《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe

訪問:2017/8/4 11:20
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
7日目は、この旅のメインイベントである聖ミカエルの山(セント・マイケルズ・マウント [St Michael's Mount])に向けての長距離移動。



イギリスのモンサンミッシェルと言われているそうで、干潮時間帯でないと徒歩で島に渡れないということから、11時前には到着しなければならない。ということで、朝6時半に出発して300Kmをノンストップで向かい、無事10時に到着。

Island Cafe

城の観光を終えて、島の中にあるカフェでランチタイム。
島内で食べることが出来る店は、このカフェの他にレストラン「Sail Loft」があるだけだ。



ガラガラの店内席よりも、空いている席を探すのが大変なテラス席側に席を確保してから行列に並ぶと、昼食は正午からと店員が大声で案内していた。ということで、早朝から食事抜きで行動していたものの、クリームティーで昼食にすることにした。

メニュー案内版を見ると、スコーンが2個ついてくるとあるので1人前だけにして、家内用にホットチョコを注文。

Cream Tea
Cream Tea(£5.95≒890円)
Two scones, Cornish clotted cream & Cornish jam served with a tea


ご当地コーンウォール[Cornwall]地方のクロテッドクリームとジャムを使っていると期待していたら、どちらもパック入りのまま出てきた。

Two scones, Cornish clotted cream & Cornish jam

この Rodda's のクロテッドクリーム、どこのスーパーでも売っていただけでなく、店で食べる場合でも普通に使われているようだが、パックのまま出して来るとは究極の手抜き?
あるいは、それだけ名の通った名品ということだろうか。

また、この店のように、小型のスコーン2個に56gのクリームが標準的な量だと思う。
初日のワデスドンマナーで出てきた量が少なすぎるという事は、ここでも証明された。



さすがにジャムの方は、見たことのないブランドだったが、しっかり Made in Cornwall と書かれているもの。メニュー表記に偽り無しだ。



Rodda's のクロテッドクリーム、写真の通り表面が黄色い油脂分の結晶みたいなもので覆われている。
ジャムは、甘みの強いものだ。



スコーンもまずまず。観光施設直営のカフェとしては、上等だ。

この後も出て来るが、今回の旅でクリームティーを8回ほど食べているが(スーパーでスコーンとイチゴジャムとクロテッドクリームを買って食べた回数を含む)、クリームティーの違いを決定づけるものは、クロテッドクリームでもジャムでもなく、スコーンであることが判明している。

一番気に入ったのが、アズダ[Asda]というスーパーで売っていた4個入りで £0.65(≒100円)のプレーンタイプの激安スコーン。これを持ち帰って、帰国日に中沢のクロテッドクリームを買って食べてみたが、結論は変わらずだった。

クロテッドクリームそのものの味や食感の差は、全体印象を大きく変えることが無いというわけで、これなら日本国内でも美味しいスコーンを売っている店を探し出せれば、英国の味を再現できると確証した。

お会計Hot Chocolate


※メニュー:食べ物飲み物

【店舗詳細情報】
店名:Island Cafe on St Michael's Mount
営業:10:30~17:00(7月と8月は~17:30)
定休:土曜日と10月最終土曜日~翌年3月第3日曜日の前日
GPS:50.118324, -5.476080


訪問したイギリスのレストラン

ここでイギリス旅行を中断して、明日から出かける台北マンゴーかき氷食べ歩きレポートを、現地から1日2本ペースでお届けしたいと思う。イギリス旅行の続きは、その後のリトアニア・リガ・ワルシャワ旅行の後に登録する予定だ。(たぶん10月頃? セミリタイアして海外旅行の滞在日数が増えた影響で追いつかない・・)
 

【聖ミカエルの山 [St Michael's Mount] の風景】(☞ 案内掲示


▲出発地点と到着地点(☞ Causeway Opening Times


▲左:上陸したら、徒歩で渡れる時間を再確認(この日は11:15まで)  右:城の入口(£9.50)


▲左:城(St Michael's Mount Castle)の手前の展望台  右:城の中にも入れる


▲展示物は大したことは無いと思う


▲左:あっけなく城の外に出た  右:陸地から渡ってきた道(コーズウェイ)を城から眺める


▲左:反対側の風景  右:眼下には公園があるようだ(別料金の「The Garden on St Michael's Mount」)


▲順路に従うと、お次は教会の中へ


▲徒歩で渡れる時間を45分経過していたが、まだ多少水につかりながらも渡れる状態


▲「The Garden on St Michael's Mount」に入場(£7.00、城とセットで£14.00、木曜と金曜のみ入場可)
地図掲示説明掲示



▲ガーデンは多肉植物がたくさん植えられていた


▲入口では、その多肉植物を多品種販売していた(日本には持ち帰れない)


▲徒歩で渡れる時間を70分経過。そろそろ限界。


▲渡船(£2.00)に乗って戻ろう。本土側の船着き場は海面高(時間帯)によって異なるので注意


▲往路徒歩で渡ることが出来たコーズウェイは、完全に水没

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's

訪問:2017/8/3 18:40
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
6日目は、ウェールズからイングランドに戻るルート。
ケルフィリー城 [Caerphilly Castle|Castell Caerffili]ダイラムパーク [Dyrham Park]ニューポート城 [Newport Castle]ティンツフィールド [Tyntesfield]を経て、今日の宿を確保してあるブリストル[Bristol]のTemple Meads駅前にあるHIEまで。


▲今日のルート実績

7月上旬にIHGのスピードアップキャンペーンを達成したら、達成者には3泊毎に5000ポイントくれるという新たなオファーがあり、出来るだけIHG系列のホテルに泊まろうという方針のもとで選択した。今回の旅行ではアイルランドの古城ホテル以外は、すべてIHG系列に泊まってしまったので、まんまとIHG側の戦略に乗せられてしまったというわけだ。

Don Giovanni'sDon Giovanni's

この日はランチを抜いているので、ディナーはしっかりレストランで食べようと物色したのだが、街の中心は大都市みたいに整備されて魅力を感じなかったので、駅前でありホテルの横にあった評判の良さそうなイタリアンで食べることにした。英国でフレンチは試したことがあるが(☞ Bon Appétit)、圧倒的に多く見かけるイタリアンは初めてだ。


Don Giovanni's
Piatto Misto(£7.95≒1200円)
A selection of cold antipasti alíItaliano.


まずは、前菜盛り合わせをシェアで。
本場イタリアのものとも違うし、日本のイタリアンとも違う微妙な盛り合わせが出てきた。
特に、左側に添えられているパイ生地のスナック菓子は、形状が似ているグリッシーニの代わりという位置づけだろうか。

Piatto Misto

左から、生ハムと安物っぽいハードチーズ、その隣はアーティチョークの水煮にセミドライトマト、スプーンに乗せた刻みトマト、小皿の中は安物アンチョビとオリーブ、中央上にサラダとソーセージが添えてある。
例のスナック菓子の下には、スーパーで良く見る円形スライスのチーズとサラミ。

日本の真っ当なイタリアンでは、こんな手抜き料理(?)ばかりでは出てこないだろう。


Don Giovanni's
Pizza Napoletana(£8.95≒1350円)
Classic tomato and mozzarella pizza.


メインには、ピザを選んでみた。
バジル無しのトマトとモッツアレラということで、定番のマルゲリータと同様だろうという判断だが、なんともピザらしくない皿が出てきた。イタリアのピザではなく、アメリカのピザだ。

ピザの断面

断面を見ると、アメリカピザとは言い過ぎかもしれないが、パンのような食感の生地は好きではないし、チーズも変に焦げてしまって美味しくない。

All our pizzas are traditional Italian crust, hand crafted and stone baked to order. と書かれていたのだが、本当かなぁ?


Don Giovanni's
Lasagne Al Forno(£10.95≒1650円)
Egg pasta sheets, layered with rich pork and beef ragu, bechamella, mozzarella topped and stone baked.


家内はラザニアを選んだ。
これも、なんとも微妙な感じのラザニアだが、お味としては普通にいただるものだった。

ラザニアの断面

ただ、ソースが少なく生地が多いのはピザと共通している。
英国人は米国人と同様に巨体の人が多いが、炭水化物と甘い物ばかり食べているからだろうか?


Don Giovanni's
Mixed side salad(£3.95≒590円)

我々日本人としては、炭水化物ばかりでは耐えられないので、サイドのサラダも注文。
ドレッシングは、イタリアンらしくバルサミコベースだが、レタスの代わりに赤キャベツの千切りというのはいただけないなぁ。

イタリアと違ってコペルトは取られないし(その代わりパンは出てこない)ドリンクは水道水で済むので、お会計は注文品の合計額通りで £31.80(≒4750円)也。もちろん、チップなどの慣習は西欧各国と同様にすたれているので不要だ。
ディナータイムの食堂価格と考えれば、使いやすい店であることは確か。


※メニュー:黒板メニュー前菜・パスタ・魚料理肉料理・サイド・ピザ・サラダ・リゾット店の案内

【店舗詳細情報】
店名:Don Giovanni's
電話:0117-926-0614
営業:12:00~14:00、17:00~20:30(土曜18:00~23:00)
定休:日曜日、土曜日の昼
住所:Victoria House, Temple Gate, Bristol BS1 6PW
GPS:51.447974, -2.583052 (☞ Bing Map


訪問したイギリスのレストラン
 

【ケルフィリー城 [Caerphilly Castle|Castell Caerffili] の風景】
(GPS:51.576242, -3.218307、Google Map
城の案内掲示有料区域案内掲示

家内だけ有償入城して、私は城の周りの公園部分を1周してきたが、予想外に大きな城で、無料の外からだけでも見ごたえがあった。wikiによると、城郭の規模はウェールズ最大で、イギリス全体ではウィンザー城についで2位の規模だそうだ。

Caerphilly CastleCaerphilly Castle
▲左:正面入口ゲート(この先まで無料で入れる)  右:有料ゲート手前からの城の正面


▲無料区域の外周部分の一部は、Dafydd Williams Parkとして市民に開放されている


▲左:公園内にある城のゲートも必見もの  右:さらに左方向に進むと外堀に映る城も楽しめる


▲外堀沿いに進んで城の外観の変化を楽しむ(私は家内のような廃城マニアではないので、こちらの方が好き)


▲正門の真裏に位置する裏門の前までが公園区域。裏門も立派だ。



▲時計回りに4分の3を回って、正門右横側から


▲家内との待ち合わせ時間まであったので、駅まで行って列車見物

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop

訪問:2017/8/2 12:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★


▲今日のルート実績(最初の15分欠落)

5日目もウェールズの古城めぐり。
カリュー城 [Carew Castle]ペンブローク城 [Pembroke Castle]マナーバー城 [Manorbier Castle]ローアーン城 [Laugharne Castle]キドウェリー城 [Kidwelly Castle]を見て、今日の宿を確保してある Swansea へと、かなりの強行軍。

ウエールズ南西端付近の城を回るために当初予約していたホテルを変更したりと、イギリスの到着してからの日程変更対応や、割安なキャンセル不可料金への変更作業に追われたりで、ブログを書く時間の確保が難しかったのだ。(現在は、アイルランドの古城ホテルに滞在中)



ランチは、城の入口近くの交差点にあった「The Cake Shop」というストレートな名称のケーキ屋の奥に喫茶コーナーがあったので、そこでクリームティーをいただくことにした。

店内は、ほぼ満席という盛況ぶり。
テーブルごとに趣向の異なる装飾があり、店内全体を見渡した時の印象とは違ったカフェらしい趣のある店だ。



アフタヌーンティーが £12.80 というメニューが最初に目についたが、クリームティーの文字が見つからず、お茶とケーキにしようかと目を凝らしていたら、Homemade Cakes の中に Cream tea の文字を発見。£4.00 と激安だ。

茶葉の指定は6種類ということで、私は定番の (English)Breakfast、家内は Assam でお願いした。
区別するためか、現代風の色つきポットで登場。


Cream tea
Cream tea(£4.00≒600円)
Scone served with clotted cream and strawberry jam with a pot of tea or a small coffee


しばらく待って、焼き立て(?)スコーンとクロテッドクリームとジャムの到着。
期待のケーキ屋のスコーンは、かなり柔らかめの食感でイマイチかなぁ。
自家製らしいといえば、そうだけど・・

夕食もスーパーで買ってきたスコーンとクロテッドクリームにイチゴジャムでクリームティーにしたのだが、実はクリームティーでいただくスコーンは、冷たいままの方が美味しいのかもしれない。


※メニュー:アフタヌーンティー自家製ケーキ・スープサラダ・パイリゾットドリンク

【店舗詳細情報】
店名:The Cake Shop
電話:01646-682735
営業:9:30~17:00(日曜10:00~16:00)
定休:無休
住所:7 Main Street, Pembroke SA71 4LA
GPS:51.676160, -4.918404


訪問したイギリスのレストラン
 

【ペンブローク城 [Pembroke Castle] の風景】
時間と入城料節約のため、周りを一周して外観だけ楽しむことにした。

Pembroke CastlePembroke Castle
▲左:入口ゲート側  右:その先の駐車場側から

Pembroke Castle

Pembroke CastlePembroke Castle

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
台湾/桃園空港T1: 麥記② 2017/08/30
台湾/台北・龍山寺駅: 龍都冰菓専業家 2017/08/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>