《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie

訪問:2017/4/30 19:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
3日目の夜は、楽しみにしていた地元のオマール海老をいただきに来た。

ちょうどオランダ産が旬だという情報を事前に得ていたところでホテルのレストランメニューを見たら、オマール海老の入った海鮮盛り合わせが比較的手ごろな価格で用意されていたことから、IHGのポイント稼ぎも兼ねて豪華に食べようと選択した訳だ。
2014年夏のフランス旅行で、3軒の店でオマールブルーをいただいていたので(☞ L'Orangerie du ChâteauRestaurant La ChaumineRestaurant Ivan Vautier)、比較したくなったことも事実だ。

Restaurant de MangerieRestaurant de Mangerie

店内の客は少なめだったが、2時間前の午後5時半の時点では、左上の写真の通り川を正面に見ることが出来る遊歩道側テラス席は満席。みなさん、他に食べに行く(?)前にビールをあおっているようだ。
お隣ドイツでは、テラス席利用者が極端に少なかったが、オランダではフランス語文化ということもあってか、フランスと同様にテラス席側から優先的に埋まるみたい。

店内に入り、念のためオマールの産地を聞いたら、オランダ産ではなくてノルウェー近海だという話だったが、日本でも多く出回っているフランス産やカナダ産とは違う産地のものに興味があったのと、1000Kmも離れていない北海の対岸地域なので、気にしないことにした。




まずは、無料のアミューズ。
ドイツでもそうだったが、無料のアミューズが付くか否かで店の格を判断できそうだ。

カップの中身は、旬のグリーンピースのムース。
豆の味が濃厚で美味しいのだが、トッピングのドライ生ハム(ジャーキーよりも乾燥させていないもの)は、その旨味と塩分が良い役目を果たしていたものの、フランボワーズソースと葉っぱは余計な感じ。

パンとバター類

パンは2種類。バゲットタイプでどちらも美味。
バター代わりに、パセリバターと甘いバルサミコ入りのオリーブオイルが付いてきた。
塩は、お好みでオリーブオイルに加えるために付いてきたのかな?

以下、注文した料理群だが、料理名表記は上段にオランダ語版、下段に英語版を併記しておいた。


ASPERGES
MANGERIE SPECIALS: ASPERGES(€8.00/BIJGERECHT)
5 asperges met roomboter
5 asparagus with cream butter


前菜替わりに、メインのサイドディッシュ扱いになっていたアスパラガスを注文。
この時期だけのホワイトアスパラは大好物なので、あると頼んでしまう。

初日のシェーンブルク城でいただいたものと比べると少し鮮度が落ちている感じがしたし、オランデーズソースもほぼマヨネーズという感じで、かなり水準低め。って、シェーンブルク城のシェフが優秀すぎる気がする。

ソース群タバスコを海鮮盛りに使う?

そのソースだが、海鮮盛り合わせ側の3種のソースといっしょに持ってきた。
フランスのお手軽店で海鮮盛りを頼んだ場合と同じようにレモンのおしぼり(レモン果汁を加えた濡れナプキンの小袋)が付いてきたが、なぜかタバスコも一緒に乗って来きた。何に使うんだろう?


PLATEAU FRUIT DE MER CROWNE PLAZA
PLATEAU FRUIT DE MER CROWNE PLAZA(€59.00/2人用)
½ kreeft, 3 oesters, 3 gambas, scheermessen, vongole, mosselen
½ lobster, 3 oysters, 3 gambas, razor clams, vongole, mussels


待望の海鮮盛り合わせは、メニュー上の内容詳細は1人用(€33.00)とのことで、2人用は倍になると確認済。
それにしても、予想より大きいオマール海老が乗っていることもあって、迫力のある皿だ。

海鮮盛り合わせ

オマール海老と生牡蠣の断面が見えるように角度を変えて撮った写真。
生牡蠣の剥き方が下手糞だが(6個中2個の身が崩れていた)、2月のポルトガル旅行で牡蠣が原因で食中毒になったというのに(☞ Restaurante Cais da Estação)懲りずに生牡蠣入りと分かっていながら頼んでいる。

オマール海老の半身

これがメインなので、オマール海老の断面もアップでお見せしよう。
冷凍品ではないので茹で加減で食味が変わってしまうが、まずまずの出来。

味噌の部分も少し残してあった。フランスだと、ご丁寧に全部除かれてしまうのだ。

オマール海老の爪

爪の部分は2個で2人分。

オマール海老を平らげた後の海鮮盛り

オマールエビと私の分の生牡蠣を片づけて、隠れていた残りの部分もお見せしよう。
生牡蠣・海老・マテ貝はそれぞれ1人3個ずつと数が決まっているが、アサリ・ムール貝はどっさり。
皿の底に敷かれているのは、海辺に転がっているそのままでは硬くて食べれない(と思う)昆布系の海草だ。
画面中央付近に見えるのは、オマールの爪の元にある太い部分。これも1人1個。

しょせん海鮮盛りで、鮮度と加熱方法でしか差が出ないが、日本のレストランで同じものを食べた場合の平均値と同等水準のレベルだと思う。税抜ベースで6500円也の皿と考えると、オマール海老の価値をいくらで考えるかで感想は変わると思うが、私は妥当(=払った価値はある)と判断した。


STEAK TARTAAR
STEAK TARTAAR(€18.00)
160 gr. à la minute bereid, met salade en frieten
160 gr. freshly prepared, with salad and French fries


お次はメイン料理。
狙っていた生肉のタルタルを家内に取られてしまったが、ひょっとすると牛肉で無いのかも?

タルタル部分をアップ

明らかに違う肉の味で、生で食べた記憶が無いものの、鹿肉のような気がした。やや癖が強いのだ。

frieten

サイドにフレンチフライが付いていたが、芋の種類とカットの大きさは先ほど食べてきた REITZ と同じものの、揚げたて感で勝っていた。
ハインツのマスタードやケチャップにホースラディッシュが同じ皿に乗ってきたが、これってフリッツ用というワケでは無いよねぇ??


ZALMFILET
ZALMFILET(€21.50)
Met verse pasta, groenten, salsa van tomaat e beurre blanc
Salmon fillet with fresh pasta, vegetables, salsa of tomato and beurre blanc


仕方なく私が選んだのは、サーモン。
付けあわせに記載されていた「生パスタ」に惹かれたのは事実だが、これってパスタがメインでサーモンがトッピングになっているではないか!

そのパスタは、日本で言う「生パスタ」ではなく「手打ちパスタ」だった点は良かったものの、やはりメインはサーモンということで、パスタ側のソースが事実上無いのだ。
溶かしバターで食べるには塩が弱いし(ドイツで散々塩辛い料理を食べているので、嬉しいけど)、皿としてのまとまり感に欠けている。
これが原因で総合評価を標準とした。


お会計 Restaurant de Mangerie

以上に水代(7.75ユーロとフランス価格!!)を加えて、114.25ユーロ也。
ちょっと高めだが、2日後にドイツに戻ってからは散々な食事だったので、結果的には満足したかな。


※メニュー:海鮮盛り合わせアスパラガス料理スープ・前菜メインデザート

【店舗詳細情報】
店名:Restaurant de Mangerie
電話:043-350-9191
住所:Ruiterij 1, 6221 EW Maastricht(Crowne Plaza Maastrichtの川側遊歩道からも入れる)
GPS:50.847309, 5.698165 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ

訪問:2017/4/30 15:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★☆


▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

ライン川沿いの古城めぐりを終えて、オランダのマーストリヒト(オランダ語発音ではマーストリフト)にやってきた。
目的はIHGのポイント稼ぎと、オランダ名物フリッツ(フレンチフライ)を食べること、翌日立ち寄る予定のお隣りリエージュ[Luik|Liège]の街で、名物のリエージュワッフル(日本でいうベルギーワッフル)をいただくことだ。

REITZ

早速旧市街に繰り出して、大行列の出来ていたフリッツ屋を発見。
アムステルダムのマネケンピス [Manneken Pis] と同じで、いかにもチェーン店という感じの店だったが、後で調べたら当地単独の店だったうえに、1909年創業のオランダ最古のフリッツ専門店とのことだ。

REITZ Menu

奥に階段が見えたのは併設のレストランだったようで、今回はディナーで楽しみにしている当地のオマール海老をいただくために、小サイズ1つだけをテイクアウト。
フリッツにかけるソースは10種類以上あったが、並んでいたほぼ全員がマヨネーズを選んでいた。

Kleine Frites + Mayonaise
Kleine Frites(€2.75)+ Mayonaise(€0.50)

10分近く並んで手にしたのは、小サイズのフリッツと、みなさんと同じマヨネーズソース。
写真では分かり辛いが、マックの小ポテトの袋をベースに、A4サイズの紙を丸めて増強したような器で渡される。

少なそうに見えるが、マックのポテトの倍の太さ。渡された時に、ずっしりとした重さに驚かされたものだ。
マヨネーズは、専用ポンプを3回ほどプッシュしてたっぷりかけられている。ちょっとカロリー多すぎ!
そのマヨネーズ、台湾のマヨネーズみたいに甘い。でも、フリッツと合うのだから、これはやめられない美味しさ。

Kleine Frites + Mayonaise

ちょっと残念だったのは、ジャガイモがそれほど美味しくなかったこと。
ブログを始める前に食べたオランダの美味しいフリッツの経験から考えると季節違いとは思えないので、品種の違いかもしれない。
それに加えて、食堂等で出てくる揚げたてフリッツと違って、大量生産で揚げたてを食べることが出来ない点が致命傷だと思う。

これまた後で写真メニューで判明したことだが、わずか50セントアップで大サイズ(Grote Frites(€3.25))を頼めたようだ。そういえば、舟形の容器を手にしていた客も何人かいたので、失敗したかな?

【店舗詳細情報】
店名:REITZ
電話:043-321-5706
営業:11:00~19:00(木曜のみ~21:15)
定休:月曜日
住所:Markt 75, 6211 CL Maastricht
GPS:50.850787, 5.690631 (☞ Bing Map

 

【マーストリフト/マーストリヒト [Maastricht] の風景】








▲マーストリフト駅

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

オランダ/ゴーダ(Gouda):restaurant De Zalm

訪問:[2012/7/21 12:30]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
5年前に1時間ほど立ち寄ったゴーダだが、雰囲気の良い街だったので再訪。ゴーダチーズを代表とするチーズの名産地なので、名前を聞いたことぐらいはあるだろう。
オランダらしい運河や風車を見ることもできるし、この地を訪れる日本人も少ないし(というか前回も含めて見たことが無い)、今回は中国人や韓国人もまったく見なかった。黒髪黄色人種は我々夫婦だけだ。

外観(テラス席はこの建物の前) テラス席

前回は早朝だったので店は1軒も開いていなかったが、今回はお昼時。町の中心にある市役所前の広場を望む、観光地としては1等地にあるレストランの中から選んだ店がここだ。
こういった立地の店は、プラハのスタロムニェストスカー(Staroměstská) を思い出してしまうので、慎重に吟味。

広場を望めるテラス席からの眺め テーブルセッティング

実は、英語のメニューがあると記載されていた別の店も候補だったが、入る前に確認したら最初は作ったけど今は作っていないというので却下。ああいった偽りの表示をするような店が危ない。
どの店も英語はバッチリ通じるので、魚をトレードマークにしていたこちらの店を選んだという訳だ。

ハーブティー ダイエットコーク

まずはドリンク。家内は隣の席で飲んでいた葉っぱを大量に突っ込んだグラスが気になったようで、それを注文。
しかし、なんとも大胆な淹れ方のハーブティーだ。オランダの店は2軒しか試していないので判断できないが、どこでもこんな淹れ方をするのだろうか?
ちなみに、私は定番のダイエットコークだが、缶で出てこなかった。

料理の方だが、ランチセットはサンドイッチ類とつまらないので、PROEVERIJ PLATEAU(ティスティングプレート)の中から選択。
2つ頼もうと思ったら、1皿で2人分だという。「2 PERS.」と表記のあるものだけだと思っていたのだが・・

パンのプレート

注文を終えると、2種類のパンが石のプレートに乗って出てきた。

バター(上に紙のカバーをかけてある)とオリーブオイルに、リエットに代わるようなもの。イギリスで食べてきたチャツネとは違って、どちらかというと日本の漬物を刻んだものに近い。
最初は変わったものを食べるんだな、と思っていたがだんだんハマってきた。

PLATEAU SPECIAAL
PLATEAU SPECIAAL(€23.00)[スペシャルプレート]
VAN ONZE MOOISTE VIS-EN VLEESBEREIDINGEN EN KAASSOORTEN MET GARNITUUR EN BROOD
[当店の一番美味しいもの 肉や魚介類とチーズの盛り合わせをパンといっしょに]

かなり待たされて出てきたのが、このプレート。確かに2人分だ。
マイナー観光地とはいえ、街の一等地にある店でパンとこのプレートが僅か2300円というのも驚きだ。やっぱり田舎はいいな。

肉類

プレート中央部にはローストビーフと生ハム。
太巻きみたいに見えるものこそが、店の腕を見るにふさわしい。

魚のムースを巻いたもの

ひとつは、魚のムースを何だか得たいの知れないもので巻いたもの。良く見ると、ムースには海老も入っている。
ムースの周りは海苔、外側の厚めの白い皮(?)は、よくわからないが鯨の皮みたいなもの。もちろん鯨ではないだろうが、そういった類の大型魚類の皮の脂を抜いたような感じのものだと思う。
凝ってはいるものの、特段美味しいというわけではなかった。

ミンチ肉を脂身で巻いたもの

もう一方は、豚ひき肉のパテを豚のイタリアンのラルドのような脂身で巻いたもの。
脂身ということで口に入れると脂っぽさがあるが、塩分少な目で食べやすい。とはいえ、やっぱり脂身だ。

マテ貝

貝類も量はたっぷり楽しめる。
日本では滅多に出てこないマテ貝だが、欧州では意外と多く見かける。実際、水煮の缶詰なんかもスーパーでは普通に何種類も置いてあるし、値段も安いのだ。

それと、小型の赤貝みたいなものもたっぷり。
といっても、こちらは身が小さすぎてほとんど貝殻を飾っているようなものだ。

チーズ

こういったプレートの添え物であっても、欧州のチーズの盛り方は多い。
もちろん2種類のうちのひとつは当地名産品のゴーダチーズのはずだ。(説明されていないが、形状と味で判断)

しかし、改めてブログを書くために写真を見直していると、素晴らしく良心的な店だったことが分かる。
添えられている野菜の鮮度を見ても、良い食材を使っている店であると判断できる。

世界有数の観光地であるプラハと比べてはいけないが、田舎の物価水準はチェコよりも高いと思えるのに、パン代を差し引いてほぼ2千円という価格で、これだけ手をかけた皿が出てきたのだ。
ゴーダに行く機会があれば、ぜひとも利用していただきたいと思う。

これでトルコイギリスを経てオランダまでの旅行もおしまい。途中で台湾の記事が入ってしまったので、現地登録でスタートしたのに全部登録するのに2か月近くもかかってしまった。

今週末からは、カナダのケベック州に出かけてくるので、今度もカナダ現地登録からスタートすることにしたい。
お約束のスコットランド古城巡り情報は、調査にも時間がかかることから気長に待ってほしい。(過去の事例として、バスク地方の鉄道・バス詳細移動情報は、掲載まで4カ月を要した)


※メニュー:ランチテイスティングプレートドリンク(HPにPDFで掲載されています)

【店舗詳細情報】
店名:restaurant De Zalm
電話:0182–68 69 76
住所:MARKT 34 - 2801 JJ GOUDA

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>