FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒スラバヤ(SUB)

搭乗:2019/8/22 14:10発 CX779便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
香港でのトランジット時間は、実質わずか40分。


▲左:Food Hall嚐味坊  右:Bar悠然吧


▲左:Noodle bar風味坊  右:Teahouse茗茶坊

3月でワンワールドエメラルド会員資格が切れ、4月以降は4か所あるビジネスクラスラウンジのうち3か所を使っていたことから、今回は最後に残っていた「The Pier 玉衝堂 Business Class Lounge」がターゲット。



昔、お気に入りだった「The Cabin」ラウンジが無くなってしまい、そこにあったイタリア料理系(☞ 2012/1の内容)が他の3か所のラウンジでは存在しなかったので、無くなってしまったと思っていたのだが、こちらのラウンジに移ったようだ。




朝は小籠包と肉燥飯、先ほどの機内食と食べ続けているうえに、この後は中距離路線の機内食が控えていたので、トマトと葉っぱにラザニアを盛ってもらった。



「Teahouse茗茶坊」にあったエッグタルトも美味しそうだったので、時間が無かったことからその場で立ち食い。

質の面では昔の印象と比べてやや落ちてしまった印象だが、他の3か所よりは断然良いことが確認できた。ファーストクラスラウンジでもここのが1番だったので、次回からはThe Pier一択で利用しようと思う。

*****



機材は先ほどと同じA330-300型機だったが、ファーストクラスの無い長距離路線仕様の1-2-1配列でゆったり。

離陸前のウエルカムドリンクは、先ほどと名称ベースでは同じChathay Delightをお願いしたが、こちらはキウイフルーツベースだった。これも美味しい。
おしぼりのサービスも、離陸前のこの段階。他社も含めて最近主流みたいだ。




ということで、離陸後の食前酒でも同じChathay Delightをお願いしてしまった。

おつまみは、温められたアーモンドとカシューナッツ。袋入りでナッツがほとんど含まれていない安物おつまみを出す日系の航空会社とは違う。ちなみに、温めてくるかこないかの違いはあるものの、短距離路線でもナッツだけの構成で出してくる航空会社は多い。




中距離路線扱いなのか、白の布のテーブルクロスが敷かれ、前菜のトレイが最初に運ばれてきた。



Assorted bread and butter
Seasonal mix salad balsamic vinaigrette

パンは、バスケットの3種から選択。やっぱりガーリックトーストをチョイス。



Smoked duck, apricot compote, creamy celeriac and green apple salad

前菜は、リンゴと鴨の燻製という変わった組み合わせ。それもスライスリンゴではなく、皮付きのまま16等分にカットしたリンゴを、カプレーゼみたいに交互に挟んで供してきた。

正直、リンゴと鴨の燻製が合うとも思えないし、どういったセンスで出してきたのか疑問を感じる皿。
鴨とリンゴの下に敷かれている根セロリのサラダは美味しかったので、ちょっと残念。



Wok fried prawn with chilli sauce, mixed vegetables and steamed jasmine rice

3択のメインは、先ほど洋食を選択して失敗しているので中華の海老料理。香港なら海老一択だろう。



ところが、香港の海老料理らしからぬ出来栄えでガッカリ。
海老はプリプリしていないし、チリソースは醤油味が濃すぎ。付け合わせ野菜も何も細工していないと、どちらかというと不味い料理だった。



Fourme d'Ambert, Tomme

メインの後は、長距離路線みたいにチーズとフルーツがワゴンサービスで出てきた。
さすがにお腹いっぱいで、チーズはフルム・ダンベールとトムだけにしたのだが、色合いからチェダーチーズだと思ったルブロション[Reblochon]が半ウオッシュタイプのチーズだったらしく失敗した。全部頼んで、無理だったら残せばよいのに・・



Fresh seasonal fruit

もらうつもりのなかったフルーツも、勧められてしまっていただくことに。
左のはリンゴだと思って要らないと言ったら、ピーチだというので。先日スイスのスーパーで買って食べたのと同じ感じで、皮ごと食べる硬い桃。



Ice cream

最後はハーゲンダッツ。キャセイのハーゲンダッツは、いつもフランス産のマークが付いている。
3種類の中から選ばせてくれるので、食べたことの無いフローズンヨーグルトをチョイス。
もうお腹いっぱい過ぎで、スラバヤでの夕飯はパスだ。


あと数分で降下開始との機長アナウンスが入った後、熱々のおしぼりサービス。
メインの海老料理は残念だったが、いつもの通りサービスは日系よりも良い感じだった。(日本以外のアジアの主要航空会社、つまり順不同でキャセイ・エバー・シンガポール・マレーシア・ガルーダの方が、客1人当たりのCAの人数が多い分だけサービスが良いと思っている。日本の航空会社のサービスが良いと言っている人たちは、日本語で頼めることを評価しているか、日系しか乗ったことが無いのだと思う。ただし、ビジネスクラス限定の話で、エコノミークラスは別)


※メニュー:英語版①③・中国語版

40社搭乗して比較したビジネスクラス機内食レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒成田(NRT)

搭乗:2018/11/19 01:25発 CX524便
評価: 総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
香港での乗継時間は4時間あるので、この旅3度目の「Pier First Class Lounge」へ。

さっき感動の機内食を食べたばかりだが(☞ デンパサール⇒香港)、同じ時期で違うものを食べてみるという当初の方針に従い、ラウンジ専用レストランでアラカルトメニューをいただくことにした。(☞ メニュー



Double boiled forest mushroom soup
Bamboo pith and snow swallow


前菜は森のキノコのスープと題したものを選んだのだが、どう見てもスープには見えないものが出てきた。
マッシュルームのクリーム炒め煮を、パイ生地のカップに入れたもの。
パイは湿気っていて不味かったが、中身はまずまず。



Wagyu beef cheese burger
Brioche bun, gruyere, BBQ relish, fries


メインは、今まで他人が食べているのを遠目で見ていたハンバーガーをチョイス。
Chef Inspirationsと題したカテゴリの料理だ。




チーズと和牛ハンバーグだけ入ったハンバーガーだったので、外に出ているレタスやトマト・オニオン・ピクルスは自分で挟んで、小皿のバーベキューソースを加えて食べなさいということらしい。



出来上がりの断面。
本当に和牛なのかは疑問だし、市販品的な味のBBQソースが味を壊している感が無きにしも非ず。
ブリオッシュ生地のバンズというところだけが、こだわり点かな?




ついでに、初めてのシャワールームも使ってみる事にした。



ファーストクラスラウンジのシャワールーム、JALはファーストクラスでもANAのビジネスクラス用よりも数段落ちるが、ANAと比べてアメニティー面ではやや劣るものの、広さが倍ぐらいあって快適。

**********

成田までの夜行便は、超オンボロ機材だった。
前に座っていた日本人カップルから、不満の声が聞こえてきたほど。

往路の夕方便(☞ 成田⇒香港)と同様に日本語メニューは無く、英語と中国語だけっていうのも日本人年配客が多いだけにいただけない。もちろんスリッパも無い。



食前酒におつまみが付かないのは、短距離夜行便ということで速攻で食事を出したいからだろうか。
とはいえ、離陸してすぐの午前2時(日本時間の午前3時)という時間だからか、ざっと見て半数前後の客は食事をパスして寝ていた。




2択のメインは見せて選ばせるのではなく、口頭注文。
日本式海鮮カレーかフライドチキンとのことで、フライドチキンを選んだのだが・・


Fried chicken, tomato and vinegar sauce, asparagus, lotus root, mushroom, carrot and steamed jasmine rice

香港では、これをフライドチキンと言うのか?
ウソだろ!!



鶏モモ肉のトマトソース煮に、マッシュルームではなく蒸した冬菇。
エコノミークラスの料理を大きめにカットしただけっていう感じ。
美味しければよいのだが、キャセイらしからぬ不味さで唖然とした。



Seasonal berries and rose syrup
Toffee cheese cake and vanilla sauce

ラズベリーとイチゴはビジネスクラスらしい内容だが、自称チーズケーキはエコノミークラスで出てくる水準。



ケーキは半分だけにして下げてもらったが、この時点でまだ台湾と香港の中間地点。
パスしている客が多いとはいえ、ものすごい早業で出してくれたようだ。

この便は、ビジネスクラスの価値は無いだろうから、エコノミークラスで十分という結論。
まあ、日系の夜行便機内食も悲惨だから、似たようなものか。


※メニュー:Supper・Drink List晩餐(中国語版)飲料(中国語版)

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: デンパサール(DPS)⇒香港(HKG)

搭乗:2018/11/18 16:05発 CX784便
評価: 総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★★
今回の旅は、香港経由で欧州と東南アジアの2方面に行くという特典航空券のルールを駆使した変則旅だったが、予約できる日程が限られているため、やや日数的に足りない消化不良となってしまった。

日本帰国便の最初は、香港までのフライトとなる。
往路の折り返し便となるので、ほぼ往路(☞ こちら)と同じ構成になっていた。



デンパサール空港のラウンジは「Premier Lounge」が指定された。
このラウンジ、あちこちの航空会社を引き受けているうえに、カードラウンジの機能もあるので大混雑。冷房はロクに効いていないし、WiFiは超劣悪で使い物にならないが、食事だけはカードラウンジの割にはマシだった。

このあと、機内食2回と優秀な香港のキャセイラウンジで食べることになるので、朝昼抜きだったものの控えめに。(どこが控えめかっていう指摘はナシで)
他に、パスタや炒飯、サンドイッチやミニハンバーガー等もあるので、エコノミークラス利用なら結構がっつりいただける内容だった。

**********

往路はA330-300型機だったが、復路はB777-300ER型機。微妙に違うものの、ほぼ同じシートだ。
離陸前のウエルカムドリンクも違って、ノンアルコールカクテルが無い3択。



離陸後の食前酒には、往路と同じカシューナッツと燻製アーモンドが出てきたが、山盛りの代わりに温められていなかった。
この辺は、マニュアルに書かれていないのかな?



Marinated herb smoked salmon, seared scallop, asparagus and pesto creme fraiche

前菜は、ぱっと見往路と同じと思ったが違った。



ホタテ1粒が追加されていたし、スモークサーモンも気持ち多め。
往路はランチ表記で、今回はディナー表記だからかな?



Seasonal mixed salad and balsamic vinaigrette

サラダは完全に往路と同じだ。



パンは、ここまでで見たことが無いタイプがあったので、それをゲット。




メインは、ワゴンサービスで3種類の中から選べる。


Malaysian chicken rendang, coconut okra and steamed jasmine rice

文字ベースで選んでおいたのと同じ、マレーシア風鶏肉のレンダンをチョイス。
ここまでの便で見ていたオクラも気になっていたのだ。



辛いよって言われたけど、程よい辛さで美味しい!
鶏肉も硬い胸肉ではなく柔らかなモモ肉が使われていたので、さらに美味しく感じた。



気になっていたオクラだが、薄めで辛さ控えめのタイカレー(グリーンカレー)に漬け込まれていたが、こちらも適度な茹で加減でネバネバがちゃんと残っていて美味しい。
量もたっぷりで、十分楽しむことが出来た。



Cheese selection

チーズとフルーツもワゴンサービス。
フルーツは往路とまったく同じ構成だったので(香港から搭載しているのかも?)、今回はチーズだけお願いした。



Apple crumble pie

ここまでの便、最後はすべて市販のアイスクリームだったが、ここで初めてワゴンサービスでケーキが出てきた。
その場でホールをカットし、クリームを添えてくれるというレストラン仕様の供し方だ。



これがまた、リンゴたっぷりで甘さも程よく抜群の美味しさ。
予想より大きなカットで出してくれたが、ペロリといただいてしまった。
この後のラウンジ食が厳しくなるけど、まあいいか。


いや、往路の経験から期待していなかっただけに、大満足の機内食だった。
中距離路線としては最も短い路線だと思うが、たぶん機内食レビューシリーズでは初めて付けるオール5を進呈したいと思う。
キャセイのディナータイムにかかる中距離路線は、台湾発だと有償でも安いので、もう一度狙ってみたいと思う。


※メニュー:Dinner(中国語版)Drink List(中国語版)

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東・花蓮
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ルーマニア/クルジュナポカ [Cluj-Napoca]: Polo Restaurant+Cafe 2019/09/18
ルーマニア/オラディア [Oradea]: Allegria 2019/09/17
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Miorița 2019/09/16
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Restopub Zaza 2019/09/15
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Belvedere@Hotel Timișoara 2019/09/14
ルーマニア/アラド[Arad]: Euphoria Biergarten Arad店 2019/09/13
マレーシア/クアラルンプール・Pavilion: Village Roast Duck 2019/09/12
インドネシア/ジョグジャカルタ・アジスチプト空港: Solaria Bandara Adisucipto店 2019/09/11
インドネシア/ジョグジャカルタ: Yani's Kitchen 2019/09/10
インドネシア/ジョグジャカルタ: Solaria Mall Malioboro店 2019/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>