren Seafood(B$3.50≒230円)は、美味しいチャーハンという感じで良かった。

Nasi Goren Seafood

具材の海老と小烏賊にカニカマはたっぷりだが、前日食べた活物シーフード店の海老と比べたら屋台料理そのもの。価格が安い分だけ手を掛けていないのは屋台ではあたりまえだが、食べログでの食べ歩きのおかげで屋台を避けるようになった理由はこの部分だ。
せっかくの外国旅行なので、多少の価格アップで少しでも美味しいものを食べたいものだ。


もうひとつの店はチキンライス店。チキンライスといってもケチャップのそれは日本式であって、こちらは海南式(シンガポール式)が標準。ただ、試したのはチキンライスではなく、ブルネイ郷土料理の「Rojak(B$3.00≒200円)」を試してみた。店員にどこの料理かと尋ねてブルネイのものだと言っていたのでこう書いたが、後で調べたら「ROJAK」はマレー半島からインドネシアに広く分布しているようだった。

Rijak

注文前に説明してもらったのだが、フルーツと烏賊を炒めたものだそう。で、そのフルーツとはパイナップルと不明のもの、他にウリの類と茄子の一種と思われる野菜が入っていた。味はテンメンジャンそのもので芸が無い。不味い屋台に当たった時の素人料理的な味だった。
付いていたあまり辛くないチリソースとライムを混ぜてみるものの、元々のソースの味に旨みが無いのでちっとも美味しくない。せっかくの郷土料理にありつけたと思ったのに残念。


■換算レート(2010/3/19):B$1.00=S$1.00=65.64円(チャンギ空港で円現金→シンガポールドルに交換)
 ※ブルネイドル(B$)はシンガポールドル(S$)と等価。シンガポールドルはブルネイでそのまま使える


【店舗詳細情報】
店名:The Yayasan Sultan Haji Hassanal Bolkiah (Shopping) Complex Foodcourt
場所:通称「Yayasan Complex」の日本でいう2階の隅にある(「オールドモスク」の隣)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>