FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ハノイ・西湖: Saigon@IC Hanoi Westlake ②

訪問: 2020/1/5 19:30
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★CP★★★☆☆
実質最終日は、Novotel Suites Hanoiから10Km離れたIntercontinental Hanoi Westlakeへ移動。
やっぱり路線バスには乗りたくないし、大晦日に乗ったタクシーも酔って途中で降りてしまったことから(酔い止めが効かない!)、歩いて向かうことにした。
途中日本人街らしき区域を見つけることが出来たのは、街歩きしながらの移動ならではだろう。西湖湖畔ベンチでの休憩を含めて2時間半で到着。



2019-20年越旅行の最後の晩餐は、前回訪問時にレストランの水準が高いことを確認しているホテル直営レストランを選んだ。

前回は奥の方が貸切パーティーで見えなかったが、思ったよりは奥行きが無かった。
今回も、オープンキッチンが見える席に案内された。




肉料理と主食の海鮮炒飯をお願いしたら、肉料理にご飯が付くから炒飯を頼むと多すぎるとアドバイスされたことから、肉料理だけを注文。
ドリンクはパスしたら、無料の水を持ってきてくれた。さらには、お通しの揚げ海老煎とおしぼりまでも。

同じインターコンチネンタルのレストランでも、ランドマーク72(☞ 3 Spoons Restaurant)と比べて雲泥の差だ。これこそが、5つ星ホテルのレストランだよなぁと思えるサービスであり、最後の晩餐に相応しい店だ。



"Lang Son" style roasted duck(485100đ≒2350円)
Served with dipping sauce


お願いしたのは、変わった形で出てくるのかと思えた鴨のロースト。
前回のメニューにも載っているものだが、1割の値上げ。

しかし、今回のメニューには載っていないものの、前回のメニューに載っていた550円安い「Roasted duck breast」とどう違うんだろう?
ごく普通の鴨のローストだし、ソースも普通のものよりは抜群に美味しいけど、単なる(?)中華醤油。




断面を見ると、皮目の部分の脂が結構残っている。
先月クアラルンプールの郷村燒鴨で食べた北京ダックの皮の部分はしっかり脂が抜けていたが、それ以外の部分ではほぼ同じ味わいかな。

こう考えると、郷村燒鴨って安くて優秀なんだなと。来月もKLには行くので、また食べに行く気になってしまった。




少し遅れて出てきたご飯は、茶碗1杯だけで予想より少な目。
ちょっと物足りなかったので(デザートがつまらないことは前回確認済みなので)、部屋に戻って家族へのお土産に買っておいたドリアンケーキのパックを開けて、1つ食べてしまった。

なお、当初は前回あったバインセオも頼もうと思っていたが、無かったので聞いてみたら、この時期のメニューは年初特別メニューなんだそうだ。言われてみれば、確かにメニューデザインが正月モード。
期間が終わったら、普通のメニューに戻ってバインセオなんかも復活するとのことだったが、全体的に価格が前回の1~2割増しだったのは、正月特別メニュー期間だったからかもしれない。


※メニュー:セット前菜①②、屋台料理肉・魚ベジ・飯デザート
※前回の訪問: 2018/3/17夜

【店舗詳細情報】
店名:Saigon Restaurant
電話:024-6270-8888
営業:18:00~22:30
住所:Intercontinental Hanoi Westlake 2F, 5 Từ Hoa Công Chúa, Quảng An, Tây Hồ, Hà Nội
GPS:21.058502, 105.831730 (☞ Bing Map


ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング


翌日は、86番路線バスで空港まで移動し(35000đ)、羽田行のANA便に乗って帰国したが、席だけプレエコの席を案内してくれた。やっぱり個人旅行の上級会員を大切にしないで役人や出張族ばかり優遇するJALと違って、ANAは個人旅行者を大切にするね。まだSFCブロンズ会員だけど、ANAに復帰して良かったと真に思った。

さて、ここで恒例の旅の経費を紹介したいと思う。
今回は、最初の2泊こそ普通の安ホテルだったが、残りはハノイとハロン湾のIHG系とALL系の4つ星と5つ星のホテルホッピングで楽しんだことから、宿代が比較的高めになっている。

今年取得予定のANAダイヤモンド会員資格が切れる2022年3月を海外個人旅行の実質最後にする計画なので(注:行かないというわけではないが、その後は4周目となる日本国内旅行にシフトする予定)、今後は今回のような高級ホテル滞在中心の旅が増えてくると思う。
正直、乗る前どころかバスに乗ることを考えるだけで吐き気がするようになってしまったことから(この記事を書いているだけでゲーゲーするほど重症)、小型バスや市内バスの類は極力避けたいので、行先もリピート中心でバスやタクシーを使わないで行ける場所に限定されるだろう。昨年はほぼゼロだったレンタカー利用も、現状バス酔い症状がひどすぎるので、今年は復活させる予定だ。その代わり、当初還暦後から検討しようと考えていたバスを使うツアーの利用は、絶望的になったと思う。


■今回の旅の費用
往路航空券: 62710円 羽田<>ハノイ(ANA:3210マイル獲得)
現地宿泊費:116592円(13泊;うち朝食付9泊,5つ星6泊)
現地交通費: 2043円 空港バス・市内バス・長距離バス・タクシー(1回)
飲食雑費等: 21526円 飲食・雑費・SIM代(200000đ≒966円/Viettel)
旅費合計: 202871円

■2020年累計(☞ 2019年 海外旅行費用総決算
回数総泊数総経費
2020年1回13泊¥202,871

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ハノイ・Dịch Vọng Hậu: Bún Bò Huế Ngự Bình

訪問: 2020/1/4 18:50
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆


おこげ料理を外してしまったので、2軒目は無難に麺料理店へ。
前夜下見をしておいた店だが、今日の客は少ないようで店内ゼロ、店頭数組という客の入り。

英語は通じないし、メニューは当然無いので、Google Mapの投稿写真を見せて注文した。




この店も、昨晩のBún Cua-Cá-Bề Bềと同じように氷入りの中国茶が出てきた。



別皿が、今まで見たことの無いタイプで、千切りキャベツをメインとした茹で野菜。
生野菜だと食中毒のリスクがあるので、それを避けたいのかな? 美味しくないけど・・




期待の麺だが、麺を隠すほど具材で覆ってくる好きなタイプ。
店名がブンボーフエなので、ブンボーフエだと思いたいが、違う気もする。



中に隠れていた具材を表に出してみたが、一番楽しみにしていた血のゼリーが入っていないではないか。
とはいえ、英語は通じないので抗議しようも無いことから、おとなしく食べることにしたのだが、普通なら生肉を茹でたものが入るところ、スライス肉は全部ハムや焼き豚の加工肉だった。

どうりで、スープのコクが強いと感じたわけだ。加工肉から出てくる化調と旨味が溶け込んでいたというワケ。



麺は、昨晩も含めて3か所で食べた麺すべて共通で、細いうどん(太い冷や麦)的な米麺。
日本には無いので、あまり麺を食べた気にならないのだが、これはこれで美味しいものだ。
特に、この店の場合はスープの味が麺に少し浸透したみたいで、麺の味としては一番美味しかった。

お会計をお願いすると、45000đ(≒220円)と、予想より高め。個人的には、40000đが妥当な線だと思えたので、CP点は標準とさせていただいた。
しかし、観光地以外のベトナム麺食堂は、メニューが無いのが普通みたいで敷居高すぎだ。


【店舗詳細情報】
店名:Bún Bò Huế Ngự Bình
営業:7:30~21:30
定休:無休
住所:11 Phố Dịch Vọng Hậu, Dịch Vọng Hậu, Cầu Giấy, Hà Nội
GPS:21.032019, 105.786808 (☞ Bing Map


ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ハノイ・Dịch Vọng Hậu: Cơm tấm Tường Hân

訪問: 2020/1/4 18:20
評価: 総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆


夕食は、新しくできたらしい米料理の店をチョイス。おこげに見えた投稿写真が美味しそうだったのだ。
投稿写真を見せて注文しようと思っていたら、一部ではあるものの写真付き英語併記メニューが出てきたので、それを指差して注文完了。



Com nieu Suon nuong(71500đ≒350円)
BBQ pork claypot rice


10分強待たされて出てきたのは、スープとキムチが付いたセットメニュー構成。
写真では、おこげご飯の上に具材が乗っていたが、別皿で出てきた。

スープは蕪のスライスみたいな具の入った中華チキンスープで、化調ベースのお味。
キムチは、露骨な安物っていう味で、不味い。日本の吉野家のキムチは優秀だなぁ。




期待のBBQポークだが、酢豚サイズのブロック肉。と思ったら、ちゃんと骨付きだ。
ゆえに、可食部が滅茶苦茶少ない。




おこげご飯は、鉄板焼きのステーキと同様に熱してあった金属鍋に入っている。



反対側も表面と同じように良い焦げ加減。
そこに、別皿のBBQポークを投入して、メニュー写真と同じような感じにしてみた。

ところがである。
おこげに味が付いていないし、BBQポークもほぼタレの無い状態で、どうやって食べるのだろうかと。

最初はスープを少し加えてみたが、どうもテーブルに置いてあった中華醤油を出てきた段階ですぐに回しかけて、醤油を焦がしながら食べるのが良さそうな感じだったが、時すでに遅し。
米は固まってほぐしにくいし、BBQの可食部は少ないし、タレは少ないしと、まったく良い印象を受けることが無かった。




お会計は、メニューでは税別表記だったものの、税金は加算されず。
その代わりに、特に頼んでいないし、入っている気配も無かった追加トッピング料らしきものが加算されてきた。

まあ、税別と思っていたのでそれよりは安かったが、これなら店頭に掲示してあった49000đの期間限定割引メニューを頼めばよかったかなぁ。おこげが食べたかったので仕方ない。


※メニュー:全リスト写真付①ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Cơm tấm Tường Hân
電話:0946-299-288
営業:10:00~21:00
定休:無休
住所:70 Phố Dịch Vọng Hậu, Dịch Vọng Hậu, Cầu Giấy, Hà Nội
GPS:21.030926, 105.786193 (☞ Bing Map


ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
6月:マレーシア
7月:台湾㊶:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
9月:ポーランド
10月:トルコ④:İzmir~Antalya
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Raja Chulan駅: 莆田 Putien Pavilion KL店 2020/02/21
マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: Al Halabi Gourmet Restaurant 2020/02/20
マレーシア/KL・Raja Chulan駅: 鼎泰豐 Pavilion KL店 2020/02/19
マレーシア/KL・パビリオンKL [Pavilion KL]: 三美肉骨茶 2020/02/18
台湾/台北・行天宮駅: 阿城鵝肉 台北吉林店 ② 2020/02/17
台湾/台北・南京復興駅: 五花馬水餃館 台北龍江店 2020/02/16
台湾/台北・中山國小駅: 丸林魯肉飯 農安店 2020/02/15
台湾/台北・遼寧夜市: 正記麻油腰只・筒仔米糕 2020/02/14
台湾/台北・南京復興駅: 林東芳牛肉麺 2020/02/13
メキシコ/メキシコシティ・Insurgentes駅: すき家[Sukiya] Génova店 2020/02/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>