FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スイス/ポントレジーナ[Pontresina]: Hotel Rosatsch

滞在期間: 2019/8/7~10(3泊4日/2食付総額1038.60CHF≒117000円/Junior Suite相当)
食事評価: 総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
スイス旅行の最後、15~18日目は、毎年出かけていたイタリアの南チロルで滞在した前後に寄ることが多かったサンモリッツ。今回は、山の反対側に立地するポントレジーナの宿を確保した。

サンモリッツの街はごみごみしているうえに宿代も高いことから避けたわけだが、宿泊期間中は無料で発行されるエンガディンカードが使えるので、スイストラベルパスは不要となる。
どのみちスイストラベルパス適用外のケーブルカーやロープウェイばかりの地域なので、最後はサンモリッツ経由でミラノから帰ることにしたのだ。当初は北イタリアの高原でお気に入りのリヴィーニョ [Livigno]を経由するつもりだったが、夏しか運行しないサンモリッツ→リヴィーニョ[Livigno]間のバスの時刻表が見つけられずに断念。現地で入手した2019年版の時刻表を見たら、意外に本数が多くて失敗した。



3連泊して食べた内容を、各日のメニューと夕食で食べたものの写真だけ紹介するが、残念ながら質が伴っていないし量も不足気味。内容のないサラダを大量に盛らないと、お腹が持たないのだ。
ちなみに、水道水代をしっかり徴収する点でも気に入らない。1泊350フランの客からたった3フランを取る姿勢って?

昨年4連泊、一昨年は2連泊したイタリアのドロミティにある Hotel Gran Ancei が、いかに優秀で安いかということを確認できてしまった。

スイスは、ドロミティと比較して2倍近いコストがかかる割には食事内容や宿の部屋からの景色も魅力が少ないということも全旅程を通して再確認できたので、スイスに行くのは今回の旅行で最後にしようと思っている。


【1泊目】(この日のメニュー


Starter buffet(CHF17≒1900円)

肉が小鉢のサラミだけで、あとは全部野菜。
それも安いものばかりで、内容無し!



左:パン(自分でカットして持ってくる)
右:Vegetable cream soup with chili oil(CHF8≒900円)

毎日ほぼ同じなので、2日目以降の写真は省略



Colin fillet on glazed celery with capers and olive crostini(CHF29≒3300円)

野菜しか無い前菜なのに、メインの皿もほとんど野菜。
これ1皿が3300円って、あり得ないよなぁ・・



Dizzy fruit with finely roasted nuts(CHF8≒900円)

これで900円も取れると思っている神経を疑いたい

前菜・スープ・メイン・デザートの価格は毎日同じなので、以下表記省略。

*****



朝食は毎日同じなので(野菜2品程度しか変わらない)、2泊目以降は考えて取るようにした。


【2泊目】(この日のメニュー


Starter buffet


Fruit-Curry with poultry, basmati rice and parsnip cubes

バスマティ米とフルーツカレーという組み合わせだが、レベル低すぎだ。



Potato-vegetable STRUDEL with cream cheese

南チロルやドイツ語圏でおなじみのアップルストゥリューデルの中身をインド料理のサモサの中身にしたもの。
この日、隣のホテルはアジアフェアと題して営業していたので、その影響?

しかし、カレーも実質サモサも1皿3300円! ぼったくりもいいところだ。



Red wine cream with Grappa-grepes



【3泊目】(この日のメニュー


Starter buffet

小鉢が1種類だけになった代わりに、初めて肉料理(ローストビーフ)が出てきた。
あとは、相変わらずの単純野菜ばかり。



Roast calb from Engadine with sage, gnocchi and salsify

付け合わせのニョッキ表記の物は、ドイツのダンプリング(団子)だった。
まあ、この程度の料理しか作れないということだろう。



Mottled catfish fillet on ratatouille with garlic crostini

初日の魚料理よりも大きめのナマズだったが、美味しいわけはないか。



Kaiserschmarrn with pear sauce and cream

メニューを見て、オーストリアのお菓子であるカイザーシュマーレンが出てくると書いてあったので、どんなものが出てくるかと思っていたら、ストレートにこのホテルのシェフの実力とコスト意識を表したものが出てきた。

参考までに、過去2軒で食べたカイザーシュマーレンのページを紹介しておこう。
比較していただければ、このホテルの姿勢が分かるというものだ。
オーストリア/ハルシュタット(Hallstatt):Bräugasthof
ドイツ/ローゼンハイム (Rosenheim):Gasthaus zum Stockhammer


※その他メニュー:ドリンクエレベータに張り出されていた価格付メニュー(3日目のもの)
※評価は個別の価格が判明している3日間の夕食に対するものです。

【店舗詳細情報】
店名:Hotel Rosatsch
電話:081-838-9800
営業:18:00~20:30
定休:無休
住所:Via Maistra 157, 7504 Pontresina
GPS:46.491693, 9.903954 (☞ Bing Map


スイスの訪問レストラン一覧

この後、鉄道でティラーノ[Tirano]経由ミラノまで4時間半かけて移動し(Pontresina⇒Milano: CHF39.00≒4400円)、2泊してから香港経由で帰国したが(前夜の香港空港閉鎖の影響で3時間遅延というおまけ付)、今回は17泊したスイス旅行がメインなので、ここで旅費を紹介しておく。

当初100万円を覚悟していたものの、ふたを開けてみれば夫婦で総額83万円。ツェルマットとサンモリッツで、ジュニアスイートルームをそれぞれ3泊ずつしてもこの金額だ。
IHG特典宿泊を利用した3泊6万円分を加味しても90万円を切ることが出来たのは、食費を切り詰めたことと、別払いの山岳鉄道が1区間だけで済んだことが大きい。

夏休みシーズンのスイス旅行は、安いホテルを利用するツアーでも半分以下の日程で1人30万円以上するわけだから、特に還暦前の方はツアーなど利用せずに個人旅行で出かけていただきたいと思う。宿や列車も一部を除けば現地予約で大丈夫なので(10回以上遭遇している氷河急行なんて、乗車率7~8割程度に見えた)、あらかじめ厳密にスケジュールなど組まずに、臨機応変に対応して旅を楽しもうではないか。

なお、暑さに弱い方は標高1400m以上の土地にある宿を予約することをお勧めする。4つ星クラスでも冷房が無い(稼働させないケースを含む)ことがあるので、それ以下の標高では暑くて寝られないことがあるのだ。今回の旅の前半に泊まったルツェルン [Luzern]では、連日32度前後まで気温が上がっていた。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 91250円(成田<>香港>チューリッヒ|<ミラノ byキャセイ航空)
現地宿泊費:218607円(CHF1590.90+€125.03/19泊;うち特典3泊,2食付3泊,朝食付13泊,スイート8泊)
現地交通費: 64613円(CHF561+€10)スイストラベルパス・ケーブルカー・鉄道・空港バス
飲食雑費等: 40065円(CHF304.03+€46.81)飲食・雑費
旅費合計: 414535円...2人で約83万円

■2019年累計(☞ 2017~2018年 海外旅行費用総決算
回数総泊数総経費
2019年10回127泊¥2,262,872

 

【ベルニナハイキング:Ospizio Bernina⇒Alp Grüm】
Ospizio Bernina駅(☞ Google Map)からAlp Grüm駅(☞ Google Map)までの1駅、多くの方が歩いていた超初心者向けと言えそうな約5Km、ほぼ全部平坦か下り坂の1時間15分のコースを歩いてきた。
Alp Grüm駅は、エンガディンカードで無料で乗れる南端駅。Ospizio Bernina駅は、レーティッシュ鉄道ベルニナ線の最高標高駅(2256m)で、標高差165m。最後のRestaurant BelvedereからAlp Grüm駅直前区間が急斜面になるが、絶景を拝みながら降りることが出来る。


▲Ospizio Bernina駅は、リクエスト停車駅なのに多くのハイカーが下車


▲立派な駅舎と標高表示


▲案内標識に従い、ティラーノ[Tirano]側ホーム端から道を上る


▲線路と並行にすすみ、踏切を横断


▲こんな景色を楽しみながら進もう(湖はイタリア語表記の Lago Bianco≒白い湖)


▲湖の南端はダム。多くの分岐があるが、基本は線路に沿った左側の広い道を進む


▲左:くねくね建造物は、鉄道の防雪トンネル  右:Alp Grümまで20分の標識


▲Alp Grüm方面の標識が2方向に分かれていても、基本は左側の広い道を進む


▲少し坂を上ると石垣がある。トレイル路マークを確認。


▲角を曲がると建物が見えてきた。Restaurant Belvedereだ。


▲レストランの壁にある標識。レストラン敷地内を進むと、反対側のテラス席は絶景!


▲すぐ下がAlp Grüm駅。鉄道模型のジオラマみたいな景色だと家内曰く


▲Alp Grüm駅到着。この駅からの景色も凄い。


▲列車の後尾に連結されている屋根なし展望車に乗り込んで戻ろう



▲ベルニナ急行なんて目じゃない絶景を楽しみながら、Ospizio Bernina駅に戻ってきた





▲そのまま乗車して、Bernina Diavolezza駅まで。ここからロープウェイに乗り換えて、Diavolezzaへ行くのがお勧め。もちろん、エンガディンカードを持っていれば無料で乗れる。
ベルニナ線の絶景区間は、この先Morteratsch駅まで楽しめるので、そのまま乗車するのも良いだろう。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スイス/クール[Chur]: Burger King Richtstrasse 4店

訪問: 2019/8/6 19:00
評価: 総合★★☆☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
14日目は、快適な山の街から下界のクール[Chur]という街に移動。Ibis Churが朝食付2人1部屋1万円弱という、スイスでは考えられないキャンペーン価格を出していたので、Arosaに行くつもりで確保していたのだが、雷雨のためArosa行きは断念。しかし、ibisクラスだと冷房無しなので、部屋が暑いこと。



狭くて暑いホテルで長居しても苦痛なので、小降りになったタイミングで夕飯を食べに街に出たものの、お気に入りのMigros Restaurantは閉店準備中(Google Mapの営業時間が違っていた)。
第二候補の店は満席で断られてしまったので、ツェルマットのマクドナルドと比較するために、ホテル隣のブロックにあるバーガーキングへ。ちなみに、ホテルと同じ建物にマクドナルドもある。



マックと同様にタッチパネル形式の注文受付機で注文していると、家内が横からソフトクリーム(Cono King Sundae)が安いから食べたいと。

1フラン(約113円/今回の旅のクレジットカード決済レート平均値)が安いかどうかは疑問だが、昔マックで30円ぐらいで食べた記憶のあるものと同じような、超小盛りのものを渡された。でも、コーン部分がワッフル生地なのでマックよりマシかな。




注文は、上記3品でCHF24.80(≒2800円)也。
単品バーガー2個にソフトクリーム1個で約3000円って、やっぱりスイスだ!

ちなみに、定番のワッパーは8.10fr(≒920円)だから、日本との価格差率はマックよりも低め。
チキンナゲットバーガーなるものが3.50fr(≒400円)と、マックのチキンナゲットが4個3.90frであったことを考えると安い。

今回は頼まなかったが、アメリカでの私の定番だったオニオンリングが3.90fr(≒440円)、スイスらしくロスティフライ(4.90fr≒550円)なるものもあったが、映像からハッシュドポテトを細長く切って揚げたものだろうな。
アメリカだと大量にタダでもらえるポテトに付けるケチャップが事前注文制で有償(0.30fr)というのは、マックも同じだ。




意外に早くできたようで取りに行くと、価格はマックの数割増しなのに、箱ではなく紙で包まれたものを渡された。バーガーキングって、元々が高いから全部同じアプローチなのかなぁ。



ALP King Beef(CHF13.90≒1550円)

私の注文は、ご当地バーガーと思われるアルプ・キングのビーフ版。
チキン版もあって、そちらだと3フラン安くなることから、ウワサ通りスイスの牛肉は高いみたいだ。




中身は、パテ2枚のダブルワッパーの上に、柔らかなビーフジャーキー風のハム(味わい的にはビーフというよりは鹿肉っぽい印象)の千切りをたっぷり乗せ、レタスの代わりにルッコラを大量に盛ったもの。



マックのご当地バーガー「The Farmer」よりも4割高いが、サイズが大きいので食べ応えがあるし、全然美味しい。
やっぱり私は、絶対額は高いもののバーガーキングの方が好きだ。



Extra Long Chili Cheese Burger(CHF9.90≒1100円)

家内は、ザンクトガレンのサブウェイで食べたものと同じような形状のもので比較したいと、これを選んでいた。いや、辛いもの好きなのでチリに惹かれたのかも?




中身は、普通サイズのパテが3枚と、ちゃんと溶けているスライスチーズに辛子マヨネーズがたっぷり。そこに、ハラペーニョらしき辛いピクルスをトッピングしてあった。
激荒ハラペーニョは食べれないので、外して味見したものの、マヨネーズ側にもハラペーニョの辛みが移っていて、私はパス。激辛嫌いだ!(家内いわく、ぜんぜん辛くないと)


ということで、マックよりは断然よかったものの、お値段も高額なので★2つ。
ファストフードレベルのバーガー単品2個で3千円って、かなり抵抗のある金額だと思う。


【店舗詳細情報】
店名:Burger King Richtstrasse 4
電話:081-252-1881
営業:10:00~24:00
定休:無休
住所:Richtstrasse 4, 7000 Chur
GPS:46.845766, 9.509193 (☞ Bing Map


スイスの訪問レストラン一覧
 

【クール [Chur] の風景】

▲左:ブリーク[Brig]と同様に、Arosa方面行きは路面ホーム&市街地は一般道路と共用だった
 右:目抜き通り(人が少ないのは雷雨だったから?)





テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スイス/アンダーマット [Andermatt]: Spycher

訪問: 2019/8/5 18:30
評価: 総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
13日目は、その昔グレイシャーエクスプレス(氷河急行)[Glacier Express]が走っていたというフルカ峠越えの路線を走るフルカ山岳蒸気鉄道[Dampfbahn Furka-Bergstrecke(DFB)]のSLを見に行ってきた。
スイストラベルパスは適用外(割引にもならない)で、片道運賃が73フランと高額で乗る気になれなかったが、レアルプDFB[Realp DFB]駅からの出発前風景や構内にある転車台施設などを見てきた。念のため終点のOberwald駅も見てきたが、DFB専用ホームがあるだけで意味なし。そのまま、1週間前に雨に降られて歩けなかったオーバーアルプ峠[Oberalppass]の湖畔(Oberalpsee)を少し歩きに行った。


夕飯は、候補2軒の片方がべらぼうなお値段だったことから、安い方の店をチョイス。見るからに混雑していたうえに、先客に日本人のオッサン2人組がいたのにはビックリ。アンダーマット駅構内を除いて、今日の行動範囲で日本人を見かけていなかったからだ。




家内はビール、私は水道水をお願いしたのだが、水道水は最後まで出てこず。
最初から店員の態度が悪かったので(外国人っぽい人)、仕方ないか。

パンは、家内が頼んだメイン料理に付いたものだと思う。



Poke Cutlet 180g(CHF24.00≒2700円)
Comes with a mixed salad and homemade herbed butter


しかし、カツレツ表記なのに、出てきたのはグリルというかソテーっぽいもの。



ハーブバターは冷凍してあったのか冷たすぎて溶けず、ポークソテーに付けたところで味が薄いのでソース代わりにはならない。
おまけに、豚肉は硬い腿肉。

サラダのドレッシングはフレンチかイタリアンを選べるとのことでイタリアンにしていたが、普通の市販風で芸無しだ。



Pizza Cherry Baby(CHF18.50≒2100円)
Tomato sauce, mozzarella, zucchini, mascarpone, cherry-tomatoes


私は、マスカルポーネの文字に興味を持ったことから、チェリートマトのピザにしたのだが、単に焼き上げた後(あるいは焼きあがる直前)にマスカルポーネをスプーンですくってトッピングしただけっぽいもの。ピザには合わないなぁ。



生地はナポリ風の薄いタイプだったが、この生地も不味い。
露骨に小麦粉の味がするタイプで、サルバトーレクオモ派の私には嫌いなタイプだ。




ほぼ良いことなしの店だったが、200ccの小ビールを付けて46フラン。5千円ちょっとなら、スイス価格と考えれば安くあがったかな。
メニューを見る限りは、全体的に(スイスとしては)安い価格設定なので、それで客を呼び込んでいるのかもしれない。


※メニュー:今日のコース(ランチのみ?)前菜夏メニューパスタピザ①ドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Spycher
電話:041-887-1753
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:Gotthardstrasse 65, 6490 Andermatt
GPS:46.634157, 8.597596 (☞ Bing Map


スイスの訪問レストラン一覧
 

【フルカ山岳蒸気鉄道[Dampfbahn Furka-Bergstrecke(DFB)] の風景】
公式HP(Die Welt der Furka-Dampfbahn)
リーフレット①




▲フルカ山岳蒸気鉄道のSL映像(客車切り離し作業)

ポーランドのエルク狭軌鉄道ツアーの時と同じように、当日の集まりが悪いと連結してあった客車を切り離して退避させていた。
切り離された客車は新型のつまらない車両なので、ピーク時の予約は避けた方が良いかも。



▲フルカ山岳蒸気鉄道のSL映像(切り離し作業後の単独運転)

連結してあった客車を切り離して退避させた後、元のポジションに戻す作業。



▲フルカ山岳蒸気鉄道のSL映像(ラック式レールと噛み合う部分の稼働テスト中)

普通のSLには見られない山岳鉄道らしい駆動パーツの稼働テストを発車前に行っていた



▲2019/8/10 フルカ山岳蒸気鉄道のSL映像(出発)

踏切手前で汽笛を鳴らすのは、ポーランドのエルク狭軌鉄道ツアーの時と同じだ。
(転車台のある整備工場の構内に一般道が交差する踏切がある)
 

【オーバーアルプ峠 [Oberalppass] の風景】
峠に隣接するオーバーアルプパス[Oberalppass]駅のすぐ横に、1周歩けそうな(実際は道が無いので歩けない)湖があるので、歩きに行った。







▲ちょうど氷河急行どうしが単線交換したタイミングだったので、鉄道写真をば



オーバーアルプパス駅は、ディゼンティス[Disentis]方面行きホームに長い編成の列車が入ると、アンダーマット方面行きホームを塞いでしまう。どうやって乗る(あるいは降りる)のかと思っていたが、Disentis方面行きの列車が発車してから乗ることになるようだ。(線路に挟まれた部分がアンダーマット方面行きホーム)



お隣のNätschen駅まで5.5Kmと距離があるうえに単調な道だったので、歩く価値は無いと判断。
実際、電車2往復中にアンダーマット方面へのハイキング道路を歩いていた人は1組2人しか見かけなかった。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
ミャンマー/ヤンゴン: Shwe Palin Junction Centre店 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>