《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

カナダ/サンタデール(Sainte-Adèle):A L'Express Gourmand

訪問:[2012/9/21 19:00]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
シェフとそのお母様が切り盛りする、埼玉フレンチに多いタイプの家族経営の小さな店。
ランチ時にフランス国旗を掲げてあるのを見て入ったものの、昼の営業は無いのでと親切にほかの店を教えてくれたうえに、店の駐車場まで使わせていただいた店だ。

50Kmほど先のモントランブラン(Mont-Tremblant)に宿を取ったものの、雨模様で山歩きも景色も楽しめない。しかも、周辺のレストラン価格は有名観光地相場だったので、往復1時間半かけても行く価値はあるだろうということになった。

外観 店内

ドアを開けて「戻ってきましたよ~」(もちろん英語で)と声をかけたら、お母様から大変な歓迎を受けてしまった。なんでも当地に移住してきた12歳年下の日本人の女友達と仲が良いそうで、日本人の客は珍しいとのこと。恐らく日本人と他のアジア人の区別ができる方だったので、昼も親切にしてくれたのだろう。ちなみに、その日本人の友達は私と同い年だった。

メニューはフランス語のみだが、すべて英語で詳細に説明してくれた。
2皿コースが税サ別でC$23~24、3皿コースでも同C$29 とお手軽価格だったが、フレンチ好きから見ると魅力に乏しいことから、アラカルトでお願いすることにした。

Tarte fine, Boudin noir
Tarte fine, oignons fondants, Boudin noir, jus de cochon(C$12.65≒1050円+Tip)

前菜はランチに続いてまたまたブーダンノワール
日本(埼玉?)では滅多に食べることが出来ないとあって、ついつい頼んでしまう。それに、タルトだというので興味があったわけだが、なんのことはない。例のソーセージタイプのものを薄くスライスし、タルトの中に炒め玉葱のピュレを流し込んだ上にきれいに並べてある。
面白いアプローチだとは思うが、センスが無いなぁ・・

でも、タルトはともかくとして、お味の方は上等。っていうか、ブーダンノワールって、イギリスの朝食で出てくる定番的なものでもカナダで食べてもそんなに差が出ないなぁ、というのが感じた事。無難に美味しいというのだろうか。
3年半前に地元大宮のアルピーノで味わった感動は、なかなか再現しないようだ。

Risotto, canard confit, champignons, jus de veau, parmesan
Risotto, canard confit, champignons, jus de veau, parmesan/Entree(C$13.80≒1150円+Tip)

家内は何故かリゾットを選んでいた。というか、これもランチと同じ鴨のコンフィに惹かれたのだろうか?
ちょっとだけ食べてみたが、リゾットの出来は悪いし、味もポルチーニと鴨にチーズでバラバラという印象だった。

パンとバター

パンは当然のごとくバスケットいっぱい。これが、なかなかの美味しさで自家製かと聞いたら、あっさり違いますとの回答。バターの容器はゆで卵を入れるものかな? 蓋もあって、面白い出し方を見せてくれた。

Ris de veau
Ris de veau en croute de tortilla bio, Carotte, potiron, haricot vert, jus de veau(C$32.20≒2700円+Tip)

メインは大好物のリードヴォー(仔牛の胸腺肉)。
フランス語のスペルを知らなかったし、英語で Sweet Bread と説明されたので、実はリードヴォーと認識して頼んだわけではないのだが、食べてびっくりリードヴォーだったのだ。そういえば、日本に入ってくるのはカナダ産が多かったっけ。

リードヴォーのカツレツ

出てきた皿は見ての通り「カツレツ」だったので最初はガッカリしていたのだが、どうも食感が普通の肉ではないと気付き(そもそも Sweet Bread が肉の部位を表すとは知らなかった)、じっくり味わいながら食べた結果リードヴォーと判断したのだが、家内は違うのではないかと言い張っていた。
その場で「リードヴォー」かとマダムに聞いて私の勝利が確定した。(って、なんて単純なんだろう。ほとんど家内が当てているので、久しぶりに当てた喜びだ)

リードヴォーをアップ

せっかくなので、断面をアップで。美味しかったけど、カツレツだと衣の食感が邪魔をしてしまうなぁ。

Supreme de pintade
Supreme de pintade de Mr. Gosselin, haricot romano, champignons, pomme roli(C$28.75≒2400円+Tip)

家内はホロホロ鳥をチョイス。これもホロホロ鳥ではなく、単にチキンだと説明してくれたのだが、Google翻訳でフランス語を調べたらホロホロ鳥だったようだ。 Mr. Gosselin が何だかは分からず。

Tarte peche, creme mousseline maison
Tarte peche, creme mousseline maison(C$11.50≒950円+Tip)

デザートはこれ。英語の説明ではパイだというので頼んだのだが、タルトが出てきてがっかり。それも前菜のブーダンノワールが入っていたタルトの器と同じだ。
中身は、バニラクリームの上に桜桃のコンポートをたっぷり敷き詰めたもの。酸味と甘みのバランスは良かった。

Pouding Chomeur, Glace vanille des Indes maison
Pouding Chomeur, Glace vanille des Indes maison(C$14.95≒1250円+Tip)

家内はプリンのアイスクリーム添え。フランス語のメニューを確認するとインド風とか?
味見してはいるが、メモが残っていないのでコメントは無し。

お会計

※メニュー:コースアラカルトデザート・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:A L'Express Gourmand
電話:(450)229-1915
営業:17:00~不明
住所:31 rue Morin, Sainte-Adèle, Québec J8B 2M3

大きな地図で見る


最終日だった翌日も雨模様で、せっかく来たモントランブラン観光は断念し、北に大回りしてカナダの首都オタワを経由してモントリオール空港に向かうことにした。
当地の雨雲レーダー画像をチェックすると、北側には雲がかかっていなかったからだ。

読みは正解で、まずまずのドライブとなったルートを紹介しておこう。

ルートマップ by 旅レコ
旅レコで記録した翌日のルート (クリックで大きな画面で見れます)

時間的余裕がなかったことから食事は軽食で済ませたので、今回のカナダ旅行でのレストラン紹介はこの店が最後となる。

次は、11月上旬の台北旅行。安く買える台北発香港経由のチケット(燃油諸税込往復9万円弱)を調達した復路のJALのビジネスクラス機内食が楽しみだ。そのために、片道切符で買えるLCCの就航を待っていたわけだが、ようやくスクート航空が就航するとのことで実現することになったというわけだ。

通算16社目のビジネスクラス機内食となるが、ANAの機内食の優秀さを確認できるか、ラウンジ食は優秀だが機内食はダメだとの噂のJALの方が優秀だったりするのかを確認したいと思う。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

カナダ/サンタデール(Sainte-Adèle):Bistro Lounge Garçons!

訪問:[2012/9/21 13:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
当初行くつもりの無かった、日本からのツアーが多く出ているモントランブラン(Mont-Tremblant)だが、魅力たっぷりと期待していたケベック州北部地域(特にサンジャン湖[Lac St-Jean]周辺)が期待外れに終わってしまったため、急遽向かうことにした。

ルートマップ by 旅レコ
旅レコで記録したこの日のルート (クリックで大きな画面で見れます)

ケベックシティからモントリオールを過ぎて400Km近い距離を走ることになるが、往路と違って木々が色づき始めており、まずまずのドライブだった。

途中の街で昼食を取ろうと市街地に入ると、フランス国旗を発見。「A L'Express Gourmand」という店だが、駐車場に車を入れて店に入ろうとすると初老のご婦人が出てきて、ランチ営業は無いと。
がっかりした様子をみて可哀そうに見えたのか、すぐ近くのフランス料理の店だと紹介してくれたのがこの店だ。車はそのまま置いて良いと言ってくれたので、歩いて向かうことにした。

外観 店内

店に入ると、地元客でほぼ満席の盛況ぶり。
店頭に白板で掲示されていたランチ(Menu Midi)は7種類あったが、時間が遅いせいか狙った最安値(C$10.35≒870円+Tip)のキッシュを含めて3種類は売り切れとのこと。

ランチスープ スープの中身

まずは、私が選んだランチメニュー6番の Boudin noir, compote de pomme(C$14.95≒1250円+Tip)に付くスープ。(スープかサラダの選択制)

家庭料理として定番のベーコンとキャベツのコンソメスープに近いもので馴染みのあるお味。

パン

パンはバスケットでたっぷりというのはフランス仕様。というか、日本以外ならどこでもこのパターン。
バターもちゃんと付いている。

Boudin noir, compote de pomme

好物のブーダンノワール(豚の血を加えたソーセージ)は、腸を長いまま使って途中で切って出してきた。
もっと太さを出してカットするのが普通だと思うが、ソーセージの細さで両端を結ぶのではなく、そのまま切って出されると不気味な印象だ。

ブーダンノワール

お味の方は、極めてオーソドックスにまとめてあり、敷かれているリンゴのピュレと合わせると美味しい。
付け合せのサラダもたっぷりだったが、前菜にスープではなくサラダを選んでいたらどうなるんだろう?

Salade de confit de canard
Salade de confit de canard(C$16.68≒1400円+Tip)

家内は、今日のランチから選ばず、印刷メニュー側から鴨のコンフィ付のサラダを選んだ。
こちらで選ぶと、食後のお茶も有料(C$2.24≒190円+Tip)となるようだ。

鴨のコンフィをアップで

味見をしていないのでコメントできないが、あまり美味しそうには見えないな。

お会計

※メニュー:本日のランチメニュー(それ以外はHPに価格付で掲載されています)

【店舗詳細情報】
店名:Bistro Lounge Garçons!
電話:(450)745-1566
住所:1049 rue Valiquette Sainte-Adèle Québec J8B 2M4

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

カナダ/ケベックシティ(Québec):ル・サンタムール(Le Saint-Amour)

訪問:[2012/9/20 19:30]
評価点:総合★☆☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★☆☆☆☆
いよいよ旅も終盤。店が存在しなかったり、あいにく貸切ですと断られたりで、2度ほど真っ当な夕食を食べ損ねたことから、その分の予算を回して奮発することにした。

ランチで試したル・コンチネンタル(Le Continantal)よりも2~3割は高かったことから、当地最高級のフランス料理店と踏んだだけでなく、フォアグラをスペシャリテとしている事で、こちらの店がディナーとなった。私だけでなく、家内も大のフォアグラ好きなので意見が一致したわけだ。
しかし、結果は2万円散財したという印象。逆にすれば良かったと後悔することになってしまった。

外観 メインホール

外観写真はランチ検討時に撮ったものだが、ちょっと洒落た洋食店という感じ。ところが、中に入るとまったく趣が異なるのには驚いた。ケバケバしいいうか、エスニック調なのか、とても「超」高級店とは思えないのだ。
しかも、スタッフは軽装、テーブル間隔は詰め込みでゆとりなど全くなし。導線上にかかるようにテーブルを置いているから、スタッフが通るたびに接触しそうになる。(実際、何度か接触した)

サブホール側は食堂まがい テーブルセッティング

入口側のホールを見ると、まるで食堂のようなテーブルが並んでいる。価格だけ見れば文句なく超高級店だが、実態はこんな詰め込みで安っぽい店だったとは予想だにしていなかった。
まあ、それでも料理が美味しければ良いのだが・・

パンとバター

注文を終えて、パンとバターの到着。
バゲットだけというのは寂しいが、そこはフランス料理店。問題は無いだろう。パンのお味もまずまず。

アミューズ アミューズ

これだけ高い店だから、当然のごとくアミューズは出てくる。周りを見ると、全員共通のようだ。
店の雰囲気がエスニック調ということもあるせいか、マンゴー風味の甘いカスタード。
あまり美味しくないし、高級店らしくない安直な料理だという印象が先に来てしまった。

Foir gras Experoence
Foir gras from la ferme du Canard Goulu
Experoence(80 gr)
(C$45.50≒3800円)
in 5 distinctive gourmet ways


前菜はもちろんフォアグラ
店のスペシャリテだけあって、メニューにはフォアグラだけのページがある。その中で選んだのは、家内も私も5種類の味を楽しめるとあったこの皿だ。

5種類といっても、味わい的には3種類。テリーヌとコンフィに、他の食材と合わせたもの。
不味くは無いが、スペシャリテという言葉に期待したほどの味わいも独創的な手法も見当たらなかった。この程度なら、フランスの安めのレストランで普通に食べることが出来る。

後で調べてみたが、この Canard Goulu というフォアグラは、ケベックシティから35Kmほどの Saint-Apollinaire という街にある農場で生産されているフォアグラだった。(☞ こちら
フランス産はもちろんハンガリー産も日本では多く出回っているが、カナダ産のフォアグラというのは見たことが無いし、生産している事も知らなかった。フォアグラの味としては、ハンガリー産よりは美味しい気がするが、ソテーで食べない事には判断できない。家内と同じチョイスにしたのは失敗だった。

Quebec venison
Quebec venison(C$61.10≒5100円)

メインは、どれを選んでも5千円前後だったので、私は得意の鹿肉をチョイス。埼玉フレンチの冬の味覚である蝦夷鹿と比べてみようと。

5千円の皿にしては、肉は少量。左の網目が付いているのは、エリンギを焼いたものだ。
しかし、ル・コンチネンタルのランチで盛り付けが雑だったのは安い価格だからだろうと思っていたのに、1皿でランチ3皿コースを2人分頼んでお釣りがくるような値段でもこの盛り付け。カナダのフランス料理は期待しない方が良いという事の表れだろう。フランス語を使っていても、文化や風習はアメリカと同じなんだ!

で、お味の方だが、埼玉で食べる蝦夷鹿の平均よりも肉の主張が強く、鹿肉を食べているという感じがした点は良かった。でも、ソースが肉の味ばかりで旨味不足。これも、他の安い店で食べた時の印象と同じなので、やはりアメリカ流なんだと思う。埼玉フレンチの上位店の方が安くて優秀だ。

Canadian lobster
Canadian lobster(C$62.40≒5200円)

家内は、カナダ東部の名産品であるロブスターを選んだ。これで一皿5200円。普段私のブログを見られている方は、納得するだろうか?

下に敷かれているリゾットが苦手とのことで、その部分だけ私も食べたが、なんの優秀さも見られなかった。
こんな店でもメインホールは満席になり、食堂並みの雰囲気であるサブホール側に客を入れていたのだが、カナダ人の味覚なのか、単にバカな観光客の味覚なのか・・(実際、Trip Advisorでは689軒中の5位だったのだ)

お茶 お会計

もちろんデザートなど頼む気にはなれず、お茶(C$6.50≒540円)だけをお願いしたが、お会計はサービス料(15%)込で C$231.38≒19200円。前菜・メイン・お茶だけで1人1万円。超円高なのにだ。
いくら、当初予算が余ったとはいえ、つまらない選択をしたものだ。

立地的にも便利な ル・コンチネンタル(Le Continantal) の方が多少は安いし、雰囲気も高級フランス料理店といった趣なので、ラフな格好でなければそちらをお勧めする。

ちなみに、この店はGパンでもOK。店員もそうだが、客の服装もカジュアルだ。
そもそも、ケベックにはドレスコードのあるような店は無いと見た。


※メニュー:ランチフォアグラスープ・サラダ前菜魚・ベジタリアン肉料理

【店舗詳細情報】
店名:Le Saint-Amour
電話:(418)694-0667
営業:11:30~14:00、18:00~22:00(月~金)、17:30~22:00(土)、18:00~22:00(日)
住所:48, rue Sainte-Ursule, Vieux-Québec, Québec G1R 4E2

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 60ヵ国を訪問
41ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:ソフィア周辺/ブルガリア
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
ビジネスクラス機内食/エールフランス:パリ(CDG)⇒成田(NRT) 2017/04/24
ビジネスクラス機内食/エールフランス:ミラノ・リナーテ(LIN)⇒パリ(CDG) 2017/04/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>