《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベルギー/ブリュッセル:メゾン・ダンドア [Maison Dandoy]②

訪問:2014/7/20 11:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
>Brussels Waffle:Ice Cream & Cherries
▲ピックアップ写真:Brussels Waffle:Ice Cream & Cherries(€7.50)

前回は朝の時間帯で2階の喫茶室で食べることができなかったことから(☞ 前回の訪問)、リベンジを兼ねて再訪してきた。
ちなみに日本語サイトが出来ていて、前回掲載時と名称が異なる上に、ガイドブック掲載の「ダンドワ」ではなく「ダンドア」となっていたことから、当ブログの方針に基づき店側が標榜する正式和名で掲載することにした。

外観 店内

店内に入ると、日本人ばかりでちょっと引いてしまった。
どのガイドブックにも掲載されている老舗だし、メニューは英日仏併記タイプ、店の案内等も仏英日の3か国語表記だったことから、日本人観光客をターゲットにしていると言える店だ。

2度目ということで、今回は豪華なものを頼んでみた。

Liège Waffle:Ice Cream & Caramel
Liège Waffle:Ice Cream & Caramel(€5.60)
リエージュワッフル:アイスクリーム&キャラメル


まずは、日本でいうベルギーワッフルに該当するリエージュワッフルから。
アイスクリームとキャラメルをトッピングしたものを選んでみた。

リエージュワッフルの断面

断面写真では分かりづらいが、かなり分厚い生地で重量感があるものが出てきた。
お味の方は日本でいただくものと同じ感じだが、ずっしりとした重さがある点が異なる。

高級感のあるアイスクリームが美味しいし、キャラメルソースもチューブ入り市販品ではなく、ちゃんと作ったものだと思う。

>Brussels Waffle:Ice Cream & Cherries
Brussels Waffle:Ice Cream & Cherries(€7.50/Take Away €6.30)
ブリュッセルワッフル:アイスクリーム&煮込みチェリー


家内はブリュッセルワッフル。
煮込みチェリーは、ほんのり酸味があり甘さは超控えめで、フルーツそのものっていう感じ。

ブリュッセルワッフルの断面

しかし、日本だとかなり高くなるチェリーを気前よく盛り付けてくるところはさすがだ。

お会計 店のロゴ

以上ワッフル2品で、お会計は €13.10
日本人に親切だし、フルーツトッピングタイプは日本には無いゴージャスな雰囲気を味わえるので、十分満足できると思う。
この店の場合は、リエージュよりもブリュッセルの方がお勧めだと思う。

※メニュー:店の案内お勧めベルギーワッフルリエージュワッフルタルトパンケーキサンデー&アイス

【詳細情報】
店名:Maison Dandoy
電話:02.512.65.88
住所:14, rue Charles Buls 1000 Bruxelles
GPS:50.846103,4.351804


この後、電車でブリュッセル空港に向かい、スコットランド古城めぐり第2段を中心とした全日程を終了。
今回の旅費(9泊11日で家内と二人で57万円)詳細は、イギリス最後の記事(☞ こちら)に掲載済なので、興味があれば見てほしい。

この後の記事は、最初の中断となった6月の台湾旅行の続きを6本、1月3連休に出かける予定の台湾旅行の前に登録を終えたいと思っている。(この記事は、年末年始旅行中のベトナムのフエから登録しました)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベルギー/ブリュッセル:ゴーフル・ド・ブリュッセル [Aux Gaufre de Bruxelles]

訪問:2014/7/20 10:50
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★☆☆☆☆
Gaufre de Liege
▲ピックアップ写真:Gaufre de Liege(€2.90)

現在、ベトナムのフエに滞在中だが、年間15回も海外に行くとブログ掲載が追い付かなくなってしまい、6月の台湾旅行から4重入れ子の中断となってしまっている。
やっと8月のフランス旅行が終わったので、次は7月のイギリス旅行の大英博物館内にある Great Court Restaurant で楽しんだアフタヌーンティーの続きを2本お届けしたい。

この時は、イギリスの高額な空港税を避けるためにベルギーから帰国することにして、ユーロスターでブリュッセルに移動した。ユーロスターなんて乗ったら高いだろうと思うだろうが、それは日本のJR東海的な発想。あるいは、日本のチケット旅行代理店価格しか知らない方の考えだ。
詳細は、大英博物館のアフタヌーンティーの記事の最初に乗せてあるので、興味がある方はそちらを見てほしい。

私は2度目のブリュッセルだが、前日は深夜着で帰国日のこの日も午前中しか時間がないことから、中心部周辺を案内しながら名物のワッフルを2か所で食べ比べすることにした。
ゆえに、フランス最後の店以上に内容の無い記事になる。

外観 店頭窓口

1か所目は、モロに観光客を釣るためにあるような店名の店。
ワッフル以外に食べ物も置いているようだが、こんな店で食べても不味いだけで金の無駄遣いだ。
当初の予定通りにワッフルを注文したわけだが・・

Gaufre de Bruxelles + 2 supl
Gaufre de Bruxelles + Crème Chantilly + Chocolat chaud(belge)(€3.90+€1.30+€1.30)
Brussels waffle + Cream Chantilly + Chocokat Chaud


家内は、ブリュッセルワッフル。
四角形なのが特徴で、本来なら山のようにトッピングがあるはずだが、ご覧の通り。

約200円もするオプションのクリームは少ないし、チョコに至っては小さなカップに入ったものを自分でかけろと。これ、まるでスーパーで売っているチューブ入りの安物チョコソースなのだ。
これで日本円で千円近いのだから、客をカモにしているとしか言いようがない。

ブリュッセルワッフルの断面

断面は見ての通り。ブリュッセルワッフルって、こんなに薄かったっけ?
でも、家内はワッフル自体は不味くは無いと言っていたので、まあいいか。

Gaufre de Liege
Gaufre de Liege(€2.90)

私は散財したくないので、日本でベルギーワッフルと言われているリエージュワッフル
もちろん無駄なトッピングは不要だ。

リエージュワッフルの断面

当然、ベルギーワッフルの特徴である砂糖の粒が入っているはずなのだが、まったく無し。
しかも、日本だと焼き立てを食べさせてくれるマネケンの店があるのに、作り置き。
これでは、ベルギーでもリエージュでもなく、単なるホットケーキの延長品。

値段が安ければ許容範囲だが(街中では1ユーロワッフル店なんかもあるのだ)、店頭にちゃちなテーブルと椅子を置いているだけの席で、この価格。ほぼ最悪の店と言えるだろう。

お会計

※メニュー:全体英語版ワッフル

【詳細情報】
店名:Gaufre de Bruxelles
電話:02/514.01.71
住所:Rue Marché aux herbes 113, Bruxelles
GPS:50.846261,4.354561

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベルギー.ブルージュ(Brugge)

他の方の旅行記を見ると、この街はどなたも街全体が美術館だと絶賛している。ただし、真冬ではないのでこの時期に行くと怪しい気もしないでもなかったが、週末往復運賃(Week-end Ticket)を利用すると半額で行けるとのことで足を伸ばしてみた。切符は駅の窓口で購入する。(カード利用可。暗証番号必須なのは欧州では常識なので注意)

ブリュッセル=ブルージュ間の週末往復切符
▲カードサイズの切符以外は、使用開始刻印(Validation)する機械が存在しないので、そのまま乗れる。
  中央下に薄く見える穴と数字は、車内検札でチェックされた時のもの。

ベルギー国鉄のサイトのルート検索([SNCB only][only trains]を選択すると良い)は非常に有益で、列車別に停車駅と時刻を詳細画面で見ることができるし、駅の表示をチェックするには不可欠である列車の行き先が候補列車の時刻表と共に表示されるので安心だ。運賃表示が連動していない点だけが不満といえば不満だが、ちゃんと乗車日時を入力することで割引運賃を表示してくれる。駅の窓口営業時間や設備などの情報も見ることが出来る。


駅を降りるともの凄い観光客。多くのみなさんは、横断歩道を渡って道なりに進んでマルクト広場方面にまっすぐ向かっていたが、私は少数派の右側のコースで 愛の湖公園(Minnewater Park) を見てから。
後で多数派のルートも歩いてみたが、文句なくこちらのルートをお勧め。途中で寄り道しながら進めば見所はちゃんとカバー出来るし、電車から降りた多くの集団から離れることも出来る。

愛の湖公園を北上中(その1) 愛の湖公園を北上中(その2) 愛の湖公園を北上中(その3)


路地に入り込んだ所に日本語表示があった DUMON というチョコレート屋にも立ち寄ってみた。
チョコレートは、家内に頼まれて「Galler」「MARY」「neuhaus」「Wittamer」等々の日本でも有名な店で大量に買い込んだが、250gで12~15ユーロもしたのに、こちらは5.5ユーロ。何が違うんだろう? (私はGallerの棒チョコで十分なので食べていない)

Dumonの店構え 量り売りのチョコはこんな感じで売っている① 量り売りのチョコはこんな感じで売っている②


朝抜きでチョコを買ったせいか急にお腹が空いたので、チェーン店風の La Baguette に入ってカフェタイム。ここでカプチーノ(2.00ユーロ)Suikerwafel(2.20ユーロ/チョコ追加) を注文。

Suikerwafel Suikerwafelの断面 カプチーノ


マルクト広場に着くまでの間に見所の多いこと!
当初3時間程度で回ってゲントに向かうつもりだったが、とても回りきれないので断念してしまった。行きの電車から見えた街には近代的高層ビルがいくつかあったので、やや幻滅していたのでブルージュでたっぷり楽しむことにした。

魚市場 土曜日の昼、閑散とした魚市場
▲やはり地方都市では市場は外せない・・といっても土曜日の昼じゃあ閑散としている

  真冬でもボート巡りは盛況
▲ブルージュのその他の風景


ブルージュで入ったレストランは、以下の1軒のみ。
詳細は別に記してあるが、まあ無難なレストランだった。窓側席を確保できればラッキー。

ワーテルゾーイ(Waterzooi) フリッツ 窓側席だと馬車が見える
Vivaldi
評価点:総合★★★★★☆サービス★★★雰囲気★★★CP★★★


結局6時間以上も滞在して徹底的に(約15Km)歩き回ったが、ここでもひどいガイドブックの事例を見つけた。
街歩きプランとして地図で示しているのが、駅から真北に大通りを北上してからサンド広場を右折して繁華街を通りマルクト広場に向かうルートだ。街歩きをロクにしないで書いている素人調査である。駅を降りた多くの観光客の歩く方向を見ても分かるが、そんな方向に歩き始める者は皆無に等しいし、実際その方向に歩くと街の良さは最後まで分からないことになり時間配分を誤ってしまう。

駅前からマルクト広場に向かうルートは、以下のルートをお勧め。方向だけ合っていれば、概ね自然体で良さそうな道を選択して進めば大丈夫だろう。

ブルージュ駅からマルクト広場への推奨ルート
▲クリックでもっと大きな画像を表示できます

このルートで約2.4Kmだが、道沿いを少し入った所にもたくさんの見所があるので、かなり寄り道を強いられると思う。こちらのルートを帰りに選ぶと時間切れで後悔すること間違い無しだ。地図上に道が無かったので線を描けなかったが、川を渡って愛の泉公園の中を北上すると良い。(ミンネワーテルと書かれている道が下まで繋がっている)

大通りには、沿うように緑道があるとはいえ、歩くこと自体お勧めできない。
帰り道に迷うと電車に間に合わなくなるといった時間的余裕がない時だけ利用しよう。



in : 2010/2/13 ブリュッセル北駅[09:23→10:29]ブルージュ駅
  by ベルギー国鉄(SNCB) ICE1530(週末往復運賃 13.80ユーロ/往復)
 ※実際は宿の最寄駅である Brussels-Luxemburg駅から北駅に向かったが料金は同じ。
out: 2010/2/13 ブルージュ駅[16:31→17:33]ブリュッセル中央駅
  by ベルギー国鉄(SNCB) ICE1516(週末往復運賃 13.80ユーロ/往復)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>