《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/クチン(Kuching):猫眼嶺海鮮中心 (Bukit Mata Seafood Center)

訪問:[2009/4/25 18:00] (※当時食べログの日記に掲載したものを再編集)
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆

駐車場ビルの屋上がフードコート 全体の雰囲気

夕食に訪れたのは、海鮮料理店が集まる トップ・スポット(Top Spot) と呼ばれている屋台街。
5階建て駐車場の屋上に15軒ほどの店が集まっている。

東南アジアの海辺や川沿いの観光地に多く見かける魚介類を量り売りで食べさせる店がほとんどだが、活ものをメインにしている店は無く、写真のように氷漬けした魚や海老類を並べている。

量り売りの海老類 量り売りの魚は予めカットしてあるものもある

その中から、魚介類が豊富で、ひときわ繁盛していたこの店でいただくことにした。

まずは、気になっていたワラビの束みたいなものを指差しで注文。
多くの店に置いてあったこの野菜(山菜?)、当地名物の「ミディン」と呼ばれる料理の材料らしい。

ミディン

見た目通り、ワラビの中華風炒めというところだが、ワラビにしては柔らかく、粘りが少しあって面白い食感。

日本の水煮と違って細めの生のワラビを直径20cm位の巨大な束にしてディスプレイしてあったが、日本のものより早く採取した感じで柔らかい。それだけに、自分でワラビを摘みに行かなければ日本では高価な皿になりそうだ。

 続いて、ブラックタイガーと芝エビのような海老2種類から大き目な3尾を選んで、ガーリック炒めでお願いした。

ブラックタイガーは、見たことも無いような巨大サイズだったが意外とプリプリ感に乏しく、もう一方の海老の方がプリッとした食感で味わえた。ちょっと認識が逆だったので驚いたが、最近安く流通しているバナメイ海老が、この海老の小型版という感じでプリプリ感も強いので、その系統のような気がする。

海老のガーリック炒め

 もう1品、手長海老をテルミドール風に料理してもらった。

さすが東南アジア。付け合せの野菜が、なんとも貧弱で、せっかくの高級海老を魅せてくれない。(苦笑)

お味の方までは、食べログ側に記述していなかったので記憶が無いが、多分美味しくなかったのだろう。

手長エビのテルミドール風

順番が逆だが、席に着いた段階で出てきた薬味とフィンガーボウルも紹介しておこう。
さすが、欧米からの観光客が大挙して押しかけるフードコートだけある。東南アジアの屋台でフィンガーボウルに出会えるとは思ってもみなかった。

薬味類 フィンガーボウル

以上、「ミディン」と海老料理2品で、お会計はわずか RM35.00(≒970円)
大人数で食べにくる場所なので、一人旅の場合は早めに出かけないと席の確保が厳しそうだが、マレーシアの物価の安さは、私のような貧乏旅行者にも嬉しい。


【店舗詳細情報】
店名:猫眼嶺海鮮中心 (Bukit Mata Seafood Center)
住所:Top Spot Food Court, Jl. Bukit Mata, Kuching (駐車場ビルの5階屋上)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/クチン(Kuching):Hilton Kuching(ルームサービス)

訪問:[2009/4/26 21:00] (※当時食べログの日記に掲載したものを再編集)
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスN/A雰囲気N/ACP★★★☆☆
おやつ代わりに1階のカフェで食べた麺の汁が美味しかったことから、このホテルの調理水準は高いと踏んで、夜はルームサービスでいただくことにした。

実は、外を徘徊して良さそうな店を探したものの、見つからなかったというのが本当の話。無理して外のつまらない店で食べるよりも、せっかく足元までガラス張りで眺めが抜群の部屋だったので、外の暑さを忘れて冷房の効いた部屋で夜景を楽しみながら食べるのも悪くないだろうと考えた訳だ。

部屋からの風景(日中) 部屋からの風景(夕方)
▲部屋からの風景(日中と夕方)

麺類は市中価格の4倍だったカフェと同じ価格だが、メイン料理系となると市中価格の2~3倍という印象。意外と安いのも魅力的だ。
電話で注文して(英語圏だと早口だったり訛りがあったりで聞き取れない事もあるので、紙に書いてフロントでお願いすることもあるが、非英語圏なら大抵は電話でも大丈夫)待つこと30分。ワゴンにのってやって来ました!

ワゴンに乗せられてこんな感じでやってきた

2品頼んだので、中央の皿は二段重ねになっている。レストランで食べるのも良いけど、特に一人旅の場合はホテルのルームサービスも良いものだ。(高級ホテルに限る!)

SRI SARAWAK SPECIAL
SRI SARAWAK SPECIAL(RM31.05=860円)
A platter of local favourites: Prawns cooked in Coconut Milk with Bird's Eye Chilli, Beef braised in Malay Spices and Soya Sauce, Chicken and Beef Satays and Fried Jungle Fern with Shrimp Paste served with Fragrant Rice and Achar (local pickled vegetables)

1皿目は、名前の通り当地サラワク州の料理を盛ったもの。
こういった盛り合わせは、観光客向けの店でないと無理だと思うが、出てきた皿を見てビックリ。この後に記す前夜の魚介類に特化した屋台街が、かなり観光客向けの価格であったことを知った。

Prawns cooked in Coconut Milk with Bird's Eye Chilliをアップで

Chicken and Beef Sataysをアップで

大きな海老のガーリック炒めにミディン、現地野菜の酢漬けに、魚を甘辛く煮込んだような料理、マレーシア名物のサテーと盛りだくさん。ヒルトンのルームサービスで千円にも満たない価格で楽しめてしまうのだ。

ミディン Beef braised in Malay Spices

もう一皿は、料理が被っているが、おなじみのサテー。
マレーシアでは必ず食べる大好物のサテーは、盛り合わせに含まれる量では足りないと思って。

MALAYSIAN SATAY SATAYに必ず付く生玉葱など
ピーナツソース 醤油系ソース
MALAYSIAN SATAY(RM18.40=510円)
Your Choice of Skewered Beef or Chicken, served with Peanut Sauce, Cucumber, Rice Cake and Onions

ビーフかチキンとの表記だが、ミックスで出来ないかと打診するとOKとのこと。
さすがに屋台系とは1串あたりの肉の量が5割増という感じで、肉質も良い。
2種類のソースも洗練された味わいだったことを記憶している。

ビーフサテー
チキンサテー

今までホテルのルームサービスなど縁が無かったのだが、この時のルームサービスで味を占めてしまい、その後の旅行ではルームサービスを多用するようになってしまった。なにしろ、おひとり様でも気軽に頼めるし、ホテルのレストランで食べるのと同価格・同一内容のケースが多いからだ。(日本だと高いだけで質が劣る印象なので、頼んだことは新婚当初の一度しか無い)


メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Hilton Kuching
住所:Jalan Tunku Abdul Rahman, Kuching

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/クチン(Kuching):オンリー・ミー(Only Mee)

訪問:[2009/4/27 10:45] (※当時食べログの日記に掲載したものを再編集)
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
掲載順が旅程と異なるが、クチン最終日に空港でも サラワク・ラクサ を食べることにした。
シンガポールのラクサと違って、草食系の味わいにはまってしまったのだ。(スーパーにあったサラワクラクサのペーストの全メーカー分を買い込んだのは言うまでもない)

店名は麺類(Mee)を表しているのに、チェーン店らしく(といっても、3軒しか存在しないようだ)、揚げ物や釜飯も扱っている。というか、写真のようにそちらの方を主に宣伝しているので、正直期待は出来ない。

揚げ物メニュー 釜飯メニュー

サラワク・ラクサは、RM9.50(≒264円)
街中の2倍もするとはいえ、ローカル空港らしく割とリーズナブルな価格設定だ。

サラワク・ラクサ

お味の方は、チェーン店らしい奥行きの無い万人受けする無難なもの。言い換えれば、当たり外れの無いもの。
こういった部分は世界のチェーン店共通だと思うが、当地オリジナルである本来のサラワク・ラクサのような独特な味わいに欠けるので、こちらとしては不満。

どちらかというと、シンガポールのラクサと同じようにココナツミルクが多い感じだったので、当地のラクサにシンガポールのような味を期待していたら口に合わなかったという方には、食べやすいラクサだと思う。

小鉢はお好みで使う ラクサの麺をアップ

このあとマレーシア航空でシンガポールへ。運賃はわずかRM27.00(≒750円)、燃油税込でもRM120.00(≒3333円)だった。
Air Asiaと違って格安航空会社ではないので、ちゃんと国際線用機内食まで出てきたのには驚いた。

事後談だが、この経験から、マレーシアでは Air Asiaマレーシア航空の込々運賃を比較して決めることにしたわけだ。


【店舗詳細情報】
店名:オンリー・ミー(Only Mee)(チェーン店)
住所:Kuching International Airport内

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>