《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/メルローズ[Melrose]:The Blue Coo Bistrot & Bar@Buccleuch Arms Hotel

訪問:2014/7/17 13:00 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
エディンバラの次は、わが町大宮と同様に鉄道博物館のあるヨーク[York]へ移動。
2年前は、家内のリクエストでアニック城[Alnwick Castle]に寄った関係で海沿いの高速道路経由だったが、同じ道を通るのは芸が無いと山側の道から行くことにした。

道中の View Point に寄り道しながら、3月に出かけたイタリアのマルケ州の道路沿いにあった Ristorante Pizzeria Barbara のような街道沿いにあるレストランは無いかと車を進めていたが、ありました。

外観 店内

イタリアの店と違ってホテル併設レストランだったが、うれしいことに店の扉にグリーンガイドのシールが貼ってあった。これは期待できる。駐車場にたくさんの車がとまっていたので美味しい店だという予感はあったわけだが、ミシュランのお墨付きとなれば、まず確実だ。

Haggis, neeps and tatties
Haggis, neeps and tatties(£10.00≒1750円)
with whisky sauce


エディンバラ城の The Redcoat Cafe で食べた Haggis neeps and tatties とまったく同じものがあったので、比較のために頼んでみた。
実は、頼んだのは羊肉が大の苦手な家内。
羊の内臓肉を使っているのに、ハギスなら大丈夫と確信しているようだ。

The Redcoat Cafe と違って壺焼きタイプではなかったし、ハギスも少な目だったが、2種類のマッシュとハギスという3層構造は同じ。「Haggis neeps and tatties」で画像検索をかけると、単に3種類を別々に皿に盛っただけのものが多く、この店の様なタワー型のものは少数派。壺焼きタイプは皆無だったので、エジンバラ城のはカフェテリア料理とは思えないクオリティだったということだろう。

香辛料がややきつい感じだが、ハギスにかかせないウイスキーソースがたっぷり。
本来のウイスキー感がたっぷり出ているハギスは、フレンチ好きには嬉しい皿だった。

5 B's Steak Pie
5 B's Steak Pie(£11.50≒2050円)
Buccleuch Border Beef and Border Beer Steak Pie, puff pastry lid, vegetables, potatoes or chips


私は、例によって当地の名称であるボーダー[Border](The Scottish Borders)の入った料理をチョイス。
この店のメニューには「Proud to Serve Local Produce」と大きく書かれているので、何を頼んでも地元の食材を使った料理なんだろうが、やはりメニューに名称がしっかり入っている方が確実だ。
「5 B's」の意味は、メニューに記された単語で頭文字が「B」となるものが5つあるというこじつけだろう。

予想とは違った皿が出てきたが、たっぷりの地元野菜に大きなパイを乗せたビーフという構成。
パイは大好物のひとつだが、ずっしり重いタイプで腹にたまる。

抜群の味だったビーフシチュー

パイを除けてステーキを拝もうと思ったら、中身はビーフシチューだった。なぜ「ステーキ」と表示しているんだろう?

でもこのシチュー、ソースも肉も滅茶苦茶旨くて、過去食べたビーフシチューの中では最高ランクの水準。
適度な柔らかさに、しっかり味が浸透した牛肉の旨さだけでなく、ワインではなく地元ビールベースらしいのだが、ソース部分の甘み、酸味、旨味が見事に調和していた。でも、家内に言わせると一言「オーソドックスな味」とあっさりしている。

お会計入口
入口
▲左:お会計  右:ダイエットコークと共に水道水を頼んだら、レモンも入っていた

ということで、街道沿いにある駐車場に車が並んでいるレストランは2連勝となった。
日本と違ってこのタイプのレストランを欧州で見ることは少ないが、街中のレストラン以外でも楽しめるということに確信を持ったという訳だ。

このあと、店の入口に置いてあったリーフレットで、近くにフロアーズ城[Floors Castle]という城があることを知った。かなり規模の大きな城ということで、予定外の城訪問をすることになった。

※メニュー:Proud to Serve Local Produce黒板メニュー

【詳細情報】
店名:Buccleuch Arms
電話:01835 822 243
住所:The Green, St. Boswells, Melrose, Scotland TD6 OEW
緯経:55.568358,-2.648958

 

【フロアーズ城(Floors Castle)の風景】

▲この門をから城内に入る


▲広い場内を進むと・・


▲大きすぎて真正面から撮っては横幅が入らない


▲左:正面中央の建物  右:左横の駐車場側から(逆光撮影)


▲裏の広大な芝生広場から(正面部分にはロープが張られていて入れない)


▲敷地内を出口方向に向かう途中に「The Walled Garden」がある(入場無料でカフェと花屋がある)


▲左:案内板  右:城内地図(クリックで大きな画像が開きます)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イギリス/エディンバラ:Café at the Palace@ホリールードハウス宮殿[Palace of Holyroodhouse]

訪問:2014/7/17 9:30
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービスN/A雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
7日目。朝から晴れていたので、ホリールード公園[Holyrood Park]の山頂に登ってから、麓のホリールードハウス宮殿[Palace of Holyroodhouse]へ。
ただし、展示物には興味が無いので家内だけ中に入場(£11.30≒2000円)。
私は、併設のカフェで朝食をいただいてから、カールトン・ヒル[Carlton Hill] を経由してホテルに戻り、家内を待つことにした。英語が通じるということで、方向音痴の家内もひとりで歩くのに不安を感じないようだ。

Café at the Palace

家内と宮殿へのゲートで分かれ、右手にある併設のカフェに入店。
宮殿に入れる9時半から営業開始するのか不安だったが、特に問題なく注文を受けてくれた。
もちろん1番のりだ。

品揃え① 品揃え②

ケーキやパン類もあったが、イギリスの朝食ならスコーンと紅茶だろう。
ということで、普通のスコーンではつまらないので、クリームとイチゴが入ったものをチョイス。
きれいに並べられている中から最初の1つを取るのは、ちょっと緊張する。(隣を崩してしまうとか・・)

裏側の雰囲気 一等席を確保

注文と精算を済ませて、スコーンと紅茶を受け取ったら、イザ裏口の外へ。
最初の写真のように、宮殿入口側の雰囲気は何でもないのだが、ホリールード公園側から来たので、裏口側の雰囲気が良い事は知っていたのだ。

朝1番だから楽々良い席をゲットできたが、お昼だとどうだろう。
気づかない人が多いだろうから、案外空いているかもしれない。

Strawberry e cream filled fruit scone & Tea
Strawberry e cream filled fruit scone(£3.35≒590円)+紅茶(£2.10≒370円)

イギリスで紅茶を注文すれば、黙っていてもミルクティーになるわけだが、ポットで出てくるのは当然として、写真のようにカップの中にミルクピッチャーを入れてくるケースが多い。
カップとミルクピッチャーがセットで売られているのかもしれないが、日本ではまず見かけない供し方だ。(今のところ、経験した記憶は無い)

Strawberry e cream filled fruit scone

で、お楽しみの本場のスコーン。フルーツスコーンと書いてあったが、単にレーズンを入れてあるだけと思ったら、微かにハーブを入れているようだ。写真では見えないが、イチゴジャムも挟んである。

このスコーンを単独でいただくと、これが本場のスコーンなのか? と思えるほど美味しくないのだが、クリームとジャムを合わせていただくと不思議なことに美味しく感じてしまう。
スコーンって単独で食べてはいけないんだと、新たな発見。

紅茶は例によってたっぷり2杯分あるので、結構長い時間まったりと過ごしてしまった。
雰囲気が良いと、オッサンでも長居したくなるものだ。私だけかな?

※メニュー:黒板表記

【詳細情報】
店名:Café at the Palace
電話:0131 652 3685.
場所:ホリールードハウス宮殿有料ゲート手前右側、または以下の地図が示す公道側入口
緯経:55.951939,-3.173343

 

【ホリールード公園(Holyrood Park)の風景と山頂への行き方】
 
▲左:宮殿の横から山頂のアーサーズ・シート[Arthur's Seat](標高251m)目指してスタート
 右:ホリールード公園の地図(クリックで大きな画像で見れます)。黒の破線が山頂への道。


▲左:約30分で山頂到着。カップルがいる所の方が山頂?  右:エディンバラ城を見下ろす(望遠撮影)



地球の歩き方には載っていないので、山頂までの歩き方を書いておこう。
標識がしっかりあるというブログも見つけていたが、実際はほとんど無いので間違えると山頂にたどり着けないのだ。

最初の関門は、左写真の分岐点。
中央の標識らしきものは、地図では無く別の案内だったので役に立たない。

ここで先行していた速足の若い男性が間違えて右に歩いて行ってしまったが(後で気づいたらしく我々に追いついてきた)、山の方向的にも登り坂になっている右を選んでしまうのは仕方ない。
ここは、山の裏側の車道に出てしまう登る右側ではなく、左の平坦な道を進もう。
この先に急勾配(大袈裟!)が待っているので安心して進んでほしい。

その先にも分岐点があるが、そこは左でも右でも。我々は左に向かったが、右に進路を取ると左の写真のような分岐点には見えない場所がある。ここは、山から下りる時に使った少し細い道を下りて行き着いた分岐点だ。

最初の分岐点を間違えると山頂に行けないが、その後は多少間違えても山頂が見えるので修正可能。
実際、獣道みたいな細い道がたくさんあるので、みなさん勝手に通っているみたいだった。犬を連れて散歩している人達は、好んでそれらの道を使っていた。



ということで、GPSLOGでの歩行記録。(麓から山頂に行き、宮殿とカールトン・ヒルを経由してホテルまで)
クリックすると航空写真版が開くようにしてあるので、そちらの方が感覚的にルートが分かると思う。
往路の右上に変に迂回している記録、標識が無くて大回りした結果だ。前後を歩いていた人達も同様だった。
 

【ホリールードハウス宮殿(Palace of Holyroodhouse)の風景】



▲左:宮殿入口ゲート(カフェは、この写真の手前右手にある)
 右:街から向かうと別料金のギャラリーが正面にある。宮殿の入場券売場は、建物右手裏側にある。


▲左:ホリールード公園の山から宮殿を見下ろす  右:カールトン・ヒルから見た宮殿
 

【カールトン・ヒル(Carlton Hill)の風景】

▲ホリールードハウス宮殿側から行くと、裏側から入ることになる


テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イギリス/エディンバラ[Edinburgh]:Hadrian's

訪問:2014/7/16 19:30 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
昼が遅かったので、いつもより遅めにマークしていた英国料理系のレストランに向かったら2軒とも満席。
やはり、評価の高い店に予約無しで開店時間を過ぎて入れると思ってはいけないようだ。
仕方ないのでフレンチ系でマークした1軒に行ってみるが、そこも満席。
昼間にウロウロしている時にミシュランシールを見つけたこの店が最後の候補だった。

橋の反対側にある店に振られた後だったので、満席で断られるかと思っていたら、すんなり入れた。
立派な建物の1階部分を広く占めている店だが、思ったよりもカジュアル。
振られた店は重厚な感じだったので、拍子抜けだ。

カジュアルな雰囲気だけにコースの価格設定が安かったが、内容に魅力が無かったのでアラカルトで。
前菜とメインだけにしたが、コースなら同じ金額でデザートまで付く3皿コースを食べることが出来る。

店内 バゲット

ブラッセリーとの表記なので、フランス流にバゲットとパンが出てきた。イギリスらしくないお洒落な出し方だ。
このバゲットが、メゾンカイザーのものに近い風味で美味しい。
普段は炭水化物は必要最小限というスタンスだが、珍しく家内の分の1枚も横取りして食べてしまった。

Hadrian's Classic Steak Tartare
Hadrian's Classic Steak Tartare, Scottish Beef Fillet, Quail's Egg Yolk(£9.00≒1600円)

前菜から私が選んだのは、牛肉のタルタル。この店のオリジナルであるような名が付いている。
カリカリに焼いたパンも付いてきた。サンドイッチ用のパンみたいなものが2切れだが、こちらは家内の口へ。

肉は包丁でたたいたという感じで、筋が残っていたり、サイズもまちまち。
ビネガーの酸味が施されていて、ちょっと趣味でなかったなぁ。でも、周りのマヨネーズを加えると、肉の下味に付いていたビネガー感が一体化して気にならなくなったので、そこは考えられているのだろう。
反面ウズラの卵の存在感は、いまひとつ感じられなかった。


Langoustine Bisque, Saffron Rouille(£7.00≒1250円)

家内はラングスティーヌのビスクをチョイス。
ちょっと味見してみたが、かなり薄めながらもビスクらしい甲殻類の味が出ていてまずまず。
トッピングのクルトンは、席でリクエストベースで入れてくれた。

Braised Shoulder of Lamb
Braised Shoulder of Lamb, Gremolata Crust, Confit Tomatoes, Asparagus(£17.50≒3100円)

メインは、2年前の古城巡りの際に印象が良かったラム肉を頼んでみた。
刻んだパセリとニンニクを合わせたペーストを上に塗ってから蒸し焼にした料理だが、ソースはまるでパスタソースという感じのもの。フレンチの店だが、まるでイタリアンだ。

ラム肉をアップ

期待の肉だが、ぜんぜん羊肉の感じがしない。それに、やたらと硬い。
もちろん、2年前の感動の再現も無かったわけで、羊肉を受け付けない家内に極小カットを食べてもらったところ、羊肉と認識できなかった。

日本では100%、それも少し風味があるだけで拒否反応を起こす家内が、この羊肉といい内臓肉を使ったハギスも食べられるというのだから、スコットランドの羊肉は不思議だ。


Seared Hake Fillet, Provencal Crumb, Mussels, Clams, Radish, Green Peas, Shellfish Cream(£15.50≒2750円)

家内は無難に魚料理を選んだのだが、こちらも羊肉と同じ様に緑のペーストを塗ってある。芸が無い店だ。

ムール貝が不味いと私によこしてきたが、確かにひどいもの。スカイ島の The View Restaurant で食べたムール貝が過去最高だったが、過去最低のフランスのリールにあるブラッセリー Le Napoleon よりはマシであるものの、かなりひどい状態。スコットランド産のムール貝だとは思うが、ここまで違うのには驚きだ。

外観
外観全景

ということで、デザートはやめて会計をお願いしたが、伝票の下に「number one」というミシュラン1つ星店の名前が入っていることで、初めてこの店が同じホテルのレストランであることに気付いた。(上右下の外観写真の通り、駅構内立地の立派な建物にある)

ただ、そこはフランスではなくスコットランドだ。
2年前に、当地から北に80Kmほどのダンディー[Dundee]という街で、最悪の自称フレンチを食べた経験があるので(☞ Bon Appétit)、検討対象になった1つ星店を選択しなくて良かったという安堵感を感じてしまったのだ。

※メニュー:コース・前菜・メイン・サイドコースの選択肢グリル・デザート

【詳細情報】
店名:Hermann's Restaurant
電話:0131 557 5000
住所:The Balmoral Hotel, 1 Princes St, Edinburgh EH2 2EQ
緯経:55.95306,-3.189176

 

【エディンバラ(Edinburgh)の風景】

▲エディンバラ城からの新市街側の風景。中央の時計台のある建物に、このレストランがある。


▲左:ノースブリッジから南方面  右:Princes St.をカールトン・ヒル側から


▲右:ノースブリッジを東側から  右:ノースブリッジからカールトン・ヒル

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>