《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア.キャメロンハイランド:Satay Madu Cameron

訪問:[2011/1/9 19:20]
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★
キャメロンハイランド最後の食事をカレーで締めるつもりだったが、どうしてもマレーシアならではのサテーが恋しくなり、今回の旅で初めて利用した屋台形式の店へ。(昔は屋台が当たり前だったのに、食べログのおかげで贅沢になったものだ)



カレーを食べた後なので、デザート代わりにチキン4本(RM0.60/1本)とビーフ4本(RM0.70/1本)だけだが、総額 RM5.20(≒140円)で高品質なサテーが楽しめたので紹介することにする。

実は、サテーを食べさせる店の多くは、串に刺して多少加熱済みの中間加工品を使っていることが多い。
当地でも3軒発見したサテーを置いている店のうち、フードコート内にある「SATAY CAMERON」という似た名前の店は、そのタイプ。

この店の前を通った時、生肉から炭火で丁寧に焼いているのを見て、食べてみようと思ったわけだが、とにかく生肉から焼くので待たされる。



焼いている途中で、油らしきものを塗っているのも初めて見たが、そういった丁寧な調理ゆえにやや辛目のピーナッツたれも含めて美味しい仕上がりだった。




【店舗詳細情報】
店名:Satay Madu Cameron
電話:不明
場所:Tanah Rata Food Courtを西に向かって最初の交差点手前2軒目、手前1軒目はスープ屋

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア.キャメロンハイランド:K.S.Curry House

訪問:[2011/1/9 18:50]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
ずばり店名にカレーを名乗る店。タナ・ラタで確認できたインド料理系レストラン5軒のうちの4軒目で最終日の夕食を取ることにした。店頭でロティを焼いている店なので、もう1軒の価格表記が一切ない店よりはマシだろうと判断。



バナナリーフは置いていないそうで、南インド風にベジタブル付のカレーセットをお願いしたが、最高値のマトンでも RM6.5(≒180円)と安い。ライスかロティを選択できるそうで、ちょっとだけロティにひかれたが、比較用のカレーライスの写真のため(笑)に、ライスでお願いした。定番のマサラティーも RM2(≒55円)と最安値。

店員が無愛想なのはいただけないが、サービスは他店より良い感じ。というのも、最初から紙ナプキンを持ってきた店はここだけだからだ。

出てきた内容は、他店のミールスよりも品数は少ないものの、野菜の量は5割増しといった感じ。

マトンカレー+ベジタブル(RM6.5)

カレーはインドカレーというよりは、欧風カレー的な味わい。そのせいか、ドロッとしたとろみが付いている。日頃食べなれている欧風カレーと考えれば十分に美味しいが、マトンは骨だらけで可食部少なく、インドカレーを期待していると裏切られる。

マトンカレーでカレーライスにしてみた

青菜炒めもバター炒めのような味わいで、ちっともインドらしくない。フライドオニオンは初めてだが、湿気を吸ってしまっていてNG。インゲン豆の炒め物もインド料理という感じはしなかった。




マサラティーは、当地のティーバッグ(BOH社ではないが、ホテルの部屋に置いてあったものと同じ)が入ったままで出てきた。底には練乳が沈んでいる手抜き状態(笑)で、マサラはかなり控えめ。欧米人仕様。マサラは入っているものの、マサラティーと言うには厳しそうな甘い練乳版のミルクティー。

実際、割と汚い店であるにも関わらず、欧米人比率が一番高い感じがした。みなさんロティを頼んでいたので、やはりピザ生地のように空中で伸ばす作業を見ると興味を持ってしまうのだろう。


【店舗詳細情報】
店名:K.S.Curry House
電話:不明
場所:バスターミナル建物端の道路反対側、当地チェーン店の「Marybrown」から3軒目

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア.キャメロンハイランド:May Flower(五月花海鮮餐館)

訪問:[2011/1/9 14:30]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
毎日インド料理だったので、マレー料理代表の肉骨茶をいただくことにした。



当地で「肉骨茶」の文字を見たのは2軒だけ。ご丁寧に怪しげな日本語カタカナ表記まであるので危険だ。
だが、店頭で作る作業を見せるタイプで、ペナン島で美味しかった屋台(☞ こちら)の味を期待して食べてみた。

肉骨茶のお値段は RM8(≒220円)だが、一緒に出てきたライスが別料金(RM1.2)だった。後で判明したとはいえ、明朗会計でないと印象が悪くなる。(サービス点1点減点)

しばらく待って出てきたのはこちら。



薬味を使う前に、さっさと持って行ってしまったのも、サービス姿勢の欠如と取られても仕方ないだろう。

肉骨茶

グツグツ煮立っている状態で運ばれてきたが、表面の菜っ葉は生の状態。いくらなんでも、湯気だけで火を通すのは無理だろうから、半生で食べさせようというのだろうか? 写真を撮ってから、中の方に沈めておくことにした。

まずはメインであるスープを飲んでみたが、化学調味料たっぷりでやたらと甘いスープ。ペナン島の屋台とはエライ違いで、正直言って不味い。肉の出汁と各種薬味やスパイス類の調和でスープを楽しむ料理なのに。

カレーと同じ様に、ライスの上に具材を全部乗せて撮った写真がこちら。

肉骨茶ライスにしてみた

肉は2種類入っていたが、特に三枚肉の方は味の浸み込みが足りず、単なる三枚肉。
やはり、日本語表記までされている何でもありの店でこういった専門色の強い料理を頼むと、インスタントと大差ないような代物が出てきてしまうのだろう。ワイン入りと書いてあったが、それを生かしている味ではない。

まあ、予想通りという内容だが、これなら屋台で各種マレー料理を頼んだ方が楽しめそうな気がした。


【店舗詳細情報】
店名:May Flower(五月花海鮮餐館)
電話:(05)491-4793
場所:BUNGA SURIAの裏にある建物のちょうど反対側に位置する

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
台湾/台中: 蒝紅綵手作飲冰館(The Rainbow Ice) 2018/07/06
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲③ 2018/07/05
台湾/台南: 太陽牌冰品② 2018/07/05
台湾/台南: 冰仔角 (ICE TOP) 2018/07/04
台湾/台南: 裕成水果店⑥ 2018/07/04
台湾/台南・玉井: 玉梅芒果冰 2018/07/03
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>