《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/リヨン [Lyon]:Le Mercière

訪問:2015/9/26 20:00
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
帰国日は明日だが、500Km強の長距離移動を伴うのでラウンジ食だけにする予定。
ということで、最後の晩餐をリヨンで迎えることになったのだが、土曜の夜とあってホテルで予約を試みた8軒の星付店はすべて満席。まあ、当たり前だろう。根気よく電話をかけてくれた、クラウンプラザのフロントのお兄さんには感謝だ。

ということで、レストランは諦めて4年前と同様にリヨン名物のブッション(郷土料理を出すビストロ)に行くことにした。
これなら予約不要だし、中心部のレストラン街であればいくらでもある。

外観テーブルセッティング

一通り物色して、テラス席は満席だったものの店内に2テーブル空いているのが見えたこの店に決めた。
店頭に Authentique Bouchon Lyonnais と掲げられている店なので、これぞブッションという店だ。

メニューは外国人とみて、最初から英語版のみ。さすが観光地のど真ん中立地だ。
コース(ムニュ)は 24.90€ か 29.90€ ということで、The Menu "Les Canuts"(€29.90)をチョイス。
前菜+メイン+チーズ+デザートの4皿構成のコースだ。

パン

まずはパンが出てくる訳だが、これが何とも渋い感じのするもの。
かなり歴史のある店らしいので似合っているのだが、お味の方は意外にも美味しい。さすがフランス。

アミューズとバター

パンと共に、バター(マーガリン?)やリエット、豆のアミューズも出てきた。
もちろんパンと共に無料提供。これも、店の雰囲気に良く合っているクラシカルなお味。

Artichoke heart & foie gras
Artichoke heart & foie gras "Mère Brazier's way"

3択の前菜からは、当然のごとくフォアグラ。
私の場合は、スペインのパラドール・ベニカルロでいただいたアーティチョークが忘れられず、アーティチョークの心臓って何だろうと興味を持った方が大きい。

アーティチョークの心臓

トッピングのフォアグラのコンフィを外すと、その心臓部が見える。

何のことは無く、可食部全体を丸のままという使い方だったわけだが、心臓という表現は当たっている。
その中心部には、赤い血のソースではなくて白いスープで満たされていた点が残念かも?(笑)

アーティチョークの断面

こうやって、アーティチョークの断面を見るのは初めてかな?
固体が大きいこともあると思うが、意外と芋のような部分が多いんだ。
生のアーティチョークを買ったことが無いので、こういう物なんだと初めて知った。

クネル
Pike dumpling with crayfish sauce, fresh spinach

家内が選んだ(というか選ばせた)料理は、リヨン名物のクネル
英語表記だと「クネル」という文字が出ていないので分からないが、説明文から見れば間違いないし、注文時にもクネルと言ってお願いしている。

クネルの断面

ソースこそ甲殻類の出汁が効いていたが、クネル本体の出来が悪かったのは残念。
4年前にこの店と同様ブッション系の Le Musee で食べたものが、今のところベストかな?(ソースは、ル・ノールのものがベスト)

Andouillette
Andouillette from "Bobosse" au gratin, grated potato cake

私は、これまたリヨン名物の臭い料理であるアンドゥイエット、すなわち豚の内臓のソーセージだ。
これもリヨンだけでなく日本を含めたあちこちでいただいているが、完全に観光客向けの仕様という感じのものが出てきた。

Andouilletteの断面(表面)

表面のマスタードソースを除けてみると、極太のものをカットした面が見えてくる。
通常は1本そのまま出て来るものだが、この店は巨大なものを作って茹でてから裁断し、断面の両面を焼いて供していた。

断面写真を見ても、通常と異なる製法であることが分かるだろう。
ソーセージの中に腸を伸ばして入れてある。まるで、同軸ケーブルみたいだ。

Andouilletteの中身

中身を取り出してみれば、違いは一目瞭然だ。
通常なら、乱切りにした内臓肉とつなぎを合わせて味を調えてあるものだが、まんま腸が入っている感じで、食感だけでなく味わいという面でかなり劣る印象だ。

アンドゥイエットは、La Mère Jean で食べたものが、いまのところ1番。

Cervelle de canut white cheese
Cervelle de canut white cheese, shallots and herbs

チーズは、ハーブのチーズだというので、2人ともこちらをお願いしたのだが失敗。
ブルサンのようなものと予想していたので、まさか液状のものが出てくるとは想定していなかった。
これなら、私だけフロマージュ・ブランにしておけば良かった。

Café gourmand
Café gourmand

食後のデザートは別メニューからのチョイス。
渡されたメニューは英語版ではなかったが、15種類もの選択肢があった。

家内は、毎度ながらのカフェ・グルマン。
あまり美味しそうでないなぁ。(食べていないので知らない)

Nougat glacé
Nougat glacé, caramel tendre aux épices

私は大好物のヌガー・グラッセを選んだのだが、メニューを改めてチェックしてみると、他にも良さそうなものがある。
メニューを渡されたとき、まず最初に知っている単語を探してしまうため、今回のように好物を見つけてしまうと他に目が行かなくなってしまうのだ。今後は注意しなければ・・

ヌガーグラッセの断面珈琲に入れる砂糖の皿に、チョコレートが入っていた

家内のカフェグルマンに付く珈琲用の砂糖が入った皿を見ると、小菓子(チョコレート)が入っていた。
家内は砂糖を使わないので気づかなかったみたいだが、こんな小菓子の出し方もあるんだ。

お会計 レストランカード

以上でお会計。
ブッションの食事代としては高いが、中心部のど真ん中立地である以上は仕方ないか。
でも、この窮屈な空間は苦手だなぁ。

※メニュー:コース(英語版)チーズ・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Le Mercière
電話:04 78 37 67 35
営業:12:00~14:15、19:30~23:30
住所:56 rue Mercière, 69002 Lyon
GPS:45.762403, 4.832699


翌日はリヨンから高速規格の一般道N7号線に乗って(途中A77号線となる一部区間のみ有料:€3.30)2度目のフォンテーヌブロー[Fontainebleau]に家内を案内してから、パリの空港に戻って全行程終了。
期待のJALは、満席なのにJGP資格でも往復ともアップグレード無しでがっかりだったが(最低でもプレエコには乗れるANAにすれば良かったと多少後悔)、エールフランスのラウンジ食は予想外に優秀だったことから、機内食をパスするつもりでたっぷりいただいて帰国した。(実際、メインは2種類とも不味くてパス!)

本当は秋の味覚を楽しむ旅行だったはずだが、ブルゴーニュでは秋の味覚どころか味的にも合わなかったし、ローヌアルプでも期待のキノコにも1軒しか出会えず、フランスの秋の味覚のイメージとはかけ離れた旅になってしまった。
ブルゴーニュやローヌアルプでは、特に拘りのある店でなければ季節感を味わうことができないのかもしれない。

また、店にも恵まれなかったし、アクシデント発生時にその場でネット接続できていれば、また違った解決策が見いだされたでろうと予想できたことから、次回からは現地でSIMを調達してリアルタイムで調べられるように情報武装しようと思わされた旅にもなった。(台湾で2度ほど使った経験があるが、あまり価値を感じなかったことから他国では使ったことが無いのだ)

なお、来年のSWは季節感を味わえそうな中部~北イタリアを中心に回ろうかという気になっている。
家内はイタリア料理嫌いなうえに、3カ月連続の海外旅行は嫌だと言っているので1人で行くことになると思うが、誰かいっしょに行く?(9/16~26の予定)

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 158660円(成田<>パリ、17436マイル獲得)
現地宿泊費: 49620円(€460.60/9泊、うち朝食付2泊)
現地交通費: 19890円(€184.63)レンタカー&燃油・駐車場・高速、リヨン市内1日券
飲食観光等: 49672円(€455.32+CHF6.25)飲食・観光・雑費
国内交通費:  2826円
旅費合計:  280668円...2人で56万円(円高時調達の107.47円/€ 換算)

このあとは、10月3連休に出かけたエストニア旅行で食べたものをお届けしようと思う。
後の予定が詰まっているので、少しペースを上げて登録したいと思っている。


▲翌日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/リヨン [Lyon]:Eric Kayser Boulangerie (Lyon l'epiaison)

訪問:2015/9/26 15:30
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
4年前に食べ歩き目的でリヨン[Lyon]で3泊しているが、今回の旅の最後の宿もリヨンに確保。
街の中心から少し離れた週末のシティーホテルの宿代は、非常にリーズナブルなのだ。


▲今日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

お昼にチェックインを済ませ、車はホテルの駐車場に置いたまま市内交通1日券(€5.50)を買ってトロリーバスで中心部へ。トラム(路面電車)は日本でも健在だが、トロリーバスは子供の頃に住んでいた渋谷界隈で乗っていたので懐かしい。

外観店内

家内が行きたいという丘の上のノートルダム教会にケーブルカーで登ってから、徒歩で降りたところで見つけたケーキ&パン屋でケーキを買って、店頭のテラス席でいただいたのだが、この店がメゾン・カイザーだったと知ったのは、ホテルに戻ってから店の正式名称を調べた段階。

カイザーという名称とロゴが似ているなぁと店内で思っていたのだが、現場ではメゾン・カイザーだとは気付かなかったのだ。(未だに、この店の名称であるエリック・カイザーとメゾン・カイザーの違いは調べていないので知らない)

Tarte griotte pistache
Tarte griotte pistache(€3.00)

私が選んだのは、チェリーとピスタチオが美味しそうに見えたこちら。
好物ということもあるのだろうが、これは美味しかった。

タルトの断面

断面で見ての通り中身もしっかりケーキっぽい感じだし、お値段が他に頼んだものとほとんど同額という点でも満足度が高い。
これ、日本で売っているならリピートしてみたいと思う。

Pomme
Pomme(€2.30)

もう1品は、単に「林檎」と題したこちら。
アップルパイ大好きなので、リンゴ系のケーキには手が出てしまうのだが、こちらはお値段の価値なしとの判断。
やっぱり、パイの方がいいなぁ。

Eclair Vanille
Eclair Vanille(€2.60)

家内は、フランスのエクレアが食べたいとこれを選んだ。

エクレアの裁断面エクレアの断面

断面写真だと多少は分かると思うが、カスタードにダマがあって憤慨していた。
確かに360円のエクレアで、こんな初歩的なミスをしている製品を出して来るとは、メゾンカイザーのイメージとはかけ離れている。

ということで、場所は最高に良いし店頭のテラス席も無料解放されているので、場所代を含めて考えれば非常にお得なのだが、残念ながら味は伴っていないという印象で終わってしまった。

パンと珈琲のセット2.30ユーロからサンドイッチとデザートで7.50ユーロまでのテラス席用のセットメニューもあるので、ケーブルカーで降りた後にちょっと休憩、あるいは軽く食べたい時に使う分には良いと思う。(何も日本にあるチェーン店で食べる必要は無いとは思うけど・・)

【店舗詳細情報】
店名:Boulangerie Lyon l'epiaison
電話:04 78 37 46 36
営業:06:00~22:00
定休:日曜日
住所:1 avenue Adolphe Max, Lyon 69005
GPS:45.759694, 4.827392

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/エクスレバン [Aix-les-Bains]:La Bonne Fourchette

訪問:2015/9/25 19:30 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★☆☆☆☆☆☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP☆☆☆☆☆
今回の旅はアクシデントや不運が続いているが、残りあと2日というのに食べる方でもフランス旅行史上過去最悪の水準になっている。特にこの日は、ランチに続いてワースト更新と最悪だ。
信頼しているミシュラン旅行ガイド掲載店ベースでもフランスにおける過去最悪店。本家フランスでも大外れの店に当たってしまうとは・・

外観店内

外観や内装は、当地としては立派なレストラン。当然期待度は大きかった。
その分、アラカルトの価格設定はかなり高額。一番安い前菜でも€22.50もする。

これだけ高額設定で、ミシュランのお墨付きがあるのならと最高値のコース Menu Bonne Fourchette(€49.50)をお願いしたのだが、この段階で高級店らしいサービスが出来ていなかった事をちゃんと評価していれば、被害は免れていたはずだ。ちょっとした食堂レベルの対応だったのだ。

パン

最初に疑問に思ったのは、パンを入れてあるバスケット。布で覆われているのだが、これが結構汚い。
ナプキンのように毎回交換しているなら話が分かるが、布を交換せずに食べ物を入れて来るっていう所を見ても、衛生面だけでなく食材の保存体制に疑問を持ってしまう。(後で、そのことが判明する)

Amuse-Bouche
Amuse-Bouche

アミューズは、グリーンピース風の豆のクリームスープに、肉団子風のものが添えられていた。
この後の料理が強烈だったので、完全に失念。メモを取り忘れていたのだ。

Foie gras de canard maison
Foie gras de canard maison aux fugues et ses raisins caramélisés, chips de pain de campagne

2択の前菜からは、家内も私もフォアグラ。相変わらずだ。

フォアグラ

オーソドックスなフォアグラのコンフィーだが、フォアグラの味がしない。
ここまで味のしないフォアグラとなると、ハンガリー産の安物という気もするが、滅多にハズレを掴まないフォアグラのコンフィで、ここまで美味しくないのは珍しい。

周りを飾っているパンなんて、湿気っていて話にならない。

Le Homard rôti
Le Homard rôti et étuvée de fenouil à l'huile d'olive et estragon et sa mousseline légère aux agrumes(€8.00加算)

メインは3択。家内は食べたいものが無いと、8ユーロ加算のオーマール海老を選んだのだが、これが酷かった。
オマールの殻の状態は、いかにも冷凍品。
カットされたオマールの身の間に生ハムを挟んで焼いてある。これではオマールの味が死んでしまう。

オマールをアップ

もっとも、そのオマールからは鮮度が落ちた際に発生するアンモニア臭があるので、家内は食べられないと皿をよこしてきた。
私がいただいたが、私は冷凍ものを解凍したケースでよくある身の硬さを感じてしまった。これが最高峰コースに8ユーロ加算で頼んだ料理なのだ。(過去フランスでいただいたオマール:La ChaumineL'Orangerie du Châteauイヴァン・ヴォティエ

ソースはアメリケーヌもどきのクリームソース。もどきと書いたのは、ほとんど甲殻類特有の旨味が無かったからだ。
オマールの殻の下には、エストラゴン風味のソース。どちらかというと、こちらの方が主張していた。

マッシュポテトの上にはグレープフルーツとオレンジ、その上に胡麻を振り掛けてある。何考えているんだか。
そのマッシュポテトも、普通に作ったもので拘りの見える味が無い。バターが少なく、スパイスで調整している感じもしない。

Le filet de bœuf
Le filet de bœuf et artichauts en barigoule avec ses pommes de terre nouvelles confites

私は、普通なら選ばない牛ヒレ。もうひとつの皿に魅力を感じなかったので、消去法で残った。
まあひどいもので、牛ヒレは間違いなく冷凍品でビジネスクラスの機内食よりも劣るものだし、ソースが全然出来ていない。
本場フランスでも、日本のなんちゃってフレンチ(すなわち洋食)のようなソースを出してくる高級店があるのかと、唖然とさせられた。

Le chocolat en feuillantine léger et croquante
Le chocolat en feuillantine léger et croquante, surmonté de ses deux mousses l'une au lait et l'autre au chocolat des Caraïbes, sa glace vanille Bourbon

3択のデザートも、家内と同じものの選択になってしまったが、ここまでの料理で水準は見えていた。
見栄え的には体をなしているが、チョコレートが材料が悪いのか不味かった。

これだけ魅力の無いメニューなのに、何故一番高いコースを選んだかと言うと、安いコースはもっと酷いのだ。
アラカルトは設定が高すぎるので対象にしなかったが、仮にアラカルトで頼んでいたらどんなことになっただろうか・・

お会計

以上でお会計。水1本だけ頼んで2人で112ユーロって、ぼったくり以外何物でもない。
私は、フランスでの店選びはトリップアドバイザーを見ていなかったのだが、家内が言うには投稿写真をちゃんと見ていれば外さなかったはずだと。

ランキング自体は食べログよりも信頼できないと思っているが、確かに料理写真は重要な情報源だ。
ミシュラン旅行ガイド掲載店、特にホテルレストランに関しては信用しすぎてはいけないという高い勉強代になってしまった。

※メニュー:コース①前菜メインチーズ・デザート

【店舗詳細情報】
店名:La Bonne Fourchette
電話:04 79 61 29 11
定休:月曜日・日曜日の夜・12/20~1/11
住所:2 avenue de Tresserve, 73100 Aix-les-Bains
GPS:45.686039, 5.913225



▲今日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
台湾/台南・民族路三段: 鐵路便當 2017/06/12
台湾/台南:裕成水果店⑤ 2017/06/12
台湾/台南: 泰成水果店 2017/06/11
台湾/台南: 清吉水果 2017/06/11
台湾/台南: 奇異果子③ 2017/06/10
台湾/台南: 太陽牌冰品 2017/06/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>