FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/マルセイユ[Marseille]: Les Fenêtres

訪問:2017/3/19 20:00
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
最終日は、宮殿タイプ(と思っていたが、家内に写真を見せると病院みたいというので調べたら、本当に病院だったようだ。それも4年前まで! ☞ wiki(仏語))のインターコンチネンタルホテルを現地到着日に予約。
3日前までに予約すればキャンセル不可で170ユーロという価格に飛びついたわけだ。(前日まで160ユーロだったけど、この金額となると放棄したくないので、行くことが確定した段階で予約することにしている)

Marseille - Hotel DieuMarseille - Hotel Dieu

本当はこのホテルにあるミシュラン1つ星の「Alcyone」を試したかったが、やはり日曜日はお休みということで、朝食にも利用される2番手レストランで旅の最後の晩餐を楽しむことにした。
料理の選択肢のない日曜~木曜日限定コース(68ユーロ)の内容が割と好みだったこともあるし、外に出たところで真っ当なレストランはみんなお休みだからだ。

Les Fenêtresパン

宿泊したホテルのレストランということで、自分で店頭で予約して利用。
時間になったので1階(日本の2階)にある店に向かうと、予約を受け付けてくれた方が覚えてくれていたが、案内された席が通路上の狭い2人席。もっと良い席も空いているのに、なんだかなぁ・・

コースをお願いすると、パンは持ってきてくれるものの、アミューズは無し。メニューに記載されているアミューズは前菜相当のはずなのに、格式高いホテルレストランで、これは減点対象だ。
ここまでで利用したレストランの多くは、ちゃんとメニューに記されていないアミューズ相当の料理が出てきている。


Pressé de foie gras au naturel
Pressé de foie gras au naturel, chutney de kumquats de notre potager
Pressed foie gras, chutney of garden-fresh kumquats


その、メニュー上ではアミューズ表記の前菜。
例によってフォアグラだったことから、このコースでいただくことにしたわけだ。

フォアグラを圧縮してと記されている通り、ナイフが通りにくいほど重量感のあるフォアグラ。
テリーヌ型ではないが、テリーヌ相当のものだ。
さすがに、昨晩ニームの L'Imprévu でいただいたフォアグラのような混ぜ物はなく、美味しいフォアグラで満足できる水準。まわりに散らしてあるのは、金柑のジャムとドライ金柑で、ちょっと酸味の強いもの。フォアグラとの相性はイマイチかなぁ。


Milkshake de bouille-abaisse
Milkshake de bouille-abaisse, soupe de poisson
Bouille-abaisse Milkshake


2皿目は、メニュー上では前菜表記のもの。
予約時に店頭メニューチェックした際には「魚のスープ」という表記があったので、3日前にマルセイユ大聖堂前の広場にある Brasserie L'Embarcadère で食べたものと比較という意味で楽しみにしていたのだが、ぜんぜん違うものが出てきた。
店内で見せてくれたメニューには「魚のスープ」という文字も消えていた。(苦笑)

確かに魚のスープの一種ではあるものの、創作の度が過ぎるという感じ。
底の部分にアンチョビベースの塩の強いスープが敷かれているが、その上部は卵黄のムース(早い話が、生卵ベースのドロドロペースト)。カプチーノ仕立ての泡も卵黄ベースだろう。結構卵の黄身がくどい。

全体を一気に混ぜて飲めば(食べれば)、また違った味わいになったのかもしれないが、魚のスープとは言えないし、原価率低すぎ。ミシュランガイドに載っていない店なのでジャンル不明だったが、私が嫌う「クリエイティブ料理」の店だったようだ。

ちなみに、皿の横に据えられていた巻物は、パルミジャーノ系のチーズを焼き固めたものだったが、これとネトネト卵黄が合うとも思えない。


Noix de Saint-Jacques
Noix de Saint-Jacques au pomelo, salsifis caramélisés
Sea scallops with pomelo, caramelized oyster plant


メインは1品だけだが、このポーションは無いだろう。中型の帆立が3粒だけだ。
私の年代の日本人ならちょうど良いかもしれないが、大柄の現地人には絶対足りない。



別皿(カップ)で、根セロリのピュレも付いていたが、これも街のレストランで付け合せに出てくるマッシュポテトの量と比べたら、半量程度だ。

英語版に記されていた「オイスタープラント」が気になっていたが、当初はトッピングされている黒い淵のあるスライスされたものが牡蠣かと食べてみたが、まったく違ったもの。牡蠣をイメージさせるためのチップスの類だった。
oyster plant を調べてみると、salsifis という西洋ゴボウの一種だそうで、牡蠣の風味があるとか。
ウソだろう。牡蠣の風味など皆無で、甘味の足りないフルーツの類という感じ。(甘さはシロップ漬けしているからかも?)

泡のクリームソースの中には、お題のポメロの果実を加えてあったが、これもクリームが強すぎてポメロの柑橘系らしい味わいがなく、出来の悪い創作料理の典型という料理だった。


Citron jaunes et verts en déclinaison
Citron jaunes et verts en déclinaison, glace huile d’olive
Lemon and lime miscellany, olive oil ice cream


デザートも風変りなものが出てきた。
メニュー上でもオリーブオイルのアイスクリームなんて記されていたので、どんなものが出て来るかと思っていたのだが、最上部のバニラアイスクリームに、その場でオリーブオイルをかけたものだった。
かけられたオリーブオイルが非加熱のエキストラバージンオイルなら主張があっただろうに、加熱調理用の味のないものだから、どこがオリーブオイルのアイスだというのだろうか?? 創作能力低すぎ!

デザートを分解

薄焼きクッキーの下にあったドーム型のものは、ホワイトチョコで作ったカップを被せたケーキ。
このカップ、硬すぎて割るのに苦労するほどのもの。手前にナイフで割ろうとした跡が見えるが、パカッと取れてしまったので、こんな写真を撮ることができたのだ。
出来の良いパティシエが作るなら、もっと薄く作るだろうに。

クッキーの上に、レモンを効かせたムースを乗せ、中央部分に強い酸味のあるシャンパンクリームをトッピング。
ホワイトチョコは無しにして、そのカップの中身だけで味を決めていれば美味しいだろうが、やはりイマイチっていう感じ。


お会計 テーブルセッティング

以上でお会計だが、ハーフボトルのバドワが8ユーロと、さすが良いお値段。
最近、旅の最後の晩餐は外れることが多いが、今回も大枚はたいたのに外してしまった。フランスではミシュラン推奨店でないと外しやすいのも確かだろう。

そういえば、前にも星付レストランを持つホテルで、定休日のためにサブ側のレストランに入ったことがあるが(☞ Bistrot des Capucins)、星付レストランがあるのだからという甘い期待を持ってはいけないという教訓となってしまった。


※メニュー:コース前菜メイン特別料理デザート

【店舗詳細情報】
店名:Les fenêtres
電話:04 13 42 42 40
営業:12:30~14:30、19:00~22:30
定休:無休
住所:InterContinental Marseille - Hotel Dieu, 1 Place Daviel, 13002 Marseille
GPS:43.298378, 5.369760 (☞ Bing Map



翌日は、当地のチェーン店らしきパン屋でキッシュを買って立ち食いし(メチャ不味!)、ストライキ開始6時間前のSNCFに乗って空港まで向かい(€5.10)、パリ経由でJAL便で帰国。
またまた満席でもインボラ対象にならなかったが、今回は久しぶりのKゲート発だったことから、エールフランスラウンジの19時から出てくる夕食(特にケーキ類やチーズが美味しい)をたっぷりいただき、機内ではしっかり睡眠を取って帰国した。

■今回の旅の費用
往復航空券:110970円(成田>フランクフルト>マルセイユ>パリ>成田、20444マイル獲得)
現地宿泊費: 39891円((€321.70+IHG15000pt)/4泊、うち朝食付2泊、5つ星ホテル1泊)
現地交通費: 6907円(€55.70)鉄道・バス
飲食雑費等: 35290円(€284.60)
国内交通費: 2826円
旅費合計:  195844円

訪問したフランスのレストランと各地域圏の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/アルル[Arles]: Lou Marquès

訪問:2017/3/19 12:15 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
3日目は、アルル経由でマルセイユに戻るルート。
しかし、バス利用の往路はモンペリエまで約150Kmを7ユーロで移動できたのに、復路は普通列車でも29.40ユーロもするのだから、フランス国鉄の運賃は高い。その代わりに、特急列車と普通列車の運賃差が少ない点や、前日ネット予約でも早割運賃が見つかることがある点は、日本よりも優れている点だ。

特に列車本数の少ないアルルは立ち寄るか否か悩んだが、マルセイユまで直行しても見るところも無いので寄ってみることにした。(ニーム⇒アルル普通列車運賃:€8.80)
相変わらずマルセイユを除くと日本人遭遇率がゼロに近い状態になっていたが、こんな田舎町で日本語表記のある店を見つけて入ってみたら、まだ19歳だというバックパック姿の日本人留学生にも遭遇。店員もニームに住むという日本人女性だったので、少しおしゃべりさせていただいた。

Lou MarquèsLou Marquès

彼女達と別れて、私はターゲットにしていた5つ星ホテル Jules César 併設レストランへ。
もちろんミシュランサイトで見つけた店だが、航空写真で場所を確認すると回廊を持つ歴史ある建物を使っているようで、興味を持ったわけだ。



事前にHP掲載のメニューで確認したのは、日曜日は3皿39ユーロで前菜・メイン・デザートそれぞれ2択の構成だったが、実際は2皿29ユーロと平日と同じ価格のムニュが存在していたうえに、各3択の構成だった。これは嬉しい誤算だ。


アミューズ

まずは、アミューズ。この格のレストランなら当然無料で出てくる。
ツナとスィートポテトだと言っていたが、そのスィートポテトは紫芋バージョンだ。

お味は、日本の鹿児島産紫芋と同等で、フランスにも日本と同じ味の紫芋があるんだと。


パン

パンも、そこらの店のバゲットとは違って2種類出てきた。
どちらもいただいたが、フランスのパンらしい美味しさ。何で日本では滅多に出会えないんだろう?


La crème brulée au foie gras
La crème brulée au foie gras, sauté d'asperges aux sucs de poulet et son œuf cuit a 63°
Foie gras roasted cream, sauteed asparagus with chicken juice and slowly cooked egg


前菜は、フォアグラのクリームブリュレ。
どんなものが出て来るかと期待していたが、アスパラガスと何かのチップスが本体を隠していて、よくわからない小型の深皿で出てきた。

トッピングを除けて

邪魔なトッピングを外すと、温泉卵の黄身の部分が出現。
63度で加熱した卵とあるが、固まる直前の状態でトロトロというよりはネトネトという粘性の強い状態。
個人的には、卵の味でフォアグラの味を殺してほしくないので、温泉卵の黄身と思って先にいただいてしまった。

アスパラは旬の野菜としてマルシェでも良く見かけていたが、味が濃くて美味しい。
本当はフランスならホワイトアスパラの方が断然美味しいのだが、もう少し後の季節でないと出てこないのだろう。

フォアグラのクリームブリュレ断面

この盛り付けだと、付け合せを先に食べて本体を後で食べるということになるが、ようやくお目当てのフォアグラのクリームブリュレがいただける。

断面写真の通り、フォアグラの風味の入った茶碗蒸しっていうところかな。日本の出汁ではなくチキンベースでクリームもそこそこ加わっているので、茶碗蒸しとは味も食感もまったく異なるもの。

このフォアグラのクリームブリュレならぬ茶碗蒸しだが、確か地元大宮のフレンチ(葉山庵)のスペシャリテとして食べた記憶があるが、フォアグラの風味が全然違う。さすが本場フランスの料理だ。
どうも日本のフレンチは、露骨に和食アレンジするから不味くなってしまうのだと思う。フランス料理はフランス料理であって、日本料理では無いという当たり前のことを忘れているのだ。


Suprême de pintade à la ricotta et au basilic
Suprême de pintade à la ricotta et au basilic, gnocchis de pommes de terre et champignons, sauce à la citronnelle
Guinea fowl filet stuffed with ricotta cheese and basil, potatoe gnocchi with mushrooms, lemon grass sauce


メインは、ホロホロ鳥を選んでみた。
日本だと普通の鶏料理になりそうな価格帯なのにホロホロ鳥をいただけるのだから、やっぱりフランスは良いところだ。

ホロホロ鳥の断面

焼き加減も良かったし、ソースもフレンチらしく肉のエキスたっぷりの中に柑橘系の軽い酸味を加えた良いソースだった。
ただ、メニューにリコッタチーズとバジルと明記されていて分かっていたとはいえ、ブルサンのハーブチーズみたいな味のチーズは、ちょっと安直な気がした。ソースと合わないのだ。

下にニョッキを敷いているところを見ると、イタリアンアレンジの料理みたいだが、味覚的には文句なしのフレンチなので、チーズ部分は先に拭い取って食べてしまい、残りをソースといっしょに堪能させていただいた。

なお、左上の付け合せは、マッシュポテトならぬマッシュ南瓜だった。
これも、南瓜の甘味が良く出ていて美味。


お会計ホテル入口を入って右側がレストラン

お会計は、水代を入れて34ユーロ也。
レストラン入口は、ホテルに入ってすぐ右側だったため、ホテルの中まで入って歴史観を味わうことはできなかったが、良い雰囲気の中でランチをいただけて満足。
これを逃すと2時間列車が来ないという時間的制約から、デザートを追加することが出来なかった点が悔やまれた。


※メニュー:コース[Le Bistrot 《LOU MARQUES》]コース[Menu Jules César]

【店舗詳細情報】
店名:Lou Marquès
電話:04 90 52 52 52
営業:12:00~13:30、19:30~21:00
定休:月曜と土曜の昼、日曜の夜
住所:Hôtel Jules César, 9 Boulevard des Lices, 13200 Arles
GPS:43.674932, 4.628493 (☞ Bing Map


訪問したフランスのレストランと各地域圏の風景
 

【アルル [Arles] の風景】
Arles Amphithéâtre
Arles AmphithéâtreArles Amphithéâtre
▲アルル円形闘技場[Arles Amphithéâtre]

Arles Théâtre AntiqueArles Théâtre Antique
▲アルル古代劇場[Arles Théâtre Antique]


▲城壁周辺(左GPS:43.675647, 4.631481  右GPS:43.676144, 4.632404)


▲アルル駅から旧市街に向かう途中で(左GPS:43.681158, 4.631347)

Médiathèque d'ArlesMédiathèque d'Arles
▲Médiathèque d'Arles(入口の鉄格子に本文で書いた日本語案内が付けられていた)






▲SNCFアルル駅(右下は、乗車した普通列車[Ter]マルセイユ行き:€15.70)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/マルセイユ[Marseille]: Brasserie L'Embarcadère

訪問:2017/3/17 11:30 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
実質初日の午前中はマルセイユ観光に当てた。
港では、船から水揚げしたばかりの魚を売る屋台がたくさんでていたが、生きたままの魚を平台に流し込んでいたので、鮮度抜群。活きの良い平目、刺身にして食べたいなぁ・・
港の正面両端に城跡があったので行ってみたが、左側は軍事施設なのか中に入れず、右側は博物館だった。

店頭テラス席Brasserie L'Embarcadère

13:30発のウイバス[OUIBUS]でモンテリマールに向かうことから、朝9時から開店しているとHPに記されていたマルセイユ大聖堂に近いこの店に11:30前に出向いたが、客が皆無。



店内席で店員らしき方々がまかないを食べていたが、ボンジュールと声をかけると出てきてくれて、テラス席に案内してくれたうえで(もちろん室内と外のどちらがいいか聞かれる)メニューの説明をしてくれたものの、ランチは12:00からなので待っててねと。

アミューズ

仕方ないので、先に出されたアミューズを食べながら30分待ったのだが、テラス席から大聖堂が見える良い席を案内してくれたようだ。(最初の写真のテラス席は複数の店が使っているので、この店のポジションを確認してから利用しよう)

予定より30分遅くなるので、3皿コースは時間的に無理と諦め、前菜とメインだけの2皿コース Entrée & Plat €20.00 でお願いすることにした。


Soupe de poissons
Soupe de poissons de roche, rouille(€8.00/単品)

前菜側からは、日本では滅多にお目にかかれない魚のスープをチョイス。
周辺の客を見ると、みなさんこれを頼んでいたのでマルセイユの定番なんだろうが、西欧なら食べ方や内容が多少異なるものの、どこの国でも普通にある。

Soupe de poissons

これこれ、日本では有っても色の薄いスープ上品な見栄えになるが、いかにも大量の魚を使っていますよっていう濃い色と魚の身の粒々感のある見栄え。この手の魚のスープは、確実に美味しい。

roche, rouille

ルイユソースとチーズ(roche? スペルが違うかも?)を、クルトンの元になりそうなカリカリのスライスバゲットに塗って魚のスープにひたして食べるのだが、このパンがカリカリ過ぎるのと、スープの水分が少ないので、パンがふやけず硬いままでいただくことになってしまうのは、ちょっと微妙。

パン

仕方ないので、最初に出てきたパンをちぎってソースとチーズを付け、魚のスープの中に入れてから口に運んだが、旨!
ルイユソースの出来が違うのも大きいが、スープの良さも手伝って、コルシカ島の U Marinaru で食べた時以来の、美味しい魚のスープを堪能することができた。


Poisson du jour
Poisson du jour, semoule d'ange, coulis de carottes, zaatar(€21.00/単品)

メインは魚料理を選んだが、これ、単品価格が2皿コースの値段よりも高いのだ。
量が違うのだとは思うが、日本の普通のランチで出てくる魚料理よりも大きい切り身。

魚の断面

きれいにローストされた魚の断面を見ての通り、ミディアムレアな焼き加減。昨日カルパッチョでいただいた魚と同じで、カツオの類だろう。
表面を炙っているのとローストしてある違いがあるし、味は鰹でも魚自体の種類も異なるので、鰹のたたきに近い料理ではあるものの、まったく違った味わいになる。でも、この魚は加熱しない方が美味しいかな。

タップリ敷かれたクスクスみたいなものに、少しカレー風味のあるソースは良かった。


お会計

なかなか水準の高い店だったのでデザートも行きたかったが、予約してあるバスのチケットに15分前までに乗り場に来ないと乗車出来ない事があるなんて書いてあったものだから、急いでホテルに戻って荷物を受け取ってから、駅の横にある長距離バス乗り場に向かった。


※メニュー:ランチ構成&金額(日曜以外)ランチ用黒板メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Brasserie L'Embarcadère
電話:09 67 58 05 19
営業:12:00~23:00(公式ページには9:00~とあるが、実際は12:00だった)
定休:無休
住所:Place Albert Londres, 13002 Marseille
GPS:43.298514, 5.363948、43.298391, 5.364120 (☞ Bing Map


訪問したフランスのレストランと各地域圏の風景
 

【マルセイユ [Marseille] の風景】
Gare Marseille Saint-Charles
▲左:国鉄マルセイユ[Marseille Saint-Charles]駅  右:トラムのデザインが独特



▲港周辺の風景

Fort Saint-NicolasFort Saint-Jean
▲港先端にある城跡(左:Fort Saint-Nicolas、右:Fort Saint-Jean)

Palais des congrès du PharoÉglise Saint-Laurent
▲左:Palais des congrès du Pharo  右:Église Saint-Laurent

Cathédrale La Majorマルセイユ大聖堂
▲Cathédrale La Major(マルセイユ大聖堂)

Porte d'Aix
▲左:Porte d'Aix  右:街中で見つけた格安ブランドのイビス・バジェット(旧 Etap)は良い感じ

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>