FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/クアラルンプール・Pavilion: Village Roast Duck

訪問: 2019/8/29 21:00
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
インドネシアのジョグジャカルタからエアアジア便でクアラルンプールへ移動。(5989円/預け荷物なし)



翌日のANA便で帰国するために1泊するだけなのと、夜到着で店も限られることから、この旅最後の食事はホテル近くにある「パビリオン[Pavilion]」という大規模モール内のレストランを狙った。

当初マークしていた店がしっくりこなかったので、現地で発見した大好物の鴨肉料理店に決定。
全部写真付きのメニューで、立派に見えたレストランの割には値段が安かったからだ。




閉店1時間前で空いていたからか、注文を終えるとすぐにドリンクと取り皿に、サービスのスープが出てきた。



いっしょに料理用の唐辛子ペーストが出てきたけど、見るからに辛そうだったことから舐めることもせず放置。

スープは、ローストダックの店とあってか、チキンスープとは違った濃厚な味わいのもの。
台湾みたいに薄塩だったので、結構美味しくいただけた。



Cantonese Style Special Roast Half (Duck Bone-in)(RM50.81≒1300円)

お願いしたのは、店の看板料理だと思えるローストダック。
1人前もあったが、インドネシアで質素な料理ばかり食べていたことから、半羽でお願いしてしまった。それでも税サ込で1300円なんだから、激安だ。



反対側から。このボリューム感、台北でお気に入りの阿城鵝肉よりも良い感じ。




1番上の骨付き腿肉部分を平らげた残りの皿。
意外に腿肉の量が少なかったので、まだこれだけ残っている。
上と下の焼き色が違うのは、何でかなぁ?



焼き色が濃い方の肉の断面。
タレは美味しいんだけど、肉の下味が足りないというか付けてないような・・




お次は中央の左下に隠れていた、くず肉部分。
内臓肉は付かないみたいだ。



こういった部分は案外美味しいもので、タレをたっぷり付けていただこう。




最後に残ったのは、皮の焼き色が薄めのもの。
同じ個体を半分にカットしたのだと思っていたが、ひょっとして違うのかも?



こちらは骨が多く、可食部は半分ぐらい。
普通は骨の周辺の肉は美味しいはずだが、イマイチかなぁ。タレの味で救われたけど、下味が無いのは物足りない印象。



MIxed Seafood Fried Rice in Lotus Leaf(RM28.89≒750円)

肉より少し遅れて出てきたのは、御飯代わりにお願いしたシーフード炒飯。
写真では分かり辛いが、日本の中華料理店なら2~3人前という量で出てきた。



シーフードはトッピングだけで、イカ・帆立・海老が少々。
でも、炒飯を食べたかったのに、どう考えても炊き込み系、当地で言えば辛くないビリヤニみたいな御飯だ。

色が濃い割には薄味だったので、鴨肉用のタレを加えてよく混ぜて食べたら、かなり美味しくなった。
でも、さすがに完食は無理で、3割ほど残してしまった。



▲左:サービスのゼリー  右:店はパビリオン7階のDining Loftにある

お会計をお願いしたら、サービスですと、ゼリーを持ってきてくれた。
逆流性食道炎発症リスクの高いコーヒーゼリーだったら嫌だなぁと思って口にしたら、黒糖というか香港で食べた亀ゼリー(☞ 海天堂)みたいなもの。亀ゼリーは不味かった印象しかないので、違うかな?


お会計は、ドリンク代を加えてRM87.20(≒2250円)也。安いねぇ。
北京ダックも半羽でRM45.80++と安いので、次回(たぶん12月)はそれを狙ってみようと思う。


※メニュー:前菜①鶏・牛海鮮①Hot Pot卵・豆腐・野菜①BBQ飯・麺デザート

【店舗詳細情報】
店名:Village Roast Duck
電話:03-2110-6682
営業:11:00~21:30(LO)
定休:無休
住所:Level 7 Dining Loft, Pavilion Kuala Lumpur, 165 Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur
GPS:3.149941, 101.712729(☞ Bing Map


マレーシアの訪問レストラン 地域別ランキング一覧

翌日のANA便で羽田まで飛んで、台湾・インドネシア旅も終了。(今回の旅の経費は、1つ前の記事の最後に載せてある)
続いて、現在滞在中のルーマニア&ブルガリア旅行で食べたものを紹介していきたいと思う。

ちょっと食べすぎてデブってしまったことと(初の大台超え!)、特にルーマニアは郷土料理的なものが美味しくないことは前回経験済なので、無駄に食べない3週間旅行にするつもりだ。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/KLIA: Papparich KLIA店

訪問:2019/1/31 12:30
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
あとは帰国するだけと、KL Sentral駅からバスで空港へ。(RM12≒320円)
KLIA Ekspresが5割の大幅値上げ(RM55≒1450円)していたので、結局バスだけで2往復してしまったが、2往復乗ってもKLIA Ekspresの片道1回分よりも安いし、2往復(4回)すべてが55~65分で到着。3列シート車も2度あり、超快適だった。
ちなみに空港発5:30~24:30、KL Sentral駅発5:00~23:00の共に毎時00・30分発。 Airport Coach社のバスだ。



シンガポールまではシルクエア便なのでラウンジに入れないことから、何か良さそうな店は無いかと物色していたら、一般エリア右奥のにPapparichがあるのを発見。
昨年9月、ブリスベンで利用したマレーシアのチェーン店だが(☞ こちら)、そこで食べたサテーが揚げてあるものだったので、本家マレーシアでも同じように出すのか確認することが宿題だったのだ。



Chicken Satay(RM21.89≒580円)

まずは、気になるサテー。
値段が半額弱でパイナップルが乗っている以外は見栄えも含めて同じ感じ。



一番気になっていた揚げてあるかだが、本場マレーシアでも揚げたものを出している。
多店舗展開していることから、店舗間格差を無くすための苦肉の策だとは思うが、やっぱりサテーは炭火焼だよなぁ。



その代わり、ピーナッツソースはチェーン店らしい万人受けするお味で美味しい。
もう少しピーナッツの粒粒が主張している方が好きだが、ベースが良いので問題なし。
これだけ大量のソースを残さず付けていただくのが、本場のサテー流。



Dumpling Soup(RM14.19≒380円)

シンガポールに着けばラウンジに入れるものの、サテーだけというのも気が引けて、一番安い水餃子的なものを頼んでみた。



値段が安いので量もそれなりと思っていたら、ジャンボ餃子サイズのものが4個。
小食の方なら、これだけで十分っていう量。
スープは、無難な白湯スープ系。



中身は肉だろうと思っていたら、海鮮餃子だったみたい。
カニカマみたいなものが入っていて、その強い味が主張していた。
まあ、普通にいただけるファミレス的なものだった。


※メニュー(抜粋):飯①麺①小吃①デザート

【店舗詳細情報】
店名:Papparich KLIA店
電話:012-969-0352
営業:24時間
定休:無休
場所:Kuala Lumpur International Airport Departure Level (Main Terminal Building), L5 13

マレーシアの訪問レストラン地域別ランキング

この後は、シンガポール経由で羽田空港午前1時着の便で帰国。当然自宅まで帰る手段が無いので空港野宿になるわけだが(羽田は2度目)、恒例の旅の費用を紹介しておく。
10泊13日の今回の旅は、カンボジアでの宿代(平均US$52/泊)と食事代(平均US$13/食)を奮発したので、比較的高めの旅費になってしまった。前回同様の普通の宿で普通の食事にしていれば、どちらも半額程度で済んだはずだが、1泊50ドル程度の宿を選ばないと沈没旅は無理だな。
宿でのんびり過ごすには、プールとバルコニーはマストだと悟った次第。

■今回の旅の費用
往復航空券: 40160円(成田>シンガポール<>クアラルンプール>羽田 by シンガポール航空)
現地航空券: 13268円(RM478.10 クアラルンプール<>シェムリアップ by マレーシア航空)
現地宿泊費: 65354円(24376円+US$149.10+RM912.88/10泊;うち朝食付10泊)
現地交通費: 1582円(RM59.50)空港バス2往復、KLモノレール
飲食雑費等: 29418円(US$195.50+RM286.20)飲食・雑費(カンボジアVOA代等)
国内交通費: 2446円
旅費合計: 152228円(マレーシア航空復路分のみ185マイル獲得/JAL)

■2019年累計(☞ 2017~2018年 海外旅行費用総決算
回数総泊数総経費
2019年3回25泊¥302,153

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 漁人碼頭(Fisherman's Dock)

訪問:2019/1/30 20:15
評価:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆


今回の航空券は、日本往復とは別にクアラルンプールからの往復で手配したため、カンボジアのシェムリアップ[Siem Reap]から、マレーシアのクアラルンプールに戻ってきた。
カンボジアに飛ぶ前にアロー通りの海鮮料理店明記焼魚で食べたものの、相場観がイマイチ分からなかったので別の店をGoogle Mapで物色中に見つけた店。

そういえば海老を食べていないなぁと、当初の方針をあっさり変更して出かけてしまったのが失敗だった。初志貫徹は重要だ。(苦笑)



屋台に毛が生えたような店だが、テーブル席は満席だったので(相席可能なら座れる)、カウンターのような高椅子席に着席。

メニューを見ていると、海老3種類の他に魚料理なんかもある。その中に鰻があったので、海老を食べてから追加するつもりで、とりあえず海老2種と主食を注文。
ドリンクは、ダイエットコークが無かったのでスプライトRM2.50(≒65円)



この店に来る気になったのは、左上の写真が投稿されていたからだ。
店頭に掲げられていたものだが、クアラルンプールで一番安いと謳っているうえに、この店より安い店を見つけたら海老200尾進呈なんていう表示まで掲げているのだから、これが最安値水準であることは間違いないのだろう。




15分以上待たされたが、注文品が全部まとめて出てくるのは中華系の店らしい。
厨房が見えるポジションだったので監視していたが、5分程度の時間差はあったので出来た分から出してくれればよいのに。



White Prawn(RM16.00≒430円)
Rapid Boil M Size White Prawn (7-8只)


ポスターでアピールしていた白海老だが、写真のように皿に盛られているのではなく、屋台でおなじみのプラパックに入れて出してきた。いくらなんでも、それは無いだろう。

この形態の白海老なら、台湾の枋寮漁港で食べたもの(☞ こちら)とまったく同じ。
台湾のものとは品種が違うようだが、味わい的には大差ない感じ。タレだけは台湾の勝ちだ。



Deep Fry Pepper Salt Tiger Prawn L Size(6只)(RM25.00≒670円)

期待のブラックタイガーは、殻に味が付いているのでそのまま食べるとのこと。
Lサイズを選んでしまったので、ちょっと殻が硬くて全部丸ごとは無理だが、味付けは悪くない。

結局半分は殻を外していただいたが、ブラックタイガーらしいプリプリ感とかは無いなぁ。
白海老よりは硬く締まった身なので美味しいが、ちゃんと調理したものではないと、せっかくの海老が死んでしまう。



Malaysian Flavour Dry Noodle with Prawns(RM9.00≒240円)

主食に選んだマレーシア風のドライ麺。
値段が安いので海老はそれなりのものと思っていたら、先ほどのパック入り白海老よりは少し小ぶりながらも2尾乗ってきた。調理法はブラックタイガーと同じだったので、これと白海老だけで良かったかも。

麺はインスタント乾麺だが、下に添えられていた粒粒を加工したものは海老の卵の加工品のような気がした。これを麺全体にからめていただくと、結構美味しくなる。インスタント麺でなければ、もっと美味しいだろうに。


ということで、単純明快な料理な分だけに満足度は低く、鰻を追加注文するのはやめてしまった。
当初方針通り明記焼魚と比較できる海鮮料理店に行けばよかったと後悔することになったが、KLには今後も行くことになると思うので、その時のお楽しみに取っておこう。


※メニュー:前菜ブラックタイガースカンピ小菜ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:漁人碼頭(Fisherman's Dock)
電話:016-354-6644
営業:14:00~24:00
定休:無休
住所:B8 Alor Backspace, Jalan Alor, 55100 Kuala Lumpur
GPS:3.145408, 101.707607 (☞ Bing Map


マレーシアの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>