《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マルタ個人旅行 レンタカー&カーフェリー情報

滞在:2011/4/8 22:00~4/11 15:00
マルタ共和国は、英国統治時代が長かったことから日本と同じ左側通行だ。
通貨はユーロで公用語に英語も含むと、昨年ドライブしてきたアイルランド(☞ こちら)と同じだが、同じ島国のアイルランドと比べて国土は200分の1のわずか316km²という小さな国(人口は10分の1である41万人)だ。

この小さな島国にアイルランドよりも多い3つの世界遺産がある。
世界遺産好きの方にはマルタ島で発達している公共バスだけでも十分回ることが出来るが、人造物よりも自然派の私にとってはゴゾ島を外せない。ということで、初日の午前中にヴァレッタ等を歩き回った後、スリーマの中心にある営業所から2日間だけ借りてマルタ島からゴゾ島に向かうことにした。

ドライブルート by アイ・オー・データ機器「旅レコ」(GPSLOG)
▲アイ・オー・データ機器の「旅レコ」(GPSLOG 約7千円)で記録したドライブルート

HertzのWebサイトで表示される料金概算は税込48時間で€40.19と驚くほどの安さ。メキシコのように高い保険料が別かと思ったら、車両保険・盗難保険共に付いての価格だ。
ただ、ひとつ落とし穴があって、大抵の国では空港で借りた場合のみ空港税が加算されるが、マルタでは空港到着でも加算されてしまうことが現地で判明。これが€13.00とかなりのお値段。が、それにしても安い。心配した地図も無料で立派なものをくれたので一安心。ヴァレッタ周辺の土産物屋で€3.00~3.50で売っていたものと同水準。

どこの国でも街中を走るのは厄介だが、当地の市街地の道路はそれ以上に駐車場を見つけるのが大変。路上駐車できる場所も多いが、空いているスペースが見つからないのだ。

ヴァレッタ周辺 ゴゾ島・ヴィクトリア周辺
▲左:マルタ島の中心ヴァレッタ周辺、 右:ゴゾ島の中心ヴィクトリアに隣接する大城砦周辺

マルタ島とゴゾ島は距離にして約5Km。東京湾フェリーの久里浜・金谷間の約半分。航送料金は往復で€15.70と格安。
昨年の夏休みに出かけたポーランドでは無料というカーフェリーを体験したが(☞ こちら)、たった20分ほどの距離なのに、渡し船的なものではなく立派なカーフェリーだ。船内にはエレベーターまである。

マルタ島側の乗船待合場から見たフェリー船体 ゴゾ島の高台から見たフェリー航路
▲左:マルタ島側の乗船待合場から見たフェリー船体、 右:ゴゾ島の高台から見たフェリー航路

東京湾フェリーと違って24時間運航というのも凄い。運航会社であるGozo Channel Company Ltd.のWebサイトに運行ダイヤや運賃等が詳しく記されているが、ピーク時だと日中は45分間隔、深夜は1時間45分間隔で運行されている。日曜日のゴゾ島からの帰りは臨時便も多く出ていたので、ゴゾ島からマルタ島に戻れなくなるといったリスクは小さいだろう。

面白いのは料金の支払い方法。マルタ島からゴゾ島に向かう際は無料で、ゴゾ島からマルタ島に向かう場合に往復分を支払うことになる。故に、マルタ島側に料金を支払う窓口が存在しない。
この方式は、カナダのプリンス・エドワード島(Prince Edward Island/PEI)にもあったし(PEIでは料金の異なるフェリーと橋で採用していたので、どうやって精算するのか不思議だ!)、米国では都市を結ぶ有料橋やトンネル(例えばマンハッタン)で片方向のみの料金徴収というのが多くあるので、合理的と考えるべきだろう。
乗船手続きは、車検証を持って窓口に行くわけではなく、鹿児島の桜島フェリーのようにゲートで料金を支払うだけである。

借りた車 フェリー乗船券
▲左:借りた車(マルタ島側の乗船待合場所にて)、 右:フェリーの乗船券

マルタ島では日本と同じ様に休日の行楽渋滞に巻き込まれてしまったが、のどかなゴゾ島ではそんなこともない。
ただ、道路標識の少なさには参った。
せっかくタダで貰えた地図には道路番号がしっかり記されているのに、その番号を記した標識がまったく無いのだ。頼りになるのは地名だけだが、地名を記した標識自体もヴァレッタ周辺の幹線道路を除けば非常に少ない。ゴゾ島に至っては皆無に近い状況だ。
マルサルフォーンやシュレンディといった有名地に行く場合でも、建物の壁に打ち付けられた小さな行先表示板を頼りに行くしかないのだが、これも途中で見落としやすい。

マルタ島では、少し高台になっている場所を走ると海が見えるので、それを頼りに勘で走ることもしばしば。あと、最初に載せたGPSロガーの「旅レコ」が、常に進行方向を示してくれるのが助かった。この機器、予想以上に活躍してくれた。

田舎町の道路 ゴゾ島の道路はこういった眺めも楽しめる
▲左:田舎町の道路はこんな感じ、 右:ゴゾ島の道路はこういった眺めも楽しめる

街の入り口にある標識(ゴゾ島にて) ゴゾ島の教会(巡回バス停から)
▲左:街の入り口にある標識(ゴゾ島にて)、 右:ゴゾ島の教会(巡回バス停から)

その他の個別情報は、以下に箇条書きで記しておく。
  • マルタではヴァレッタ(Valletta)~スリーマ(Sliema)の一部を除いて駐車場は無料

  • ゴゾ島の中心ビクトリア(Victoria)は、バスターミナルに大きな駐車場がある

  • イムジーナ(Mdina)の主要道路沿いにある駐車場では、見るからに怪しげな身分証明証らしきカードを付けた係員風が駐車場代を取ろうとするので注意。小銭をジャラジャラやっていたので領収書を要求したら、諦めた。
    日曜日に出かけたが、片側通行しか出来ないトンネルをくぐった右側に臨時駐車場があった。

  • ゴゾ島の北部の海岸線を走る道は未舗装で3ナンバー車では通れないほどの狭い部分が多く、高低差も激しいので運転技術未熟者には厳しい。(ページ先頭のルートマップ参照)

  • レンタカーはもちろん、欧州では当たり前のマニュアル車。オートマ車があるかは不知。

  • ガソリン代は日本とほぼ同じ印象。€1.30/Lだった。

  • ガソリンスタンドが非常に少ないので、返却時には10Km位前の段階から見つけた段階で満タンにしておく。空港周辺では見つからなかった。



前述の通りマルタ島ではバスが非常に発達していて運賃も格安。ほとんどの地域に€0.47で行けるらしい。そのバスの車体もユニークで、マルタ島各方面に向かうヴァレッタのターミナルからには、色々な車体を一度に拝むことが出来る。

マルタのバスは色々あって楽しい マルタバスの色々
マルタバスの色々 マルタバスの色々

最後に、そのバスターミナルにあった屋台形式の店で食べたものをご紹介。(当初こちらに載せていた内容を移動&補完しています)

DATES KIOSK ナッツクリームコルネとデーツパイ

美味しそうなパイや菓子パン類を売る店ではナッツを表面に被せたクリームコルネ(€0.50)、もうひとつ、デーツパイだけを売っていた店。デーツの実をあんこのように潰してパイ生地で揚げたものが、ここで売っていたデーツパイ(€0.25)だ。

※日本では馴染みの無いデーツはナツメ椰子の実。欧米諸国の大きなスーパーなら、間違いなくパン売り場の近く、生菓子コーナーで半乾燥させたものを売っている。

さすがにコルネはの皮は湿気ていたが、中のクリームはこの値段では信じられないほど美味。
デーツは欧米諸国で時々買っているので知っているが、あんこのように潰して食べるのははじめて。でも、こちらはコルネの半額なりのお味で、イマイチだった。


in : 2011/4/8 成田[NRT 11:25→16:35 FRA]フランクフルト[19:15→21:50 MLA]マルタ
  by 全日空 S(Y)クラス、マルタ航空
out: 2011/4/11 マルタ[MLA 15:25-18:10 FRA]フランクフルト[20:45→15:00* NRT]成田
  by マルタ航空、全日空 S(Y)クラス



※2017/3/9 追記

ゴゾ島のアズール・ウインドウ [Azure Window](☞ Google Map)が強風と高波の影響で昨日崩壊したというニュースが飛び込んできた。
このブログでは写真紹介していなかったが、崩れる前の様子を追加しておこう。

Azure Windowアズール・ウインドウ

アズール・ウインドウ崩壊前
▲すでに左側に亀裂が入っていたので、崩れるのは時間の問題という感じだった

当時のボートツアー乗り場
▲混雑していた青の洞窟やアズール・ウインドウを巡るボートツアー(当時 €3.50)

テーマ : 海外レンタカー
ジャンル : 旅行

マルタ/ゴゾ島 マルサルフォーン(Marsalforn): La Trattoria

訪問:[2011/4/9 19:00]
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
当ブログで今までに星5つを進呈した店は2軒しか無かった。
アンドラの Restaurant COMA と、フランスの La Table des Capucins だが、食べログでも744軒中26軒しか4.5点以上を付けていないのだから、滅多に高採点を付けていないことが分かると思う。

3日間マルタで食べ歩いた中では、味とサービス面で群を抜く内容。テラス席からの景色はいまひとつだが、店内の雰囲気は絵画などが飾られて高級感があるうえ、価格は極めてリーズナブルということで、9ヶ月ぶりの星5つを進呈することにした。

外観 テラス席

海の眺めイマイチだが、夕暮れ時とはいえまだ明るいので、写真撮影に適したテラス席に陣取ってメニューを眺めていると、本日のお勧めと地元で採れた魚介類を見せに来てくれた。

地元産の新鮮な魚介類

こういった物を見せられてしまうと、魚介料理を頼まざるを得ないだろう。
ということで、前菜に加えてメインは魚介類の盛り合わせをお願いすることにした。

ほどなく、マルタパンとマルタ産のバターが出てくる。

マルタパン マルタ産バター

そして出てきた皿がこちら。

アミューズ

ゴゾの前菜盛り合わせを頼んだつもりだったが、ちょっと違うなぁ、と思いつつもいただくことにしたが、ブルスケッタもオリーブも他店で食べたものと比べると味わいがあって美味しい。マリネ風に出してきたオリーブというのは初めて。

ブルスケッタ オリーブのマリネ

食べてから、事前に撮っておいたメニュー写真で内容を再確認すると、やはり違う。
そこで、食べ終わった皿を片づけに来た時に違う品だと伝えたら、これはサービスのアミューズだと言うではないか。フレンチならともかく、イタリアンでこういった形で出てきたのは初めてで驚いた。と同時に、メインまで完食できるか不安になってくる。

で、ようやく出てきた注文した、ゴゾ島の前菜盛り合わせ
Antipasto Gozitano(€5.50)
Crispy salad consisting local cheese, sundried tomatoes, olives, capers, with balsamic and extra vergin olive oil dressing
Antipasto Gozitano

サラダにはやや甘めのマイルドなバルサミコベースのドレッシング、そこにやはりマイルドな口当たりのドライトマトにオリーブ。ゴゾ名産らしい山羊のチーズと合わせていただくと、実に美味しい。

Antipasto Gozitano

頂上を占めているのは、どうみても硬めの豆腐。翌日の別の店(☞ こちら)でも同じものが出てきたので、日本の豆腐が当地でも食べられているようだ。本当に豆腐は世界あちこちで見るようになってきた。

サラダを美味しく片づけると、メインがなかなか出てこない。
既に外も暗くなって気温がどんどん下がり、長袖シャツ1枚で出かけたものだから、寒い。テラス席に夕方座るときは、羽織るものが必須。
そこにやってきたのが、フレンチでおなじみのグラニテ。これもサービスだと。



シャンパンとレモンのグラニテ、安っぽい味ではなく、間違いなく腕のあるシェフが作っもので美味しい。
でも、体が冷えている時に口直しのグラニテで、さすがに体に堪えたようだ。

Misto di Pesce(€18.00)
Mixed fish platter consisting of calamari, king prawns, shellfish and a dish fillet in season
Misto di Pesce

海老とアサリを少しつまんだ段階で、寒さに耐えきれなくなってその旨申し出ると、どうぞ室内にお入りくださいと親切に案内してくれた。サービス料を取るような店なら当然と思うが、サービス料を取らない店でこういった対応をしていただくと嬉しいものだ。

改めて、魚のソテーやタコ・烏賊などをいただくが、魚介の出汁の効いた白ワインベースのソースの出来が非常に良い。特に魚は観光地特有のいい加減な調理になりやすいが、新鮮さを現す弾力感を残した焼き加減で、シェフの腕が光っていた。

別皿で付いたメインの付け合せ野菜 店内の雰囲気

悲しい事に、最初に出てきた予想外のアミューズに加えて冷えた体がそれ以上を受け付けてくれず、半分ほど残ってしまったので、持ち帰り出来るかと尋ねると、快諾していただけた。ホント、色々な面でホスピタリティを感じさせられる。

シェフの腕にホールスタッフのホスピタリティ。泊まった4つ星ホテル(Calypso Hotel)の隣にあった店なので、どうせ観光客向けの普通の店だろうと期待はしていなかったものの、大当たりの店だった。

ゴゾ島自体が気に入ってしまっているので、たぶん10年以内に再訪することになると思う。
良い景色に良い人たち、そして美味しい料理。春のゴゾ島は、海外個人旅行をする方に、自信を持ってお勧めできる場所だと思う。

※参考:Diet Kinnei(€1.10)


※メニュー:前菜・パスタ・リゾットメイン・キッズメニュー

【店舗詳細情報】
店名:La Trattoria Restaurant & Wine Bar
電話:2155 6800
営業:11:00~15:00、18:30~23:00
定休:火曜日
住所:Marina Street, Marsalforn Bay, Gozo

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マルタ/ゴゾ島 シュレンディ(Xlendi): St. Patrick's Hotel

訪問:[2011/4/10 11:50]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ゴゾ島の日曜日、入り江にホテルやアパートが立ち並ぶ シュレンディ (Xlendi) という小さな街で昼食。
島の反対側の マルサルフォーン(Marsalforn)で宿が取れなかったら、こちらの街で泊まる予定だったが、ホテルから眺める景色としてはこちらの方が上だろう。

Xlendiの入り江の先端から見た街並み 狭い通路にテーブルを並べている
▲左:入り江の先端からの景色  右:海と建物の間の狭い通路にテーブルを並べている

この日の夕方、マルタ島に戻った際の人混みと大渋滞が嘘のように静かな雰囲気。
例によって、海辺に面した一等席、それも入り江の中央にあるレストランのど真ん中の席を陣取って、昼食を取ることにした。

海辺に面した一等席からの眺め

なんとも素晴しい景色、規模は小さいものの海の色合いの変化が2度出かけているカナダのレイク・ルイーズ(Lake Louise)の湖面を思い起すような感じで気持ちがいい。ゴゾ島の海の色は透明度が非常に高く岩場が多いことから濃い藍色に見えるところが多いが、当地だけは入り江でプランクトンが多いせいか、こういった色合いになっているようだ。

メニューをじっくり吟味して前菜とパスタをお願いしようとしたら、前菜を伝えた段階でメニューを閉じろと。それで十分だということだ。ここまでのマルタレビューにも書いているが、一皿の量が多いので2皿目の注文は応じられないと、何とも良心的な姿勢。ポルトガル国営の宿舎であるポザーダ(Pousada da Rainha Santa Isabel)でも同じ体験をしているが、日本の観光地では一度も体験したことの無いこういった姿勢は見習ってほしいものだ。(って、そもそも日本では大盛りで出てこないから経験する訳ないか・・)

Antipasto tipico di Gozo(€7.00)
Gozitan Platter - Local fresh & peppered goat's cheese
Capers, olives, sundried tomatoes, pickled onions, Gozitan bread & Galletti with local tomato paste on the side
Antipasto tipico di Gozo
 やぎのチーズ、ドライトマト、オニオン、トマトペースト

掲載順が逆になるが、前夜も食べた(☞ こちら)ゴゾの前菜盛り合わせ。
こちらの皿は、手を掛けた料理ではなく、市販の名産品を単に色々と盛っているだけという感じだ。

パンに隠れていたのはオリーブ2種とケッパー。日本で一般的に目にする小粒のオリーブと違って美味しいし、ケッパーも大粒。中央には硬めの豆腐(昨晩と同じもの)と周囲に粗挽き胡椒を張り付けた地元の山羊のチーズ。
ドライトマトはどこの店でも何らかの形で出てくるが、酢漬けのオニオン(日本で言うラッキョウ)の横のトマトペーストが、恐らくそのドライトマトをベースに作ったもので、非常に美味。

Gelato(€2.00)
Ice Cream
Gelato

ちょっと物足りないので、追加でアイスを。
バニラ、チョコレート、ストロベリーの3種類があるとのことで、バニラを選択。

イタリア語(たぶん)で Gelato と記載されていたので、日本でもおなじみのジェラートのイメージを持ってたべたが、普通のミルクアイスといった感じ。日本ではあまり見ない真っ白なアイスだ。
クリーム分が少ないので、さっぱりした味わいなのは、やはりイタリアに近いだけある。英語表記ではアイスクリームだったけど、ジェラートとアイスクリームは別物と思っているのだが・・
(今までジェラー「ド」だと思っていたら「ト」だったのね。アボカドは最初からミスしなかったはずだけど、これはあちこちで「ド」と書いていたので、今後は正しく記載します。でも他にもたくさんありそう・・)

出来合い品ばかりの皿を注文したので評価は難しいが、観光地の一等地にある店としては良心的だし、出てきたものも味の良いものを使っていた。(特にドライトマト)
この店の周囲にも海に面したレストランがたくさんあるので、場所優先ならこの店、味優先なら他のグルメサイトで調べてから現地判断するのが良いだろう。
ちなみに、海に面していない駐車場側にもカジュアルなレストランがあったが、2割程度の価格差だったので選ぶ余地は無いと思う。

※参考:Diet Kinnei(€1.30)

※メニュー:今日のお勧めスナック・パン・サラダ前菜・スープパスタ・魚料理肉料理・デザート

【店舗詳細情報】
店名:St. Patrick's Hotel
電話:2156 2951
住所:Xlendi Bay Island of Gozo

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>