《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei

訪問2017/10/9~10 (Room Type: Standard Twin、2食付2名分 €138.40、Rate: Gastro Package Amigos
食事: 総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★★☆
宿泊: 総合4.5、予約個室4.5、建物全体4.0、サービス4.0、CP6.0



3年前に14室しかない最小規模のパラドールという煽りだったアラルコン城 [Castillo de Alarcón]に泊まったが、それをも下回る本館7室、別館5室の計12室だけのパラドールだった。当時は開業していなかったようで、現時点でのパラドール最小規模ということになるだろう。


▲今日のルート実績LOG

部屋はダブルかツインのカテゴリしか無かったので、別館になってしまうことを覚悟していたのだが、割り当てられたのは本館側。しかも広々とした(なんていうレベルではない)テラス付きの部屋で大感動。
1泊2食付2人で138.40ユーロという驚くほど安い価格設定なのに、滅茶苦茶高額設定だった過去の最小規模パラドールアラルコン城よりも雰囲気がある。(城の外観は、アラルコン城の方が圧倒的に良いけど・・)

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
朝食の内容
泊まった部屋(No.501/Standard Twin)の写真
モンテレイ城の内部写真
一般入場可能なエリアでのモンテレイ城の風景



雰囲気の良いカフェでいただくパラドール会員特典であるウエルカムドリンクには、おつまみにスペインオムレツが付いてきた。



こうなると、ディナーにも期待してしまう。
昨晩はピーナッツだったし、料理が出てきたパラドールは過去3軒ぐらいしか無かった気がする。
 



レストランは、テラス席のあるカフェの室内側に、レストラン用のテーブルを置いて確保していた。
小さな城なので、狭い空間に無理してテーブルを配置しているのは仕方ないが、席数が足りないので夏のシーズン中には雰囲気のあるテラス席側を開放していると思う。

今回は、2食付の会員向けパッケージである Gastro Package Amigos で泊まっているので、「Menú Tradicional Castillo de Monterrei」(€28.00)と題したプリフィックスコースからの選択となる。
わずか12部屋しか無いパラドールなのに選択肢が豊富で、前菜(10+3択)、メイン(5択)、デザート(6択)の中から自由に選べる。




パンは、バスケットでたっぷり。



その中に、硬いカステラケーキみたいなものがあったが、パンプキンかな?
なかなか美味しいパンというか、ケーキだ。




アミューズは、昨日 Parador de Baiona で有償(€11.00)で食べた Empanada gallega(ガリシアパイ)が出てきた。
やっぱり、バイオナのパラドールは酷かったことが裏付けられた。



中身のメモが無かったので忘れたが、見た感じでは肉系。
もちろん、こちらの方が美味しかったことは覚えている。



Arroz caldoso con chocos(€12.10/単品)
Rice with cuttlefish


前菜から私が選んだのは、烏賊のリゾット。
メニューにはリゾットではなく「ライス」としか書かれていないが、スペインやポルトガルで「ライス」とあれば、まず間違いなくリゾットだ。



確かにリゾットだが、見方を変えれば海鮮パエリアみたい。
サフランに、濃い海鮮出汁(化調?)の効いたもの。烏賊はほんの少しだけ。



Croquetas de casera(€6.00/ハーフ単品価格)
Home-made croquettes


家内は、定番のスペインコロッケが食べたいというので、ハーフサイズ2品選択の1品として注文。
ちょっと見栄えの悪い皿だなぁ・・



中身は定番の生ハム味。
自家製らしく、美味しい。


Quesos gallegos con dulce de membrillo(€6.00/ハーフ単品価格)
Galician cheeses with quince


ハーフサイズのもう1品は、私のリクエストでガリシア産チーズの盛り合わせ。
メニューにも書いてあったが、ブロック状のマルメロジャムが美味しいし、期待していなかったチーズも意外に旨い。



Pulpo a Feira con cachelos(€19.00/単品価格)
"Feira" octopus with potates


メインからの私のチョイスは、3日連続の蛸のガリシア風!
家内は拒否反応を示しているというのに、私はまったく飽きていない。

これも昨晩とは大違いだったが、さすがに初日の A Pulpeira De Melide と比べたら格段に落ちる。
コースで選べるので割高感はないが、単品価格がべらぼうなので単品だと量が違うのだと解釈したい。



Lomo de bacalao al horno en salsa de treixadura(€18.10/単品価格)
Cod confit with EVOO and fried vegetables


家内は、ポルトガルとかスペインでお決まりのバカリャウ料理。家内もコロッケとバカリャウと変わり映え無い選択をする。



ちらっと味見したが、バカリャウらしくない身の柔らかさには驚いたが、ソースがイマイチかなぁ。



Helado cremoso de con mirabeles en almíbar(€5.50/単品価格)
Creamy Ice Cream with mirabeles syrup


最後は、朝食でも出て来るだろうと予想したケーキ類を選ばず、お腹もいっぱいだったことでお口直し的にアイスクリームを選んだが、これは大失敗。読みが外れただけでなく、粉末イチゴを使ったような味のイチゴアイスだった。
単品5.5ユーロは不自然なので、コース仕様かな?

と、内容的には十分満足だったものの、お味の方はかなり頑張っているとは思うものの標準クラスだった。この規模で味に期待してはいけないだろう。


※メニュー:前菜・メイン(英語版)コース案内・デザート(英語版)

【パラドール直営レストラン詳細情報】
名称:Parador Castillo de Monterrei
電話:988 029 230
営業:13:30~16:00、20:30~23:00(冬季休業)
住所:Castillo de Monterrei, 32618 Monterrei Ourense
GPS:41.946968, -7.449511 (☞ Bing Map


訪問したスペインのレストラン
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル
 



パラドール最小規模だけでなく宿泊客も少なく(値段の安さよりも、交通の便の悪さが原因だと思う)、朝食はオーダー制。
と言っても、先方から○○は要るかと聞いてくれたので、そこそこの内容にはなった。



パンはデフォルト。結構美味しい!



ヨーグルトを頼んだら、パンコントマテ用のトマトピュレとバターもセットで出てきた



ハムとチーズの盛り合わせ



フルーツは、1人分しか持ってきてくれなかった。(これ2人分なのかも?)
 

【泊まった部屋(No.501/Standard Twin)の写真】

▲部屋の中にバスルームのプレハブ(?)が組み込まれている形式は、イタリアのブランド城 [Castel Brando]と同じ


▲そのバスルームは、現代的な快適なもの。当然レインシャワーも付いている。


▲部屋は狭いが、広いテラスを実質独り占め!


▲仕切りが無いので他の部屋との行き来もできてしまうが、当然これ以上先へは自粛。
 割り当てられた部屋は、最高峰の部屋だったみたい。(テラスの設備と部屋の間取り図で判明)


▲左:釘を使わない木造屋根組  右:部屋のテラスからの眺め
 

【モンテレイ城の内部写真】

▲規模が小さいだけに、ロビー以外の建物内空間はこの程度


▲左:我々の部屋の下の階(ロビー階)にもテラス席がある  右:そこからの景色



▲やっぱり城は塔に登らなければ・・


▲左:塔の上から本館(全7室)  右:教会と手前は別館(全5室。本館が満室の時に使う?)


▲左:塔の上から最寄りのベリン[Verin]の街を拝む  右:塔の石の一部に象形文字(?)が刻まれていた
 

【一般入場可能なエリアでのモンテレイ城の風景】

▲2015年に新規オープンしたみたい。その時点で最小規模のパラドールとなったはず。


▲左:この門から入る  右:門を入った左手に塔がある


▲左:右手には、本館(奥が教会)  右:本館正面。チェックインは中央の入口から。


▲左:本館の左側に回る(☞ 本館側説明掲示)  右:そこから下を見る


▲左:1階はカフェ兼レストラン  右:3階部分が私が泊まった部屋のテラス(事実上独占!)


▲左:教会  右:教会の中には入れず(☞ 教会説明掲示




▲左:塔と教会の間に別館がある(☞ 別館説明掲示)  右:昔、城壁はここまで延びていた?


▲チェックアウト後に、城壁外側から(見応え無しだったけど)

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal)

訪問2017/10/8~9 (Room Type: Junior Suite Twin、朝食付2名 €156.00、Rate: Golden Days
食事: 総合★★☆☆☆、味★☆☆☆☆、サービス★★☆☆☆、雰囲気★★★★☆、CP★☆☆☆☆
宿泊: 総合3.0、予約個室3.5、建物全体2.0、サービス2.5、CP4.0
4日目は、昨日通過したサンティアゴ・デ・コンポステーラ [Santiago de Compostela]に寄ってから、バイヨーナ[Baiona]にある古城タイプのパラドールへ。



Castillo de Monterrealとの表記よりも、Fortaleza de Monterrealとの表記が主流であるとおり、外観からも城壁で囲まれているというだけの城塞跡に新しく建てたもので古城ホテルとは言い難いが、パラドールはこの手のタイプが多く、過去泊まったロルカ城スダ城(トルトサ城)なんかと同じだ。
ただ、1周2Km近くにもなる城壁を整備した遊歩道があるのは、他に無い魅力。ほかに、1周3Kmの島の外周遊歩道もある。

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
朝食の内容
泊まった部屋(No.106/Junior Suite Twin)と内部写真
モンテレアル城の風景



お約束のAmigos会員向けウエルカムドリンクのおつまみは、ピーナッツ。無いよりはマシだが、これでおおよそのホテルの姿勢が分かってしまう。バーコーナーのテラス席でいただいたが、城壁歩きをしている観光客が見えるだけだ。
 



パラドールの夕食は、2食付で予約した場合のコースを現地でも頼めるのが普通なので、あえて2食付で予約しなかったのだが、ここのパラドールは2食付予約者以外のコースが存在せず。
過去アラルコン城しか経験無いのだが、あちらは部屋数14の最小規模のパラドールだから仕方ないとは思うものの、こちらは部屋数120以上の大規模パラドール。なんだかなぁ。


Bread(€2.10/人)

注文を終え、最初にバスケットに入ったパンが出てきた。
2種類あったので、家内と私で違うものを取ったのだが、パンが無くなっても追加を持ってこないので、これ1切れが2.10ユーロということになる。



アミューズは、イワシ(?)のマリネに、アボカドではなく豆のピュレを添えたもの。
美味しくない。



Pulpo a feira con cachelos de patata y alino gallego(€16.50)
Octopues 'a feira' with jacket potatoes and olive oil


まずは、当地「リアス・バイシャスの名物[Gastronomia Das Rias Baixas]」と題した料理群から、またまた蛸のガリシア風。

昨日ア・コルーニャ [A Coruña]A Pulpeira De Melide で食べたものよりも高い上に、味が平凡なだけでなく、タコの食感に個体差がある。

家内は不味いから要らないと、全部私が責任を取ることになってしまったが、昨日の店の水準が非常に高かったことは、ここでも裏付けできた。



Empanada gallega de bacalao y pasas(€11.00)
Wheat flour galician pie with cod and raisins


もう一品は前菜群の中から、当地ガリシアの名前の入った料理をチョイス。
英語版では分からないが、スペイン語版のメニューに「gallega」という文字が入っていたので決めた。



出てきたのは、パラドールの朝食バイキングで良く見かけていた料理だった。
クレープのような薄い生地に具材を入れて包み、オーブンで焼き上げた一種のパイ料理。



中の具材は色々なパターンがあると思うが、ここのは安直なツナだった。
普通にいただけるものの、約1500円という価格には見合わないよなぁ。所詮朝食バイキングで出てくるようなものだし。



Canelon trufado de pollo(€17.00)
Cannelloni with Chicken and truffles


家内のメインは、消去法で残ったというチキンのカネロニ。
カネロニというよりは、巨大なロールパスタという感じのものが出てきた。



変わったものが入っているというので一口いただいてみたが、鶏肉ではなく魚の白子みたいなものだ。
これも美味しくない。



Rabo de toro guisado(€16.00)
Stew bull's tail


私は、牛テールのシチューを選んでみたが、なんじゃこれ?
温玉をトッピングしている点からしても外しているし、シチューとも言えないし。

ちょっと調べてみたら、スペイン料理ではメジャーなものみたいだ。
ただし、画像検索するとオーソドックスなシチューや肉の煮込みがヒットするので、ここのシェフの創作料理っぽい。
お味の方は普通にいただけるものの、やはり温玉は要らないなぁ。


ということで、かなり独創的な料理ながらも、技術力の無いシェフが作るとこうなるという典型で、大外れ。
城のホテルでは、必ずディナーをいただくことにしているし、大規模パラドールのレストランは当たることも多いので期待していたのだが、がっかりな内容だった。
キャパに対してスタッフ不足で、サービスも悪いし・・


※メニュー:店頭掲示英語版①ドリンクワイングラスワイン

【パラドール直営レストラン詳細情報】
名称:Parador de Baiona
電話:986 355 000
営業:13:30~16:00、20:30~23:00
住所:Monterreal, 36300 Baiona Pontevedra
GPS:42.125637, -8.849616 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したスペインのレストラン
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル
 

【朝食】


朝食は、どこのパラドールでも基本部分は同じ。



その割には朝食代が高いので、ルームチャージのみで予約した場合は朝食は抜いて、どこかのバルで食べた方が楽しめるだろう。夕食もそうだが、車が無いと気軽に街と行き来できない点が難だが、ここの場合は歩けない距離では無い。


 

【泊まった部屋(No.309/Junior Suite Room)の内部写真】


▲少しは城の雰囲気を出してあるが、部屋からの眺めはイマイチ。


▲バスルームは近代化されてしまうのは、最近の古城ホテル共通かな?


▲館内通路は、雰囲気無し!






 

【モンテレアル城 [Castillo de Monterreal] の風景】
まずは、城壁歩きからスタート。パラドール入口横から反時計回りで。













▲ほぼ終点、車道入口側のレストランの横から教会に移動しておしまい。


▲翌日は、城壁の外側、島の外周遊歩道を1周(左写真クリックで大きな画像が開きます)


▲モグラ発見。自然界で生きているのを見たのは初めて。


▲海鳥って、ヒトデをちぎって食べるのね。これも初めて目撃。




▲サンティアゴに近いだけあって、帆立(とヒトデ)を祭ってる?


▲マリーナの手前で終了。
 

【サンティアゴ・デ・コンポステーラ [Santiago de Compostela] の風景】
(GPS: 42.880530, -8.543700

▲大聖堂は、絶賛工事中!


▲行列に1時間並んで右写真入口から入ったものの、出たら行列解消していた。何だったんだ?



▲大聖堂の中。ミサがあっても中に入れるし、入場無料、一部を除き写真撮影可。


▲大聖堂の横の広場から(行列したところ)


▲左:大聖堂正面広場にあるポザーダ  右:その横、大聖堂正面の建物



▲大聖堂広場から各方向に延びる道


テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide

訪問:2017/10/7 15:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
3日目は、ヴァレンサ城 [Castelo de Valença] で城壁歩きと川の反対側にあるスペインを拝んでから、スペインに高速道路で越境。
ビーゴ城 [Castro de Vigo]を見た後は、ひたすら高速道路を北上して、ア・コルーニャ [A Coruña]の街に到着。ここに日本でも有名な「タコのガリシア風」の美味しい店があるとの情報を掴んでいたのだ。



日本的には3時のおやつの時間も過ぎているというのに、約10組の待ち行列。ウワサ通りだ。
おじさんに名前と人数を伝えれば、順番に呼んでくれるとのことで、店の前でウロウロすること15分。店内席側なら空いたとのことで、ようやく入ることが出来た。


▲右:壁メニュー(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

いつまでたってもメニューを持ってこないので催促したら、壁の液晶モニターを指して、あれだと。スペイン語(ガリシア語?)のモニター表示の壁メニューだけしかないという、凄い手抜き。

こういった時に備えて、またまた事前に保存しておいたGoogle Mapの投稿写真のスナップショットを見せて注文することになった。この手は、今年に入ってから使うようになったのだが、難点はいつもブログで明記しているメニュー名と金額が不明になってしまうこと。レシートから判断するしかないのだ。


Pacion de Pan(€1.00x2人)

まずは、パンが出てきたが、メニューに記されていないのに請求してきた。
日本の文化を持ち出すのは拙いとは思うが、海外でメニュー明記の無いコペルトやテーブルチャージを請求するされることはまず無かったので、サービス点減点対象だ。



Racion de Pulpo(€11.00)
Cacelos(€2.40)

お目当てのタコのガリシア風は、後でチェックしたら掲示メニューに表示されていなかった。
これがウリの店のはずだが、現地人なら口頭で頼めるものの、日本人では無理。やっぱりタブレットで画像表示して注文するしかないな。

さらに腹が立つのは(この記事を書く段階で判明したので、現地では請求額の高さに驚いただけで腹は立っていない)、付け合せのポテトが別料金。コペルトなら他国でもあるので許容範囲だが、頼んでいない物を勝手に出して請求する行為は許しがたい。



お目当てのガリシア風タコは、予想通り柔らか。足先の細い部分までもが、しっかり柔らか。



そこまでなら、ガリシアで食べるタコなら当たり前だろうが、味付けが良すぎた。
単に塩とパプリカ粉に、ほんの少しだけカイエンペッパーを振っているだけだと思うが、滅茶苦茶旨いのだ。



Navajas(€14.50)

タコよりも感動したのが、マテ貝。
生に近い加熱加減に加えて、白ワインとニンニクのソースが絶品もの。
こんなにおいしいマテ貝を食べたのは初めてだけど、スーパーでキロ7ユーロで売っているマテ貝が、この量で14.5ユーロに化けていたので原価率2割。儲かってるなぁ。(笑)



Zamburinas+Iberico(€14.50)

残念だったのはホタテ貝。
日本でも普通に食べることができる食材というだけに、小さい粒8個で14.5ユーロは高すぎだ。
下味の付いた極細かいパン粉を付けて揚げたものを、パセリマヨネーズでいただく。
どうも、無造作にトッピングしてあるイベリコ豚で付加価値を付けているようだが、意味なし。

前に別の場所(国?)でホタテを食べた際に、西欧でホタテは高いだけでつまらない選択だと思ったのに、学習効果が切れてしまったようだ。(いつも切れてるかも?)



水とコーラ代に、なぜか頼んでいないジャガイモ代とパン代を加えて、お会計は6千円越え。
美味しかったのは確かなので許容できるものの、物価の安い地域でこの価格はべらぼうだ。

やはり西欧での海鮮料理は日本よりも高くつくということで、日本では味わえないタコとマテ貝だけにすることを強くお勧めしたい。真っ当な価格設定だったタコだけでも良いかと思う。(No Potato というのを忘れずに! 笑)

このあとは、今日の宿であるフェロールのパラドール(Parador de Ferrol)へ移動。もちろん、夕食は抜きだ。


【店舗詳細情報】
店名:A Pulpeira de Melide
電話:981 152 197
営業:13:30~16:00, 20:30~24:00
定休:月曜日
住所:Plaza de España Nº16, 15001 A Coruña
GPS:43.372919, -8.397297 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したスペインのレストラン
 

【ビーゴ城 [Castro de Vigo] の風景】
案内掲示 (GPS: 42.231805, -8.726812


▲ほとんど城跡らしいものも無い、市民憩いの公園という感じだった
 

【ア・コルーニャ [A Coruña] の風景】

▲Praza de María Pita


▲左:Igrexa de San Xurxo  右:Igrexa de Santiago



▲サン・アントン城 [Castelo de Santo Antón] (☞ 案内掲示


▲ヘラクレスの塔 [Torre de Hércules]


▲塔の周りの風景


▲左:サン・アントン城向かいの病院  右:Antiga Prisión Provincial(ヘラクレスの塔の向かい)
 

【フェロール [Ferrol] の風景】
(GPS: 43.480925, -8.239976 ←写真撮影ポイントのパラドールの位置)

▲この教会の裏側がパラドール


▲左:教会横の丘側にあった建物  右:教会の目の前は軍港


▲パラドールも歴史的建造物。部屋の配置図の上側が、さきほどの教会につながっている


▲ロビーとラウンジ


▲軍港を拝めるレストランと朝食

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>