FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

カンボジア/シェムリアップ[Siem Reap]: Georges Rhumerie & Restaurant

訪問:2019/1/29 19:40
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆


7泊8日のシェムリアップ滞在最後の晩餐は、ホテルに属さない一軒家レストランで存在したお得意のフランス料理店を選んでみた。
テラス席は満席とのことで、室内席へ。

渡されたメニューを見ると、ごく一部を除いてどこがフレンチなのかというラインナップだったことから高い料理を頼むのはリスキーと考え、無難な線で注文することにした。



Foie Gras(US$11.55)
This luxury dish is made with duck liver aromatized with Madagascar wild pepper, bread, & Georges' chutneys


前菜からは、鴨肉サラダ[Smoked Duck Salad US$7.70]を頼んだのだが、なぜか出てきたのはフォアグラ。
当初はフォアグラを頼むつもりだったのだが、メイン料理が貧弱だったので安い方を頼んだわけだが、まあいいか。



持ってきたのはシェフ(フランス人?)だったのにも驚いたが、いきなりパンにパテとジャムを塗って、こうやって食べるんだと1枚作ってくれた。ゆえに、最初の写真はこの分が抜けた量になっている。

これがびっくりで、ちゃんとしたフォアグラのパテ。
添えられているジャムが美味しいせいか、フォアグラの味も見事に引き立てられていた。
内心、間違えてくれてありがとうと思ったぐらい。




フォアグラを片付け、次に出てきたのが薬味セットみたいなもの。
一応説明はしてくれるのだが、上の3列は先ほどフォアグラに付いてきたジャム系(チャツネ系)で、下の3列が辛み調味料系。

他のテーブルでも出ていたので、何を頼んでもデフォルトで出てくるものだと思うが、メインはグラタンを頼んでいるので使えるかなぁ?



Gratin Crevettes(US$11.00)
Prawn, Shimeji mushrooms, black olives, and macaroni in a cheesy tomato sauce gratin


そのグラタンだが、メインとは思えない少ないポーション。
バゲットのサイズを見てもらえれば、サイズ感が分かるだろう。



海老グラタンを頼んだのだが、ペンネばかりが目立つ。



実際は、写真のような小海老が7尾入っていたが、ペンネの比率が高すぎてグラタン部分がほとんどない。そのグラタンも、はっきり言って素人料理レベルで美味しくない。一番フレンチに近いと考えて選んだのだが・・
さきほどの薬味は使いようがなく、ジャムとチャツネはバゲットに塗っていただくことにした。


ぜんぜん足りないので、デザートを追加注文することにした。
この店も街の中心と宿の中間という不便な立地にあるので、他の店に移動すると宿に戻るのが面倒になることから仕方ない。


Gato d'angkor(US$5.50)
Mango & Sweet Potato cake on a bed of passionfruit coulis, topped with ricotta ice cream


選んだのは、ご当地アンコールの文字が入ったもの。
スイートポテトにマンゴーを加えたケーキの土台に、リコッタチーズの濃厚アイスクリーム。
皿いっぱいに敷かれているのは、パッションフルーツのソースと、量は少ないものの真っ当なものが出てきた。



マンゴーは、ドライマンゴーを刻んだものがスイートポテトの中に混ぜられている感じだったが、あまりマンゴー感はない。しかし、ケーキと見ればかなり美味しい部類。

ちょっとパッションフルーツの味が強すぎるかな。
他のフルーツを使った方が良さそうな感じ。



Macaron with Georges jam(US$1.65)
1 piece of macaron with your choice of Georges jam


おしまいと思っていたら、シェフがマカロンを持ってきてくれた。
注文ミスを悟って差額分にはならないもののお詫びで持ってきたのかな?
メニュー上では1.5ドルで販売しているものなので、サービスということではないだろう。



お味の方も割と真っ当。
ということは、ソースが要となるメイン料理系以外は大丈夫ということか。


 

お会計は、外税分とドリンク代を加えて US$27.50也。
メインを作る腕が無いシェフであることは確かだと思うが、フォアグラはまずまずだったことと、室内席だけかもしれないがシェフ直々のサービスがあった点は高評価。

同じフランス統治時代のあったベトナムでのフランス料理はイマイチだったので(☞ Le Bourgeois)期待せずに出かけたのだが、悪くはない選択だった。
ただし、フランス料理店と思って出かけない方が良いだろう。

そうそう、最後にシェフ(フランス人?)が日本語であいさつしに来た。
請求書といっしょにレストランカードを持ってきたのだが、そこにも「絶品ピニャコラーダ」なんて日本語が書かれていたので、帰り際にスタッフに何でシェフは日本語を話すのかと聞いたら、日本で働いた経験があるそうだ。
韓国人や中国人が多い中で、ちゃんと日本人を識別できた点で、なるほどと思ってしまった。


※メニュー:ドリンク前菜メイン①グラタン・ソーセージデザート①

【店舗詳細情報】
店名:Georges Rhumerie & Restaurant
電話:096-861-7448
営業:16:00~22:00
定休:日曜日
住所:Georges' Ln, Siem Reap
GPS:13.347782, 103.859047 (☞ Bing Map


カンボジアの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

カンボジア/シェムリアップ[Siem Reap]: Meng Cafe

訪問:2019/1/29 13:20
評価:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
シェムリアップ実質最終日。高級店ばかり行くのもつまらないので、ランチは激安店狙い。
感動のTevy's Placeや、ナイトマーケット近くのDee Caféと似たような価格設定の店を選んでみた。



実は、Google Mapで閉店登録されていたのだが、実際は御覧の通り営業していた。
無料WiFiがあったので現場から解除申請しておいたが、営業妨害で閉店登録されていたのかも?

近隣のもう1軒も閉店登録されていたので、結構いい加減な Google Map の閉店情報。あまり信用しない方が良いかもしれない。食べログの方がしっかり閉店審査しているようにも思えるが、実際は閉店しているのに放置されることが多かったのでどっちもどっちか。



Fresh Spring Rolls Chicken(US$1.50)

まずは、タレを除けば本場ベトナムよりも美味しいのではないかと思える生春巻。



ベトナムで食べると、たいていは作り置きでライスペーパーが硬くなっていることが多いのだが、シェムリアップでは注文後に作っているようで、ライスペーパーが乾いていた局面は一度も無かった。
この店も、写真の通り巻き立て。



乾燥を防ぐ手段として、全体ではないものの皮の部分に薄く油を塗っているようで、こうやって出されてもくっつくことがない。
中身も春雨ばかりというベトナムで食べるものと違って、野菜ばかりというのが当地標準。

鶏肉もしっかり入っていて3本で1.5ドルは安いと思うが、クオリティ面では5倍価格のL'Auberge des Templesとは比べる意味はないものの、2ドルだったKhmer Grillよりも劣る。巻きが甘いのだ。
タレも塩気が強い印象で、値段なりかな。



Khmer Style Special Mixed Amok, Serve with Steam Rice(US$3.00)

メインは、定番のアモック。
ミックスということで、魚と鶏肉が入っていた。



お味の方だが、0.5ドル安かったDee Caféのように卵だらけで具材を誤魔化すほどではなかったものの、やはり卵が多め。



もちろんアモックライスにしていただいたわけだが、玉葱と根菜みたいな細切り野菜が多いかな。
味については、まずまずといった印象だ。


  

お会計をお願いすると、ちょうど5ドルとのこと。
伝票をみたときには気づかなかったのだが、生春巻きを25セント安い価格で計上していたようだ。

サービス担当は若い女の子、結構かわいいし気が利く。
奥のキッチンで家族が作っている雰囲気だが、典型的な家族経営の食堂のようだ。


※メニュー:ピザ・朝食①西欧料理①②・クメール料理①デザート・ドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Meng Cafe
電話:098-760605
営業:8:00~22:00
定休:無休
住所:Wat Damnak Village,Sankat Salakomroeuk, Rambutan Ln, Siem Reap
GPS:13.351881, 103.855388 (☞ Bing Map


カンボジアの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

カンボジア/シェムリアップ[Siem Reap]: Haven (Training Restaurant)

訪問:2019/1/28 19:25
評価:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆


土曜日の昼に様子見に来た店だが、日曜日はお休みという事で月曜日の夜に訪問。
かなり人気店のようで予約必須みたいなことが書かれていたけど、ほぼ満席ながらも入ることができた。
空間の広さに対して席数が少ないし、街から少し離れているので予約しておいた方が安心だろう。(私はたった2Kmで2~3ドルも取るらしいトゥクトゥクに乗る気などさらさらないので、満席なら別の店に歩けば良いと予約無しで訪問)



Fresh Passion Soda(US$2.25)

ドリンクは、気に入ってしまったパッションフルーツ。
この店はソーダでの提供とのことだったが、何これ!っていうほど薄い味。
市場で見た限りはたいして高くない果物なのに、1個しか使っていないではないか。
この段階で、設定価格に見合わない料理しか出てこないだろうと悟ったわけだ。



Mixed Satays(US$5.00)
Chicken & pork skewers with peanut satay sauce


前菜も、他店と比較できるサテーをチョイス。
ピーナッツサテーソースと記されていた通り、ここまでの店と違ってマレー版のサテーソースだった。



マレー料理のサテーと同様に、肉も薄くスライスしたものを串にさしていたけど、サイズがマレーシアで食べるものと違って体積比で倍ぐらいある分だけ、淡白な味気ない肉質が美味しくない。

おまけに、豚肉が含まれているはずなのに、味わい的には全部鶏むね肉。
いくらなんでも豚肉と鶏肉の違いを認識できないとは思えないので、かなり飽きてしまった。
ソースの量もマレーシアと比べたら半分程度しか無かったし。



Khmer Amok(US$7.00)
spiced coconut curry with noni leaf, freshwater fish (Snakehead Murrel), chichekn or tofu, served with a tamarind dip & steamed rice


西欧料理中心の品ぞろえだったので、数少ないクメール料理の中からは無難に魚のアモックを頼むしか無かった。



もちろんカレーライスならぬアモックライスにしていただいたわけだが、味は悪くないものの、やたらココナッツクリームを入れているのか、スパイス感が足りない。
たとえが悪いけど、日本のカルボナーラのクリームを倍量にしてパンチェッタを半分にした感じで、かなりくどいお味。

具材の魚は、安い店と同じ淡白な白身魚。まあ、これだけソースがこってりしていると、本来の雷魚を使ったら重すぎて食べる気が起きなくなるだろうけど、それにしても安直というか・・




この店、トレーニングレストランと書かれている通り、カンボジアの田舎の若い人たちを世界で通用するように教育することを目的とした店らしいが、その割にはスタッフの笑顔が少ないしサービスが良いとも言えない。
教育目的というきれいごとをうたっているけど、価格設定が高い割には原価率が低いだけでなく内装にコストもかけていないことから、オーナーが儲けに走っているとしか思えなかった。

いずれにしても、調理技術が低すぎるので(トレーニング施設だから当然?)、わざわざトゥクトゥク代を払って出かける店ではないと思う。


※メニュー:前菜スープ・サラダカンボジア料理麺飯・スペシャル西欧料理バーガー類デザート

【店舗詳細情報】
店名:Haven
電話:078-342404
営業:11:30~14:30、17:30~21:30
定休:日曜日、年末年始
住所:Chocolate Rd, Siem Reap
GPS:13.349705, 103.860911 (☞ Bing Map


カンボジアの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/澎湖・馬公: 澎湖人蛋黄麺 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: 城隍廟前焼肉飯 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店 2019/03/21
台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包 2019/03/21
台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店) 2019/03/20
台湾/澎湖・西嶼郷: 清心飲食店 2019/03/19
台湾/澎湖・二崁聚落保存区: 二馬豆花 2019/03/18
台湾/澎湖・馬公: 福鴨鴨肉大王 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 郵局口蔥油餅 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 福牡蠣屋 2019/03/16
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>