《 訪問国別レストラン一覧 》   

ポーランド.Świnoujście:屋外フードコート(屋台街)

訪問:[2010/7/22 21:00]
ドイツの最北東端からポーランドに越境し、Świnoujście(シフィノウィシチェ)という街へ。もちろん日本のガイドブックに掲載は無いので、街の名前の読み方も分からないままの訪問となった。
帰国後に Google Map がレベルアップされていて読み方が判明したし、衛星写真や地図も細かく表示されるようになっていた。(ブルネイに行った時も同じで、運が無いというか・・)

平日だというのにものすごい人出で、海岸沿いのプロムナードは人だらけだった。
宿の確保も難しく、何軒かあたってようやく部屋を確保という状況。

郷土料理を食べさせてくれそうなレストランを探してはみたものの、なぜかホテルレストランは照明が落とされているかディスコと化している。海沿いは屋台を除けばイタリアンとトルコ料理の店ばかりという状況で、レストランでの食事は諦めプロムナードにあった屋外フードコート(屋台街というよりは洒落ている)で、郷土料理らしきものをいただくことにした。

屋外フードコート プロムナードにあった屋台で気になった肉の串焼き
▲左:屋外フードコート、右:屋台で気になった肉の串焼き

周辺にたくさんある屋台で売っていた肉の串焼きと同じ様なものを売っている店を発見。
ソーセージもあったのでドイツ料理系かもしれないが、これ以外はどこにでもあるものばかりだったので、これをいただくことに決めた。(屋台で買おうとも思ったが、ブログ掲載用写真撮影が難しそうだったので・・)

大きな串焼肉

屋台の店でも肉の種類によってグラム単価が決まる量り売りだったが、こちらの店も肉だけでなくコールスローまで量り売りだった。
豚もも肉、ベーコン、輪切り玉ねぎを串刺しにした肉が 6zł/100g、コールスローが 4zł/100g で合計 25zł(約780円)。もちろん現金のみなので、近くにあった両替所で€20.00ほど両替(€1.00=3.719zł)してからの支払い。

肉とコールスローで 25zł(約780円)

肉の方はそれなりだったが、意外にもコールスローが美味しかった。
米国のスーパーの惣菜のようにほとんどキャベツでマヨネーズたっぷりというものではなく、数種類の野菜が入っているうえにマヨネーズ控えめで塩とハーブにビネガーで味を調整しているようだ。

店の名前も分からないし、夏のシーズン以外は恐らくこの一帯の店は休業するような雰囲気だが、予想していたポーランドのイメージとは随分と違って、楽しい雰囲気のある街(正確には海岸地帯通りだけ)だった。

※街の雰囲気は、この後で個人旅行情報として掲載する予定。


【店舗位置情報】

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド.Świnoujście(シフィノウィシチェ):個人旅行&レンタカー情報

滞在:2010/7/22(木)18:00~23(金)08:00
多くのドイツ人で賑わうシフィノウィシチェ(Świnoujście)という街は、ドイツの北東端にあるアールベック(Ahlbeck)という街側から簡単に行くことが出来る。私はハンブルクからのレンタカーだが、バスと鉄道が通じているのだ。

Świnoujście中心部の街並 Świnoujścieの案内地図

アールベック周辺もリゾート地という感じだったが、ポーランドのこちらはそれ以上に有名なリゾート地という雰囲気。プロムナード沿いにホテルやレストラン、屋台がたくさんあり、大道芸人があちこちで芸を披露しているといった様子で、関東周辺の海岸で例えれば規模の小さな江の島周辺という感じ。(大道芸人の一部は、ベルリンやハンブルクで見たものと同じタイプだったが、火を使う大道芸はここだけで見た)

プロムナードの人出 火を使った芸
スプレーペイントで何か描いている

海岸に出てみると驚いた。東欧のイメージのあったポーランドとは思えない施設の充実ぶりだ。ひょっとすると、ポーランドで一番のリゾート地なのかもしれない。ドイツから簡単に入れることから、半数以上はドイツからの観光客ではないかと見た。
当地に午後6時頃入った時には、海側から内陸側に浮き輪等を持った家族連れが車道まではみ出てゾロゾロと歩いていて車をスムースに進めるのも困難だったことから、日中の混雑ぶりは夜8時前後に撮影した写真以上に凄まじかったものと思われる。(木曜日の夜なんだけど・・)

海岸にある遊具や施設の規模も半端でない
夜8時過ぎでも海岸にはこれだけの人出がある

最近になってドイツからこの街まで鉄道が伸びてきたようで、3Km離れたアールベックの街から鉄道でも入ることが可能だ。この先には川があるので、ドイツからの鉄道はこの街止まり。駅には洒落た列車(気動車)が止まっていた。
もっとも、海沿いのプロムナードに行くなら30分毎にドイツ側からプロムナード経由するバスが走っているので、そちらの方が便利だろう。(概ね9:00~17:30の運行 ☞ 参考

朝7時すぎの列車の利用客はまばら ドイツのアールベックから延伸された鉄道の終点

大きな地図で見る
▲ドイツ側から鉄道が延伸された。運賃は€2.50。(青線は車での駅間移動ルート)


さて、ハンブルクで車を借りてポーランドにもちょっとだけ足を踏み入れてみようと考えると、恐らくドイツの海岸沿いを東に向かってこの街を通り、シュチェチン(Szczecin)湖を回ってベルリンに入るようなルートが考えられるだろう。
その際の関門が、この街を流れる川だ。この記事を書いている時の Google Map では道路が橋でつながっているように表示されているが、衛星写真で確認すれば分かる通り橋は無い。フェリーで渡るしかないのだ。(Google Mapの地図は、このケースが多いのが困る。前に騙されたので、必ず衛星写真で確認する癖を付けるようになった)


大きな地図で見る
▲ハンブルクからポーランドのŚwinoujście、ベルリンを経由してハンブルクに戻るルートはこんな感じになる。
 これで850Kmだが、海沿いを迂回して走るのが普通だろうから、距離は1000Km程度は見たい。

ドイツと陸続きになっている当地は、繁栄ぶりはドイツそのものという感じだが、ポーランド本土(というのか?)には、とにかく川を渡る必要がある。
街の中心にあったフェリー乗り場の行列に並んで、いざフェリーに乗り込もうという段階で、なぜか係員が出て行けと。理由が分からず、車を外に置いて乗り場で確認したら、このフェリーは地元車以外は乗れないのだそうだ。
参考(フェリー乗り場のライブカメラで、混雑状況をリアル発信している)

街の中心にあるフェリー乗り場の行列からの光景

大きな地図で見る


別の場所のフェリーに乗る必要があるとのことで、迂回したのがこちら。もちろん橋などは無い。

地元車以外は郊外にあるフェリーに乗る必要がある

大きな地図で見る

ちなみにどちらのフェリーも運賃は無料
夜間を除いて概ね20~30分毎の運行だが、金曜午後5時~月曜朝5時までは運休すると記されていたので、レンタカーでこのルートを計画する場合は要注意である。(ドイツ側に戻ってからベルリンに向かっても距離的には大差はないが、逆ルートを取った場合は悲惨なことになる)

※街の案内は、こちら に詳しく掲載されている。

テーマ : 海外交通
ジャンル : 海外情報

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ブルガリア/ソフィア [Sofia]: Hadjidraganov's Cellars [Хаджидрагановите изби] 2017/05/27
ドイツ/フランクフルト [Frankfurt am Main]:アフリカクイーン [Africa Queen Restaurant] 2017/05/26
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>