《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

カンボジア/シェムリアップ(Siem Reap):ボパ・アンコール(Bopha Angkor)

訪問:[2012/1/29 13:00]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
カンボジア最後の食事は、複数のガイドブックに掲載されていたホテル併設のこの店。
前夜、オールドマーケットから川沿いを歩いていた時、対岸に見えた派手に電飾していた店だ。

外観

実際はそんな安っぽさが無くて、周囲にビルがない事も手伝って良い雰囲気。
店頭メニューをチェックしていると、他店ではまったく見なかった VAT10% を別枠加算するとの表記があったので、一瞬入るのをやめようかと躊躇したが、他に候補の店が無かったので突入。日本人団体客が入っていたのには幻滅したが、日本の複数のガイドブックに載っているのだから仕方ないか。

レストラン正面 見える客は日本人団体!

と、否定的な書き出しをしているが、実は当地で試した6軒の中で一番気に入った店になってしまった。
価格的には高級店に入るし、ウルサイ日本人を相手に商売しているとなると手抜き料理を出すわけにはいかないという、良識ある経営者の努力の結果なのかもしれない。

料理だけでなく、空間の広さと花が沢山咲いていた雰囲気も気に入った。基本的に行列や人ごみが嫌いなので、郊外型の店(というほど郊外では無く、オールドマーケットから歩いて5分程度)にはアドバンテージがある。

テラス席 テラス席から入口側の眺め

セットメニュー(US$16~19)に目が行ったものの、ランチ2軒目ということもあって無理と判断し、ガイドブックお勧めの Traditional Khmer Beef Curry with Coconut Milk(US$8.00)をお願いした。
ライスは別料金(US$1.50)。

注文を終えると、なぜかおしぼりが2つ出てきた。
しかも、使ったらすぐに下げるということもないので、いつでも使えるという面で嬉しい。

Traditional Khmer Beef Curry with Coconut Milk

例によって東南アジアらしい器でカレーの到着。
じゃがいもゴロゴロ、という感じの具沢山のカレー。コースのカレーと違って十分なボリュームだ。

空中のおひつから直接ごはんをよそう ご飯の量が凄い!

いっしょに、大きなおひつに入った御飯を持ってきたが、写真のように手におひつをもったまま、空中から皿にご飯をよそってくれる。やはり、日本で普通にいただくご飯も、ところ変わればアプローチも違う。
ライスごときで US$1.50 もしたので、さすが高級店価格だと思っていたが、ご覧のように優に3人前はありそうなボリュームだ。ホテル併設店だから、日本の旅館の食事のような錯覚。

さて、これでは中身が見えてこないので、お約束のカレーライスにした写真。

カレーライスにしてみた

じゃがいもだけでなく、人参や肉も大きなサイズでゴロゴロ。
肉は柔らかく、野菜も十分に味が浸みていて、高級店らしい味わいだ。

伝統クメールビーフカレーのお味はというと、タイの甘いチリソースをベースにしたような甘口で、いわゆるカレーからは外れる感じだが、他店ではタイ料理か中華料理という路線の味が多かった中で、独自性のある味を楽しめた。特に、肉と野菜の旨味が凝縮された奥深さを感じたので、煮込料理と考えれば非常に美味しい。

付属の調味料 レシート

タイ料理みたいに調味料が3種類いっしょに出てきたが、なめてはみたもののうまく使う自信が無いので、カレーはそのままの味で(おひつのご飯を除いて)完食。最後の店で満足できる味を楽しめたのはラッキーだった。


カンボジアというよりシェムリアップの街だけなのかもしれないが、英語は通じるし、食事代だけでなく宿代も安いし(今回連泊した宿は1泊US$20で、広々快適な部屋に加えてそこそこ充実した朝食付だった)、街はごみごみしていないし、食べものも割と美味しいとあって気に入ってしまった。
老後の避寒地候補をあちこち物色しているが、今のところ当地が第一候補になりそうだ。


※メニュー:朝食セット前菜牛肉鶏肉・魚野菜・炒飯デザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Bopha Angkor
電話:063-964 928
住所:0512 Acharsva Street, Siem Reap

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

カンボジア/シェムリアップ(Siem Reap):ヴィロス(Viroth's)

訪問:[2012/1/30 11:25]
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
JTB発行の2011年2月版タビトモ掲載店。伝統クメール料理をいただけるとの煽り。

外観

店のメニューを見て、どこが伝統クメール料理なのかと思ったが、それよりもメインUS$3.50~5との記述には腹が立つ。価格帯が違うのだ。中心価格帯はUS$5.25~5.75だから、完全に安値で誘導する不当表示。JTBも地に落ちたもんだ。(最後のメニュー写真参照)
単独レストランに見えたが、HPを見るとホテル併設レストラン。この後に行った店もそうだったので、街の中心から外れた店は、それが普通なのかもしれない。


Mixed Fruits Shake

この店、鉄パイプを基礎とした簡易構造の店だが、タビトモによるとフランス人デザイナーの手によるものだとか。赤いカーテンはクメールシルク製とのことで、アジアの雰囲気かどうかは微妙だが開放感のある雰囲気は抜群で、欧州系デザイナーのセンスを感じる。

Mixed Fruits Shake(US$2.50)を飲みながら雰囲気に浸ることにしたが、グラスにはフルーツではなく人参を挟んであったのは、なんとも(苦笑)
ここまで固定して頼んでいたマンゴジュースが無かったので選んだわけだが、予想通りバナナベースで、恐らく本当に全部混ぜ混ぜ。ただマンゴジュースはどこも味が薄くてイマイチだったので、一番おいしく感じた。甘さ控えめは当地共通。

Roast Chicken Khmer Style
Roast Chicken Khmer Style(US$5.75)
Chicken roasted with ginger, onions, morning glory and Chinese basil


メインの到着時に思ったのは、どこにローストチキンがあるのかと。(笑)
皿の半分以上は空芯菜炒めだし、左側も千切り生姜たっぷりの玉葱炒めに見えた。

肉が見えるようにしてアップ

仕方ないので、千切り生姜と玉葱に埋もれていた肉を見えるようにして写真を撮ってみた。
肉のお味は洗練されているが、生姜が苦手だと美味しくない。←私のこと
空芯菜炒めも中華ではなく当地らしい味付けなのだろう。独特なスパイス感はタイで食べる味に似ている。

たが、価格の割には量も肉も少なくて欲求不満。
それに、スタッフがそばに付っきりというのは、居心地面でもイマイチだった。
追加注文するつもりでいたが、クメールという味でもないし量も少なく割高感があったので、これで打ち切って別の店にいくことにした。
この店では、料理はつまみ程度にして、ドリンクで楽しむ使い方が良いかと思う。

入口 レシート


※メニュー:ドリンクサラダ・スープメイン①メイン②・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Viroth's
電話:012-826346
営業:10:30~14:00、17:30~23:00
住所:246, Wat Bo St.

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

カンボジア/シェムリアップ(Siem Reap):Angkor Palm

訪問:[2012/1/29 20:30]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
この日2回目のディナーは、欧米人観光客が集まって夜遅くまで騒いでいる地域の一角にあるこの店。

外観 店内

夜8時半というのに満席だったのは、店頭に掲げられた世界標準である個人旅行者向けガイドブック「Lonely Planet」の推奨店であるという煽りがあったからだろうか。

この Lonely Planet というガイドブックは、日本人でも地球の歩き方が役に立たない事を知っている個人旅行好きの方に愛用されている。そもそも、ミシュランガイドと同様に、スポンサーを贔屓したり業界と癒着することが無い実地調査重視のガイドブックとのことだから、日本ローカルの地球の歩き方とは根本的に編集スタンスが違うのだ。
もうひとつおまけに、この Lonely PlanetTripAdvisor 推奨店と掲げている店がやたらと多いのも、この界隈の特徴。そういった有名ガイドの名を使ってアピールするような店は、世界どこでも避けた方が良いだろうというのは、私からのアドバイスというよりは誰でも知っている世界共通のお約束事である。

話を戻して、席に着くと、いきなりおしぼりが出てきた。しかも紙製のウエットティッシュではなく、布製の本当のおしぼり。ここまで試した店では、おしぼりどころかウエットティッシュすら出てこなかったのだ。
さらには、布ナプキンまで出てくるは、料理に骨付き肉のグリルがあったためか、フィンガーボウルまで出てきたのには驚いた。ちゃんとライムも入っている。

Angkor Palm Platter
Angkor Palm Platter(US$7.50/1人用)

注文したのは、そのロンプラ推奨という盛り合わせ料理。バックパッカーがたむろする地域らしく、お値段も格段に安くて600円也のセットだ。ドリンクも安くて、概ね他に試した店の半額程度。

Angkor Palm Platter の詳細マンゴジュース

サービス姿勢は素晴らしいが、料理の方は褒められるレベルではなかったのが残念で、安かろう悪かろうといった内容だった。

クメール料理の盛り合わせではなく、店の盛り合わせと言う通りで、クメール料理・ベトナム料理・中華料理の盛り合わせになっているし、お味の方も旨味が薄いか素人料理かインスタントベースといった感じのものばかり。この価格で期待してはいけないという事だ。

デザート

最後のデザートも1品だけで、この日1軒目の Raja Angkor で食べたものとは違って、本当にバナナのココナツミルク煮だけ。

ここまでケチりたくないな、というのがホンネだが、問題点は料理の質だけであって、それ以外の面では十分推奨に値すると思う。安いというのは許容範囲が広がるのだ。


※メニュー:前菜スープ・洋食炒め物デザート・珈琲紅茶ソフトドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Angkor Palm
電話:063 761436
住所:Phasar Chas Area (Old Market), Pithnou St, Siem Reap

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>