《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

チェコ/プラハ空港(T1/2F):Restaurant Letiště Praha

訪問:[2011/9/26 13:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
最終日はプラハ空港から10Kmほどの リディツェ (Lidice)という街(ナチスに村全体を皆殺しにされたことでチェコ国民で知らない人はいないという場所;☞ wiki)に寄ってから、空港へ。Lidice にはレストランや食堂が無かったのだ。

この階段を上る 店内は広々
▲左:T1からT2に向かう途中の階段を上がる  右:店内は広々としている

パリまではエールフランス便なので、ラウンジは使えないことから空港内で食べることにした訳だが、T1(Terimianl 1)のT2寄り2階にあるレストランを発見した。カフェテリア形式だが、空港職員も使っているようだ。

入口に、飛行機の搭乗案内のようなディスプレーがあって、そこにカウンターでの注文形式の料理一覧が掲載されている。
チェコ語と英語表記が切り替わり表示されるが、英語表示側のユーロ建て価格が異様に高いので、ぼったくり精神に満ちたプラハであることから警戒していたものの、チェコ通貨建ての請求だった。ユーロ現金で払うと、あの表示価格になるのだろうか?(チェコ編の最初に記したプラハ市中心のぼったくり両替チェーン店ウエスタンユニオンで3千円両替した時のレートとほぼ同じ!)

チェコ語版メニュー
英語版メニュー

ちょっと驚きなのは、空港内にも街のあちこちでお世話になった BILLA というスーパーが入っているし、公共エリアのレストラン価格は、全部チェックした訳ではないが、プラハ市街地と比較すると安いぐらいでプレミアム無し。ぼったくり精神に満ちているのは、プラハ市街地限定のようだ。



注文を終えて席を探していると、テラス席があるのを発見。小さな空港なので、間近に飛行機を見ることができるという素晴らしい環境だ。雰囲気的には、羽田や成田で言う展望デッキにテーブルを置いた感じなので、テーブルをギッシリ並べている訳ではなく、飛行機を拝めるフェンス側に1列だけ並べてあるだけ。
さすが空港職員が利用するレストランだけあって特に人気があるわけでもないようで、楽々席を確保できた。

ということで、注文した料理のご紹介。

Pork roulade, potato dumplings
Pork roulade, potato dumplings(CZK77≒350円)

前に並んでいた人が頼んだのを見て、同じものをと注文したのがこちら。
レシート表記から頼んだ料理名を割り出した。

前日食べたスヴィーチコヴァー(☞ こちら)のアレンジ版のような料理で、見ての通り厚切り肉のスライスではなく、刻みハム入りスクランブルエッグのようなものをスライス肉で巻いてある。
さすがにソースは安っぽい。インスタントそのものという味ではなかったので、価格から考えれば十分に納得できる味わいだ。
クネドリーキはポテトバージョン。小麦粉のものよりもずっしりと重いので、3切れで十分。

実は、店に入る前に他の方が持っていた皿もマークしていたのだが、どうも 250g Mixed-grill(CZK130≒590円) だったようだ。どう見ても、旧市街のスタロムニェストスカーと比べたら立派な皿だったので、大食いの若者にはお勧めできると思う。

サラダバーから
Salat velky Vazeny(CZK30≒135円/200g)

メイン料理は、カウンターで個別に注文しなければならないが、サラダ・デザート・ドリンクは勝手に取って精算する方式。ということで、極度の野菜不足だったことからサラダを盛った訳だが、100gで70円弱という価格の割には充実した内容。

ちょっと判別しにくいが、好物のパプリカの右横はマヨネーズ抜きの卵サンドの中身、中央に小玉葱のピクルス、左下に少し見えているのがセミドライトマト、あとは酢漬けキャベツとか千切りキャベツ、カッテージチーズといった構成。日本なら、持ち帰り価格でも250円/100g程度はするだろう。

以上、空港レストランにもかかわらず、プラハ以外でチェックした店の価格とほぼ同じ水準で、プラハ市内の半額以下という安さで気に入った。24時間営業と記されていたので、T1正面にある Courtyard by Marriott に泊まった場合でも使える。(到着日に泊まったが、このレストランの存在に気付かなかったので夕飯抜きとなってしまった・・)


【店舗詳細情報】
店名:Restaurant Letiště Praha
営業:24時間
場所:プラハ空港ターミナル1(ターミナル2側の2階)

大きな地図で見る



■リディツェ(Lidice)の風景■ (☞ 村の公式サイトGoogle Map


▲左:82人の子供たちの象  右:破壊された建物の痕跡


▲左:破壊された痕跡もいくつかあった  右:共同墓地から見た村の跡地の眺め

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

チェコ/ムラダーボレスラフ(Mladá Boleslav):Restaurace Zlatá Kovadlina

訪問:[2011/9/25 13:30]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ルートマップ by 旅レコ
クトナー・ホラ(Kutná Hora)から、特に目的地を定めずプラハの北側に向かい、最終的にはジェチン(Děčín)という街で宿泊。

旅レコ(GPSLOG)で記録したルート

道中にある良さそうな町を物色しながら走った訳だが、この店はその中のひとつ、割と大きな街だった
ムラダーボレスラフ(Mladá Boleslav)の旧市街らしき広場に面した場所で見つけた店だ。(他に、コリーン(Kolín)ニンブルク(Nymburk)の街の風景を最後に掲載しておいた)

もちろん、ガイドブックに載っているような街ではないので下調べ無しでの訪問だが、ちょうどお昼を過ぎた時間帯だったことから、この街で食べようと物色を開始。

日曜日とあって街の人影も少なく開いている店もごく少数だったが、最初にこの店を通った際には、異様に混雑していて入れなかったことからパスして他を物色したものの、他の店がみんな閑古鳥状態だったことから、この異様な混雑ぶりに魅力を感じてしまい、周辺散策した40分後にわざわざ戻ってきたのだ。
まだこの段階では、歩道上にあるテラス席までいっぱいだったが、少し待てば空くとのことで店内で待機した。

外観 店内の雰囲気

無名の地方都市ということもあって、英語メニューは無いだろうと踏んでいたが、しっかり英語メニューが存在した。
もちろん、郷土料理を食べたかったわけだが、ちゃんとメニューには郷土料理のページまで用意されていた。
私が知らないだけで、実はこの街は観光都市だったのかも? (確かに見どころは多かったし・・)

パン

注文を終えると、パンが出てきた。
メインの量が見えないので手を付けないでいたが、メニューにはコペルト(CZK12≒55円)と表示されていたので、当然請求されると思っていたら、請求は無かった。
当地では、パンに手を付けなければコペルトは発生しないのかもしれない。(ポルトガルと同じ感じ)

Garlic soup
Garlic soup with bread crutons, ham and cheese(CZK35≒160円)

まずは、ガーリックスープ。
ガーリックを効かせたブイヨンスープ。刻みニンニクがたっぷり入っているので、においも強烈。
ハムはスライスを1センチ角に刻んだものが少しだけで、底には糸のようによく伸びるチーズが沈んでいた。

ガーリックスープの具

さぞかし大蒜の辛さが出たスープかと思いきや、お味の方は意外とあっさりしたもの。
しっかり出汁をとっているようで、肉と野菜の旨味が調和した美味しいスープだ。
ちょっとクルトンを入れすぎている感もしないではないが、こちら流なんだと思う。

Filet of beef with cream sauce
150g Filet of beef with cream sauce, dumplings and cranberries(CZK139≒630円)

ガイドブックに載っているチェコ料理の代表選手だ。
クネドリーキも小麦粉で作ったもので、確かにパンのように気泡がたくさんある。

このソースが美味しかった。
サワークリームの酸味とフルーツの酸味を軽く加えたような味わいで、パン代わりのクネドリーキにたっぷり付けていただける。とはいえ、パンと違って重量感があるので、3枚でギブアップ。クネドリーキ自体も非常に美味しかったので、ちょっともったいなかったかな。

1cmほどの厚さの煮込んだ牛肉も柔らかくて美味だった。
トッピングのホイップクリームは普通のクリームで、サワークリームを使っていたボスニアとは違った。

いずれにしても、チェコを代表する料理を美味しくいただける店ということで、近くを通過する予定があるようなら、立ち寄る価値がある店という事で推奨したい。(以下の地図には正しい位置を示してあるので、拡大して確認してほしい)


※この店もペプシ(CZK30≒135円)しか無かった。
※メニュー:HPに価格付で掲載されています(英語メニュー有り)

【店舗詳細情報】
店名:Restaurace Zlatá Kovadlina(英語名:THE GOLD ANVIL)
電話:326 734 013
営業:10:30~23:00(☞ 参考
住所:Železná ulice 33, Mladá Boleslav

大きな地図で見る


■ムラダーボレスラフ(Mladá Boleslav)の風景■ (☞ 街の公式サイト


▲左:店の前の広場  右:広場にあるモニュメント等


▲左:広場の裏にあった教会  右:これも別の宗教の教会?


▲この周辺は警察署や行政機関の建物に加え、オペラ劇場といった重厚な建物が集まっていた


■コリーン(Kolín)の風景■ (☞ 街の公式サイトGoogle Map


▲旧市街の広場


▲左:旧市街の中心にある教会(正面に空間が無いのでこの角度しか撮れない)  右:路駐した場所にあった建物


■ニンブルク(Nymburk)の風景■ (☞ 街の公式サイトGoogle Map


▲左:旧市街の教会  右:旧市街の広場


▲旧市街に隣接する川沿い一帯が公園として整備されていて気持ちのよい環境


■ジェチン(Děčín)の風景■ (☞ 街の公式サイトGoogle Map


▲左:丘の上にある城(?)に続く道  右:壁のところどころに櫓がある


▲左:城に続く道沿いにあった広場と建物  右:城の対岸にも崖の上に館があった

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

チェコ/クトナー・ホラ(Kutná Hora):U sv. Judy Tadeáše

訪問:[2011/9/24 19:45]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
プラハの東70Kmほどのところにある世界遺産の街、クトナー・ホラ(Kutná Hora)にやってきた。

ルートマップ by 旅レコ
旅レコ(GPSLOG)で記録した移動ルート(クリックで大きな画面を開きます)

途中、田舎道を走ってみたが、標識はたくさん出ているし、りんごの並木道になっている区間が多く、気持ちの良いドライブ道だ。
落ちているリンゴを拾っている人たちもチラホラ。

街の中心にある広場でイベントをやっていたので覗いてみたら、世界の美女コンテストみたいなのをやっていた。ざっとみて30ヵ国位の美女。小さな街なので観客はせいぜい500人ぐらい。こんなところでやるなんて、日本ではちょっと考えられない光景。

何故かメキシコ料理屋の多い街だった コンテスト会場から引き上げる美女たち
▲左:コンテスト会場から引き上げる美女たち  右:お腹の具合から入店断念したメキシコ料理屋

プラハのカンパパーク(Kampa Park)でいただいたランチのボリュームが予想以上に多かったようで、とてもレストランでは食べられないお腹具合。ということで、聖ヤコブ教会の隣にあったかわいいカフェに入って軽食で済ますことにした。
店員は若い女性ふたりだったが、フロア担当者は英語も達者。ショーケースには自家製ケーキやキッシュが並んでいるので、実物を見て選ぶことができる。

店のロゴ 店内の雰囲気

お勧めはビーフハンバーガー(CZK59≒260円)とのことだったが、以下の2品に、その場で絞って出すというオレンジジュースをお願いした。
しかし、プラハと違って安いこと!!

モッツアレラチーズサラダ
Vegetable salad with mozzarella cheese(CZK55≒250円)

このモッツアレラチーズサラダ、実は普通のサラダ(CZK49≒220円)に、僅か30円(CZK6.00)加えただけでモッツアレラチーズが付くと言うのでお願いしたわけだが、30円とは思えないほどたっぷり乗っていた。
しかも、日本で食べるモッツアレラと違って、欧州で食べると間違いなく美味しいのだ。こういったチーズを食べてしまうと、日本のチーズなど食べる気になれなくなる。

サラダ自体は、やはりドレッシング超控えめというか、かかっていないと感じるぐらい。表記上はオリーブオイルと記されているので、オイルに軽く塩を加えた程度で出すのが当地の定番なのかもしれない。

キッシュ

キッシュ(CZK49≒220円)は、ショーケースに入っているものの中から選んだ。
フレッシュタイプのホワイトチーズ(モッツアレラとは違う気がする)がブロックで入っていて、こちらも美味。
日本では絶対にない、付け合せの野菜の盛り付け方が面白い。(もちろん何もかかっていない)

フレッシュオレンジジュース レトロな雰囲気もある店内

フレッシュオレンジジュース(CZK35≒155円)は、少し砂糖で甘さを調整して飲みやすくしている感じだったが、十分だ。
ちなみに、コーラはCZK22≒100円と、プラハの半値以下。世界遺産のある街の中心の店でもこの価格なのだから、いかにプラハ市街地のレストラン価格が尋常でないかを示している良い例だと思う。


※メニュー:軽食・珈琲・紅茶その他飲料・朝食・デザート類

【店舗詳細情報】
店名:U sv. Judy Tadeáše
電話:327 312 662
営業:08:30~19:00(金・土:08:30~21:00)、月曜定休 (☞ 参考
住所:Jakubská 562, Kutná Hora

大きな地図で見る


■参考サイト
NHK世界遺産|ライブラリー
Kutna Hora(クトナー・ホラ)、世界文化遺産の素晴らしい町 ←かなり古い情報


■クトナー・ホラ(Kutná Hora)の風景■
聖バルバラ大聖堂 街から聖バルバラ大聖堂を目指す
▲左:聖バルバラ大聖堂全景(正面は工事中)  右:街から目指すとこんな感じで見える

聖母マリア被昇天教会 聖ヤコブ教会
▲左:聖母マリア被昇天教会正面  右:聖ヤコブ教会(聖バルバラ大聖堂側から撮影)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>