《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

インドネシア/バリ島・ウブド[Ubud]:エレファント サファリパーク [Elephant Safari Park]

訪問:2016/12/4 18:40
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆

エレファント サファリパーク
▲象の後ろに見える建物がレストラン

2泊目は、家内の希望を実現するためにエレファント・サファリパーク内にあるロッジ(Elephant Safari Park Lodge)に宿泊。ここに来るまでは、空港のぼったくりクーポンタクシー屋をかわしたり、予定通りゴールドメンバーで部屋のアップグレードもしていただく等、極めて順調だったが、エレファント・サファリパークに着いた時点でコンラッドの日本人女性職員に騙されたことに気付いたのだ。

最初は、Elephant Safari Park Lodgeまでタクシーで向かうつもりだったが、彼女が宿が無料で迎えに来てくれると言うのでお願いした。後になって部屋に電話をかけてきて、荷物がある場合は Rp.190000(≒約1700円)かかると言ってきた。そんな話があるのかと多少変には思ったのだが、タクシーなら Rp.400000弱と予想していたので、まだ安いと承諾したわけだ。
これが勝手に申込まれていたツアー(Rp.300万強≒3万円弱)の送迎サービスだったのだ。

ヒルトン系の最高峰であるコンラッドだから信頼するのは当たり前だ。エレファント・サファリパークに泊まるのだからツアーに申し込む必要性は無いわけで、到着時にロッジとは無関係だと言い張るツアー会社とひと悶着。最終的にはディスカウントしてもらったが、本当にコンラッドには腹が立った。

デンパサール空港では、税関を出た真正面の準制限エリアにある空港公認店に見える「Ground Transport Information」でも、正規の3倍の料金(約13Kmのコンラッドまで Rp.380000≒3300円;実際に利用したメータータクシーでは有料道路代込でRp.96550≒830円)を吹っかけてくる悪質ぼったくり店だったし、5つ星の世界ブランドホテルであるコンラッドでさえも、騙し行為をしてくるのだ。
バリ島では、日本人も含めて日本語を話してくる連中にはくれぐれも注意していただきたい。基本、彼らが言う「美味しい話」には乗らないのが無難だろう。

ツアーを利用しない象乗り等のエレファント・サファリパーク全般の詳細情報は、日本語情報が皆無に等しいうえに、公式HPにも具体的な情報が載っていないので、別途ミニ情報でまとめて発信する予定にしているので(たぶん来年1月後半頃に公開できると思う)、ここではレストランの情報だけに絞って紹介したい。


部屋まで象が迎えに来てくれるElephant Safari Park Restaurant
▲左:部屋まで迎えに来た象  右:夜のレストランの雰囲気

夕食は、エレファント サファリパーク内にあるレストランでいただくことになる。
部屋からレストランへは、お約束の象のお出迎え。わずか3分強だが、パーク内に泊まって夕食をレストランで食べれば、高額な象乗りを別に申込まなくても象乗りが実現するのだ。

象のお迎え時間は、まだ少し明るい18:30に指定される。(恐らく真っ暗だと送迎は無理だからだと思う)
好きな時間にレストランで食べれるわけではないし、外で食べようなどと考えると周辺には何も無いだけでなく、送迎を頼むと法外な料金を請求して来るので、食べ物を持ち込まない限りはレストランで食べるしかないのだ。

宿泊客が多い時は、バイキング(Rp.425000≒3700円)しか選択肢が無いようだが、この日の宿泊客は(たぶん)3組だけ。比較的安価で済むアラカルト運用だそうだが、テーブルの上に置かれていた「Special Day Dinner Menu」と題したコースは、バイキングと同じ金額。ざっと見て魅力が無かったので、アラカルトメニューをお願いした。
しかし、こちらから要求しないと安い正規メニューが出てこないというのも、バリ島らしいぼったくり気質?


アミューズ

注文を終えると、無料のアミューズが出てきた。
カリフォルニアロールみたいな海苔の代わりにサーモンで半分巻いた寿司。醤油ではなくマヨネーズでいただく。

しかし、前菜にサーモンを頼んでいるのに、同系のものを出してくるとは・・って、インドネシアの店で、それを求めても無理か。タダで出てきたものに文句を言ってはいけないだろう。


パン

バスケットから選ぶパンとバターも無料。まあ当然。
パンは温められていたし、冷めないうちにバターを付けていただけば、まずまずの美味しさ。

もっとも、冷めてしまうと急速に湿気を吸ってしまうのでいただけない。
ソースをぬぐうのに使うしかなくなってしまう。


Gingered Scented Salmon Gravelak
Gingered Scented Salmon Gravelak(Rp.60000≒520円)
On wilted rucolla, sun dried tomato and cherry tomato salad with citrus-egg coulis and onion tempura


前菜から家内が選んだのは、無難そうに見えたサーモン。
しかし、このサーモンが最悪だと、私に食べてとよこしてきた。。
恐らく一度解凍したものを再冷凍したのだろう。水っぽいうえにパサパサだ。


Iced Tiger Prawns
Iced Tiger Prawns And Avocado Guacamole(Rp.55000≒470円)
Tomato salad with gazpacho dressing and basil oil


私は、海老とワカモレに惹かれた。
メキシコ料理のワカモレ(アボカドを潰してライム等を加えたパテ)の上に、割と大き目の海老が3尾。
内容的には予想より良かったのだが、特にワカモレのお味が伴っていなかった。

Iced Tiger Prawnsって、冷凍品という意味で使っているのかな?


Classic Indonesian Nasi Goreng
Classic Indonesian Nasi Goreng(Rp.105000≒910円)
Indonesian fried rice with chicken served with fried chicken, chicken satay, egg omelet, acar and shrimp cracker


メインは、当然ながらインドネシアンスペシャリテから選ぶことにした。
家内が選んだのは、超無難なナシゴレン。一般的には、ナシゴレンスペシャルに相当する皿だ。

ナシゴレンは美味しいが、それ以外がなんともいただけない。
特にご当地の代表的な料理であるはずのサテが、レンチン品みたいな出来なのだ。
フライドチキンも昼間の営業で売れ残った再加熱品だろう。

家内は、変わった味の出汁巻玉子みたいな玉子焼き(自称オムレツ)が不味いと残していた。


Bebek Betutu
Bebek Betutu(Rp.140000≒1200円)
Oven - Braised Balinese duck in classic spice served with steamed rice and long bean in coconut milk


私は、昨晩の Bumbu Bali 2 で狙っていたものの、事前予約制ということで食べれなかった Bebek Betutu
2年前に Bebek Tepi Sawah で食べたものが抜群だったので食べ比べして見たかったのだが、ここまでの料理水準から見える通り、撃沈。
これって、フライドダックではないか。
バリ島の名物料理を、こんな手抜きの違う料理にして観光客に出しては、バリ島の印象を悪くするだけだ。

ただし、御飯の左横に添えられているココナツミルクで煮込んだ豆料理は、素朴ながらも郷土料理っぽい味わいで良かった。


お会計

以上にドリンクを加えて、お会計は Rp.427000≒3700円
バイキング実施日だと嫌でも倍額になるので、内容はともかくアラカルト実施日で良かったかもしれない。
この水準の料理で不味いバイキング料理を食べさせられてはたまらない。

※メニュー:コースメニュー(Rp.425000)Dinner Menu ①

【店舗詳細情報】
店名:Elephant Safari Park Lodge
電話:0361-721-480
営業:12:00~、18:00~23:00
定休:無休
住所:Jalan Elephant Safari Park, Taro Village, Tegallalang, Ubud Bali 80561
GPS:-8.391910, 115.284294 (☞ Bing Map


※JAL機内Wi-Fiサービスでロシア上空から登録しました。
訪問したインドネシアのレストラン


翌日は、宿の高い送迎サービス(Rp.625000≒5400円)でリッチに空港まで移動して2泊5日の象乗り旅行は無事終了。私の目的でもあった2017年度のJALダイヤモンド会員資格の取得も、翌週の3泊5日パリ旅行で確定した。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 84170円(成田<>クアラルンプール<>デンパサール、11432マイル獲得/ビジネス)
現地宿泊費: 19714円(Rp.2286848/2泊)
現地交通費: 4835円(Rp.560825)タクシー・送迎サービス
飲食雑費等: 6586円(Rp.763988)飲食費・象乗り(家内のみ)
国内交通費: 2826円
旅費合計: 118131円...2人で約24万円(22864マイル獲得)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島・ベノア [Benoa]:ブンブーバリ2 [Bumbu Bali 2]

訪問:2016/12/3 20:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
初日の宿は、コンラッドを搭乗前の成田のラウンジからネット予約。
事前予約などして突然行けなくなってしまったら悲惨なことになるから(この夏体験した)、よほど事前予約の割引率が高くない限り、直前までキャンセル可のホテルか、確実に行けることになってから予約する方針にした。

狙っていたコンラッドのレストランはバイキングのみの営業。(Rp.680000++ ≒約7500円!)
ちらっと見せてもらったものの、日本なら4000円程度の低レベルであることを確認できたので、近隣のインドネシア料理店に出かけることにした。フロントで予約をお願いしたら、本店は満席だけど500m先の2号店なら無料送迎サービスもあるとのこと。歩いて行くつもりだったので、ラッキー。

Bumbu Bali 2Bumbu Bali 2

日本語版のメニューを持ってきてくれたが、念のため英語版もお願いした。
食べる気だったコンラッドのアラカルトの半値程度、5年前に3Kmほど離れたのヌサドゥアにあるバリ・コレクション内の何軒かで食べているが、それよりも2~3割高い感じ。
ただ、実際に出てきた料理を見れば、妥当な価格設定といえるだろう。割高な観光客向け価格であることは事実だけど。

海老せんべい

注文後に、お通し的な海老せんべいが出てきたが、中華街でも売っている定番の箱入り海老せんとは違って、結構おいしい。
さすが本店がべノア地区でトリップアドバイザー1位を取っていただけある。

Sate Campur + Ayam Betutu

量が見えないので後で追加するつもりで、とりあえずサテとメインをそれぞれ1つずつ注文したのだが、両方を大きな円形トレイに乗せて持ってきた。
注文品以外の皿もたくさんあって、いったいどれがどちらの注文に付くのか分からない状態。

ただし、ひとつひとつ料理と食べ方の説明はしてくれた。
一部日本語だったが、こちらの一般的な日本人が行きそうな店は、案外日本語が通じるみたいだ。

Sate Campur
Sate Campur(Rp.133100≒1150円)
Chicken, Pork, Duck, Seafood & Prawn


右下のガラスの器に入っているのはサテ用のタレとピクルス、左のサラダまではサテ側に付いているもの。
サテは、小型の炭焼き皿に乗せられていて、焼くには不十分ながらも保温程度は出来る量の炭が入っていた。

屋台で食べるサテとは違って、十分な焼き鳥サイズだが、海老とか魚のすり身のサテは要らなかったかな。

Ayam Betutu
Ayam Betutu(Rp.175450≒1500円)
Whole Roast Baby Chicken in Banana Leaf


メインに頼んだのは、ベビーチキンのロースト。
英語版のBaby Chicken、まさかひよこサイズではないとは思っていたが、日本語版の単にローストチキンと記されている方がすっきりするサイズで、1人ではちょっと多すぎる印象。
日本のローストチキンの半分サイズ程度だから、ベビーチキンという表現の方が正しいかもしれないけど。

鶏肉側にはそれほど強い味が付いていないのは、全体写真の中央下に写っているカレーソースを付けていただくためのようだ。でも、ご飯にかけたいお味。

御飯

サテの写真の左上に写っていた茶碗は、こちらに付いてくる御飯だ。
日本語版では「選び抜かれたごはん」、英語版では「a selection of rice」と記されているが、2種類出てきた。
この量の御飯が付くなら、普通のカップルならサテとメインを1品ずつで十分かな。

小鉢

あとの小鉢はこの2品。
左側はメインに付いていたものと思うが、右の餅米で作られた筒状の御飯は、ひょっとするとサテに付いていた「せんべい」なのかもしれない。英語版に「Rice Cake」と記されていたからだ。(ただし、甘くない)

お会計 

ドリンク代を入れて、お会計は全部で Rp.366025(≒3150円)也。
もう1品行けそうだったが、コンラッドの1人分のバイキング代の半額以下で済んでしまった。

ちなみに、コンラッドの朝食バイキングは、とても5つ星ホテルのクオリティとは思えないコストの安いものばかりだったので、こちらの店で食べたのは正解だっただろう。
フルーツの質を見てもコンラッドは水準以下だったので、コンラッドでは絶対に食べてはいけないということだ。

なお、2年前にクタのBebek Tepi Sawahで食べて狙っていた Bebek Betutu など、一部事前予約要のメニューがあった。
以下のメニュー写真を確認のうえ、事前予約要の料理は予約してから出かけてほしい。

※メニュー(日本語版):前菜・ベジタリアンメイン・サテコース①
※メニュー(英語版):前菜・ベジタリアンメイン・サテコース①

【店舗詳細情報】
店名:Bumbu Bali 2
電話:0361-772-299
営業:18:30~20:00
定休:無休
住所:Jl. Pratama, Tanjung Benoa, Benoa, Bali
GPS:-8.769412, 115.221862 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バンドゥン[Bandung]:Braga Permai Restaurant

訪問:2016/2/27 18:55
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
昨日の Waroeng Bu Tris のお隣、パスタ・ピザ・ステーキ等何でもありの大規模店だったので昨日はパスしたが、後で調べたらトリップアドバイザーで3位の店だったので試してみることにした。

入口1階席の奥
▲左:1階正面から  右:奥の方はケーキショップ(でもテーブルでは食事している)

1923年創業って書いてあったけど、店の雰囲気は新しいファミレス兼カフェ。
お隣の店の方が、よほど歴史感がある。

1階席は満席とのことで2階席に案内されたが、こちらは広々としたホントにファミレスっていう雰囲気。
席に着いたとたんに、お冷ではないけど常温の水を持ってくるし、常時回っているので、なくなれば注いでくれる。店員がテキパキと働いている上に、サービスも非常に良い。

パンとグリッシーニ

東南アジアの西欧料理店は、黙っていてもパンが付くことが多いと思うが、ご覧のようなラスク製造用という感じのパンとグリッシーニも注文前に出てきた。お味は意外にもまずまず。有料かと覚悟していたら、無料だった。
なるほど、評価が高いのはこんな部分もあるのだろう。

Diet Cokeテーブルセッティング
Diet Coke /w ICE(Rp.12650≒120円)

お決まりのダイエットコーク、東南アジアでは氷は要るかと必ず聞かれるが、要ると答えると有料の事が多い。
ところが無料で、値段もお隣の半額以下。
最後まで氷が残るほどたっぷり入れてくれる店は、東南アジアでは初めてかもしれない。

サテはパフォーマンス付

自家製卵麺との表記だった麺と、お決まりのサテを頼んだのだが、麺と当時にサテも出てきた。
これ、熱々の鉄板だけ持ってきて、そこにピーナッツソースに浸した加熱済みのサテを置き、何度か反転させて鉄板の上で焼くというパフォーマンス付。

Noodle ala Braga Permal
Noodle ala Braga Permal(Rp.47850≒450円)
Stir fried Homemade egg Noodle, fried Prawn, fried Chicken, fried Wonton, Shrimp & Mushroom served with Meatball Clear Soup


さて、自家製卵麺に期待して頼んでしまった麺だが、予想よりも豪勢な内容で出てきた。
あんかけのお味は残念というか平凡だったが、たっぷりの小海老の存在は良い印象を与える。
フライドチキンは作り置きで硬いし、揚げワンタンも中身が無く、お世辞にも出来が良いとは言えないが、焼いた海老を1尾乗せているせいか、海老の風味を感じる。

で、お目当ての自家製卵麺の麺だが、期待通り。
卵麺は乾麺しか食べた経験がないのだが、乾麺とは食感が雲泥の差だ。
素直に美味しかったし、ボリューム感もあった。

Meatball Clear Soup肉団子と魚団子

この麺料理にはスープが付いてくるのだが、これが旨かった。
濃い出汁に醤油系の味付けがドンピシャ。ちょっと脂が多く味も濃いめだが、これはアリだろう。

肉団子との表示だったが、白い方は台湾でおなじみの魚丸の類。中に挽肉が入っていた。
黒っぽいつみれみたいな団子は、なんとも不思議な弾力感のあるもので、これまた美味しい。

Mix Lamb & Chicken Satay
Mix Lamb & Chicken Satay(Rp.71500≒670円)
Grilled Stewered Diced Lamb, Diced Chicken Thigh, Served with Peanut Sauce and Sweet Soy Sauce


さて、昨日は山羊のサテをいただいたが、こちらはラムとの表記。
ラムばかりではつまらないと思って、チキンとのミックスにしたのだが、昨日と同じボリューム感で5本ずつ。

残念だったのは蒸し焼き肉であって、炭火焼きどころかグリルにもなっていないのだ。
なぜか串の端が焦げているが(偽装?)、これってサテとは言わないのでは?
特に鶏肉は柔らかいだけで、味わいも何もあったものではなかった。

Peanut Sauce and Sweet Soy Sauce

タレも気前よく大皿でやってきたが、こちらも今一つ決まっていない。
麺のスープは良いのに、麺のあんかけやこちらのソースは深みが無いというのは、どうしたものだろう?
大規模店だから料理ごとに担当シェフがいるのだと思うが、あまりにも出来の差がありすぎた。

お会計 翌日撮った外観

トリップアドバイザーの口コミは欧米&豪州人の比率が高いので、こういったインターナショナル料理店の評価が高くなる傾向にあると思うが、はたしてインドネシア人によるインドネシア料理の評価はどんなものなんだろうか?
2階席は地元客ばかりだったように見えたので、ちょっと気になる。

※メニュー:イベント用牛肉①②、羊肉その他①飲み物①、他多数

【店舗詳細情報】
店名:Braga Permai Restaurant
営業:09:00~22:00
住所:Jl. Braga 58, Bandung
GPS:-6.917371, 107.609377


翌日は、例のJR205系電車でボゴール[Bogor]に行くつもりだったが、バンドゥンからの列車が遅れた上に、コタ[Kota]駅からのボゴール行きは時刻表にあった2本とも運休なのか姿を見せず断念。代わりに向かったBlock-Mも、渋滞知らずとの噂だったBuswayが大渋滞に巻き込まれ、そのまま食事も取らず空港バスで空港に向かうことに。
結果的に、この店の食事がレストラン最後の食事となってしまった。

■今回の旅の費用
往復航空券: 4570円+約40000マイル消費(台湾<>東京<>ジャカルタの真ん中2区間分)
現地宿泊費:16887円+Accorhotels 2000pt消費(Rp.1907513/3泊、うち2泊朝食付)
現地交通費: 3143円(Rp.355000) 鉄道・バス
飲食雑費等: 2878円(Rp.325100)
国内交通費: 2844円
旅費合計:  30322円+40000マイル/JAL+2000pt/Accorhotels
 

【バンドゥン[Bandung]の風景】



▲鉄道線路の南側にある街の風景


▲左:街のシンボルだとホテルで教えてもらった「Gedung Sate」。残念ながら入場不可。
 右:Gedung Sateに行く途中にあった下のリアルな虎の鉄柵で囲われた何かの施設群。




▲右:Holland Bakeryって、あちこちで見るような・・

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>