《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort

訪問:2017/7/14 19:00
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
旅行中の判断ミスというのは付き物だと思うが、この旅2度目のミスチョイスだった。
オルティゼイは、ドロミティの玄関口とも言える街なので、コルティナと同様に宿代が高いことは承知していたが、1軒前にアタックした4つ星ホテルがあまりにも高額だったことに影響を受けてしまった。
冷静に考えればここも不当に高い事に気付いたはずだ。

Naturhotel La Cort

1泊2食付€111.00/人でOKを出した後に「ホテル」ではないことに気付いたのだが、後の祭り。
単なるアパート改造型の民宿というか米国のモーテル的な施設だったのだ。立地の悪さを考えれば、€75.00/人が妥当な線だろう。

ご夫婦と娘さんだけで運営している感じだったが、紛らわしい名称とGoogle Mapの高評価の先入観も加わって、判断ミスをしたという事だ。



ディナーは19:00~19:30の任意の時間との案内。
メニューは、ドイツ語とイタリア語で記されていたが、チェックイン時に口頭でざっくりと英語で説明してくれている。と同時に、メイン料理の選択もこの段階。

Naturhotel La Cort

19時ちょうどに入口脇にあるレストランに向かったが、眺めの良い席は街側を見下ろす2テーブルだけ。うちテーブルセッティングの無かった1テーブルは最後まで来なかったので、ちょっと納得できない面も。
みなさんが外の景色を見やすいようにという配慮かもしれないけど、それほどまでして見たい景色では無いと思う。

写真の通り全面ガラス張りの部屋で、温室のような部屋。冬なら良いと思うが、夏は厳しい。
一か所開閉できる場所があったが、蒸風呂のような状態になっているのに最後までこの状態で、こんな点でもホテルではなく民宿、しかも気配りにかけたファミリーの運営だと感じた。(他に色々な面で、客を見ていないと思える節があった)




メニューには書かれていなかったが、最初はサラダ・バイキング。
全種類取ってこんな感じになったが、メインにサーモンが出てくるのに、自家製らしきスモークサーモンもある。っていうか、前菜と言えるものはそれと焼ズッキーニだけ。



セルフサービスのパンは、グリッシーニだけ取ってきたが、これで最後。補充が無かったので、後から来た人はありつけなかったわけで、やはりサービス面では劣悪レベルだ。

口コミ評価の良い店というものは、スタッフの人柄とかホスピタリティで評価される部分も大きいと思っているが、これで高評価というのは納得できない。(ちなみに、部屋もキッチンを使えないようにしているアパート部屋で、低レベル)


Crema di zucca
Crema di zucca, mela e zenzero

温かいスープは、南瓜ベースに生姜風味のある変わったお味。
リンゴと生姜って書いてあるけど、リンゴはあまり感じなかったし、家庭料理的なスープ。
飾り皿が結局最後まで置かれていたのは、まあご愛嬌。


Risotto con funghi
Risotto con funghi

キノコのリゾットも、花で飾って見栄え良くしてはいるものの、味の方は極めて家庭料理。
昨日のピクニックで出てきたキノコのリゾットとは出来がまったく違う。

下手な埼玉イタリアンで出てくる、冷や飯で作ったリゾットのように米に芯が無いし、ベースとなる出汁がインスタントっぽい。


Salmone fresco
Salmone fresco alla griglia su contorno di verdurine

チェックイン時に、目いっぱい勧められたサーモン。
これなんかは、見栄えも含めて完全に素人料理っていう内容でガッカリ。

確かにサーモンの質は悪くなかったが、下手な塩使いに焼きも出来ていない。
まあ、料理の基礎を叩きこんでいないアマチュアの奥様が作る料理なんてこんなものだ。家内よりも下手糞だ。


Insalatina di avocado
Insalatina di avocado

北イタリアの魚料理はサーモンばかりだから食べたくないと家内が選んだアボカドサラダは、サーモンよりはマシと言っていたが、もっと酷い。

単にアボカドとズッキーニとパプリカを角切りにして混ぜ合わせただけで、アボカドの濃厚な旨味を生かしていない。料理になっていないのだ。
民宿なんて、こんなものだろうと思えば良いわけだが、民宿とは思えない高額の宿代を払っているだけに、求める水準は高くなって当たり前だ。



Semifreddo al amaretto fatto in casa con salsa al cioccolato calda

最後のセミフレッドだけは、真っ当なものが出てきた。
と言っても、これも家庭で作れるレベルで、レストランレベルに達していないけど。

とにかく部屋が暑いので、さっさと食べて涼しい部屋に戻ってしまった。
Trip Advisor や予約サイトの評価点でもそうだけど、民宿系の宿の評価はホテル系と比べて1ランク上がる傾向にあるので、騙されないようにしなければ。

それにしても、Hotel ではなく、Naturhotel って、インチキだよなぁ・・
ググってみると結構ヒットするんだけど、どんなものだろう?


【店舗詳細情報】
店名:Naturhotel La Cort
電話:0471-796488
住所:Pineies 18, 39046 Ortisei
GPS:46.573199, 11.636537


ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図
レンタカーで楽しむドロミテ街道とドロミティ周辺情報
訪問したイタリアのレストランと各州の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz

訪問:2017/7/14 17:15
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★☆

▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

今日の宿は、ドロミティではコルティナ・ダンペッツォ [Cortina d'ampezzo]と同様に交通の要所となるオルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]周辺で物色することにした。

Cafe DemetzCafe Demetz

街の中心から3Km離れた宿を確保して、早速街の散策をしに出かけた。
道路標識に従って高台の地下にある駐車場(GPS: 46.575576, 11.669369;€1.40/h)に車を入れ、すぐ近くまで延びていた歩行者天国の中心付近に、行列の出来ていたジェラート屋を発見。
イタリアで行列の出来るジェラート屋となれば美味しいに決まっているということで、早速行列に加わることにした。

ジェラートは €1.30/kugel|palline。やっぱり都会のジェラート屋よりは安い。
カフェ営業している店内テーブルでは飲食禁止・持ち帰り専用と書かれていたが、ドロミティの玄関都市だけあって当たり前のことが分からない外国人が多いからかな?




家内と1種類ずつ選んで、それぞれ単独のカップに入れてもらったが(この方がトータルで €0.10 高くなるが、総量が増えるとの読み)、私のチョイスは毎度のピスタチオ。
予想通り、1種類でも量的に十分の盛りだ。

キレイな緑色をしているのは、恐らく着色料だと思う。
ピスタチオでも中東産のものは緑色が出ないし、シチリア産となると5割増しの価格になるので(シチリア島の土産に買ったことがあるが、現地でも1000円/150g程度する)、我が家で両方のピスタチオペーストでアイスクリームを作って比べた経験から書いている。(味は文句なくシチリア産の勝ちだったが、シチリア島で売っていても安物は中東産であることに注意しよう)

お味の方も、初日のベローナの高級店ヴェンキ [Venchi]で食べたものよりも、しっかりピスタチオの味がして美味しい。




家内も、ほぼお決まりのヘーゼルナッツをチョイス。
こちらも Venchi よりも着色料的な色合いだったが、ヘーゼルナッツの味は濃いし、ジェラートらしい食感。


街の中心部が予想外に狭かったので、ざっと見た後はイタリア最後の土産(=自宅消費の食材)を購入して、ホテルに戻ることにした。


【店舗詳細情報】
店名:Cafe Demetz
電話:0471-796157
住所:Strada Rezia 44, 39046 Ortisei
GPS:46.574180, 11.671960 (☞ Bing Map


ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図
レンタカーで楽しむドロミテ街道とドロミティ周辺情報
訪問したイタリアのレストランと各州の風景
 

【オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden] の風景】

▲街の中心の歩行者専用道路とバスターミナルのある広場前(☞ ここからのタクシー料金表








▲家内が外観的に気に入ったという街の中心にあるホテル(我々は郊外立地で確保)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella

訪問:2017/7/14 13:10
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
8日目は、天候悪化の天気予報に逆らわず、街に近いホテルに泊まることにした。
今回の旅行は全般的に天候にそれほど恵まれず、すっきりした青空が広がったのは朝だけというケースがほとんど。日中雨に合う事は無かったものの、夕方以降は雷雨というケースが非常に多かった。

Ristorante Al SellaRistorante Al Sella

ポルドイ峠 [Passo Pordoi] 周辺でにわか雨を恐れながら少し歩いて、ランチはセッラ峠 [Passo Sella] (← 4年前の写真)に新しく出来ていたリゾート(Passo Sella Resort)でいただくことにした。

道路側から入ったら食堂の雰囲気だったが、2階にリストランテがあると書かれていたので、そちらで食べることにしたのだが、1階の混雑ぶりと違って眺めの良い一角を除けば閑古鳥状態。一番眺めの良さそうな席が空いていたのに、イマイチな席に案内された点でも怪しい雲行きを感じた。

コペルトの徴収が無かったせいか、パンは出てこない。
どうも峠の店のほとんどがコペルトを徴収しないようだが、リストランテ表記の店らしく、お値段は高め。


Ristorante Al Sella
Lasagna gratinata al forno con porcini, taleggio e mini polpettine di vitello(€15.00)
Baked lasagna with porcini mushrooms, taleggio cheese and small veal meatballs


家内が選んだのはラザニア。
ボウルに入れて出すラザニアを見たのは初めてだが、深さがあるのでオーブンで焼きながら加熱している訳では無く、ボウルに直接茹で上がっているラザニアとソースを交互に入れて、最後にちょっとだけ加熱して焼き色を付けただけ。

トッピングに紫のモヤシというのも、ちょっとセンスを疑いたくなる。

ラザニアの断面

タレッジョチーズの判別は出来ないし、入っているはずの仔牛肉の肉団子も見当たらず。
その代わり、ポルチーニの香りだけは十分。
乾燥ポルチーニではなく、生のポルチーニを使っていた。


Ristorante Al Sella
Maccheroncini fatti in casa con pomodorini, pesto al basilico e mozzarelle ciliegine(€12.00)
Homemade Maccheroncini with cherry tomatoes, basil pesto and mozzarella


私のチョイスは、自家製表記のあったマカロニ。
これが、何とも芸の無い(腕の無い)料理で出てきた。

自家製(?)マカロニのアップ

まず、期待のマカロニだが、どう考えても乾麺。
手打ち感がまったくなく、硬いだけの食感で、激不味クラス。虚偽表示だ!

それに加えて、ソースが中途半端なカレー風味。トマトが死んでいる。
1階の食堂と同じファストフードレベルの料理を、高額な料金で食べさせられた気分になった。


お会計テラス席

お会計は、水代を加えて €30.80也。内容の伴わないパスタ1品2千円ということになるので、やっぱり高い。
近代的な新しい施設の建設費をカバーするためだろうから仕方ないかもしれないが、この手の大規模店に入ってはいけないという教訓にしておこう。
店頭メニューが無かったので、事前に値段を確認できなかったのが失敗の要因でもある。


※メニュー:前菜・サラダスープ・パスタ・ポレンタメイン・サイドデザート英語版①ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Al Sella
電話:0471-795136
営業:11:30~21:00
定休:無休
住所:Passo Sella 2, 39048 Selva di Gardena
GPS:46.509187, 11.756787 (☞ Bing Map



ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図
レンタカーで楽しむドロミテ街道とドロミティ周辺情報
訪問したイタリアのレストランと各州の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
台湾/桃園空港T1: 麥記② 2017/08/30
台湾/台北・龍山寺駅: 龍都冰菓専業家 2017/08/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>