FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Balique

訪問:2018/11/17 19:40
評価:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
今回のバリ島旅行は、IHG系高級ホテルホッピングを楽しむ方針だったので、最後はIHG最高峰のインターコンチネンタル・バリリゾートをチョイス。
1泊素泊まり2万円も奮発してしまったが、IHGスパイア・アンバサダー会員としての規定通りの特典だけで、やっぱりなぁと。(☞ IHGスパイアエリート会員 宿泊アップグレード記録

これで、スパイア会員はアンバサダー会員になる意味が無いと確信して、来年は高い会費を払ってまで更新する価値は無いという既定方針通りとすることにした。もちろん高い宿代を払ってインタコに泊る価値もないという判断だ。(10か所で泊って、良かったのはマルタだけという結果では当然)



ホテルにこれ以上お金を落とす気にはなれないので、Google Mapで見つけたホテル正面から左手徒歩1分に立地するこのレストランを利用することにした。
ランチで当地域名物の焼き魚類は食べたので、普通のインドネシア料理をいただこうと。



店内は規模の大きな欧風カフェという趣で、若い女性が好みそうな店だ。
メニューも欧米料理中心だが、ライスターフェル[Rijstafel]というオランダ流インドネシア料理のセットがあった。実は現地では意味不明で、後でwikiで調べた結果判明。



Cold Pressed Mango Juice(Rp.48400≒380円)

インドネシアでフレッシュジュースを頼むと、ほぼ全部果肉だけで砂糖無添加というパターンが多い気がするが、ここのもそんな感じのドロドロジュースというかスムージー。
砂糖を加えれば少しは美味しくなりそうな気がするのだが、果肉だけの甘さに頼っているのであまり美味しくない。
ちょっと生姜(レモングラス?)が入っていた気がしたのは気のせい?



Nasi Campur(Rp.145200≒1150円)
Indonesian Assorted Dishes
Aromatic Rice/Beef Rendang/Corn Fritters/Curried Calamari/Fried Chicken/Bean Cake/Long Beans


お願いしたのは、マレー系料理の定番であるナシ・チャンプル。
こういった観光客向けの高級店でも、インドネシア料理の価格設定は比較的安め。
もちろん、千円越えが安いのかと言われそうだが、見た目は千円の価値はありそうな立派な皿が出てきた。



緑の竹の葉でおこわ風に出してきたのは、アロマティックライスとのお題。
レモングラスと何かの香料に穀類を加えた感じで、そのままで食べても美味しくないが、イカのカレーの中に入れてカレーライスとしていただけば上々。



そのカレーの中に入っていたイカは、こんな感じでちょっと独特。
生のカットトマトも放り込まれていた。




ビーフレンダンは、肉がゴロゴロあったものの、汁(ソース)が無いうえに硬くてNG。




さつま揚げかと思って食べたコーンフリッター。



コーンの味がしっかりして結構美味しい。日本にもあるかなぁ?




フライドチキンは、かなり生姜味がきつく、肉も硬くて好みではなかった。




豆のケーキとの表記は、細切りテンペの甘辛煮という感じ。
昨晩Raja Bali Nusa Duaで食べた甘醤油ソースと同じ傾向のソースだと思うが、味付けが決まってないなぁ。



空心菜炒めとの表記だったインゲンと野菜の炒め物は、結構唐辛子が入っていてよけながら食べることに。




雰囲気抜群、お値段もインタコのレストランの半額以下ながらも、客の入りは1割。
いくらオフシーズンでも、この客の入りは悲惨だ。
洋食系に重点を置いていることから、インドネシア料理やバリ料理をアラカルトで食べたい向きは敬遠してしまうからだろうか。
私も、サテーとかあればアラカルトで食べたかったのだが、セットに含まれる料理をばらしてアラカルトで提供すればよいのに。


※メニュー:前菜・サラダパン料理・パスタインドネシア料理ライスターフェル[Rijstafel]メイン・グリルドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Balique - Vintage Cafe / Restaurant
電話:0361-704945
営業:11:30~22:30
定休:無休
住所:JALAN ULUWATU 89, JIMBARAN - BALI
GPS:-8.778724, 115.168900 (☞ Bing Map


インドネシアの訪問レストラン一覧

翌日は、特典航空券で取ったキャセイパシフィック航空のビジネスクラスで帰国するだけ。
ということで、恒例の旅の費用を紹介しておこう。
今回はホテル代をケチらなかった(?)ので、ホテル代が突出して高くなった。

■今回の旅の費用
往復航空券: 37910円(成田<>香港<>ブリュッセル&デンパサール 100000マイル消費/JAL)
現地航空券:  9325円(ブリュッセル<>ビルバオ ブリュッセル航空)
現地宿泊費: 106862円(€361.37+HK$1364+Rp.4996424/11泊;うち朝食付1泊,5つ星1泊,特典1泊)
現地借車費:  7969円(€60.83)Europcar(特典3日間)・燃油・有料道路・駐車場
現地交通費:  8457円(€41.40+HK$79+Rp.237000)バス・鉄道・タクシー
飲食雑費等: 45022円(€279.78+Rp.1059640)
国内交通費:  2826円
旅費合計:  218371円

この後は、帰国便のビジネスクラス機内食レビュー2本に続いて、家内と出かけるギリシャのロードス島からのレポートをお届けする予定だ。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Rame Cafe

訪問:2018/11/17 13:00
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
バリ島は意外にも今回で3回目だが、空港の裏側地域にあるジンバラン地区に来たのは初めてだ。



この地域は昔は漁村だったらしく、魚の炭火焼が美味しいとのことで、ランチはその線を狙って海岸を歩いて向かったのだが、どこの店も客がほとんど入っていない。
裏側に回ると「Muaya Cafe Area Jimbarab」と掲げたゲートの内側に各店の正規の入口があったが、メニューを外に掲示していた4軒の中から選んだのがこの店。



立地的にはビーチ沿いのホテル側に目立つ看板を掲げている店に客を奪われてしまうからか、食事をしている先客ゼロ。
砂浜に置いてあるリクライニングチェアを借りてドリンク注文している客が2組いただけだが、写真付メニューの内容が魅力的だったのでいいか。




定番のダイエットコークは、淵までいっぱいに氷を入れたグラスと共に缶で出てきた。嬉しいねぇ。
海を見ながらまったりしていると、小さな子供の物売りが。小学1~2年生だよね。当然無視したけど、大変だなぁ。



Rame Package 1(Rp.175250≒1400円)
300gr Fish, 2pcs Squid Satay, 2pcs Prawn, 2pcs Clam, 1 Bootle of Soft Drink, Steamed Rice, Spinach Vegetable, Garlic, Soya & Tomato Sauce, Balinese Sambal Matah, Fresh Fruit


お願いしたのは、割安感のあった1番安いセット。
ドリンク代も含まれて1400円なら、悪くないだろう。



出てきたときは、写真よりもいいじゃないかと思ったわけだが、この記事を書く段階でメニューを転記していたら、1ランク上のセットを出してきたみたいだ。
サービスではないだろうから、間違えたのかな? 本来なら600円高い内容。




注文してから出てくるまで時間がかかっていたのは、ちゃんと注文後に魚を焼き始めたからだろう。
何の魚か分からないが、炭火焼特有の香りも加わりジューシーで旨い。



トッピングの以下のサテーは、ごはんの上に乗せていただいた。




野菜炒めは普通よりも辛め。
見ての通り、唐辛子をたっぷり使っていたからだが、激辛嫌いなので全部除けて食べるしかなかった。




ソース類は4種類というのが当地の決まりなのかな?
左の刻みニンニクのマリネと右から2番目のトマト系のソース。



御飯がたっぷり付いてきたので、御飯にかけていただくことで完食。(御飯は残したけど)




サンバルを掛けて焼いたような貝。
ソースの味が好みでなかったので、別皿ソースをかけた御飯の上にトッピング。



さすがに海老のサイズは、昨晩のRaja Bali Nusa Duaで単品注文で食べたものよりも2回り小さいし、海老の食感もイマイチだったが、ちゃんと手をかけてあるので悪くは無い。





インターコンチネンタルのお隣にあり、ビーチ側から向かうと食堂が密集している。
夕方になると、あちこちから炭火焼の煙が上がっていたので、海に沈む夕日は見えないけど、悪くは無いシチュエーションだと思う。


※メニュー:アラカルトスペシャルインドネシア料理セット①

【店舗詳細情報】
店名:Rame Cafe
電話:0361-703296
営業:9:00~23:00
定休:無休
住所:Pantai Muaya, Jimbaran, Bali 80361
GPS:-8.780618, 115.164667 (☞ Bing Map


インドネシアの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島・ヌサドゥア [Nusa Dua]: Raja Bali

訪問:2018/11/16 18:00
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
夕飯は、トリップアドバイザーでヌサドゥア地区233軒中のトップだったこの店を選んだ。
2年前に家内と泊まったコンラッドのお隣にあるホテル(HIR Bali Benoa)から歩いて15分。メインゲートのすぐ脇にある。



ヌサドゥア1位の店なので、一昨年12月3日に出かけたブノア地域1位の店(☞ Bumbu Bali 2)と同様に混雑するだろう思い、早めの時間帯で予約しておいたのだが、先客は韓国人カップルの一組だけ。
あとから1組やってきたが、18:30の段階で従業員一同が集まって気合を入れていたので、予約するなら早くても18:30過ぎの方が良さそうだ。




最初に出てきたのが、中華系ではおなじみの揚げ海老せん。サービスだそうだ。
これが、揚げたてで湿気を吸っていないことから美味しいし(当地の店、これが出てくることが多いが、ほとんどが揚げ置きで湿気を吸ったものなのだ)、小皿の甘い中華ソースがモロ好みのお味。

勢いよくパクパク食べていたら、追加を持ってきましょうかとの話をいただいたが、メインが食べられなくなってしまうので No Thanks.



タイミング的には、こちらの方が先だったかもしれないが、ドリンクと共に虫よけスプレーやジェルが3種類。
テラス席に隣接して小さな池があり、そこから蚊が湧いてくるのか確かに蚊がたくさん飛んでいたが、蚊よけを3種類も持ってきた店は初めてだ。(1種類だけなら、過去ベトナム等の何軒かで記憶がある)

この中で、ディート15%のクリームを半袖の腕と手先、首周りに塗ったのだが、10分も経つと見事に周囲から蚊がいなくなった。風がほとんどなかったからだと思うが、予想外の効き目に驚き。



Udang Panggang(Rp.175000≒1400円)
Grilled Prawn served with daily vegetable and Rice


前菜からは(メニュー上はメインとして載っていたが)、奮発して海老焼を頼んでみた。
ちゃんとフィンガーボウルまで出てくる点は、欧米人観光客をターゲットにしているだけある。



そこそこ大きなサイズ、日本で買える冷凍解凍品だと1尾100円程度のサイズのものが6尾。
炭火で焼いてあると思うが、海老の種類の問題なのか海老の味が悪く、絡めてあったソースも今一つで美味しくない。



仕方ないので、殻を外して一緒に出てきたターメリック(?)ライスの上に乗せて食べてみたが、これだと味が無いなぁ。美味しくない。



同時に薬味系の小皿が4種類出てきたが、海老に付けるものでは無さそう。



左のエシャロットをスライスしたものは、用途が無いので味見以外は手を付けなかったが、何に使うんだろう?
その右の醤油ダレは、最初に出てきた揚げ海老せんべいのタレと同系列の味だが、甘さ控えめでちょっと違う。



一番右の小さなアミみたいなもの(たぶんココナッツだと思う)は、結構美味しいのでターメリック(?)ライスに振りかけて全部いただけた。
そのお隣の穀物やナッツを揚げたものは、スプーンですくってそのまま口の中へ。



Nasi Goreng with Babi Kecap(Rp.130000≒1050円)

2品目もメインの中から、定番中の定番であるナシゴレンに「Babi Kecap」を付けたものでお願いした。



Babiは豚肉とのことで、豚肉のケチャップ炒めかと予想していたら、豚肉の甘辛醤油煮風。
最初に出てきたえびせんソースと同じ系列の味で悪くは無いのだが、今一つ満足度が低いのはなぜだろう?



たぶん、ナシゴレンをメインに頼んでいるのに、ナシゴレンの味が全然決まっていなかったことが影響したと思う。
無理にナシゴレンに合わせるのではなく、Babi Kecap は単品で用意した方が良さそうな気がした。


 

ということでお会計だが、ここも税サ込表示の明朗会計。やっぱり、これが人気を得ている理由の一つでもあると思う。
日本でも最近本則を忘れて消費税別表示の店が増えているが(埼玉だけ?)、客の立場に立っている店であれば総額表示は当たり前だろう。その部分を見れば、店の姿勢が分かるというものだ。

最近のニュースで、腐った業界組織が消費税率アップで総額表示の本則に戻すことを声高に反対して政治圧力をかけているという記事を見たが、そんな業界連中は即刻日本から退場願いたい。消費者を安い価格表示で騙す行為など後進国がするものであり、我々がノーを突き付けるべきだ。

※メニュー:前菜スープメイン①デザートドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Raja Bali
電話:812-3864-4766
営業:13:00~23:00
定休:無休
住所:Main Gate Nusadua 2, Nusadua Bali
GPS:-8.798037, 115.224634 (☞ Bing Map


インドネシアの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
1月:カンボジア
2月:ベトナム⑨:ホイアン
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
2019年モルディブ・マーレ(空港)~マーフシ島 移動情報 2019/01/21
モルディブ/フルマーレ Hulhumale: Oryza Restaurant 2019/01/20
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Stingray Cafe 2019/01/19
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Hiyala Mariyaad 2019/01/18
2019年モルディブ・マーレ空港~前後泊に便利なフルマーレ島の路線バス情報 2019/01/17
モルディブ: Adaaran Prestige Vadoo Day Tour 2019/01/16
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Arena Beach Hotel (BBQ Dinner Buffet) 2019/01/15
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Kaalamaa Multi-Cuisine Restaurant 2019/01/14
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒マーレ(MLE) 2019/01/13
スリランカ/コロンボ Colombo: t-Lounge by Dilmah(Chatham Street店) 2019/01/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>