FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/トレモリノス [Torremolinos]: Los Delfines

訪問: 2019/11/12 14:40
評価: 総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
当初の案では、マラガからマドリードに移動する途中にあるCiudad Realで1泊するつもりだったが、内陸部は既に冬の気温となってしまい、防寒対策を怠っていたことからマラガ近郊のトレモリノス[Torremolinos]の西端にあるビーチリゾートを実質最後の訪問地に選んだ。
天気予報の通り、この日は終日快晴の良い天気で風が強いものの気温20度越え。

奮発して4つ星ホテルのスイートルームを予約したが、オフシーズということで朝食付で80ユーロと格安。客層は、長期滞在を楽しむ老人ばかりだったけど、手ごろな宿代だからか結構繁盛していた。




チェックインして向かったのは、行政区分的にはお隣の町になるベナルマデナ[Benalmádena]のマリーナ先端近くにある海鮮料理店。
振られていたばかりのマテ貝に加えて、海老のアヒージョとパンを注文。



アヒージョを頼んでいるのでパン(0.50€)もお願いしたのだが、予想より小さめ。



Langostinos Pil-pil(9.00€)

そのあと、即座に出てきた海老のアヒージョ。
どの店でも皿で蓋をしてグツグツ状態の鍋で出してくれる。



グツグツが収まったところで写真撮影。
ピルピル[pil-pil]表示だったので、普通のアヒージョと違うのかと思っていたが、見た目だけでなく味わい的にも同じだ。
ただ、粉状の唐辛子(一味唐辛子の粉末状のもの?)を使っていたので、それがピルピルなのかな?

お味の方は、油側にも出汁の風味が溶けている感じでまずまず。



Navajas(8.50€)

この旅で5度目(?)の大好物のマテ貝だが、事前調査の段階でダントツ安かったことでこの店を選んだ理由になった料理だ。



味付け的にはシンプルながらも、加熱加減や貝の状態は上々。
帰国後に地元の魚屋(角上魚類)で購入して食べたが(270円/100g)、当地で出てきたマテ貝は一回り大きいことが判明。




お隣の席で頼んでいたトマトサラダが美味しそうだったので追加しようかと思ったものの、最後にサラダを追加というのも抵抗があってお会計。
コーラとパン代を含めて全部で20ユーロと、海鮮系2皿としては安かったが、それが頭にあったせいで夕飯を食べようと物色しに行ったいくつかのレストランの価格が高すぎて、結局夕飯を抜きにしてしまい、実質この旅最後の午餐となってしまった。あいかわらずケチというか・・(苦笑)

ひとつ前のルーマニア・ブルガリア旅行ではダイエットモードで1Kg痩せることが出来たが、今回も無理に食べないモードで展開した結果1Kg体重を落とすことができた。冬場は食べ物が安くて美味しいアジア旅行が続くけど、今シーズンは大台(70Kg)突破を意識しなくても大丈夫だな。

※メニュー:前菜海鮮料理①ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Los Delfines
電話:952 440 989
営業:8:00~23:00
定休:月曜日
住所:Calle La Fragata 80, 29630 Benalmádena
GPS:36.597648, -4.509249(☞ Bing Map


スペインの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)と各州の風景


翌日は朝食バイキングをたらふく食べてからスペイン新幹線のAVEでマドリードに移動し(€80.30)、夕飯はスーパーの総菜で済ませ、1泊してからキャセイパシフィック航空で香港経由で帰国。なんと他社であるJALのサファイア会員かつ激安運賃(往復87680円)なのに、マドリードからの長距離便をプレミアムエコノミーにアップグレードしてくれたおかげで熟睡出来た。

過去短距離路線でも1度あるので、本家JALではダイヤモンド会員でも滅多にプレエコにすらアップグレードしてくれなかったことを考えると、今後の西欧行きはANAとの価格差が3割以上あればキャセイ最優先だな。(お役所JALは、特典と単独離島路線以外では一切乗らないことを決めているので比較検討対象外)

さて、今回の旅程最後のレポートとなるので、恒例の旅の経費を紹介しておこうと思う。


▲旅の行程記録(◇:宿泊地、✧:宿泊無し訪問or経由地、青線:鉄道、赤線:バス)

ロンダでのスリ被害額(最大75€、詳細はこちら)を含めても、28泊31日の1か月旅行で40万円弱。案外安く済むものだなと思ったが、長期周遊旅行は今回のように鉄道網とITの発達した国(≒ネットでチケット予約が問題なくできる国)でないと無理だと実感したのも事実だ。
ポルトガルは行きつくした感があるので今回が最後、スペインはあと2回ぐらいは行きそうだが、だんだん欧州の周遊旅行には飽きてきた感が強まっているので、どうなるかなぁ。

■今回の旅の費用
往復航空券: 87680円 成田<>香港<>マドリード(キャセイパシフィック航空)
現地宿泊費:165836円(28泊;うち朝食付7泊,2食付1泊,スイート1泊,特典5泊)
現地交通費: 45460円(366.61€)鉄道・国際バス(1回)・長距離バス・都市交通
飲食雑費等: 98403円(793.57€)飲食・入場料・雑費(スリ被害最大75€を含む)
旅費合計: 397379円

■2019年累計(☞ 2017~2018年 海外旅行費用総決算
回数総泊数総経費
2019年13回188泊¥3,128,252



この後は、今回の旅で利用したスペイン国鉄Renfeで60歳以上の方が使える「Tarjeta Dorada」の利用方法詳細についてのミニ情報を登録してから(ここまでの記事中に記した運賃は、早割でなければ一般料金で記載してある)、現在滞在中のミャンマーの旧首都ヤンゴンで食べたものを紹介したいと思う。
 

【トレモリノス [Torremolinos] の風景】
広域地図掲示①Carihuela Beach地図掲示


▲西端にあるCarihuela Beachは、比較的新しい大規模ホテルやコンドミニアムが多い


▲左:ホテル前の遊歩道は黒人の偽物路上商がいっぱい  右:Carihuela Beach


▲トレモリノスの中心方向に遊歩道を歩いてみたが、だんだん雑多な雰囲気になり幻滅


▲西側すぐお隣のベナルマデナ[Benalmádena]のマリーナは、高級感のあるリゾートの街



▲トレモリノス側と違って、黒人商人も少なく雰囲気が良い。泊まるなら、こちらをお勧め。


▲釣りを禁止しているのか、港には大型の魚がたくさん泳いでいた


▲左:ドルフィンツアーのオフシーズン料金が16€だって!  右:船を使った土産物店

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/マラガ[Málaga]: Casa Lola

訪問: 2019/11/11 20:40
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆


ミハス[Mijas]からマラガ[Málaga]に戻って、夕飯。
昨晩は店選びを失敗して抜きになってしまったので、今日は昨晩行列で断念した店に行くことにした。



今日も行列が出来ていたが、あきらめて並ぶこと20分。案内された席は、窓側の少し高くなっている王様席みたいな特別テーブルだ。
8年前にオーストリアのハルシュタット[Hallstatt]にあるBräugasthofで、同じような部屋を見下ろす特別席に案内されたことがあるが、注目を浴びてしまうので嫌な席でもある。




最初に私の定番であるダイエットコークを頼んだら、美味しそうなオリーブが出てきた。嬉しいただタパだ!



Meatloaf with Tomatoes(2.50€/Tapa)

1品目はミートローフを頼んだのだが、出てきたのはミートボール。
フリッツがトッピングされていたけど、見た目通りフリッツとしては独特な食感。

肉団子は、それほど肉を使っていないみたいで、つなぎばかりという食感で美味しくないものの、トマトソースがケチャップとは違った濃厚なトマトの甘さを感じるもので良かった。



Prawns Skewer(3.50€)

2皿目は、海老串を頼んでみたが、値段の割には小さな海老でガッカリ。
しかも、加熱しすぎで海老が硬くなってしまっていた。

これは、皿に残ったオリーブオイルをパンに付けていただくだけの価値しか感じず。



Iberian Hamburger(4.00€)
Of boneless shoulder with rocket, havarti cheese & special sauce


3皿目は、スペインに来ていながらほとんど食べなかったイベリコ豚。
ハンバーガーということで、それなりにお腹にたまるだろうと思って注文したのだが、ミニハンバーガーでガッカリ。



中身は、こんな感じ。



小さいながらもハンバーガーなので、ガブっと行ってみたら結構美味しい。



肉団子もソースが美味しいと思ったが、これもソースが良かったので、ソースを使っている料理を頼めば良い店という感じだ。




お会計は、全部で12.2ユーロ也。
値段が安いわけでもないし料理もこの程度なのに、なぜ常時行列が出来ているのか不思議な店だ。
私のように行列に釣られて並んでしまう客が多いのかもしれないが、客層が地元客中心という感じの店なので、何か店のウリの食べ物か飲み物があるのかもしれない。


※メニュー:紙面上半分下半分ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Casa Lola
電話:952 223 814
営業:12:30~24:00
定休:無休
住所:Calle Granada 46, 29015 Málaga
GPS:36.722055, -4.418976(☞ Bing Map


スペインの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)と各州の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/ミハス[Mijas]: Restaurante Meguiñez and Grapevine Patio

訪問: 2019/11/11 13:15
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
昨晩は、マラガ旧市街で安い看板を出していた店に入ったものの、お目当てのマテ貝が無いのはともかく、タパスで出せると書いてあったパエリアも朝だけだと言われて店を出てしまったので、夜抜き。安い看板を出していても、客があまり入っていない店はリスキーだな。



マラガでは連泊するので、せっかく天気も良いことから近郊電車に乗って、白い村で有名なミハス[Mijas]に行くことにした。日本人ツアー客にも遭遇したし、駅からのバスも観光客でいっぱい。

ランチは、一番絵になりそうな坂道のCalle San Sebastián入口横にあった店をチョイス。
店頭掲示メニューをチェックすると、大観光地の割にはリーズナブルな価格だったからだ。



室内でも奥のテラスでもどうぞとのことで、奥にあるテラス席へ。
周辺の雰囲気に合わせたか、なかなかお洒落なカフェ仕様の店だ。

タパス欄にあった2品を注文したら、同時に出てきてしまった。



Pastel de Patatas con Bacon y Pimento(3.20€)
Layered Potato Tart with Bacon and Peppers


まずは、ベーコンとピーマンの入ったポテト料理だろうと思って頼んだものだが、ポテトで作ったミルクレープだった。
英語版では、たしかにポテトの層だと書いてあったが、結構手間のかかりそうな料理を、こんなに安い値段で出すんだと驚き。



ミルクレープのクレープ生地部分を薄切りポテトに代えてあるわけだが、うまく作れるものだなぁ。
中身はベーコンというよりはハム、それに細切りピーマンと卵だが、ベーコンの味が浸みわたって美味しい。



Tosta de Presa Ibérica con Queso Cremoso, Cebolla Caramelizada y Miel de Caña(4.50€)
Iberian Pork Bruschetta with Creamy Cheese, Caramelized Onions and Sugar Cane Honey


もう1品は、ここまでの店でもよく見かけていたブルスケッタを頼んでみた。
イタリア料理でのブルスケッタのイメージがあったので、3~5ユーロという価格帯は高いと今まで頼まなかった料理だが、これが大当たり!



ブルスケッタというよりはオープンサンドというサイズ感。
クリームチーズをたっぷり塗ったパンの上に、柔らかジューシーなイベリコ豚の肩ローススライス肉。トッピングの甘い玉葱(ピクルスだと思ったが、メニュー上ではキャラメライズと書かれていた)と甘い白い粉。ペストソースも組み合わさって、最高の味わいだ。
なんでも組み合わせればよいという、そこらの三流シェフや三流料理評論家の料理でないことは明らか。




デザートでも追加しようかと思ったものの、事前に撮ってあったメニュー写真に写っていなかったことからお会計。
観光地の一番人気のありそうな通りの入口という超一等地に立地するのに、コーラ代を加えても10ユーロを切るという安さ。
海鮮料理系が多かった今回の旅で、一番印象に残る店となった。

※メニュー:タパス(英語版)前菜・サラダ(英語版)米・パスタ(英語版)魚・肉(英語版)

【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Café Meguinez & Grapevine Patio
電話:952 48 54 79
営業:10:00~25:00
定休:無休
住所:Calle San Sebastián 4, 29650 Mijas
GPS:36.595233, -4.638892(☞ Bing Map


スペインの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)と各州の風景
 

【ミハス村 [Mijas Pueblo] の風景】 (☞ 村の地図掲示
※マラガから20分に1本運転のC1線終点フエンヒロラ[Fuengirola]駅下車(往復7.70€,Card代込)、徒歩2分のバスターミナル南東側バス停からバスで15分終点下車(1.55€)


▲左:Fuengirola駅のバス停(GPS: 36.541244, -4.622866)から乗車
 右:終点Mijas Puebloバス停(GPS: 36.596770, -4.637313)まで約15分
※バス時刻表:フエンヒロラ⇔ミハスマラガ→ミハスミハス→マラガ


▲バス停近くに馬車(25€/4人まで)とロバ馬車(15€/1人、20€/2人)乗場がある。


▲左:奥がバス乗り場、手前左に馬車乗場がある


▲ビルヘン・デ・ラ・ペーニャ教会[Ermita de la Virgen de la Peña]


▲左:ミハスからの海側の眺めは良くないので、眺望を売りにするレストランに行くのはやめた。(滅茶苦茶高い!)


▲サンセバスチャン通りを両端から






テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>