《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/クアラルンプール: Kites @Holiday Inn Kuala Lumpur Glenmarie

訪問:2018/1/7 19:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★CP★★★☆☆
最終日は帰国に備えてクアラルンプール泊。
開通したばかりのLRT Glenmarie駅から2Kmほど離れているものの、鉄道だけで行けるようになったことから、今まで利用できなかったIHG系を選んだ。駅から徒歩20分ちょうどだった。


▲ゴルフコースに隣接した立派なラウンジ

RM176++(税サ抜で4900円)という安さに惹かれたわけだが、ここでも部屋からゴルフ場のコースが拝めるExecutive Club Roomにアップグレードされたうえに、ラウンジアクセス権も付けてくれた。


▲スパイア会員向けのウエルカムフルーツと名前入りウエルカムカード

おまけに、後から立派なフルーツバスケットのサービスまで。
ウエルカムフルーツをサービスするホテルは珍しくないが、マンゴーにドラゴンフルーツ、イチゴ、ブドウ、リンゴ、プラム、キウイ、オレンジと8種類ものフルーツを盛って出してきたホテルは、初めてだ。

公式の特典はそれほど魅力が無いものの、それ以上の配慮をしてくれるIHGスパイア会員資格。昨年頑張って取得して良かった。忘れないように、このブログの1記事としてIHGスパイア会員アップグレード記録なるものを作ってみようかな。(☞ tonogataさんが、IHGプラチナ会員ベースで書かれていたので、真似っこする気になっている)


▲ラウンジのカクテルタイムで食べたもの(ブルーチーズがうまく切れなかった・・)

ラウンジのカクテルタイムで軽く食べた後は、レストランに移ってメイン料理をいただくことにした。
期待以上のアップグレードをしてくれたホテルでは、ペナンのHoliday Innから極力このパターンで利用する方針にしたのだ。

その代わり、本来の特典すら適用されていると思えなかった(フロントでは2段階アップグレードしたと言っていたけど)Intercontinental Kuala Lumpur のようなケースでは、びた一文追加の金を落とさないだけでなく、今後の利用もしない方針。(性格出てるなぁ・・)




今週末から谷原秀人と池田勇太が出場するというユーラシアカップが、このホテルに隣接したゴルフコースで開かれるようで、その準備に追われている人たちがたくさんいたが、宿泊客はわずかで稼働率1~2割っていうところか。その影響か、レストランに入ったら客が誰もいなくて唖然。

とりあえずメニューを見せてもらい、マレー料理があったので予定通り食べることにした。
ちなみに、別に「風林」という日本料理レストランもあったが、海外に来てまで和食を食べる気は皆無なのでパス。



ラウンジで飲んできたと言って、飲み物を頼まずマレー料理を1品だけ注文した。
ここで絶対に料理に合わないパンとバターが出てくるのはアジアのホテルレストランではよくある事だが、本来は有料の水まで出してくれた。
ほんのり温かい白湯だったので、確かに売り物の水とは違って水道水を一度沸かしたものだと思うが、水が有料のレストランで水を出してくれたのは、60か国以上で食べているのに初めてのような気がする。このホテルのサービス精神、結構すごいぞ!



Kambing Rempah(RM46.64≒1300円)
Lamb cooked with mixed Malay spice and served with papadum, vegetable pickle and steamed white rice


お願いしたのは、ラム肉を使ったマレーシア料理。
2皿構成で出てきたので、メインの方から。



こちらは、主食のごはんと付け合わせ。
ほぼインド料理ですな。



メイン料理は実質ラム肉カレーだったので、カレーライスにしていただくことにした。
今回の旅の初日に、ペナン島のリトルインディアで食べた羊肉のカレー煮込み(☞ Sri Ananda Bahwan)とは違って、骨なしのラム肉らしい柔らかさ。



それに、外国人が多く泊まるホテルとあって、味の方も辛さ控えめ。
コクもしっかりあるうえに、インドカレーとは違った独特なスパイス使いもあって(これがメニューに記載されていたマレースパイス?)美味しくいただけた。




※メニュー:軽食・前菜・ピザメイン・デザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Kites Restaurant
営業:12:00~22:30
定休:無休
住所:1 Jalan Usahawan U1/8, Seksyen U1, 40250 Shah Alam
GPS:3.094186, 101.577188 (☞ Bing Map


マレーシアのレストランレビュー&ランキング

以上で、12泊13日のマレーシア年越旅行は終了。
思ったよりもペナンは暑くなかった点では良かったが、最初に辛いインド料理を昼夜続けて食べた時点で逆流性食道炎発症リスクを感じてしまったことから、楽しみにしていた南インド料理を食べることができなかったことが残念。激辛は昔からダメだが、大辛もダメになったとなると、インド料理も選択肢が大幅に減ってしまうことになる。
食べることが楽しみなのに、だんだん残念な体質になってきてしまった・・

■今回の旅の費用
往復航空券: 56960円(羽田<>クアラルンプール、3788マイル獲得/ANA)
現地航空券: 2738円(RM98.58)クアラルンプール>ペナン by マレーシア航空
現地宿泊費: 53391円(RM1063.98+23836円/12泊、うちIHG無料宿泊5泊,朝食付3泊,5つ星1泊)
現地交通費: 5520円(RM198.72) 鉄道、バス、タクシー(2回@マラッカ)
飲食雑費等: 22749円(RM818.95) 飲食費・雑費・AirAsia航空券放棄(RM92.78)
国内交通費: 2088円
旅費合計: 143446円

続いて、当記事の下書き段階で計画した「IHGスパイア会員アップグレード記録」を登録し、その後から7年ぶりのメキシコ旅行で食べたものを現地から紹介する予定だ。
初搭乗のイベリア航空のビジネスクラスを使ってマドリード乗継で26時間半も乗って向かうので、恒例のビジネスクラス機内食レビューの即日登録から始めることになると思う。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/マラッカ[Melaka]: Nasi Ayam Malaysia

訪問:2018/1/7 12:00
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
実質最終日は、翌日の帰国便に備えてクアラルンプールへ移動。



前回同様、マラッカのバスターミナルで食べることにしたが、前回まずまずだったMC Stationのカレーが美味しそうだったけど、辛い物を控えていたのでパスして選んだのが店名にマレーシアを掲げた店。
この手の店は、いつも釣られて入ってしまい失敗するのだが・・



Nasi Ayam 'Homemade'(RM5.90≒160円)
Chicken Rice with Honey Sauce


店名にもなっている Nasi Ayam Malaysia にしようかと思ったが、Homemade と入っているものがあるということは、それ以外は自家製ではないと裏読みして、Homemadeを選んだ。

出てきた瞬間失敗したと思ったわけだが、ご飯はチキンライスでなく白米だ。



いったい、いつ作って置きっぱなしにしておいたのかと思えるほど水分が飛んで硬くなった鶏肉もひどい。美味しくない自称蜂蜜ソースが肉とご飯にかけられているので、このソースでご飯を食べろっていう事かな?

バスターミナルのような競争原理が働きにくい場所では、開拓などせずに前回良かったと感じた店をリピートすべきだった。


※メニュー:飯類セット洋食・単品麺類セット・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Nasi Ayam Malaysia
場所:Melaka Sentral内(以下の地図参照)
GPS:2.221228, 102.250127 (☞ Bing Map


マレーシアのレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/マラッカ[Melaka]: マラッカ夜市食べ歩き(Jonker Walk & Jalan Pm1)

訪問:2018/1/5 19:00~20:20、1/6 21:50~22:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★☆

▲Jonker Walk Night Market会場地図(GPS:2.194971, 102.248322~2.198133, 102.244796)


▲左:Jonker Walk会場マラッカ時計台側入口  右:反対側の終端部分ゲート

マラッカ初日の夜は、週末だけ開催されるJonker Walkの夜市で、台湾の夜市ではあまり見かけないもの(単に興味がないので目に付いていないだけなのかもしれないけど・・)を中心に食べ歩いた。



まずは、春巻きの皮みたいなものに、野菜や具材を入れて巻いた薄餅[Poh Piah](RM3.00≒80円)
屋台では巻く作業だけやっていたので、てっきり生で食べるのかと思ったら、油で揚げたものを渡されてしまった。



揚げてしまえば、中身は日本で馴染みのあるものとは違うけど、「春巻」以外の何物でもない。
ちゃんと売っているところを確認せずに頼んだのが失敗だ。



次は、大きなセイロで蒸していた色とりどりの点心。



5個RM4.00(≒110円)と掲示されていたので、どうやって注文するのかと様子を見ていたら、先に代金を払ってビニール袋をもらい、自分で5個選んでビニールに入れるというセルフサービス形式だった。

色とりどりで、いろんな味を楽しめるのかと期待していたが、中身はほぼ同じ魚のすり身ベース。
海苔を巻いてあるものとか、色違いよりも具材違いが見えるものを選んだほうが良さそうだ。



写真と現物を見て判断できたけど、Chinese 'Burger'(RM3.00≒80円)も食べてみた。
具材は海老をチョイス。



本当に中国式ハンバーガーなのかどうかは知らないが、今川焼の型に小麦粉の生地ではなく溶き卵を入れ、中に具材を閉じ込めて焼いたもの。と思ったが、小麦粉の生地を流し込んで具材を入れて溶き卵で被せていたことが判明した。

美味しいものではないけど、予想できるものなので安心して食べることができる。




揚げ餃子に見えた隣で売っていた煎鍋點[Fried Dumpling](RM5.00≒140円)も購入。
こちらは1個売りではなくパック売りなので、美味しくなければ半分捨てるつもりで。



パックのままくれるのかと思ったら、ビニール袋に入れられてしまった。
鶏肉と書かれていたので、鶏肉バージョンの餃子かと思っていたが、生地からしてぜんぜん違った。
超薄皮ながらも揚げパンみたいな食感の生地で、具材はスーパーで売っている20個100円の超安物生餃子みたい。肉が入っていることは認識できなかった。



ここまでハズレばかりだったので、ご当地名物ニョニャ料理の肉粽(伝統娘葱肉粽[Traditional Nyonya Rice Dumpling](RM5.50≒150円))を売っていた専門屋台で1個購入。
受け取った時に温かくなかったので、そのまま食べることができるのか心配になって、ホテルに持ち帰ってから食べることにした。



結構脂っぽいのでその場で食べないで良かったと思ったが、皮を開けてみると御覧の通りのパステルカラー。チマキとしては、なんとも不気味な色合いだ。



しかし、中身が良かった。
断面写真の通り、もち米よりも具材の肉の方が多いのではないかという内容の濃いチマキ。

ちょっと甘めで独特な中華香辛料を使った醤油味の肉は、こんな細かく挽けるのかと思うほど細かい粒子になっている。
味が好みだったので、これは複数の店で食べ比べてみたくなった。って、たぶんマラッカに3度は行かないだろうから、他の地域で見つけられたら買うしかないだろうけど。



最後は、デザート代わりにココナッツシェィク。
マラッカ時計台側入口に挟むように2軒並んでいたので、ご当地マラッカの名前が入った店のを買おうと思ったら、変な赤いものをトッピングしていたのでパス。
反対側の全国チェーンみたいな看板の店のを選んでみた。



トッピングのアイスクリームは、ベトナムのフーコック島の夜市で美味しかったココナッツアイス(☞ Kem Trái Dừa)だと思っていたら、単なるミルクアイスみたいでガッカリ。

ちょっと気になったのは、ココナッツの表面の硬い部分だけ皮をはいで、中の柔らかい部分を残してボール状にして売っていたココナッツジュース。
中身が変わるわけではないだろうから買わなかったが、面白い売り方をするものだ。



▲Jalan Pm Night Market会場地図(GPS:2.188427, 102.247464~2.190425, 102.247107)


▲左:正面がホリデーイン  右:Menara Taming Sari前の広場に集結する電飾トライショー

翌日の夜は、レストラン(☞ Sirocco)で食べた後に、ホリデーインの道向かい(Jalan Pm1沿い)に展開している夜市会場で軽く夜食を物色しに行った。ここ、8年前に来た時と比べて規模が拡大していただけでなく、飲食店が増えていて結構楽しめそうだ。

ホリデーインの道向かいから始まり、派手な電飾トライショー(自転車版のタクシー)が集結していたMenara Taming Sari(タワー型回転遊戯施設)の手前まで伸びているだけでなく、Jalan Pm1から西側に伸びる道にも屋台が少し出ていたので、ますます発展しそうな感じ。(地図参照)



まず目についたのが、屋台史上最安値ではないかと思える Apam Balik(RM0.50≒14円)
1枚1枚その場で焼いた手作りのお菓子で、原価と効率を考えたら超激安!



さすがに1枚だけ買うのも気が引けたので、2枚買って1枚をその場で食べてみたが、出来立てパリパリの中に甘い粒々と魚のフレークみたいなものが振りかけられていて、結構美味しい。
50年以上前の幼稚園時代に駄菓子屋で5円玉を持って食べたお菓子を思い出した。

ただ、10分後にホテルの部屋で食べたら、パリパリ感がほとんどなくなってしまっていた。
その場で食べるなら1個で十分だろうけど、なかなか買い方が難しいお菓子だ。



もう1軒は、いろいろな種類のカレーパフ類を売る店。
Karipap(RM2.00/5個≒55円)で、ちょうど5種類あったので1つずつお願いしたのだが、そのうち1個は辛いけど大丈夫?って念を押されてしまった。



こちらはホテルに持って帰っていただいたが、これも1個当たりRM0.40≒11円という価格が信じられないほど美味しく充実したものだった。




5個の断面写真を載せておくが、一番凄いと思ったのが下の写真の小豆餡みたいなものを挟んで揚げたもの。これを5個頼んでも、たったの55円だ!



Jonker Walkの観光客向けの夜市と違って、地元民向けの夜市という感じで価格設定が安いし、美味しいものにも出会えたことから、マラッカに出かけられたら是非食べに行ってほしい。

お泊りは、徒歩3分の位置にあるホリデーインで決まり!(笑)
目の前の片側3車線の道路は、地下(正確には地上1階、フロント入口の下の階)駐車場から西側に出て立体交差の最初の部分にある横断歩道を使って楽に立体交差をくぐって横断できる。

マレーシアのレストランレビュー&ランキング

テーマ : マレーシア
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
台湾/台中: 蒝紅綵手作飲冰館(The Rainbow Ice) 2018/07/06
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲③ 2018/07/05
台湾/台南: 太陽牌冰品② 2018/07/05
台湾/台南: 冰仔角 (ICE TOP) 2018/07/04
台湾/台南: 裕成水果店⑥ 2018/07/04
台湾/台南・玉井: 玉梅芒果冰 2018/07/03
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>