《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/シンガポール航空:バンコク(BKK)⇒シンガポール(SIN)

搭乗:[2013/1/6 SQ977便]
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
バンコクで5時間の乗継時間を利用して、伊勢丹から徒歩10分の Ratchaprarop駅まで City Lineで往復。(片道฿40≒120円)
ちょうど2時間しか余裕が無いので、前回バンコクで食べて印象の良かった2軒(☞ Nara Thai Cuisineカルパプルアック(Kalpapruek))をリピートするだけにした。なにしろクラビもトランも美味しいと言えるレベルの料理に出会えていなかったので、欲求不満だったのだ。

Silver Kris Lounge Silver Kris Loungeからの景色

空港に戻って、シンガポール航空の「シルバークリスラウンジ(Silver Kris Lounge)」へ。
空港にあるノボテルホテルの運営のようだ。

自国のラウンジは優秀でも、海外のラウンジは貧弱になるというのが世の常だが、さすがシンガポール航空と唸らされるような料理群が揃っていた。

食事群

プチサイズのデザートは15種類以上、シンガポール名物のラクサのスープが実に美味しそうな色合い(食べると機内食が危なくなるので無念のパス)、点心5種、おかず系6種に、生ハム類、サンドイッチ、フルーツ盛り合わせ、ココナッツの実を割って飲む形式のジュースまでそろっているという具合。
貧弱だったら本拠地であるタイ国際航空のラウンジに移ろうかと思っていたが、雰囲気も良いのでまったくその気にならなかった。

食べて飲んだもの

後に期待の機内食が控えているのと、バンコク市内の2軒で食べてから2時間も経っていないので、控えめにタイのデザートを中心にマカロンとチーズを加えて取ってきた。ココナッツの果汁を飲むのは久しぶり。

機内の雰囲気 ウエルカムドリンク
▲右:ウエルカムドリンクの Apple Bliss
   (A tantalising refreshment of apple juice and bitter lemon mixed with 7-Up)


機内に入り、期待のウエルカムドリンク。
もちろんノンアルコールのオリジナルカクテルが目当てだが、ハノイ線と違うものだ。

新聞や雑誌のサービスもあるが、日本語版が無かったのでハノイ便が例外だったのかと思いきや、後から日本語新聞(日経と朝日)を持ってきてくれた。
やっぱり正規のお金を払って乗るならシンガポール航空だな。

ハノイ便と同様に数人の方が名前を記憶して呼んでくれたが、7割程度埋まっていたことからスタッフ数も多く、ちょっと観察してみた。その結果、名前を記憶して呼んでくれる方は、サービス姿勢も非常に良いということが分かった。呼ばない方は、しゃべり方が分かりにくかったり、やや丁寧さに欠ける印象を持ったわけだ。
半数以上の方は優秀だと思ったが、ダメとは言わないまでもレベルの低い方もいるようだ。
まあ、全員が優秀というわけには行かないだろうから仕方ないだろう。

機材はやや老朽化している777-200だが、他社航空会社と違って古いタイプの機材でも座席のすわり心地が良いのがシンガポール航空の良い点だ。ANAやJALの中距離路線など、新しいだけで褒められたものではない。
しつこいけど、欧州路線以外でビジネスクラスに乗るならSQ便だな。夜行便の食事は劣るが(他社でも同じ)、座席の良さが古い機材であっても光っている。

light meal

ハノイ線よりも1時間ほど短い路線だからか、昼食と夕食の間という時間帯だからか、食事のタイトルは「ライトミール(light meal)」となっていた。

写真はメインが乗った状態で撮っているが、実際はメインとパンが後からやってくる。
もちろん、パンはバスケットに入った5~6種類の中から選ぶ方式。今回はオリーブオイルもいただいてみた。

Grilled pork neck salad
Starter: Grilled pork neck salad

前菜は、チャーシュー風のスライス肉がタップリ乗った皿だ。
ドレッシングこそ、タイらしい香草を効かせたものだったが、こういった中華風の味付けのものをシンガポール航空でいただくと、まず外れることは無いようだ。

Braised prawns in curry white wine sauce
Main(3択): Braised prawns in curry white wine sauce with eggplant confit, roasted cherry tomatoes and gnocchi

メインは、またまたお勧めマークの付いたものをお願いした。
この絵になる料理。海老は4Lサイズのものが4尾も乗っているではないか。実に香ばしく焼かれてあるのだ。
カレー入り白ワインソースは、茹でジャガイモをくりぬいた容器に入っていた。
フランス料理的な面を持ったソースで、決してカレーの味がするわけではなく、エシャロットをたっぷり炒めて白ワインと野菜ベースを加え、スパイスでまとめたまろやかなソースだ。海老単独で食べても十分美味しいのだが、これを付けて食べると違った美味しさで味わえるという狙いだろう。

他社と大きく差が出ているのは、付け合せの部分。
おなじみの茄子のソテー(コンフィと記されているので油で揚げたもの)は、きれいに盛られているし、実際美味しい。
ニョッキはイマイチだったのが残念だったけど。

Fresh mango with sticky rice
Finale: Fresh mango with sticky rice and coconut sauce

デザートは、タイの屋台でおなじみの甘いココナツで炊いたもち米に、フレッシュマンゴーを乗せ、加糖したココナツミルクをかけたもの。胡麻は色取りなんだろうが、不要だろう。
クラビタウンのウィークエンドマーケットでも食べたが、やはりタイのマンゴーは美味しい。(ということは、不味いのはフィリピン産のペリカンマンゴーだけということになるかな?)

ということで、やや省略された短距離路線仕様の機内食だったが、しっかり期待に応えてくれた。
サービスも食事もドリンクも座席も抜かりないという姿勢が、割安なビジネスクラスを出さなくても顧客を確保できているという表れだと思う。私が金持ちでビジネスクラスを正規運賃で乗れるような立場であれば、間違ってもANAは選ばないだろう。

という結びになれば、最後にちょっと脱線するが、ANAに対する苦言も書いておきたい。

シンガポールから羽田のANA便で60周年記念のビデオが上映されていたのでしっかり見た。そこで、「世界の人々に夢と感動を届けたい」なんて大きく表示していたのだが、恥ずかしいと思わないのだろうか?
相変わらずの全日本空輸という会社は、内容を伴わない自己満足ばかりの役所体質の企業だ。

顧客よりも自分たちの運用負荷しか考えていない点は、大きく宣伝していたモニター画面で食事注文できる仕掛けが、結局お蔵入りになったことで証明できるだろう。人を増やして工程を少し見直せば対応できるはずなのに、コスト優先体質だからそういう発想は無い。世界を知らない「日本」の人々に夢と感動なら分かるが、「世界」を相手にするには身分不相応というものだ。

昨年11月に新生JALに搭乗(☞ こちら)して感じたのは、大きく変わったJALに抜かれるのは時間の問題ということだ。それどころか、相当数の優良顧客を奪われてしまう気がした。
根本的な体質改善は、一度組織を解体するしかないということがJALで証明されたので、ANAも一度解体した方が良いかもしれない。と思ったのは、深夜便特有のサービスで過去改善されたはずの問題点が元に戻っていて、不愉快な運用に遭遇したからだ。
思考回路のベースが同じだと、結局は改善は不可能ということだろう。ANAの株価がJAL再上場を境に大きく下がっていることを見ても、世間の評価が表れている気がする。

上級会員向けのマイレージ特典改悪に関しては、JALも同じように追従したことで(実は日本企業お得意の談合?)、少なくともこの件でJALに得意客を奪われることは無いだろうが、今度は海外の航空会社も競争相手になるはずだ。
上得意客ではないが、私も2014年4月以降に関しては、メリットが大きく削減されるANAを積極的に利用することはなくなると思う。もちろん横並びしてくるような独創性の無いJALに興味は無いが、割安で優秀な国外他社のビジネスクラスにお金を払って乗っても良いかな、と考えているぐらいだ。

さて、月曜の朝に帰国したばかりというのに、今晩からシンガポール経由インドネシアのバタム島に行って、来週火曜日の朝に帰国する予定。恒例の3連休を使った休暇取得無しの旅行だ。
年末のベトナムでの食べ歩きレポートは、来週帰国してから登録を始めたいと思う。


※メニュー:ランチカクテルスピリッツ珈琲紅茶等ソフトドリンク類

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/シンガポール航空:シンガポール(SIN)⇒ハノイ(HAN)

搭乗:[2012/12/28 SQ176便]
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★☆
昨年に続き、今年の年末年始は暖かい東南アジアで過ごすことにした。28日と4日を休んで9泊12日で、まずは懸案だったハノイへ。
ANAの深夜便でシンガポールに向かい、そこからシンガポール航空のビジネスクラスでハノイまで約3時間。シンガポールからハノイと、タイのクラビへのビジネスクラス航空券は、マイレージ特典(43000マイル)で確保した。

フルーツ中心に 5種類あるチーズから3種
このパンプディングは美味しかった ターミナル2のラウンジにも入ってみた

シンガポールでの乗り継ぎ時間は3時間半。まずはターミナル3のシンガポール航空ラウンジで、豪華朝食をいただこうと思ったわけだが、前夜のANA羽田ラウンジで食べすぎてしまって、フルーツを中心に軽いものだけ。
相変わらず品数は多いが、料理の水準が標準クラスでもの足りない。キャセイの香港ラウンジ食(☞ こちらの後半部分)を知ってしまうと、量より質を求めたくなる。

ハノイ便のビジネスクラスは搭乗率3割程度。でも、座席配置は中央一番後ろ。特典航空券でのタダ乗り客とお金を払っている客を区別してくる点は前回搭乗時と変わっていないが、食べる方がメインである私には問題なしだ。(採点は食べ物とそれに付随するサービスや雰囲気だけが対象)

離陸前のウエルカムドリンク 離陸後の最初のドリンク
▲左:離陸前のウエルカムドリンク  右:食事前のドリンク「Tropical Sparkle」とおつまみ

例によって早めに搭乗したが、席に着くなり至れり尽くせりで、さすがシンガポール航空というサービスだ。
さっそくウエルカムドリンク(3択)と共に、日本路線でないのに日経と朝日の国際版を持ってきてくれるし、最初から最後までみなさん名前で呼んでくれる。ちゃんと搭乗客の名前を記憶しているのだ!
ANAのように担当を決めてその方だけが覚えている(それすら怪しい?)のではないし、みなさん聞きなれない日本の名前をしっかり覚えるという点で、プロフェッショナルを感じさせられる。

離陸後の最初のドリンクは Tropical Sparkle(A refreshing-yet-fruity blend of lime cordial and 7-Up, with orange & tomato juice)をお願いした。
豊富なカクテルの中に、ノンアルコールのカクテルもちゃんと用意されている。(最後のメニュー写真参照)
ちょっと残念だったのは、おつまみのナッツがエコノミークラス水準。パッケージ写真に反して、8割がピーナッツという内容で安っぽい。

前菜とパン 選んだパンをアップで

3時間のフライトで余裕があるからだろう。大抵は真っ先に食事がふるまわれるものだが、食事が出てきたのは離陸してから1時間経過後。シンガポール時間で昼の11時なので、Lunch Menu と記されたお題通りだ。なかなか粋な計らいだと思う。

テーブルセッティングされ、パンは世界標準のバスケットから選ぶ方式。7~8種類もあって、選ぶのに悩んでしまった。オリーブオイルも必要であれば取ることができる。

Marinated prawns
Starter: Marinated prawns with pomelo and green mango on mizuna salad

続いて前菜が運ばれてくる。最初からトレーに乗せてこないところが素晴らしい。
ボイル海老をマリネしてあるのだが、下ごしらえが違うのか美味しい。この手の海老料理は、単なるボイルというのがほとんどなので、料理に対するこだわりを感じさせられる。

少しピリ辛のサラダも、普通ではない美味しさ。グリーンマンゴーを使っているとあるが、タイ料理のような激辛ではなく程よい辛さに旨味成分もある。日本や欧米ではなじみのないマレー風なんだと思うが、屋台や食堂では無理っていうお味。

Wok-fried beef in black pepper sauce
Main(3択):Wok-fried beef in black pepper sauce with garlic, French bean with dried shrimp in XO sauce, fish noodle with bean sprout

3択のメインからは、お勧めマーク(Exclusively created by Chef Sam Leong, Sigapore)が付いていた中華料理を選んでみたが、一口目から魅了されてしまった。
何を最初に食べたかって、普通の付け合せに見えるえんどう豆。これにも下味が付いていたのだ。
肉の下にある焼きそば風の太麺も、麺に気泡を含ませてある独特なソフトな食感があって美味しい。

ソースは絶品クラス。黒胡椒ソースはシンガポール料理の代名詞みたいなものだが、こんな美味しいソースが存在するとは知らなかったほどだ。ソースだけを分析してみると、どうもオリジナルのXO醤をたっぷり使っている感じ。(メニュー説明に書かれていることは、この原稿を編集している段階で知った)
胡椒のピリ辛に複雑な魚介類の旨味を加えた機内食とは思えない素晴らしい味だ。

Ice jelly with fresh fruit A selection of fresh fruit
Finale:Ice jelly with fresh fruit
A selection of fresh fruit


最後は、ワゴンサービスで。食い意地の張った私は、例によってフルーツを除いて全部お願いしてしまった。
フルーツは、好きなものを自由に自分で取って良いというので、控えめに2種類だけ。素手で自分で取りなさいっていうのは、ちょっとどうかとも思ったが。

Gorumet coffees & selection of fine teas, with pralines
Gourmet cheese with garnishes

Singapore Breakfast Tea (1837 TWG TEA) pralines(3種中2種)
Gorumet coffees & selection of fine teas, with pralines

シンガポール航空は、珈琲だけでなく紅茶も選択できるうえに、ご覧のとおり凝ったティーバッグで出てきた。
(選んだのは、Singapore Breakfast Tea (1837 TWG TEA)

ということで、短距離路線にも関わらず、素晴らしい食事を出してくれたうえに、サービスも抜群ということで★5つを進呈することにした。ANAもJALも、まだまだだなぁ、と思ったわけである。


実は、ハノイに着いたら即日アップしようと考えていたのだが、持参したPCが壊れてしまったのだ。モニターの左4割が筋が入った真っ白な状況で何も映らず。何度か使ってスリープモードを使った時に全滅。SSD搭載なのでHDDが壊れる恐れはないことから、PCを過激に叩いて6割状態に復活させたという具合なので、いつ完全に使えなくなるか分からない状態なのだ。
このPC(lenovo ideapad U150)、前にも同じような現象で故障したことから保証期間中に修理に出したのに・・

今回は、買ったばかりの Google NEXUS7 を持ってきたのだが、スマートフォンどころか iPad すら使ったことが無いので原稿書きにはとても使えない。でも、地図や予約確認票をPDFで放り込んでおいたので助かった。
何よりGPSが搭載されていて感度も非常に良く、現在地把握に使う分には最高だ。(事前に目的地の緯度経度を調べておく必要はある)

残っていた右6割の画面をだましだまし使って原稿は書いたものの、さすがに登録や写真編集は厄介だ。
ということで、頑張って最初のレビューだけは登録したが、この後の食べ歩き結果の登録は難しいかもしれない。
その場合は1月7日以降、日本に帰国してから登録することになる。

※メニュー:ランチカクテルスピリッツ珈琲紅茶等ソフトドリンク類

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食.シンガポール航空:シンガポール⇒台北

搭乗:[2011/1/1 SQ876便]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
メルボルンから台北への移動はシンガポールで夜を明かす必要がある。
往路でも利用したシンガポール航空直営の SilverKris Lounge で夜を過ごすことになるわけだが、年越しのカウントダウンをTVと合わせて利用者みなさんと行い、特別のシャンパンもふるまわれるといった、ちょっとしたイベントも催された。

T3 Sylver Kris Loungeでの年越しの雰囲気 放映していた年越番組

チャンギ空港のラウンジで夜を明かすのは、普段使っている KrisFlyer Gold Lounge で経験しているが、こちらのラウンジでは奥の方にロングソファー席があり、なんと毛布と枕まで用意してくれた。さすが他社のゴールド会員資格だけでは入れないラウンジだ。差別化の仕方にも感心させられる。(他社の特典航空券でのビジネスクラスも、新型機種は対象外にしているという特異な航空会社でもある)

SilverKris Loungeのソファー席

午前2時頃になると、出発便も無くなることからソファー席の電気が消された。午前5時頃になると、朝便の利用客が入ってきて騒がしくなるので、ここでの睡眠時間は3時間程度。でも熟睡できたので気持ちの良い目覚めだ。

朝食にフルーツとチーズに中華系の料理をいただく。

朝食のフルーツ

台北までは4時間のフライト。
朝8:30発の便だったせいか、食事内容はメルボルンへの夜行便と同じ朝食仕様で、ラウンジで食べておいたのは正解。

アミューズではなく Prelude として記されていたのは Sliced fresh fruit

最初はフルーツ

ラウンジで食べたフルーツと同等で、こういった出し方をされると見るからに寂しい。
メルボルン線のようにライチやリュウガンも添えれば、少しは華やかになったかな?

メニュー上の2品目 Starter はシリアルかヨーグルトの選択。
ヨーグルトは2種から選択できるのでフルーツを選んだのだが・・
唖然!! 市販のカップヨーグルトがそのまま出てきた。これじゃあ、エコノミークラスだ。



メインは朝食仕様の3択。そこで、夜行便で迷った点心をお願いすることにした。
Dim sum selection
Ee fu noodles with roasted pork, pork dumpling, stuffed flower mushroom and har kou

Dim sum selection

やっとまともな料理にありつけた。
メルボルン線の朝食にもあるメニューだが、これを選ぶのが正解のようだ。

最後のデザートは2種のアイスクリームからの選択。
dark chocolate ice cream with berry coulls

dark chocolate ice cream with berry coulls

機材は新しかったが、上海線(☞ こちら)と比べるとシートが狭くてANAの羽田-シンガポール線(☞ こちら)と同じ感じ。サービス面でもほかの路線と比べてやや劣る印象を受けたので、やはり人(というかチーム)によって差があることも確認できた。
シンガポール航空だから完璧という訳ではないことを最後に見れたので、ちょっと安心したりして・・

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>