《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/バレンシア⇒マドリード: 高速鉄道AVE Preferente(グリーン車)の無料車内食

乗車:2017/6/18 15:10発 AVE05151
台湾マンゴーかき氷の最新情報を現地からお届けするために中断していたスペイン旅行を続けたい。
この記事の続きとなる。

往路はバスでバレンシア入りしたが(€27.10)、帰りはスペイン版新幹線のAVE。
最初のホテルに着いた段階で、スペイン国鉄 Renfe の公式サイト(☞ Renfe 英語サイト)で調べると、66.55ユーロでPreferente車両(日本でいうグリーン車、欧州全般では1等車)に乗れるというプロモーション価格が出ていたのを見つけ、購入したチケットを利用している。
マドリード空港に着いた際に空港内のRenfeの自動販売機で調べた時は、2等車(Turista)が73.10ユーロの定価販売しか無かったのだが、ネットでは2日前までだと割引運賃での販売があるようだ。

ちなみに1等車(Preferente)の定価は123.20ユーロだから、列車の選択に限りはあるものの、ほぼ半額で買えたことになる。




AVEの駅は、バレンシアの街の風景で紹介した近郊路線用の駅(Estació del Nord)から1Kmほど離れた場所にあるのだが、ご覧の通り現代的ながらも簡素な駅だ。
近郊路線用の駅から右奥に線路沿いに歩いて行く場合は、右側写真の小さな入口から入ることが出来る。



X線検査のある改札口(実際は、改札ではなく荷物検査しかしない)の左横に、自動販売機が並んでいるので、ここでネットで予約した際の予約番号等を入力すれば、指定席乗車券が出てくる。



もちろん、事前にPDF版チケットを印刷しておけばこの作業は不要だが、旅先で印刷するとなると厄介なので、外国人旅行者にはありがたい仕組みだ。日本語表示はできないが、英語表示が可能なので、ひとりで個人旅行が出来る程度の英語力(≒高1程度)があれば問題ない。



出てきたチケットは、出発ホームの入口にある改札ゲート(右写真の中央の小屋)で改札。
バーコードが読めれば良いようなので、タブレットでPDFを表示しても大丈夫だろう。スマホ用なら、モバイル乗車券もあるようだ。(スマホを持っていないので、確認できず)



日本の新幹線に似た先頭車両の横には、renfe AVE のロゴ。
結構カッコいい。



各車輌入口のドアに「T」の文字があるのは、普通車(2等車)の「turista」、「P」の文字はグリーン車(1等車)の「preferente」だ。
ドア横の電光掲示に表示されている号車番号と行先・列車番号を確認してから乗り込もう。



座席は1-2配列で、出入口にスーツケース置き場があるが、キャリー程度なら座席上の棚にも置くことが出来る。
スーツケース置き場のスペースが限られているので、出来るだけ座席上の棚に置くようにしたい。





出入口側の1組だけ、いわゆるボックスシートが用意されていた。
席番号1と2が、このボックスシート席になるのだが、1人席を向い合せた配置というのは、初めて見た。
ネット購入時には、単に窓側か通路側かの選択しか無かった気がするので、この席を取りたい場合は駅の窓口で指定するしかないのかもしれない。(あるいはネットでも定価販売の場合は可能なのかも?)

なお、日本語サイトのあるレイルヨーロッパ[Rail Europe] は、単なる代理店であり、発券手数料が取られるだけなく列車の選択肢も少なくなるようなので、ネットで列車の予約をする場合は Renfeに限らずTGVでもユーロスターでも公式サイトを利用することをお勧めする。それぐらいの英語力(完璧に理解できる必要は無い)は、個人旅行をする以上は必須だろうし、どうせ代理店発行の引換券等も英語か現地語表記なんだから、あまり日本語に意味は無い。



座席は、レッグレスト付。
電源があるのは今どき当然として、20年前の飛行機のエコノミークラスに付いていたような1ケタチャンネル式のイヤホンジャックが付いていた。イヤホンを持っていないと使えないし、誰が使うんだろう?

**********

さて、ここからが本命の食べる方の話。
シートポケットに、車内販売とカフェテリア車両の価格付メニューがあったので(☞ BAR MOVILCAFETERIA)、まさか機内食もとい車内食が出てくるとは予想していなかったのだが、バレンシア駅を出発するとおしぼりと共にメニューを配り始めたのだ。
英語併記版であるところは、さすが観光客の利用も多いであろうスペインの看板列車だ。

車内食の配膳

メニューは固定。食べるかどうかを聞かれ、食べると答えればトレーに乗ったワンセットを渡される。
ドリンクは、メニューに記された中から1品えらべるが、ワインなんかもある。私はダイエットコーク。

4人チームで配膳しているようで、最初に食事を配る人、次にドリンクの注文に応える人、バスケットのパンを配る人に、サラダやパンに使うバルサミコとオリーブオイルの小瓶に加え、バターやジャム、塩胡椒を揃えたトレーを持って、客に選ばせる人。
1等車は2輌連結されているが、わずか1時間半強の路線で車内食を出すとなれば、航空会社よりも効率よく対応しなければならないだろうに、予想外のフルサービス仕様だ。


AVE車内食

メニュー上の最初は、Gazpacho o Consomé según temporada(Gazpacho o Consommé according to the season)と記されていたが、右上のカップに紙パックから注いでくれたのはガスパッチョ。

スーパーで、牛乳のように紙パックで売られているガスパッチョや、ジュースのようにペットボトルに入れられているガスパッチョが目についたが、そのうちの1つが出てきた。
もちろん、レストランで出てくるガスパッチョには及ばないが、1リットル2ユーロ程度で売られているのを見ていたので、意外に真っ当であることには驚いた。自宅へのお土産(?)購入決定だ。


Ensalada de patata con humus
Ensalada de patata con humus
Potato salad with hummus


メニュー上の前菜は、ポテトサラダ。
こちらは、マヨネーズ控えめな点では良かったものの、きわめて安物っていう感じで、美味しくない。


Meloso de costilla ibérica con salteado de manzana
Meloso de costilla ibérica con salteado de manzana
Tender iberian pork rib with sautéed Apple


メインは、イベリコ豚のリブと書いてあったが、ぜんぜん予想と違う料理だった。

Meloso de costilla ibéricaの断面

断面写真では分からないかもしれないが、肉がコーンビーフみたいな加工。
明らかにくず肉という感じの部位も入っていたが、美味しくは無いものの、不味いというほど酷いものでもない。


Fruta

メニュー上の最後は、デザートとして Fruta(Fruit)
この写真は、そのフルーツを撮ったものというより、カトラリーを撮ったものだが、これだけ必要になるほど出てくるっていう意味だ。
わずか8千円で東京=名古屋間とほぼ同じ距離を乗った訳だが、凄いサービスぶり。




機内食と同じ様に、最後はお茶が回ってくる。
コーヒーが飲めないので、紅茶をお願いしようと「Tea with milk」と言ったら、Green tea, Black tea と返ってきた。緑茶にミルク入れるのかなぁ?

欧州らしく、お茶といっしょに小菓子も出てくるところはさすが。
下手な航空会社の機内食よりもいいじゃん!
最後にレモン入りのウエットナプキン。
これ、飛行機のエコノミークラス機内食では出てこないよなぁ・・

味とか内容はともかく、結構パーフェクトな食事で、感動ものだった。
乗る前にランチを食べてきたのに、パンを除いて完食してしまったので、夕飯抜きになってしまったけど。

なお、途中で2駅に止まるAVEだったが、途中駅から乗ってきた場合は、食事なしという感じだった。
逆に途中駅で降りる人は貰えそうな感じ。(近くの席に座っていた1人が途中駅で降りたが、食事を受け取っていなかったので貰えるのかは不明)

※メニュー:表紙コース説明とドリンクの選択肢


この後、最後のIHG修行のホテルに泊まって全行程終了。IHGの最上級会員資格(スパイアエリート)も取得できたので、夏の旅行で多用するクラウンプラザでの宿泊が楽しみだ。
いつもの旅の費用は、以下の通り。

■今回の旅の費用
往復航空券: 10500円+10万マイル(成田>ドバイ<>マドリード>羽田/EKビジネスクラス)
現地宿泊費: 48514円(€382.00/4泊、うち朝食付2泊、IHG Bonus Pack 10000pt)
現地交通費: 14065円(€110.75) 鉄道・バス・AVE
飲食雑費等:  9794円(€77.12)
国内交通費:  2446円
旅費合計: 85319円+10万マイル/JAL

この後は、帰国便のビジネスクラス機内食を紹介する。
非常に良かった成田路線とは違って、ちょっと残念なエミレーツ航空羽田路線のビジネスクラスだったのだ。

訪問したスペインのレストランリスト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata

訪問:2017/6/18 12:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
実質最終日は日曜日。帰国便は翌日の午後だが、万が一のことを考えると午後のAVE(スペイン新幹線)でマドリードに戻るべきとの判断は、毎度のことだ。(20年前の米国周遊では、レンタカーということもあって大胆に移動していたけど)

日曜日となると、観光客目当ての店しか開いていないので、ここはベタにコロン市場[Mercado Colón]の中にあるレストランを狙った。
一通り見て回ったものの、レストランは無く、カフェかバルの類しか無かったので、一番手前の店で英語で声をかけてくれたお兄さんのカフェに入ることにした。


Paella Valenciana
Paella Valenciana(€10.50)

もちろん、食べ比べしてきたご当地のバレンシア・パエリアがあるから選んだわけだが、いかにもカフェ仕様の皿が出てきた。
初日の Restaurante Navarro と、2日目の Bar la Lonja の中間的な感じで、御飯の炊きあがり具合といい、塩加減といい、具材の質や味といい、お値段といい、本当に平均的な印象。
結局、3軒で食べ比べたけど、バレンシア・パエリアはどこで食べても大差ないっていうことかなぁ。


Orxata NaturalOrxata Natural
Orxata Natural(€3.70/Grande)

ドリンクは、英語版にバレンシアのスペシャリテって書かれていたもの。
ホント、毎度ながら地名が入っているものに弱い。(笑)

Orxata Naturalの説明書

いっしょにドリンクの説明を書いてある紙を持ってきてくれたが、面倒なので翻訳していない。
要は、私が付加価値をまったく感じていない自然食品系というか、オーガニック系の店だったようだ。


お会計Casa de l'Orxata

※メニュー:食事系アイスクリーム・ドリンク英語版説明①

【店舗詳細情報】
店名:Casa de L'orxata
電話:096-352-7307
営業:8:00~22:30(金土は~26:00)
住所:Mercado de Colón, Calle Jorge Juan, 46004 Valencia
GPS:39.468727, -0.368518 (☞ Bing Map


訪問したスペインのレストランリスト

 

【バレンシア [Valencia] の風景】
掲示地図
Mercado ColónMercado Colón
Mercado Colón
▲コロン市場[Mercado Colón]は、中央市場[Mercat Central]と違って、完全に観光施設

Torres de Quart
▲左:Torres de Quart  右:バレンシア中央市場


▲左:市役所  右:市役所前広場から北方向

Estació del NordEstació del Nord
Estació del NordEstació del Nord
▲Renfe近郊路線用の駅[Estació del Nord]は、なかなか趣のある駅舎

バレンシア闘牛場
▲左:バレンシア闘牛場[Plaça de Bous de València]  右:サンタ・マリア大聖堂[La Seu de València]の裏側

Palau de la GeneralitatPorta de Serrans
▲左:Palau de la Generalitat  右:セラノスの塔[Porta de Serrans]


▲左:その先の石橋  右:セラノスの塔を振り返る

Pont del MarPont del Mar
▲Pont del Mar

Porta de la Mar
▲左:Porta de la Mar


▲メトロで行けるビーチ(☞ 案内版①

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja

訪問:2017/6/17 14:20
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
バレンシア2日目の土曜日は、午後3時で終わってしまうバレンシア中央市場[Mercat Central]を朝から物色。その場で絞ってくれるフルーツ店のジュースを何軒かで試してみたり、前日閉店準備中だったサフラン専門店で、自宅用のサフランをたっぷり仕込んだり。

フルーツが美味しい土地ということで、オレンジはもちろん、超大粒の枇杷(€4.40/Kg)を発見したことで勢いづいてしまい、軸の部分がきれいな緑色をした鮮度抜群の大粒チェリーなども買い込んで、ホテルの冷蔵庫に保存。今日の夕食と明日の朝食はフルーツ三昧だ。

Bar la LonjaBar la Lonja

ランチは、市場の南側出入口の正面に並んでいるテラス席を持つ店の中から、店頭に巨大パエリア鍋を置いていたこの店にした。
2種類のうち、1種類が食べ比べようと思っていたバレンシア・パエリアだったのだ。


Crema del dia
Crema del dia
Cold cream of vegetables


英語版で冷たい野菜のクリームってあったので、フムスみたいなものかと予想していたら、ガスパッチョが出てきた。
スペイン語版だと、今日のクリームだって。ガスパッチョって、クリーム扱いなんだ。

当地のスーパーでは、300mlから2Lまでのガスパッチョの紙パックやペットボトルをたくさん売っているのだが、お味は恐らくその手のものだろうっていう感じ。翌日乗ったスペインの高速鉄道「AVE」の1等車で食事が出てきた際に、その紙パック入りのガスパッチョが出てきたのだが、それよりはマシだったけど水で少し薄めているのかな?

パン

メニューには書かれていなかったけど、パンもで出てきた。
何かソースがあれば良かったのだが・・


Paella valenciana
Paella valenciana
Chicken Paella


英語版ではチキン・パエリアだが、スペイン語版を見ると目的のバレンシア・パエリア。
店頭の大鍋に、カタツムリが乗っていたことでバレンシア・パエリアだと判断したが、正解だったようだ。
しかし、単にチキン・パエリアとあったら、他の地域でも同じ感じになるのかなぁ?

Paella valenciana

昨日のナバーロ [Restaurante Navarro] で食べたものとの違いは、具材的にはウサギ肉が無いことと、ライスがべチャットしていない日本的なもの。
あとは普通の塩加減で、それなりに美味しくいただけたことかな。アップ写真で大きく主張している白い豆は、昨日も変色した状態(≒しっかり煮込まれた状態)で入っていたので、同じだ。

スペインで売っているパエリアの素を使って、肉の出汁をしっかり加えれば、こんな感じの味になる。(パエリアの素は、シーフードパエリアには使えない。自宅で魚介類のパエリアを作る場合は、サフランだけを使おう!)


Copa de queso
Copa de queso
cheesecake


デザートはチーズケーキをお願いしたのだが、スペイン語版にはちゃんとグラス入りと書いてあったので、やはり英語版だけで判断するのはリスキーだ。
もろにインスタントという感じの、似非チーズケーキ。(笑)


お会計炭酸水

以上でお会計は、水代を含めて12ユーロ也。ちょっと水代が高いかな。
店頭に安い定食の看板を掲げながら、週末はやっていないと言われた店が他国を含めて過去何軒かあったので疑心暗鬼で入ったわけだが、テーブルで渡してくれた英語版メニューにもしっかり10ユーロと書かれていたので間違いなかった。

お味も普通に美味しいし、なんといっても安いし、市場内の飲食店はほとんど無い中で立地も最高。本来なら競争原理が働かない立地だが、同じような店が5軒も並んでいるので競争しているのだろう。

スペインの真っ当な店は、13:30とか14:00にならないと開かないので(スペイン時間は、どうしても短期旅行の場合は慣れることが出来ない)、日本人的に正午にランチという場合は、悪くない選択だと思う。


※メニュー:店頭掲示店内英語版

【店舗詳細情報】
店名:Bar la Lonja
電話:096-351-1334
住所:Carrer de Palafox 1, Valencia 46001
GPS:39.473243, -0.378156 (☞ Bing Map


訪問したスペインのレストランリスト
 

【バレンシア中央市場[Mercat Central] で食べたり飲んだり買ったり】

日曜日はお休みで平日も朝7時半から午後3時の営業となっているが、実際は物販店系は朝10時頃にならないと開かない店が多いし、午後3時まで営業している店もわずかで、だいたい午後2時頃から閉店準備を始めてしまうので要注意。

safrinasafrina
safrina
▲サフラン専門店はここだけ。safrinaは、スーパーでも良く見るブランドだ。

Forn DesemparatsForn Desemparats
▲その場で焼いていたご当地パンをForn Desemparatsでゲット。(€1.20)


▲何種類かあったが、中身は炒めたパプリカとクリームトマトペースト。旨!


▲ホテルの朝食コーナーやスペインのスーパーでもよく見かけるオレンジ絞り器。
 実質飾ってあるだけの店もあるので、その場で絞ってくれる店を見つけよう!


▲左:唯一赤いオレンジを絞ってくれる店があったので、試してみた。
  コップ1杯1.5ユーロ、1リットルだと5ユーロ。普通のオレンジよりは高め。
▲右:5個で550gの大きな枇杷は、抜群の美味しさ。Mercades Puchadesで€2.42で購入。
  日本では、高級店でなければ買えないだろう。(スーパーのは不味くて買う気が起きない)


▲左:教会の右奥に見えるのが市場の建物  右:市場の中の雰囲気


▲左:鮮魚コーナーは日本と同じタイプ  右:活鰻発見。水槽もある。€19.00/kgと安い!

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:マドリード(MAD)⇒ドバイ(DXB) 2017/07/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>