《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/リスボン [Lisboa]: Sr. Bacalhau

訪問:2017/10/15 20:25
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
実質最終日は、モンテモル=オ=ヴェーリョ城[Castelo de Montemor-o-velho]ポンバル城[Castelo de Pombal]ポルト・デ・モース城[Castelo de Porto de Mós]ファティマ大聖堂[Basílica de Nossa Senhora do Rosário de Fátima]トマール城(修道院)とまわって、翌日の帰国便搭乗のためにリスボン泊の予定だった。


▲左:右手に煙が近づいてきた  右:高速道路を横切る山火事だったようで出口で降ろされた

最初に、コインブラ[Coimbra]の近くを経由することから家内が寄りたいと言い出して1時間半ほどロスしたことと、最後のトマール近くの山火事で高速道路が通行止めとなってしまったことから一般道を大きく迂回することになり、トマール城には入れなかった。
その代わりに、山火事見物に加えて、迂回路で偶然遭遇したトマールの水道橋[Aqueduto dos Pegões]を見ることができたのはラッキーだった。12世紀建造でトマールのキリスト修道院まで伸びているらしいが、過去スペインやポルトガルのあちこちで見てきた水道橋なんかよりも見ごたえがあり、こんな凄いものが残っているんだと感動ものだった。(最後の写真に位置情報などを掲載してある)


最後の晩餐は、前回(今年2月のChimarrão Forum Montijo店)と同様に、大規模モールのフードコート狙い。リスボン空港から高速道路に乗ってすぐの所に「Centro Comercial Colombo」という大規模モールがあることを認識していたので、なにかと不便な日曜日の夜は、こういったモールで食べるのが安全だ。


▲壁メニューから注文した料理2種類(現物との比較用)

ドリンクとデザートが付くセットにしても2ユーロしか違わないので、セットで注文。



Bacalhau à Gomes Sá(€8.06/Menu)

家内は、店名にもなっているバカリャウ、すなわち干し鱈料理。



おなじみバカリャウコロッケの材料であるジャガイモと、ほぐしたバカリャウを大雑把に混ぜ合わせて炒めた料理で、お味はバカリャウコロッケと似ていると。



Picanha grelhada(€7.06/Menu)

私はピッカーニャをチョイス。付け合わせはフェイジョアーダ[feijoada]を選んだが、これぞポルトガル料理(っていうか、ブラジル料理)だ。

前回の店との大きな違いは、店内飲食ではなくフードコートスペースで食べることにしたことによる、カトラリーのプラスチック化。金属ナイフでないわけで、硬い肉が切れないのだ。店内席はバイキングみたいな表示だったので、フードコート側で食べることにしたのだが、店内で食べればよかったかなぁ。



肉の味付けは前回と同じ感じ。成田のブラジル料理屋「TecoTeco」でも同じ印象があるので、ひょっとすると共通のスパイスミックスが出回っている気がしないでもない。
フェイジョアーダは、肉のうまみ成分が少なくいまいちかな。



デザートは何種類かあったが、左は私のチョイスであるライスプリン、右は家内のチョイスのマンゴープリン。
機械生産で作られるような容器に入っているのに、お手製風でまずまず。ショーケースに重ねておかれていたが、量目の個体差が大きかったのだ。


※メニュー:壁メニュー①セットで選べるドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Sr. Bacalhau
電話:217 113 149
営業:10:00~24:00
定休:無休
住所:Centro Comercial Colombo 2F, Av. Colégio Militar 37, 1500-313 Lisboa
GPS:38.753677, -9.188269 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したポルトガルのレストラン

以上で、12泊14日のポルトガル&スペインガリシア州の旅はおしまい。
全日快晴と予想外の暑さに悩まされたものの、なかなか充実した旅になった。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 105230円(成田<>フランクフルト<>リスボン、20726マイル獲得)
現地宿泊費: 86320円(€633.96/12泊;うち2食付2泊、朝食付9泊、スイート2泊、古城ホテル3泊)
現地交通費: 27850円(€204.54)レンタカー・燃油・高速・駐車場・鉄道
飲食雑費等: 40233円(€295.48)飲食・入城料・雑費
国内交通費:  2826円
旅費合計:  262459円...2人で約52万円+41452マイル獲得

この後は、先週出かけてきた台北旅行で食べたものを紹介したいと思う。
珍しくB級グルメでなくレストランを3か所で利用してきたので、いつもと毛色の違った紹介になると思う。
 

【モンテモル=オ=ヴェーリョ城 [Castelo de Montemor-o-velho] の風景】
※入城料:無料、営業:10:00~18:30
案内掲示地図掲示(GPS: 40.175877, -8.682644(車利用)、40.174696, -8.684777(徒歩))





▲広大な城壁内は、公園として整備されている




▲城壁内にある教会
 

【ポンバル城 [Castelo de Pombal] の風景】
※入城料:無料、定休:月曜日,1/1,5/1,12/25、営業:10:00~13:00、14:00~17:00(4~9月:~19:00)
案内掲示①(GPS: 39.914097, -8.625004







 

【ポルト・デ・モース城 [Castelo de Porto de Mós] の風景】
※入城料:€1.53、定休:月曜日,1/1,5/1,12/25,Easter、営業:10:00~12:30, 14:00~17:30(5~9月:~18:00)
案内掲示(GPS: 39.603534, -8.818900





 

【ファティマ大聖堂 [Basílica de Nossa Senhora do Rosário de Fátima] の風景】
(GPS: 39.632151, -8.671957







 

【トマールの水道橋 [Aqueduto dos Pegões] の風景】


▲道路と並行する撮影ポイント(GPS: 39.608351, -8.441501



▲せっかくなので、少し戻って橋の上に上がろう(GPS: 39.607887, -8.444545に車を止めて歩いて向かう)


▲目的不明ながらも、こんな施設も残っていた(復元?)


▲橋とは反対側にも、延々と水路が伸びている


▲入れなかったトマール城(右側に世界遺産指定の修道院がある ☞ 案内掲示

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポルトガルの古城ホテル: ブサコ宮殿ホテル [Palace Hotel do Buçaco]

訪問2017/10/14~15 (Room Type: Standard(No.28)、朝食付2名 18367円
食事: 総合★★☆☆☆、味★☆☆☆☆、サービス★☆☆☆☆、雰囲気★★★★★、CP★☆☆☆☆
宿泊: 総合3.5、予約個室3.5、建物全体5.0、サービス2.0、CP3.0


実質最終日の前夜は、旅行前半に家内が見つけたブサコ宮殿ホテルに泊まることにした。
ポザーダ[Pousada]とかパラドール(Parador)と比べると高額だったことから、一番安いスタンダード部屋でエクスペディアから予約。最近愛用していたBooking.comの使い勝手が悪くなってきていることや(ウザいポップアップや無駄な表示)、騙す姿勢(割引関連や口コミ評価点)や情報を隠す行為(例:規模や面積)が顕著になってきたことから、エクスペディア系の予約サイト利用率が上がってきている。(実際、Booking.comよりも千円以上安く予約できた)

ホテルは公称5つ星だが、せいぜい4つ星という感じだ。サービスは3つ星格だろう。
宿泊を検討している方のために、気になった点を最初に書いておこう。
・部屋でWiFiが使えないだけでなく、使えると案内されたラウンジでも接続不安定多々
・アメニティが他の3~4つ星ホテルでも採用されているホテル汎用品の中国製安物
・ヘアードライヤーが、今時見かけない20年前に主流だった壁固定ホースタイプ
・部屋に冷蔵庫がない(ここまで泊ったポルトガルの4つ星ホテルのほとんどに付いていた)
・くず物入が部屋にない(洗面所の小さなステンレス蓋付きのものだけ)
・レストランのスタッフの水準が低い(オーダーを間違えるし、頼んだものを持ってこないこと2度)
・フロントで地図を貰おうとしたら、外にあるインフォメーションで貰えと!

【CONTENTS】
夕食@Restaurante Mesa Real
朝食
泊まった部屋(Standard No.28)
宿泊者のみが入れる宮殿内部
一般入場者が入れる宮殿内部
宮殿敷地内風景
 



ディナーは20:00~22:00の営業。(ランチは13:00~15:00)



最低25ユーロのセットは魅力がないし、40ユーロからのコースを頼むぐらいなら好きなものを頼んだ方が良いだろうと、アラカルトでお願いすることにした。




Couvert(€5.00/人)
Selection of regional bread, suckling pig bread, butter, choice of olive oils, flute of Bairrada brut


まずは、コペルトの品々。
1人5ユーロは高いなぁと思っていたら、地元のスパークリングワインが付くからのようだ。
時々このパターンがあるが、何も聞かずにいきなり出してくるとは、アルコールがダメな人の配慮がない。



パンは、バスケットから選ぶ形式だったが、メニューに書かれている乳飲子豚のパンがどれかを教えてくれない。
幸い小さな1個がそれだったので食べることができたが、サービスの悪さはこの段階で察していた。
期待のパンは、大したことなかった・・



Bairrada suckling pig feuillete D.Cardos style(€13.50)
orange gel, mixed lettuces, balsamic vinaigrette


前菜は1種類を2人でシェアで。
良いお値段だったのに、出てきたのは肉まんサイズの小型のパイ包み焼き。
ちょっとシェアしづらいなぁ。



麓のメアリャーダが乳飲子豚の丸焼きで有名なので(☞ Churrasqueira Rocha、他)、英語で乳飲子豚を意味する suckling pig という文字に惹かれて頼んだわけだが、単なる豚肉入りクリームコロッケの具という感じ。
これで1800円も取るのか。



24 hours slow-cokked suckling pig belly(€23.50)
lace potatoes, marinated carrots, Algarve orange


メインでも24時間低温加熱したという suckling pig のバラ肉をチョイス。
皮目にしっかり焦げた跡があるので、最初に高温でローストした後に24時間低温加熱したっていうことかな?



本来、乳飲子豚は柔らかジューシーなのに、見るからに硬そうな肉質。
長時間低温加熱する意味のないというか、そんなことをしたらいけない食材なのだ。

肉よりも、下にたっぷり敷かれているマッシュカボチャ(人参って書いてあったけど、カボチャだと思う)も美味しくない。



Duckling breast with fine herbs from the Buçaco plateau(€22.50)
potato and Alcobaça apple, young vegetables with vinegar


家内は、無難に鴨肉をチョイス。



フレンチ風に仕上げてきたが、あまり美味しくないと。
私も味見したはずだが、メモを忘れていたようで記憶にない。



Busasco nuts and honey Morgado(€8.50)
walnut ice cream, Buçaco Tinto Reservado gel


家内が口直ししたいというので、デザートも注文。
クルミのアイスクリームに惹かれて選んだみたいだが、ナッツクリームのミルフィーユ仕立ても含めて無難との評。



Reinvented rennett apple(€7.50)
chocolate, caramel, dried fruits


私はリンゴのデザートを頼んでみたが、千円もするのに2口で行けそうな極小サイズが出てきて唖然。
中身が美味しければ良いのだが、単なるマジパンみたい感じで芸無し。最悪だ!




お会計は、ビールとコーラを含めて €92.00也。
お値段の割には内容が貧弱、サービスも出来ていないし、良い点は雰囲気だけだった。
こんなことなら、麓のメアリャーダ・子豚の丸焼き街道まで出かけて、通算4軒目の子豚の丸焼きを食べに行けばよかったと後悔したのは言うまでもない。


※メニュー:前菜・スープメイン・チーズ・デザートコース①(英語版)(英語版)
 



朝食は、前日のランチタイムに食べていた人達がいるのを見ていたので、庭園が見えるテラス席を狙ったが、無事確保できた。
ビュッフェ台から原価の高い料理がなくなっても補充が遅く、相変わらずサービス面ではかなり劣る姿勢が見えていた。



とりあえず、こんな感じで取ってきたが、生ハムとかスモークサーモンといったものは無し。



最初からデザートに手を付けるしかなかったが、このリンゴ丸ごと1個を焼いたポルトガル定番といえるデザートがあったのは嬉しい。



一通り食べ終わって、何か補充されていないかと様子を見にいったら、生ハムが出ていたのでゲット。
別に食べなくてもよい水準だったけど。


【詳細情報】
名称:Palace Hotel do Buçaco
電話:231 937 970
住所:Mata do Buçaco, •3050-261 Luso
GPS:40.376137, -8.364818 (敷地入口:40.382783, -8.371889、40.377883, -8.361198)


宿泊した古城ホテル・シャトーホテル
訪問したポルトガルのレストラン
 

【泊まった部屋(Standard No.28)】









▲部屋からの眺め


▲左:手動ドア式のエレベータの右奥が部屋の入口  右:部屋の配置図(左上端が28号室)
 

【宿泊者のみが入れる宮殿内部】















 

【一般入場者が入れる宮殿内部】










▲ラウンジ・バー
 

【宮殿敷地内風景】



▲左:階段を上った中央付近がホテル入口




▲宿泊者専用駐車場前(扉の内側が、バー・ラウンジになっている。宿泊者以外でも飲食可能)




▲Fonte Fria(☞ 案内掲示


▲左:広大な敷地内にある別棟のひとつ  右:入口ゲートのひとつ(宿泊予約があれば無料で入れる)

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Nova Casa dos Leitões

訪問:2017/10/14 12:10
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★
前日まで9日間連続で快晴の天気に恵まれ(連日35度近い猛暑だったけど・・)、10日目にして初めて雲が出てきた。「快晴」ではなく「晴」の天気だ。
数日前から、前半に訪問したスペイン側のガリシア州からポルトガル各地で山火事が発生しているというニュースを見ていたが、確かに遠方数か所から煙が上がっているのが見えていた。幸いこの日は山火事発生地帯に踏み入れることにはならなかったが、翌日は足止めを食らうことになってしまったけど。


▲今日の走行実績ログ

さて、今日はリニャレス・ダ・ベイラ城[Castelo de Linhares da Beira]を見てから、今日の宿であるブサコ宮殿の麓にあるポルトガルでメジャーなミネラルウオーター「LUSO」の源泉を見物。フランスでもエビアンやボルヴィックの源泉に行っているが、城だけでなく源泉好き?

ブサコ宮殿は、初日に訪問した子豚の丸焼街道の街「メアリャーダ」に近いことから、ランチは初日のChurrasqueira Rochaに続いて、子豚の丸焼きを食べに行くことにした。
今回のターゲットは、コインブラから電車で向かうことができるAguim駅(Mealhadaの次の駅)から1Kmほどなので、駅から歩いても苦にならない距離だろう。



Churrasqueira Rochaでは、ランチ営業時間終了後の訪問となってしまったので、今回はランチ営業開始時間に合わせて到着。10分ほど遅れて到着したが、駐車場に続々と車が入ってきて、係員が誘導していた。

なんだかプレハブに毛が生えただけの質素な建物で、入口右手に大きいなワイン販売所がある。
レストランは左側の建物だ。



店内もまるで学食のような趣で、所せましと並べられたテーブルに加えて、厨房側カウンターなど学食のカウンターそっくり。雰囲気など何もない。
渡されたメニューの表紙に1965年創業と書かれていたので、結構な老舗みたいだ。持ち帰り客も多く、子豚一匹の大きな包みを持ち帰っている人たちも何人か見かけた。

そのメニューは、英語専用ページもあって頼みやすいが、肝心の子豚の丸焼きが見つからない。
仕方ないので、店員に「レイタオン・アサード」とカタカナ発音で問いかけてみたら、なんど先頭のワインの瓶が並んでいたページに1行だけサラッと書かれているではないか。店頭掲示メニューでは確認できていたが、どうりで店内メニューから見つけられなかったわけだ。




まずはお決まりの自動的に出てくる小皿群。
チーズとバターには手を付けなかった。


左:Pão Regional(€0.50)  右:Azeitonas(€1.60)

パンは、ごく普通。しかしデカい!
オリーブは、あく抜きが不十分という感じだが、ポルトガルでは普通のタイプでまずまず。


Batata Frita Rodelas(€2.50)

子豚の丸焼きに定番のポテチは、当然揚げたて山盛りだ。
これが美味しいので、ついつい頼んでしまった。


Salada Mista(€2.50)

野菜不足を補うというよりは、肉だらけの口直し用にサラダもお願いしたが、意外としょぼい量。
普通なら2人分の皿で出てくるものだが、これなら1人でも行けそうな量。



Leitão Assado à Bairrada(€21.50/0.5kg)

お待ちかねの子豚の丸焼き。
この店の場合、キロ43ユーロとの表示だけで1人前という頼み方が無かったので、0.5Kgをお願いしたのだが、予想外に大量。
1人前の皿で頼むと損することが判明したので、これからは(注:また別の店にも行く気でいる)0.5Kgでオーダーするべきだと悟った。



もともと肉にたっぷりかかっているソースだが、これも他店同様に別容器でたっぷり出てきた。
この店のソースは、かなり胡椒がきつい印象だったが、肉側のソースが少なめだったので、皿にとって少し付けながらいただいた。



子豚の丸焼きのお味の方だが、見た目でも怪しいと思った通り、ジューシーさが足りない。
薄い皮目もやや湿気た食感で、前日の残り物を再加熱したのではないかと疑っている。




それでも、スペインで食べたものと比べたら十分美味しい。

お隣の3人席では、最初に1Kgの皿を食べていたはずなのに、さらに1Kgを追加して食べていた。(現地人は、1人で700gも食べるのか!)
その追加の皿を見た感じでは、焼きあがったばかりで美味しそうに見えたので、おそらくどこの店でも開店と同時に来てはいけないということだろう。次回の教訓にしておきたい。




※メニュー:店頭掲示Leitão Assado à Bairrada(最初のページに隠れている)魚料理(英語版)前菜・スープ・ベジタリアン(英語版)ドリンク・デザート(英語版)

【店舗詳細情報】
店名:Nova Casa dos Leitões
電話:231 518 025
営業:12:00~23:00(15:00~19:00はカフェ営業)
定休:無休
住所:Estrada Nacional 1, 118 Peneireiro, 3780-624 Aguim
GPS:40.408537, -8.455226 (☞ Bing Map


訪問したポルトガルのレストラン
 

【リニャレス・ダ・ベイラ城 [Castelo de Linhares da Beira] の風景】
(GPS: 40.541229, -7.461537) ←城壁内入口

▲城の案内掲示 (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)


▲城の外観






▲リニャレス・ダ・ベイラの街を城から見下ろす
 

【ルゾの源泉 [Fonte e Capela de São João Evangelista em Luso] の風景】
観光ポイント地図掲示 (GPS: 40.383182, -8.376290)← 源泉

▲源泉の水汲み場(☞ 案内掲示


▲左:水汲み場のガラス窓から中を覗き込む  右:天井からも中が見えるようになっていた


▲左:砂利の中から水が湧き出ている  右:お隣は温泉施設(テルメ)


▲テルメの中には、色々と付随施設があるみたい(営業していなかったので不明)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 63ヵ国を訪問
45ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
2月:ポルトガル⑨、スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
メキシコ/トルカ [Toluca]: Potzollcalli Restaurante Mexicano(Toluca店) 2018/02/19
メキシコ/トルカ [Toluca]: Toks Restaurantes(Toluca Centro店) 2018/02/17
メキシコ/タスコ [Taxco]: La Hamburguesa 2018/02/15
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: Las Cascadas @Holiday Inn Cuernavaca 2018/02/13
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: El Barco Pozolerías 2018/02/12
メキシコ/プエブラ [Puebla]: El Mural de los Poblanos 2018/02/10
メキシコ/プエブラ[Puebla]: Tacos Tony (Hermanos Serdan店) 2018/02/08
メキシコ/テオティワカン遺跡[Teotihuacán]: Restaurant Las Piramides 2018/02/07
メキシコ/メキシコシティ: タコス屋台@Revolución駅前広場 2018/02/06
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒メキシコシティ(MEX) 2018/02/05
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: 成田(NRT)⇒マドリード(MAD) 2018/02/04
IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録 2018/02/01
マレーシア/クアラルンプール: Kites @Holiday Inn Kuala Lumpur Glenmarie 2018/01/31
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Nasi Ayam Malaysia 2018/01/30
マレーシア/マラッカ[Melaka]: マラッカ夜市食べ歩き(Jonker Walk & Jalan Pm1) 2018/01/28
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sirocco @Holiday Inn Melaka 2018/01/27
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 添好運 [Tim Ho Wan] Malacca店 2018/01/26
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 我家鷄飯 (My Chicken Rice) 2018/01/25
マレーシア/クアラルンプール: mixed rice & noodles @Suria KLCC 2018/01/24
アイスランド/レイキャヴィク [Reykjavík]: Icelandic Bar [Íslenski barinn] 2018/01/21
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
26位
アクセスランキングを見る>>