《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia

訪問:2017/10/6 20:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
ペスターナ社が運営を担うようになって、さまざまな面が悪化しているポザーダ(特にキャンセル処理ができないWebサイトは最悪!)。
今までは、宿の紹介も含めて掲載していたが、今後は古城ホテル系でなければ普通のレストランと同じ扱いにしたいと思う。



公式サイトでは「Pousada Viana do Castelo」と城の名称が入っているが、これは「Viana do Castelo」という街の名前を被せているだけであり、本来の名称はタイトルの通り。
ペスターナ社が安易な名称変更を行っている弊害だ。(建物正面の古くからある標識や、ここのように古くから使われている鍵に刻まれた名称で、本来の名称が判別できる)

内部は多少歴史的建造物の雰囲気はあるものの、実態は再建築された近代的なホテル。
立地的には城が建っていたであろう丘(Monte de Santa Luzia)の上にあるが、城の面影はまったく無い。街から見ると、正面に聳える教会が一際目立っている丘だ。

ディナーは抜くつもりだったが、ランチが軽すぎたこともあって小腹がすいたので、レストランで軽く食べることにした。
コース(€33)は食べきれないので、メインを抜いたアラカルトで注文。



Couvert Composto(€4.00)
Variedade de Pão, Manteiga, Azeitonas temperadas, Azeite e Flor de Sal e Acepipe

Couvert Composed
Bread, Butter, Olives, Olive Oil with Garlic and Salt Flower and Appetizer


まずは、パンとバターにオリーブオイルとオリーブ。
ポザーダでは、選択制では無くイタリアのコペルトと同じ様に強制的に課金されるが、1人4ユーロというのは過去最高水準。この場合は、別にアミューズが付くのが普通だ。(イタリアでも概ね同じ感じだが、ポザーダと違って明記されていないので、出て来るかは店しだい)



そのアミューズは、内容はともかく前菜級のボリュームで出てきた。



トマトをくりぬいて、中に炒り卵を入れたものと、ツナサラダのラップ。
とても料理とは言えない内容が出てくると、この店の水準がどんなものかと分かってしまうものだ。



Sopa do dia(€4.20)
Soup of the day


家内がスープを飲みたい気分だというので、内容を聞いてから本日のスープをお願いしていた。
細切り生ハムを後付けでトッピングしたベジタブルスープだったようだが、味見していないのでコメントできない。



Gambas Fritas ao Alho(€10.00)
Prawn in Olive Oil


前菜からは2品選んで、それぞれシェアでいただくことにした。
まずは、海老のソテー。英語表記でアヒージョの類と思っていたら、違った。


Lâminas de Polvo em Azeite e Alho(€12.00)
Sliced Octopus in Olive Oil and Garlic


もう1品は、ポルトガルならではということでタコのスライス。
これもアヒージョの類と思っていたわけだが、ご覧の通り。
スライスというだけに、かなり太い足肉を使っている。



取り分け皿に盛りつけた写真も1枚。
ポルトガルらしい柔らかなタコの食感は良いものの(家内は、日本には無いこの食感が嫌いなんだと!)、お味は平凡。物価水準に合わせた値段を考えれば、平凡以下だろう。



Doçaria Regional ou Conventual(€5.00)
Regional or Conventual Pastry Dessert


デザートは何かと聞くと、テーブルに並べられた品から自由に取れると。
別にバイキングメニューがあったので(ケーキとフルーツで€8、それにチーズが加わって€12)、Pastryは単品だと思っていたので嬉しい誤算だ。

これが一番美味しいし、コスパも抜群。
特に丸ごとリンゴを焼き上げたデザートが含まれていた点が、ポイントアップだ。




お会計は、(ポルトガルとしては高い)水代を含めて €47.70也。昔からポザーダの会員登録はしてあるので、5%引きでの請求となっている。

しかし、デザートをを頼んでなかったら★2つの採点になっていたほど、料理の水準は低そうだ。
夜は車が無いと麓のレストランに行くことが出来ない立地なので、泊まる場合は覚悟して行くか、事前に部屋で食べるものを確保してから行った方が良いだろう。


※メニュー:コペルト・スープ・前菜メインデザート・コースの案内

【店舗詳細情報】
店名:Pousada Viana do Castelo
電話:1258 800370
営業:13:00~15:00、19:30~22:00
定休:無休
住所:Monte de Santa Luzia, 4901-909, Viana do Castelo
GPS:41.703562, -8.835741 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したポルトガルのレストラン
 

【Monte de Santa Luzia の風景】
案内地図掲示各国版説明掲示


▲麓からはケーブルカーで上れる。ただし運行時間が午後5時までだったと思う。



▲麓からよく見える結構派手な教会


▲教会前の広場から街を見下ろせる


▲城跡かなぁ? ポザーダや教会のある側に入口が無かったので、結局何だか不明。
 

【ヴァレンサ城 [Castelo de Valença] の風景】
(GPS: 42.026707, -8.645903
ヴァレンサ・ド・ミーニョ(Ola! Portugal)

▲左:南側ゲート  右:2つの星形要塞を結ぶゲートは歩行者専用信号付


▲城塞都市の中心(上のゲートを使わず、東側の新しいゲートから直接入れる)



▲南側要塞から入り、時計回りに2つの城塞の城壁沿いを歩いて一周してみた(約30分)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポルトガルの古城ホテル:ポザーダ エストレモス城 [Pousada Castelo de Estremoz]②

訪問2016/11/21~22 (Room Type: Suite、2名まで朝食付 €145.35、Rate: Golden Age
食事: 総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★☆☆
宿泊: 総合5.0、予約個室5.0、建物全体5.0、サービス4.0、CP5.0
Pousada Castelo de Estremoz

4日目。
スペインの古城パラドール Alcázar de los Duques de Feria を後にして、ポルトガルに戻ってきた。

今日のルート実績
▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

今日の宿は、私が7年前に泊まって古城ホテルにハマる元となったポザーダ エストレモス城だ。(☞ 7年前の訪問ポザーダエストレモス城の案内

7年前の段階では20軒以上の古城ホテルに泊まることになるとは予想していなかったので、このポザーダの写真も少ししか載せていなかったが、今回はスイートルームに泊まったので、たっぷり写真をお届けしたいと思う。
なお、7年前には鉄道が通っていたはずだが、現在はバスでしか来ることが出来ないので注意。

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
宿泊代に含まれる朝食の内容
泊まった部屋(Suite Room/Dom João Ⅳ)の内部写真
宿泊者専用(?)のタワーからの風景
上記以外のポザーダの写真

Pousada Castelo de EstremozPousada Castelo de Estremoz

ディナーは7時半から。
場所は前回と同じだが、改装した結果か重厚さが薄れて明るくなってしまっていたし、テーブルセッティングでも銀の大きな飾り皿の上に白い皿が乗っていたが、銀皿が無くなって軽い印象になってしまっていた。ちょっと残念かな。

前回はアラカルトでいただいていたので、Pousada Castelo Alcácer do Sal でパスした20ユーロの激安キャンペーンコース「Pousadas Gastronomic Week Menu」でお願いすることにした。

パン
オリーブバター

まずは、コースに含まれるパンとバターにオリーブ。
パンはバスケットからの選択だったが、家内も私も同じパンをチョイス。昔ながらの素朴な感じで、家内の分と合わせて裏表で撮ってみた。

ポザーダのバターは、必ず無塩と有塩がセットででてくるが、有塩でも日本のバターのように塩気が強くないので、このパンには有塩バターの方が合うようだ。
オリーブは自家製だろう。ちょっとオリーブ自体が癖のある味だったせいか、家内はパス。

Canja de AmêijoasCanja de Amêijoas
Canja de Amêijoas com Hortelã da Ribeira
Clams Soup with Mint


前菜は、スープ一択。
アサリのスープとあるが、ほとんどアサリの出汁は出ていないし、ミント風味もなし。
タイムの茎に似ている香草がトッピングされていたが、これも主張に乏しく、何でもないコンソメ風味スープだった。
具材は、写真の通りリゾーニ入り。

Lagartos de Porco Preto
Lagartos de Porco Preto com Migas de Batata no Pingo de Linguiça e Esparregado de Nabiças
Black Pork Fillets with Mashed Potato in Sausages Sauce and Turnip


2択のメインは、いつものチョイスが逆転して、家内が豚肉を選んだ。
ちらっと味見したものの、味の記憶が残っていないのでコメントなし。
ソーセージソースって何だったんだろう?

Lombo de Bacalhau com Picado de Tomate
Lombo de Bacalhau com Picado de Tomate, Pimentos, Coentros e Regado com Azeite
Codfish Fillet with Tomato, Peppers and Coriander with Olive Oil


私はバカリャウ(干しダラ)。
たっぷりのオリーブオイルの中にバカリャウの切り身とジャガイモが浸かっている。
このオリーブオイルに、ニンニク等の風味があれば美味しいはずなのに、ほぼ何も無しというオイルだけ。
ここのポザーダは、あまり腕の良いシェフではなさそうだ。



邪魔な芋を除けて、バカリャウを側面からアップして撮ってみた。
やっぱりふっくらした感じが出ていて、塩抜きも程よい感じ。我が家で失敗する理由は、どこにあるのだろう?

Sérica com Ameixas d'Elvas
Sérica com Ameixas d'Elvas
Traditional Pastry with Plums in a Sugar Syrup


最後は、郷土のお菓子だ。
ポルトガル語表記を見ると、スペインから戻ってくる際に寄った国境近くのエルヴァスの街のものらしい。

ポルトガルお菓子は劇甘が普通だが、これは普通の甘さで良かった。
こういった郷土のお菓子の断面写真を撮り忘れたのは失敗だった。

お会計

さすがに通常の33ユーロのコースと比べたら魅力に欠けるが、量的には日本人にちょうど良い感じだし、お値段通りながらも安かろう悪かろうと言うほどでもなく、万人受けしそうな内容だった。

それにしても、各ポザーダでこの Gastronomic Week メニューを展開しているようだが、これだけ安くしても地元の外部客を呼び込めていないようだ。スペインのパラドールでは、少し高めの特別企画コースをやっていると、見事に外部客を呼び込んでいるのだが、運営委託先の Pestana社の企画能力の低さをここでも表している気がした。
これ以上歴史あるポザーダを現代風に改装しないでいただきたいものだ。

※メニュー:Pousadas Gastronomic Week前菜・スープドリンクメインデザート・Menu Pousada案内

【ポザーダ詳細情報】
名称Pousada Castelo Estremoz
電話:268 332 075
営業:13:00~15:00、19:30~22:00(~22:30/週末)
住所:Largo de D. Diniz, 7100-509 Estremoz
GPS:38.841828, -7.592116 (☞ Bing Map


前回(2009/2/9)の訪問
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル レビュー一覧
 




朝食は、夕食会場の奥にある別の部屋で提供される。7年前と違って、こちらも柱を削ったり壁を明るく塗り直したりして、昔のような重厚感が無くなってしまっているのは残念。

どうも運営委託会社(Pestana社)は、歴史を軽んじる姿勢のようだが、城のベースが良いだけにそれほどひどい事にはなっていないのが救い。城ではないが、2年前に出かけた Santa Maria do Bouro は、本当に残念な姿に改装されていたのだ。




ここも宿泊客は5~6組程度と閑古鳥状態だったが、バイキング形式の朝食だった。
昨日のパラドールよりは水準が高く、品数も豊富。



お決まりのナタは2個。
ほかに、野菜の煮物(ポルトガル版のラタトゥーユとは違った)とトマトに、日本で出回っているものとは違う欧州のアーモンドも少し。



チーズは3種類全部(他にパック入りのものもあったがパス)、ハムとサラミも一通り。



家内は相変わらずケーキ類をたっぷり。
中央手前のケーキは、実質初日のアルカセル・ドゥ・サル城と同じシナモンのケーキ。美味しい!
ケーキ類はホールで出ているので、自分で好きなだけカットして盛ることになる。



この朝食で、今回のポルトガル旅行の食事はおしまい。
最後の晩餐でも午餐でもなく朝餐とでも言うのだろうか?
 


【泊まった部屋(Suite Dom João Ⅳ/No.122)の内部写真】
オフシーズンとあって、スイートルームでも1部屋税サ朝食込で145ユーロと格安。
ツアーではスタンダードルームが基本だが、個人旅行なら好きな部屋を選べるうえに余計なマージンが入らない分だけ安く予約できる。(スタンダードルームの場合は、ツアーを手掛ける旅行会社の方が安いことが多い)


▲各部屋のドアの横にある表札は、スイートルーム以外は部屋番号になっている




▲ベッドルーム:城内共用部分だけでなく、部屋にも絵画や骨董品レベルの家具が置かれている



▲リビングルーム:テーブルの上にはウエルカムフルーツ


▲バスルームは改装されたようで、現代風
 


【タワー[Torre das Ⅲ Coroas] からの風景】
前回は、地球の歩き方に載っていたでたらめな公開時間に騙されたが、今回はちゃんとフロントで公開時間を確認してタワーに上ってきた。ちなみに、明るいうちならいつでもどうぞとのこと。(夜は真っ暗になるので、行けないと言われた)
また、最新版に書かれているかは確認していないが、宿泊者限定というのもウソ。ランチにレストランを利用してからフロントに声をかけて上っても問題ないはずだ。(our customerという表現だった)


▲左:入口表札  右:途中の壁に刻まれていた


▲塔の上にいくまでの間にも部屋や窓から景色を拝める


▲左:塔の上に到着  右:塔の上から(以下4枚も同様 )




 


【上記以外のポザーダの写真】




















翌日は、家内をアライオロス城 [Castelo de Arraiolos]モンテモル=オ=ノボ城 [Castelo de Montemor-O-Novo] に連れて行き、最後はリスボン近郊の Forum Montijo という大きなモールに寄って、自宅用のオビドスのサクランボ酒やチーズ、バカリャウ等を購入して、全行程終了。

恒例の旅の費用だが、古城ホテルのスイートルーム3泊を含んでいるのに1人当たり16万円強。やっぱりポルトガル旅行は安あがりだということで、帰りの空港で来年10月3連休のポルトガル行き航空券を予約してしまった。
愛読しているブロガーさん達がこぞって出かけているポルトガル北部のドウロ川上流地域に行こうと思っている。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 103450円(成田>フランクフルト>リスボン>パリ>成田、21042マイル獲得)
現地宿泊費: 34215円(€285.13/5泊、うち2食付1泊・朝食付3泊・スイートルーム4泊)
現地交通費:  9989円(€83.24)レンタカー&燃油・高速・駐車場
飲食雑費等: 13512円(€112.60)飲食費・入城料
国内交通費:  2826円
旅費合計:  163992円...2人で約33万円(42084マイル獲得)


さて、この後は家内が昔から希望していた「象乗り」を実現するバリ島旅行を紹介したいと思う。
今回はケチな私が初めてリッチな姿勢で臨む旅行というテーマで行くので、往復ビジネスクラス、ホテルも5つ星、現地移動は公共バスや徒歩ではなくタクシー以上という縛り(?)で楽しむ(??)計画だ。
すでにバリ島に到着済だが、往路のマレーシア航空ビジネスクラス機内食からスタートしたいと思う。

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

ポルトガルの古城ホテル:Pousada Castelo Alcácer do Sal(Pousada de D.AfonsoⅡ)

訪問2016/11/18~19 (Room Type: Suite、2名まで朝食付 €119.70、Rate: Golden Age
食事: 総合★★★★☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★☆☆
宿泊: 総合4.0、予約個室3.5、建物全体3.5、サービス4.5、CP5.0

Pousada Castelo Alcácer do Sal

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
宿泊代に含まれる朝食の内容
泊まった部屋(No.201/Suite Room)の内部写真
上記以外のポザーダの写真
アルカセル・ド・サル[Alcácer do Sal]の風景

今回最初の古城ホテルは、1000年の歴史あるアルカサル城を利用したという Pousada de D.AfonsoⅡ。
チェックイン時にもらった案内書(英語版)

ポザーダの場合、公式HPでも建物に表記されている名称と異なることが多い上に、現在の運営委託先の問題なのか、しょっちゅう名称を変えてしまう。この結果、Google Mapやホテルサイトでも複数の名称が乱立したり別のホテルとして違う場所を指したりと、事前に情報を調べにくい事が多い。
玄関表示ベースでは「Pousada de D.AfonsoⅡ」だが、公式サイトでは表示ベースで「Pousada Castelo Alcácer do Sal」、ページタイトルベースで「Pousada de Alcácer do Sal」、レストランでのメニュー表示では「Pousada Castelo de Alcácer」、他にも別の表記があった。混乱するのは当然だ。

Pousada de D.AfonsoⅡPousada de D.AfonsoⅡ
▲古城ホテルの趣はまったく無い、新築ホテル的なポザーダ正面

今回もスタンダードルームとスイートルームの金額差に対して内容が雲泥の差となることが多いので、当然のごとくスイートルームを確保してある。
2人で朝食付税サ込119.70ユーロ(約14500円)と激安だったのは、街に何も観光資源が無いからだろうか。
 

レストランの雰囲気テーブルセッティング

ディナーは19:30から。
古城ホテルとは名ばかりの古城のあった場所に新築したホテルなので、レストランの雰囲気も軽い感じ。

期間は不明だが、割高感の強いポザーダのレストランという印象を払しょくするための(?)「Pousadas Gastoronomic Week」という特別コースが20ユーロで用意されていたが、魅力に欠けることからアラカルトでお願いすることにした。

Couvert
Couvert(€4.00x2人)
Bread, Butter, Olives, Olive Oil with Garlic and Salt Flower (and Appetizer)


まずは、毎度割高感のあるコペルト。
これにアペタイザーが付くのだが、その内容によっては割高感が払拭される。

Appetizer

そのアペタイザーは、タコのサラダだった。
これで2人分だが、これなら納得のコペルト価格だろう。

ランチでいただいたタコ料理と同じ位の中型サイズのタコの足がブツ切りでゴロゴロ。
叩きが不十分なのか、ちょっと柔らかさに欠けるタコだし、ドレッシングがシンプルなせいか、野菜との調和もイマイチ。
まあ、これが一般的なポザーダクオリティというところだろう。

Caldo de Peixe c/ Hortelã da Ribeira
Caldo de Peixe c/ Hortelã da Ribeira(€7.00)
Fish broth with mint leaves


肉はダメそうという家内が頼んだ魚のスープ。
魚のブロスという表記なのに、魚の出汁はまったくと言ってよいほど出てない。
少し酸味があるうえに、ポルトガルではお決まりのコリアンダー風味もあって、日本に無い味が苦手な家内には関門だったようだ。

Sopa de Tomate com fatias de pão Alentejano
Sopa de Tomate com fatias de pão Alentejano, enchidos e oregaos(€7.00)
Tomato Alentejo soup, with slices of Alentejo bread, sausages and oregano


私は、ご当地アレンテージョの名前が入ったスープ。
具沢山に見えるが、アレンテージョのパンが下に敷かれている上げ底タイプ。

アレンテージョ名産のハムから出てくるエキスに、トマトの風味も加わり田舎を感じさせるスープで結構行けた。
これも日本では無いだろう。

取り分け用ワゴンカタプラーナ鍋

メインは、ポルトガル料理として有名なカタプラーナを選んだ。
日本はもちろん、現地でも食べたことが無いのは、大人数で頼む料理だからだが、このレストランでは1人用と2人用が用意されていたので、2人用を注文。

それにしても、用意された取り分け用ワゴンに置かれた専用鍋の大きいこと!

Cataplana de Cação e Camarão
Cataplana de Cação e Camarão(€32.00/2人用)
Dogfish and Shrimp "Cataplana"


メニュー表記でドッグフィッシュと海老のカタプラーナと書かれていたので、日本でよく見かける魚介鍋では無さそうと思っていたが、本当に2種類だけ。
あとは、芋とパプリカと玉葱ぐらいしか入っていない。素朴だなぁ・・

Cataplana de Cação e Camarão

取り分けてくれた皿。
ちゃんと見栄えの良いように盛りつけてくれた。珍しい?

ドッグフィッシュをアップ

ドッグフィッシュはサメの一種のようだが、見た目は白身魚にしたブリの切り身という感じ。
お味の方は、アンコウに近いだろうか。ちょっと変わった食感だが、意外に美味しい魚だ。

このドッグフィッシュだが、他のレストランでも何度かメニュー上に存在しているのを見ているので、ポルトガルではメジャーな食材なのかもしれない。

取り分け後の鍋に残ったカタプラーナ

カタプラーナ鍋にはもう1皿盛れるぐらいの量が残っていたので、魚と海老は2人で分け、残りは全部私がいただいた。

Doçaria Regional ou Conventual
Doçaria Regional ou Conventual(€4.50)
Regional and Conventural Sweets


予想よりも少なかったので、デザートも注文。
家内が選んだのは、地域の修道院のお菓子と題したもの。
甘い!

Tarte de Pinhão
Tarte de Pinhão(€4.50)
Pine Nuts Pie


私は、松の実のタルト。
産地であるスペインのスーパーに行くと、松の実は鍵のかかったケースに入れて売っているぐらい高価なものだが(約1000円/100g)、その松の実の使いっぷりが凄い。
これが家内の選んだデザートと同じ価格なのだ。

松の実のタルトの淵の部分

あまりにもたっぷり松の実が使われているので、淵の部分も拡大して撮ってみた。
こちらは、普通のケーキ並みの甘さで大いに満足できる味だった。

※メニュー:Pousadas Gastronomic Week営業案内前菜・スープメインデザート・Menu Pousada案内

【ポザーダ直営レストラン詳細情報】
名称:Pousada Castelo Alcácer do Sal
電話:265 613 070
営業:13:00~15:00、19:30~22:00(~22:30/週末)
住所:EB1 de Alcácer do Sal, 7580-197 Alcácer do Sal
GPS:38.372274, -8.513483


今日のルート実績
▲昨晩到着の空港から今日のルート実績(by Geo Tracker)
 
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル レビュー一覧
 



オフシーズのポザーダの朝食は、過去の経験からガッカリな注文方式になることが多いのだが、この日は恐らく最大5組しか宿泊していないのに、しっかりしたバイキング形式で用意されていた。

昔は人数によって朝食込の宿泊代金が変動(10ユーロ/人換算)していたのだが、現在は変動していないようなので、1人で泊まる場合は無駄に朝食代を払うことになる。その変更が影響しているのかもしれないが、朝食無しではポザーダに泊まれないので、もう1人では泊まることは無いだろう。



チーズは地元産が3種類、ハム類も1種類は地元産の証の入ったものが置かれていたが、この地元産のハム(左側のサラミタイプのもの)が、メチャウマだった。



ポルトガルの朝食といえば甘いケーキ類だが、ご覧のような充実した品ぞろえ。
絶対にはずせない「ナタ(エッグタルト)」もしっかり用意されていた。
ジャム類も自家製だけでなく、市販瓶詰のものも豊富に用意されている。



これだけ充実していると、普段食べない朝食であってもこれだけ取ってきてしまう。(日本時間に換算すれば、お夜食の時間帯だから食べれるのだと思う)
オレンジジュースはフレッシュもの、ナタもパリパリの皮で美味しい。

ポザーダに泊まる場合は、郷土食に興味が無ければディナーは外で食べて、朝食だけで良い気がする。
私は郷土食を優先するので、多少高くてもポザーダで食べているのだが、正直これはと思える美味しいことに出会えることは滅多にない。



甘い物好きな家内は、ケーキ類をこれだけ取ってきた。
スポンジタイプのものばかりだが、右奥のシナモン風味のケーキはなかなか。
 

【泊まった部屋(No.201/Suite Room)の内部写真】
古城ホテルと言っても、城のあった場所(城壁も再現構築した感じ)に建てられた、おおよそ古城とは言えない新しい建物だったので、普通のホテルと考えて良さそうだ。
そうはいっても、朝食代を除いて12000円程度でこれだけ充実した部屋に泊まれるのは、やっぱりポザーダだからかもしれない。


▲部屋の入口のあるリビングルーム



▲ベッドルームもジュニアスイート並みの広さ、別に屋根が無い専用テラスがある


▲バスルームとアメニティ(前回と変わっていた)


▲ベッドルームからの風景


▲洒落たウエルカムフルーツがあったので、専用テラスでいただいた
 

【上記以外のポザーダの写真】

▲左:フロント(中央奥)  右:斬新なデザインの吹き抜け








▲昼と夜の城から見下ろす川沿いの景色


▲レストランの窓から城壁(再建?)を拝む


▲左:こちらはオリジナル?  右:城壁から街の反対側を見下ろす


▲古城ホテルとは言い難い、いかにも近代的なポザーダ
 

【アルカセル・ドゥ・サル[Alcácer do Sal] の風景】
何もない街だったけど、絵になる風景はあると思う。




テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 63ヵ国を訪問
45ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
2月:ポルトガル⑨、スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: メキシコシティ(MEX)⇒マドリード(MAD) 2018/02/22
メキシコ/メキシコシティ: La Casa de Toño (Zona Rosa店) 2018/02/21
メキシコ/トルカ [Toluca]: Potzollcalli Restaurante Mexicano(Toluca店) 2018/02/19
メキシコ/トルカ [Toluca]: Toks Restaurantes(Toluca Centro店) 2018/02/17
メキシコ/タスコ [Taxco]: La Hamburguesa 2018/02/15
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: Las Cascadas @Holiday Inn Cuernavaca 2018/02/13
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: El Barco Pozolerías 2018/02/12
メキシコ/プエブラ [Puebla]: El Mural de los Poblanos 2018/02/10
メキシコ/プエブラ[Puebla]: Tacos Tony (Hermanos Serdan店) 2018/02/08
メキシコ/テオティワカン遺跡[Teotihuacán]: Restaurant Las Piramides 2018/02/07
メキシコ/メキシコシティ: タコス屋台@Revolución駅前広場 2018/02/06
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒メキシコシティ(MEX) 2018/02/05
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: 成田(NRT)⇒マドリード(MAD) 2018/02/04
IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録 2018/02/01
マレーシア/クアラルンプール: Kites @Holiday Inn Kuala Lumpur Glenmarie 2018/01/31
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Nasi Ayam Malaysia 2018/01/30
マレーシア/マラッカ[Melaka]: マラッカ夜市食べ歩き(Jonker Walk & Jalan Pm1) 2018/01/28
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sirocco @Holiday Inn Melaka 2018/01/27
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 添好運 [Tim Ho Wan] Malacca店 2018/01/26
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 我家鷄飯 (My Chicken Rice) 2018/01/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>