《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/オーストリア航空:ウィーン(VIE)⇒成田(NRT)

搭乗:[2013/10/15 OS51便]
評価点:総合★★★★★★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
オーストリア航空のウィーン発成田行のビジネスクラスは、なんと5回目!
商用利用でないのだから、尋常ではない利用回数だ。それだけお気に入りの航空会社だったわけだが、他社と同様に機内食の低下が進んだことと、オンボロ機材だったことで、もう選択することは無いだろうと思っていた。(でも、私のビジネスクラス機内食ランキングでは、トルコ航空に次いで2位!)

一人掛けシート 二人掛けシート

問題の機材だが、今年最新機種に更新されたそうで、指定された席に向かうと窓側1席だけの社長席のようなおひとり様シート(写真左側)だった。こんな快適ななシートは初めてだ。
ANAのようなシート幅の窮屈感もなく、特典航空券では乗れないシンガポール航空の新型シート並みのゆったりとした広さ。もっとも、シンガポール航空のように革張りソファーではない点は劣るものの、過去搭乗したビジネスクラスシートではシンガポール航空の次に良い。それに、シートを覆うシーツまで用意されているのだから驚きだ。またオーストリア航空に復帰してしまいそうだ。

もうひとつ重大な変更点は、機内放送で「Operated by Tyrolean」と加えられていたこと。
CAさんに詳細を伺うと、昨年7月に親会社のオーストリア航空が子会社のチロリアン航空に吸収される形でオーストリア航空という会社は消滅したそうだ。
追記:どうも消滅ではなく、運行を全部子会社に任せたみたい ☞ オーストリア航空グループ使用機材

チロリアン航空のサイトを見ると、確かに以下の声明文がトップページに記されていた。
[Aktuelle News]
Mit 1. Juli 2012 wurde der Austrian Airlines Flugbetrieb vollständig zur 100 Prozent Tochter Tyrolean Airways überführt.
Schon bis zu diesem Zeitpunkt hat Tyrolean Airways mehr als 50 Prozent aller Austrian Flüge durchgeführt. Das Produkt an Bord bleibt unverändert: Sie werden weiterhin von unserer charmanten Crew an Bord betreut und können mit Austrian weiterhin so sicher und zuverlässig fliegen wie bisher.


本来なら「チロリアン航空」として掲載すべきところだが、日本国内では公式でもオーストリア航空のままであるため「オーストリア航空」で掲載させていただいた。過去2回搭乗しているチロリアン航空のビジネスクラス(☞ 2012.7 アムステルダム⇒ウィーン2010.7 ウィーン⇒ミュンヘン)と混同は出来ないと考えた。

さて、感動の座席や登記会社の話はこれくらいにして、機内食に移ろう。もちろん洋食を選んでいる。
離陸前のウエルカムドリンクは、スパークリングワイン、オリジナルカクテル、オレンジジュースからの選択だった。

セッティング&食前酒用おつまみ

離陸後の食前酒の前に、テーブルクロスが敷かれておつまみのナッツだけでなく、塩胡椒・バター・温められたパン(バスケットの5~6種類から選択)が出てしまった。

オードブルのワゴン・サービス
オードブルのワゴン・サービス
マスの燻製|テーブルビートのサラダ|ヴァルトフィアテル地方産羊のチーズ|チェリートマト|エビのマリネー|カネリーニ豆のサラダ|鶏胸肉のフライ|タルタルソース


前菜のワゴンサービスは変わらずだが、洋食か和食の選択という案内。
和食は前と同じだが、洋食は有無を言わさず全部盛りで出てきた。
私はいつも全部盛りだからいいけど、せっかくのワゴンサービスで選ばせないっていうのは、どうだろう?
せめて、全部盛りますけど嫌いなものやアレルギーは有りますかって聞くと印象が良くなるのに。

質的には1年前と同レベルだと思うが、やはり6年前と比べると原価率の低さが気になる。
ただ、日本だと高級店でしか出てこないような欧州らしい味付けである点は当初と変わらず。今回は、日本ではありえない色合いのテーブルビートのサラダが一番良かった。

赤レンズ豆のスープ
赤レンズ豆のスープ チャベッタ・クルトン

うーん、だんだんスープの水準が落ちてしまっている。
同じ Do&Co社が手掛けるトルコ航空のスープとの差が開いてきた感じだ。
要はコストをかけていないということ。市販のトマトスープに近い味になっていた。

仔牛挽肉のシュニッツェル
メイン(4択):仔牛挽肉のシュニッツェル ポテトピューレ/野菜のバターソテー

シュニッツェルってカツレツの事だと思っていたが、違った。
出てきたのはハンバーグ。それも日本人が好む中挽きではなく2度挽き肉で作っているから、肉汁は出てこない。それに、この手のハンバーグのお決まり通り塩がきつい。

シュニッツェルの断面

ソースはクリーム分が多めのグレービーソース。
まずまずの出来だが、ハンバーグ側の濃い塩味に負けてしまっていた。

食後のワゴンサービス
チーズやエキゾチックなフルーツのワゴンサービス

食事系の最後はおなじみワゴンデザート。
今回は行けそうだったので、全種類お願いしてしまった。

ミルヒラームシュトルーデル
ウィーン伝統のミルヒラームシュトルーデル 温かいバニラソース
チョコレートアイスクリーム、フルーツ


さすがにレストランではないので皿を冷やすことは出来ないだろうが、温かいシュトルーデルの横に添えたのでどんどん溶けてしまう。フライングシェフが盛り付けを担当すればこんなことにならないだろうが、ちょっと考えてほしいなぁ。

そのミルヒラームシュトゥルーデルだが、クリームチーズをパイ生地で巻き込んだオーストリアの代表的な焼き菓子らしい。
パイ生地という印象はなかったが、ミルフィーユのように生地とクリームチーズを交互に何層も重ねて焼き上げられていて美味しい。温かいバニラソースをかけていただくというのも、オーストリアでの食べ方だそうだ。

チーズ

チーズはタイプの違う4種類。
感動したフランスチーズほどではないが(☞ Fleur de Sel)、普通に美味しい。

フレッシュチーズ・マッキアート クラッハー
左:パッションフルーツのフレッシュチーズ・マッキアート フレッシュ・ミント
右:デザートワイン「クラッハー」

フレッシュチーズ・マッキアートだが、フレッシュチーズというよりは、冷凍ホィップクリーム。
見たことは無いけど、スプレータイプのものかも?

メニューには「食後酒のワゴンサービス」と掲載されているが、ワゴンサービスが回ってこなかったので、最後に毎度おなじみのデザートワイン「クラッハー」もリクエスト。

Wiener EiskaffeeWiener Eiskaffee
ダブルエスプレッソにバニラアイスクリームとホイップクリームを加えたもの、伝統的にグラスで供されます。


最後の珈琲だが、メニューには単に「香りの良いコーヒーまたは紅茶」とあるので、オーストリア航空自慢の選べる珈琲が無くなってしまったのかと思っていたら、デザートの時に例の珈琲専用メニューを持ってきてくれた。
これまた毎度同じものだが、基本的に珈琲も飲めなくなっているのでミルク分の多いウィンナーアイスコーヒーでお願いした。

この後は爆睡モード。成田昼発の欧州便では往路は寝ないが、現地夜発(この時は台風の影響で6時間半の遅延)の復路便では寝ておかないと体が持たない。従って、中間食に何が配られたかは不明。昨年搭乗した際に出てきた料理は こちら に掲載してあるので、参考にしてほしい。

台風通過中の日本到着2時間半前ぐらいから揺れが大きくなってきたので、2食目はキャンセルされる可能性があると覚悟していたが、1時間半前には揺れもなくなってしまい、無事2食目が供された。

スムージー&オレンジジュース
▲左:フルーツ・スムージー&フレッシュ・オレンジジュース
 右:最初にトレーに乗せられて配膳された状態

まずは2食目メニューに掲載のドリンク。しっかり両方いただいた。
特に前々回まででお気に入りのスムージーは、前回搭乗時にメニューに掲載されているのに搭載していないという信じられない失態を犯していたので、2年ぶりだ。

エリザベスなんとかと言っていたが、ぶどうとリンゴを混ぜたものかな?
粒々の粒状感はりんご、味の方はブドウという感じがした。やっぱり美味しい!(今回は、おかわりの案内が無かった)

食事の方は和食の選択肢は無く、オムレツかパンケーキといういかにも欧風朝食という感じ。
でも、最初に前菜とフルーツが出てきた時は和食のトレイに入っていたので、頼んでいない和食が出てきたのかと思ってしまった。

フルーツとハム・チーズ
フレッシュ・フルーツ 各種ハムとチーズ 焼きたてのクロワッサン

まあ、普通の朝食ですな。特段美味しいと思えるものは無かった。
せめて、フルーツの質に拘りを見せてくれれば良かったのにと思ったけど・・

ヨーグルトとミューズリー ミューズリーを上から
プレーンヨーグルト/ストロベリーソース 自家製ミューズリ

スムージーと共に好物なのがミューズリー。ルフトハンザのラウンジで出てくるタイプと同じ味だ。
ミューズリーといっても、不味いものもあることを発見しているので、ルフトハンザとオーストリア航空のものは安心して食べられる。


カッテージチーズのオムレツ
ローストポテト/マッシュルームのソテー/トマト


2択のメインは、オムレツをチョイス。
日本の航空会社で出て来るものとは違った形状で、カッテージチーズを薄焼き卵でぐるぐる巻きにした感じだ。
マッシュルームのソテーは、下に隠れてしまっている。(あまり美味しくなかった)

ということで、全体印象では昨年搭乗時と変わらずだが、機材更新で雰囲気面で格段に良くなったことや、昨年のように楽しみにしているスムージーもしっかり出てきたことから、★5つ復活とした。
今回は、前回ひどかったサービスも良かった。(前回はサービスで★4つに落としたのだ)

最後に食事ではないが、気になる点が1つ。
タッチセンサー式のシートコントローラーが肘掛に付いているのだが、気づかずに触れてしまい突然シートが動き出すケースが4~5回はあっただろうか。最初の2~3回は何が起きたのか分からなかった。
ロックボタンでも付けるべきだっただろうが、こんな抜けている設計をするところを見ると、親会社のルフトハンザの技術者が設計したのかな?

さあ、今週末の3連休は3泊5日のフランス行きだ。
可能であれば、現地から登録したいと思う。

※メニュー:1食目(独・英)2食目デザートワインドリンク珈琲①

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/オーストリア航空:ウィーン(VIE)⇒成田(NRT)

搭乗:[2007/7/10 OS51便] (注:食べログの日記から移植したものです) 《登録日:2013/9/22》
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★★
スカンジナビア航空の欠航で、オーストリア航空のビジネスクラスまで試すことができたのは、今から考えれば非常にラッキーだったと言える。
というのも、初めてのビジネスクラスで乗ることができた2社の機内食の水準が、ANAよりもはるかに良かったからで、もし仮にANAのビジネスクラスを最初に使っていたら、ビジネスクラスなんて高いだけでつまらないものだ、と決めつけていたかもしれないからだ。



まずは、ウィーン空港のラウンジ食。これが、なんともしょぼいのだ。
乾き物を除くと写真の肉団子とサラダだけ。結果的には、この後の素晴らしい機内食を食べてもらうために、ラウンジで腹いっぱい食べさせないようにしているという好意的解釈もできたのだが・・

搭乗後(まだ他の客が搭乗中であるにも関わらず)ドリンクのサービス。
今のところこのサービスが無いのは日本の航空会社だけであるが(注:2年ほど前から長距離路線で開始している)、ちゃんとグラスに入れて出される。

最初の食事は、洋食メニューから選んだ。
ここで登場したのが、クルーがコックに扮してサービスしてくれること。(実際は、クルーが扮しているのではなく、本物のシェフだった!)
オーストリア航空ならではのサービスは(注:2011年以降に搭乗したトルコ航空でも採用している)、これだけでも場が和むし楽しい気分になってしまう。



アミューズは、軽い料理が出されるのが普通だが、この充実した皿。
ビジネスクラスの機内食に力を入れているオーストリア航空だけあって、こんなものを出されてしまうと、オーストリア航空を選んで良かったな、と思ってしまう。
もっとも、選んだわけではなく振り分けられただけだが、ラッキーだったということだ。


牛ヒレ肉
 アボカドとトマトのカルパッチョ


2択の前菜は、サーモンのカルパッチョを選択しても差が出る料理ではないので、ここは牛ヒレ肉を選択。
右側の白いブロックはチーズ。とても前菜という水準の料理ではなく、肉料理と言われてもおかしくない。

他社ビジネスクラスでは前菜の段階でトレーでまとめて出してくることが多いが、最後までトレーは出てこなかった。レストランと同様に一皿一皿供されるのだから、本当に機上のレストラン。


ウィーン風ポテトとキノコのスープ

この後スープが出てくる。カップスープレベルではなく真っ当なスープが出ること自体、他社では滅多にお目にかかれない。

「ウィーン風ポテトとキノコのスープ」は、欧州のスープらしい濃厚で抜群の美味しさ。
時間劣化のないスープは、本来ならどこの航空会社でも出してもよいはずだと思うのだが・・


ドーバーソール
 ケイパーとレモン風味のバター/セロリのピューレ/野菜ソテー


前菜で肉を選択したので、こちらは魚を選択。
ドーバー産舌平目は日本で調達するとかなり高い食材。日本で普通に食べる舌平目と違って、かなり肉厚で美味しい魚だ。
ソースがバターソースと少しと単純すぎて、フレンチ好きとしてはイマイチの皿ではあったが。

メインの後は、チーズとフルーツのワゴンサービスがある。(なぜか写真が残っていないのは、前の便でも食べているのでお腹いっぱいでパスしたものと思われる)


・ヴァッハウ名産アプリコットのダンプリング
・自家製バニラのパルフェ
・DO&CO 特製チョコレートヌガーのタルト


基本的にフレンチ好きなので、ケーキ系のデザートは好物。
デザートは複数選べるとの表記もあり、最高ランクに相応しサービスだ。もちろん3種全部をお願いした。
ケーキに合わせてオーストリア名物の杏も盛ってくれる。

DO&CO 特製チョコレートヌガーのタルトの断面 ヴァッハウ名産アプリコットのダンプリングの断面

3つの中でダントツの美味しさだったのが、チョコケーキ。チョコレートとクリームの2層構造で、特にチョコは欧州ならではの味わいで、日本ではなかなかお目にかかれない。これを目当てに、次の特典航空券でのビジネスクラスをオーストリア航空にしたぐらいだ。(無くなってしまったのは残念だったけど・・)

ボール状の揚ドーナツは、中央に砂糖漬のアプリコットが埋め込まれている。
オーストリア名物の杏とあって、杏の甘酸っぱさが独特。
中央のパルフェも、フルーツソースと共に水準が高かった。



この後、珈琲・紅茶・食後酒のサービス。
ここで日本でもおなじみのデザートワイン「Kracher(クラッハー) Cuvée Beerenauslese 2005」が登場。
普段酒を飲まない(というより飲めない)私も、甘いこの手のワインなら少しぐらい大丈夫だろうと頼んでしまった。

実は、この段階では珈琲をパスしてしまったのだが、珈琲こそがオーストリア航空の自慢だったのだ。
わざわざ「珈琲メニュー」なるものが用意されていて、1つずつ丁寧な解説が記されている。しかも日本語版までちゃんと用意されているのだから、素晴らしい。

この珈琲、食事時間帯以外では少し制約があるらしいのだが(スナックタイムに注文したら、ちょっと確認しますと即OKにならなかったことから判断)、気づかなかったと言ったらわざわざ作っていただけた。

選んだのは、「Wiener Eiskaffee」つまりウィンナコーヒーのアイスバージョン。
もちろん、何杯でも別の珈琲を追加オーダーすることも可能。

以上で1食目はおしまいだが、フライングシェフというエンタメ性も含めて、他社とは比較にならない格段に魅力あふれる内容で、まさに、機上のレストランという表現に相応しい機内食だった。



朝食メニューも多くの選択肢がある。
メニューに希望品にチェックを付けて夕食前に回収されるが、いくつ頼んでも良いようだ。(最後のメニュー写真参照)


カッテージチーズ入りオムレツ
フレッシュバジル/ポテトのソテー/グリルトマト


ミューズリー ハムとチーズの小皿
▲左:ミューズリー  右:ハムとチーズの小皿

あたたかいクロワッサン ホットココア
▲左:あたたかいクロワッサン  右:ホットココア

この当時は、過大な期待を持っていた国際線ビジネスクラスの2社目だったせいか、1社目(往路のスカンジナビア航空)よりも優れているといった程度の感想だったが、この後に搭乗した3社()が貧弱だったことから、オーストリア航空の機内食に掛ける姿勢は、他社を凌駕するものであるという確信を持つに至ったわけである。

ちなみに、2013年9月現在で20社に搭乗しているが、現時点で過去最高だった機内食が、この時のものであることを記しておこう。すでに公開している通り、その後のオーストリア航空の機内食は、徐々に悪くなってしまったのだ。(それでもANAよりは良い)

※メニュー:1食目朝食

オーストリア航空 ビジネスクラス機内食
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/オーストリア航空:コペンハーゲン(CPH)⇒ウィーン(VIE)

搭乗:[2007/7/10 OS308便] 《登録日:2013/9/21》
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
生まれて初めてのビジネスクラス旅行(もちろんマイレージを貯めて無料搭乗)の復路、コペンハーゲンで成田行きのスカンジナビア航空に乗るはずだったのだが、不良個所があると何度も出発時刻の変更。なにしろビジネスクラスの事は分からなかったので、時間になってラウンジを出て搭乗口まで行ってしまったのも失敗だった。ラウンジで搭乗開始の表示が出てから向かえばよかったのだ。


▲スカンジナビア航空ラウンジ@コペンハーゲン空港

結局5時間ぐらい搭乗口で待たされたあげく、欠航となってしまった。
ビジネスクラス客はラウンジに案内され、ここで代替便の手配。すでに手配済みだったようで、提示されたのは翌日のウィーン経由でオーストリア航空利用だ。

コペンハーゲンでのホテルは、バゲージクレームで荷物受取といっしょに行うようにとの指示された。


▲左:振替航空券(なんと手書き!) 右:ホテル手配指示書

そんなアクシデントのおかげで、翌朝オーストリア航空で帰国することになったわけだが、ウィーンまでの欧州域内線での機内食を食べログの日記には載せていなかったので、ここで紹介しておこうと思う。



機内に入ると、ビジネスクラスといってもエコノミー席の中央を使わないだけのタイプ。欧州域内線では当たり前なのだが、そんなことも知らないので結構がっかりしたものだ。
それでも、離陸前にはウエルカムドリンクが出てくる点では、しっかり差別化している。



機内食は、朝食仕様のオムレツベース。
見た目でもわりとゴージャスで、ビジネスクラスだからこれが当然なんだろうと思ったわけだが、これも大間違いであることは、その後何度も搭乗した欧州域内線の食事内容で知ってしまった。
トルコ航空の欧州域内線の機内食を知るまでは、ダントツ1位の内容だったのだ。





オーストリア航空 ビジネスクラス機内食
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>