FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ラオス/ルアンパバーン: Tamarind② +托鉢映像を時系列で

訪問:2018/12/21 18:20
評価:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ルアンパバーンの托鉢映像を時系列で

ルアンパバーン最後の夜は、初日のランチでメニュー上に存在するのを見つけた蛙肉と水牛肉を食べに、再びタマリンドに行くことにした。この2つの食材を置いているレストランを店頭メニューベースで探していたのだが、結局見つけることが出来ずに再訪となった次第。


▲左:夜の外観  右:最後の隅っこの席もすぐに埋まってしまった

店の細かな話は初日のレビューを見ていただきたいが(☞ こちら)、早めに着いたのに予約でほぼ満席とのこと。室内席の2人用テーブルが2つだけ空いているとのことで、比較的明るかった店内中央の席を確保した。
街の中心から離れているので、遠くから向かう場合は予約して出かけた方が良いだろう。




コーラの類は置いていないとのことで、炭酸水を注文。
おしぼりと共に、前回気に入ったドライ・バンブーも出てきた。
これ、レジカウンターの横の物販コーナーで袋入りで販売しているのを発見し(こちら)、お土産に購入してしまった。(Dried Bamboo / Sweet, Salty and sun-dried, with a kaffir lime tang:25000kip≒360円)

実は、朝市会場でも売っているのを発見して購入したが(10000kip≒140円)、安いなりの粗悪品だったし、味付けも悪かったので、買うならこの店のオリジナル品を買った方が良いだろう。



Barbecued Marinated Buffalo[Ping Sin Kwai](55000kip≒780円)
Marinated with herbs and spiaces; berbecued over a slow fire for maximum taste and tenderness. Strongly flavoured, chewier than beef!
Served with a sweet-sour sauce and fresh green leaves to wrap. Please allow a little longer preparation time.


まずは、楽しみだった水牛のバーベキューが到着。
メニューには葉っぱに包んで食べるように書かれていたが、包めるような葉っぱではなくパクチー類が添えられて出てきた。

ソースはタイやベトナムで定番のスイートチリだけど、ラオスらしく微妙なスパイス使い。言い換えれば、ちょい癖のあるお味で、この手のソースはベトナムのが一番好みであることが確定。



肉は、かなり細かく切ってきたが、断面を見ると中心部が赤みを帯びている。
分厚いステーキ用の肉を低温加熱しているようだ。

で、お味の方だが、しっかりとした肉の味を味わえる。
牛肉に近いのは確かだが、メニューに書かれている通りじっくり噛んで味わうタイプだ。かといって、日本で売っている安い牛肉みたいな噛み切れない硬さではないので、歯の弱い方でも何度も噛めば食べることが出来るし、それだけ楽しめるかもしれない。



Stir Fried Frog with Chilli & Basil[Pad Sapao Gop](50000kip≒710円)
Our chef's favourite: crunch on pieces of bony frog with the spiciness of chilli & an aniseed kick from purple 'holy' basil. Please don't expect French-style frog! These are smaller & less meaty.


もう1品は蛙肉。
これ、ベトナムのダラットにあるBBQ屋で食べた蛙肉(☞ Khói BBQ)が美味しかったので、その手の肉を再現してくれるだろうと期待して頼んだものだが、予想と違った肉が出てきた。



メニューに書かれている説明の「Our chef's favourite」しか読まず、最後の小さくて肉がほとんど付いていないという注意書きを読んでいなかったのが失敗だったわけだが、小型の蛙をぶつ切りにし、マリネした後に衣を付けて長時間揚げた感じのものだった。

小アジぐらいの魚なら長時間じっくり揚げれば骨ごといただけるものだが、蛙の場合は無理。(たぶんラオスの人たちなら大丈夫なんだろうけど)
しゃぶって、わずかな肉片を噛み切って食べるのが精いっぱいだった。

おまけに、野菜炒め部分が激辛。辛さ控えめを指定しても、ピーマンに見える青唐辛子炒めがたっぷり入っているし、味付けもかなり辛くて、玉ねぎとフライドガーリックしか手が出なかった。


Sticky Rice(5000kip≒70円)

別途注文した餅米ご飯が山盛りだったので、辛さを緩和するために全部食べてしまったほどだ。


ということで、水牛はまずまずだったものの、蛙肉は期待外れ。
やっぱりこの店、純ラオス料理系料理しか置いていないので好みが分かれるだろうなぁ。日本人の子連れ客は絶対に無理だろう。

サービスは突出して良いし居心地も良いのだが、★4つ進呈しているものの、万人受けするとは思えないので、滞在日数が少ない場合はよく考えてから選んでほしい。


※メニュー:店の案内Taster Plates・Lao Dished①アラカルトデザートコース
※前回の訪問: 2018/12/19 13:00

【店舗詳細情報】
店名:Tamarind
電話:071-213128
営業:11:00~14:30、17:30~21:30
定休:日曜日
住所:Kingkitsarath Rd, Luang Prabang
GPS:19.894644, 102.141656 (☞ Bing Map


ラオスの訪問レストラン一覧
 

【ルアンパバーンの托鉢を時系列で】
各寺院に掲示されている注意事項日本語部分の拡大版


▲メインルート(↑クリックで大きな画像が開きます↑) 時間:5:40~6:30(2018/12/22の実測)



朝5時からナイトマーケット会場で見れると宿のスタッフから聞いたが、左写真の通りその気配まったく無し。初日のホテルで教えてもらった場所情報と違っていたのでそちらに向かうと、朝5時から7時まで車両通行止めの看板が出ていた。



しかし、イスの準備はあったものの、一部観光客が座っているだけで地元の人は皆無の状況。
路上でもち米などを販売する人たちが構えているものの(各寺院に掲示されている注意書きでは、これらの店では買ってはいけないことになっているのだが、通行止め看板の横には、こんな案内掲示板や、こんな案内まで出ているので注意!)、客がいない状態だ。



そこで通行止め区間の反対側まで行ってみることにした。


▲左:通行止め区間の最後  右:通行止め区間の最初(夜市会場側)




5:40になって、ようやく最初の僧侶一行が地図の「起点」と記した場所に集合して歩き始めた。


▲スタート前の風景




オフシーズンというわけではないと思うが、人出はまばら。
その中で、地元の方と思える5人組の前に差し掛かると、一行は一旦停止した。彼女たちの準備が整うのを待っていたのだ。


▲地元の人が用意していたのは、もち米御飯のほかに、1枚1枚ビニール袋に入れた紙幣と子供僧侶用のお菓子類

不思議に思っていたら、彼女たちは1000kip札(約14円)の入ったセロハン袋を僧侶の桶に入れているのだ。なるほど、一行が停止してまで待っていたのは、それがお目当てか。

それにしても、寺院の数が半端ないだけに、後から後から湧いて出てくる(?)僧侶たち全員に現金を用意するのは大変だ。日中の街歩きの最中に、現金を袋詰めしている人たちも見かけた。




少し先回りして、街の中心に近い場所まで移動すると、ツアーで来ていると思える観光客ご一行が、ずらりと並んで待ち構えていた。
 


もちろん、観光客が桶に入れるのはもち米御飯。しゃもじで少し取っては入れていた。




さて、この僧侶の行進で入れられたもち米御飯の行方だが、朝5時の段階では何のために置かれていたのか分からなかった籠に都度捨てているのを見てショックを受けてしまった。



終了後に軽トラックで全部回収していたのを見たが、貧困者に配ると書いている人がいたけど本当かなぁ?



回収車両は、正規のものなら何らかの表示があってもおかしくないのに普通のトゥクトゥク。
絶対に怪しい気がするのは、私だけではないだろう。




でも。大通りから右折して裏通り側に入る道沿いには、子供たちがバケツや籠をもっておすそ分けを待っているところに遭遇。
中には、大人も混じっていたり、ビニール袋いっぱいに稼いでいた(?)姉妹も見かけた。



必ずしも貧困者だけというわけでは無さそうなので、こういった連中が集めた御飯は、自分や親が経営する食堂なんかで観光客に出してくるんだろうなぁ。
どこの国や街でも、悪さをする連中はいるものだ。




自分のお寺に向かう最後の角を曲がったら、もう一列に並んでの行進は不要。
雑談しながら歩く僧侶もいたので、当地の僧侶たちはあまり神聖な感じがしなかったのも事実だ。


テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ラオス/ルアンパバーン: Viewpoint Café

訪問:2018/12/21 12:20
評価:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★★CP★★☆☆☆
予定外のランチをKhao Soi Noodle Shopで食べてしまったものの、前日散策中に見つけたカフェに向かうことにした。



この店、半島状になっている旧市街の先端部分の2つの川が合流する地点にあるので、個人的には旧市街地区最高の景観を楽しめる店だと思っている。
ちなみに、お隣は公園になっているので、そこでタダでまったり過ごすことも可能。



店の入口は安直な造りだが、店内は予想外に快適な空間。
そこらの食堂レベルではないと思ったら、Mekong Riverview Hotelの直営店だった。
その分だけお値段高めだが、この景色と空間に対してお金を払っていると考えれば安いぐらいだ。



Mango Shake(25000kip≒360円)
Fresh mango, Sugar Syrup and Ice


東南アジアとなれば、またまたマンゴー系。
ドリンクは、マンゴーシェイクをお願いしたが、プラスチックではなく竹のストローで出てきた。

空気が漏れるのか、ちょっと飲みづらいものの、マンゴーのお味は濃厚。恐らく水を加えずに、氷とマンゴーに少しだけミルクを加えて作っているようなお味。シェイクというよりは、スムージーだ。



Sweet Sticky Rice(35000kip≒500円)
With coconut milk


デザート本体は、カットマンゴーとココナッツミルクをかけたもち米ご飯。
名称を忘れてしまったので、こんな表現になってしまうが、タイでおなじみのデザートだ。



初日にタイで食べたものと違って、もち米にココナッツクリームとマンゴーシロップを合わせたものを完全に混ぜ合わせて、炒めていない炒飯のような盛り付けで出てきた。

周囲にカットマンゴーをきれいに飾ってくるところは、さすが真っ当そうなホテル直営カフェ。(真っ当なホテルかどうかは泊まっていないので判断できない。外観だけなら、この水準の宿はいくらでもあるからだ)


もち米デザートはさっさと食べてしまい、マンゴースムージーをちびちび飲みながら、1時間近く川の眺めを楽しんでしまった。投網で魚を取っている漁師(?)のボートが2隻見えたので、一昔前の光景も楽しめる。
おやつタイムには、訪れる価値のあるカフェだと思う。


※メニュー:中表紙・前菜メイン各国料理・サラダベジタリアン・スープ・サイドデザート・ドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Viewpoint Cafe
電話:071-254900
営業:7:00~22:00
定休:無休
住所:Khem Khong Road, Luang Prabang(旧市街先端のRiverview Park北西隣)
GPS:19.897990, 102.144526 (☞ Bing Map


ラオスの訪問レストラン一覧
 

【ルアンパバーン [Luang Prabang] 街の風景】
街の地図掲示
寺院編


▲左:空港から歩いて旧市街に向かう途中、橋を渡って右折した際に丘の上の寺院が見えてくる


▲左:半島南東側の歩道は川の眺めを見ながら歩けるし、ウザいボート観光の勧誘も無い


▲左:道沿いの建物もいい感じ  右:さらに進むとカフェから見える竹橋が見えてくる


▲左:カフェを通りすぎ、川の合流点の少し先で色の違う水面を見ることが出来た。
 右:その先に、対岸に渡るカーフェリー乗り場。すごいフェリーだ。


▲夜は竹橋に明かりがついていた。対岸のレストラン、夜も竹橋経由で行けるみたい。(5000kip)


▲左:街の中心のインフォメーション  右:その向かいにある屋台街


▲両替屋もたくさんあるが、US$現金が通用するので無理に両替する必要は無いだろう。
 仮に両替するならUS$50札以上のレートが良くなる。ラオス通貨が余った場合は、US$に戻そう。


▲丘の上に上る途中の階段


▲泊ったGolden Lotus Placeは最悪だったが、目の前の路地の朝市は5:00前から始まっていた


▲路地側会場では、主に野菜や香草が売られていた


▲売られることを悟ってか(実際は何か施している感じ)、おとなしくしている鳥たち


▲広い通り側では、肉や魚の販売スペースもあった


▲ちょっと遠征して新市街側のPhoby Marketにも行ってみたが、時間が遅すぎて閑散

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ラオス/ルアンパバーン: Khao Soi Noodle Shop(カオソーイ専門店)

訪問:2018/12/21 11:25
評価:総合★★★★☆★★★★★サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
ルアンパバーン3日目は、当地で有名な托鉢という宗教儀式を見るために朝5時前に起床。(写真と映像を含む情報を2本後に掲載予定)
事前に日本語で調べた情報は明るくなってから開始と書かれていたが、5:30過ぎに最初の一行に出会えたあと、薄明るくなってきた6:30には終了。



ランチは街の先端にある眺めの良いカフェでいただこうと向かっていると、Vat Sensoukharamの建物横中央付近正面に、昼前なのに店頭テラス席まで満席だった食堂を発見。

カオソーイ専門店のようで、店頭メニューにはNOODLE SOUPKHAO SOYの2品だけしか書かれていないので、1分ほど席が空くのを待って着席。客層のほとんどが韓国人という感じだったので、韓国のガイドブックに載っている店だと思う。



テラス席は、厨房前の路上にイスと低いテーブルを置いてあるだけのハノイで良く見る光景の店だが、店内はハノイのそれらの店よりもはるかにキレイ。



開いた席(もちろん相席)の真横が厨房だったので製造工程を見ることができたが、右手前に見える赤いものが、トッピングされる挽肉のようだ。
レンゲ2杯分をトッピングしていたので、大辛だとやばいなぁと思いつつ出来上がりを待つこと数分。



KHAO SOY (20000kip≒280円)

昨晩食べたナイトマーケットの店とずいぶん違って、たっぷりの野菜皿が別添えで(ベトナムのフォーみたいだ)、麺の方は上品な盛り付けで出てきた。




まずは混ぜずにスープだけを恐る恐る飲んでみると、びっくりするほど美味しい。
化学調味料を感じない上品な出汁の効いたお味で、ずばりベトナムのフォーと同じと感じた。
フォーの中でも過去最高水準のスープ。




ベトナムのフォーとの違いは、昨晩のものと同様に挽肉がトッピングされている点だが、こちらの店はダマになっていない肉味噌風のもの。

恐れていた辛さもないので一安心。
テーブルに調味料が5~6種類置かれていたので、お好みで味付けするみたいだ。
でも、余計なことをせずに食べるのが一番美味しいと思う。




無料の野菜をたっぷり別皿で出してくる点だけでなく、その構成もほぼベトナム仕様だったので、ベトナム人が経営している店なのかもしれない。




違いは、パクチー等の小さな葉っぱ物を茎の部分で一口サイズにまとめて縛ってあったこと。
手をかけているなぁ。




麺はもちろん昨晩のように切れることもなく(それに美味しい!)、野菜も美味しくて全部は無理だったけど右写真の状態まで食べることができた。
相席だった韓国人はほとんど残していたけど、ベトナムで食べる香草類と同様に癖が無いタイプで食べやすいのだ。

お昼までの営業と書かれていたが、後で調べると具材がなくなると営業終了となるみたいだ。
朝市を見にいった足で、早い時間帯のうちに食べに行ってほしいと思う。
ラオス料理のパンチのある香草使いと違って、やさしいベトナムの味を楽しめるはずだ。


【店舗詳細情報】
店名:Khao Soi Noodle Shop(正式名称不明のため、Google Mapベース)
営業:7:30~12:00(売切閉店との情報あり)
定休:無休(?)
住所:Sakkaline Rd, Luang Prabang
GPS:19.895196, 102.141756 (☞ Bing Map


ラオスの訪問レストラン一覧
 

【ルアンパバーンの寺院の風景】
あまりにも寺院の数が多すぎて、個々の寺院名を記すと間違いが発生しそうなので、回った順に写真の羅列だけ。
旧市街だけでなく、数は少なくなるが新市街側のPhoby Market付近まで散策している。




































▲あちこちの寺院に太鼓を置いた建物があったが、実際に使っているところを見れたので映像で。
 場所は、Wat Tat Luang(GPS:19.883274, 102.129810)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果かき氷)
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮:(経由地)
3月:マレーシア
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/トルン [Toruń]: Manekin Toruń Rynek Staromiejski店 2019/05/20
ポーランド/ポズナン [Poznań]: Restauracja Ratuszova 2019/05/19
ポーランド/ポズナン [Poznań]: Express Kuchnia Marché Avenida店 2019/05/18
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Foodmax 2019/05/17
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Restauracja Galicja 2019/05/16
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Bon Apetito Łódź Manufaktura店 2019/05/16
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Kuchnia Marche Galeria Łódzka店 2019/05/15
ビジネスクラス機内食/オーストリア航空: ウィーン(VIE)⇒ワルシャワ(WAW) 2019/05/14
ビジネスクラス機内食/エバー航空: バンコク(BKK)⇒ウィーン(VIE) 2019/05/13
ビジネスクラス機内食/エバー航空: 台北桃園(TPE)⇒バンコク(BKK) 2019/05/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>