《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31)

訪問:2017/9/12 12:15 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
フランスやイタリア・スペイン等で愛用している Via Michelin で探した Platter by Karol Okrasa により、ポーランドでも意外に使えると知ったことから(注:仏伊西以外は結構外れる)、ワルシャワ最後の午餐も Via Michelin で選ぶことにした。(ラトビアと同様に、夜はスーパーの惣菜で済ませた)

WinosferaWinosfera

もちろん極端に高いレストランには興味が無いので、ランチメニューのある店がターゲット。
店のHPにその情報が載っている店が少なく、ようやく見つけたのがこの店だ。

店の扉を開けると、ずらりと壁に並んでいるワインボトルがお出迎え。
店内もワインだらけで、飲めない私が来る店ではなかったかも?

WinosferaWinosfera


平日ランチは3皿コースで 49zł(≒1550円)と、昨日のPlatter by Karol Okrasaの半額水準。
下手な観光客向けポーランド料理店が、いかにぼったくり価格なのか、ここでも証明されたというわけだ。
ミシュランによると、イタリアにフォーカスを当てた欧州料理(≒フランス料理)の店らしい。



パンは3種類。
温められているわけではないが、オリーブオイルと塩胡椒が出てきたので、オリーブオイルに塩胡椒してパンに付けていただいた。

Winosfera

相変わらず黒パン系は苦手だが、バゲットとプチパンは結構おいしい。
オリーブオイルではなく、バターが欲しいなぁ。


Winosfera
Królik, cream fraiche z ziołami, piana z selera, pistacje
Rabbit, cream fraiche with herbs, celery froth, pistachio


3択の前菜からは、ウサギ肉をチョイス。
前菜にウサギ肉が出てきた店は記憶にないので、ちょっと興味があったのだが、ウサギ肉で作ったブランダードっていう感じ。

ミキサーで粉々に切ってしまうのではなく、手で裂いたものを潰し、少し包丁を入れてまとめてあるようだったが、味に主張が無い。淡泊なウサギ肉の味は表に出せないので、ハーブをもう少し効かせて何か主張のある味にまとめてほしかった。



円形に盛ったムース状のものは、根セロリのピューレを少しホイップして軽く仕上げたもの。
こちらも、根セロリの味はしっかりあるものの、その味をまとめる力が無い感じ。
緑色のものは、軽く塩漬けした胡瓜のスライス。



Smażona pierś kaczki, czerwona kapusta, puree z dyni
Pan fried duck breast, red cabbage, pumpkin puree


鴨は、供するタイミングで端の部分が転げ落ちてしまった。
マグレ鴨のような味わいだが、多分冷凍肉。ポーランドでフォアグラを生産していると聞いたことが無いので(昔は生産していたみたい)、フランスからの輸入品かな?

それにしても、この価格でこのポーションとは、恐れ入る。(一番左のものは、大きな茹でジャガイモの輪切りの断面をソテーしたもの)



中央に盛られているものは、赤キャベツのザワークラウトかと思ったら、昆布の佃煮のお味。
鴨にかけてあるソースが、この佃煮に吸われてしまって、鴨肉のソースが足りなくなってしまった。
日本の佃煮ほど極端に塩辛くはないが、醤油を少し使っている感じだし、食感も昆布では無いにしても海藻のような感じで、かなり意外性のあるもの。

これに、南瓜のクリームソースを合わせていただくって、何でも合わせれば良いと言った三流シェフの創作料理だ。ぜんぜん合わない。



Ciasto morelowe, piana z jeżyn, lody waniliowe
Apricot sponge cake, blackberry froth, vanilla ice cream


3択のデザートは、アプリコットのスポンジケーキ。
アプリコットという味ではなく、黒糖風味のスポンジだった。
そこに、ブラックベリーのきめ細かな泡状ソースを添えてある。



添えられたアイスクリームは、バニラアイスというよりは牛乳アイスでさっぱり系。
薄いクッキーみたいなものは、チョコレート風味だった。
独創的なデザートだとは思うものの、未完成かなぁ。




ドリンクはグラスワインが 6zł(≒190円)と書かれていたが、飲めないのでダイエットコークを頼んだら 10zł(≒320円)の請求だった。ワインハウスでワインを頼まない私が悪いという事だろう。

HPの写真ではワインバーの類だと認識していたが、まさかワインショップが経営しているレストランだったとは認識していなかったのだ。
ただ、氷とレモンは要るかと聞かれるまでは普通だが、氷を別皿で用意してきたのは初めてだ。


最後に、メニューに記されていた Over 8 persons 12% service charge will be added to your bill という一文。
団体だとサービス料を取りますということだが、私はチップが今でも定着している北米以外では、請求されない限りチップを払わない主義なので、支払いは請求書通りだ。

元々チップの慣習の無い国で、旅行業界の連中が結託して嘘の記述や案内をしてチップを普及させてしまう行為に反感を持っている。海外で販売されている日本の旅行ガイドブックを見ると、信じられないことが書かれているので分かる。
特に「サービスが良ければ払ってもよい」などと煽る地球の歩き方は、中途半端で腹立たしい。単にチップの慣習は無いと書けばよいだけだ。(他社ガイドブックは、概ね「払う」になっているので論外。チップ廃止先進国のフランスではサービス料を含めた総額表示が法令で決まっているのに、サービス料が無ければ払えなんて書いているのだ!)


※メニュー:平日ランチアラカルト

【店舗詳細情報】
店名:Winosfera(Warszawa店)
電話:22 526 2500
営業:12:00~23:00(土曜15:00~)
定休:日曜日
住所:ul. Chłodna 31, 00-867 Warszawa
GPS:52.236791, 20.988024 (☞ Bing Map



朝から雨天で観光する気も起きなかったので、GPS付タブレットで現在位置を見ながらトラムに適当に乗って向かったのだが、ホテルに戻る途中で車窓からSLや機関車のポスター(?)をずらりと貼ってある建物を発見。
オフラインのGoogle Mapで調べてもポーランド語しか表示されないので分からなかったが、ちょうど電停に停まったので飛び降りて向かったところ、鉄道博物館だった。(入口に英語表記が無いので、窓口で確認してから入場した)

ポーランドの最後は、ワルシャワ鉄道博物館(正式には「駅博物館」)の写真と、恒例の旅費を載せて終わりたい。
帰国便のLOTポーランド航空ビジネスクラス機内食レビューは、この後に登録する。

■今回の旅の費用
往復航空券: 39940円+95000マイル(HND>HKG>IST>VNO|RIX>WAW>NRT;ビジネスクラス)
現地宿泊費: 95229円(€448.60+zł1121.92/12泊、うち朝食付6泊、5つ星2泊)
現地交通費: 19657円(€134.05+HK$50+zł34.40) レンタカー・燃油・駐車場・バス・鉄道
飲食雑費等: 28730円(€129.85+HK$85.20+zł321.86) 飲食費・入場料
国内交通費:  2446円
旅費合計: 186002円+95000マイル/ANA
 

【ワルシャワ駅博物館(鉄道博物館) [Warszawa Stacja Muzeum] の風景】
公式HP入口案内
入場料:12zł(≒380円)、営業時間:10:00~18:00(屋外展示は17:00まで)、定休日:無休
住所:ul. Towarowa 3, 00-811 Warsaw(GPS:52.226447, 20.987020;Google Map
注意:近日ワルシャワ西駅の先に移転するようだ。(☞ 公式サイトの案内


▲左:外壁の写真展示(大通りを走るトラムから見える)  右:駅博物館入口



▲一般的な古い備品等もあるが、模型の数が半端なかった


▲外に出ると、昔のプラットホーム沿いに現物車輌展示。手前に模型で気になった車輌がある




▲左:(☞ 車輌説明)  右:(☞ 車輌説明





▲別ホーム(2面ある)の手前側は、きれいに塗装したSLが並んでいたが・・





▲塗装も剥げて錆だらけのSLなんかも相当数並んでいる



▲ELは粗末に扱われているなぁ・・


▲左:DLもボロボロが数両


▲左:ホーム一番奥に置かれていたSLはきれい(現役車輌?)  右:小型SLも動きそうだ


▲左:最後にラッセル車と  右:装甲車輌も見納め

写真を載せなかった車輌も15~20両ぐらいあったと思うが、写真が多すぎるので割愛。
来年5月にもワルシャワに行くので、新鉄道博物館が完成していたら寄ってみたいと思っている。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner

訪問:2017/9/11 20:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★★★
インターコンチネンタルホテルの Platter by Karol Okrasa でいただいたランチの余韻が残る中、1泊14800円の5つ星ホテルから1泊2600円の1つ星ホテルに移動。格差5倍以上だ。



ディナーも格差5倍を目指して、ワルシャワ中央駅横にある近代的なモールのフードコートで食べることにした。
結局は、欧州で困った時の定番であるケバブ屋さんになってしまったけど、日本にはほとんど無いので(あっても、欧州のようなボリューム感が無いので)、これも良い選択だと思っている。

近代的なモールのフードコートにあるので、過去最高のケバブ屋だったドイツ・デュッセルドルフの Palace of Kebap のような店に期待したのは事実。


▲壁掲示メニュー (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

中央駅に隣接する新しい大型モールだというのに、このお値段。
やっぱり、観光客目当ての店は相当ぼったくっているということだ。
物価の安い国に行ったら、観光客目当ての店ではなく地元客が普段使う店を選んだほうが安いし旨いことが多いものだが、今回は郷土料理ではなく外国で食べる外国料理なので、通常なら選ぶ必要はないだろう。


選んだ料理は無難に楽しめるミックスケバブ。
360gサイズと560gサイズ(21.50zł≒680円)が用意されていたが、ここは食べ物を楽しむ店ではないので小サイズで。
何種類かあったソースを選べとのことで、指差しでハーブヨーグルトみたいなものをお願いした。


MIX Döner(14.50zł≒460円/360g)

しかし、小サイズでこのボリューム。本当に360gで収まっているのだろうか?
ソースの量も半端ないし(マヨネーズベースだったら、カロリーが恐ろしい・・)、肉もドネルから削ったばかりのものを2種類たっぷり乗せてある。

手前の肉は鶏肉、奥の肉はたぶんマトン。



反対側から撮った写真で判断できるが、肉の下にはたっぷりのフレンチフライが隠れている。
野菜たっぷりなので、マックなんかよりもはるかに健康的な食事だ。

で、お味はというと、過去最高レベルには遠く及ばないものの、まあ普通にいただける。
特に肉が作り置き(削ったものを保存しているという意味)でなかった点で、アドバンテージがあった。

欧州のドネルケバブの店は非常に多いが、断トツの不味さだったフランス・リモージュのKebab Grecは別としても、個人経営店が多いことからハズレを掴む確率も高いので、こういったモールの中にある店は安心だ。


【店舗詳細情報】
店名:Express Döner
電話:79 867 7326
営業:9:00~22:00(日曜~21:00)
定休:無休
住所:Złota 59, 00-120 Warszawa(ワルシャワ中央駅隣の Złote Tarasy 3階フードコート)
GPS:52.229937, 21.003314 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa

訪問:2017/9/11 12:00 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
大都市ワルシャワでのポーランド料理は、高いだけで美味しい店を探すのは無理と悟って、2日目のランチは愛用している Via Michelin 掲載店から選んだ。


▲店頭

何でも、modern Polish dishes and European classics ということで、フレンチベースの創作ポーランド料理という感じだろうか。
ドレスコードのある店だが、Business smart なので問題なしだ。



店内の内装は現代風。オープンキッチン形態を採用している点から多少カジュアルな感じだが、そこは5つ星ホテルのメインダイニング。空間は広々としている上に、2人用のテーブルサイズも幅90cm位はありそうだ。


ランチメニューは、一見アラカルトだけに見えたが、下の方に小文字で2皿コースと3皿コースの案内が記されていた。
前菜・スープ・メインのカテゴリの中から、それぞれ1皿ずつ選んだ3皿コースに水が付いて 108zł(≒3350円)なら、インターコンチネンタルホテルのメインダイニングにしては安いだろう。
初日のポーランド料理店フォーク・ゴスポダ[Folk Gospoda]で、スープ・メイン・デザート・コーラを安めに選んだ金額と2割しか差が無いが、ディナーだと倍程度はかかるので注意。



もちろんパンは無料で出て来るが、温められたバゲットとポーランドのパンが洒落た皿で出てきた。



パンには、その場で注いでくれたオリーブオイルとバルサミコが付く。
メニューに記されていたポーランド産のミネラルウオーターは、炭酸入りと炭酸無しが選べるので、炭酸入りで。


Platter by Karol Okrasa
Oriental beef tartar(48zł≒1500円/単品)
with Dijon sauce and miller bread


4択の前菜からは、「東洋の」という修飾子が嫌だなぁと思いつつも、日本では税金泥棒の役人どもと、安全・安心というきれいごとで洗脳された馬鹿な消費者団体が結託し、意味不明な規制で実質食べることが出来なくなっている牛肉のタルタルをチョイス。(世界的に見ても、まったく理解できない規制だ!)

一般的にはセルクルで固めてくるのだが、皿にべチャっと塗りつけた感じで出てきた。
周りの白い円形のものは、マヨネーズベースのソース、白い粉はたぶんスキムミルクじゃないかなぁ。

牛肉のタルタルをアップ

これ、美味しい!
普通のタルタルは、肉の味を表に出すために余計な味付けはしないものだが、刻んだエシャロットと、ディジョンマスタードの軽い酸味を加え、お題とは違って東洋っぽくない香辛料を使って決めてあるのだ。

miller bread が何だかわからなかったが(単に黒パンを1ミリ厚でスライスしただけのもの?)、普通の牛肉を使っても、こんな味で出して来れば美味しくいただける。


Mushroon sour-rye soup
Mushroon sour-rye soup(28zł≒880円/単品)
with baked potatoes


3択のスープは、茸のスープ。
英語表記だと、茸はまとめて Mushroom になってしまうので、一応内容を確認して色々ミックスだというのでお願いしてみた。



皿の上にジャガイモと茸の欠片を乗せて出てきたが、そこに陶器のポットから注ぎいれてくれるというパフォーマンス付きだ。

初日のフォーク・ゴスポダでもキノコのスープはいただいたが、予想通り観光客目当てのぼったくり店とは水準が違いすぎた。



なんといても、キノコ味が超濃厚。
クリームも濃厚だが、キノコの風味がクリームにまったく負けていないのだ。


Platter by Karol Okrasa
Duck breast(71zł≒2250円/単品)
with roasted sweet potatoes and chanterelle cream


街のレストランでやたらと鴨肉料理を目にしたので、4択のメインからはいつものウサギ肉ではなく、鴨肉を選んでみた。

今回のポーランド旅行では、欧州全体で90%のシェアがあるらしい(実感としては嘘だと思う)フレッシュポルチーニ[Borowik]を食べたくて探し回ったものの、店頭メニューやスーパーではまったく見かけなかったので、ポルチーニはあきらめて旬のキノコ料理を食べたいと思っていたことから、アンズ茸のクリームというのも魅力的に映った。

ちなみに、ハラ・ミロフスカ市場[Hala Mirowska] で、ポルチーニやアンズ茸を含めた5~6種類のキノコがあちこちで売られていた。帰国が午後便なので、朝のうちに生のポルチーニ(50zł/Kg前後)を購入して自宅で自分で作ればいいやと、ワルシャワでのポルチーニ料理は諦めた。(結局3か所で価格の違うものを購入してみたが、55zł/Kgの最高値品が抜群に良かったものの、香りはほぼ無し。生のポルチーニだけでは、あの香りは出てこなかったので、自宅で作るなら日本でも簡単に入手できる乾燥ポルチーニの戻し汁に、エリンギ代用で十分という気がした。エリンギの食感だとポルチーニとはかなり違うと思うが、生のポルチーニをの食感を知らなければ関係ない。)

Duck breastをアップ

その鴨肉だが、完全にフランス料理だ。
ソースもたっぷりで、ミシュランが European classics と記してあるだけある。
このソース、メニュー側には何も記されていないが、鴨の血を加えたもので、これまたクラシカル。最高だ!



お目当てだった左側の chanterelle cream(アンズ茸のクリーム)の使い道が無くなってしまったが、それだけを舐めていただくのが一番。これも風味抜群で美味しく、バゲットにつけていただくと最高だった。

右側の roasted sweet potatoes も凝っていたが、何度か他の店で食べたことのあるお味。
これは、単独でハッシュドポテトのサツマイモ版としていただくことにした。
2種類のソースと合わせても、美味しくなかったからだ。



金額表記の無かったデザートは魅力も無かったことからパスして(まさか無料で付く?)、おしまい。

物価の安い東欧で3350円のランチ価格は結構なお値段だと思うが、日本で言えば帝国ホテルのメインダイニングで食べているようなものだし、内容的には日本の同額ランチの平均よりも十分満足できるものだったので★4つ。
仮にデザートが無料で水準が高ければ、★5つ付けた可能性がある。
チェックアウト時間を気にして聞かずにお会計を頼んでしまい、失敗したかな?


※メニュー:ランチ(英語版)デザート(英語版)

【店舗詳細情報】
店名:Platter by Karol Okrasa
電話:22 328 8808
営業:12:00~23:00(土曜17:30~)
定休:日曜日
Dress Code:Business Smart
住所:InterContinental Warsaw 1F, Emilii Platter 49, 00-125 Warszawa
GPS:52.232483, 21.002807 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>