FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ「The Pier」③

訪問:2019/3/28 22:40(+2019/2/13 15:30、2019/2/26 22:30)
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CPn/a
20回目のフランス旅行は、またまたキャセイ航空便を選んだ。
往復運賃57000円に燃油空港税等を加えて総額85480円と、日系との差が5万円となればマイルが付かなくても気にならない。(実際はアジアマイルに加算できる)

今月末でワンワールドのエメラルド会員資格が終了ということも考慮に入っているが、最後のキャセイ航空ファーストクラスラウンジ 「The Pier」で食べたものを、備忘録として記録しておきたいと思う。JALのファーストクラスラウンジと比べると凄すぎるのだ。



'Beyond meat' clay pot rice
salty egg, spring onion, chilli


前菜2品とメイン1品をお願いしたのだが、なぜかメインが先に来てしまった。
どうも先に頼んでいた別の人の注文と間違えたみたい。(テーブル番号をちゃんと確認していないみたいだ)



予想と全く違って、白飯の上にそぼろ肉をかけただけっていう感じ。
刻み唐辛子がトッピングされていたので外していただいたが、ご飯の量に対して味付けが控えめ。醤油が別添えだったので、これをかけて混ぜるっていうことかな?

塩卵は黄身の部分だけを中央にトッピングしていたが、スプリング・オニオンってどれだ??
刻みネギのトッピングにしか見えないんだけど。



Marinated Chinese century egg
pickled young ginger


前菜の1つは、どんな卵料理が出てくるのかと思って頼んだもの。
なんのことはない。ピータンだ。



葉っぱを除けて撮った写真。
卵白部分の透明度が高く、黄身の部分もとろとろで優しい味わい。
台湾のスーパーや露店で買う、あるいは食堂で食べているものとは明らかに違う高級品だ。さすが!



Chilli sesame prawns and fried tofu
bamboo shoots, spicy sesame dressing


香港となれば海老料理は外せないということで、選んだのがこちら。
中サイズの海老が2尾だけ、味付けは胡麻味冷やし中華のタレをドレッシング仕様にビネガーを増強したような感じで、安っぽい。
香港の海老料理としては、期待外れだった。

※メニュー:A la carteBevarage and wine list


消化不良なので(というのはウソで、事前に原稿を作っておいた)2月のベトナム旅行で往復利用した際の食べたものを紹介しておこう。この時のメニューは、過去最高水準だったのだ。


■2019/2/13 15:30(レストランメニュー:A la carteBevarage and wine list

まずは、往路にレストランコーナーで食べたものから。


Burrata cheese
vine-ripened tomato, Thai asparagas and basil oil


前菜に、ブッラータチーズがあったので注文。
2年半前のイタリアの Villa Waldkönigin でこのチーズの存在を知ってから、レストランだけではなくチーズ専門店やスーパーなどでも見つけると手を出してしまうほどの好物。消費期限が製造から数週間と短いので日本で食べることは難しいと思うが、もう10回程度は食べているだろうか。

日本のイオンで一昨年売り出された時に125gで千円超え(だったと思う)という高価格にもかかわらず飛びついてガッカリさせられたものだが(まったく別ものだったのだ)、ここのはイタリアで食べる平均値レベルで驚きのクオリティだった。

クレソンはともかくアスパラ(タイ産との表記)まで乗っていて、ファーストクラスラウンジ食に相応しい豪華さだ。



Sichuan fish hot pot
with crab noodle and bean sprouts


メインは、魚のホットポットをチョイス。
それほど辛くはなかったものの、好みではなかった。



Kerala chicken
Cashew nut, assorted vegetable and coconut milk


もう1品もメインから、ケララチキン。
ケララカレーというのは日本のインドカレー屋で何度か食べているのでカレーであるとは予想していたが、ターメリックライスまでいっしょに出てきたのは予想外。

ココナツクリームたっぷりのインドカレーというよりはタイカレーという感じかな。
辛さも控えめで、まずまずの美味しさ。




このあとラウンジに移動して、デザートと軽食まで食べている。



■2019/2/26 22:30(メニューは上記往路分と同じ)

ベトナム旅行の復路分もレストランコーナーで食べたものから。


Burrata cheese
vine-ripened tomato, Thai asparagas and basil oil


深夜時間帯なのでメニューが変わるかと思っていたら往路と同じだったので、再びブッラータチーズを。



Brandade galette of Marine crab with avocado
sweetcorn sauce and citrus oil


もう一品前菜から、蟹のガレットのつもりで頼んだもの。



ガレットというイメージではなかったが、蟹肉たっぷりのブランダードをそば粉のクレープで包んだ焼餅という感じかな。
蟹肉たっぷりなだけに、かなり美味しい。



Beef Burgundy

メインは何も説明書きの無かった牛肉料理。
Burgundyの意味が分からなかったのだが、フランスのブルゴーニュ。つまり牛肉のブルゴーニュ風煮込みということだろう。

そうなると、牛肉はホホ肉のはずだが、普通のビーフシチューのように角切りにされているので微妙。
たぶんホホ肉だとは思ったけど。





今回のフランス旅行が流れてしまうと最後になる可能性もあったことから、最後は定番のワンタン麺。



台北桃園空港のキャセイラウンジでも食べることが出来るので、今後も食べることが出来るはずだが(香港のビジネスクラスラウンジに置いてあるかは未確認)、麺も含めて安定の美味しさだ。




最後となる可能性もあるので、限界まで食べようとラウンジに移ってデザートを追加。
デザートの水準は高くないな。



左(往路):Mocktail(Non-alcoholic) Passion mango crush
右(復路):Guava Fresh Juice

オーダー式のドリンクは、往復で上の2種類を頼んでいる。


前回のレポート(2018.8.23)

【店舗詳細情報】
店名: The Dining Room (The Pier, First)
営業: 05:30~24:30(The Pier, First)
場所: The Pier, First : Level 6, Terminal 1(Gate 63付近のひとつ下のフロア)

テーマ : マイレージ
ジャンル : 旅行

香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」

訪問:2018/8/23 23:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CPn/a
夏休み第2弾は、燃油空港税等を含めた総額が71560円と、JALのほぼ半額だったキャセイ航空で行く英国旅行。台風20号の進路が心配だったが、関空発は欠航になったものの成田発は無事飛んでくれた。



まずは、乗継地である香港のキャセイ航空ファーストクラスラウンジでお夜食。
JAL国際線には今後乗らないことに決めているが、JGCプレミア会員資格が来年3月まであることから、ワンワールドのエメラルド会員資格でファーストクラスラウンジが使えるのだ。
3月末まで6回ほど、他社ラウンジで楽しもうとJALを除くワンワールド系航空会社(キャセイ・カタール・マレーシア)で予約を入れてある。JALと比べて航空券代が格段に安いのも魅力だ。

キャセイは、ここ1年で台湾3往復乗っているが(バニラより2割高いが、JALより3割安い)、キャセイの良いところはJALのエメラルド会員であってもいろいろと優遇してくれること。
事前座席指定は前方席を無料で開放してくれるし、機内では短距離路線でもわざわざ挨拶に来るし、ペットボトルのエビアンをくれるのだ。JALではほとんど記憶にないが、ANAと同様に頼まなくても隣席をブロックしてくれていることも多い。(注:ANAは1ランク下のプラチナ会員資格7年間での話)

香港のラウンジ食が、ビジネスクラスラウンジであっても優秀であることから(私の航空会社直営空港ラウンジ食ランキングで第2位!)、エメラルド会員資格が切れてもJGC会員(ワンワールド・サファイア)資格で今後も使うことになると思う。




さて、乗継時間が2時間半ということで、今回はメニュー形式の食事が充実している「The Pier」の方を使うことにした。


Mocktail(Non-alcoholic)
Passion mango crush, lemon jasmine iced tea
Lemon lime ginger & bitters, shirley temple
virgin colada, Virgin Mary


いつもはメニューを見ずにダイエットコークをお願いするのだが、今回は家内がノンアルコールカクテルを見つけて注文。
確かにフレッシュ芒果を砕いた(たたいた)感じの果肉が入っていたが、いろいろ入っているものの、なんだか決まっていないお味。



Chilled chilli sesame prawns and fried tofu,
Bamboo shoot & Yunnan ham with spicy peanut dressing


前菜からは、二人とも海老の入った料理をチョイス。
プリプリ海老が2尾に、タケノコを軽く酢漬けしたような料理。
美味しいかというと変な創作料理という感じで微妙ながらも、まあ普通にいただける。
輪切り唐辛子が結構入っていたが、辛さはほとんど無し。



フライド豆腐は、厚揚げの薄切りのソテーだった。
メニューにはいろいろ書かれていたけど、ピーナッツソースという感じはしないし、ハムなんてどこに入っていたんだろう?



Wonton with noodles in soup
Hand-crafted prawn and pork dumplings in chicken broth with vegetables


メインは無理と判断して、Signature Noodles から麺料理を頼むことにした。
私は、月初台北のキャセイラウンジでも食べている雲吞麺。

台北では海老雲吞と書かれていなかったが、ほぼ同じ感じのものが出てきた。
麺は香港らしい細麺でコリコリした食感のもので美味。
同じ細麺でも、博多ラーメンなんかは美味しいと思わないが、香港の細麺は旨い。



雲吞の断面を見ると、台北で食べたものよりも海老の主張がハッキリしていた。
台北のキャセイラウンジ、香港から食材を持ってきていると思っていたが、違うのかもしれない。
スープも香港仕様でまずまずなんだが、やはり香港の街の名店で食べるものと比べたら落ちる印象かなぁ。



Dan Dan Mien
Shanghainese style noodles in a spicy hot peanut sauce


家内は香港で雲吞麺を食べたことがあるので、違うものを食べたいとダンダン麺という上海仕様の辛いピーナッツソースと書かれていたものを頼んでいたが、ちらっと味見したら濃厚胡麻味ではあるものの、ちっとも辛くない。

麺は細麺だけど、普通の中華麺という印象かな。
これはこれで美味しいとは思うし、他で食べたことが無いので良い選択だった気がする。



Chilled sago with mango and pomelo

デザートからは、家内はマンゴーサゴを注文。
味見していないので、コメントなし。


Camembert, Gruyere and Gorgonzola
with fresh grapes, fruit bread, walnut, water crackers, dried apricot and prunes


私はチーズプレートをお願いしたが、結構なボリュームで出てきた。



3種類のチーズの中で、一番期待していたのがゴルゴンゾーラだが、全然ブルーチーズという感じのしないものが出てきた。
しかも、カットするとポロポロ崩れてしまい、本当にゴルゴンゾーラなのか怪しいものの、チーズ自体は美味しいものだった。


ということで、乗継時間を利用して香港のキャセイラウンジから突貫登録したが、帰りは早朝到着便となるので、朝食仕様のラウンジ食を紹介できるかもしれない。(内容が無ければパスする)


※メニュー:A la carteBevarage and wine list
前回のレポート(2016.6.11)

【店舗詳細情報】
店名: The Dining Room (The Pier, First)
営業: 05:30~24:30(The Pier, First)
場所: The Pier, First : Level 6, Terminal 1(Gate 63付近のひとつ下のフロア)


この後、搭乗口で家内と共にプレミアムエコノミーにアップグレードされて驚き!
JALでも滅多にプレエコにアップグレードされないのに(ANAプラチナ時代の欧州線は100%アップグレードされていた)、最安値の運賃かつ他社のエメラルド会員にもかかわらずインボラアップグレードしてくれたのは、ANA時代も含めて初めての経験だ。
こういった経験があると、ますますキャセイに乗りたくなるんだよなぁ。JALでは正反対の経験だったので撤退を決めたわけなんだけど・・

キャセイの西欧路線は充実しているし、日本から直行便の無い場所なら所要時間の差も無いに等しいので、来年夏のスイス旅行はキャセイで決まりかな?

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店

訪問:2017/8/31 16:25
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
JAL短距離路線のビジネスクラス機内食と比較するために乗った ANA 羽田⇒香港線の後は、10時間後に出発するトルコ航空(ターキッシュ エアラインズ)でイスタンブールまで。
ワンワールドのキャセイラウンジと比べて、スターアライアンスの香港空港ラウンジは貧弱であることが分かっていたので、ラウンジで10時間過ごすという無謀なことはせず(この後のイスタンブールでは実施する)、街に出ることにした。

今回はE11系統の路線バス(HK$21/片道)で往復したが、安いうえに2階建バスで眺めが良いだけでなく、鉄道利用(東湧駅経由のMTR)と比べて最終目的地までの所要時間に大差が無いことが判明したことから、次回からはこれを利用しようと思う。

點點心灣仔店點點心灣仔店

前回香港で海老蒸し餃子と海老ワンタンの食べ歩きをした際に、銅鑼灣の時代廣場にFree WiFiがあることを覚えていたので、まずは時代廣場まで。そこでGoogle Mapで見つけたのが、結構評価が高かったこの店。飲茶専門店というのも魅力的だ。


店頭に注文伝票が置いてあったので、食べたいものがあることを確認して入店。店内では、価格表記のない写真付メニューと、韓国語・日本語・中国語が併記された注文伝票を渡してくれた。台湾と同様に漢字なので、現地人向けの注文伝票でも問題ないことから店頭の注文伝票に記入したけど。

點點心

そうそう、テーブルに敷かれた紙に、台北にも支店があることが記されていた。
「FROM HONG KONG TO TAIPEI」と書かれていたけど、こんなものを見てしまうと台北の店でも食べたくなってしまう。


點點心

15分前後待って、ドリンク以外の注文品がまとめて出てきた。
注文を受けてからすべて蒸し上げたものだと思うが、作り置きを出さない点では嬉しい。

點點心
晶宝鮮蝦餃(HK$31≒450円)
海老入り蒸し餃子


まずは、定番の海老蒸し餃子。
前回は海老ばかり食べに来たというのに、またまた海老。やっぱり香港の海老は美味しいからね。

手前に皮が透けているものが2個、奥にやや白っぽい皮のものが2個。
最初は、手前の蒸餃子の方が蒸時間が長いものだと思っていた。

海老蒸し餃子の断面海老蒸し餃子の断面

白っぽい皮の方の中身は、プリプリの海老を半分に切ったサイズで入っていたが、透明の方はつなぎ的な生地が中心。
どちらも海老の味はしっかり出ていて美味しいのだが、たまたまだったのだろうか?


點點心
黒松露小龍包(HK$23≒330円)
黒トリュフのショウロンポー


日本語版に黒トリュフと書いてあったので本当かなぁ、と思っていた小龍包だが、確かにトッピングの黒トリュフのペーストだけ食べると、トリュフの香りがした。

黒松露小龍包の断面

ブレブレ写真だが、中にはスープがそこそこ。
台湾で良く食べている湯包明記の小龍包と比べると物足りないが、こちらにもトリュフが入っているのか、ちょっと馴染めない味だった。やっぱり、小龍包は普通の上海タイプの方が好きだ。


懐菖粳米鶏の断面
懐菖粳米鶏(HK$26≒380円)
蓮の葉ちまき


写真では分かりづらいが、蓮の葉ちまきは、かなりの大きさ。茶碗で軽めに2杯分はありそうだ。



中身は、細切り豚肉、香腸、卵の黄身と、台湾の最高値クラス(NT$50≒190円ぐらい)の粽と比べると、具材の種類が少ない点で欲求不満。美味しいんだけど、比較対象が強敵すぎた。


お会計台湾と香港の物価を比較してはいけないが、これでも香港としては安めの価格設定だと思うし、お味の方もまずまずで、特に海老蒸し餃子に関してはミシュラン推奨の 添好運點心專門店なんかよりも安いし美味しい。

ということで、ひとり飲茶をしに来るには、空いているし安いし気軽に使えそうだ。

なお、お茶代が1人HK$3.00(≒45円)必要。
うっかりダイエットコークを頼んでしまったが、しっかりお茶代も計上されていた。

あと、なぜだか分からないが、左の伝票の通りお茶代を除いて全部2割引で請求された。
時間帯割引とかあったのかなぁ??

もうひとつ、現金かオクトパスカードでの支払いのみなので、現金の持ち合わせが無い時の利用は気を付けよう。
同じブロックの時代広場に向かう角から数軒目に比較的レートの良い両替屋があったので(香港の街の両替屋は、ぼったくりレートを掲げている店が多いので注意!)、イギリス旅行で余った20ポンド(旧10ポンド札で、来年には無効化されるもの)を事前に両替しておいた。米ドル・ユーロ以外の通貨を日本で両替するとレートが悪いので、こんな時に使えるのだ。


※メニュー:注文伝票(韓日中版)写真付①

【店舗詳細情報】
店名:點點心 灣仔店
電話:2891-7677
営業:10:00~24:00
定休:無休
住所:灣仔天樂里7號
GPS:22.278332, 114.179821

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 樂克戴門(Like Diamond) 2019/07/18
台湾/台南: 孔子廟石獅下鮮果冰城 2019/07/18
台湾/台南・新營: 富源冰果部 2019/07/17
台湾/台南・新營: 美美冰果部 2019/07/17
台湾/台南: 一品塘 ② 2019/07/16
台湾/台南・小北観光夜市(小北商場): 阿松養生果汁.冰品 2019/07/16
台湾/台南: 過客亭葷素蛋包飯專賣店 2019/07/15
台湾/台南: 裕成水果店 ⑥ 2019/07/15
台湾/台南: 奇異果子 ⑤ 2019/07/14
台湾/台南: 陽光迴廊 2019/07/14
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>