FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④

訪問:2018/8/3 18:00
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
実質初日、いつでもチェックイン可能という奇特なホテルに移動してから、冰果專賣店ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店)でマンゴーかき氷を楽しみ、夕食は先月に続いて、台北で一番お気に入りの丸林魯肉飯にやってきた。


全部で NT$298≒1100円

今回は1品増やして6品構成。大好物のしじみの醤油漬もあったので、もちろんゲット!



鶏肉飯(NT$38≒140円)

まずは、初めて試す鶏肉飯。
魯肉飯専門店に鶏肉飯を置いてあるということは、それなりに需要があるからだと思うが、うーんと言ったレベル。
主に夜市の屋台でしか鶏肉飯は食べた記憶が無いが(☞ 方家屏東夜市雞肉飯、他)、もともと魯肉飯の方が好きだからかなぁ・・



仏跳牆(NT$65≒250円)

先月食べた記事を書く際に、メニューを見て気になって調べたのがこのスープ。
wiki(☞ こちら)に、「歴代の中国皇帝が食べていた佛跳牆は、食材にこだわりすぎたため、現在の価値で5000万~1億8000万円ほどする」と、根拠不明ながらも大げさな記述があるのを見て、試してみようと思っていたのだ。



豊富な中身を取り出したのが、この写真。大型固形物は、これで全種類だと思う。
干しキノコを戻したもの、木の実、果物、芋、鶏肉、挽肉団子という構成だが、手前右側の挽肉団子が旨い。



スープの底の方には、生のキノコや筍類もたっぷり。海鼠(?)らしき小片や干し帆立の小片なんかも入っている。確かに豪華な作りだ。
もちろん、これだけの具材を使っているスープも馴染みのない味だけど美味。
これは、次回もリピートだな。
wikiに高級なものは50万円もすると書かれていたけど(根拠不明!)、こちらはわずか250円だ。


以下、入口側の自助餐コーナーから選んできたものの紹介なので名称不明。


(NT$55≒210円)

前回食べて美味しかったインゲン豆風の炒め物、今回は肉入りのものを選んだが、美味しいものの肉無しの方がいいかな。



(NT$50≒190円)

あちこちで食べている香腸も選んでみた。
見た目はイマイチながらも、味はしっかり決めている感じ。専門店にはかなわないけど。



(NT$30≒110円)

野菜炒め系は、どうかなぁとは思ったものの蕪の茎を刻んで炒めたものに湯葉を加えたものを選んでみた。
蕪の茎、漬物なら美味しいと思うけど、炒めたら美味しくない。



(NT$60≒230円)

定番のしじみの醤油漬けは、あれば必ず取る主義。
安くて台湾らしい味付けで美味。これ、20年以上前に初めて台湾に来て最初に感動した料理なのだ。


以上、魯肉飯の店で鶏肉飯を食べた私が悪いのだが、前回よりも落ちる結果となってしまったので、今回も総合5つ星は見送ることにする。
というか、色々なおかず系を楽しめる自助餐系の店を比較すべきだとの考えもあって、年越し台湾(高雄と台南)滞在時のテーマにしようと思っている。そのあとで、来年5月訪問時に判断したいと思うが、下手な台湾の中華料理店(ガイドブックに載っている店という意味)なんかに行くよりは、絶対おすすめしたい店だ。

この後、デザートとして冰世界でマンゴーかき氷を食べて、この日は終了。


※前回の訪問: 2018.7.2夜
※メニューは、前回の記事に掲載してあります。

【店舗詳細情報】
店名:丸林魯肉飯
電話:02-2597-7971
営業:10:30~21:00
定休:無休
住所:台北市中山區民族東路32號
GPS:25.068298, 121.524810


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ②

訪問:2018/8/3 10:10
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
マンゴーかき氷食べ歩きを先にレポートしたので、ここからはそれ以外に食べたものの紹介。

台北到着後、宿に行く前にGOMAN MANGO、チェックイン後に近くの服冰易 國家之凍涼を食べ、普通の食事は無し。
翌朝、宿から徒歩10分のマイ魯肉飯トップ3の店が今回の台湾で食べた最初の食事だ。



1年前と比べて、10元の魯蛋と魯豆腐は変わらずだったものの、それ以外は5~10元の値上げ。
日本のように量を少なくしたり質を落として客を欺く行為で値段を維持するより、質・量を保って値上げしてもらった方が嬉しいものだ。




注文品の到着。
魯肉飯だけでなくスープも美味しいので、必ずスープも頼もう!



魯肉飯(NT$30≒110円)

まずは、看板メニューの魯肉飯。
この手切り感たっぷりの肉の食感の良さは、挽肉タイプで出す店(そう多くは無いが、お気に入りの丸林魯肉飯がそのタイプ)では味わえない。

もちろん年季の入ったタレも美味しいのだが、今回は少し燻したような風味があったなぁ。
鴨肉飯だが、高雄の鴨肉珍と同じ感じ。個人的には、無くてもいいんだけど・・



香菇排骨(NT$50≒190円)

今回は厨房が見える席に着いたので判明したのだが、ここのスープは茶碗蒸しを作るみたいに蓋をして蒸して加熱していた。
それで美味しくなるのかは不明だが、スープ自体が風味豊かで実に美味しいのだ。

今回は、出汁が強く出る椎茸と排骨のスープを選んだが、昨年の筍と排骨のスープと同様に貝とニンニク粒も入っている。
肉とキノコと貝の出汁に大蒜アクセント。美味しいに決まっている。

今回も満足満足。今回泊まったお気に入りのカプセルホテル(黑熊好眠站旅館:1泊422元!)から近いことも判明したので、そこに泊まった時の朝食はここで決まりだ!
店を出るとき、例の日本語を話すおばちゃん(最初のメニュー写真の左側、ピンクのシャツを着ている方)に「ごちそうさま~」と声をかけて店を後にした。


※前回の訪問: 2017.8.20

【店舗詳細情報】
店名:今大魯肉飯
電話:02-2983-6726
営業:6:00~21:00
住所:新北市三重區大仁街40號
GPS:25.064389, 121.491671


台湾のレストランレビュー&地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰

訪問:2018/8/6 18:50
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
2018年マンゴーかき氷食べ歩き第二弾10軒目。(☞ 台湾のマンゴーかき氷店レビュー&ランキング



翌日の帰国便に備えて桃園に移動。(貯まる一方のIHGポイントを効率よく消化するのが目的)
宿近くのカルフールで愛文マンゴーを買ってしまったので(☞ マンゴー4品種食べ比べレポート)、昨日の豐味果品で打ち止めにするつもりだったが、ホテルに戻る途中で6月に高雄の文喬綿綿冰で初めて食べた綿綿冰を使ったマンゴーかき氷を比較するべきだと考えが変わり進路変更。



この店、帰国日前のホテルとして定宿化しているHIE桃園と桃園夜市の間にあるので昨年存在は確認していたが、改めて店頭メニューを見るとマンゴーかき氷系は3種類。
メニューの下に写真が載っていたので「超級芒果爽」がお目当てのものであると判断できたが、普通でないメニュー表記の店は厄介だ。



超級芒果爽(NT$110≒410円)

綿綿冰がアイスクリームであることは文喬綿綿冰で学習していたが、皿の上にマンゴーアイスを球状にすくう専用スプーンを使って球状にすることなくアイスを広げながら敷き詰め、最後に球状にしたものをトッピング。
その後に、冷蔵庫にしまってあったカット済みのマンゴーを全体に乗せて練乳を回しかけて出来上がり。



芒果のお味は、ここまで台北で食べてきたものと同等以下で、味は辛うじてあるものの甘みが全然足りないもの。
昨日カルフールで買って食べた「紅龍芒果」の味を知っているので、話にならないほど美味しくない。

「紅龍芒果」は滅多に見ない品種だとしても、愛文マンゴーと同様に普通に出回っている「玉文芒果」の味よりも劣る。やっぱり台北周辺のマンゴーかき氷は、店側が真剣にマンゴーと向き合っていないのでダメだなぁ。




それよりひどかったのが、綿綿冰の専門店のくせに綿綿冰の不味いこと!
マンゴー果汁を使わず香料と着色料だけで作ったような、おなじみの安物の味だった。
この水準では、綿綿冰だから高い(注:桃園で試した3軒の中での最高値)という言い訳は通用しない。

高雄の文喬綿綿冰で食べたときは、専門店としての綿綿冰がどんなレベルなのか判断できなかったわけだが、富士山盛りのマンゴーだけでなく、綿綿冰も優秀であったことが確認できた。
文喬綿綿冰は、来年も行かなきゃ!



綿綿冰なので、最後はシロップ漬けになるマンゴーもこんな感じになってしまった。
これでマンゴーが美味しければマシなんだが、マンゴーも不味いしアイスも不味いとなれば話にならないだろう。
桃園でマンゴーかき氷を食べるなら、ここから台鉄桃園駅に延びる道沿いにある天下奇冰小夜城冰果冷飲をお勧めしたい。


【店舗詳細情報】
店名:榕樹下綿綿冰
電話:03-316-5165
住所:桃園市桃園區中正路671號
GPS:25.006132, 121.303710


以上で、今年の台湾マンゴーかき氷食べ歩きも終了。2回で過去最高の39軒を回ったことになった。
来年は7月上旬の1回だけだが2週間弱滞在して屏東・高雄・台南・台中で食べ歩く計画なので、また楽しみにしたいと思う。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>