《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: LunaSol@Holiday Inn Warsaw-Jozefow

訪問:2018/5/22 19:30
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
翌日は帰国するだけなので、今回の旅での最後の食事。(☞ 今日の走行実績ログ
空港からは30Kmほど離れているが、ワルシャワとしては比較的安かったHoliday Inn Warszawa Józefówを、ポーランド到着時に最安値の部屋をキャンセル不可料金で予約しておいた。
ここでもIHGスパイアエリート会員の威力を見せつけてくれて、金額ベースでは倍以上となる最高峰のExecutive Suiteにアップグレード!(☞ IHGスパイア会員アップグレード記録

このホテル、周辺に何も無いので車が無ければホテルで食べるしかない。
今回はレンタカー利用なので外で食べる選択肢もあったものの、いつものようにお大幅アップグレードのお礼を兼ねて、夕飯はホテルレストランでいただくことにした。最後の晩餐なので、贅沢に行こう!



Coca Cola Zero(10.00zł≒320円)

まずは、私の定番であるダイエットコーク。
かるく冷えただけの瓶とグラスを持ってきて、少し注がれた時点で大して冷えていないことがわかったので、氷を追加で要求してしまった。



Asparagus(230g)(29.00zł≒920円)
Parma Ham, Parmesan, Rocket and Saffron Aioli


前菜は、別紙になっていたお勧めメニューからアスパラガスをチョイス。
今朝カジミエシュ・ドルニ [Kazimierz Dolny]の朝市で、新鮮なアスパラガスが売られていたのを見ていたので、食べたかったのだ。



ルッコラとパルミジャーノを除けてアスパラだけ撮影。
ホワイトアスパラとグリーンアスパラのミックスになっていたが、フランスのマルシェで見るものと違って、かなり細め。
今朝の朝市で見たものもこんな感じか、もっと細かった気がするので、ポーランドのアスパラガスは日本と同じサイズが普通なのかもしれない。

お味の方は鮮度抜群。ホワイトアスパラも、それらしい苦みがある。
旬の食材は、やっぱり美味しいね。



Duck Breast(400g)(48.00zł≒1500円)
celeriac puree, pear cooked in red wine with vanilla, kumquat sauce


メインは、鴨胸肉が400gで1500円程度と安かったのでお願いしたのだが、付け合わせを含めても400gは無さそうなポーション。
昨年秋にワルシャワのミシュランお墨付き店Platter by Karol Okrasaで食べたものと比べると鴨肉の量は同じ感じだし、ワルシャワ中心部のWinosferaで食べた3皿コースのランチの鴨肉と比べたら少ないぐらい。お値段は3皿コースと同額なのにだ。



上の写真は、トッピングを外して撮ったものだが、肉の断面写真が通常と違うのが分かるだろう。
そう、肉を柔らかくする酵素(我が家ではパイナップル果汁を使っている)に漬け込みすぎると、こんな感じになるのだ。

当然ながら、食感はもはや鴨肉では非ず。変な溶けるような肉質になってしまっていた。
素人の私が失敗するようなことを、良いお値段を取るホテルレストランのシェフがやるとは、ちょっと酷すぎる。



White Chocolate Ganache(170g)(18.00zł≒570円)
ginger herb wine sorbet, compressed mandarin


メインが予想外の少なさだったので、デザートも追加。
普通なら、メインがダメだとデザートまで進めないのだが、今回は部屋のアップグレードのお礼を兼ねた旅の最後の晩餐なので、頼むことにした。

で、出てきたのは説明とは微妙に違った内容だった。
ホワイトチョコのガナッシュではなく、ややクリーム多めながらも普通のチョコガナッシュ。
生姜ワインのシャーベットは、ベリー系のアイスクリーム。



圧縮ミカンと書かれていたミカンは、味が濃くて美味しい果実だったが、丸ごと軽くキャラメリゼしたものでは?





以上、お会計は105.00zł(≒3350円)也。
ホテルの外で食べるのは難しい郊外立地だからか価格設定も高めだし、内容がこの水準(ついでに内装も安っぽい朝食会場)では、リゾートホテルとしての運用は厳しい気がした。
宿泊だけなら部屋は快適だしCP抜群なんだけどなぁ・・


※メニュー:お勧め前菜・スープサラダ・サンドイッチパスタ・ピザメインデザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Restauracja LunaSol
電話:22 778 3342
営業:17:00~23:00(日祝12:00~22:00)
定休:無休
住所:Holiday Inn Warszawa Józefów, Telimeny 1, 05-420 Józefów
GPS:52.122977, 21.234316 (敷地内入口GPS:52.124916, 21.234358)


ポーランドの訪問レストラン 地域別ランキング一覧


翌日は、ワルシャワ空港でレンタカーを返却して、ヘルシンキ経由で帰国。
恒例の旅の費用を記しておくが、特にポーランド料理の量り売りチェーン店にはまってしまった分だけ、食費が安く上がっている。

■今回の旅の費用
往復航空券: 23300円(成田<>ヘルシンキ<>ワルシャワ;ビジネスクラス、85000マイル消費)
現地宿泊費: 78520円(2318.17zł+5730円/13泊;うち5つ星3泊,朝食付6泊,特典1泊)
現地借車費: 48923円(406.19zł+€270.91)Europcar(9日間)・燃油・駐車場
現地交通費:  2663円(83.90zł)鉄道
飲食雑費等: 21194円(665.60zł)飲食・入場料・雑費
国内交通費:  2826円
旅費合計:  177426円+85000マイル消費/JAL

この後は帰国便のビジネスクラス機内食レポートを2本登録し、その後から今日から出かけるクロアチアとスロヴェニアで食べたものを現地から順に紹介していこうと思う。
どちらも2度目の訪問国だが、クロアチアはプリトヴィッツェ湖群国立公園で歩きまわって景色を楽しむことが最大の目的、スロヴェニアは現状ノーアイディアなので、宿もまったく予約していない状況だ。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド/ラドム [Radom]: Kuchnia Marche Galeria Słoneczna店

訪問:2018/5/22 12:10
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★★★
実質最終日は、初日に感動した量り売りチェーン店(☞ Kuchnia Marche Galeria Korona店)の支店があるラドム [Radom]を経由して、ワルシャワ空港近くのホテルまでの単純移動。
朝食が付いていないホテルだったので、ガッツリいただくことにした。


▲最初2階のフードコートに向かったが存在せず、1階エスカレーター脇にあるのを見つけた



お値段は、3.89zł/100g(≒120円)と、初日のキエルツェ Galeria Korona店と同額。
時間帯によって、閉店3時間前から15%引、2時間前から25%引、1時間前から50%引という割引は、キエルツェの店よりも大盤振る舞いだ。



776g=30.19zł(≒960円)

ガッツリという割には寂しいラインナップに見えるが、これでも過去最大の重さだ。
それでは、上から時計回りに見ていこう。




まずは、サラダを4種類ほど。
ここまでで食べた店では1~2種類しか取らなかったが、やっぱり美味しそうに見えてしまうことから、最後となる今回は気になる両脇の2種類を追加した。
左はコールスローのサラダアレンジ(コールスローよりはマヨネーズを減らしてカロリー控えめにしてある)、右は黄色い色の通りカレー系の味だった。日本に普通にあるカレーとは少し違って、ターメリックやクミンベースのスパイス系という感じ。




日本で言う「つくね」の形状が違うものという認識で取った肉団子の串刺しは、ほぼ予想通り。



中央のソーセージは、肉系料理の大皿みたいなところから3本しか無かったのをゲット。
ポーランドは肉料理が発達しているとの情報を見ていたので、1度ぐらいは食べておこうと。



つくねは予想通りふわっとした食感だったが、タレが日本と違ってピリ辛メキシコ風。
ソーセージは、ポーランドでは珍しい粗挽きタイプで、こちらは食感も含めて良い味だ。




右下の2品は、ドイツの屋台でも見かけるマッシュルームの炒め煮。
もうちょっとしっかり煮込めば、より美味しくなっただろうというお味。

お隣は、玉葱とピーマンの炒め物。こちらはよく炒めて甘みを出してあり美味しい。




下中央は、初めて魚料理と認識して取った魚のフライ。



単なるフライだが、魚の質が良かったし、揚げ具合も抜群。
食べた感じでは、まさか舌平目ではないかと思ったのだが、断面写真を見た感じでは安価なタラっぽい。
それにしても、舌平目のフライと勘違いさせる魚のフライを、こういった店で出してくるのは驚きだ。




最後は、デザートにも手を出してみた。
前菜としてのクレープは、現時点でトップ評価のPolski Stółで食べているが、デザートとしてのクレープは初めて。



しかし、これは平凡で、重量だけという感じで残念。
ちょっとレモンを効かせたカスタードで、こちらの人のレモン好きを反映しているっぽい。




この店、モールの外からも直接出入りすることが出来る扉があった。
写真の左にあるテントの骨組みみたいな場所の奥にあるのだが、そこを入ると、数は少ないもののちょっと立派なテーブル席になっている。
フードコートに無い店だからか、店造りもちょっと凝った感じだった。


【店舗詳細情報】
店名:Kuchnia Marche Galeria Słoneczna店
営業:9:00~21:00(日曜10:00~20:00)
定休:無休
住所:Galeria Słoneczna (1回東口横), Bolesława Chrobrego 1, 26-600 Radom
GPS:51.406043, 21.156237 (☞ Bing Map


ポーランドの訪問レストラン 地域別ランキング一覧
 

【ラドム [Radom] の風景】  (☞ Google Map







テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド/カジミエシュ・ドルヌィ [Kazimierz Dolny]: Knajpa Artystyczna

訪問:2018/5/21 18:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
ルブリンを後にして、今日はシナゴーグの宿を予約してあるカジミエシュ・ドルニ[Kazimierz Dolny]に移動。
距離的には50Kmと近いことから、時間調整を兼ねて地球の歩き方に掲載されていたナウェンチュフ[Nałęczów]プワヴィ[Puławy]にも寄っている。


▲今日のルート実績


夕飯は、観光地価格のレストランが多い中で比較的安価な価格設定だった店を選んだ。
もちろんポーランド料理以外は眼中なしだ。



白を基調としたかわいい建物だが、中もカフェ風の女性好みの内装。
夜8時で営業終了とのことだから、レストランではなくカフェという位置づけの店のようだが、店名の接頭語「Knajpa」は、パブという意味らしい。何で?



Lemoniada/0.3L(7.00zł≒220円)
ice, lemon or lime, mint leaves from our garden, sugar cane, seasonal fruits


まずは、ドリンクの注文。
あちこちの店で飲んでいた人を見かけていたレモネードだが、この店は5月から9月限定と記されていたので、頼んでみた。

ドリンクというよりはレモンとライムを大量に放り込んだ水という感じだが、チラッと見えているミントの葉も大量。
どうもグラスにミントの葉を入れて、熱湯を少しかけて香りを出してからレモン水と果実を加え、最後に氷をトッピングしてある感じだ。故にミントの香りが私にはきつくて、ちょっと苦手。



Tradycyjny Chłodnik na Botwinie(10.00zł≒320円)
Traditional Polish cold beetroot soup served with egg


スープメニューは10種類もあったが、その中にビートルートの冷たいスープがあると。
これ、昨年出かけたリトアニア名物だと思っていたが(☞ Bistrampolio Dvaro RestoranasGedimino Pica)、ポーランドの伝統的スープと書かれていたので気になって注文してみた。



結果は、まったく同じものと言っていいだろう。
違いを挙げるとしたら、ビートルートの細切りの量がリトアニアと比べて半分程度と少なめだった事ぐらい。
リトアニアは気に入っているので、来年の初夏に再訪問する計画だ。



Klasyczne Gołąbki(20.00zł≒630円)
Stuffed cabbage with meat and rice, served with potatoes, in tomato sauce


メインは、ロールキャベツを選んだ。
ルブリンのポーランド料理専門の量り売り店 Polski Stół で食べたものと比較したかったのだ。



ルブリンの店ではあまり主張していなかった米粒だが、こちらの店は挽肉はわずかで、ほとんど米が具材という感じ。こうなると、日本で食べるロールキャベツとは全く違う味わいになってくる。

トマトソースと書かれていただけに、ソースもルブリンの店とは違ってトマトの主張が激しいもの。
偽りは無いけど、文句なくPolski Stółの勝ちだな。





※メニュー:店頭掲示前菜スープメインベジタリアンサイドデザート・珈琲紅茶ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Knajpa Artystyczna
電話:507 611 185
営業:12:00~20:00(月14:00~、金土~21:00、土日9:00~)
定休:無休
住所:Senatorska 7, 24-120 Kazimierz Dolny
GPS:51.321902, 21.945748 (☞ Bing Map


ポーランドの訪問レストラン 地域別ランキング一覧
 

【カジミエシュ・ドルニ [Kazimierz Dolny] の風景】
現地掲示地図


▲メイン広場周辺



▲Kazimierz Dolny Castleと塔(入場料:5.00zł≒160円...両方入場できる)


▲左:十字架の丘(入場料:3.00zł≒100円)  右:そこからメイン広場を見下ろす


▲丘や城から広場の反対側に見えた教会


▲井戸? (左はメイン広場、右はKrakowska通りにあったもの)


▲Krakowska通り沿いの家々


▲ビスワ川沿いに街がある


▲メイン広場の朝市(野菜・果物等の農産物のほか、野菜苗の販売も多い)


▲アスパラは買っても食べれないので、イチゴを購入(5.00zł≒160円)


▲前夜だが、アイスクリームも食べた(3.00zł≒95円)
 

【プワヴィ [Puławy] の風景】
現地掲示地図Czartoryskich宮殿公園掲示地図Google Map


▲左:宮殿正面入口  右:宮殿本館






▲左:Brama Rzymska  右:Starostwo Powiatowe(無料駐車場の正面にあった)
 

【ズドロヨビ公園@ナウェンチュフ [Park zdrojowy@Nałęczów] の風景】
街の地図掲示公園地図掲示Google Map
地球の歩き方に「1800年頃に源泉が発見された歴史のある温泉療養地」として紹介されていたので、経路上にあったことから寄り道。
掲載されていた公園周辺は整備されているものの、池の水は汚いし、わざわざ寄る価値はないと思う。公園に無料駐車場は無く、駐車料金は1時間5.00zł(≒160円)とぼったくり!

▲左:公園入口と駐車場管理小屋  右:公園裏口(こちら側には駐車場は無い)


▲スパ施設




テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
台湾/台中: 蒝紅綵手作飲冰館(The Rainbow Ice) 2018/07/06
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲③ 2018/07/05
台湾/台南: 太陽牌冰品② 2018/07/05
台湾/台南: 冰仔角 (ICE TOP) 2018/07/04
台湾/台南: 裕成水果店⑥ 2018/07/04
台湾/台南・玉井: 玉梅芒果冰 2018/07/03
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>