《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando]

訪問:2017/7/10~11(Room Type: Superior Double€149.00/朝食付)
評価:総合★★★☆☆、味★★☆☆☆、サービス★★☆☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★★☆
宿泊:総合5.0、予約個室4.5、建物全体5.0、サービス4.5、CP5.0
HPCastel Brando Hotel a Cison di Valmarino
Castel Brando

2017年南チロル周辺旅行のイタリアを抜ける前に、後回しにしていた4日目に泊まった古城ホテルの紹介をしたい。現地で翌日の山の天気が悪くなるという予報が出ていた際に、家内が検索していて偶然見つけ、急遽前日予約した古城ホテルだ。

Castel BrandoCastel Brando

宿のHPにあるべき古城としての歴史記載がまったく無かったし、麓から専用ケーブルカーで上るような記述だったので、似非古城ホテルかもしれないと疑心暗鬼で行ったのだが、文句なく立派な古城だった。(☞ 城の歴史
しかも、GWに出かけたドイツ古城巡りの旅で泊まった古城ホテル(☞ こちら)なんかよりも感動ものだったし、宿代が非常に安い点でも特筆ものだ。

注意したいのは、麓にある別館の部屋もあること。古城ホテルで、予約サイトから予約して行ってみたら別館の部屋だったというのは良くある話なので、予約の際には本館城内であることを慎重に確認したい。このホテルの場合、公式サイトでも曖昧な部分があるので、注意が必要だ。


【インデックス】
城内レストラン(La Fucina)のディナー
メインダイニング(Sansovino)でいただく朝食の紹介
泊まった部屋の写真
宿泊客しか入れない城内の写真
ブランド城 [Castel Brando] の風景
  

楽しみにしていた城内レストランでのディナー。
城内探索時に、本館にあるメインダイニング「Ristorante Sansovino」(☞ 店頭メニュー)は、19:30から営業と張り紙があったので楽しみにして向かったら、日曜夜から火曜までお休みだそうだ。

代わりに、城内にはあるものの、基本は外から来る一般客をターゲットにしている「Ristorante Pizzeria La Fucina」で夕食を取ることになってしまった。外から来る場合は、駐車場からのケーブルカーで上がった3階(Levello 3)で、別のエレベーターに乗り換えた6階(Levello 6)にある。

ちなみに、ケーブルカーは往復1ユーロの有料だが、宿泊者はインターホン越しに申し出れば無料でゲートを通してくれる。
車の場合は、ホテル入口まで荷物を運んだあと、すぐにホテル駐車場(€5.00)か地上の無料駐車場に車を移動しなければならない。ひとり旅なら、最初から地上駐車場に車を置いた方が楽だろう。


Ristorante Pizzeria La FucinaRistorante Pizzeria La Fucina

店内は、城内の雰囲気とはかけ離れた派手な内装。サービスもそれなり。
特に、他の空間が空いているのに、客を同じ空間に詰め込んで案内する点では、ダメな店の典型っていう感じ。


Ristorante Pizzeria La Fucina
Coperto(€2.00/人)
Service charge and tax per person


まずは、コペルトで出てくるハズのパン。
ハズと書いたのは、英語表記でサービス料と税金と書かれていたからだが、税金はウソだ。


Ristorante Pizzeria La Fucina
Carpaccio di manzo con spinacino fresco, acciughe e salsa carpaccio(€9.00)
Beef carpaccio with fresh spinach, anchovies, and carpaccio sauce


前菜からは、私の定番である牛肉のカルパッチョ。
これが、イタリアでは見たことのない(日本ではある)冷凍牛肉のまま超薄切りにスライスして皿に盛ったタイプのもの。
イタリアでもこんなカルパッチョを出して来る店があるとは、ちょっと驚きだ。

こんなレベルだから、カルパッチョソースと記載のある実質マヨネーズにも拘りが無いし、中央にトッピングされているほぐしたアンチョビは、安物缶詰の味がした。
最悪!


Ristorante Pizzeria La Fucina
Gamberoni al curry su riso venere(€10.00)
Prawns with curry and black rice


家内は、黒米とカレーと海老という興味のあるものばかりの料理。
カレーライス的なものを予想していたら、海老にココナッツカレーをあえて、黒米ごはんの上にトッピングしたものだった。

ちょっと味見したけど、まあ普通に美味しく食べれるといったレベルかな。
イタリア料理とは言えないので、私にとってはつまらない料理だ。


Casunziei all Ampezzana
Casunziei all'Ampezzana(€9.00)
con rape rosse, burro fuso e semi di papavero e ricotta fume

Ravioli with beetroot, butter and smoked cheese


パスタからは、当然のごとく知らない名前のものをチョイス。
英語版でラビオリと書かれていたので、ドロミティ周辺で定番の独特なラビオリが出て来ることを期待したわけだ。

これ、カソンツィエール・アッランペッツォというコルティナ [Cortina d'ampezzo] で有名なパスタらしい。(☞ パドヴァのとっておき。

ビーツとジャガイモのつぶしたものを合わせて半円形にしたラビオリで、セージバターソースでいただくそうだが、この店のは単なるバターソースだった。

Casunziei all Ampezzanaの断面

実は、この2日後にご当地コルティナのRistorante Baita Son dei Pradeでいただくことになるのだが、その時もセージバターではなく、普通のバターソースだった。

まあ、具材がビーツというだけで、ラビオリ自体に特徴があるわけでもなく、変わったものに期待していただけに期待外れだったのは確か。


Ristorante Pizzeria La Fucina
Pizza Formaggi(€8.50)
Pom, mozz., Asiago stravecchio dop e Morlacco di malga, Gorgonzola

Tomato sauce, mozzarella, selection cheese


クワトロフォルマッジが大好きな家内は、パスタの代わりにピザをチョイス。
もちろん、メインとして二人でシェアしていただくわけだが、生地は美味しいものの、チーズがゴルゴンゾーラだらけでしょっぱく、残念なお味だった。


お会計炭酸水

以上でお会計だが、カラフェで出てきた炭酸水が1ユーロと安いのには驚いた。


※メニュー:前菜・パスタメイン・サラダ・サイドピザ①ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Pizzeria La Fucina
電話:0438-976658
営業:11:00~14:30、19:00~22:30
定休:無休
住所:Castel Brando Levello 6, Brandolini Brando 29, 31030 Cison di Valmarino
GPS:45.968936, 12.136201


城内地図(リーフレットより)
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル一覧
  

朝食は、定休日で試せなかったメインダイニング「Ristorante Sansovino」が会場。





こういった城のレストランは、豪華な雰囲気だけでも楽しめるので、嬉しい配慮だ。




四つ星ホテルの平均的なラインナップだったが、イタリアらしく朝のケーキ類が豊富だった。



お味の方は、ケーキ屋で買うような洗練されたものでは無いものの、朝からヘビーにいただいてしまった。
 

【泊まった部屋(No.705)の写真】





▲バスルームは、ベッドの後方の部屋の中に小屋のような構造物を置いた中にあった
 元々水回りの設備が無い部屋を改造しているからだろうが、ちょっと微妙な感じ。


▲部屋の窓からの風景
 

【宿泊客しか入れない城内の写真】
城内は、宿泊者だけしか入れないエリアが多いので、結構見応えがあった。
最安値は麓の別館になるので、必ず本館の部屋を予約しよう!(☞ 本館7階配置図















▲チャペルのある中庭も宿泊者しか出入りできない


▲フロント横からの階段を上下から(階段途中の扉から先は宿泊客のみ)


▲左:階段途中にあるメインダイニングの扉  右:階段最上部の扉(鍵がかかっていた)


▲フロントの奥の部屋にあるミニ博物館(宿泊客は無料)


 

【ブランド城 [Castel Brando] の風景】
一般の方が出入り自由なエリアと、城外風景


▲地上駐車場側ケーブルカー乗り場(☞ 案内掲示


▲左:車道からの入口ゲート  右:フロントから車道入口ゲート側


▲3階にあるフロントホール








テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort

訪問:2017/7/14 19:00
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
旅行中の判断ミスというのは付き物だと思うが、この旅2度目のミスチョイスだった。
オルティゼイは、ドロミティの玄関口とも言える街なので、コルティナと同様に宿代が高いことは承知していたが、1軒前にアタックした4つ星ホテルがあまりにも高額だったことに影響を受けてしまった。
冷静に考えればここも不当に高い事に気付いたはずだ。

Naturhotel La Cort

1泊2食付€111.00/人でOKを出した後に「ホテル」ではないことに気付いたのだが、後の祭り。
単なるアパート改造型の民宿というか米国のモーテル的な施設だったのだ。立地の悪さを考えれば、€75.00/人が妥当な線だろう。

ご夫婦と娘さんだけで運営している感じだったが、紛らわしい名称とGoogle Mapの高評価の先入観も加わって、判断ミスをしたという事だ。



ディナーは19:00~19:30の任意の時間との案内。
メニューは、ドイツ語とイタリア語で記されていたが、チェックイン時に口頭でざっくりと英語で説明してくれている。と同時に、メイン料理の選択もこの段階。

Naturhotel La Cort

19時ちょうどに入口脇にあるレストランに向かったが、眺めの良い席は街側を見下ろす2テーブルだけ。うちテーブルセッティングの無かった1テーブルは最後まで来なかったので、ちょっと納得できない面も。
みなさんが外の景色を見やすいようにという配慮かもしれないけど、それほどまでして見たい景色では無いと思う。

写真の通り全面ガラス張りの部屋で、温室のような部屋。冬なら良いと思うが、夏は厳しい。
一か所開閉できる場所があったが、蒸風呂のような状態になっているのに最後までこの状態で、こんな点でもホテルではなく民宿、しかも気配りにかけたファミリーの運営だと感じた。(他に色々な面で、客を見ていないと思える節があった)




メニューには書かれていなかったが、最初はサラダ・バイキング。
全種類取ってこんな感じになったが、メインにサーモンが出てくるのに、自家製らしきスモークサーモンもある。っていうか、前菜と言えるものはそれと焼ズッキーニだけ。



セルフサービスのパンは、グリッシーニだけ取ってきたが、これで最後。補充が無かったので、後から来た人はありつけなかったわけで、やはりサービス面では劣悪レベルだ。

口コミ評価の良い店というものは、スタッフの人柄とかホスピタリティで評価される部分も大きいと思っているが、これで高評価というのは納得できない。(ちなみに、部屋もキッチンを使えないようにしているアパート部屋で、低レベル)


Crema di zucca
Crema di zucca, mela e zenzero

温かいスープは、南瓜ベースに生姜風味のある変わったお味。
リンゴと生姜って書いてあるけど、リンゴはあまり感じなかったし、家庭料理的なスープ。
飾り皿が結局最後まで置かれていたのは、まあご愛嬌。


Risotto con funghi
Risotto con funghi

キノコのリゾットも、花で飾って見栄え良くしてはいるものの、味の方は極めて家庭料理。
昨日のピクニックで出てきたキノコのリゾットとは出来がまったく違う。

下手な埼玉イタリアンで出てくる、冷や飯で作ったリゾットのように米に芯が無いし、ベースとなる出汁がインスタントっぽい。


Salmone fresco
Salmone fresco alla griglia su contorno di verdurine

チェックイン時に、目いっぱい勧められたサーモン。
これなんかは、見栄えも含めて完全に素人料理っていう内容でガッカリ。

確かにサーモンの質は悪くなかったが、下手な塩使いに焼きも出来ていない。
まあ、料理の基礎を叩きこんでいないアマチュアの奥様が作る料理なんてこんなものだ。家内よりも下手糞だ。


Insalatina di avocado
Insalatina di avocado

北イタリアの魚料理はサーモンばかりだから食べたくないと家内が選んだアボカドサラダは、サーモンよりはマシと言っていたが、もっと酷い。

単にアボカドとズッキーニとパプリカを角切りにして混ぜ合わせただけで、アボカドの濃厚な旨味を生かしていない。料理になっていないのだ。
民宿なんて、こんなものだろうと思えば良いわけだが、民宿とは思えない高額の宿代を払っているだけに、求める水準は高くなって当たり前だ。



Semifreddo al amaretto fatto in casa con salsa al cioccolato calda

最後のセミフレッドだけは、真っ当なものが出てきた。
と言っても、これも家庭で作れるレベルで、レストランレベルに達していないけど。

とにかく部屋が暑いので、さっさと食べて涼しい部屋に戻ってしまった。
Trip Advisor や予約サイトの評価点でもそうだけど、民宿系の宿の評価はホテル系と比べて1ランク上がる傾向にあるので、騙されないようにしなければ。

それにしても、Hotel ではなく、Naturhotel って、インチキだよなぁ・・
ググってみると結構ヒットするんだけど、どんなものだろう?


【店舗詳細情報】
店名:Naturhotel La Cort
電話:0471-796488
住所:Pineies 18, 39046 Ortisei
GPS:46.573199, 11.636537


ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図
レンタカーで楽しむドロミテ街道とドロミティ周辺情報
訪問したイタリアのレストランと各州の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz

訪問:2017/7/14 17:15
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★☆

▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

今日の宿は、ドロミティではコルティナ・ダンペッツォ [Cortina d'ampezzo]と同様に交通の要所となるオルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]周辺で物色することにした。

Cafe DemetzCafe Demetz

街の中心から3Km離れた宿を確保して、早速街の散策をしに出かけた。
道路標識に従って高台の地下にある駐車場(GPS: 46.575576, 11.669369;€1.40/h)に車を入れ、すぐ近くまで延びていた歩行者天国の中心付近に、行列の出来ていたジェラート屋を発見。
イタリアで行列の出来るジェラート屋となれば美味しいに決まっているということで、早速行列に加わることにした。

ジェラートは €1.30/kugel|palline。やっぱり都会のジェラート屋よりは安い。
カフェ営業している店内テーブルでは飲食禁止・持ち帰り専用と書かれていたが、ドロミティの玄関都市だけあって当たり前のことが分からない外国人が多いからかな?




家内と1種類ずつ選んで、それぞれ単独のカップに入れてもらったが(この方がトータルで €0.10 高くなるが、総量が増えるとの読み)、私のチョイスは毎度のピスタチオ。
予想通り、1種類でも量的に十分の盛りだ。

キレイな緑色をしているのは、恐らく着色料だと思う。
ピスタチオでも中東産のものは緑色が出ないし、シチリア産となると5割増しの価格になるので(シチリア島の土産に買ったことがあるが、現地でも1000円/150g程度する)、我が家で両方のピスタチオペーストでアイスクリームを作って比べた経験から書いている。(味は文句なくシチリア産の勝ちだったが、シチリア島で売っていても安物は中東産であることに注意しよう)

お味の方も、初日のベローナの高級店ヴェンキ [Venchi]で食べたものよりも、しっかりピスタチオの味がして美味しい。




家内も、ほぼお決まりのヘーゼルナッツをチョイス。
こちらも Venchi よりも着色料的な色合いだったが、ヘーゼルナッツの味は濃いし、ジェラートらしい食感。


街の中心部が予想外に狭かったので、ざっと見た後はイタリア最後の土産(=自宅消費の食材)を購入して、ホテルに戻ることにした。


【店舗詳細情報】
店名:Cafe Demetz
電話:0471-796157
住所:Strada Rezia 44, 39046 Ortisei
GPS:46.574180, 11.671960 (☞ Bing Map


ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図
レンタカーで楽しむドロミテ街道とドロミティ周辺情報
訪問したイタリアのレストランと各州の風景
 

【オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden] の風景】

▲街の中心の歩行者専用道路とバスターミナルのある広場前(☞ ここからのタクシー料金表








▲家内が外観的に気に入ったという街の中心にあるホテル(我々は郊外立地で確保)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランス/イェユール・シュルクルーズ [Yzeures-sur-Creuse]: Relais De La Mothe 2017/11/22
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
23位
アクセスランキングを見る>>