FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マルタ/ゴゾ島・ヴィクトリア [Ir-Rabat|Victoria]: Cittadella Garden Restaurant

訪問:2018/4/17 12:45
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
先ほどの店に向かう途中にある、その名もずばり「シタデル」と銘打ったレストラン。



店頭入口に、旅行客を釣るには魅力的なメニューが並んでいたので、余裕があれば試してみようと思っていた。(昨晩と今朝の食事が抜きなので、余裕!)



先ほどと違って、かなり混雑していたのは立地の良さだろうか。
室内席もあると案内されたが、2席しか空いていなかったテラス席をゲット。
ドリンクとサラダを注文したが、パンは付かないようだ。



Gozo Salad(€8.00)
A fresh Gozo cheeselet & peppered Gozo cheeselet served with tomatoes, olives, giardiniera(pickled vegetables), sundried tomatoes, bigillia(bean dip) & toasted Maltese Bruschetta


うーん、やっぱり一等地にある店の典型で、見栄え的にイマイチだなぁ。



お決まりのゴゾのヤギ乳チーズは、白い方がフレッシュタイプ(結構好み)だけど、ドライタイプに胡椒を貼りつけた方は半分だけって、ちょっと見栄え的にどうだろう。
原価が高いのは分かっているが、普通の観光客だと分からないはずなので、ケチっぽく見えてしまう。



フムス風の豆のディップは、かなり強い化学調味料味。
この店、室内席は立派なレストランタイプだったので、この水準の料理を出してくるとなると、期待はできないだろう。




先ほどのCafe San Martinoでは、レシートも請求書も出さずに口頭でいくらと言ってきたが、こちらはちゃんと勘定書を持ってきた。
グラス入りではあるものの、ダイエットキニー[Diet Kinnie]も良心的な価格。

だけど、単にシタデル入口に向かう坂道の途中にあるだけという利便性しかウリが無さそうなので、選ぶなら城内にあるCafe San Martinoだろうな。ただし、眺めの良い席を確保できる可能性は、開店と同時でないと厳しいだろうけど。


※メニュー:店頭入口看板ゴゾ島のスペシャリテ・前菜・ファストフード・サラダパスタ・ピザ・コースドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Cittadella Garden Restaurant
電話:2156-2062
営業:12:00~(12:00前はカフェ営業のみ)
定休:無休
住所:14-16 Sir Adrian Dingli, Victoria, Gozo
GPS:36.045376, 14.238872 (☞ Bing Map


マルタのレストランレビュー一覧


この後、再びマルタ島のインターコンチネンタルに泊まったが、初日よりは格下のスイートルームにアップグレードしてくれたうえに、ラウンジアクセス権まで付けてくれた。(☞ IHGスパイア会員アップグレード記録

ということで、残りのマルタでの食事はラウンジ食で済ませてしまったので、7年ぶり2度目のマルタ共和国訪問はこれでおしまい。肉離れというアクシデントもあってマルタ島側の街歩きが不十分になってしまい、ほぼ1週間滞在したのに未練が残ってしまった。

翌日は、マルタ島からイタリアのシチリア島を2時間弱で結ぶ高速船に乗って(€61.00)、2年ぶり3度目のシチリア島に移動した。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マルタ/ゴゾ島・ヴィクトリア [Ir-Rabat|Victoria]: Cafe San Martino

訪問:2018/4/17 11:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
7日目。明日のシチリア島への移動を控えて、今日はマルタ島に戻らなければならない。
丸一日安静にしたおかげで、肉離れの症状は予想外に回復し(何しろ筋肉がブチっと音を出して切れたことなど経験したことが無かったので、こんなに早く回復するとは思っていなかったのだ)、分速40メートル程度で歩けるようになった。ただし、上り坂は分速20メートルになるうえに、ちょっとひねると痛みが出てしまう。また切れてしまうのかという恐怖感もある。


▲左:中央上部に見える傘のあるところが目的地  右:席から見える景色

といいつつも、ゴゾ島初日に駆け足で城壁歩きをしたシタデル(別名ゴゾ城)内にあったテラスカフェを目指してしまった。こういった環境でのんびりお茶を楽しみたいものだが、昨日の夕飯と今日の朝食を抜いているので、お茶では無理だ。



マルタ以外の国では定番のダイエットコークを頼んだら、ボトルで出てきた。(その代わり、3ユーロも請求された!)



お茶ではなく食事を注文したので、テーブルの上には食事用のセットがスタンバイ。
お願いしたのは、黒板メニューに出ていたのを見つけたマルタ名物のウサギのシチュー「Stewed Gozitan Rabbit(€13.50)」だ。
ウサギ肉は色々食べたが、肝心のシチューは食べたことが無かったので、心残りだったという訳。




まずは、揚げたてのフレンチフライ。
揚げただけで、塩も振られていなかったので、テーブルの塩胡椒で自分で味付け。



続いて、ウサギ肉のシチューの到着。
サラダとブルスケッタが一緒に付いてきた。



ゴゾ島を代表する観光地の中にあるカフェということで期待していなかったが、意外と真っ当な感じ。
サラダの中には、何やらアクセントを加えてある。(内容失念)



鍋のふたを開けて、ウサギ肉のシチューとご対面。
あれれ? ミックスベジタブルが・・やっぱり観光地のカフェだ!



鍋の中身を皿に全部盛り付けたのが、こちら。
やっぱりミックスベジが目立つし、実際シチューの味がミックスベジから出てくる安っぽい野菜出汁が主張していて、美味しくない。
肉は、各部位が一通り入っていたので、悪くは無かったんだけど・・

やっぱり、こういった店では、場所代を払うつもりでドリンクだけにすべきだった。
ということで、船に接続の良いバスの時間まで多少あることから、坂道を上る途中にあった雰囲気の良さそうな店で、軽く何か食べようと向かうことにした。


※メニュー:黒板メニュー前菜・サラダメイン・バーガーパニーニ・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Cafe San Martino
電話:9982-2759
営業:9:00~18:30
定休:無休
場所:城跡内以下の地図参照
GPS:36.046346, 14.238947 (☞ Bing Map


マルタのレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マルタ/ゴゾ島: Il-Baldakkin Lounge@Kempinski Hotel San Lawrenz

訪問:2018/4/16 12:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
6日目は、肉離れの早期回復を目指して、食事以外はホテルの部屋から一歩も外に出ないことにした。
その食事だが、ランチはラウンジ表記のビストロしか営業していないので、選択の余地は無い。



せっかくの5つ星の超高級リゾートホテルに泊まっているのに、安静第一ということでホテル内の散策すらできなかったことから、テラス席でいただくことにした。




まずは、パンとバター(嬉しい!)の到着。



このバター、いやに真っ白だが、ひょっとするとゴゾのヤギ乳を使った自家製バター?
胡麻パンには合わないが、かなり美味しいバターだ。



Gozitan 'Frira'(€11.50)
Traditional Maltese bread with tomatoes, red onions, capers, olives, tuna, black pepper & Gozo olive oil and potato crisps


お願いしたのは、地元の伝統的なパンを使ったというサンドイッチだが、断トツに安かったのに凄いボリュームで出てきた。やっぱりマルタだ!(昨晩はイタリア料理店を名乗っているので、マルタ流のポーションではなかったということ)



パンの美味しさは、昨日のフォカッチャに通じるものがあったし、具材の配合比がバッチリ。
パンにしみ込ませているオリーブオイルは、マルタ産のものと書いてあったが、このオリーブオイルが結構主張があって美味しさを増強している感じだ。
この後に再び泊まったインターコンチネンタルホテルのお土産で貰ったので(☞ Maltese Olive Oil)、帰国後が楽しみ。



Sweet Potatoes Fries(€4.00)

どうぜサンドイッチでは大した量ではないだろうと、サイドメニューから気になるサツマイモのフリットをお願いしたわけだが、ゴゾサンドの付け合わせに揚げたてのポテチが付いていたので余計だった。
この件、注文時に被るけどと指摘されていたようだが、私の英語力では理解できなかった。

ただ、薩摩芋のフレンチフライもなかなか美味しいものだ。
日本だと丸く切るか、かなり太めに切って天ぷらにするのが普通だが、このアプローチも有りではないかと思う。



Althaus Loose Tea(€4.50)

お決まりのダイエットキニー、昨晩頼んだら3.5ユーロもしたので、今回はミルクティーを注文。種類を聞かれたので、紅茶ではお決まりの English Breakfast で、ミルクは温めてとお願いした。
メニューにドリンクの価格が出ていないので一種の博打だが、4.5ユーロとさらに高価。街のカフェの価格と比較してはいけないな。

ポットで出てきたのは、元英国領ということで予想通りだが、英国本土で飲むミルクティーに匹敵するほど美味しかったのは意外。まさか、お湯を英国産のミネラルウオーターで沸かしたとか?(これ、我が家で実験したことがあるのだが、日本の水で英国の紅茶を淹れても美味しくないものの、英国から持ってきた水を使ったら美味しくなるのだ!)

そうそう、イタリアのビスコッティが添えられているところは、シチリアから100Kmしか離れていない国だけある。



▲右:雀がおこぼれを狙いにやってきた

お会計は、余計だった薩摩芋のフリットを加えても20ユーロちょうど。
ディナータイムでも同価格だし、メニューのバリエーションも豊富なので(昨晩食べたTrattoria San Lawrenzと同じものもある)、気兼ねなく単品注文できる点でも使いやすいと思う。

結局、ボリューミーなランチのおかげで、ディナーはパスしてしまった。
まったく動いていないのだから、余計に食べたら太るだけだ。


※メニュー:BISTROメニュー

【店舗詳細情報】
店名:Il-Baldakkin Lounge
電話:2211-0000
営業:11:30~23:30
定休:無休
住所:Triq ir-Rokon, San Lawrenz, Għawdex
GPS:36.053371, 14.208439 (☞ Bing Map


マルタのレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:インドネシア
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Cerveceria Arambarri 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
セルビア/シャバツ [Šabac]: Gradska kafana 2018/10/27
セルビア/チャチャク [Čačak]: Castello Restoran 2018/10/27
セルビア/メジュゴリエ [Međuvršje]: Restoran Santa Maria 2018/10/26
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>