FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

TourIstanbul Bosphorus Tour(トルコ航空無料トランジットツアー)

参加: 2019/6/26 18:00~23:00
評価(食事のみ): 総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆
案内書表面裏面

イスタンブール新空港のトルコ航空国際線用ラウンジ「Miles&Smiles Lounge」のレポートは別途掲載済みだが(☞ こちら)、ここで後回しにしていたリトアニア&ラトビア旅行帰国便のトランジット中に参加した無料のイスタンブール市内ツアー「TourIstanbul」の夏季のみ開催の最終便「Bosphorus Tour」の内容を紹介したいと思う。

この無料ツアー、トルコ航空(ターキッシュエアラインズの旧呼称)のみ利用のイスタンブール国際線乗継客(国内線<>国際線は不可)、かつ6時間以上の乗継時間があり、なおかつ開催ツアーの出発30分前までに受付完了し、到着90分後以降の便に搭乗する予定の人だけが対象となるので、参加したことが無いくせに知ったかぶりして書いている多くのアフィリエイト目当ての連中の情報を信じてはいけない。特に受付締切時間までに入国手続・税関手続を経て制限エリア外の到着ロビー末端付近にある窓口に到着しなければならないので、各手続ポイントに長い行列があると想定時間内に受付窓口まで到着できない可能性がある。(目的地まで預けてある荷物は受取れないので、預け荷物を待つ時間は不要)

詳細情報や曜日別スケジュールについては公式サイト(☞ Touristanbul)で確認していただきたいが、リガから定刻15:20にイスタンブール新空港に到着した今回の場合、16:00~21:30の市内徒歩ツアーには間に合わず、5~10月のみ開催の最終18:00~23:00のボスポラス海峡クルーズツアーに参加することとなった。他の時間帯のツアーと違って「Dinner」「Bosphorus cruise」の2項目だけの、あっさりした内容のツアーだ。



まずは、トルコに入国する必要があるので、通常通り入国審査を受けて税関を通過して到着ロビーに出よう。
制限区域を出たら、右に進んで一番端っこ近く、ツアー会社などが並んでいるブースの先にある Turkish Airlines「HOTEL DESK」に出向くことになるが、エレベータとエスカレータのある場所付近になるので、それを目印に向かえばよいと思う。



「HOTEL DESK」に着いたら、番号札発券機で「TourIstanbul」を選んで受付番号を入手し、窓口横に設置されている案内モニターでその番号が表示されたら、指定された窓口で申込手続きを行うという手順になる。

ここで、ツアー開始時間30分前までに参加手続を開始する必要があるが、満席御礼の場合は次のツアーに参加するか諦めることになるだろう。
ゆえに、空港到着時刻がツアー出発時刻の1時間前が、ゲート到着やイミグレーション通過がスムースに行った場合の参加可能時刻の目安となる。入国審査に時間がかかったりすると難しいだろうから、確実な線は、空港到着時刻の2時間後以降に出発するツアーであれば参加できる可能性が大だということだ。




手続きを終えると、胸に貼り付けるワッペンシールが渡され、受付した場所の前にある待ち合わせスペースに開始時刻の10分前に集合と案内された。
過去の情報を見ると乗継便の搭乗券を預ける必要があるとの記載があったが、特にその必要は無かった。(今はオンラインチェックインが主流だから、必ずしも紙の搭乗券を持っている客とは限らないからだと思う)

開始時刻10分前に、集合場所で今回のガイドが点呼。
幸いなことに全員が揃っていたのですぐに出発となったが、全員が揃っていないとどうなるかは分からない。まあ、搭乗券を預ける必要が無いからと無断キャンセルは迷惑なのでやめよう!

ガイドの後をついて、街に出るためのバス乗り場に移動。
大型バスかと思いきや、30人乗りの中型バスだった。


▲車内のシートポケットにあった説明書

最初に点呼を取ったスタッフが最後までガイド兼添乗員として面倒を見ることになるが、すべて英語。



バスの中で参加者各自の自己紹介があったので、英語をまったく話せない人は覚悟して乗り込もう。帰りのバスの中でも、英語での記名式アンケートがあるので(タブレットで操作する)、英語ダメなどと言わずに積極的に会話に参加したい。高1程度の英語力があれば、慣れれば英会話に抵抗がなくなるはずだ。
単語や語彙力は仕方ないが、学校英語で重要視される文法やアクセントなど滅茶苦茶で大丈夫。過去形や未来形など気にしなくても通じるものだ。(注:トラベル英会話限定の話で、業務英語では通用しない)



なぜか高速道路を50Km/hのノロノロ運転で走り、ようやく港に到着。
最初、小さいバスに満席となったことから馬力が足りないのだと思っていたが、後で単なる時間調整だったことが判明した。



港でも延々待たされて、ようやく乗船したのが空港を出て1時間30分経過した19:40。
船は2階建てで、当然上の展望デッキ席側をゲット。



Dinner

各自席が決まったところで、期待のディナーがふるまわれたわけだが、何コレ?っていう内容だ。
トルコヨーグルトとトルコ風ラップという感じのものだけ。




ラップの中身が豪華ならともかく、見ての通りスカスカ。
着色料たっぷりのキャベツ(?)の漬物に、胡瓜とパプリカ類。肉は挽肉ベースのものがわずかだ。



ドリンクは水も含めて有料。

さらに問題なのは、食べ物を配っても一向に出向する気配がない。なんと、あとから2団体、別のツアーが乗り込んで来るのを待っていたのだ。
ガイドの案内では、プライベートボートでのツアーだと言っていたが、トルコ航空自社「所有」ボートという意味ではなく、単に民間のクルーズツアーという意味だったのだ。(プライベートボートの英語の意味が、本来はそうなのかもしれないけど・・)

結局出航したのは、20:20。それなら、空港発19:00でも良いのに。







出航したらしたで、船はノロノロと運行。他の観光船にどんどん抜かれてしまう速度だ。
川沿いに大きな歴史的建造物がいくつもあるので見ごたえはあったが、7月15日殉教者の橋までのわずか6Kmを30分もかけて運行。



そのあと、Fatih Sultan Mehmet橋近くまでの5Kmも25分かけて運行したところでUターン。
ここからは速度を上げて戻り始めたところで、デザートが配られた。



激甘だけどハマってしまうバクラバだ。
しかし、トルコ航空のラウンジ(☞ Miles&Smiles Lounge)で出てくるものと違って、上品さのない甘さ。改めて、トルコ航空のラウンジは良いものを出しているんだなぁと感じたわけだ。



ドリンクが付かないので、有料ドリンクを買う人と食べることをあきらめて下船時に子供の物乞いに渡す人(かなり多い)に分かれた。
簡易パックで、シロップでベトベトのお菓子なので、持ち帰るにはかなりリスキーであるのも確かだ。




夜景を見ながら、出航地に戻ったのが21:50。
賞味1時間半のクルーズだが、実質1時間のコースを時間稼ぎして伸ばした感じだ。



下船して、往路と同じバスに乗り(ゆえに、大きな荷物はバスの中に置いて行ける)、空港に戻ってツアーは終了。
往路1時間強かけて港に向かったのに、帰りは30分強で空港に到着してしまった。


▲TourIstanbul Bosphorus Tour全行程ログ

帰りの車内で、前述の記名式アンケートに答えることになるが、韓国語があったのに日本語が無いので英語を選ばざるをえなかった。

正直、クルーズ好きでなければ無駄に時間を使ううえに食事もショボいので、参加する価値があるかは微妙だ。他の時間帯の観光地を巡るツアーの方が良さそうだが、トランジットで使えるケースは限られることから、今後試す機会もないだろう。
個人的には、ラウンジの食事が魅力的なので、たとえ乗継が10時間以上あるとしても、ラウンジに留まりそうな気がする。


航空会社直営空港ラウンジ食ランキング

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

イスタンブール新空港 ターキッシュエアラインズ 新ラウンジレポート

訪問: 2019/6/13 4:00~7:30、2019/6/26 23:00~25:40
評価: 総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★★
今回出かけるリトアニア&ラトビア旅行の楽しみのひとつは、私の航空会社直営空港ラウンジ食ランキングでトップを飾っているトルコ航空(カタカナ正式名称は英語をカタカナにしただけで長ったらしく馴染めないことから無視を決め込んでいる)のイスタンブール新空港ラウンジだ。

旧空港のラウンジは単独記事で紹介しているので(☞ トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge])、今年春に移転した新空港でのラウンジがどう変わったのかをレポートしたいと思う。

旧空港では1つの巨大ラウンジで運用していたが、新空港に移転してからはビジネスクラス搭乗客専用のラウンジが出来たことから2つに分かれている。今回はエコノミークラス利用のスターアライアンス・ゴールドメンバー資格での利用なので、Miles&Smilesラウンジのレポートとなる。(☞ 日本語公式案内ページ
とりあえず早朝乗継の往路便での状況を先に紹介するが、夕方~深夜の時間帯となる帰国便利用時の食べ物情報は、帰国してから当記事の後半に追加したいと思っている。




まずは、ラウンジへの行き方だが、旧空港での乗り継ぎでは間違って違う業者ラウンジに入ってしまうような配置だったが、今度は間違えようが無い。セキュリティチェックが空港の中央になり、そこからCゲートへの案内標識に従って向かえば良いだけだ。一部の案内標識には、しっかり「LOUNGE MILES & SMILES」と書かれている。



最後の曲がり角には、目立つラウンジ案内掲示もあった。
ここを右折した正面がC1ゲートになるが、その手前の右側にあるエスカレータがラウンジの入口だ。



エスカレータを上ると、前のラウンジよりも幅広のゲートがお出迎え。
右側4つのゲートにあるスキャナーに、搭乗券のバーコード部分を読み込ませればゲートが開く仕組みだ。
スターアライアンス・ゴールドメンバー資格の無い人といっしょに入場する場合は、旧空港時代と同様に右側の有人案内窓口での対応になると思うが、今回は一人旅なので確認できず。




入場したら、搭乗券を出したついでに無料WiFi利用のためのIDとパスワードを発行しておこう。
入ってすぐの右側に発券機があるので(ラウンジ中央付近にもある)、搭乗券のバーコード部分を赤く光っている部分に当てれば良い。

その先、右側に進むとコンシェルジュコーナーとPCコーナー、おひとり様用のボックスシート席があるが、通常は左側に進むことになる。



左側正面には、旧空港ラウンジにもあったグランドピアノ。



お目当ての食べ物コーナーは先にあるが、進行方向左側にはお茶を中心とした静かな雰囲気のスペース、右側にはキャパの小さなTVや映画を見るためのスペースが配置されている。




まっすぐ進む通路沿いには、2か所に調理スペースと飲食用のテーブルが並べられているスペース。
早朝時間帯には調理提供は無かったが、朝6時ごろからオムレツとパン類を提供し始めていた。
右の樽は、トルコヨーグルトドリンクと書かれていたが、飲もうと思ったら稼働していなかった・・

この付近はギッシリ飲食用のテーブルが並べられているので、結構狭い印象を受ける。




その先に、オリーブやサラダ等を並べたメゼコーナー。
このメゼのラインナップは、初めて利用した時と比べるとかなり貧弱になってきた印象。今回は、特に取りたいと思うものが無かったのだ。

突き当りは、このラウンジの名物とも言えるトルコピザを焼くコーナーが大きく設けられていた。
朝の時間帯は、御覧のように稼働していない。日本への帰国便乗継時に利用できるだろう。




トルコピザを焼くスペースの右側に目を向けると、白いソファー席がずらり。
その先のラウンジ先端までは、テーブル席が並んでいる。左手には、お子様向けのコーナーも。



この間に、おなじみデメルのケーキコーナーがある。(ラウンジ入口近くのトルコ茶コーナーの横にもある)



いつも、早朝時間帯のケーキは大したものが無かったのだが、今回はデメル名物のザッハトルテも含めて色々あったので、初めてこのケーキコーナーを攻めてみることにした。



前菜サラダコーナーにあったフルーツも含めて、ケーキは大きなカットのものを3つ。
うーん、やっぱりデメルのケーキはスポンジ部分が趣味でないなぁ。ウィーンの本店でザッハトルテを食べた時の印象と同じだ。



この後、反対側端にあるPCコーナー横のおひとり様専用ボックスシートに移動。
ここでブログ記事を書きながら過ごし、搭乗前にもう1食。




朝食時間帯ということで、たっぷりのサラダとチーズ。



それに、稼働し始めた中央の実演コーナーからソーセージとチーズを挟んだパンを取ってきた。
2種類のチーズをたっぷり挟んである上に、パンが焼きたてで美味しい。


全体の印象としては、旧空港のラウンジと比べて狭くなった感じだ。
前は、2階建てで何があるのかを探すのも苦労したが、新しいラウンジは横に長いだけで幅もそれほどないうえに、特に中央の飲食コーナーはギッシリ飲食テーブルを配置していることから、雰囲気面でも劣ったと感じた。

狭く感じるのは、ビジネスクラス搭乗客専用ラウンジと2つに分かれた結果だと思うが、食べ物に関しては朝の時間帯ゆえに、大した食べものが無いことから現状では判断できない。
2週間後の帰国便乗継時は夕方~深夜の時間帯で利用できるので(ひょっとすると、イスタンブール市内に出るかもしれないので、その場合は深夜時間帯のみになる)、その時に食べたものは後から追記することにしたい。

*****

リガからの帰国便乗継では、乗継時間が10時間あったのでトルコに入国し、別途レポート予定の無料で参加できる自称ディナー付きTourIstanbul Bosphorus Tourを楽しんでから、23時に空港に戻ってラウンジ入り。
往路の早朝~朝食時間帯と違って、過去と同様の素晴らしい食べ物群が待っていた。



鉄板焼きコーナーは、焼きあがったものから自由に取って行ける。



鉄板焼きコーナーから(下2/3)とメゼコーナーから(上1/3)



メゼコーナーから、早朝時間帯に無かったものを追加





トルコピザコーナーは4種類。
取った時は作り置きが並んでいたが、午前0時過ぎに見に行ったら新しく焼き始めていた。




自家製トルコ風ラビオリコーナーでは、ラビオリの製造過程の展示付き(ここで実際にラビオリを作っているわけでは無かった)



ラビオリは作り置きだが、それを茹でたものをトマトソース等に鍋で合えてから出してくれるのは実演。



1人前の量が多いので、半分でとお願いして作ってもらった。




早朝時間帯には無かったバクラバコーナーもあった



ここのバクラバは、激甘の中に上品な甘さのある美味しさ



好みのピスタチオ入りバクラバの断面




最後は、往路で飲むことのできなかったトルコヨーグルトに、先ほど取るのを忘れていたバクラバコーナーの1品と一番好きなのを取っておしまい。この後、機内食もあるというのに食べすぎた・・









航空会社直営空港ラウンジ食ランキング
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge]

利用:2017/9/1 6:00~15:40
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★★
香港から TK071便でイスタンブールに到着し、ここで11時間後に出発するTK1407便で最終目的地であるリトアニアのヴィリニュスへ向かうのだが、街に出ることはせず、現在マイ・ラウンジランキングのトップであるトルコ航空(ターキッシュ エアラインズ)の CIP Lounge で長時間滞在することにした。



ビジネスクラス客と系列アライアンスの上級会員しか入れない航空会社直営ラウンジ単独紹介記事は、成田空港のエミレーツ航空ラウンジ The Emirates Lounge と、閉鎖さててしまったリスボンのTAPポルトガル航空ラウンジ TAP Premium Lounge に次いで3か所目だ。

その前に注意点だが、トルコ航空で使えるラウンジは別の民間ラウンジもあるので、特に乗継で利用する場合は間違えて入らないようにしてほしい。乗継セキュリティから遠く離れているので、知らないとうっかり近くの民間ラウンジに入りそうだ。
ターキッシュエアラインズのロゴに入った「CIP LOUNGE」、あるいは空港ホテルの案内を目印に、ゲート側から見て右側端(正確にはゲート専用ターミナルがあるのでメインターミナルの右端)、トルコ国内から出国する場合は出国審査を越えてすぐ左側に進んだ突き当りに見つかるはずだ。
入口で搭乗券をスキャンして入る形式になっている点に着目しても良いだろう。(他のラウンジは自動ゲートが無いはず)


▲左:おもちゃのレーシングカーで遊ぶコース  右:ゴルフ練習コーナー

公式サイトの Turkish Airlines launches its renewed CIP Lounge at Istanbul Ataturk Airport によると、正式に稼働したのが 2013年3月中旬とのことで、私の場合は暫定開業していた2012年7月に利用した時の印象が強烈だったものの(☞ こちら)、その後2度利用した際にも乗継時間が短く全容がつかめていなかったのが実情だ。
2階建てになっているなんて他の方のレポートで知ったぐらいだし、写真のような子供も大人も遊べるコーナーなんて初めて見た。(あまり稼働していなかったのは、利用制限とか時間があるのかも?)


ここからは、食べ物系を写真ベースでご紹介。
ブレブレ写真も多いので、どんなに凄いのかをイメージしていただき、実際に現地で効率よく食べていただくことを目的としている。通常の乗継時間は短いし、お腹のキャパもあるだろうから、ある程度的を絞っておいた方が良いと思う。

ビジネスクラスの機内食もヘビーで優秀なので、お勧めはエコノミークラスを利用して、スターアライアンスのゴールド会員資格で入ることだ。



到着が早朝だったこともあり、この時点での食べ物系は少な目。
最初に目に着いたのが、このトルコ産のオリーブコーナーだ。
ラウンジ全体で4か所に設置されていたと思う。



到着前の機内食でお腹いっぱいのときは、これをつまんでお腹が空くのを待つのも一手。



もちろん、酒のつまみにナッツ類は欠かせないだろう。(酒を飲めない人間が言うのも何だか・・)
こちらは2か所だったかな。



ブランデーやウイスキー、リキュール類も3か所位ワゴンで用意されていた。
お好きな方は、朝からどうぞ。



朝から酒はという方には、トルコ珈琲やハーブティーのコーナーからお好みのものを。



軽く食べたいなら、お粥や焼き立てのプレッツェルコーナーなんかも用意されている。
これは、10時頃ぐらいまでかな。
徐々にランチメニューにシフトしていくので、食べたければ早めに確保しよう。

他に、絵にならないので写真は撮っていないものの、スープコーナーもある。
朝は1種類でランチは2種類だったと思う。(設置場所によっては、昼も1種類だけ)



そうそう、後で美味しいトルコピザコーナーに変わるのだが、焼き立てパンコーナーもある。
ハチミツをたっぷり付けていただくのも良いだろう。食べなかったけど。



忘れていたが、ヨーグルトやチーズ、サラダ類も朝食向けといえるだろう。



フルーツや、手作りサンドイッチコーナーは常設。
カットフルーツではなく、ホールフルーツという点では、ちょっと使いにくいかも。



トルコ版のクレープ焼き(?)コーナーも朝からやっていた。



いただいたのは10時頃だが、具材は3~4種類。
ここは、ほうれん草を選んでみたが、美味しい。



緑色が透けて見えていたが、ご覧の通り薄い生地で具材を挟んで焼いた食べ物だ。



早朝時間帯には無かったケーキコーナーも8時頃にはスタンバイ。
朝からいただくケーキ、甘いモノ好きには嬉しいだろうけど、噂のデメルのチョコレートケーキはお昼にならないと出てこなかった。
そうそう、4年前にあったトルコのハチミツシロップ漬けのお菓子類は、結局出てこなかった。
機内食でも無かったので、何でだろう? 甘すぎて外国人には不評だからという判断なら間違いだ。

他にも朝の早朝時間帯だけしか出ていないものが数種類あった気がするが、順次入れ替わって行くのでお目当てのものは早めに確保しよう。
ただし、私のように長時間滞在する場合は、この後から出てくる料理も外せないので取りすぎ注意だ。




11時頃になると、ランチタイム仕様に完全に変わる。



私が一番楽しみにしているメゼも、このタイミングで出てくる。



4年前の印象とはかなり違って、個食タイプの料理が無かったのは残念。
機内食の選択でメゼを選択しなかったのは失敗だったと思ったのは、このタイミング。



メゼと並んで、トルコピザも絶対に外せない料理だ。
提供コーナーは、各フロア1か所ずつある。



単に生地に具材を乗せて焼き上げるだけというイタリアンピザの製法だと思っていたら、焼きあがった後に追加の具材やソースを乗せたり、淵に油を塗ったりと、焼いたらすぐに出してくるイタリアンピザよりも凝った製法。



焼き上がったトルコピザの最終調理を担当する横で、もう一人が次のピザを焼く準備に取り掛かっている。
いつも焼き上がりと同時に行列が出来るので、このシーンを間近から堂々と見ることが出来るというワケ。



たぶんこれで全種類。右の2切れは同じものなので、全部で4種類。

ここでの注意は、行列が出来たら真っ先に並んではいけないのだ。4種類あるので、最初に並ぶと全種類取ることが出来ないからだ。
とはいえ、遅すぎると最初のピザが無くなってしまうので、全種類ゲットしようと思うなら、10人目ぐらいが目安かな。取り損ねてしまったら次の焼き上がりを待つしかないけど、20分ぐらいは待たされると思う。



横から撮ったトルコピザを見ると分かると思うが、生地が極薄で焼きたても手伝ってパリパリ。
トルコピザは、日本のトルコ料理店でも大抵食べることが出来ると思うが、ぜんぜんレベルが違うので驚かされるだろう。

たかがラウンジ食が、日本のレストランで出てくるものを凌駕するっていうか、こちらが本家。
日本での誤った印象は、ここで払拭したい。



自分で好きな量だけ取れなかったので食べなかったけど、トルコのラビオリというコーナーもあった。
これは、前回無かったと思うので、来年4月にエコノミークラスでマルタ島とシチリア島に行く計画があることから、その時に試したいと思う。




ガラス越しでブレブレだけど、焼肉コーナーも健在。
これも両フロアに1か所ずつあったと思う。



牛ステーキみたいに見えるのは、ミンチ肉を焼いたもの。牛ではなく、羊かな?
鶏のササミ焼きも平凡。焼き野菜は、西欧のものと比べると味が薄い印象なので、特に肉が食べたいモードでなければ、パスして良いと思う。
でも、肉の焼き上がりを待つ人が時々並ぶので、そこそこ人気があるみたい。

写真は無いけど、パスタコーナーも両フロアにあるが、こちらは不人気。
いつ見ても人がいないし、人気が無いから作ってもさばけず、料理人も不在なことが多い。
機内食のパスタを選んではいけないという事は、このラウンジでも証明されているということだ。



搭乗時間になったので、ゲートに向かおうと出口に向かう途中で、インド料理コーナーがあるのを発見。10時間も滞在して、何見ていたんだろう?
気合を入れて取材したつもりなのに取りこぼしが多いということだが、これも次回の宿題にしておこう。
って、エコノミークラスでは記事に出来ないのが難。(この記事の後ろに追加するかな)


以上でおしまいだが、未だに女性に人気のケーキコーナーを詳細に紹介できないでいる。
どうしても食事系に走ってしまうので、重いケーキには手が出ないのだ。
他の方のブログを見ると、かなりケーキ類も優秀らしいので、次回は食べてみようと思っているが・・

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東・花蓮
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ルーマニア/クルジュナポカ [Cluj-Napoca]: Polo Restaurant+Cafe 2019/09/18
ルーマニア/オラディア [Oradea]: Allegria 2019/09/17
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Miorița 2019/09/16
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Restopub Zaza 2019/09/15
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Belvedere@Hotel Timișoara 2019/09/14
ルーマニア/アラド[Arad]: Euphoria Biergarten Arad店 2019/09/13
マレーシア/クアラルンプール・Pavilion: Village Roast Duck 2019/09/12
インドネシア/ジョグジャカルタ・アジスチプト空港: Solaria Bandara Adisucipto店 2019/09/11
インドネシア/ジョグジャカルタ: Yani's Kitchen 2019/09/10
インドネシア/ジョグジャカルタ: Solaria Mall Malioboro店 2019/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>